落とし穴に落ちた(医)平野同仁会の倒産

倒産速報です。岡山県津山市で総合病院の経営を行っていた(医)平野同仁会が倒産しました。民事再生を申請しています。負債総額は59億円です。

(医)平野同仁会は昭和34年に平野外科診療所として創業され、昭和37年には平野外科病院と名称を変更して、昭和44年に医療法人となっています。

(医)平野同仁会は医療業界では確実に売上と利益を確保できる人工透析部門に特化していたのですね。また、岡山県津山市では初めてとなる回復期リハビリテーション病棟を備えた中核病院として評価は高かったはずです。

(医)平野同仁会が特化した人工透析は患者の負担額が月1万円で、残りの診療費となる40万円〜100万円の月額医療費は保険から支払われると言う、医療機関にとっては利益確保が非常に確実な診療科目だったのですね。人工透析の患者は2日に1回は透析の必要が永遠にありますから(医)平野同仁会では経営に不安はなかったはずです。

ただし、人工透析の機器は非常に高価で億単位の設備投資が必要です。でも、人工透析の患者がいれば確実に儲かるのですからね。

しかし(医)平野同仁会にも落とし穴があったのです。利益の確保がdけいる患者がいて、設備が整っているのですが、肝心の医師の確保が出来なくなったのです。

研修医制度の導入や地方医師の不足が(医)平野同仁会を直撃しての今回の倒産となったのです。病院建設費用や機器の導入を金融機関の借り入れに頼っていた(医)平野同仁会では資金繰りに窮して今回の倒産となったのです。

ただし、今後は東京都港区の潟Lャピタルメディカの支援を受けて(医)平野同仁会の再建を予定しています。

時代遅れになった蒲Y鶏社の倒産・破産

倒産速報です。東京都新宿区で出版業を行っていた蒲Y鶏社が倒産しました。破産の予定です。負債総額は12億円です。

蒲Y鶏社は昭和20年に創業された老舗の出版会社でした。蒲Y鶏社では刺繍や編み物に関する書籍の出版に特化して、刺繍や編み物をされる方には知名度が非常に高い会社であり、蒲Y鶏社の出版する刺繍や編み物の書籍は良く売れていました。蒲Y鶏社でのピーク時には年商が40億円もあった優良企業、優良出版会社だったのです。

また、昭和27年には作家としてあるいは脚本家として人気のあった向田邦子さんが在職していた会社として蒲Y鶏社は一時有名になったこともある、エピソードに事欠かない会社だったのです。

しかし、刺繍や編み物をする人が減るという時代背景もあったり、出版業界全体が売上不振に陥ったりして、蒲Y鶏社でも売上が次第に減少し、ピーク時の半分以下になる年商20億円程度にまで落ち込んでいました。

蒲Y鶏社ではなんとか窮地を脱しようと、新しい刺繍や編み物に関する出版物をと考えてみたり、手芸以外の雑誌も出版してみましたが思うように売上を伸ばすことが出来ませんでした。

結局は資金繰りに窮しての蒲Y鶏社は破産の道を選らんだのですね。

確かに昔は高校生あるいは中学生も編み物や刺繍を楽しむ女性がいて、家庭に入ってからも趣味として編み物や刺繍を続ける女性が多くいましたよね。ところが、生活環境が大きく変わってきて、編み物や刺繍だけでなく、ミシンを使ったり、針を使って家事をすることがほとんどなくなってきていますよね。

このような時代の変化に蒲Y鶏社はついていくことが出来なかったのですよね。一言で言えば時代遅れの出版会社になってしまったわけですが、他の業種や業界にも同じことが言えるのではないでしょうか。

時代の流れをしっかりと読んで、倒産することがないようにしましょう。蒲Y鶏社の倒産は非常に参考になるものだと思われます。

人間としてやってはならないことをやった草苑学園

倒産速報です。東京都豊島区で「草苑保育専門学校」や「草苑幼稚園」を経営していた学校法人草苑学園が倒産しました。民事再生の予定です。負債総額は8億5千万円です。

学校法人草苑学園は昭和29年にキリスト教系の専門学校として設立され、幼稚園の教員や保育園の保育士を養成する「草苑保育専門学校」として文部科学省から短大に準ずる教育機関としての認可を受けています。1985年には厚生大臣から保母育成の専門学校として「幼稚園教諭二種免許状」「保育士証明書」「専門士」「保育専門士」の資格を取得できる専門学校としてそれなりの評価を受けていました。

