岐阜県高山市で旅館経営の(株)平湯館が民事再生法の適用を申請



岐阜県高山市で旅館経営の(株)平湯館は、3月30日に民事再生法の適用を申請した。

旅館名は「平湯館 生粋源泉放流の宿」で、過去には皇族が宿泊するなど格式、知名度は高く、客室数は57室。
温泉ブーム時の昭和年代後半から平成年代初頭には年間11億円の売上がありました。
しかし、その後は同業他社との集客競争や過去に実施した本館新築や大浴場等の設備への投資負担が重く、資金繰りに窮していた。
 
近年も業況は好転せず、東証1部上場の(株)リロ・ホールディングの子会社である(株)ワールドリゾートオペレーションをスポンサーとして経営再建を図ることになった。
会社名 (株)平湯館
業 種 旅館経営
所在地 岐阜県高山市
設 立 昭和14年5月
創 業 大正12年
資本金 1億円
負債額 16億円

大阪府大阪市北区で印刷業のクワハラ印刷(株)が弁護士一任



大阪府大阪市北区で印刷業のクワハラ印刷(株)は、3月10日までに破産手続きを弁護士に一任した。

照明器具の取扱説明書作成で在阪大手メーカーと長年の取引実績を築いてきたほか、緩衝パッケージの設計や家電量販店等で使われる吊り下げ型の商品案内の印刷などを手掛けていた。

また、早くから工程のデジタル化に取り組み、ホームページ制作や映像編集、音響効果を収録したメディアの販売など、印刷業以外にも事業領域を広げてきた。
 
しかし近年、主力取引先の低迷により受注が減少し、業界全体の不振もあって売上・利益ともに低迷していた。経費削減に取り組み事業を継続してきたが、ここにきて決済資金のめどが立たなくなり、今回の措置となった。
 
会社名 クワハラ印刷(株)
業 種 印刷業
所在地 大阪府大阪市北区
設 立 昭和43年12月
資本金 1000万円
負債額 1億1499万円

印刷業以外にも様々な取り組みを行い、少々印刷の依頼が減少しても経営が傾くことはないように思えますが、経営を維持するだけの規模にはなっていなかったのでしょう。

破産を選択されたのですから仕方がありませんが、様々な分野に取り組むだけの能力があったので、再建してほしい会社の一つであることは間違いありません。

小売業・サービス業のマーケティング [ 尾碕真 ]

大阪府泉佐野市でホテル経営の関西エアポートワシントンホテル(株)が特別清算



大阪府泉佐野市でホテル経営の関西エアポートワシントンホテル(株)は、3月17日に特別清算の開始命令を受けた。

親会社である藤田観光は、2015年に特別清算をすると発表していた。

会社名 関西エアポートワシントンホテル(株)
業 種 関西エアポートワシントンホテル経営
所在地 大阪府泉佐野市
負債額 29億円

関西空港の利用状況がいまいちで、関西エアポートワシントンホテルの宿泊客が少なかったからでしょね。

JR阪和線・南海本線りんくうタウン駅より徒歩3分で、関西空港〜ホテル間は定時運行の無料シャトルバスで約10分と、立地条件は悪くなかったですがね。

ホテル経営者101人のメッセージ [ 太田進 ]

長野県佐久市でクアハウス経営の佐久健康開発(株)が破産



長野県佐久市でクアハウス経営の佐久健康開発(株)は、3月15日に破産手続きの開始決定を受けた。

バブル時代に開設した「クアハウス佐久」、好景気を背景に集客していたが、バブル崩壊、その後の長期消費低迷により、集客不足に陥り経営不振に、2014年12月会社解散を決議していた。

会社名 佐久健康開発(株)
業 種 クアハウス経営
所在地 長野県佐久市
負債額 3億円

バブル時代とは1986年から1991年までのことを言いますが、バブル崩壊で経営不振になったと書かれていますが、いままでよく頑張ったと思いますね。

ただ、30年間の経営内容がいまいちつかめませんが、時代の流れに合わせて営業内容も変化させてと思いますが、効果がなかったのでしょうね。

一度利益を出すと成功体験から抜け出すことが出来ずに、経営改善を行っても中途半端になっていたのではないでしょうか。

夢は目標ではなく、成長の手段である。 [ 藤田聰 ]

東京都千代田区で輸出入取次の(株)ユーロフレートサービスが破産



東京都千代田区で輸出入取次の(株)ユーロフレートサービスは、3月16日に破産手続きの開始決定を受けた。

受注不振に加えて、為替損の発生などにより経営不振に陥り、資金繰りに窮した。

会社名 (株)ユーロフレートサービス
業 種 輸出入取次
所在地 東京都千代田区
負債額 2億円

受注不振の原因は営業不足や宣伝不足などの理由があげられます。
受注するためにどのような活動を行っていたかを知らなければ簡単にコメントできませんが、為替損は自己責任でしょうね。

もちろん倒産も自己責任ですので、責任が取れる範囲内で事業を展開するのが当然で、「身の丈に合った経営」を継続した人が最後は生き残るようにも思えます。

今日、会社が倒産した [ 増田明利 ]

東京都品川区でHP制作のミッションステートメント(株)が破産



東京都品川区でHP制作のミッションステートメント(株)は、3月16日に破産手続きの開始決定を受けた。

過去、雑貨販売なども行っており、撤退したことによる損失で財務上、経営不振に陥っていた。

会社名 ミッションステートメント(株)
業 種 HP制作
所在地 東京都品川区
負債額 3億円

本業で利益が出なくて事業を多角化して経営体質を改善しようとする試みは心情としては十分に理解できます。

しかし、本業で利益が出ない体質のままに、他の事業に手を出しても体質は同じですから、赤字を増やす原因になるだけの場合が多いようです。

事業の多角化は、あくまでも本業が黒字の場合にのみ行うことが出来るものであることを知っておいてください。

最低でも3年間は新規事業に資金を回すだけの余裕があることを確認してからにしましょう。

ドラッカーから学ぶ多角化戦略 [ 藤屋伸二 ]

