倒産するには150万円以上の費用がかかります!!

会社が倒産を決めると、弁護士に依頼しますが、裁判所へ提出するために書類作成などで着手金として20万円以上をはじめ、負債総額が5000万円から1億円であれば破産手続き開始の判決をもらうまでに、費用として120万円以上が必要になってきます。

会社の倒産と同時に、経営者本人の自己破産を申請するケースがほとんどです。

これは、経営者本人が会社の保証人になっていたり、経営者が所有する資産が担保に入っていたりするためです。

経営者本院の自己破産の場合は、弁護士が裁判所に提出する書作成などの着手金が20万円以上で、裁判所に納付するお金や成功報酬などを含めて30万円から50万円ほどが一般的です。

つまり、会社を倒産させようとすると弁護士や裁判所の費用として150万円から170万円が最低必要になってきます。

また、倒産によって収入を全く失う場合が多いですから、数ケ月分の生活費も必要になってきます。

倒産をお勧めするわけではありませんが、倒産に追い込まれたときのために、日々の生活や仕事の中から頑張って200万円ほどの内部留保といいますか、ヘソクリを作るようにしてみませんか。

まずは200万円という目標金額の達成日時を決めます。
3年から10年ほどの期間を設定するとよろしいでしょう。

10年ですと、毎年20万円で、毎月の貯蓄金額は16,666円ということになります。
この設定は必ず守ってください。

目標金額が増えるのはかまいませんが、少なくなるのは許さないと自分に言い聞かせるのです。

楽観はできませんが、この計画を実行していると不思議と経営が改善されて倒産の心配が全くなくなってきますから。


債務整理
★無料相談★自己破産以外の借金整理方法もあります。

今住んでいるマイホームを失わずにすむ 個人再生手続き

借金がふくらんで返済ができなくなった時に個人が利用する制度に自己破産がありますが、自己破産をすると一生懸命に頭金を作り、日々の生活の夢を実現するために手に入れた住宅も失ってしまいます。

せめて住宅だけは残したいと思っている場合には個人再生という手続きがあります。

ただし、個人再生手続きは債務整理手続きの中でも一番難しいと言われていまして、弁護士・司法書士に依頼することになります。

個人再生手続きは住宅ローンが残っていて、他の借金が5000万円以下で、将来的に決まった収入が得られることが条件になってきます。

個人再生手続きで住宅ローン特別条項を活用が認められると、住宅ローン以外の借金が大幅に減額されますが、3年間での返済が義務づけられます。

このとき、住宅ローンは1円も減額されずに、支払いを繰り延べすることができますが、金利の負担は増えます。

よくある質問として、住宅と同じようにローンで購入し、支払終わっていない車は手放す必要が出てきます。

住宅は手元に残せて、他の借金を大幅に減額できるのであればすぐにでも利用したいと思う方がいるかもしれませんが、減額された返済額は自己破産によって債権者に配当される配当額を上回る必要があります。

通常、住宅ローン残高が多い場合には個人再生手続きが使えないケースも出てきます。

個人再生手続きは債務整理手続きの中でも一番難しいので弁護士費用が30万円から60万円で、裁判所に納めるお金が22,000円程度ですが、裁判所によっては個人再生委員を選任する必要があり、その報酬として20万円程度かかる場合があります。

自己破産よりも多額の費用が必要になりますので、日々の生活も楽ではないと思いますが、それなりのお金を日頃から準備するようにしておきましょう。

債務整理

★無料相談★自己破産以外の借金整理方法もあります。



自己破産のメリットと保証人への誠意ある説明

倒産や自己破産という言葉を聞くと、デメリットが多いように思われますし、恥ずかしい行為だと思っている方もいるでしょうが、メリットがあることも知ってください。

一番最初のメリットとして、自己破産を弁護士などの専門家に依頼した時点で全ての借金や買掛金などの支払いをする必要がなくなります。

借金や利息の返済や、振り出した小切手や支払手形の金策のために悩んだり、走り回っていた状況から一瞬で抜け出すことができるのです。

直接訪問されての集金や、電話などでの取り立てもすべてストップされるのです。

私の知っている倒産する前の経営者は、ハッキリ言って気が狂ったのではないかと思えるような状況に追い込まれ、明るかった奥さんはうつ病ではないかと思われるほどに落ち込み、2人の子供さんはどうしているのか心配していました。

