TSIが孫会社「東京スタイルソーイング盛岡」を解散

倒産速報 明日はわが身です。東京都千代田区で東証1部上場アパレルメーカーの概SIホールディングス(代表者:中島芳樹)は、子会社鞄結档Xタイル(代表者:中島芳樹)の100%出資子会社の鞄結档Xタイルソーイング盛岡(岩手県盛岡市)を解散および清算すると発表しました。

会社と解散の経緯
1988年に設立の鞄結档Xタイルソーイング盛岡は、婦人服の縫製加工を主力に事業を展開していたものの、グループにおける生産体制の再構築策として今回の解散を決定したようです。

2013年1月をもって当該孫会社を解散し、その後は清算手続に入る予定で、この件による連結業績への影響は軽微とのことです。

編集後記
以前から縫製業は人件費の問題から海外に工場を移す企業が多かったですが、鞄結档Xタイルは頑張っていたと思いますね。
しかし、景気の悪化から縫製工場のリストラが必要になってきたのでしょうね。
栃木県宇都宮市、山形県米沢市や宮崎県都城市にも工場があるので集約するのでしょうね。

仕事も投資も成功できる「起こりえる未来」の読み方
最も早い段階からアメリカの住宅バブル崩壊の正確な時期を予測し、その後の世界経済の混乱を予見した「最も予測が当たる」?1エコノミストの思考とアプローチ方法をあますところなく公開する。
その卓越した経済予測の背景にある、歴史学、心理学、哲学などを通した独自のアプローチ方法の身につけ方をわかりやすく解説。

【送料無料】経済予測脳で人生が変わる!

扶桑薬品工業鰍ェ不動産子会社「扶桑興発梶vを解散

倒産速報 明日はわが身です。大阪府大阪市城東区で東証・大証1部上場医薬品メーカーの扶桑薬品工業梶i代表者:戸田幹雄)は、100%出資子会社の扶桑興発梶i大阪府大阪市)を解散および清算すると発表しました。

会社について
1970年に設立の扶桑興発鰍ヘ、不動産事業を展開していた。1973年(昭和48年)2月 には大阪市城東区(京橋駅付近)に文化・スポーツセンター扶桑会館竣工、扶桑興発鰍ノ賃貸し経営委託していました。

解散の経緯
しかし、2007年(平成19年)1月にはスポーツ事業(ボウリング等)の廃止しました。
グループ内での発展性が見込めないほか債務超過が続いているため、現状での事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。
今後は、12月3日付で同子会社にて解散を決議し、2013年4月をめどに清算が結了する予定です。

編集後記
戸が笑う
繁栄したかったら良きものを与えつづけるとよい。

【送料無料】繁栄の法則

人生繁栄の法則を知っていますか? 阿蘇山中に暮らす一陶芸家が感得した宇宙の叡智。 『特別に“稼ぐ”という考えをしなくても、○○○と○○○と○○○を与え続けさえすれば、人はお金というエネルギーを払おうとします…』 いったい何を与え続ければよいのか? 人生繁栄への指南書。

少子高齢化で紙の需要が激減!王子ホールディングスが15年度末までに2000名を人員削減

倒産速報 明日はわが身です。東京都中央区で東証・大証1部上場製紙大手の王子ホールディングス梶i代表者:進藤清貴)は、2015年度末までに2000名の人員削減を実施すると発表しました。

王子ホールディングス鰍ヘ1893年(明治26年)創業。
売上高は約1兆2100億円(連結、2011年度)。紙・パルプ関連売上高を基準とすると、紙パルプ業界において日本国内首位、世界でも第5位の規模を持つ。

従業員の削減数は国内グループ従業員2万名の約1割に相当する規模で、多くは退職者の不補充など自然減での対応となる見通しです。
また、不採算製品の生産中止や事業の統廃合、さらには工場の閉鎖などの再構築策を検討していく方針です。

インターネットの普及などにより国内の紙需要が落ち込んでいることからのリストラだそうですが、パソコンやコピー機の普及などによって会社や家庭内で紙の使用が増えていると思っていました。
しかし、少子高齢化社会では新聞や書籍の売上が減少しているのでしょうね。

王子ホールディングス鰍ナは、抜本的な構造改革が不可避と判断し今回の施策に至ったようです。
1兆円以上の売上があり、200億円以上の純利益があっても、今後は売上・利益ともに減少すると予測されているようです。

編集後記
王子製紙を創業した渋沢栄一はなぜ一代で500もの会社を創ることができたのか。いまこそ「論語=道徳」と「算盤=経済」を一致させる哲学が必要!

