漬け物販売が転機、一代で財を築いた豪商のインフラ整備事業

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

江戸を造った男/伊東潤【3000円以上送料無料】
価格:880円(税込、送料別) (2021/2/23時点)

江戸の豪商で土木家の河村瑞賢(ずいけん、1618〜1699年)は、13歳で伊勢国から江戸に出て、一代で財を成した。徳川幕府の命により実施した治水事業で人工河川を掘削すると、その川「安治川」は、大型商船が小型船へ荷物を積みかえたり、大小の船が行きかったりして賑わった。瑞兼は商都・大阪の礎を築いた一人である。

■商都のにぎわいづくり
「難波の津は、海内秀異(かいだいしゅうい)の大都会にして、諸国の賈船(こせん、商船)、木津安治の両川口に船首(みよし)をならべ、いかりを連ねて、ここにも諸の荷物をひさぎ、繁盛の地いふばかりなし」
江戸時代後期の滑稽本「東海道中膝栗毛」(十返舎一九)は、大坂のくだりで安治川周辺のにぎわいを記している。
大阪湾と市街地を結ぶ水路で港湾機能も持った安治川の建設は、大坂の水運業を大きく発展させ、商品取引の活発化も促した。安治川工事から160年後に出版された摂津国(大阪府北中部・兵庫県南東部)の名所を絵と文章でつづった地誌「摂津名所図会」(寛政10年発行)にも、安治川のにぎわいが描かれている。
もともとは治水対策として、淀川の水をスムーズに大阪湾に流せるようにしようと企図し、障害となっていた九条島を開削された安治川だが、放水路としてだけ機能したわけではなかった。
大阪湾からの大型商船は、安治川ができるまで、湾岸の別の河川の河口やその沖に停泊し、小型船に荷を積みかえて蛇行する河川を経由して、大坂市中に荷を運んでいた。手間も時間もかかっていたが、安治川ができたことで、船は河口の港湾で荷をおろし、中小型船に積み替えて、そのまま川を通って堂島川や土佐堀川といった市街地の川に入ることができるようになった。
時間は短縮。堂島川などの岸壁では、船を横付けして荷降ろしができることなどから、米や特産物を扱う各藩の出張所兼倉庫である倉屋敷が次々と建てられた。

■車力から財をなす
13歳で伊勢国から江戸に出た瑞賢は、車両を引いて荷物を運ぶ車力(しゃりき)などをしていたが、ある時、品川の岸辺に、精霊に供えたものとみられる瓜やナスが大量に捨てられて漂流しているのを見つけた。拾い集めて漬物にして販売すると大人気になり、漬物屋を始めた。
次は、その販売先だった建設現場で、作業監督の役人と知り合ったのをきっかけに、土木作業員の頭として働くようになり、その後、自らも土木工事を請け負うようになったという。
併せて材木商をしていたが、明暦3(1657)年、江戸で大火災(いわゆる「振り袖火事」)が起きて、市街の大半を焼き、死者十万八千人という未曽有の被害が出たとき、復興需要を見込んで、木曽(長野県)におもむいて、山林を大量に買い占めることに成功。それを売却して巨額の利益を得た。
そうした資金で本格的に土木建築請負業を始め、幕府や各藩の公共事業を受注するようになったという。


