介護サービス業界に多い潟Vルバーリボンの倒産

倒産速報です。北海道札幌市中央区で介護サービスを行っていた潟Vルバーリボン(竹内晴子社長)が倒産しました。自己破産の予定です。負債総額は2億5,500万円です。

潟Vルバーリボンは2005年に設立された在宅介護サービス事業を行う会社でした。札幌市・北見市・横浜市などで計5ケ所のグループホームを経営していました。

2007年には財政破綻した北海道夕張市から「ユーパロの湯」と「虹ケ丘パークゴルフ場」の管理運営を請負、2008年には4億円の売上がありました。

しかし、急激な在宅介護サービス事業の拡大が裏目となり資金繰りが悪化したことと、夕張市のユーパロの湯が赤字を出し続けて潟Vルバーリボンの業績は悪化する一方でした。

潟Vルバーリボンでは2008年11月に「ユーパロの湯」と「虹ケ丘ゴルフパーク場」の運営を返上して、経営改善に取り組みましたが、資金繰りに行き詰って倒産となったものです。なお、潟Vルバーリボンが運営していましたグループホームは既に別の業者譲渡されています。

少子高齢化社会を迎えて、世の中のためになる事業だと思って参入した介護サービスですが、非常に経営が苦しい業種になっていますね。さらに介護サービスに従事する人も少なくなったり、定着して仕事を続けてくれる人が非常に少ないのですね。

どこに問題があるのでしょうか。政府が悪い、厚生労働省が悪いといっても今の時点ではスグには解決できないですよね。

福祉介護業界の有資格者が独立し年収1000万円を得るためのマニュアルといような方法もあるのです。

介護サービスも直球勝負の経営だけでなく、様々な柔軟な経営戦略を持って事業を展開して欲しいですね。




競争に負けるのは全て自己責任です!潟純塔fィ・スパの倒産から

倒産速報です。北海道札幌市の温泉施設運営を行っていた潟純塔fィ・スパ(中村恵一社長)が倒産しました。第三者破産を4月13日に行っていて破産手続きが決定したものです。負債総額は22億1,000万円です。

潟純塔fィ・スパは2000年に創業した温泉施設の経営業者で、2001年に北海道内大手の美容業者ソフィア中村のスパ・サウナ部門であるエスポのサウナを引き継いでいたのです。

潟純塔fィ・スパでは入浴施設「ワンディ・スパ西の里店」と「サッポロファクトリー店」を相次いでオープンさせて、2003年には16億円の売上を計上していました。

しかし、景気の悪化と共に潟純塔fィ・スパへの来場客が減少し、さらに他社との競争も激化して、業績は低迷していました。2008年には8億6,000万円にまで売上が落ち込み、赤字を計上するとともに債務超過に陥っていました。

潟純塔fィ・スパでは、入浴施設の賃料に未払いがあるとして、債権者が2009年4月13日に第三者破産を申請していたものです。

潟純塔fィ・スパに限らず、あるいはサービス業に限らず競争は必ずあるものです。しかし、競争が新しいビジネスチャンスを生み出すことも決して少なくありません。

正しい姿勢で経営を行うことによって、適正な利潤を得ることができるような経営体質にすることが経営者の最も重要な課題なのですね。

売上の競争は当然起こりますし、比較的簡単に他社との競争が見えますが、経費や利益についえたは意識をして競争をしている企業は非常に少ないのではないでしょうか。

最終的には企業は利益で競争するべきなのです。そのためには売上と経費をしっかりと把握して適切な判断を行う必要があります。

特に経費には意外と無頓着な経営者が多いかのように思えます。利益に結びつく「攻め」のコスト大幅削減マニュアルを使ってぜひ健全な企業経営を行い、倒産することがないようにしてください。

