日信電子サービスが希望退職者募集による30名の削減へ

東京都台東区で東証2部上場でOA機器・駅務機器などの保守サービスを手掛ける日信電子サービス梶i代表者:山手哲治)は、セカンドキャリア支援制度による30名の人員削減を明らかにしました。

対象となるのは40歳以上58歳以下の社員で、退職日は2012年3月31日。退職者にはセカンドキャリア支援金を支給するほか、希望者には再就職支援を実施する方針です。

同社では、昨年10月にも同様の施策を実施し、その結果15名が応募していました。

編集後記
引退しかけた男の再就職先は西海岸のマイナーリーグ。年収は二億五千万ダウン、愛する家族と離れての単身赴任、言葉の通じぬ職場、貧しい設備、同僚たちの冷ややかな視線、評価は実績無視の新人扱い。それが、彼の選んだ道だった…。成功は危険な決断から生まれる。LAドジャース斎藤隆初の自伝。

自己再生 36歳オールドルーキー、ゼロからの挑戦

富士通テンが神戸工場を12年5月末で閉鎖、国内生産縮小へ

兵庫県神戸市兵庫区でカーナビゲーションシステム大手の「富士通テン(代表者:重松崇)」は、2012年5月末をめどに本社地の神戸工場(兵庫県神戸市)を閉鎖することが明らかになりました。

同工場ではカーナビなどオーディオ・ビジュアル製品の開発・設計・製造を手掛けているものの、円高による価格競争力の低下や国内市場の低迷で厳しい環境が続いてるため今回の決定に至ったようです。

今後は中国および栃木県の関係会社へ生産機能を移管する予定で、開発部門などは神戸に残す見通しです。

編集後記
長くデフレが続き価格競争が激化し、安売りが常態化してしまった。脱デフレの兆しが見える中で以下にして価格を回復させればよいか。8者のケースを通じて価格回復のヒントを紹介。

脱・価格競争の経営 値下げのジレンマを克服する

だいこう証券ビジネスの希望退職者募集に37名が応募

東証・大証1部上場で証券関連業務を手掛ける「だいこう証券ビジネス」は、10月28日付で公表していた希望退職者の募集に37名が応募したことを明らかにしました。

これは中期経営計画の一環として実施されるもので、退職日は2012年1月31日。当初の募集人員20名に対し、8割以上多い応募者数となりました。

なお、この施策に伴う退職金などの支出として2億7800万円の特別損失を計上する一方、年間で約2億2900万円の人件費削減効果を見込むとのことです。

編集後記
読後、一言、いい本だな!リストラをアウトソーシングされる会社の社員が主人公。
そして彼を取り巻く人間たちの話。
トリックも飾りもない、本人達が意識せずに、本音で生きたいと願っている魅力的な人達の話です。
みんな、生々しいけど、気持ちよく、素敵で、読後感は、リストラなんていうドロドロした世界を扱いながら清涼でした。
大人の話です。オススメ!

君たちに明日はない

「私はもう用済みってことですか!?」リストラ請負会社に勤める村上真介の仕事はクビ切り面接官。どんなに恨まれ、なじられ、泣かれても、なぜかこの仕事にはやりがいを感じている。建材メーカーの課長代理、陽子の面接を担当した真介は、気の強い八つ年上の彼女に好意をおぼえるのだが…。恋に仕事に奮闘するすべての社会人に捧げる、勇気沸きたつ人間ドラマ。山本周五郎賞受賞作。

セイヒョーが希望退職者の募集による30名の人員削減へ

新潟県新潟市北区で東証2部上場で冷菓・アイスクリーム・製氷などを手掛ける潟Zイヒョー(代表者:飯塚周一)」は、希望退職者の募集による30名の人員削減を明らかにしました。

対象となるのは30歳以上の正社員・嘱託社員・契約社員で、退職日は2月24日。退職者には特別加算金を別途支給するほか、希望者には再就職支援を実施する方針です。

長引く不況の影響で売上面・コスト面ともに厳しい環境が続いてることから、収益基盤の再構築が必要と判断し今回の決定に至ったようです。

潟Zイヒョーは冷凍倉庫における保管業務を基盤として製氷・冷菓(アイスクリーム等)・和菓子(笹だんご等)の製造、仕入販売、冷凍食品類・米穀類・一般食品の仕入及び販売 を主な事業としています。

