ピークからたった1年で倒産した人材派遣の潟Aイゼックス・アルファ

倒産速報です。東京都渋谷区で人材派遣を行っていた潟Aイゼックス・アルファ(代表者:吉岡憲一)が倒産しました。自己破産の予定です。負債総額は9億6,000万円です。

潟Aイゼックス・アルファは、2004年(平成16年)11月に建設工事の請負および建設技術者のアウトソーシング事業を目的として設立された特定派遣業者。

以前は、物流センター、倉庫などロジスティック事業、製造業、スーパーなど流通事業向けの派遣も手がけていたが、他社への売却などにより、現在はコンストラクション事業本部(建築・土木等)を主体に研究開発事業部(研究開発、臨床開発等)などを手がけていた。

全国の主要都市に支店を設置、大手ゼネコンなどを得意先として、2006年3月期に約12億6,500万円だった年収入高は2008年3月期には約48億9,300万円にまで伸長していた。

しかし昨今の不況のなか、契約解除や労働時間の短縮、また派遣切りなど厳しい事業環境下において当社の業況も急速に悪化、月次ベースで欠損計上を余儀なくされていた。

この間に潟Aイゼックス・アルファでは2008年10月にはロジスティック事業本部を子会社へ事業譲渡。

また2009年2月には研究開発事業部の移管を目的として会社分割するほか、子会社の売却を進めるなどしていたが、急激な営業不振により子会社売却手続きが整わず資金繰りが限界に達したことで今回の申し立てとなった。

将来を見通すことは非常に難しいです。しかし、将来に備えることはそれなりの方法があります。

特に資金計画においては

利益に結びつく「攻め」のコスト大幅削減マニュアル

があり、経費の削減はいつの時代でも必要なものではないでしょうか。

--------------------------
編集後記
ちょっとショッキングな本の紹介です。

オバマ危険な正体

彗星のごとく現れ、アメリカ新大統領に予定どおり当選したバラク・オバマは、ウォール街金融勢力と、狂気のロシア嫌い外交家ブレジンスキーによって育成された「洗脳大統領」である。―日米のマスコミが身をすくませて報じないこの事実を、ベテラン調査記者が克明に報告。

なんか異常な人気ぶりに、お膳立てされたなにかを感じていたところ、唯一もう一方の側から書かれた本をみつけ、即購入しました。
ものごとは常に両面からしっかり見る必要があると思います。

積極的な経営と、無謀な経営は全く別 矢部自動車

倒産速報です。神奈川県藤沢市で自動車卸などを行っていた竃部自動車(代表者:矢部文雄)が倒産しました。事業を停止して自己破産の準備を行っています。負債総額は11億円です。

竃部自動車は1967年創業で、トラックなど商用車の業務用販売が主力。自社開発の特殊車両販売も手掛け、2004年8月期には15億円の年商を上げていた。その後は設備投資の冷え込みで売り上げが低迷し、資金繰りが悪化していた。

矢部自動車では通常の自動車会社と同様に車検や車の修理を行うとともに、業容を拡大しようと考えて訪問入浴車、軌道・陸上兼用車両や軽四輪移動式トイレ車などの特殊車両を積極的に展開していました。

しかし、特殊車両の製作には多額の設備投資が必要になります。神奈川県藤沢市という竃部自動場所で雪上車の販売を手がけていましたが、実績としてはどれほどあったのか疑問に思われますね。

積極的な経営と、無謀な経営は全く別の話なのですが、結果論から言いますと竃部自動場所では無謀な業容拡大策を行っていたとしか言いようがありません。

積極的な経営は当然必要ですが、無謀なことは絶対にしないでください。景気が悪化してくると、つい一攫千金のようなことを考えてしまいがちですが、一攫千金はまず有り得ないと考えるようにしましょう。

⇒そんな経理は会社を潰す

には堅実に経営を行う方法が具体的に書かれていますので、ぜひ参考にしてください。

設備投資の正しい判断が出来なかったまこまない共生クリニック

倒産速報です。北海道札幌市などで診療所を経営していた医療法人社団共生会(平井修二理事長)が、7月27日付で休診していたことが分かった。現在、事後処理を弁護士に一任している。、負債額は2008年8月時点で約3億4,500万円。

共生会は2003年に創業し、2005年7月に法人改組。その後、「まこまない共生クリニック」や「江別醫人館診療所」など、北海道内に4か所の診療所を開院し、医師チームによる24時間対応の在宅診療を札幌で初めてスタートさせた。
 
2008年8月期には、約2億7,500万円の年収入高を上げていたが、診療所の相次ぐ開設に伴う資金負担が引き金となり、債務超過に陥った。2009年1月には「さかえまち共生クリニック」を閉鎖。また、2009年5月には関連の医療法人共生会病院が民事再生法の適用を申請し、医療法人共生会病院への貸付金が不良債権化したことで、医療法人社団共生会財務内容の悪化に拍車が掛かった。