⇒⇒利益に結びつく「攻め」のコスト大幅削減マニュアル

----------------------
編集後記
ダイエットを始めて数年たちますが、ほんの少しづつですが効果が出てきているようです。

ダイエットの方法としては腹八分の食事と、40分程度のウォーキングを行っています。

そのウォーキングの時にサウナスーツを着用すると効果が大きいようですね。

⇒⇒楽天でのサウナスーツ人気ランキング



女性が美しく健康にダイエットできる簡単な成功方法

会社のモチベーション低下によって倒産した潟宴塔hマーク

倒産速報です。岡山県真庭市にあるゴルフ場経営を行っていた潟宴塔hマーク(代表者:伊藤史朗)が倒産しました。民事再生の予定です。負債総額は160億円です。

潟宴塔hマークは昭和58年に創業したゴルフ場の経営業者でした。設立当初は(有)三栄の商号で不動産事業を行っていました。昭和63年ごろからゴルフ場開発を企画して、平成元年に現在の商号に変更しています。

潟宴塔hマークでは平成2年にランドマークゴルフ倶楽部を仮オープン、平成6年に正式にオープンしていました。

潟宴塔hマークが経営するランドマークゴルフ倶楽部は18ホールの丘陵コースで、ティグランドからグリーンまでが見通せる開放感にあふれたコースで人気の高いコースでした。

潟宴塔hマークのゴルフ場は岡山県の山間部にありながら、中国自動車道落合インターから12kmの場所に位置して、交通アクセスが非常によく、岡山県内だけでなく、関西方面からもゴルファーが訪れて、潟宴塔hマークの会員数は1,200名になっていました。

潟宴塔hマークではゴルフ場以外にも結婚式場やバッティングドームを運営するなど事業を拡大して、平成10年には12億円の売上がありました。

しかし、景気の悪化に伴い集客力が低下して、潟宴塔hマークの本業であるゴルフ場以外の事業については営業譲渡を行ったりして経営の合理化を進めていました。でも、売上が回復する兆しはなく平成20年の売上は2億円程度にまで落ち込んでいました。

潟宴塔hマークでは平成22年には預託金65億円のうち30億円の償還期限が控えていて、資金の手当てが出来ないことから自力再建を断念したものです。

完全な不況型の倒産ですが、それにしても売上の減少がひどすぎますね。潟宴塔hマークの会社全体のモチベーションが相当低下していたのではないでしょうか。

-----------------------
編集後記
潟宴塔hマークにはいくら資金があってもいづれは倒産していたような気がします。

ランドマークゴル倶楽部が正式オープンして15年足らずで倒産したのですから、預託金を食いつぶしたと言っても過言ではないように思えますね。



滅茶苦茶な粉飾決算を行っていたアリサカ

倒産速報です。宮崎県宮崎氏でゲームセンターなどを経営していたジャスダック上場のアリサカ(有坂順三社長)が倒産しました。会社更生法を申請しています。負債総額は135億円で、金融機関の負債が128億円、一般負債が7億円といわれています。

アリサカは昭和51年に創業したゲームセンター、ボーリング場やスーパー銭湯を経営するアミューズメント施設を運営する会社でした。宮崎県内に10店舗をはじめ九州や関東地方に出店して店舗数は42になっていました。

2007年のアリサカの売上は99億1400万円で、利益が4億4000万円となっていますが、どこまで信用できるかは不明ですね。

アリサカでは2003年から粉飾決算を繰り返し、資金繰りに窮したアリサカでは同じ契約を結ぶ多重リースで5億円を不正に資金調達していたことが判明しています。

アリサカでは2002年のジャスダック上場以来利益を多く見せるために減価償却費を過少計上、伝票操作によって販売管理費も過少計上し、さらに棚卸資産を過大評価して報告していました。

さらにゲーム機のリース会社から振り込まれた別資金を売上を架空計上も行っていたものです。

アリサカに限らず粉飾決算は企業が破綻する第一歩でしょうね。それも急速に倒産への道を歩みだしたと言えるものですね。粉飾決算をするために多くの時間と知恵を使う必要があって、正常な企業活動が出来なくなってしまいますね。

