東京都千代田区で運送仲介業の(株)ジーエムアイ・ジャパンが破産



東京都千代田区で運送仲介業の(株)ジーエムアイ・ジャパンは、8月25日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入っていたが、12月26日に破産手続きの開始決定を受けました。

運送業界の競争激化で受注不振、採算性悪化。

会社名 (株)ジーエムアイ・ジャパン
業 種 運送仲介業
所在地 東京都千代田区
負債額 2億円

千葉県白井市で産業廃棄物回収・中間処理業の(株)京葉リサイクルが破産



千葉県白井市で産業廃棄物回収・中間処理業の(株)京葉リサイクルは、2016年12月19日に破産手続きの開始決定を受けた。

金属やプラスチックなどの産業廃棄物回収・中間処理業者。不況から金属スクラップ価格の低迷などから採算性が大幅に悪化し、設備投資にかかわるきりいれ負担も大きく、今回の事態に至った。

会社名 (株)京葉リサイクル
業 種 産業廃棄物回収・中間処理業
所在地 千葉県白井市
設 立 平成6年3月
負債額 4億円

長野県下高井郡山ノ内町でホテル経営の(有)志賀ロイヤルホテルが破産



長野県下高井郡山ノ内町でホテル経営の(有)志賀ロイヤルホテルは、2016年5月18日に事業を停止し、2016年12月13日に破産開始決定を受けた。

1962年に「渋山荘」として創設されたホテル運営事業者。スキー場に隣接する立地を強みとし、1995年には売上高2億円以上を計上していた。
しかしその後は国内の景気低迷などを受けて団体旅行者が減少。2015年10月期の売上高は約5500万円となっていた。過去の設備投資などが大きな負担となり収益を圧迫し、今回の措置となった。

会社名 (有)志賀ロイヤルホテル
業 種 ホテル経営
所在地 長野県下高井郡山ノ内町
設 立 1962年
負債額 3億8000万円

盛岡市盛岡駅前通で元・ホテル経営の(株)MCH他1社が特別清算開始決定



盛岡市盛岡駅前通で元・ホテル経営の(株)MCH(旧:(株)盛岡シティホテル)と関係会社の(株)HRM(旧:(株)ホテルロイヤル盛岡)は、2016年12月22日に特別清算開始決定を受けた。

(株)MCHは、1951年に食堂経営を目的として創業した後、1971年に法人改組。JR盛岡駅前の立地で1973年1月に「盛岡シティホテル」を開業、1979年8月には「盛岡ニューシティホテル」を開業した。
また、1993年3月には市内中心部に立地する「ホテルロイヤル盛岡」を約28億円で買収し、同運営企業の(株)ホテルロイヤル盛岡を完全子会社化した。

しかし近年、これらホテルの近隣では大手ホテルチェーンによる新規開業が相次ぎ、2社の業績は低迷を強いられていたほか、(株)MCHは「ホテルロイヤル盛岡」の買収資金が財務面の負担となっていた。このようななか、2社からの会社分割により2016年8月に新会社を設立してホテル経営事業を承継、9月には2社それぞれ現商号へ変更のうえ、解散を決議していた。
負債は2016年3月期末時点で(株)MCHが約30億9100万円、(株)HRMが約9500万円、2社合計で約31億8600万円であるが、変動する可能性がある。

会社名 (株)MCH(旧:(株)盛岡シティホテル)
業 種 ホテル経営
所在地 盛岡市盛岡駅前通
設 立 1971年(昭和46年)4月
創 業 1951年(昭和26年)
資本金 3400万円
負債額 31億8600万円

宮崎市城ケ崎でフィットネスクラブ経営の(株)サン・アカデミーが自己破産申請の準備



宮崎市城ケ崎でスイミングスクール・フィットネスクラブ経営の(株)サン・アカデミーは、12月27日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入った。

フィットネスクラブ「ウェルネスクラブサンテリナ」を経営していたが、初期投資の借り入れ負担が重たい中、消費不況・競争激化もあり、会員減に資金繰りに窮するようになり、施設売却を試みたものの不調に終わり、今回の事態に至った。

会社名 (株)サン・アカデミー
業 種 スイミングスクール・フィットネスクラブ経営
所在地 宮崎市城ケ崎
負債額 6億円

福井県三方上中郡若狭町でゴルフ場経営の(株)日興が再生手続きの開始決定



福井県三方上中郡若狭町でゴルフ場「わかさカントリー倶楽部」経営の(株)日興は。12月1日に申請処理を弁護士に一任して、民事再生法の適用申請し、12月21日に再生手続きの開始決定を受けました。

