電機崩壊の危機!人材&技術がダダ漏れ

業績悪化が深刻な日本の電機産業が外資に侵食されている。シャープやルネサスエレクトロニクスは経営再建の望みを台湾企業や米買収ファンドに託したが、他のメーカーも人員削減など大リストラを進め、貴重な人材・技術の海外流出が加速する。日本経済の屋台骨が壊滅しかねない。

ルネサス再建の主導権を握ることになるのは、母体のNEC立製作所日、三菱電機ではなく、米買収ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)だった。年内にも1000億円規模の第三者割当増資を引き受け、発行済み株式の過半を取得し、経営権を握る。

国内半導体大手では破綻したエルピーダメモリも米マイクロン・テクノロジーが支援企業となった。

シャープも台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業が筆頭株主となる予定で、外資主導で立て直しを図る構図が鮮明化している。

業績が悪化したメーカー各社が打ち出した大幅な人員削減の影響も心配だ。ルネサスが1万2000人、シャープも1万人規模の削減を検討するほか、パナソニックが3万6000人、ソニーやNECが1万人規模の削減を打ち出した。希望退職も実施され、NECはすでに40歳以上の社員2393人が9月末で退職することが決まっている。労働組合「電機・情報ユニオン」の集計では、昨年以降77企業で12万人を超えるリストラが計画されているという。

気になるのはリストラされた社員の行き先だ。東レ経営経済研究所シニアエコノミストの福田佳之氏は「リストラされた人員を吸収できる技術や産業が育っているかが問題だ。いま日本で伸びている介護や医療系などのサービス産業は総じて賃金が低く、メーカーの技術者が転職しても同じ賃金を手にすることは難しい」と指摘する。

技術者にとって今と同じかそれ以上の賃金を得る可能性があるのが、海外メーカーへの移籍だ。

「日本の技術者を韓国や台湾、中国メーカーが狙っている。韓国や台湾勢が強くなったのは、2000年代初頭に日本メーカーにリストラされた技術者の働きも大きい。今回のリストラで海外勢がさらに強くなり、日本勢が打撃を受ける“ブーメラン現象”が再び起こるのはないか」と福田氏は懸念を示す。

人材が流出すれば技術流出も免れない。「“枯れた技術”とされる白物家電にこそ日本企業は独自の技術やノウハウを持っている。一度失われると取り戻すのは困難」(家電担当アナリスト)

負のスパイラルから脱する方策として、前出の福田氏は「日本の強みであるサービスと製造業を組み合わせるなど、他国が簡単にまねできない輸出産業を育てるべきで、政府や自治体による支援も必要だ」と提言する。

外資の草刈り場になる前に、一刻も早く手を打つ必要がある。


予想よりも少ない!オリンパス鰍ェ100名の人員削減

倒産速報 明日はわが身です。東京都新宿区で光学機器メーカーのオリンパス(代表者:笹宏行)は、希望退職者の募集による100名の人員削減を明らかにしました。
従業員数は単独で3,292人、連結で34,112人(2012年3月31日現在)。

これは、6月8日付で公表された全世界で2700名を削減する中期計画の一環として実施されるもので、対象となるのは同社および一部の国内子会社とし、退職日は11月30日の予定です。

損失隠し問題による信用失墜で不安定な経営が続いている同社は、人員の最適化や子会社・製造拠点の再編を柱とする抜本的な改革を進める方針で、まずは国内における希望退職者の募集を決定したようです。

編集後記
思ったよりも人員削減が少ないですね。単独従業員数から考えても300名以上の削減が行われても不思議ではないのですがね。

巨額の損失隠しによる企業イメージはかなり落ちましたが、企業の業績はあまり悪化していないようです。

胃カメラなどの医療分野ではオリンパスはとても強く、内視鏡では世界シェアの75%を占めています。
圧倒的に優位に立てる技術や製品を持っていると強いのですね。


NECの不振が影響か?東京都港区で電気機器メーカーの日本アビオニクス鰍ナリストラ

倒産速報 明日はわが身です。東京都港区で電気機器メーカーの日本アビオニクス梶i代表者:山下守)は、6月20日付で公表していた早期退職者の募集に188名が応募したことを明らかにしました。
従業員数は721人(2010年3月末現在)。

日本アビオニクス鰍ヘ東証2部上場の電気機器メーカーで、情報処理システム関連機器、防衛用電子機器の製造・販売などを行う企業である。

対象となったのはグループ会社を含む満30歳以上かつ勤続3年以上の社員で、退職日は9月28日。当初の募集人員200名に対し約1割少ない応募者数となりました。

なお、この施策に伴う特別転進支援加算金などの費用として11億7300万円の特別損失を計上するものの、業績予想にはすでに織り込み済みとのことです。

編集後記
721名の従業員数に対して200名の早期退職者募集をしていたとは驚きですね。よほど先行きが暗いのでしょうね。

1960年に日本電気(NEC)と米国ヒューズ社との合弁会社で、親会社の業績不振が影響しているのでしょうか。
いつまでも親会社だけに頼っていないで、子会社が独自の道を歩むことも考えて行動する必要があるでしょうね。