さらに粉飾決算を何年も続けていると何が粉飾で、何が正常な数字であるのかが把握できなくなってしまうのです。

もしあなたの会社が赤字になったり、倒産の恐れが出てきたときでも粉飾決算などをせずに、常に正常な記帳を行い、正しい判断のが出来るようにしてください。 利益に結びつく「攻め」のコスト大幅削減マニュアルで企業をぜひ立ち直してください。

-------------------
編集後記
楽天がネットショップの成功方法を無料で配布しています。ネットビジネスに限らずビジネス全般に参考になる資料が実名で掲載されていますのでかなり参考になるのではないでしょうか。

成功店舗が続々!楽天市場が成功店舗の秘訣を公開!詳細はこちら


農水省、総務省、経済産業省の所管団体の倒産

倒産速報です。東京都豊島区で情報システムの経営を行っていた(社)日本農村情報システム協会(代表者:大池裕)が倒産しました。破産の予定です。負債総額は13億円です。

(社)日本農村情報システム協会は昭和50年に全国の農村等の多元情報システムを普及させる事を目的にして、農林水産省、総務省、経済産業省の3省が所管して設立された社団法人でした。

(社)日本農村情報システム協会では減収によって倒産したと言っていますが、平成20年の売上は16億8,000万円でした。しかし、(社)日本農村情報システム協会では不正支出が長年にわたって行われていて総額では6億円になっていることが判明し、3省から業務改善命令が出されていました。

(社)日本農村情報システム協会では市町村から防災無線の設計を請負、大半は(社)日本農村情報システム協会副会長が理事長を兼務していた任意団体「情報システム技術会議」に委託されていたのですね。情報システム技術会議では平成15年ごろから、市町村との契約額を上回る費用を(社)日本農村情報システム協会に請求して、(社)日本農村情報システム協会ではそのまま支払いを行い4億円程度を(社)日本農村情報システム協会の基金財産から取り崩して支払いを行っていました。

平成21年には6億5,600万円の債務超過になり、資金繰りにメドが立たなくなっての倒産です。

(社)日本農村情報システム協会では破産することによって誰も責任をとらずに済むわけで、全てのツケは税金によって支払われるわけですからちょっと許せないですね。

先日も社団法人時事画報社の倒産があったばかりで、今後は政府所管の財団法人や社団法人の倒産が起きる可能性は高いのではないでしょうか。

--------------------
編集後記
最近は肥満気味でスタイルも悪くなっています。スタイルはあまり気になりませんが、動きが悪くなっているので愛妻と一緒にダイエットをしようと決心したのですね。

そこでダイエットについて調べていましたらたくさんの方法があるのですね。

女性が美しく健康にダイエットできる簡単な成功方法というタイトルで記事にしています。

これからゆっくりとダイエットについて私が調べてものを紹介していきます。


人材育成に手抜かりがあった潟Aプレシオの倒産

倒産速報です。東京都港区で複合カフェを経営していた潟Aプレシオ(代表者:久國清直)が倒産しました。民事再生を予定しています。現在判明している負債総額は22億円です。

潟Aプレシオは平成12年に創業した複合カフェ経営会社でした。「アプレシオ」や「I LOVE 遊」の店名でインターネット、コミック、ゲームやカラオケなどのあらゆる娯楽を網羅した複合カフェを経営していたのです。潟Aプレシオでは積極的な出店を行い、北海道から沖縄まで全国に店舗を作り、平成17年には名証セントレックスに上場し、平成19年には35億円の売上がありました。

潟Aプレシオでは新しい展開としてブランド価値を高める店舗を銀座、目黒、軽井沢などに展開しましたが思うように収益を上げることができなかったのです。

平成19年には売上が29億円にまで落ち込み、3期連続の赤字になったのです。平成20年9月には債務超過に陥っていました。

潟Aプレシオでは新規出店の設備投資を金融機関からの借り入れに頼っていたために資金繰りは苦しく、不採算店舗の閉鎖や従業員の解雇などのリストラを行い、経営陣も一新していたのです。