学校法人草苑学園での収入としては2004年には2億5200万円になっていました。

しかし、少子化の影響を受け専門学校への入学者が減少し、過大な有利子負債を抱えていた学校法人草苑学園では、2006年には豊島税務署から不動産の差し押さえを受けたりしていたのです。

しかし2009年度の生徒募集も行い、合格者を発表し、入学金や授業料を受け取ったまま学校法人草苑学園の関係者はどこかに雲がくれてしてしまっているのです。

このようなことが起きてはならないのですね。学校法人草苑学園の草苑専門学校に通っていた人やこれから入学しようとしていた人にとっては人生を狂わされたようなものですからね。

人間としてしてはならないことをやってしまったとしか言いようがないですね。学校法人草苑学園の関係者は隠れていないで、出てきて被害を受けた人達に謝罪をしてもらいたいものですね。

今年最大の倒産です。ゴルフ場経営の小木津産業 

倒産速報です。今年最大の倒産が起こりました。茨城県日立市でゴルフ場経営を行っていた小木津産業が倒産しました。特別清算の予定です。負債総額は238億円です。

小木津産業の負債総額の中にはゴルフ場の預託金95億円が含まれていますので、かなり多くの人に影響があると考えられますね。

1988年に創業した小木津産業のゴルフ場「ザ・オーシャンクラブ」は設立当初からつまずきのスタートだったのです。小木津産業がゴルフ場を作る計画を立てたのがバブルの真っ最中で、資金計画もバブル経済を中心に考えられていたのですね。ところが、実際に小木津産業のゴルフ場がオープンしたのはバブル崩壊後となってしまい、ザ・オーシャンクラブの会員が思うように集まらず小木津産業はオープンから資金繰りには困っていました。

小木津産業が経営するザ・オーシャンクラブの売上は悲惨なもので、2008年の売上は3億5400万円だったのです。

バブル崩壊後には、さらなる不況が続き小木津産業の経営が改善されることなく、今回の倒産となったものですが、あまりにも小木津産業の事業計画が不透明な材料を使っていたことが明らかに読み取れますね。

バブルの最中に計画を立てて事業を起こしたり、バブル景気に酔ってしまい自分の事業と全く関係のない不動産などに投資をしたりしての倒産は本当に山ほどありますね。

この不景気な時にじっくりと腰を据えて事業計画を立てることは、非常に有効かも知れませんね。

多角化で失敗したと思える福岡鰹シ尾土木の倒産

中小企業の倒産速報です。福岡県福岡市博多区で土木工事と運送業を行っていた鰹シ尾土木が2009年3月26日に倒産しましたね。破産手続きの最中だとのことです。負債総額は4億円と報道されています。

鰹シ尾土木は1955年に鰹シ尾トラックという名前で創業された自動車の整備工場でした。鰹シ尾土木では順調に経営が進み鰹ャ松製作所と1969年にはディーラー契約を結ぶなど資本金も増資して、1991年には不動産賃貸事業にも進出しています。

2004年には産業廃棄物処分業にも進出して時代の流れを読んで、次々と経営内容を拡大していったのですね。2008年の売上は14億円でしたから、負債総額の4億円は非常に少ない金額のように思われますね。

おそらく今後さらに負債が大きくなることは間違いないでしょうね。時代を先取りして次々と経営を多角化していった鰹シ尾土木ですが、どこに大きな問題があったのでしょうか?

鰹シ尾土木を見てきたわけではないので一概に言えませんが、事業を多角化すると社長一人の能力ではすべてをカバーすることが難しくなってきますね。

鰹シ尾土木のように事業を多角化するときには人材を育てておくか、他からヘッドハンティングでもして多角化した事業を100%任せることの出来る人材を確保しておく必要があります。

あれでも儲けたい、これでも儲けたいと思う気持ちはよく理解できますが、確実に儲かるシステムを作り上げておくか、しばらくは赤字が続いても資金をつぎ込むことが出来る体制作りが必要になってくることを考えておいてください。

