千代田インテグレ鰍ェ経営合理化で70名の削減

倒産速報 明日はわが身です。千代田インテグレ鰍ェ経営合理化で70名の削減

千代田インテグレが希望退職者の募集による70名の削減へ
東京都中央区で東証1部上場部品メーカーの千代田インテグレ梶i代表者:小池光明)は、早期退職希望者の募集による70名の人員削減を明らかにしました。

対象となるのは全従業員378名の約2割に相当する正社員で、退職日は6月30日。
退職者には特別加算金を別途支給するほか、希望者には再就職支援を実施する方針です。

また、国内生産拠点のうち、大阪支店および豊橋支店における社内生産加工業務を休止し、東京支店に集約する拠点再編も併せて実施する方針です。

円高の影響から主要顧客における国内生産の縮小および海外への生産移管などで厳しい環境が続いているため、経営の合理化が急務と判断し今回の削減に至ったようです。

ベスト電器の希望退職者募集に301名が応募、募集締め切り

倒産速報 明日はわが身です。ベスト電器の希望退職者募集に301名が応募、募集締め切り

福岡県福岡市博多区で東証1部・福証上場の家電量販店大手の潟xスト電器(代表者:小野浩司)は、2011年11月21日付で公表していた希望退職者の募集に301名が応募したことを明らかにしました。
従業員数は単独で3,460名(2011年2月末日現在) 。

対象となったのは満35歳以上59歳以下の正社員で、退職日は2012年2月29日。当初の募集人員300名に応募者数が達したため、募集の締め切りとなりました。

景気低迷による個人消費の落ち込みに加え、同業他社との販売競争が激化していることから、収益の改善が必要と判断し今回の削減に至ったようで、この施策により年間で約18億円の人件費削減効果を見込むとのことです。

編集後記
希望退職者が計画通りに集まったというのは喜んで良い話なのでしょうか。301名の希望退職者にはそれぞれがドラマを抱えているのではないかと思われます。
退職を希望していなかったのに強制的に退職させられている人も少しは含まれているように思えてなりません。

なぐさめはいらない

「あなたは会社に不必要な人間になりました」50歳でリストラ。なにくそ、会社が必要としていないなら自分でやってやる…と看板屋を旗揚げ。悪戦苦闘しながらも「楽しく生きる」オジさんたちへの応援歌。

日信電子サービスは本当に希望退職を募る必要があったのか?

倒産速報 明日はわが身です。日信電子サービスは本当に希望退職を募る必要があったのか?

日信電子サービスの希望退職に31名が応募、ほぼ想定通り
東京都台東区で東証2部上場OA機器・駅務機器などの保守サービスを手掛ける日信電子サービス梶i代表者:山手哲治)は、2011年12月22日付で公表していたセカンドキャリア支援制度に31名が応募したことを明らかにしました。
従業員数は912名(2011年3月31日現在)。

対象となったのは40歳以上58歳以下の社員で、退職日は3月31日。当初の募集人員30名に対し、ほぼ想定通りの応募者数となりました。

退職者にはセカンドキャリア支援金を支給するほか、希望者には再就職支援を実施する方針で、この施策に伴う費用として2億6800万円の特別損失を計上する見込みです。

編集後記
900名以上の従業員で30名の希望退職とは少ない数字ですね。自然源あるいは新規採用の抑制でなんとかなる数字ではなかったでしょうか。
30名の退職に対して2億6800万円の特別損失とは少ないような気もしますね。

奇跡の人材育成法新装版 どんな社員も「一流」にしてしまう!

面白い経営者の本があると聞き、早速 購入しました。
読んでみると、奇想天外な入社試験や筆者の考えかたに敬意をいだきました。
自分が、もっと頑張れるようになる大切な一冊です。

従業員30%カット!セイヒョーの希望退職者募集に31名が応募、ほぼ想定通り

倒産速報 明日はわが身です。セイヒョーの希望退職者募集に31名が応募、ほぼ想定通り
新潟県新潟市東区で東証2部上場冷菓・アイスクリーム・製氷などを手掛ける潟Zイヒョー(代表者:飯塚周一)」は、2011年12月19日付で公表していた希望退職者の募集に31名が応募したことを明らかにしました。

潟Zイヒョーは1916年(大正5年)6月3日に創業された製氷・冷菓製造会社です。
売上は平成22年2月期に34億9652万円で、従業員は107名(平成平成23年2月28日現在)。
主力商品は「もも太郎」、「笹団子」などです。