医療法人社団共生会の倒産には様々な要件があるでしょうが、経営を知らない医師が非常に多いことが問題ではないでしょうか。特に多いのが2代目の医師で、お金で医学部に進学して、ろくに勉強もせずに医師として父親のあとを継ぐケースですね。

完全に人間性の問題なのですが、本人が気づいていない場合が多いので、仕方がないでしょうね。倒産した方が世のためかもしれません。

しかし、多くの会社は毎日一生懸命になって働いているのに倒産に追い込まれるケースです。遠回りかも知れませんが、倒産を回避する方法として

「成功の9ステップ」オーディオコース 特別版

があります。必ず成功するとは言い切れませんが、真剣に取り組んでいただくと新しい道が開けることは間違いありません。


東京のど真ん中で患者が減少して倒産した医療法人祥潤会

倒産速報です。東京都大田区の木原呼吸器アレルギー科クリニック経営する医療法人社団祥潤会が倒産しました。自己破産が決定しています。負債総額は1億8,000万円です。

祥潤会は1989年2月に創業、2005年3月に法人化された病院経営業者で、東京都大田南千束で呼吸器科・アレルギー科・内科医院「木原呼吸器アレルギー科クリニック」(旧・木原病院)を経営して2008年2月期には年間売上高2億4,000万円を計上していました。

しかし、患者減少の影響から資金繰りが悪化。祥潤会では2008年2月に外来診察を停止して、2008年2月からは東京都大田区南千束の呼吸器科・アレルギー科・内科医院「千束呼吸器アレルギークリニック」が診療を引き継いでいました。

医療機関の倒産がゆっくりと始まっているようですね。一部の情報では医療機関の半分以上が赤字経営を強いられているようですから、今後医療機関の倒産は増えてくるでしょうね。

通常法人化された医療機関には経営に詳しい事務長がいるはずですが、この事務長もオーナーである医師や医師の奥さんの意見には逆らえないのが実情のようです。

私利私欲で医療機関の経営を行っていてはいつまでたっても経営改善は出来ないでしょうね。

医師も医療機関の事務長ももっと人間性を磨いて欲しいものですね。人間性を磨くには

「成功の9ステップ」オーディオコース 特別版

が一番ではないでしょうか。成功は一人では出来ないことを知って欲しいのです。通常の商売であれば、お客さんがお金を払ってくれるから経営が成り立つことを肝に銘じて欲しいものですね。

お金が入ると思って先にお金を使って倒産したムービーアイ・エンタテインメント

倒産速報です。東京都中央区で映画・ビデオ配給、制作、宣伝を行っていたムービーアイ・エンタテインメント鰍ェ倒産しました。自己破産を申請しています。負債総額は42億8,984万円です。

ムービーアイ・エンタテインメント鰍ヘ、2000年(平成12年)4月に設立された映画・ビデオ配給、制作、宣伝業者。従前は映画宣伝配給の受託を専門に手がけていたが、2003年頃から自社企画制作や映画配給も行うようになっていた。

「フィクサー」(2008年4月日本公開、アカデミー助演女優賞)など複数のアカデミー賞受賞作品の配給を行うなど実績を有し、2009年3月期には年収入高約27億8,500万円を計上していた。

ムービーアイ・エンタテインメント鰍ナは資金調達など財務体質の強化を図るべく2008年中の上場を目指して準備を進めていたが、日本経済の冷え込みに伴う株価低迷などにより当初予定していた資金調達が困難な見通しとなり上場を断念。

一方で、上場による資金調達を見越して作品の買い付けを行っていたことから先行する形で支出が増加、2008年秋からの金融不安の影響で金融機関からの資金調達も困難となり、資金繰りは急速に悪化していた。

このため、ムービーアイ・エンタテインメント鰍ナは経費削減のほか借り入れや増資、スポンサーによる救済などの対策を講じてきたものの奏功せず、取引先に対する支払いに支障を来していた。ビデオ販売収入において支払いの留保が発生し人件費の支払いが困難な状況となったことから、今回の措置となった。

ムービーアイ・エンタテインメント鰍フ資金繰りを見ていると馬鹿としか言いようがありませんね。

お金が入ると思って先に使ってしまっての倒産ですからね。完全に人間性に問題があるでしょうね。

「成功の9ステップ」オーディオコース 特別版

で必ず成功するとは言いませんが、少なくとも倒産は回避できるはずです。もう一度あなたの人生や仕事を見直してみてください。


債権者から破産の申請をされたナイタイ出版

倒産速報「です。東京都新宿区でナイタイスポーツという名称で芸能・スポーツ・風俗情報誌などを出版していたナイタイ出版梶i代表者:佐藤圭司)が倒産しました。債権者より破産を申し立てられ、破産手続き開始決定受けています。負債総額は20億9,100万円です。
負債20億9100万円