1831年創業の老舗旅館「つたや長兵衛」が自己破産

倒産速報です。山形県鶴岡市の温泉旅館として老舗旅館「つたや長兵衛」の轄ヨ長が倒産しました。破産の予定です。負債総額は13億円です。

山形県鶴岡市湯温海(ゆあつみ)の老舗旅館「つたや長兵衛」は1831年の創業といわれ、2009年3月31日で営業を停止していました。

平成5年には5億5900万円の売上がありましたが、2004年の4月と7月には集団食中毒を起こしたり、北陸地方での地震の発生により売上が低迷し平成20年には売上が2億7800万円にまで落ち込み苦しい経営を強いられていました。

老舗旅館「つたや長兵衛」は1980年に法人化、1997年には全面的にリニューアルをして料理や企画などに積極的に取り組み、1998年には老舗旅館「つたや長兵衛」の山庭中腹に露天風呂を新しく作って風情のある露天風呂として宿泊客には好評でしたね。

老舗旅館「つたや長兵衛」の大浴場については次のように老舗旅館「つたや長兵衛」自身が説明をしています。

男女風呂とも庭園に面した全面ガラス張りで、開放感抜群。日頃の疲れを温かい湯が優しく包みこんでくれます。露天風呂「観月の湯」は里山の再生を目指し整備した山庭の中腹にあり、山庭散策をしながら楽しめる絶景の場所にあります。森林浴と温泉浴を同時にお楽しみください。また、夜には日中の喧噪を離れ、月明かりの下での月見風呂はきっと見も心もときほぐしてくれるでしょう。

老舗旅館「つたや長兵衛」はお風呂も素晴らしいですが、客室は落ち着きがあり、食事もいろいろなプランを準備されていまして旅行の楽しみを与えてもらえる温泉旅館でしたね。

何とか再建して欲しい樺沢ヴィレッジのリゾート施設

倒産速報です。群馬県吾妻郡草津町でリゾート施設経営を行っていた樺沢ヴィレッジが倒産しました。民事再生を予定しています。負債総額は168億円です。

大型倒産ですね。しかも群馬県吾妻郡草津町という人口7000人程度の町で起こった倒産としては非常に珍しいケースですよね。樺沢ヴィレッジは昭和42年に創業したリゾート施設経営会社で草津温泉ベルツの森33万平方メートルに会員制リゾート施設「中沢ヴィレッジ」と核として、温泉やプールが楽しめる「テルメテルメ」、「森のゴルフ場」(冬場には「森のスキー場」)等を経営していました。

樺沢ヴィレッジでは平成20年に創業40周年を迎え、バブル期には樺沢ヴィレッジの売上は40億円に達していたのです。しかし、バブル崩壊後は利用客が減少して減収・減益となり、樺沢ヴィレッジの創業40周年目の売上は27億円で大幅な赤字になっていまいした。

樺沢ヴィレッジでは過大な設備投資による借入金の負担が大きく苦しい資金繰りを強いられていました。そこで今回の民事再生の申請という倒産に至ったのですね。

それにしても樺沢ヴィレッジの倒産は地域経済に与える影響は非常に大きいでしょうね。人口7000人程度の町で従業員を160名も抱えていたのですから、家計は当然ですが地域経済や行政の収入にも大きな影響が出ることは確実で、民事再生は順調に進んで樺沢ヴィレッジが再開されると良いですよね。

今後も樺沢ヴィレッジの再建について見守って行きたいと思っています。

業種変換が出来ない業種の倒産! 草苑学園

倒産速報です。東京都豊島区の「草苑保育専門学校」などを経営していた「学校法人草苑学園」が倒産法を申請しました。負債総額は8億5000万円です。

草苑学園は1954年(昭和29年)に創業、1957年2月に法人化した専門学校経営業者で、「草苑保育専門学校」 「草苑幼稚園」の経営を手がけて2004年3月期には年間売上高2億5000万円の計上していました。

しかし、少子化の影響で草苑保育専門学校に入学する生徒数が減少して、経営が悪化。2006年11月には税務署に不動産を差し押さえられる事態に陥り、草苑学園の対外信用が失墜していました。

2006年に草苑学園が不動産と差し押さえさられた時からよく経営を続けてこられたものですね。恐らく新しいスポンサーを探していたのでしょうが、草苑学園のような専門学校に限らずすべての幼稚園・保育園から始まって私立の小学校・中学校・高校さらには私立大学までにわたっていつ倒産しても不思議ではないような状況ですよね。