対象となったのは30歳以上の正社員・嘱託社員・契約社員で、退職日は2月24日。当初の募集人員30名に対し、ほぼ想定通りの応募者数となりました。

長引く不況の影響で売上面・コスト面ともに厳しい環境が続いてることから、収益基盤の再構築が必要と判断し今回の削減に至ったようです。

編集後記
従業員数の30%減少とは思い切ったリストラですね。間もなく創業100年を迎えようとしていますが、一度身をかがめてジャンプできる体制を作り上げください。

【送料無料】 実践中小企業の新規事業開発 町工場から上場企業への飛躍 / 柳孝一 【単行本】

中小企業における、真のイノベーションを教えくれます。
著者の堀井さんは、ある意味『雇われ社長』という立場でありながら、自身の人間改造を実践しながら、下請け企業から一部上場企業にまで会社を牽引した方です。
また本人は上場企業の社長という立場に甘んじる事無く、創業家族へ経営を譲り、大学院に入り改めて経営学をイチから学ぶという、ビジネス社会を生きる、リアル侍の様な方です。
このビジネス書は、数多語られている机上の空論ではなく、閉塞感に喘ぐ中小企業の変貌がリアルに語られています。
現実会社の実例なので、聞きなれぬ技術的専門用語も多いですが、あとがきを読んだ後に、必ず、胸に熱いものが込み上げる素晴らしい本です!

グッドマンの特別転進支援制度に34名が応募、想定1割増

倒産速報 明日はわが身です。グッドマンの特別転進支援制度に34名が応募、想定1割増

愛知県名古屋市名東区でジャスダック上場カテーテルなど医療機器の製造販売を手掛けるグッドマン(代表者:余語岳仁)は、2011年10月19日付で公表していた特別転進支援制度に34名が応募したことを明らかにしました。
従業員数は連結で524名です(平成23年6月30日現在)。

対象となったのは満35歳以上59歳以下の正社員で、退職日は2011年12月31日。
当初の募集人員30名に対し、約1割多い応募者数となりました。

中長期的な財務基盤の強化を目的として実施されたもので、この施策に伴う特別退職金などの支出として1億3800万円の特別損失を計上したとのことです。

編集後記
退職という事態に追い込まれたときに、再出発と前向きに捉えることが出来なければ苦しむだけかもしれません。

自分の答えのつくりかた Independent mind

素晴らしかったです。
読みながら自分の昔のことを思い出して、「あぁ、あの時この方法で考えていたら、別の選択をしていたかもしれない・・・」と思い出しながら一気に読んでしまいました。
最後のパートでは不覚にも涙。”読者の心の琴線に触れて泣かせること”が目的の本ではありませんが、本ストーリーを読んだ後に「人間としての強さは何か」とか「賢さとは」とかを述べている部分で著者の考えを知ると、なぜだか涙が出てきてしまいました。
対象となる読者層は中高生だけじゃないですね。あらゆる世代の人で「変わること」を望んでいる人ならば、この本にヒントがあるかもしれない。読む価値あります。
結構ドラマチックな展開なので、アニメーションの映画などになったら、分かりやすく伝わるのかなと思いました。

SUMCOがソーラー事業から撤退し1300名の人員削減へ

倒産速報 明日はわが身です。SUMCOがソーラー事業から撤退し1300名の人員削減へ

東京都港区で東証1部上場シリコンウェーハ製造大手の慨UMCO(代表者:田口洋一)は、事業撤退や拠点再編・人員削減を含む事業再生計画の実施を明らかにしました。
従業員数は連結で8,997名(2011年7月31日現在)。

太陽電池用シリコンウェーハ事業においては、構造的な供給過剰による価格の下落が続いており、今後の収益改善は困難との判断から、伊万里ソーラー工場(佐賀県)の閉鎖および子会社の「SUMCOソーラー」「水俣電子」を解散し同事業から撤退する方針です。

また、半導体用シリコンウェーハ事業においては、生野工場(兵庫県)の閉鎖、長崎工場の300mmウェーハ製造ラインの閉鎖、伊万里工場の150mmウェーハ製造主力ラインの閉鎖による生産拠点の集約で収益改善を目指す方針です。

これら施策に伴い、連結人員の14%に相当する約1300名の人員削減を実施する予定で、事業再生計画費用として約582億円、人員削減費用として約100億円の特別損失を見込むとのことです。

