仁井谷正充さん…ぷよぷよのごとく夢も会社もはじけ借金90億円



90年代を代表するゲーム「ぷよぷよ」をつくった伝説のゲームクリエーター仁井谷正充さん(67)の半生は、平家物語のような栄華と没落のストーリーです。
ぷよぷよの爆発的ヒットで、40歳そこそこで売上高70億円のゲーム会社社長となった仁井谷さんはいま、千葉・新松戸のアパートでこたつにくるまりながら、再起を期し新たなゲーム作りに没頭しています。
「ただ春の夜の夢のごとし……」。会社の消滅は、まるでぷよぷよの「連鎖」のごとく、あっという間でした。
ディズニーに対抗する「ぷよぷよランド」つくりたかった。「企画書の絵を描くのに1千万円ぐらいつかっている」

2DKのアパートの一室。こたつに入って話を聞いていると、おもむろに立ち上がった仁井谷さんが資料ファイルから書類を持ち出してきました。A4で24枚、表紙には「コンパイル・パーク開発計画」の文字。
ぷよぷよのキャラクターがドーム状の屋根を形作った建物が描かれています。会社を、そして自身の人生を暗転させた「ぷよぷよランド」計画です。

歯車を狂わせたのは、社長だったゲーム制作会社「コンパイル」を総合エンタメ産業に進出させるという大きな夢への着手でした。
「モデルはディズニー。アニメがあってディズニーランドがあり、そこに人々が集うように、ゲームがあってぷよぷよランドがあり、そこに人が集まる。そんな壮大な夢だった」
地上10階建て。ジェットコースターや空中ブランコ、ゴーランド。巨大プールにフードコート、カラオケボックス、物産館、ホテル客室……。

ありとあらゆるアミューズメントを詰め込んだテーマパークが、ぷよぷよランド構想でした。建設予定地は幕張メッセがある海浜幕張駅。千葉マリンスタジアムに隣接する敷地で「計画は行政側とは話はついていた。建設する手前まで進んでいた」そうです。



■経営拡大が裏目、資金ショートし破産
ぷよぷよランド構想に向け、仁井谷さんは会社経営を拡大しつづけます。100人足らずだった従業員は408人に急増員。新作に巨額の宣伝費も投入しますが、ぷよぷよ以降、思うようなヒット作が生まれません。
「そうこうしているうちに運転資金がショートした。簡単に言えば給料が払えなくなった」。
98年、地裁に和議申し立て。倒産です。負債総額75億円。ゲーム会社の倒産としては当時桁違いでした。
倒産とともに仁井谷さんも自己破産。会社は再建を目指したもののかなわず。ぷよぷよの知的財産権は売却しました。

■プログラミングを教えたり、警備員をやったり
「すべてを失った」という仁井谷さんは、その後、専門学校でプログラミングを教えたり、警備員のアルバイトをしたり。
千葉県内の安アパートを転々としながら、暮らしたそうです。
死にたいと思ったことは?「ないですね。もともとぷよぷよのヒットだってたまたまだと思ったし。たとえば、目の前にステーキがあるとして、食べ終わって全部なくなった後、もったいないとか、惜しいことをしたとは思わないでしょ? それといっしょで、会社もなくなっちゃったとしか思わなかった」
なるほど。独特の解釈ですが、打たれ強さやガッツは十分に伝わってきます。さすが全共闘世代です。
もちろん、一獲千金の夢を捨てたわけでありませんでした。初心に帰り、コツコツとゲームづくりを続けました。
そして2016年11月、満を持して新作を発売しました。

酒造倒産乗り越え復活 ひまわり焼酎 神奈川県座間市



神奈川県央小売酒販組合座間支部は3月10日、ひまわり焼酎の入荷式を座間市役所で行った。
2016年8月に製造元の目野酒造(株)が倒産し、一時生産を停止。同支部は在庫で対応してきたが、2017年2月に新たなオーナーのもとで同社が経営再建を果たし、例年より3カ月遅れての入荷となった。