編集後記
管理職として、ある労働問題に直面したので購入してみました。参考になりました。
おかげさまで、この本の通り正当に任務を遂行することで、スムーズに3名が自主退職していただけました。
勤勉な社員を守るため、問題社員は正しくリストラすることも必要だと認識致しました。

社員を適正に辞めさせる法 トラブルを防ぎ、会社を守るための

「解雇しても大丈夫だろうか…」誰にも相談できない経営者に勇気を与える本。「問題社員を辞めさせたい」「やむを得ずリストラをしなければならない」そんなときに悩まないための処方箋を労務のプロが具体的に指南。

レイテックスの希望退職者募集に3名が応募、想定下回る

東京都多摩市で元東証マザーズ上場の半導体検査装置製造の潟激Cテックスは、11月28日付で公表していた希望退職者の募集に3名が応募したことを明らかにしました。

対象となったのは全従業員(56名)で、退職日は2012年1月10日。当初の募集人員10名を大幅に下回る結果となりました。

2012年5月期第1四半期末時点で46億3300万円の債務超過に陥っているほか、借入金の返済延滞が発生するなど厳しい環境が続いてることから、人員の適正化による固定費削減が急務と判断し今回の施策に至ったようです。

編集後記
社長!借金だけが資金調達の方法ではありません!会社をギブアップする前に読んでください!少人数私募債、資産リース化、そして債務超過解消のための会社分割まで、最良の解決策を分かりやすく指南。

なぜ会社の資金繰りが悪くなったのか? ピンチをチャンスに変える企業再生術

パナソニック系会社:規模縮小問題 鹿児島労働局「情報収集に努める」 離職者の意向把握 /鹿児島

日置市にある電子機器製造会社「パナソニックセミコンダクターオプトデバイス」が撤退を含めた規模縮小を検討している問題で、鹿児島労働局の雇用対策会議が16日、鹿児島市内で初めて開かれ、現時点での対応策について話し合った。
 
同社は来月から従業員約600人に対し、早期退職か県外への配置転換の意向調査を実施するとしている。取引先は県内に約40社で、同労働局は大量の離職者が出る可能性が高いとして、11月28日に雇用対策本部を設置した。
 
同労働局によると、すでに日置市にあるハローワークには、同社や取引先の従業員約20人が、求人情報や失業保険の給付などについて相談に訪れている。また、県内の十数社から離職者の雇用についての問い合わせが来ているという。
 
ただ、縮小規模や離職者の人数が明確化するのはこれからのため、対策が本格化するのは来年3月ごろからになる見通し。
今野文平鹿児島労働局長は「離職者の意向を把握しないと動けない。それまでは情報収集に努め、できる対策を打っていきたい」と話した。

編集後記
外資系金融マンを襲うトホホな事件の数々。リストラ、お財布事情、会社の人間関係…、世間には意外と知られていない苦労を赤裸々に告白。

外資系金融マンのリストラ日記 想像を絶する悲惨な現実がいっぱい!

プリンスホテルで早期退職者500人募集 過去最大規模

西武ホールディングスは15日開催の取締役会で、子会社のプリンスホテルにおいて早期退職者を募集することを決定した。募集人員数は全社員の約8%にあたる500人程度で、過去最大規模となる。主な対象はプリンスホテルに在籍する40歳以上の社員。

世界的な景況感の悪化に加え、東日本大震災や急激な円高による打撃が大きく、一層の合理化が必要と判断した。また10月1日に西武ゴルフを合併したことから、両社で重複する本社組織部門などで効率化を図る。

編集後記
おもしろい。コーチングの原点がここにあります。難しく書かれていないので参考になります。大局的なものの見方は、やはりトヨタですね。

なぜトヨタは人を育てるのがうまいのか

「モノづくりは人づくり」-トヨタには営々と語り継がれてきた人づくりへのこだわりがある。成果主義にもリストラにも背を向け、いまだ終身雇用を守りつづける会社が、なぜ純益一兆円を超え、アメリカのビッグスリーを凌駕するトップ企業となったのか?「上司と部下」の関係に焦点をしぼった人づくりの面から、世界最強経営の根幹を明らかにする。人を育て、自分を育て、会社を大きく育てるトヨタのノウハウは、仕事のうえでも、人生を豊かに生きるうえでも、きっと役に立つ。

シルトロニック・ジャパン:工場来年閉鎖 光市、年の瀬に衝撃 再就職支援へ /山口

「正社員513人は全員解雇となる。経営陣として申し訳ない」−−。シルトロニック・ジャパンの松村篤樹社長は深々と頭を下げた。12日発表された来年5月の光工場閉鎖。年の瀬に突然告げられた大手工場の閉鎖に、光市は揺れた。
 