しかし、潟Aプレシオの経営好転を望むことが出来なくなって今回の倒産となったものです。

潟Aプレシオの経営全体を見回してみますと、無理な店舗展開が第一に上げられますね。店舗展開に対するノウハウや人材が不足していたと考えられますね。

倒産の最後に問題となるのは決してお金ではなく人なのですね。経営に明るく営業にも強い人がいれば決して倒産することはないでしょうね。

トップセールス育成ツール『大坪式7メソッド』

本当のトップセールスアマンとは売上を増やしてくれるだけでなく、利益を確保してくれる人を言うのです。人材育成は企業にとって一番大切なことなのですが、意外と抜かっている人が多いようです。

根性とか努力だけで頑張れでは人は動かないのですね。具体的にセールスの方向性を示してあげてください。

-------------------
編集後記
前回は斎藤一人さんの本を紹介しましたがこちらの本も非常に多くの経営者が愛読している本ですね。

小林正観さんの幸せになれる本も絶対にお薦めです。

結局は何をどのように考えるかで経営は大きく変わってくるのです。



不景気の影響で倒産した鞄圏z印刷所から学ぶこと

倒産速報です。東京都新宿区で印刷業を行っていた鞄圏z印刷所(代表者:數佐昭)が倒産しました。今後については弁護士に一任しています。負債総額は56億円です。

鞄圏z印刷所は昭和25年に創業した印刷会社で従業員180名を雇用して、輸入用缶詰ラベル印刷を主な業務としていました。鞄圏z印刷所では大手製紙メーカーから出資を受けて、製紙メーカーや広告代理店などへも取引先を拡大していました。

平成3年には埼玉県川越市にオフセット輪転工場を新設して、平成16年には85億円の売上がありましたが、平成20年には59億円にまで落ち込んでいました。

不景気によって商品が売れなくなり、商品に付随している印刷業での倒産ですが、景気悪化の影響はどんどんとあらゆる業種に及んでいるようですね。

企業がチラシを減したり、豪華なパンフレットを作っていたものを普通のパンフレットに変更してみたり、パンフレットそのものを廃止したりと経費削減を行っているのですよね。

そこでこの不景気を乗り気にはどのような手を打てば良いのか、あなた自身で考えるしか方法はありませんが、そのヒントとなるものはたくさん書籍やCD・DVDなどになって販売さえれてます。

今後、世の中はどのようになって行くかをあなた自身で学び、そして知恵を出して必ず生き残ってください。

必ず道はあるはずですし、もし道がなければあなた自身で道を切り開いていく覚悟が必要なのではないでしょうか。

-----------------
編集後記
イトーヨーカドーでも売上が悪くなっていますが、ネット販売は好調のようです。

今、一番人気のある経営戦略は最大効果最大効率のダイレクトマーケティングではないでしょうか。

業種業態に関係なく今後は大きく伸びる分野であることは間違いないでしょね。



女性が美しく健康的にダイエット 簡単成功方法

親会社の倒産によって資金調達に困って倒産したゴルフ場

倒産速報です。兵庫県加東市でゴルフ場を経営していた日本グリーン開発梶i代表者:山田公一)が倒産しました。民事再生の予定です。負債総額は60億円です。

日本グリーン開発鰍ヘ昭和47年に三和実業(大阪府東大阪市、商業印刷業、2009年4月破産)と大手ミシンメーカーの2社の共同出資で設立されました。日本グリーン開発鰍ェ運営するグリーンエースクラブは中国自動車道ひょうご東条インターから近く、丘陵コースで初心者から上級者まで楽しめるコースとして人気がありました。

日本グリーン開発鰍ナは営業を強化して近畿圏だけでなく名古屋や東京などでも法人会員を獲得していました。日本グリーン開発鰍フ営業活動や宣伝広告によって2008年の売上は増収して6億7000万円になっていました。