ひまわり焼酎は座間市の観光資源であるひまわり畑の種を活用し、2003年に同支部加盟店などで販売を開始した。座間市同様、ひまわり畑を有する福岡県柳川市にある目野酒造に製造を依頼し実現。市の名産品として愛されてきた。

ところが2016年8月、創業126年の歴史を誇る同社が破産。在庫を出荷できなくなり、同支部への供給が滞っていた。ひまわりの種を焙煎し、もろみへ加えるひまわり焼酎は、その工程の特殊性ゆえに製造できる酒造会社は全国でも珍しいという。そのため、同支部は「何とか生産再開ができないか」と同社に相談し、調整を続けてきた。

2017年2月に入ると債権者や株主との折り合いがつき、同社が営業を再開した。在庫の出荷も再び可能となり、同支部は12本入りを100ケース購入。例年より3カ月遅れての入荷式を、3月10日に座間市役所で開いた。

売上1億円を5年で5億円に伸ばした若手経営者が30億の負債で倒産



喜多洲山は、徳島県の小さな町にある小売業の3代目として生まれ、家業は祖父が大正13年に創業した陶器の小売業でした。
やがて父から社長の座を引き継いだ私は、「陶器だけ扱っていても未来はない」と考え、若手経営者として意欲的なチャレンジに乗り出しました。

まず業界最大手ギフトチェーンのネットワークに参加し、ギフト市場に販路を拡大しました。
先代である父の代に1億円だった年商を5億円に伸ばすことができました。当時は「5年で5倍」という演題で講演をするほど脚光を浴びました。

本業以外にも積極的に進出し、結婚する人に式場を提案するブライダルエージェント3店や、そのころ急成長産業だった携帯電話の販売店を7店、さらには本業の仕入を強化するために共同仕入会社を大阪に設立し、その代表におさまりました。

・不採算店の登場と過大投資で資金繰りが悪化
平成13年頃から資金繰りが厳しくなり、20店舗あった直営店のいくつかで、不採算店が出てきたのでした。
私はのちに「このときに不採算店を見切り、整理しておけば、傷口は大きくならなかっただろう」と述懐することになります。

そして、平成15年のある日、経理担当者が「社長!今月の手形決済がどうしても1億円足りません」と駆け込んでくる事態になったのです。

経営危機を迎えたもっとも大きな要因は、株式上場を目標に年商100億円達成に突き進んだことで、上場する際の規模を想定し、すでに1600坪の土地を購入し、1000坪の商品センターを建てていたのです。
右肩上がりだった業績に陰りが見えたことで、この莫大な投資が大きな負担になってしまいました。
負債額30億円で倒産することになります。

・差し押さえや競売などの修羅場で見えた希望の光
経営危機を迎え、生きるか死ぬかの修羅場を体験しました。

破綻の瀬戸際にあった平成17年、商法改正で会社法が制定され、組織再編という手法が認められるようになりました。

最後に、新会社をスポンサーになってくれた経営者に譲り、私、洲山は経営責任を取るかたちで、負債を残した旧会社の代表取締役としての業務に専念し、旧会社の債務弁済を継続しています。
結果、新会社は事業を継続することができました。お得意先、取引先、社員にかける迷惑は最小限で済んだのです。

事業再生をライフワークに! 体験系コンサルタントの誕生
私が事業再生を完了したのは50歳のときでした。そのとき、負債総額30億円の瀬戸際から生還した経験を生かし、事業再生コンサルタント業をスタートすることを決意しました。
自宅は残せたものの資産は限りなくゼロに近く、必要に迫られたということもありますが、苦しんでいる社長への貢献を通じて、社会の役に立ちたいという気持ちもありました。

私は平成19年に世界資格である認定事業再生士(CTP)、平成23年には立命館大学経営大学院で経営修士(MBA)を取得しました。
開業から7年後の平成24年、私が率いる喜望大地はスタート以来、約500社の再生を達成。その後も「社長に笑顔と勇気を与え続ける」というミッションを遂行しています。