石川県加賀市で「加賀観光ホテル」運営の(株)相互開発事業が特別清算



石川県加賀市で加賀温泉郷温泉旅館「片山津温泉 加賀観光ホテル」運営の(株)相互開発事業は、3月15日に特別清算の開始決定を受けた。

2008年秋のリーマンショック前まで15億円前後の売上があり好調だったが、その後は集客・売上高の減少が続いた。
最近では1億円台まで大幅減少、設備投資の借り入れ負担も重く、同社は2014年10月、会社を分割して新設会社に事業譲渡、同社は(株)加賀観光ホテルから(株)相互開発事業に社名変更し、会社清算を決議し、今回の措置となった。
「加賀観光ホテル」は現在、新設会社で運営されている。

会社名 (株)相互開発事業(元(株)加賀観光ホテル)
業 種 加賀温泉郷温泉旅館「加賀観光ホテル」運営
所在地 石川県加賀市
負債額 50億円

リーマンショックの影響がまだ残っているのですね。
15億円の売上が1億円台にまで落ち込んでは経営が成り立たなくなっていたでしょう。

とくに宿泊業では、お客様がいなくても暖冷房の空調を動かし、照明も、お風呂のお湯も準備しなければなりません。

新しい会社になっても簡単に売上が回復するとは思えませんが、今は金沢ブームがありますので、便乗して石川県も頑張って欲しいです。

福岡県久留米市で有料老人ホームの(株)ほほえみの郷が破産法に基づき保全管理命令



福岡県久留米市で有料老人ホームの(株)ほほえみの郷は、3月22日に破産法に基づき保全管理命令を受けた。

債権者と運営会社の(株)ほほえみの郷との間でトラブルが発生、債権者から破産が申し立てられていた。
福岡市東区の同社所有の老人施設の運営は継続されている。

会社名 (株)ほほえみの郷
業 種 有料老人ホーム
所在地 福岡県久留米市
負債額 調査中

強制破産ということになっていますが、強制破産について知識がありませんので分かり次第お知らせします。

有料老人ホームほほえみの郷はJR久留米駅から徒歩10分のところにあり、入居時の費用が30万円で、月額12〜24万円が必要とホームページに書かれていました。

債権者とどのようなトラブルがあったのか不明ですが、福岡市の老人施設の運営は継続されていると書かれていることから、久留米市の老人施設は運営されていないのではないでしょうか。

続報が入り次第お知らせします。

認知症「ゆる介護」のすすめ [ 柳本文貴 ]

埼玉県川口市で仕出し・イベントプロデュースの(株)川口龍車が破産



埼玉県川口市で仕出し・イベントプロデュースの(株)川口龍車は、3月8日に破産手続きの開始決定を受けた。

関連会社の仕出し業の龍車(株)、不動産業の(株)伯龍、パチンコ店の(株)ジャパンレジャーアルファーが2013年に破産より経営破たん、同社にその負担が及んでいた。

会社名 (株)川口龍車
業 種 仕出し・イベントプロデュース
所在地 埼玉県川口市
負債額 9億5000万円

多角化して事業規模を拡大したのは良かったでしょうが、それぞれが適正な利益を確保することが出来ずに終わったのは残念ですね。

仕出し業・不動産業そしてパチンコ店とあまり関連性のない業種で、事業を軌道に乗せるだけの労力がバラバラになって困っていたのではないでしょうか。

事業を多角化するときには、出来れば関連性のあるものにした方が効率が良いと思われません。
小売業をしている私ですが、ある健康器具の販売を引き受けることになって、それなりの商品知識などを得るのに相当な時間がかかっています。

ただ、地方の小さな町では少子化や高齢化がどんどん進んでいるので、健康器具の販売に力を入れるしか今のところ手段がないのが本音です。

中小企業のイノベーション(経営革新・新事業開発)支援 [ 朝倉雄一 ]

北海道小樽市でクリーニング店の(有)市川クリーニング店が破産



北海道小樽市でクリーニング店の(有)市川クリーニング店は、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入っていたが、3月15日に破産手続きの開始決定を受けました。

明治時代創業の老舗クリーニング店で、取次店を展開させ売上高を伸ばしていたが、消費不況で売り上げ不振に陥り、今回の事態に至った。

会社名 (有)市川クリーニング店
業 種 クリーニング店
所在地 北海道小樽市
創 業 明治時代
負債額 調査中

老舗が消えるのは寂しいですね。
景気の悪化でクリーニングに出す家庭が減ったのでしょうか。また、ホテルや旅館では寝具類の洗濯をどのようにしているのでしょうか。

小樽市という観光客も大勢訪れるようなところでは、クリーニング店の需要は十分あったように思えます。
また、全国展開するような大手チェーン店もないようですから、コツコツと頑張れば経営を維持できると素人考えが出て来ます。

もし売上を維持しようとすれば、洗剤の販売なども含めて、御用聞きのついでにいろいろな商品の販売も考えられた思いますが、思ったように行かなかったのでしょうね。

しかし、倒産する苦しみを考えれば、お客様が困っていることや不便に感じていることを解決してあげる商品やサービスにも力を注いでほしかったです。

明日はわが身と思って私も反省しています。

室内用物干しって想像以上に数多くの種類があるのですね。
これらの販売にも取り組めば喜んでくれるお客様もいたと思われますが。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。