■海運、舟運を意識した事業
瑞賢は幕命による貞享元(1684)年からの治水事業で、安治川の開削のほかにも、多くの治水対策工事を行っている。
瑞賢の事業を詳細につづった儒学者で政治家の新井白石の「畿内治河(ちか)記」によると、大坂の町にめぐらされている掘の拡幅を行ったほか、岸には岩岐(がんぎ、石の階段)を設けて上り下りを楽にしている。工事した堀は総延長約45キロにも及んでいる。貯水能力を高めて、洪水時にも溢水(いっすい)をしないようにするのが目的だった、という。が、平時を考えると、舟運に使われている堀の整備だったともいえる。
堂島川では浚渫(しゅんせつ)工事を行い、すくいあげた土砂などを使って沿岸を整備。強固な石垣をめぐらしてもいる。また、当時は淀川の下流で分流し、海に注いでいた中津川(現在は廃川)があったが、その合流地点での水流調整工事を実施している。
川に石を詰めたかごを沈めて、水量を調整するが、そのさい、中津川ではなく、淀川に多く水が流れるように調整している。舟運に使われている淀川の水量が当時、少なくなる傾向があったことから、多く流れるようにしたという。
こうした工事はもちろん治水目的ではあったが、多分に、海運・舟運を意識したものだったように見える。
大坂は古来、淀川による舟運の恩恵を受けてきた。年を経るに従い、河川ルートを拡大させ、大坂の経済を支えてきた。海運も重要だった。
博物館「大阪城天守閣」の宮本裕次・研究副主幹(日本近世史・地域史)は「安治川の開削は、水害対策ではありましたが、大坂の市街に近いところに海から続く水路を通し、港を造った。いわば、都市インフラの整備で、大坂の海運や経済に大きな貢献をしました」と話している。

中小企業の倒産が増えています

倒産の理由も人手不足が招いた倒産から売り上げの激減に伴うキャッシュクランチ(資金ひっ迫)型に変っていくものと思われ、特に地方の宿泊施設は自転車操業の足が止まることによる閉鎖が相次ぐ可能性があります。
急激な景気悪化に対して企業は赤字対策ではなく、キャッシュフロー対策を取ります。

旅館業の場合、投資過多というケースよりも、もともとが日々の運転資金のやりくり上の問題であることが多いとみています。
つまり、客が来るときは大量に食材などを仕入れ、人手も確保するけれど、今回のようにぱたっと止まった際、食材は注文しないにしても人手の調整がすぐにできなかったり、固定費がかかり過ぎていていたりするのだろうと思います。また、自動車の在庫販売のように資産の切り売りができない弱点もあります。
それ故、このところの倒産は負債総額が非常に小さくなっていて1億円未満が全体の4分の3を占める状態になっています。

私は今回の新型肺炎問題で今後、倒産が激増するとみています。特に旅館業、飲食業、部品製造業など経営体力が劣る会社に厳しい試練が待ち構えているとみています。

倒産しないようにするにはどう体力増強を図るかですが、当たり前かもしれませんが、ある程度のキャッシュは手元に置いておくべきでしょう。私は3カ月分の運転資金を一つの目安に考えています。つまり、今日から3か月間、売り上げがゼロでも耐えられる程度のキャッシュは確保するのです。
それが健全経営なのです。

中小企業には大いなる試練が続きそうです。

パン屋さんの倒産が急増 2019年は過去最多に

2010〜2019年のパン製造小売業者の倒産件数は、2011年以降10件台で推移していたが、2019年は31件に急増。初めて30件を突破し、過去最多を更新した。負債総額も18億200万円と、前年(6億200万円)を大きく上回っている。

負債規模別で見ると、最も多かったのは「1000万円〜5000万円未満」で22件。地域に根付いた個人事業者が多いこともあり、小規模倒産が約7割を占めた。また、負債額が最も多い事業者は、大阪・兵庫エリアで「Copenharvest」という手作りパンの店を展開していたCHで、約5億3100万円。負債が5億円以上の倒産はこの1件のみだった。

地域別では、近畿がトップで19件。次いで関東(4件)、中部(3件)、九州(2件)と続いた。
都道府県別のトップは大阪府で8件。もともとパン製造小売業者が多い地域であるうえ、コンビニパンなど他業態との競争が激化し、販売不振に陥る事業者が表面化したと分析している。
空前のパンブームの裏側では、同業間の競争激化により売上不振に陥る業者も少なくない。今後も中小規模事業者を中心に、淘汰が進んでいくとみられると予想している。

「隠れ電器店」が増殖、異業種から相次ぎ参入



美容室など異業種が家電を販売するケースが増えている。家電を卸売りするヤマダ電機グループなどから仕入れ、得意客に販売して新たな収益源にする。こうした「隠れ電器店」が新たな勢力になりつつある。
「お客様の要望をデータ化して蓄積すると次の手が出てくると思いますよ」。3月16日、ヤマダ電機子会社で家電卸のコスモス・ベリーズ(名古屋市)の担当者は高松市内で開いた加盟店の会合でこう語りかけた。