【送料無料】渋沢栄一『論語と算盤』が教える人生繁栄の道

正社員の30%を人員削減!リーダー電子が希望退職者の募集による70名

神奈川県横浜市港北区でジャスダック上場の電子計測器メーカーのリーダー電子梶i代表者:弘田成彦)は、希望退職者の募集による70名の人員削減を明らかにしました。
従業員数(正社員)は男性190名 女性26名 合計216名 です。

対象となるのは同社の正社員で、退職日は2013年2月15日。退職者には特別加算金を別途支給するほか、希望者には再就職支援を実施する方針です。

景気低迷による企業の設備投資抑制などから受注が落ち込んでいるため、事業の再構築や経費削減策を進めているものの、さらなる合理化が必要と判断し今回の施策に至ったようです。

編集後記
これだけは身につけたい仕事と世間のルール21。

【送料無料選択可!】社会で信頼される人の「大人の習慣」 (単行本・ムック) / 櫻井 秀勲 著

私は 毎週木曜日を「習慣の日」として 常識や習慣をおろそかにしていないか あるいは 新しい習慣を加えた方がいいかどうかを考える日にしようと 提案しています
会って話すべきことを メールや電話ですますのは止めましょう
自分でルールを決めれば「ちゃんと守ろうよ」と思うはず
基本的な行動習慣をがあることで 行動の決断に迷いがなくなります
簡単な所作を 丁寧にする 紙を切るときに きれいに切る
他人が読むことがわかっている字をかきなぐってはいけない


シャープの希望退職者は2960人 特損253億円発生

シャープは20日、募集していた希望退職者で、2960人が応募したと発表した。すでに募集は締め切った。希望退職者の募集は8月に発表、今月1日から実際の募集に入っていた。2000人を目標に募集していた。

これにより発生する割増退職金などの費用は253億円で、11月1日に発表した2013年3月期の通期業績予想には織り込み済みだとしている。第3四半期に特別損失として計上する。

編集後記
団塊の世代は「逃げ切りの世代」なんて大嘘 おびえる20代、運用できない現役、反省するシニア、フィデリティ退職・投資教育研究所の1000人調査が明らかにした日本人の間違いだらけの老後マネーの真実

【送料無料】退職金は何もしないと消えていく

60歳から「経済的自由」を手にする投資勉強法
団塊世代も逃げ切れない。「お金」で考えれば豊かな人生を築く「黄金の方程式」が明らかに。


NKSJホールディングスが2015年度までに4800名の人員削減

東証・大証1部上場で損保ジャパンや日本興亜損保を傘下に持つ「NKSJホールディングス」は、2015年度までに4800名の人員削減を実施する経営計画の見直し案を発表しました。

傘下の損保2社における従業員数3万800名から2015年度には2万6000名へ人員規模を縮小させる予定で、削減は退職者の不補充など自然減によるほか、希望退職者の募集なども実施する見通しです。

損保ジャパンと日本興亜損保は、2014年上期に予定する合併に先駆け共同本社や営業拠点の統合などの合理化を進めており、それに伴う余剰人員の圧縮を目的として今回の施策に至ったようです。

編集後記
会社が捨てるのは、利益を出せない人
決算書より大切なのは、会社への「利益貢献度」。3人に1人は赤字社員。派遣切り、内定取消、新卒の就職難…次は必ず、「赤字社員切り」が始まる。

【送料無料】東大卒でも赤字社員中卒でも黒字社員

高学歴なのに、「仕事ができない」と言われる人がいます。
最難関大学を突破した「東大卒」社員も、例外ではありません。
一方、「中卒」や「高卒」などでも、会社に必要とされる人がいます。
つまり、「学歴」と「会社での評価」には、まったく関連がないのです。
たとえ学歴がなかったとしても、「ある意識」を身につけていれば、会社から評価され、高学歴社員を超える力を持つことができるのです。
では、このような違いを生み出す「ある意識」とは何でしょうか?
それは、「会社の利益に貢献する」という意識です。

エー・ディー・エムが希望退職者の募集による15名の削減へ

ジャスダック上場の電子部品商社「エー・ディー・エム」は、希望退職者の募集による15名の人員削減を明らかにしました。

対象となるのは35歳以上の社員で、退職日は2013年1月31日。退職者には特別加算金を別途支給するほか、希望者には再就職支援を実施する方針です。

景気低迷による半導体需要の落ち込みなどから厳しい業績が続いているため、さらなるコスト削減が必要と判断し今回の施策に至ったようです。

編集後記
離婚、借金 → 丸ビル進出!
私は、35歳の時に人生の岐路に立たされました。
離婚後、生活力をつけようと株の世界に入り、数千万円の借金を背負ってしまったのです。
しかし、今では……、丸ビルにオフィスを構え、ほぼ365日お客様からお声をかけていただき、
全国を飛び回り、人財育成の研修をさせていただいています。
なぜ、私は人生を巻き返すことができたのでしょう?