どこものゴルフ場が売上を落とす中で日本グリーン開発鰍ヘ頑張っていましたが、預託金43億円の償還が大きな負担になっていたのですね。ゴルフ会員権預託金については分割償還を行っていましたが、2009年になって償還停止を債権者に対して要請したことで一気に信用不安が起こったのです。

日本グリーン開発鰍ナは倒産は全く考えていませんでしたが、三和実業の倒産によって、資金調達が出来なくなり倒産の道を選んだものです。

経営を見直す手段としては 利益に結びつく「攻め」のコスト大幅削減マニュアルがあります。

明日はわが身と思って、手を打つことの出来るときに正しい方法を身に付けて倒産を回避して、健全な経営に立て直してください

1807年創業の由緒ある老舗旅館山下家の倒産

倒産速報です。石川県加賀市山代温泉で旅館経営を行っていた且R下家(山下治代表)が倒産しました。民事再生の予定です。負債総額は35億円です。

且R下家は1807年(文化4年)の創業で、1963年に法人化した老舗旅館で、加賀藩主の湯治場でもあったという由緒ある旅館でした。且R下家では1979年から大規模な設備投資を繰り返し、大型露天風呂を作るなど、収容人数700名の大規模高級旅館となり、且R下家では団体客を中心に積極的な営業活動を行って、1994年には29億4000万円の売上がありました。また、先代社長は加賀市長をしたほどの実力者でした。

しかし、バブル崩壊とともに宿泊客は激減して、さらに客単価も低下して、業績回復のために2000年に天守閣露天風呂「あ・うん」を作りましたが、且R下家の売上に貢献することはほとんどありませんでした。且R下家では毎年赤字が続き累積赤字は18億円にもなっていました。

近年且R下家では奥殿など一部施設の閉鎖や従業員の削減を行って経営改善を図っていましたが、阪神大震災やロシアタンカーの座礁による日本海重油汚染などがあって、債務超過に陥り、債権者に所有不動産を差し押さえらるなど、苦しい経営を行っていましたね。

珍しい内閣府所管の社団法人の倒産

倒産速報です。東京都港区にある内閣府所管の社団法人で官公庁向発行の広報誌や各種刊行物の制作を行っていた社団法人時事画報社(村岡公裕理事長)が倒産しました。今後の処理については弁護士に一任しているとのことです。負債総額は3億2300万円です。

内閣府所管の社団法人でも倒産があるのですね。何となく信じられない話ですね。社団法人時事画報社は昭和36年に政府からの要請で作られた広報活動を行う社団法人だったのです。

社団法人時事画報社は内閣府が所管する社団法人として、国内外向けの政府広報誌や、各省庁の定期刊行物、ポスター、写真集などを制作し、最近ではインターネットを使ったHPの制作も行っていました。2003年には10億3900万円の売上はあったのです。

社団法人時事画報社では「平成20年版経済財政白書」や「平成20年版国民生活白書」など多くの定期刊行物を発行していました。

数年前までは社団法人時事画報社が一手に受注していた政府の刊行物についても国も経費削減が言われるようになって入札方式にシステムが変えられました。

社団法人時事画報社では政府の刊行物を受注するのに民間企業との価格競争をしなければならなくなったのです。社団法人時事画報社では今までのように簡単にしかも利益が確保出来るような価格で受注することが出来なくなって、売上は半減し、赤字が続いていました。

ここにきて資金繰りに窮しての倒産ですが、民間企業では当たり前に起こっていることですが、社団法人時事画報社が倒産するとは思ってもいませんでしたね。

でも、今後はこのようなケースが増えてくるのではないでしょうか。問題は社団法人の負債をどこが被るかですね。回り回って国民にツケがくるのではないでしょうか。

新しい時代に即した経営を見直す手段としては 利益に結びつく「攻め」のコスト大幅削減マニュアルがあります。

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。