会社名 (株)喜望大地
所在地 大阪市北区芝田2丁目
代表者 喜多洲山(きたしゅうざん) 愛称:洲山
社 員 11名

がんばらない成長論 [ 心屋仁之助 ]

41歳で28億円の負債を抱えて倒産 丸裸で放り出される



学生時代にアパレル関連の会社を起業し、その後17年で従業員250名で、年商60億円の会社になっていました。
イギリス、フランスなど海外への進出を果たし、かなりの有頂天だったんですが、経営者としての 経験、能力、力量の不足から挫折したのです。

倒産した1989年当時は、今のように債権回収に関する法的整備が出来ておらず、暴力団の脅迫や商工ローンの強引な取り立て日夜の債権者からの嫌がらせ、拉致監禁などざらな時代でした。

自己破産は何としても避ける覚悟で臨み、任意整理をしましたので、なおのこと様々な恐怖の体験や涙が出るような体験を数々と経験しました。

倒産前までの豊かな生活は、一瞬にして崩壊し、会社倒産の翌月から私の足は、誰も乗らないようなポンコツのライトバン、住む家は誰もが羨む邸宅から、バラックに近い長屋のアパート、ほぼどん底の生活でした。

丸裸で放り出され、一時的にはほぼ無収入な状況や、反社会的な債権者からの強引な取り立てなど、悲惨な倒産という実体験を克服して来た道のりで、債務整理や会社再建に関する多くの貴重なことを学びました。

失敗から多くのことを経験し、学び、その後は異業種へ進出し、多くの実践的経営経験を体得しました。
今となっては、失敗は成功への貴重なプロセスです。

会社名 ユナイテッド・マネージメントオフィス(株)
所在地 東京都中央区月島
設 立 平成6年9月
代表者 布川立(1948年2月3日生)

業界未経験で、初めて企業再建いたしました。 [ 笹尾佳子 ]

ニッチな和装の「誂え」で倒産した会社を再建 京都・和装卸業



大学から帰宅すると当時高校生の弟しかいなかった。和装関係の卸売をしていた店の入り口は閉まっていて、「誰が来ても家に入れてはいけない」と両親からの書き置きがあった。家業が倒産したのだった。
父が手形の連帯保証人になったために倒産に追い込まれた。

再建計画を父親と2人で練り、和装業界は長期的に市場がどんどん縮小し、単価の低いもの、付加価値の小さなものを扱っていたのでは、再建は難しい。
そこで和装の「誂え(あつらえ)」という商売をすることに。



誂えとは高価な着物を呉服屋さんで新調すると、必ず端切れが出る。
その端切れを使って、ハンドバッグや財布や草履、鏡入れ、帯留めなど、さまざまな小物を作ることである。
倒産する以前に、父が京都市内の大きな呉服屋さんから、時々この種類の仕事を頼まれていたものを注目していたのだ。
利益率も高いので、この誂えを事業の柱として成長させてはどうかと提案したのだ。

父親は京都市内の呉服屋さんすべてを回って、この誂えの仕事を提案して回った。
後には簡単なパンフレットを作成して、それを多数の呉服屋さんに配布し始めた。かなりの反応が出始めた。呉服屋さんからの注文が急増してきた。

翌年は前年度から40%増。それを5、6年続けた。
誂えは、着物のトータルファッションとなり、呉服屋さんが直接手がけないニッチであったことから、需要は大きかった。



従業員も増え、営業の範囲を大阪から山陰まで伸ばし、面白くて仕方がないという父は幸福そうだった。
事業が軌道に乗ったおかげで、自分も弟も大学を卒業できた。
大学卒業後は商社に入社し、結婚し、海外駐在となった。

後に、父はこの会社を知り合いに売却し、完全に引退して旅行や趣味を続けていたが、母親と同時期にガンが見つかり、他界した。

父が最後まで自慢していたのが、債権者への負債を割り引かないで、きちんと全額返済したことだった。

倒産から生まれた有田焼は新しい生活様式を取り入れた進化形


【日本の伝統和食器・特選有田焼・液だれしない醤油差し】醤油差(独楽筋朱)台皿付:ARITA POR...