一度始めた事業を業種転換して経営危機を乗り切る方法もあるのですが、草苑学園のように学校法人では業種や業態の変更ができませんよね。

草苑学園のように学校を経営している人も、また草苑学園のような学校法人に入学しようと思っている人は、経営内容をよく知ってから受験するべきか否かを決める必要が出てきた新しい時代の変化だといえるでしょうね。

草苑学園のように業種の変換が出来づらい業種の方は時代の流れに敏感になっていてくださいね。

幸せな人生を実現させる方法 斎藤一人出来事 事故|事件|政治|経済 絵画 洋画家一覧ビジネスの成功法則幸福に生きるヒント中高年の転職理由冠婚葬祭マナー事典 夫の不倫・浮気から離婚まで結婚式マナー 祝儀袋のマナー豊胸の芸能人 こだわりの楽天アイテム youtube ユーチューブ爆笑お笑い動画 節約主婦のための通販カタログ 心に響く贈る言葉人気のウォーキングシューズ 健康|美容夫婦生活 夜|営み|マンネリ 倒産速報 明日はわが身楽しい通販生活 口コミランキングニコニコ動画 無料音楽ダウンロード ネットビジネス初心者の成功法則社会人のための自己啓発 コサージュの作り方禁煙 外来|セラピー|失敗カリスマ主婦の節約レシピフリーターの問題点と脱フリーター対策アスパラガスの育て方ミニトマトの育て方自己破産のメリットとデメリットアトピーに効く入浴剤と温泉倒産速報 中小企業が考えるべきこと倒産速報 中小企業が生き残る道脳貧血 原因|症状|予防生活保護 条件|申請|金額|加算中古マンションの購入 選び方|注意点公務員 給料|手当|退職金人工透析 費用|シャント|食事紫外線アレルギー 症状|対策|防止|治療末期がん 予防|症状|治療花言葉 花言葉を贈る育毛剤人気ランキング 口コミ|評価|効果突発性発疹 原因|症状|予防|感染安眠グッズ 枕|寝具|香り|音楽 かわいいチューリップの育て方 観葉植物の育て方と種類ゴーヤの育て方 野菜の王様 坐骨神経痛 原因|予防|症状|治療 お墓のはなし 墓|墓石|供養|墓参り仏壇と仏具 供養|価格|処分咳 咳が止まらない メタボリックシンドローム 予防|食事|運動オール電化住宅のメリットとデメリットを考える子宮が痛い! 筋腫 | 頸がん|脱|がん検診胡蝶蘭の育て方と手入れ法 ニトリの家具を通販で腰痛予防対策無料講座 私がうつ病を治したたった3つの方法気管支喘息が自分でも治せる治療法中小建設業が不況の中で生き残る方法今よりももっと良くなる!夫婦円満の秘訣ハゲを克服する正しい知識で発毛を岩盤浴マットで健康になろう ブランド時計のランキング 口臭 原因と予防と対策二重まぶたを整形で作る方法 成功|失敗後悔しない幸せ離婚の方法 相談|調停|慰謝料パニック障害改善プログラム 症状|原因|治療産後ダイエット&簡単ダイエットまとめサイトペースメーカー 心臓|不整脈|管理

まだまだ続くゴルフ場の倒産 葛椈a

倒産速報です。愛知県豊田市でゴルフ場を経営していた葛椈aが倒産しました。民事再生を申請しています。負債総額は92億円です。

葛椈aは戦前に航空機部品を製造する会社として創業されました。戦後になって繊維機械の製造へと葛椈aは業種の転換をはかり昭和26年に葛椈a機械製作所として法人化されています。

平成元年に186億円を投資して「京和カントリー倶楽部」としてゴルフ場の経営に進出しました。自動車メーカーや関連会社が数多く集まる愛知県豊田市近隣の企業に支えられて順調に葛椈aはゴルフ場経営を行っていました。

しかし、バブル崩壊をを受けて葛椈aが経営するゴルフ場の来場者が減少し、平成15年ごろには繊維事業から完全に撤退をして、葛椈aはゴルフ場経営に専念することになったのです。

葛椈aでは売上や利益の減少に対して資産の売却や経営の合理化で何とか持ちこたえていましたが、2008年秋のリーマンショック以降トヨタ本体の赤字への転落、自動車の減産という事態が起こり、トヨタの下請け企業も売上の減少、受注の激減となりゴルフ場への利用客は葛椈aだけでなく、激減してしまったのです。