でも、弁護士さんに自己破産を申請して落ち着きを取り戻し、以前と同じというわけにはいきませんが、両親の年金でなんとか再起を目指しています。

金融機関からの借金や、取引先からの買掛金はビジネスの範囲内ですから金融機関も取引先もそれなりに我慢してもらえる場合があるでしょうが、一番気の毒なのは保証人ですね。

自己破産をした人の保証人になっている方には、債務がのしかかってきます。

保証人になっているほどの関係ですから、親や兄弟の場合もあるでしょうし、あるいは親・兄弟に準ずる付き合いがあった方だと思われます。

自己破産をする前に必ず誠意を持ってすべてを説明しておいてください。
手紙でも結構ですが、必ず自己破産をする前にしてください。
最悪の場合には、保証人も自己破産に追い込まれるかもしれませんから。

倒産や自己破産を申請するときには、弁護士さんと丁寧に相談しながら話を進めてください。


債務整理

★無料相談★自己破産以外の借金整理方法もあります。



匿名で借金の相談先を比較できる【街角法律相談所】

倒産や自己破産の相談をしたいが、いくら詳しく腕の立つ弁護士さんや司法書士さんであっても、遠方の人だと交通費や出張報酬などにお金がかかって高くつくのではないかと心配されている方もいるのではないでしょうか。

弁護士さんに自己破産をお願いすると着手金だけで20万円からとなっていて、お金がなくて困っているのに、もっと安い司法書士さんにお願いしたいと考える人もいると思います。

そこで用意されているのが匿名で借金の相談先を比較できる【街角法律相談所】です。

街角法律相談所には2013年12月1日現在で、岩手県・三重県・鹿児島県以外の地域の171の弁護士事務所や司法書士事務所が登録されています。

インターネットで無料借金減額シミューレーターを使うと、匿名で全国の債務整理のプロのうちから適切な3社を自動で選出してくれて、各社の減額見積もりをサイト上で確認することができます。

街角法律相談所のホームページに掲載されていますが、会社経営者(55歳)は金利13%〜15%で2600万円の借金があり、毎月の支払いが63万円になっていました。

この2600万円の借金が一気にゼロになったのです。

当然、財産は失いましたが、借金返済の電話や、返済督促の手紙やメールもなくなり、新しい気持ちで人生のやり直しをしています。

自己破産をすれば失うものも多いですが、借金地獄から抜け出すことが出来るのです。

高知県高知市の「司法書士法人 みどり法務事務所」の場合ですと、高知県内であればどこにでも出張してくれて、初期費用無料で完全成功報酬制になっています。

一人で悩んでいないで、無料借金減額シミューレーターを使って解決方法をぜひ見つけ出してください。

幸運をお祈りしていますね。

街角法律相談所

個人であれ法人であれ企業が倒産するには最低でも120万円必要

販売不振や受注減少などの原因で資金繰りが困難になったり、過剰な設備投資をして借入金の返済ができなくなったり、友人・知人の保証人になっていて借入金の支払い義務が生じたり、天災によって経営継続が難しくなったりなどなどの原因で会社を自己破産させることになった場合の手続きや費用について紹介します。

具体的には弁護士さんに自己破産に必要な書類を作成してもらって、裁判所に提出をします。

裁判所では提出された書類をもとに、債務者に来てもらい、書類の記載内容に誤りがないかを確認し、必要なことを聞き取りします。

審理の結果、破産原因が正当なものであると判断された場合には破産手続開始決定となります。

個人商店であれ、中小・零細企業の有限会社あるいは株式会社であれ、個人の自己破産とは違って、資産を持っている場合がほとんどですから、破産管財人が決められます。

破産管財人は債務者に公平に資産を配分する仕事を行いますが、通常は1年といわれています。

自己破産を申請した人の資産が破産管財人の報酬に満たないと判断された場合には、
主文 本件破産手続を廃止する。 
理由の要旨 破産財団をもって破産手続の費用を支弁するのに不足する。
と判決が下され、破産手続が終了となって、任意整理の道しか残されなくなります。