佐賀県西松浦郡有田町で有田焼の有田製窯(株)は、2001年に20億円近い負債を抱えて倒産した。

会社再建を目指して民事再生法の適用を申請することになり、都市銀行で働いていた現社長である松本哲氏が実家に呼び戻された。7代目として家業の立て直しを託されたのだ。

200年前の江戸文化年間に開かれた「弥左エ門窯」の伝統を引き継ぐ、有田焼の老舗メーカーだ。

「うちでは代々、金・赤・青が目映い古伊万里様式を主軸にした有田焼を展開してきました。昔の日本家屋なら、ほのかなローソクのあかりに映えたんですが、今の家って、隅々まで明るいので、ちょっと派手に見えるんですよね。それに、和食器なのに、食卓に和食が並ぶ機会はめっきり減ってしまいました」

従来のやり方を守るだけではとても立ち行かない。

受け継がれてきた技術を絶やすことなく、かといって伝統に固執してもいけない。

現代に愛される新しい有田焼をつくるにはどうすればいいか……。

模索を続けた末、新ブランド「ARITA PORCELAIN LAB(アリタ・ポーセリン・ラボ)」を2004年に設立した。


【送料無料】【新品】有田焼 有田製窯 弥左エ門窯 寒菊 コーヒーカップ&ソーサー/珈琲碗皿【和...

デザイナー、陶芸家、フードコーディネーターといった、異分野の才能を集め、現代の暮らしに合わせたトレンドを採り入れた。

国内外の陶磁器の研究を重ね、陶土、釉薬、絵具といった材料から、釉薬のかけ方や焼成のやり方まで、技法を含めて一から見直した。

当然、職人から猛反発を食らう。それでも時間をかけて、生まれ変わらせた。

新しい有田焼はまず、外国での高い評価を受けた。

アメリカのカリスマ主婦、マーサ・スチュワートのお勧めとして紹介されたほか、パリの老舗レストランの食器にも採用された。

その先に、リバースプロジェクトとのコラボ企画が生まれた。

リバースプロジェクトのデザイナー、藤元明(38)は「伝統技術に新しい風を吹き込む松本さんの姿勢を尊敬します」と言うと、松本も「『人類が未来に生き残るため』というリバースプロジェクトの理念がすごく響いて。

伝統を未来に残していくのが僕らの使命であり、目指すところは同じかなと思いました」と語る。

こうして共同で作品をつくると、「まったく思いもよらない新しい表現が生まれた」(松本)。


【アリタポーセリンラボ/ARITA PORCELAIN LAB】有田焼 李朝祭器 中

会社名 有田製窯(株)
業 種 有田焼
所在地 佐賀県西松浦郡有田町黒牟田丙3037番地8
創 業 1804年(江戸時代 文化年間)
代表者 松本哲
資本金 2800万円
従業員 40名

山形県、あべ旅館に営業再開を許可 最上・赤倉温泉

破産手続きに伴い、新たな会社が経営を引き継いだ最上町赤倉温泉の老舗「あべ旅館」が無許可営業していた問題で、県最上保健所は13日、同旅館に対し、営業再開を許可した。同旅館の堀口伸総支配人は山形新聞の取材に対し「引き続き営業するとの認識だったので、あらためて許可申請が必要と思わなかった。反省している」と語った。

新経営者が許可申請を提出せずに営業していたことから、同保健所は今月6日に行政指導し、同旅館は7日から営業休止していた。同保健所は13日、担当職員が旅館の客室などを調査。営業許可に必要な消防法令適合通知書などの提出も求め、書類審査の結果などを踏まえて判断した。

堀口総支配人は「営業は15日から再開する方向で準備を進めたい。今回の件で赤倉温泉街をはじめ多くの方に迷惑を掛けた」と陳謝した。

一方、前経営企業の破産管財人が「あべ旅館には建物を使用する権利がなく、明け渡しを求めたい」と主張していることに対しては「旅館に直接、管財人から話が来ていないのでコメントできない」と語った。