コスモ石油坂出製油所閉鎖 地元に衝撃と懸念 香川

雇用や新たな事業展開に期待
石油元売り大手のコスモ石油(東京)が坂出製油所(香川県坂出市番の州緑町)を来年7月に閉鎖すると発表した28日、同社に製油所存続を要望してきた地元には大きな衝撃と地域経済への影響に対する懸念が広がった。県などは、同社に今後の事業展開での雇用の確保や跡地の有効活用を図るよう強く求めた。

坂出製油所閉鎖の決定を受け、香川県の浜田恵造知事は「昭和47年の操業開始以来、県の経済を牽引(けんいん)する中核企業として地域の雇用や経済活動に多大な貢献をいただいていただけに誠に残念だ」とコメントした。

同社は閉鎖後の坂出製油所を西日本への物流拠点として利用し、従業員の雇用は配置転換などで維持する方針を示しており、浜田知事も「できる限り多くの雇用を県内で確保していただくとともに、新たな事業展開などで跡地の有効活用を図っていただくよう強く要望したい」とした。

地元坂出市の綾宏市長も「今後の従業員の雇用継続や精製施設の跡地活用などで前向きな対応がなされるよう期待している」などとのコメントを発表した。市総務部によると、製油所閉鎖で数億円単位での税収減が見込まれるが、担当者は「影響は大きいが新たな事業展開に期待し、様子をみたい」と説明。地元従業員の雇用や新たな事業展開に関し、市としても可能な限り支援する考えを示した。


驚異のイノベーションが必要!電機大手のシャープ鰍ェ2000名のリストラ

倒産速報 明日はわが身です。大阪府大阪市阿倍野区で電機大手のシャープ梶i代表者:奥田隆司)は、8月2日付で公表していた経営改善対策の一環として、希望退職者の募集による2000名の人員削減を明らかにしました。
従業員数は連結で56,500名、単独で21,700名(2011年5月末現在) です。

対象となるのは同社および国内子会社の社員で、退職日は12月15日。退職者には特別加算金を別途支給するほか、希望者には再就職支援を実施する方針です。

景気低迷に伴う液晶テレビの需要減などにより、2013年3月期は純損益2500億円の赤字を見込むなど厳しい環境が続いていることから、抜本的な合理化が必要と判断し今回の削減を決定したようです。

なお、この施策によるリストラ費用として約270億円を見込むものの、業績予想にはすでに織り込み済みとのことです。

編集後記
NECとほぼ同じだけの人員削減計画を発表したシャープですが、これが第1弾で、まだまだリストラが続くように思えてなりません。

それほど電機業界は売上が低迷しているのですね。起死回生の手段が残されているのか不透明ですが、急速な回復が見込める状況ではないようです。

自動車業界の経営悪化は東日本大震災によってサプライチェーン(部品供給システム)が崩れたことによるものでだったので、ここにきて回復の兆しを見せていますが、電機業界には明るい材料が全くありません。

アップルのスティーブ・ジョブズのような新しい発想が必要になっています。



コスモ石油鰍ェ香川県坂出市にある坂出製油所を2013年7月に閉鎖

倒産速報 明日はわが身です。東京都港区で石油元売大手のコスモ石油梶i代表者;木村彌一)が香川県坂出市にある坂出製油所を2013年7月に閉鎖すると発表しました。

省エネルギーの推進や次世代自動車の台頭などで石油需要が減少傾向にあることから、現在の4製油所(千葉・四日市・堺・坂出)による供給体制の再構築が必要と判断し今回の決定に至ったようです。

今後は、物流拠点機能のオイルターミナルとして事業継続する予定で、従業員については配置転換などにより対応するとのことです。

編集後記
電機自動車やハイブリッドカー、エコカーが増える中で、現実にガソリンスタンドが次々と消えています。
石油元売会社もリストラの必要性が自然に生まれてくるのでしょうね。

自動車業界がどのように進化するかによっては、ガソリンスタンドそのものが消滅することさえ夢物語ではなくなってきています。

大きな時代の変化に取り残されることがないように、よく世の中の動きや流れを把握するように努めてください。


携帯電話事業部門など!東京都港区で電気大手の日本電機鰍ェ2000名超のリストラ

倒産速報 明日はわが身です。東京都港区で電気大手の日本電機梶iNEC、代表者:遠藤信博)が5月16日付で公表していた特別転進支援施策(希望退職者の募集)に2393名が応募したことを明らかにしました。従業員数は連結で115,840名、単独で23,935名(2011年3月31日現在)です。