とても簡単な説明ですが、会社が倒産すると以上の手続きで進行します。

ところで費用ですが、裁判所への申請書類を弁護士さんに作ってもらうには、着手金が20万円以上、報酬金が20万円以上でその他には調査費用(交通費などを含む)などが必要になってきます。

弁護士さんによる書類が出来上がりますと裁判所に提出しますが、このときに1500円の収入印紙と4000円あるいは14100円の予納郵券と呼ばれる切手代が必要になってきます。

最後に予納金が必要で、負債総額が5000万円〜1億円の場合ですと法人起業では100万円、個人企業では80万円です。

以上の費用を合計しますと、最低でも120万円ということになってきます。

倒産をしなければならない状況に追い込まれているのに「120万円ものお金が捻出できるはずがない」と考えると人が多いでしょう。

そこで、日ごろから事業の継続・拡大を考えると同時に、倒産についても知っておいて悪くはありませんよ。
売上不振などの場合はそれなりに倒産を予測できますが、保証人になっていたり、天災によって被害を受けたような場合には事前に予測することは困難ですからね。

無料法律相談などもありますので、お近くの市町村の窓口で尋ねてください。
急いでいる場合には借金や破産についてお悩みの方は板垣法律事務所まで。では、メールで無料相談に乗ってくれます。


経営者が自己破産をするためには70万円以上が必要になってきます

中小・零細企業が倒産に追い込まれたときに、多くの経営者は自分自身が保証人になっていたり、所有している資産を担保に入れていたりしますので、会社の倒産と同時に経営者本人が自己破産を申請する必要が起きてきます。

自己破産とは全ての借金が免除されますが、資産価値のある100万円分だけは残してくれて、あとはすべて失うことになります。
ただし、ギャンブルなどの理由があった場合には自己破産が出来ない場合もあります。

自己破産の費用ですが、流れから行きますと弁護士の着手金がまず必要で、裁判所への申請書類作成などで20万円ほどです。

申請書類が出来上がりますと、裁判所などに納める分は収入印紙1500円、切手代数千円と官報掲載料10290円です。

自己破産を申請するときに土地・建物などの換金できる財産があれば管財人が必要になってきて、管財人に数十万円の費用が必要になってきます。

弁護士の着手金から始まって裁判所や管財人に支払う費用は借金の内容にもよりますが、70万円以上は必要になってくると思っておいてください。

自己破産の最大のメリットは、借金をした相手や、お金を支払わなければならない人からの連絡がゼロになるということです。
取り立てたや督促が止まりますので、とても精神的に楽になるはずです。

デメリットとしては、マイホームはもちろん20万円以上の価値のある車などは手放す必要がありますが、日常生活で必要なものは手元に残りますので、日々の生活に困ることはありません。

自己破産をした本人だけでなく同居している家族も数年間はクレジットカードは作ることが出来ませんし、弁護士や公認会計士、税理士、警備員など一定の職業につくことは難しくなります。

でも、自己破産せずに借金取り立ての電話におびえて暮らしたり、新しく借金をしなくても金利で借金が増えることもなくなりますので、精神的あるいは経済的にも早目に弁護士さんに相談して、傷口が大きくならないうちに着手してください。

無料法律相談などもありますので、お近くの市町村の窓口で尋ねてください。
急いでいる場合には借金や破産についてお悩みの方は板垣法律事務所まで。では、メールで無料相談に乗ってくれます。

メールでの倒産に関する相談が何回でも無料 板垣法律事務所

事業を行っていると、売上不振や取引先の倒産によってお金が入らなくなったり、保証人になっていて自分では借りてはいないが借金を抱えてしまう場合があります。

手持ちのお金や資産で処理できれば何一つ問題ありませんが、取引先から商品やサービスを受けてまだ支払っていない買掛金があったり、銀行などからお金を借りていて支払いができなくなったりした時には、倒産に追い込まれるのです。