編集後記
常に「目的は何?」と考え、行動せよ。
・あるべき姿は何?
・どうすればよいのか?
目的を考えることで、現状とのギャップ分析ができます。
また、ギャップ分析をすることで「どうしたらできる」のか、仮説を立て、提案し、行動に結びつけることができます。
仮説を立てられることで、関係者にも自分の考えを見せることができます。
仮説を図示化するとなおよいでしょう。
'@頭を整理することができる
'Aやるべきことの取捨選択ができる
'Bどうすればよいか
この3つがよくわかるようになります。

【送料無料】1年で成果を出すP&G式10の習慣 [ 杉浦里多 ]

異業種から転職し、最優秀社員賞を受賞。世界基準の仕事の基本を初公開!「社員能力No.1企業」は新人の何を鍛えるのか。

山形県最上郡最上町で温泉旅館経営の活「部旅館が営業再開

山形県最上郡最上町で温泉旅館経営の活「部旅館は、4月1日までに事業を停止し、自己破産申請の準備に入っていましたが、居酒屋「こちらまる特漁業部」などを展開する潟Gムケーコーポレーションが引き継ぎ、4月10日に営業を再開しました。

会社名 活「部旅館  
業 種 赤倉温泉の老舗旅館「あべ旅館」  
所在地 山形県最上郡最上町富澤886   
創 業 1868年(明治元年)  
代表者 阿部衛  
年 商 1億1780万円(2012年4月期)  
負債額 10億5000万円  
従業員 15名

会社名 潟Gムケーコーポレーション  
業 種 水産物卸売業、飲食店経営、食器販売、不動産賃貸業、輸入  
所在地 宮城県仙台市青葉区国分町三丁目5番7号   
設 立 1990年2月22日  
創 業 1987年  
代表者 松原茂  
資本金 1000万円  
年 商 28億8000万円(2012年9月期)  
従業員 500名

赤倉温泉「あべ旅館」は赤倉温泉で最も古い温泉旅館で、客室数52は同温泉街の最大規模でした。
比較的高級路線を維持し、ピーク時の2005年4月期には3億4800万円の売上高を計上した。しかし、東日本大震災で施設が損傷し、一時休業に追い込まれ、従業員も解雇していました。

潟Gムケーコーポレーションは経営していた活「部旅館の役員を含め従業員約15人の雇用を継続、施設、名称もそのまま継承するとのことです。
潟Gムケーコーポレーションの松原茂社長が、社長を兼務する子会社「あべ旅館」を仙台市で新しく設立、営業権を継承した。得意とする鮮魚やカニを売りにした旅館として営業する方針。
 
潟Gムケーコーポレーションは、山形市内の1店舗を含め宮城、秋田県、東京都に飲食店計13店舗と、宮城県松島町に旅館1軒を経営している。

編集後記
倒産を乗り越えた妻たちの戦い
倒産、その時、妻たちはどうしたか-。修羅場をくぐり抜け、人生の幸せをつかんだ11人の「妻たち」の実録。

【送料無料】幸せをあきらめない

女は男よりも強し。土壇場で行動する妻-女の意志は運をも動かす。
決心を貫く妻-「子供のために別れない」選択でつかんだ幸せ。
誰にも頼らない妻-母娘の絆を糧に、強く生き抜く。
妻の「賢さ」は偉大である。愚痴を言わない妻-現実から逃げない「プラス思考」が家族を救う。
分を知る妻-「ほどほど」に満足しているから救われた。
「優しい妻」は幸せを呼ぶ。献身的な妻-「夫を救う」の一念は“岩をも通す”。
それでも夫を信じる妻-「仲良し」は逆境を乗り切る最大の武器。
黙ってついていく妻-足を引っ張らずに協力したから、再起できた。
夫婦一緒に夢を見る。運命共同体の妻-尊敬しているから、夫の背中を見てついていく。
夫と夢を見る妻-夫に賭けたから信じてついていく。
名参謀役を果たす妻-どんな逆境も、一心同体だから乗り切れた。

