愛知県名古屋市中区でスーパー銭湯経営などの(株)イフェクトが民事再生


天然海綿スポンジ2種の限定お買得セット★ 今なら、さらに専用スポンジトレイをもれなくプレゼント…

愛知県名古屋市中区でAVシステム設計・施工とスーパー銭湯経営の(株)イフェクトは、1月12日に民事再生法の適用申請をし、1月26日に再生手続きの開始決定を受けました。

学校など公共施設へのAV音響システムを設計施工していたが、公共投資が大幅に減少して、流行も廃れたスーパー銭湯「稲沢温泉ゆいの郷」を稲沢市に2015年10月開業していた。
しかし、集客不足に陥り、借入金で投資していたため、資金繰りが逼迫、今回の事態に陥った。

スーパー銭湯は、入湯料を大幅に下げ、併設の飲食等で儲けるようにすれば再建は可能かも。

会社名 (株)イフェクト
業 種 AVシステム設計・施工とスーパー銭湯経営
所在地 愛知県名古屋市中区千代田3−28−40
設 立 昭和57年7月
代表者 高木克彦
負債額 11億円

出来ないことを嘆いて、悩んでいるよりも出来ることを探して、経営を良い方向に向かわせましょう。

私は、経営を改善できなかった原因は必ず内部要因が一番の問題だと思います。

まずは、内部要因を探し出して、改善策を見つけ、会社を継続させるのが経営者の仕事です。

知恵がなければ、他の人から教えてもらえば良いのです。

でも、教えてくれる人がいないと嘆くでしょうね。

だから、いつまでたっても経営が良くならないのです。

「幸せなお金持ち」になる秘密、ここにあり! 「ir大学」のようなのユニークなアイデアが満載の本を読んで、新しい道を見つけ出してほしいですね。

本を読むのと同じことですから、決して難しい話ではありませんから、倒産に追い込まれる前にぜひ一読してみてください。

【続報】マルチ疑惑の「サンク」債権者3900人 出資金回収は困難


悪のマルチ商法【電子書籍】[ こずかた治 ]

産経新聞2016年2月4日付の記事からの引用です。

−−−ここから

サンクの決済端末事業に出資したオーナーは約3900人、債権額は約100億円に上り、同社の負債総額111億円の大半を占める(金額は破産申し立て時点)。

これに対し、資産は簿価上は64億円あるが、回収可能見込み額は9億円にとどまる。
租税債権(税金)は、オーナーらの破産債権よりも優先的に支払われる。同社は追徴税7億4000万円を修正申告しており、破産管財人の弁護士はホームページで、オーナーらへの支払い(配当)が実施できるかどうかは不明としている。

サンクは現社長が平成3年に設立。5年にアパレル事業へ進出するなどして安定的な成長を続けた。

転機は19年。コイン投入式充電器を販売するマルチ商法をめぐり、特定商取引法違反(解約妨害)容疑で元社長らが逮捕された販売会社の関係者と、サンク社長が出会ったことで、サンクは決済端末機器のオーナー募集事業を始めたという。

サンクは、同事業に関与していた幹部らが契約以上の金銭を会社から受け取ったとして、不当利得の返還を請求しているが、どれだけ回収できるかは不透明だ。

−−−ここまで

サンクの倒産状況は次の通りです。

大阪府大阪市西区でセキュリティ機器販売などの(株)サンクは、平成27年10月31日に事業を停止し、破産手続きを弁護士に一任していたが、1月14日に破産を申請し同日、破産開始決定を受けた。

ビルメンテナンス業務をはじめ、監視カメラなどのセキュリティ、アパレル、流通、クレジットカード決済・電子マネー決済が可能な複合決済端末の店舗設置を手掛けるRFIDなどの5部門で事業を展開していた。
 
近年はRFID事業に注力し、決済端末の設置推進のため、複数の法人に対して4台セットで100万円の価格で販売する形で出資を募って業容を拡大。
平成25年は17億9874万円の売上があった。

平成25年9月25日に「マルチ商法」の疑いがあると報道され、事業継続が無理と判断した。

会社名 (株)サンク
業 種 セキュリティ機器販売ほか
所在地 大阪府大阪市西区西本町1−10−10
設 立 平成3年2月
代表者 鳴瀧順史
資本金 9900万円
負債額 111億3817万円
従業員 45名