銀行も取引先も慈善事業を行っているわけではありませんので、支払いができない会社とは取引をしてくれません。

なかには、困った時には銀行が助けてくれると安易に考えている人もいますが、助けてはくれませんので、ご注意ください。

一般的に倒産と呼ばれるものには任意整理・自己破産・民事再生や特定調停があり、通常は弁護士さんにお願いをしてどれかの方法で借金を整理することになります。

しかし、弁護士さんと言っても倒産に詳しくない方もいます。
お医者さんに内科医・外科医や小児科医などがあるように、弁護士にも得意不得意があるのです。

弁護士さんでも、民事と刑事の2つに大きく分かれます。
民事でも破産・倒産から始まって企業法務・ 離婚問題・ 交通事故や税務訴訟などなど多くの分野に広がっています。

これは、弁護士さんが事件や事故など全てを仕事の範囲にしているからですが、中には刑事事件には得意だし、毎日のように取り組んでいるが、民事はやったことがないという方もいます。

そこで、弁護士さんを選ぶときに間違うと、全ての財産を失わないもっと良い方法があったのにと思われるようなケースも出てきます。

任意整理・自己破産・民事再生や特定調停に詳しい弁護士さんは全国にたくさんいますが、やはり都市部に多いですね。
これは、都市部で倒産が多いことを意味しています。

私が知っている板垣法律事務所の板垣範之氏は元裁判官で、経験を生かして任意整理・自己破産・民事再生や特定調停を中心に仕事をされています。

特に顧問弁護士などのいない中小・零細企業では、倒産について相談する人もいないのが現状ではないでしょうか。
板垣法律事務所はメールでの相談は何回でも無料となっていますので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

倒産に追い込まれると、頭が混乱して訳が分からなくなり、正確な情報を弁護士さんに伝えにくくなりますので、倒産の一歩手前までにぜひ相談してみてください。

借金や破産についてお悩みの方は板垣法律事務所まで。


関連業者の倒産が5割増 自動車不況深刻に

関連業者の倒産が5割増 自動車不況深刻に

倒産速報です。世界的な金融危機を受けた自動車関連業者の倒産が今年上半期(1〜6月)に273件に達し、前年同期比50.8%増加したことが27日、帝国データバンクの調べで分かった。米自動車大手クライスラーやゼネラル・モーターズ(GM)の経営破綻(はたん)や、トヨタ自動車をはじめとする国内大手の減産が関連産業を直撃した。

負債総額は前年同期に比べ約2倍の1061億円となり、昨年の年間合計(1197億円)に迫った。

負債額をみると、1億円に満たない小規模な倒産が全体の46.2%を占めているが、「5〜10億円未満」(35件)、「10〜50億円未満」(36件)の倒産がともに前年同期比5倍も増えた。

業種別にみると、中古車販売が半数を占める「卸・小売り」が131件と最も多く、2次下請け以下の部品メーカーが大半を占める「製造業」が93件に上った。特に製造業は受注の急減に加え、好業績時に実施した設備投資に伴う借り入れが負担となり、前年同月比で3倍の大幅増加となった。

地域別では、関東が87件と最も多く、次いで近畿(70件)、中部(52件)と続いた。販売業者が集中する都市圏での倒産が目立った。

今年4月以降、大手自動車各社は、低燃費車を対象にしたエコカー減税などの効果で、販売も下げ止まり傾向にある。メーカーも減産緩和の動きをみせているが、帝国データバンクでは「本格的な需要回復が見込めないなか、卸・小売業者は一層の薄利販売を余儀なくされることが予想され、自動車関連の倒産はしばらく増加傾向が続く可能性が高い」と指摘している。

経営体質が変わって、2年目には経費全体を30%以上削減することができた会社があります。この方法については

利益に結びつく「攻め」のコスト大幅削減マニュアル

に詳しく書かれています。もし、この商材を購入して10万円以上の経費削減が出来なかった場合には商材代金を全額返金すると言っています。

経費を削減して利益の出る経営体質に変換して、倒産の心配のない会社にしましょう。

中小小売業に示唆の富んだ内容がある東保時計店の倒産

倒産速報です。大分県別府市で時計・宝石販売の東保時計店(代表者:東保晃弘)が2009年4月7日に倒産していました。破産しています。負債総額は1億2,000万円です。