東大卒・金庫番もソッポ! 『大塚家具』久美子社長に「残務処理だね」の声



大塚家具の大塚久美子社長(50)が「もう、潰れるか、買収されるしかないのよ…」と人目も憚らず、こう言って号泣したのはつい先月のことだ。

2015年、実父で前会長の大塚勝久氏と久美子社長によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)で、お家騒動が明るみとなり、敗れた勝久氏は大塚家具の創業地である埼玉県春日部市に『匠大塚』を設立。大塚家具は久美子社長の下、入店への敷居を下げる“オープン化戦略”に転換していたが、売り上げ減少に歯止めがかからない。
 
「久美子社長のカジュアル路線が裏目に出て、2期連続の赤字となった。高級路線からの脱却によって、富裕層の顧客が離れていったのです。経営悪化に伴い、2015年12月期時点で100億円を超えていた現預金は、2018年3月期には10億円まで激減している。無借金経営ですが、かなり厳しい状況と言えるでしょう」

また、2017年8月以降は店舗売上高も減少が続いている。
「経営改善に取り組む中、東大卒の財務担当取締役が4月末に退任している。金庫番のキーマンが辞めて、業界内では先行きを不安視する声が強まっています。健康上の問題を理由に辞任したが、いたって健康そうだったので驚きました。しかも同役員は、5月に居酒屋チェーン『塚田農場』『四十八漁場』運営のエーピー・カンパニーの顧問に就任している。財務部門のトップであれば会社の資金繰りや将来性が分かっているため、真っ先に逃げたともっぱらの噂です」



大塚家具は6月、旗艦店『有明本社ショールーム』の改装に伴い、売り場面積の縮小などコスト削減を図り、業績改善に向けて躍起になっている。当面の資金繰りについては複数の金融機関とコミットメントライン(融資枠)を締結し、50億円の借入枠を確保している。
「この状況で、もし複数の取引先から前金での取引や支払いサイトの短縮を求められた場合、資金繰りが急速に悪化して経営が行き詰まる可能性もある」

金庫番に逃げられ、自主再建のタイムリミットが迫り、背水の陣に追い込まれた大塚久美子社長。サスペンスドラマの崖っぷちどころではない「もう、残務処理の時期なんじゃないの」の声も聞こえてきた。

西日本豪雨で中小企業から相談、1800件



西日本豪雨で災害救助法が適用された11府県の中小企業から、資金繰りや再建制度に関する相談が、各地の窓口に2週間余りで1800件以上寄せられたことが30日、中小企業庁への取材で分かった。被害の大きかった岡山、広島、愛媛の3県が全体の8割以上を占め、企業の支援ニーズが集中している実態が浮き彫りになった。

中小企業庁の要請を受け、11府県の商工会議所などが約250カ所に窓口を設置。同庁が22日までの来所や電話による相談を取りまとめた。
相談は1867件に上り、このうち広島は1016件、岡山は429件、愛媛は103件。残る319件の内訳は明らかにされていない。

テニスの元名手ベッカー氏が破産宣告



ドイツテニス界のレジェンドで、グランドスラム優勝6回を誇るボリス・ベッカー氏が、破産宣告を受けたことが明らかになった。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。
ベッカー氏は2015年10月から負債超過状態だったという。

ベッカー氏の弁護士はロンドンの破産裁判所で、「最後のチャンス」として負債の支払い延期を懇願。しかし、女性登記官のクリスティン・デレット氏はこの訴えを退け、21日に破産宣告を言い渡した。

現役時代に豪快なサービスと横っ飛びボレーで人気を博したベッカー氏は、1984年にプロデビュー。翌年の1985年に全英オープンで、男子シングルス史上最年少の17歳7か月15日で優勝を果たしている。

1999年に現役引退後、世界ランク4位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)のコーチを務めていたが、2016年に契約解消となっていた。
解説者として人気が高く、セレブとしても有名だったベッカー氏。2008年にはプロのポーカー・プレーヤーとしてキャリアをスタートさせるなど話題に事欠かなかったが、今回の破産宣告はテニス界でも波紋を広げそうだ。