売上が大きく、利益も大きな会社を目指す人が多いと思いますが、「よい会社」を目標にする人が想像以上に少ないです。
サンクはお金だけに眼が行ってしまったのでしょうね。

良い会社は究極的に売上・利益を伸ばせるように思います。

「よい会社」を目指して、身の丈に合った事業規模を目指せば倒産する可能性が極端に低くなります。

「幸せなお金持ち」になる秘密、ここにあり! 「ir大学」には、新しい道が開ける可能性のヒントが満載です。

長野県佐久市でゴルフ場の(株)佐久平カントリークラブが特別清算へ


エスニックボーダーワンピース

長野県佐久市でゴルフ場の(株)佐久平カントリークラブは、1月25日に申請処理を弁護士に一任して、特別清算の申請し、手続きの開始決定を受けた。

ゴルフ人口の減少や不況から売り上げ不振に陥り経営悪化、当ゴルフ場敷地に太陽光発電施設を建設するため会社を解散し、今回の申請となった。
会員の預託金については、全額返済する予定となっている。

ゴルフ人口が減り、少子化も進み、全国に山ほど造られたゴルフ場の清算は、こうした清算方法もありだろう。

会社名 (株)佐久平カントリークラブ
業 種 ゴルフ場経営
所在地 長野県佐久市内山6658
代表者 高野公志(代表清算人)
負債額 10億円

放漫経営で倒産に追い込まれる場合は難しいですが、販売不振からは抜け出す方法が必ずあります。

お客さんの要望を満たしてあげて、不平や不満を解消してあげると販売不振なども少しは改善するのですが、お客さんの要望、不平、不満が何であるかが分かっていない経営者が多いのではないでしょうか。

昔から難しいことだと言われてきましたが、頭で納得するものではなく、腹の底から分かるものが出ました。

「幸せなお金持ち」になる秘密、ここにあり! 「ir大学」には、儲かる話をかいてあるのではなく、どうすればお客さんがお金を出してくれて、適正な利益を確保できるか、そしてそのお金はどのようにして、還元していけば良いかが書かれています。

お金の稼ぎ方も難しいですが、それ以上に使い方が難しく、その結果としてお金が残る残らないということが決まるのです。

ぜひ、「幸せなお金持ち」になる秘密、ここにあり! 「ir大学」を読まれて、お金の残る経営に改善してほしいものです。

タイトルは「幸せなお金持ち」ですが、本当のお金持ちとはたくさんのお金を持っていることよりも、常にお金が入ってきて、必要なものにお金を出して、少しずつお金が残っておく状態のことを意味しています。

そして、「幸せなお金持ち」になる方法が精神論だけでなく、実例をたくさん掲載していますので、かならずあなたが「これだ!!」と感じるものがあるはずです。

資金繰りで困っていたり、倒産の心配がある経営者には読んで欲しいです。

北海道北見市でビッツアークホテル経営の(株)滝沢観光が自己破産へ


【グリーンズ北見】オニオンスープ 10号

北海道北見市でビッツアークホテル経営の(株)滝沢観光は、1月29日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任し、自己破産を申請する見通し。

昭和44年に現在のホテルを建設し、客室数は23室で、結婚式や各種会議などに利用されたほか、ゴルフ場や病院に食堂を出店するなどしていた。
近年は業績が低迷し売り上げが大きく落ち込み、厳しい経営が続いていたという。

会社名 (株)滝沢観光
業 種 ビッツアークホテル経営
所在地 北海道北見市北2条東4丁目7番地
負債額 調査中

景気のよい会社もあります。
内部留保がある会社、黒字の会社、損益分岐点ギリギリの会社、赤字の会社、借金がたくさんある会社など、それぞれの会社が置かれている状況は千差万別でしょうが、多くの企業は不況と消費増税を何とかして乗り切っているのです。

倒産する企業と、事業を継続する企業との違いはどこにあるかを考えてみましたが、あまり良い知恵が出ませんでした。

しかし、販売力には大きな差があって、その差はアイデアとアイデア実行の差ではないでしょうか。

まずアイデアが出なければ何を実行すれば良いかが分かりません。100名いればアイデアを出せる人は20名でしょうか。

その20名のうち実行するのが4名ほどとなってきます。

100名の経営者のうちアイデアを実行しているのはたった4名と、非常に少ないです。

実行する人が少ないから目立ちますし、売上や利益にも寄与するはずです。

アイデアが出ないという人は、人より一歩先行く営業102の法則。を参考にしてみてください。

そして必ず実行してくださいね。

不況や消費増税と関係なく、業績を維持し、さらに成長させることが出来ると思います。


2月7日まで!協同組合やよいデパートが閉店セール


【sono/ソーノ】Crease【送料無料】【20151217】

2015年1月21日に破産手続き開始決定を受けた協同組合やよいデパート(内村正和理事長)の「やよいデパート」で2月2日、店内在庫品を格安で販売する閉店セールが始まった。
折り込みちらしなどで知った買い物客が殺到し、店内は普段にはなかった盛況を見せている。
2月7日まで。