ナイタイ出版鰍ヘ、1988年(昭和63年)2月に設立された出版会社(株)ナイタイ(新宿区)の営業部門を引き継ぎ2001年(平成13年)3月に設立。芸能・スポーツ・風俗情報を掲載した「ナイタイスポーツ」(月2回)、月刊「ナイタイマガジン」などの発行のほか、同情報を配信するインターネットサイト「ナイタイネット」の運営のほか、同媒体へ掲載される風俗・飲食店を中心とした広告収入や北陸・中国地区のフランチャイズ店からの収入などで、2003年5月期には年売上高約25億円をあげていた。

しかし、景気低迷の影響により雑誌販売が落ち込んだことに加え、広告収入が伸び悩んだことから、2008年5月期には年売上高は約15億2,500万円に落ち込んでいた。

このため、不採算誌の休刊や人員の削減、また本店事務所の移転など経営改善に努めたものの、業況に回復が見られず、2008年5月20日に債権者より東京地裁へ破産を申し立てられ今回の事態となった。

債権者から破産を申し立てられるとは、はっきり言って恥ずかしいですね。経営の見解に違いがあったといえばそれまでですが、経営内容を債権者に納得が出来るように説明されていなかったのでしょうね。

経営者の人間性までが疑われてきますね。経営の本当の問題点はどこであるのか、そしてそれはどのようにすれば解決できるのがはっきりと見えてくる方法です。

たったの3時間であなたの悩みや問題を解決するリソースを手に入れられる方法

ぜひ、一度は読まれておかれると良いですよ。

元・東証マザーズ上場の潟cbクが倒産

倒産速報です。東京都台東区でウエディングプロデュース業を行っていた元・東証マザーズ上場の潟cbク(代表者:関田眞喜)が倒産しました。債権者より破産を申し立てられ、破産手続き開始決定受ける。負債総額は57億3,800万円です。

潟cbクは、1991年(平成3年)4月に創業、94年(平成6年)4月に法人改組した。当初、飲食店サポート事業を主力としてスタート。「グルメコンシェルジュ(通称グルコン)」のサービス名で加盟店である飲食店舗に対する送客とコンサルティングを主に手がけ、最大約2万5000店の加盟店を擁していた。また積極的な企業買収や他社との業務提携によりウエディングサポート事業および生活関連事業を加えるなど業容を拡大させ、2003年4月には東証マザーズに株式上場を果たし、2005年6月期には年収入高約93億7600万円をあげていた。

しかし、主力であった飲食店サポート事業が、同種のサービスを提供する他社との競合により不振に陥り、加盟店数が激減、またウエディングサポート事業についてもウエディング受注が低迷し、2006年6月期には年収入高約78億8900万円まで減少していた。また減損損失を特別損失で計上したことに伴い、当期損失約30億4400万円を計上、2期連続赤字となったことで同期よりゴーイングコンサーンの注記が付され、財務の改善が課題となっていた。

こうしたなか、潟cbクでは2007年6月期から主力であった飲食店サポート事業から完全撤退、また不採算店舗の閉鎖、社内組織の刷新、子会社への業務移管や子会社の売却を進めるなど事業のリストラを行い、ウエディングプロデュース事業および直営の飲食店事業に経営資源を集中させ、有利子負債の圧縮および収益改善に努めていたものの、2008年6月期においても赤字決算となり、債務超過に転落していた。この間、第三者割当増資や新株予約権の発行などにより資金調達を試みたが、株価の低迷により新株予約権の自社による買い取り償却や発行の中止を余儀なくされるなど資金調達が難航。

2009年6月期に入り、顧客の減少に歯止めがかからず、2009年3月には主力のウエディング場「ハニーズガーデン東京」を閉鎖するなど事業を大幅に縮小していたうえ、上場時価総額の基準に抵触したことで、5月1日には上場廃止となっていた。こうしたなか資金調達先であった一部債権者より破産を申し立てられ今回の事態となった。

一度は成功していた潟cbクですが、倒産ですね。残念でなりません。生き残る方法や手段はいくらでもあったのでしょうに。

経営の本当の問題点はどこであるのか、そしてそれはどのようにすれば解決できるのがはっきりと見えてくる方法です。

たったの3時間であなたの悩みや問題を解決するリソースを手に入れられる方法

ぜひ、一度は読まれておかれると良いですよ。

景気悪化の影響から倒産したゴルフ場経営の弘済事業

倒産速報です。茨城県取手市でゴルフ場経営、ビル賃貸管理を行っていた弘済事業梶i代表者:小柴和彦)が倒産しました。民事再生法の適用を申請しています。負債総額は225億円です。