SUMCO、工場閉鎖などで大幅リストラへ
半導体材料大手のSUMCOは2月2日、2013年度までに工場閉鎖や子会社2社の解散、計1300人の人員削減をすると発表した。中国や台湾勢との価格競争が激しくなっており、生産体制を見直す。リストラ費用は682億円を見込む。12年1月期連結決算の純損益は、850億円の赤字になる見通しだ。

生野工場(兵庫県朝来市)は閉鎖する。伊万里工場(佐賀県伊万里市)や長崎工場(長崎県大村市)は一部製品の生産をやめる。いずれも半導体材料の「シリコンウエハー」をつくっている。

太陽電池向けの半導体材料も生産しているが、価格が4年前から9割落ち、利益が見込めないために撤退する。子会社のSUMCOソーラー(和歌山県海南市)、水俣電子(熊本県水俣市)を2012年3月末に解散させる。人員削減の対象は本社や各工場だが、内訳は今後決める。

編集後記
熊本県、佐賀県、長崎県、兵庫県、和歌山県などと、再就職先が簡単に見つけられないようなところでこれだけリストラをされると地域経済は相当な影響をうけるのではないでしょうか。
太陽電池向けの半導体材料の価格が 価格が4年前から9割落ちしている会社の事情も理解はできます。が、いくらこれが現実だと言われても、一度は雇った人を使い捨てするように扱って欲しくはないですね。

くらし安心!お金の大事典

「イザ」という時の「生活防衛」とは。家計に直結するお金の常識を、「日々の暮らし」「ピンチから抜け出す」「老後」に分類・解説。財形貯蓄や傷病手当金、医療費控除など意外に知らないキーワードを学び直しては? ムダな出費を減らすワザも掲載。お金の体力をつけたい読者に。

日本板硝子がグループ全体で3500名の人員削減へ

倒産速報 明日はわが身です。日本板硝子がグループ全体で3500名の人員削減へ

東京都港区で東証・大証・各1部上場大手ガラスメーカーの日本板硝子梶i代表者:クレイグ・ネイラー)は、間接人員を中心にグループ全体で3500名の人員削減を実施すると発表しました。
従業員数は連結で約29,500人、単体で約2,300人です(2011年3月31日現在)。

欧州の建築および自動車市場をはじめとする多くの市場で需要が縮小していることに加え、太陽電池用ガラスの需要も急減するなど環境が悪化していることから、抜本的な対策が必要と判断し今回の施策に至ったようです。

また、上記の人員削減策に加え、イギリスにおいてフロートライン1基を休止するなど生産能力の削減を実施する予定で、これら施策に伴い約250億円の再構築費用を計上する一方、年間で約200億円の経費削減効果を見込むとのことです。

編集後記
3500人もの人員削減ですが、家族を含めると1万人以上の人が影響を受けるのではないでしょうか。
大量の人員削減が次々と行われるとさらに景気が悪化するのではないかと心配されます。

図解 自己防衛マニュアル

日立電線の早期退職者募集に917名が応募、想定4割上回る

倒産速報 明日はわが身です。日立電線の早期退職者募集に917名が応募、想定4割上回る

東京都千代田区で日立グループの電線・ケーブル製造子会社で東証・大証・各1部上場の日立電線梶i代表者:橋秀明)は、2011年10月28日付で公表していた早期退職・転職支援制度に917名が応募したことを明らかにしました。

対象となったのは35歳以上の同社および子会社の社員で、退職日は2011年12月20日から2012年1月20日まで。当初の募集人員650名に対し、約4割多い応募者数となりました。
従業員数は連結で16,600人、単独で4,154人(2010年3月末)。

また、今回の早期退職・転職支援に加え、社外出向や転籍促進などにより総計1600名を削減する方針で、これら施策に伴い年間で約90億円の人件費削減効果を見込むとのことです。

2011年9月10日のニュースでは
日立電線は2011年9月9日、2011年度中に国内の人員約9100人(連結ベース)のうち約1200人を早期退職の募集などで削減すると発表した。
国内市場が低迷し赤字が続いているためで、不採算の光海底ケーブル事業から撤退するなど国内を中心に事業を再編する。
同日発表した中期経営計画の見直しでは、撤退する光海底ケーブル事業は茨城県日立市の工場設備を売却。
成長が見込めない通信ケーブルは生産拠点の集約を検討する。一方、電力・次世代エネルギー分野などは海外向けを中心に強化する。
この結果、2012年3月期連結決算の最終損益は190億円の赤字と4年連続の赤字になるが、2013年3月期は150億円の黒字に転換するとしている。

編集後記
35歳以上で退職してどうするのか心配になってきますね。不況で再就職先が見つからない人が多いときに皆さんどのようにするのでしょうか?
幸運を祈っています。