鳥取県米子市でショッピングセンター運営の協同組合やよいデパートは、1月21日付で破産手続の開始決定を受け倒産した。

米子市のショッピングセンター「やよいデパート」の運営を主力に事業を展開するほか、松江市にもショッピングセンターを開設するなど事業を拡大していました。

しかし、大型店との競争激化などから業績が悪化すると、2013年7月には中核テナントの撤退により一時閉店に追い込まれ、同年11月に再オープンしたものの客足低迷から脱することが出来ず、事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

会社名 協同組合やよいデパート
業 種 ショッピングセンター運営
所在地 鳥取県米子市角盤町1
設 立 1969年
負債額 17億円

【続報】負債額1700億円から4000億円に膨らんだ!第一中央汽船の再建は?


アオシマ IRONCLAD 1/350 日本石炭輸送船 海王丸

民事再生手続き中の第一中央汽船は2月3日、再生計画案の提出期限を3月31日に延期すると発表した。

外資系ファンドなどから支援の打診を受ける一方、大口債権者である国内船主らの海事関連企業群からも出資の意向表明があり、具体的な再生計画案の策定に時間がかかるため。東京地裁に提出延期を申請し、認められた。
 
第一中央汽船は船舶を借りる用船料の将来負担を抑えるため、固定料金から市況に連動する料金への切り替えを進めている。

これに伴う違約金の発生で、負債総額は当初の約1784億円から4000億円程度へ拡大する見通しという。 

前回の報道は下記でした。

東京都中央区で海運業の第一中央汽船(株)は、9月29日に民事再生法の適用を申請した。

鉱石、石炭、ボーキサイト、ニッケル鉱石を中心に木材、穀物等の撒積貨物、鉄鋼製品、原油などの海運を行っていた。

2008年には1666億円の売上がありましたが、リーマンショックなどで2013年には1292億円に落ち込み、323億円の赤字になった。

2015年の売上は1237億円で、26億円の赤字でした。

会社名 第一中央汽船(株)
業 種 海運業
所在地 東京都中央区新富2-14-4
設 立 1933年(昭和8年)9月
代表者 藥師寺正和
資本金 289億5841万150円
負債額 1196億800万円
従業員 154名

倒産する企業と、継続する企業の差はどこにあると思いますか?
実はほんのわずかな考え方の違いだけなのです。

その考え方の違いとは「幸せなお金持ち」になる秘密、ここにあり! 「ir大学」です。

PRページを見るとちょっとびっくりしますが、即効性があるたくさんのノウハウと実践論が満載になっていますので、目次を読むだけでも価値があると思います。

長野県佐久市でゴルフ場経営の(株)佐久平カントリークラブに動きが


ゴルフウエア 秋冬 大きいサイズ ゴルフウェア メンズ ゴルフウェア 冬 スポーツウェア メン…

長野県佐久市でゴルフ場経営の(株)佐久平カントリークラブに動きがあったようです。

昭和43年にオープンし、上信越自動車道・佐久ICより8km、JR長野新幹線・佐久平駅から約10分に位置し、自然の地形を活かし八ヶ岳、蓼科山、北アルプスの眺望がすばらしい丘陵コース。

平成27年11日2日に、「平成28年3月31日をもってゴルフ場の営業を終了する」と発表されていた。

また、平成28年1月に、「佐久平CCは閉鎖後にメガソーラーヘ事業転換する予定」との発表もありました。

詳細が分かり次第お知らせします。

会社名 (株)佐久平カントリークラブ
業 種 ゴルフ場経営
所在地 長野県佐久市内山6658

兵庫県神戸市中央区でソフトウエア開発の(株)次世代研究所が破産


青色・白色申告対応 全自動 会計ソフト 青色申告ソフト freee(フリー) 個人事業主向け[…

兵庫県神戸市中央区でソフトウエア開発の(株)次世代研究所は、2015年12月17日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任していました。
1月21日に破産手続きの開始決定を受けました。