クチコミ分析



●私たちが日常様々な商品を買う時、その商品を決定するまでに、ほぼ自分のみの判断で購入しているように思えるが、実は、想像以上に他者からの影響、つまり「クチコミ」による商品決定、商品購入という行動を起こしている。
今回は、その「クチコミ」について、様々な角度から分析してみたいと思う。

●まず、「クチコミ」の発生源であるが、その1つに「専門家の意見」がある。
これは、ターゲット層に影響力を持つマスコミに働きかけて、商品紹介をしてもらうパブリシティー展開が中心となる。
メーカー自身が自らの口でブランドを語るのではなく、編集者の目を通じて「記事」という形で客観的にそのブランドについて語ってもらう展開のこと。
この時のポイントは、ニュース性。
それは、具体的で新鮮な消費者ベネフィットの提示がポイントとなる。

つまり、その商品が、「自分たちにとってどのような効果を与えてくれるか」をきちんと伝える必要がある。

●またここで、編集者が記事にしやすい方法としては「イベント」がある。
イベント自体が「ニュース」になりやすいから。
この時注意すべき点としては、
1 どんな人たちが、
2 どんな時に、
3 どんなところで、
4 何をする時に、
5 その商品が役立っているのか、
を明確にシナリオ作りをすること。
これは、新聞記事を書くときの原則といわれる4W1Hの法則。
ここまで専門家の補助をしていれば、記事は非常に書きやすいものとなる。

●次に、「有効な販促表現」を説明する。
まず1つは『スピード感』。
これは映画などがまさしくそうであるが、期間限定という手法である。
もし知人から「あの映画おもしろいよ」とすすめられたら、映画は期間限定であるため「すぐ観に行きたい!」という気持ちになる。この心理を応用した期間限定キャンペーン等は有効な表現となる。

次に『素人を批評家にする』。
趣味やエンターテイメント性の強いイベント等は、素人を批評家にする力を持っている。
例えば、ゲームや音楽、また化粧品の使用感、ビールののどごしなど、それを楽しみながら実体験させることが「クチコミ」を生みやすくする。

さいごに『しゃべり出したくなる感情を引き出す』表現について触れよう。
チラシなどのキャッチコピーにしても、「○○は本当においしい!」よりも「新世紀の味!」くらいの表現をすれば「何それ?」と興味をもつ。
ただし、やはり販促である以上、全く意味のわからない表現になってはならない。

●以上は、販促時におけるポイントであると同時に、商品開発時にも参考にしていただきたい。
例えば、化粧品の場合「お肌にいい」「種類豊富」など今や当り前の世の中。
他製品と明確な差別化を打ち出す必要がある。
例えば、「15秒で乾くマニキュア」が実際売られているが、このように、消費者が商品決定する際にほんの少し背中を押してあげられるような“差”がほしい。

会社員は手取りの2割を蓄えるべし!「老後破産」を防ぐ3つのポイントとは?



老後に破産、あるいは破産しないまでも極度の貧乏に陥るのは嫌だし、怖い。本記事を読む淑女の皆様も多くがそう思われているだろうし、筆者自身も(現在58歳だが)「自分の老後について怖い!」と思っている。それでは、老後破産に近づかないために、どうしたらいいのか。
 
海外留学したMBAなどがよく言うプレゼンテーションの定石に、「取りあえず、ポイントが3つあると言って話し始める」というやり方がある。さっそく真似しよう。

■第1のポイントは、老後の生活費と現役時代の生活費を、大まかでもいいからリアルに計算することだ。具体的に計算せずに、漠然と不安に思っていると、良くない話に引っかかりがちになるし、いつまでも心配が消えない。
計算方法の詳細は省くが(難しくない。何冊かの拙著で解説しています)、会社勤めの方(年金は厚生年金がある)の場合、個人差はあっても、おおよそ手取りの収入の2割程度を蓄え続けると(浪費家には厳しい数字だ)、老後を現役時代の7割くらいの生活費支出で暮らすことが出来る計算になる場合が多い。
会社員ではなくてフリーランスの働き方の場合は、公的年金が国民年金だけなので、手取りの収入から、もう5%か10%よけいに蓄えなければならないし、専業主婦の場合は、ご主人の収入から現実に必要な貯蓄が出来ているかを、しっかりチェックしなければならない。
将来は、経済にも、人生にも、いろいろな変化があるが、貯蓄が足りていると柔軟に対応出来る。そして、計算上、現役時代に送っていた生活と大きくは違わない生活が出来るはずだと考えると、いたずらに不安に思う必要はない。「明日悩んだらいい不安」に今日悩む必要はない。