幸運を引きよせるスピリチュアル・ブック

この本のはじめのほうに、「この本を手に取ったのも、自分に必要だったから」
そんなようなことが書いてありました。
読み進めると・・・「なるほど」と思いました。
「人は必要な時に、必要な人に出会い、必要な苦悩もする」
そんな気持ちを持てるようになって、心に余裕ができるようになりました。
嫌いな人も「嫌いだけどまあいいか~」ってイライラしなくなり、行き詰まるると、開いています。
・・・案外幸せって身近だったことで、特別に起こってるものではないと気が付かされました。

三ッ星が早期退職者募集による30名の人員削減へ

倒産速報 明日はわが身です。三ッ星が早期退職者募集による30名の人員削減へ

大阪府大阪市天王寺区でジャスダック上場でゴム皮膜電線や産業用ケーブルを製造する且Oッ星(代表者:塚本聡一郎)は、早期退職支援制度により全従業員の約15%に相当する30名の人員削減を明らかにしました。
従業員数は280名(臨時職員65名を含む)です。

対象となるのは全社員で、退職日は2012年3月31日。退職者には早期退職加算金を別途支給するほか、希望者には再就職支援を実施する方針です。

このほか、本社組織の簡素化や拠点の統廃合など経営改善策を進める予定で、これら施策により年間で約2億円の経費削減効果を見込むとのことです。

編集後記
経費削減の手段として人員削減は一見有効な方法ですが、会社の士気が失われると負の効果が肥大します。
再就職の支援は出来るだけ手厚く行って欲しいです。


事例に学ぶ人事制度改革と雇用調整の実務

事例を通じて、分かりやすく論じられています。
細かいテクニック論より、本質に重きが置かれています。
◆組織は戦略に従う。戦略なきリストラは成功しない。
◆変革は体力のあるうちに行うこと。
◆人事は人の心を扱う。残る人も、去る人もどちらの心にも配慮がないと、業績は上がらない。
◆上記を全て達するためには、明確なリーダーシップが必要。

日本証券代行が希望退職者の募集による20名の人員削減へ

倒産速報 明日はわが身です。日本証券代行が希望退職者の募集による20名の人員削減へ

東京都江東区で情報サービス事業を手がける東証一部上場のJBISホールディングス(代表者:内池正名)の傘下で証券代行業務を手掛ける日本証券代行梶i東京都中央区、代表者:福山登志彦)は、希望退職者の募集による20名の人員削減を明らかにしました。
日本証券代行鰍ヘ1950年(昭和25年)9月13日に設立された会社で、従業員数は169名(平成22年4月1日現在)で、代表者の 福山登志彦はJBISホールディングスの副社長を兼務しています。

対象となるのは満35歳以上60歳未満の社員で、退職日は2012年3月30日。退職者には特別加算金を別途支給するほか、希望者には再就職支援を実施する方針です。

株式電子化の制度変更以降も、証券市場の落ち込みや競争の激化で厳しい環境が続いており、事業規模に見合った人員体制への合理化が急務と判断し今回の削減に至ったようです。

なお、2012年4月をめどに「住友信託銀行」が日本証券代行の株式を取得し、連結子会社とする予定が明らかになっています。

編集後記
株価が下がると受取手数料も減ってしまいますよね。大量の株を扱うのも小口の株を扱うのも手間はそれほどかわりません。
時代の流れの沿った経営体質は当然必要ですが、希望退職者募集が一番良い方法なのでしょうか。

社員を適正に辞めさせる法 トラブルを防ぎ、会社を守るための

「解雇しても大丈夫だろうか…」誰にも相談できない経営者に勇気を与える本。
「問題社員を辞めさせたい」「やむを得ずリストラをしなければならない」そんなときに悩まないための処方箋を労務のプロが具体的に指南。
業績不振などでリストラ(人員整理)を余儀なくされている会社が増えています。
一方で、問題社員をどのように辞めさせたらよいかと頭を悩ます経営者も多いでしょう。
しかし、労働基準法等のルールを守らないで解雇等を行なうと、あとで労務トラブルに発展し、多大な労力と時間、そして思わぬ出費が発生します。
本書は、経営者や役員、人事労務担当部課長向けに、無知や誤解にもとづくリストラや解雇を行なわないように、労働法の正しい解釈とその運用のしかた、それを踏まえたうえでの合法的な社員の辞めさせ方を、実践的に解説・指南する本。誰にも相談できない経営者に勇気を与える本です!
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。