倒産からカリスマドライバーに!直木賞作家志茂田景樹氏の次男

下田大気氏という名前を聞いても知らない人が多いでしょうが、直木賞作家志茂田景樹氏の次男です。

高校生のときに矢沢永吉主演のドラマ『アリよさらば』(TBS系、1994年)に出演しますが、俳優としては芽が出ず、父親と数々のバラエティー番組など出てタレント活動しますが結果は同じでした。

高校卒業と同時に会社を設立するが失敗。もう一度俳優にと決心して戻ります同じことの繰り返しでした。

俳優は諦めて、芸能プロダクションを設立し、金萬福やグラビアアイドルのマネジメントをしますが、24歳で2300万円の負債を抱えて倒産し、2009年に自己破産にまで追い込まれました。

有名人の息子で、何不自由なく暮らしてきた下田大気氏はさすがに一攫千金の夢を捨てて、タクシー運転手として再起するのです。

わずか一ヶ月で会社でトップになり、半年でタクシー業界のトップクラスの売上を誇りカリスマ運転手と呼ばれるようになり、平均年収が400万円という中で年収800万円を稼いでいます。

編集後記
直木賞作家志茂田景樹氏であれば下田大気氏を自己破産に追い込むことなくお金を出すことが出来たでしょう。

しかし、それが本人のためにならないと思って、あえて自己破産の道を選ばしたのでしょう。
親としてそのように子供に接していくかはとても難しい問題ですが、きっと徹底した話し合いを行い、親子で納得できる結論を得ることができたからだと思います。

倒産に追い込まれたときに、相談できる家族や友人・知人は必ず持ちたいものですね。夜逃げを考えたり、実行する人もいるでしょうが、日本では夜逃げをしても日々の生活で困る場合が数多くありますから、逃げるのだけはしないでください。

2年で復活!山形県上山市で経営再建中の藤庄印刷

山形県上山市で企業再生支援機構などの支援を受け経営再建中の藤庄印刷鰍ェ、予定より1年早く再生。

業 種 印刷業 
所在地 山形県上山市蔵王の森7 
設 立 1953年 
創 業 1946年(昭和21年)1月10日  
代表者 吉村仁  
資本金 1億円 
年 商 29億円 
従業員 161人(2012年8月1日現在)

2008年3月期には売上が65億1800万円あり、従業員も374名で、山形県ではトップ、東北地方でも第2位の印刷業者でした。
しかし、景気の悪化で受注が減少し、価格競争に起こり、過剰な設備投資が経営を圧迫して、2011年2月に企業再生支援機構など支援を要請していたものです。
金融機関からの借入金36億円のうち20億円の債権放棄を求め、従業員を削減し、経営再建に取り組んでいました。

2012年3月期(10ケ月)には29億円の売上、1億1300万円の利益を確保し、2014年3月期には売上32億6600万円、利益4500万円を達成できると発表しています。

編集後記
イチローのメジャーリーグ挑戦以後の発言を「精神と目標」「準備と訓練」「不安と逆風」「形と野球観」「技術と結果」の5部構成でまとめた1冊。イチロー選手の試行錯誤が詰まった、発見が多い本。

夢をつかむイチロ-262のメッセ-ジ

イチローの凄さが分かる本
それと同時に「あぁ、イチローでもこんなに苦労して成功を勝ち取ってきているんだな、俺も頑張ろう」と思わせてくれる本でもあります

1ページに2行ほどのイチローの言葉とその時のかんたんな状況説明が書かれています
字はそんなに多くはないので、それでパラパラとページをめくることが出来、短時間でこの本は読み終えることが出来ます
今では常にカバンの中にこの本をしのばせ、少し空いた時間に読むようにしています
それだけで活力が沸いてきます

私にとって、短時間で読めてかつ活力漲らせてくれる、そんな素晴らしい本がこれです

是非一度書店で手にとって多くの人に見てもらいたいと思います
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。