■第2のポイントは、国の制度を有効に利用することだ。
課税される所得がある方は、確定拠出年金を使うことで大きな税制上のメリットを得ることが出来る。老後に備えた貯蓄は必ず要るが、第1番目に有利なお金の置き場所は確定拠出年金なので、これを最大限に利用したい。
また、公的年金は通常65歳から支給が開始されるが、この開始を遅らせることで、1月あたり0.7%年金支給額を増やすことが出来る。現在の制度上、最大70歳、即ちプラス42%まで年金を増やせる。
平均寿命を考えると現在でも支給開始を遅らせることが有利だし、「長生きのリスク」への備えとして堅実な方法でもある。

■第3のポイントは、「他人」に十分注意することだ。特に注意すべき他人は、ズバリ「金融マン」だが、友達の口コミなどにも注意するほうがいい。
老後を不安に思うと、つい儲け話に参加したくなったり、個人年金保険のような一見堅実そうだけれども、実質的な手数料が高くて(保険会社と販売会社が儲かる!)契約者にとって損な商品に惹かれたりする。
「無料」であっても、金融機関の「相談」に近づいてはいけないし、いかにも真面目で誠実そうな金融マンこそ(自分の会社に忠実な人なのだから)気を付けなければならない、と申し上げておく。

入りにくい店



●1個80円のハンバーガーや280円の牛丼など、商品の価格が下がり続けているこの時代に、全く逆の現象も見え始めている。
1万円のカレーや、7000円のラーメンといった「高値商品」が、一部でヒットしている。
世の中のあらゆる価格が下がり続けている今、逆に、高値は目立つ存在となってきたということか?
7000円のラーメンがヒットし続けるとは到底考えられないが、いつの時代においても、目立つ商品は売れる可能性を秘めている。

●ひと昔前、ファッションチェックを受けるディスコがあった。
金さえ払えば誰でも入れる、というわけではない。そのチェックは本当に厳しいもので、
「スニーカーだからダメ」という程度ではなかった。
頑張っておしゃれをしてきた若者も、「いまいち」と帰されてしまうパターンもしばしば。それでも、店は連日大盛況。順番待ちの客が列を作っていた。

●「せっかく金を払ってくれる“客”なのだから」と思うかもしれないが、このような形態の店は、ディスコに限ったことではない。
高級レストランと呼ばれるもので、同様の店もあった。
ここでは、ファッションチェックをするわけではないが、客層や内装といった、店の存在そのものが客を選んでいた。
自然とその店の風格にあった客が集まっていたという。

●レストランにしろディスコにしろ、なぜ、客はこのような店を選んでまで行こうとするのか?
ここでの客心理は「あの有名な○○に踊りに行った」という満足感だろう。
知人にも自慢気に話をすることができる。
つまり、その店に行くこと自体が、ひとつのステイタスとなっている。「おいしい」や「安い」とはまた異なる価値観が存在する。

●ネットショップでよく聞かれる話として、「なんでも屋」よりも、1つのジャンル(もしくは商品)を専門的に扱った方が売れる可能性が高い。
そこには「専門だから安心」「専門だから安いだろう」といった客心理が働く。
どんな店でも言えることだが、どこにポイントを置くかで、売れ行きは変わってくる。
「安い」に価値観を見出すのか、「高い」に価値観を見出すのか、「入りやすい」または「入りにくい」 …全てありだろう。
ただし、「高い」や「入りにくい」に価値観を見出す場合は、相応の付加価値が必要となってくる。
そのうち、10万円のコーヒーや1000円のスーツなんてものが出てくるかもしれない。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。