倒産要因は受注不振とされています。

会社名 (株)次世代研究所
業 種 ソフトウエア開発
所在地 兵庫県神戸市中央区京町76−2
代表者 坂本直樹
負債額 調査中

お客様のニーズをつかむことさえできれば再建できるように思えますが。

ただ、お客様ニーズをつかむのが難しいですね。

そこで、応用になりますが人より一歩先行く営業102の法則。を使って、逆に使うのです。

お客様の一歩先を歩んで、リードするのが販売方法だと思っていた経営者には全く逆の発想になります。

お客様の半歩後ろを歩いて、背中を見ながらニーズをつかむのです。

一人のお客様のニーズが分かれば、同じようなことで困っていたり、悩んでいる人がいるはずですから、そこにアプローチをかけます。

思考を逆転することで、新しい発想が生まれてくるはずです。ぜひ試してみてください。

鳥取県米子市でショッピングセンター運営の協同組合やよいデパートが破産


だんごや萌音の生クリーム大福4種セット(12個入り)/(鳥取県米子市)

鳥取県米子市でショッピングセンター運営の協同組合やよいデパートは、1月21日付で破産手続の開始決定を受け倒産した。

米子市のショッピングセンター「やよいデパート」の運営を主力に事業を展開するほか、松江市にもショッピングセンターを開設するなど事業を拡大していました。

しかし、大型店との競争激化などから業績が悪化すると、2013年7月には中核テナントの撤退により一時閉店に追い込まれ、同年11月に再オープンしたものの客足低迷から脱することが出来ず、事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

会社名 協同組合やよいデパート
業 種 ショッピングセンター運営
所在地 鳥取県米子市
設 立 1969年
負債額 17億円

販売不振の原因は営業力の不足から来ているのではないでしょうか。

さらには経営体質に問題があって、利益を出せなかったこと最大の倒産要因ですね。

仕事を受注して、売上金を回収して、必要な経費を支払、残った利益を再投資したり、内部留保するのが経営です。

が、仕事の受注が少なかったり、経費以上の利益が出ない仕事を受注していては会社を継続させることは無理になってきます。

職人肌の経営者には仕事には詳しくても経理や営業に弱い人が多い傾向があり、高齢者で後継者のいない中小零細企業では勤労意欲さえ失っている場合も考えられます。

倒産という状況に追い込まれる前に次の一手を打ってほしいです。

営業については、片桐健氏の人より一歩先行く営業102の法則。を参考にされてはいかがでしょう。

書籍を5〜10冊購入する程度のお金で購入できますし、無料レポートも取得できます。



 

鹿児島県鹿児島市で漁業協同組合の西桜島漁業協同組合が自己破産へ


漁師が認めた極上の逸品!入口さんのこだわりの真東風ぶり刺身用セット(500g)【ギフト】【業務…

鹿児島県鹿児島市で漁業協同組合の西桜島漁業協同組合は、1月25日付で自己破産を申請し倒産した。

1949年に「西桜島村漁業協同組合」として設立、1964年に「西桜島村赤水漁業協同組合」と合併し現名称に変更、1980年に「新島漁業協同組合」を吸収合併した同組合は、桜島ブリ・カンパチの養殖業者を中心に正会員148名で構成していました。

しかし、魚価の低迷により経営が悪化すると、組合員の1社が破産申請をしたことで経営計画の達成が困難となり、資金繰りの行き詰まりから事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

会社名 西桜島漁業協同組合
業 種 漁業協同組合
所在地 鹿児島県鹿児島市
設 立 1949年
負債額 12億円

経営体質に問題があって、利益を出せなかったことが最大の倒産要因でしょうが、究極的には積極的な営業が劣っていたのではないでしょうか。

仕事を受注して、売上金を回収して、必要な経費を支払、残った利益を再投資したり、内部留保するのが経営です。

が、仕事の受注が少なかったり、経費以上の利益が出ない仕事を受注していては会社を継続させることは無理になってきます。

建設業界には仕事には詳しくても経理や営業に弱い人が多い傾向があります。

ぜひ、営業と経理はそれなりの勉強をしてほしいですね。

営業については、片桐健氏の人より一歩先行く営業102の法則。を参考にされてはいかがでしょう。

書籍を5〜10冊購入する程度のお金で購入できますし、無料レポートも取得できます。



日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。