葛椈aではゴルフ場の預託金返還の目処がまったく立たなくなったために、今回の民事再生への道を選び倒産となったわけです。

このゴルフ場の倒産は平成20年だけで28ケ所あったのです。ゴルフ場を経営する会社が倒産した時にはゴルフ場会員権や預託金はほとんど価値がセロになると覚悟をしておいてくださいね。

H20.12.24 中山道ゴルフ倶楽部(岐阜県) 民事再生法
H20.12.16 東千葉カントリー倶楽部(千葉県) 会社更生法
H20.12.04 笹平カントリー倶楽部(岐阜県) 民事再生法
H20.12.04 山岡カントリークラブ(岐阜県) 民事再生法
H20.11.14 城山カントリー倶楽部(栃木県) 民事再生法
H20.10.14 ミッションヒルズカントリークラブ(埼玉県) 民事再生法
H20.09.16 大分サニーヒルゴルフ場(大分県) 民事再生法
H20.09.16 阿蘇大津ゴルフクラブ(熊本県) 民事再生法
H20.09.02 クラウンカントリークラブ(岐阜県) 民事再生法
H20.09.01 ロイヤルメドウゴルフクラブ(栃木県) 民事再生法
H20.08.08 千代田ゴルフ倶楽部(広島県) 民事再生法
H20.07.28 井原ゴルフ倶楽部(岡山県) 民事再生法
H20.07.18 サンヒルズカントリークラブ(栃木県) 民事再生法
H20.07.16 恵那峡カントリークラブ(岐阜県) 会社更生法
H20.06.25 鷹ゴルフ倶楽部(栃木県) 民事再生法
H20.06.19 茨城パシフィックカントリー倶楽部(茨城県) 民事再生法
H20.05.30 木曽カントリー倶楽部(長野県) 民事再生法
H20.05.23 武雄嬉野カントリークラブ(佐賀県) 民事再生法
H20.04.24 センチュリー吉川ゴルフ倶楽部(兵庫県) 民事再生法
H20.04.24 センチュリー三木ゴルフ倶楽部(兵庫県) 民事再生法
H20.04.03 信州駒ヶ根カントリークラブ(長野県) 破産宣告
H20.03.17 大津カントリークラブ(滋賀県) 会社更生法
H20.03.17 グランクリュゴルフクラブ(北海道) 民事再生法
H20.02.13 J&Pゴルフクラブ(奈良県) 会社更生法
H20.02.04 紫塚カントリー倶楽部(栃木県) 民事再生法
H20.01.31 鹿児島シーサイドカントリー倶楽部(鹿児島県) 民事再生法
H20.01.21 東千葉カントリー倶楽部(千葉県) 民事再生法
H20.01.15 武蔵富士カントリー倶楽部(埼玉県) 民事再生法

無理な経営方針が業績を悪化させたユーリーグ鰍フ倒産

倒産速報です。東京都新宿区で出版・通信販売を行っていたユーリーグ鰍ェ倒産しました。民事再生の申し立てをしています。負債総額は70億円です。

ユーリーグ鰍ナは50歳以上の女性をターゲットにした情報誌「いきいき」や、情報誌によるオリジナル商品の通信販売を行うとともに、積極的にテレビ広告を行い平成19年には166億円の売上がありました。

しかし、その後はユーリーグ鰍フ売上は低迷し、平成19年以降は支払いの遅延が発生、平成19年12月には一部取引銀行が債権をノンバンクに譲渡したり、平成20年には通販の商品在庫を対象にした動産譲渡登記、債権譲渡登記などが起こり完全に信用不安が広がっていました。

順調に売上を伸ばしていた中で、2007年に導入した会計システムに不具合が起こり、請求書の発行が出来ず、一部には請求の遅れが発生するという事態が起きたのです。このユーリーグ鰍フ会計システムの不具合は消費者からも取引先からも不安視されるこことなったのです。

平成20年から業務提携をしていたジャスダック上場の潟Wー・モードから借りていた15億円の返済が出来ず、潟Wー・モードが融資資金の回収を一気に進めたため資金繰りが完全に行き詰まっていまったのです。

ユーリーグ鰍ナはスポンサーを探していましたが、不調に終わり3月26日の決済が出来ず、3月31日にも決済できなかったための倒産となったのです。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。