なぜ、今になってこの東保時計店を取り上げるとか言いますと、中小小売業に示唆の富んだ内容が含まれていたからです。

東保時計店は1949年(昭和24年)の設立になっていますから、別府市だけでなく大分県でも老舗の時計・宝石販売小売業者だったはずです。

報道によりますと東保時計店は、地元での知名度は高く、本店に加えて大分市にも店舗を構えていた。
最盛期には年商5億円を誇ったが、別府市内に出した飲食店の経営に失敗したことなどから急激に業績が悪化したという。2008年2月期決算は年商2500万円にまで落ち込んでいた。
 
東保氏が理事長を務めていた国際通りソルパセオは、市を二分する対立につながったゆめタウン別府の進出をめぐり2005年12月、市商店街連合会の商店街として初めて賛成に回った。

東保社長は、誘致問題に端を発した2006年の出直し市長選では浜田博市長の選対本部長を務め、再選を勝ち取っていたのです。

景気の良いときに事業を拡大させて失敗する。売上が95%ものダウンで起死回生の手として大型店の誘致を行い、その過程で選挙活動にも積極的に参加。

典型的なパターンでもあるのです。地域の有力者が政治に積極的に加わることには私としては反対ですね。結局は敵を増やすだけに終わってしまう場合が非常に多いですね。

経営悪化の要因を内部要因に見出すことが出来ない場合は、どんどんと経営を悪化させてしまいます。なぜなら、外部要因は自分の力ではどうすることも出来ないからですね。

景気が悪い、人口が減った、高齢化した、少子化した、政治が悪いや大型店が出店してきたなどと言ってみても何も始まらないのですね。

もう一度会社の経営について内部要因を徹底的に洗いなおしてください。特に経営者の考え方も洗いなおしましょう。

やる気さえあれば必ず出来ることばかりが書かれている

「成功の9ステップ」オーディオコース 特別版

には、当たり前の成功法則が書かれていますが、平凡なことを非凡な実行力で成功へと一歩づつ歩むことが出来るように書かれています。ぜひ参考にされると良いでしょうね。

東保時計店の倒産は明日はわが身と思って受け止めて欲しいのです。

4月末の倒産報道

倒産速報です。4月30日から5月1日の倒産速報が入ってきました。ここに掲載されている倒産は比較的大型であるか、地域経済に影響の大きい倒産であって全ての倒産を掲載しているわけではありません。一応北から順番に紹介します。

北海道 
日邦建設工業梶@ 土木建築工事
潟Zイホウ  続報/貨物自動車運送
褐S組  木造建築工事
樺キ谷川物産

青森 
ラックベンド鰍ネど2社  各種商品卸

岩手 
建設アシスト梶@ パッケージソフトウェア卸

秋田 
拒蜉ルグリーンホテル山七  ホテル経営

福島
(株)花見台自動車

東京 
鰍caishou  内装工事
ユーリーグ(株)
(株)露木地銅品
セブンシーダイナー(株)
(株)ベルニコ
(株)アゼル末吉設備工業鰍ネど2社  管工事
兜ス野通信電設  電気通信工事
潟純Cズポリシー  洋画配給
マキコーポレーション

埼玉
(株)おきでん

神奈川 
大望建設梶@ 建築工事

茨城 
泣zールドオン  飲食店,学習塾経営

埼玉 
巨井工務店  木造建築工事

栃木
斎藤合成樹脂工業(株)

群馬
潟Gス・ティー・ケー

石川 
給{岸工務店  木造建築工事

富山県
(株)ナイトウクロージング

福井 
竃k中組  土木工事

長野
(株)TACK

愛知 
岡本実業梶@ 和装品製造,卸
魚福本店(株)

岐阜
(株)北濃林産
(株)ミカワ東海

和歌山 
和歌山県鰹鮪漁業協同組合  漁業協同組合

兵庫 
潟qロハタビジネスサービス  オフィス家具販売
(有)木硝子店

大阪 
樺徳商店  野菜卸
和光繊維工業(株)
シーオン(株)

岡山 
太陽技研梶@ 歯科材料製造
(株)ミカワ山陽

広島
広島ガス開発(株)
古澤建設工業(株)

香川
富士化成工業

熊本県
西城運輸(株)
(株)マルコー
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。