あ【送料無料】信頼関係の作り方

人生で一番大切なのに誰も教えてくれなかった
年間7000人をトップビジネスマンにする社員教育のプロが教える、勝手に成果がついてくる「信頼される技術」とは?信頼される人に共通する「ブレない心」の作り方とは。

東京製綱の希望退職者募集に161名が応募、想定上回る

東証1部上場でワイヤーロープ・スチールコード製造の「東京製綱」は、5月11日付で公表していた希望退職者の募集に161名が応募したことを明らかにしました。

対象となったのは北上工場(岩手県北上市)に在籍する社員で、退職日は9月30日。同工場従業員の約3割となる150名の募集人員に対し、1割弱多い応募者数となりました。

海外拠点への生産シフトに伴う国内人員の合理化策として実施されたもので、この施策に伴う特別退職金などの費用として8億5500万円の特別損失を計上したとのことです。

編集後記
新規開拓営業が楽になる45のコツ
営業マンの誰もがスゴ腕に「なりたい!」と、思ったことがあるはず。
しかし、肝心の方法が分からぬままに、ルーチンワークに忙殺されている人がいかに多いことか。
本書はそうした悩める営業マンにスゴ腕になるコツを解説。
著者はリクルートにおいてシステムの営業を担当し、わずか1年でトップセールスマンになった営業のプロ。
彼の実績は退社した今でも語り継がれているほど。
現在は営業のコンサルタントとして大手企業での営業研修や受注支援業務を著者自ら第一線に立って行っているので、生きたノウハウを数多く持っている。
彼の営業研修のモットーは「誰でも明日からできる具体的な方法の提示」という。
本書にも具体的なノウハウが数多く詰まっている。

【送料無料】「資料送っておいて」と言われたらチャンスと思え!

結果を出す人とそのほかの違い
@部長用の企画書と経営者用の企画書を分ける配慮ができる
Aアポ取り電話、訪問件数でも「もう1件だけ」を欠かさない
B顧客に「おみやげ」となる情報や提案を欠かさない
C顧客のために自社を動かすことを厭わない
Dとにかく初動が早い  (p.22より)

安藤建設が希望退職者の募集による70名の人員削減へ

東証1部上場の建設業「安藤建設」は、希望退職者の募集による70名の人員削減を明らかにしました。

対象となるのは満40歳以上58歳以下の正社員で、退職日は2013年1月31日。退職者には割増加算退職金を別途支給するほか、希望者には再就職支援を実施する方針です。

復興関連需要などにより受注は堅調に推移しているものの、労務・資材費の高騰により手持ち工事の収益性が悪化するなど厳しい環境が続いていることから、収支に見合った人員規模への再構築が必要と判断し今回の削減に至ったようです。

なお、この施策に伴う割増退職金などの費用として約5億円の特別損失を計上する一方、年間で約5億円の人件費削減効果を見込むとのことです。

編集後記
小さな習慣で、大きなチャンスを呼び込む。伝説的な全米トップセールスが書いた、人間関係の達人になる幻のコミュニケーション教本。
今すぐ実行できて、人間関係の達人になるコツがコンパクトにまとめられた本。
ちょっとした習慣で、チャンスが向こうからやってくるようになります。
この習慣を実行することで、人から好かれ、応援されるようになります。
アメリカで読み継がれる幻のコミュニケーション教本です。わずか1時間で読めてしまいます。

【送料無料】チャンスがやってくる15の習慣

相手のことを話題にしている間は、相手のちょうど痒いところをかいてあげているようなものです。人間の本性をうまくついて仕事をしているのです。
でも、相手のことではなくあなた自身のことを話し始めたら、それは、人間の本性に逆らって仕事を進めようとしていることになります。痒くもないところをかかれてもいい気持ちにはならないでしょう。(p.29)

シャープ、早期退職募集打ち切り…希望者急増で

シャープが、国内の従業員を対象に1日に募集を開始した早期退職の希望者が、定員(2000人程度)を超える見通しとなったため、募集期限を5日間前倒しし、9日に打ち切ることが8日、わかった。

2013年3月期連結決算の税引き後利益が2年連続で巨額赤字となる見通しを1日に発表したため、応募が急増したとみられる。

編集後記
粘り強い「人と組織」をつくる技術
10万部突破の『現場力を鍛える』『見える化』に続く三部作完結編。強い企業は、奇抜なことをするより、何事も粘り強く続けられる企業。そんな組織と人の粘着力を高める方法を記す。
「ねばちっこい」とは、茨城の方言で「粘り強い」「ねばっこい」という意味で、「粘り強い人」や「粘着力の高い組織」を作るノウハウを解説したのが本書です。
「粘ること」「継続すること」は、企業にとって、きわめて「当たり前」のこと。
しかし、この「当たり前」ができるかどうかが、企業を分ける生命線になります。

【送料無料】ねばちっこい経営

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。