対象となったのは、グループ会社を含むスタッフ部門・携帯電話事業部門・プラットフォーム事業の特定部門に在籍する40歳以上かつ勤続5年以上の社員で、退職日は9月28日の予定です。

2012年3月期決算において1102億円の純損失を計上するなど業績が悪化していることから、不採算事業の見直しや固定費の削減が急務と判断し今回の施策に至ったようです。

編集後記
NECクラスの会社がリストラを行った場合に、優秀な人材が相当逃げ出しているのではないかと思われます。
社内での引止めがあった人もいるでしょうが、電機業界に見切りをつけて、新しい分野に進出する人も多いのではないでしょうか。

特にスタッフ部門で40歳代であればまだまだやり直しがききますから。新天地でぜひ頑張って欲しいですね。



間違ってもホームレスにはならないでくださいね。「今日、ホ-ムレスになった」を反面教師として参考にされるとよろしいかと思います。

40歳以上が対象!東京都稲城市で工業用製品製造の日本フイルコン鰍ェリストラ

倒産速報 明日はわが身です。東京都稲城市で工業用製品製造の日本フイルコン梶i代表者:相澤毅)が希望退職者の募集による50名の人員削減を明らかにしました。
従業員数は653名(2008年5月現在)です。

日本フイルコン鰍ヘ1936年(昭和11年)創業で、製紙用の網で国内シェア6割を誇る。半導体製造用フォトマスクが成長のけん引役になっていました。2001年には東証1部に上場しています。

対象となるのは40歳以上の正社員で、退職日は11月30日。退職者には特別加算金を別途支給するほか、希望者には再就職支援を実施する方針です。

国内市場の低迷に加え、欧州債務危機や中国など新興国での需要減で厳しい環境が続いていることから、収益規模に見合った人員体制への合理化が必要と判断し今回の施策に至ったようです。

編集後記
40歳といえば子供さんに一番お金がかかる時期で、退職を余儀なくされる方には同情せざるを得ません。

しかし、人生は悪いことばかりではないと思って頑張って欲しいです。



厳しい経済環境ではありますが、常に売上や利益を伸ばしている会社もあります。
今一度、自分のキャリアを見直して、何が出来るかを考えてみましょう。
必ず道が開けるはずです。

ソニー、光ディスク事業撤退へ 従業員400人は早期退職か配置転換

ソニーは25日、パソコン向け光ディスク駆動装置事業から撤退する方針を固めた。販売競争が激しく単価も下落しており、事業継続は難しいと判断した。

事業を手掛ける子会社のソニーオプティアークの業務を来年3月末に終え、その後清算する予定。国内外約400人の関連従業員は、早期退職を募り削減するほか、一部はグループ内で配置転換する。

ソニーは2012年3月期連結決算の純損益で4年連続の赤字に陥った。今年度中に国内外のグループ従業員を1万人規模削減するリストラを進めており、今回の事業撤退もその一環とみられる。

ソニーオプティアークは06年にNECとの共同出資で設立され、08年にソニーが完全子会社化した経緯がある。


全員が幸福になることを祈っています!東京都武蔵野市  日本マイクロニクスのリストラ

倒産速報 明日はわが身です。東京都武蔵野市で半導体やLCDの検査・計測装置の 日本マイクロニクス(代表者:長谷川正義)が6月22日に公表していました希望退職者の募集に214名が応募しました。

ジャスダック上場で半導体やLCDの検査・計測装置を手掛ける鞄本マイクロニクスで、対象となったのは21歳以上の正社員で、退職日は9月30日。当初の募集人員150名を大幅に上回り、全従業員(1168名)の2割弱に相当する応募者数となりました。

なお、この施策に伴う割増退職金などの費用として約11億9800万円の特別損失を計上する一方、年間で約11億1600万円の人件費削減効果を見込むとのことです。

LCD市場の環境悪化に加え、太陽電池などの新市場も厳しい環境が続いていることから、収益規模に見合った人員体制への合理化が必要と判断し今回の削減に至ったようです。

編集後記
東京だから再就職先が簡単にみつかると思っているのでしょうか。募集人員よりも4割も多い希望退職者がいたということは、会社を見限っているのかもしれません。

すでに、再就職先を決めた人もいることでしょうが、優秀な人材が抜けて、残った従業員がさらに苦労を迫られる結果にならなければ良いと思っています。

田舎では再就職先を探すことはとても難しいですが、辞めた人も残った人も幸せになれることを祈っています。


日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。