解雇されないための50の社会人基礎力 読めば身に付く、大不況時代を乗り切る究極のサバイバ
従業員は営業部門や海外工場などを含め11月末時点で536人。9割を超える513人が光工場で働く。閉鎖後の配置転換などはなく、光工場の全従業員が職を失う。松村社長は約45億円を、退職金や転職支援に充てると説明した。
 
同社は、新日鉄光や武田薬品光工場などと並ぶ光市の大手企業。9日、松村社長から閉鎖の報告を受けたという市川熙(ひろし)市長は12日の記者会見で「驚きと戸惑いを感じた。市内に従業員300人が在住するなど大きな影響がある」と深刻な表情を見せた。
 
光市は下松公共職業安定所(ハローワーク)や県に就職先などの支援、協力を依頼し、周南地区を含めた企業に再就職支援を働きかける。12日は市の部次長を集めた1回目となる対策検討会議を開き、庁内での情報共有と支援策を検討したという。
 
光商工会議所の山根満正専務理事は「想定しなかった事態で、相当な影響は避けられない。雇用などで、どういう支援ができるか検討したい」と話した。

編集後記
リスクマネジメント業界で著名な白井氏の著書です。バイブル的に参考にさせていただいてます。リスクマネジメントの実践教科書に最適ですので、ぜひ、お買求めください。

企業の危機管理コンサルティング ケ-ススタディ

筆者は役員を取り巻くリスク、セクハラ・不当解雇を理由とした企業提訴、さらに商品への異物混入や情報漏洩事件などに対応する保険商品の開発を行ってきた。しかし近年になって紛争・テロや企業不祥事の多発、法改正等によって企業のリスクが多様化・巨大化し、それに伴って筆者も危機管理のコンサルティングに大きく軸足を移してきている。本書はそのような筆者のノウハウが事例を交えて極力わかりやすく記載されており、内外の環境変化によって構造変革を強いられ、さまざまな課題が提起されている企業の経営に資する内容となっている。

富士重、三洋電の早期退職者200人受け入れ

富士重工業が、三洋電機の東京製作所(群馬県大泉町)を早期退職する従業員のうち200人程度を正社員として採用することが5日、分かった。自動車の生産増強に対応するとともに、地元の雇用を維持する狙いもある。

群馬県太田市の自動車工場に配置する見通し。同社としては最大規模の中途採用といい、生産現場の経験者を確保し、技術を継承するため正社員として雇うという。

三洋電機によると、業務用の空調機器などを生産する東京製作所は、今月下旬に従業員800人程度を早期退職などで削減する。

編集後記
退職前後にやっておかないと損をする事務手続、「再就職」に備え?んでおくべきコツ、年金を有利にもらい、新職場で痛快に過ごす法など、中高年再就職のお得な情報とコツを満載。

【送料無料】 中高年再就職完全マニュアル / 平山俊三 【単行本】

三洋CE:退職応募、6割女性 鳥取労働局、女性ニーズの職種開拓 /鳥取

パナソニックグループの事業再編問題で、三洋電機コンシューマエレクトロニクス(三洋CE、鳥取市)の市内に勤務し、早期退職に応募した291人のうち、6割が女性であることが2日、わかった。鳥取労働局は、女性にニーズが高い職種の求人開拓に力を入れる。
 
同労働局によると、ハローワーク鳥取での三洋CE関連の離職者の求職申込者(11月30日現在)は126人(男性40人、女性86人)。ハローワーク鳥取には、子供が遊べる託児機能を備えたマザーズコーナーがあり、今後、さらに相談者が増えると予想されることから、職員を増員して対応に当たるという。
 
また、同労働局が11月に県東部の3993事業所を対象に行った業況調査(1663事業者が回答)では、267社が三洋CEの影響があると回答。うち、従業員30人未満が209社、30〜99人が34社と中小企業が大半を占めているという。
 
影響は東部だけにとどまらず県内全域に波及する可能性があることから、同労働局は26〜28日に、鳥取、倉吉、米子の各市役所で、労働や離職手続きなどに関する特別相談会を開く予定。

編集後記
明日は我が身か。20代から50代までの「仕事がほしい」との悲痛な叫び。巻末に「大失業時代を生き延びる」ためのノウハウを付す。

【送料無料】 仕事がない! 求職中36人の叫び / 増田明利 【単行本】





日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。