昭和51年9月オープンした「わかさカントリー倶楽部」を経営、27Hで8300人の会員。
経営不振から平成11年9月7日、負債額約136億円を抱え和議申請、平成12年12月13日和議認可決定していた。
その際、預託金の減額はなかった。同社は、会員へ預託金の償還として、一定額を返還してきたが、返済原資になる売上高が減少し続け、それもできなくなったことから、今回の申請となった。

会社名 (株)日興
業 種 ゴルフ場「わかさカントリー倶楽部」経営
所在地 福井県三方上中郡若狭町
負債額 95億円

茨城県石岡市で婚礼衣装「アイビック東京衣裳」経営の東京衣裳(株)が破産



茨城県石岡市で婚礼衣装「アイビック東京衣裳」経営の東京衣裳(株)は、12月21日に破産手続きの開始決定を受けた。

元々は呉服店で、着物や婚礼衣装・撮影スタジオなどの「アイビック東京衣裳」を運営していた。しかし、少子化・晩婚化などから結婚需要が減少し続け、「アイビック東京衣裳」の建設に伴う借り入れ負担も大きく、経営不振に陥っていた。

会社名 東京衣裳(株)
業 種 婚礼衣装「アイビック東京衣裳」経営
所在地 茨城県石岡市
創 業 昭和8年
負債額 15億円

神奈川県川崎市で印刷業の(株)ダイトーが民事再生手続き開始決定



神奈川県川崎市で印刷業の(株)ダイトーは、12月9日に申請処理を弁護士に一任して、民事再生法の適用申請を行い、12月16日に再生手続きの開始決定を受けました。

教育関係からマニュアル本など各種印刷物を企画から印刷まで一貫体制で受注。以前は10億円以上の売上高があったものの、印刷物の需要減退から、最近では6億円台まで落ち、経営不振に陥っていた。
設備投資にかかわる借入金も多く、抜本的に財務体質を改善するため、今回の申請となった。

会社名 (株)ダイトー
業 種 印刷業
所在地 神奈川県川崎市
創 業 昭和44年
負債額 8億円

東京都千代田区でテーマパーク「カンドゥー」経営のSNエンタープライズ(株)が特別清算



東京都千代田区で子供向け仕事体験型テーマパーク「カンドゥー」経営のSNエンタープライズ(株)は、12月19日に特別清算の開始決定を受けた。

平成26年1月にイオンモール幕張新都心ファミリーモールに「カンドゥー幕張新都心」の営業開始、平成27年12月期は9億円近い売上高を計上した。しかし、その後は集客が陰り、設備の減価償却も大きく債務超過に陥り、好転の兆しも見えず、同社は2016年6月イオンモールに事業譲渡していた。同社は(株)カンドゥージャパンからSNエンタープライズ(株)に社名変更し、負債を残し解散を決議していた。

会社名 SNエンタープライズ(株)
業 種 子供向け仕事体験型テーマパーク「カンドゥー」経営
所在地 東京都千代田区
設 立 平成21年5月
負債額 21億円

埼玉県川越市で医療法人武蔵野総合病院他1社が民事再生法の適用を申請



埼玉県川越市で医療法人武蔵野総合病院とグループの医療法人刀圭会本川越病院は、12月27日に民事再生法の適用を申請した。

医療法人武蔵野総合病院は、川越市内における中核的医療施設「武蔵野総合病院」(185床)を経営するほか、「デイサービスひまわり」を運営。2015年3月には川越駅近くのウニクス川越内に「川越予防医療センター・クリニック」を開設していた。武蔵野総合病院は、内科、外科、脳神経外科、神経内科、循環器内科、耳鼻咽喉科など幅広い診療科目を有し、人間ドックも受けるなど地域の総合病院として高い知名度と実績を誇り、2005年3月期には年収入高約31億円を計上していた。

しかし、その後は診療報酬の改定や患者数の減少など取り巻く環境は厳しさを増すなか、各種設備投資に要した借入金の負担も重く、近年では慢性的な医師、看護師などの人手不足が影響して各種コストが上昇。2016年3月期の年収入高は約27億8200万円となり、最終赤字約1億5000万円を計上。資金繰りが悪化するなか、自主再建を断念した。

医療法人刀圭会本川越病院は、1958年(昭和33年)12月に設立。従前は、医療法人廣瀬病院として川越市内で運営していたが、2006年11月には民事再生法の適用を申請。その後、医療法人武蔵野総合病院がスポンサーとなって当法人をグループ化。「本川越病院」(70床)を経営していたが、業況は安定せず赤字が常態化。同様の措置となった。
負債は医療法人武蔵野総合病院が約34億円、医療法人刀圭会本川越病院が約28億円で、2法人合計で約62億円。なお、両法人ともに現在も通常通り病院の運営を続けている。

会社名 医療法人武蔵野総合病院
業 種 武蔵野総合病院経営
所在地 埼玉県川越市
設 立 1967年(昭和42年)11月
負債額 34億円
従業員 240名
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。