弘済事業鰍ヘ、1998年(平成10年)4月に設立されたゴルフ場経営および商業ビルの賃貸管理業者。(財)鉄道弘済会の関係会社で宅地分譲開発事業を手がける弘済建物(株)のゴルフ場経営および商業ビルの賃貸管理事業を引き継ぐ目的で設立されたもので、「藤代ゴルフ倶楽部」(茨城県取手市、18ホール、パー72)の運営を手がけていた。

常磐自動車道谷和原インターチェンジから車で25分、JR常磐線藤代駅から同5分と都心からのアクセスも良く、2003年3月期には年収入高約15億5,100万円を計上していた。

しかし、近年は管理する商業ビルのテナント収入が減少、2005年3月期には同収入がなくなったほか、ゴルフ場の利用客の減少も続いていた。

2009年3月期には景気悪化の影響から年収入高約9億6,800万円に落ち込み、ゴルフ場資産の減損処理を余儀なくされ大幅な債務超過に陥っていた。こうした中、親会社からの支援も見込めない状態となったことから今回の措置となった。

なお、(株)アコーディア・ゴルフがスポンサーとなることで基本合意書を締結した旨の発表を同日に行っている。

なお、藤代ゴルフ倶楽部の会員数は690名です。

不況の波をかぶった潟Tザンヤードカントリークラブ

倒産速報です。東京都千代田区でゴルフ場賃貸を行っていた潟Tザンヤードカントリークラブ(代表:水野直久)が倒産しました。民事再生法の適用を申請しています。負債総額は106億円です。

潟Tザンヤードカントリークラブは、1973年(昭和48年)2月にゴルフ場経営を目的に(株)城北カントリークラブの商号で設立。その後、1988年11月から造成工事を着工し、1989年9月に現商号である潟Tザンヤードカントリークラブに変更。

1991年10月に「サザンヤードカントリークラブ」(茨城県東茨城郡、18H)をオープン。自然の地形を生かした戦略性に満ちた林間コースで、常盤自動車道水戸インターチェンジから約11qと都心からのアクセスにも恵まれ、相応の知名度を有し、ピーク時には年収入高約6億5,000万円をあげていました。

その後、1999年2月からゴルフ場の運営に関しては、別会社が手がけ、潟Tザンヤードカントリークラブはゴルフ場の売り上げの一部をゴルフ場賃貸収入を得る形に移行、また2009年7月時点で463名の会員管理も手がけていた。

しかし、来場者数に伸びが見られぬなか、売り上げ単価の下落を余儀なくされ、潟Tザンヤードカントリークラブにおいても賃貸収入の減少から2009年1月期には年収入高約3億5,000万円に減少していた。債務超過が解消されぬなか、2000年に預託金の償還期限を10年据え置きにしていたが、2010年1月の償還開始に向けた償還資金にメドが立たないことから、今回の措置となった。

2008年に倒産した)ウオミサキホテルのその後

倒産速報です。2008年5月に倒産した静岡県熱海市で温泉旅館を行ってた)ウオミサキホテル(倒産当時の代表者:菊間一光社長)の続報です。)ウオミサキホテルは負債総額23億3,800万円を抱えて破産しました。

)ウオミサキホテルは熱海市観光協会長などを歴任した菊間一光氏が社長を務める熱海市の「ウオミサキホテル」が2008年5月14日、静岡地裁沼津支部に自己破産を申請した。

)ウオミサキホテルは1959年に熱海中央ホテルとして設立された。1980年代に熱海港近くの現在地にあったホテルを買収するなどして規模を拡大。1989年にウオミサキホテルに商号変更し、本館と南館に計69室を備える中堅の温泉旅館として営業していた。

)ウオミサキホテルではバブル期の年間売上高は15億円を計上したが、その後の宿泊客数の減少などで2007年3月期の年収入高は8億円を下回り、債務超過に陥っていた。
 
関係者によると、上下水道料金をはじめ、納入業者などへの支払いが滞り、以前から経営難が伝えられていた。一時は売却も検討されたが、不成立に終わったという。
 
菊間一光社長は、1992ー2006年に市観光協会長、1993〜1996年には当時の熱海温泉旅館組合長をそれぞれ務めていました。

その後、伊藤園ホテルグループを運営するスタディー(東京都豊島区)は、倒産したホテル「ウオミサキ」(熱海市和田浜南町7ノ2)の土地・建物を2008年9月に入り取得した。

同社は、「ウオミサキ」の既設建物をほぼそのままに内装工事に着手、新ホテルを開業する。完成時期は未定。旧ウオミサキホテルは、約70室のホテル。新ホテルは、建物2棟をそのまま活用し名称を引き継ぐ。

スタディーが運営する伊藤園ホテルグループは、伊豆半島で9施設、全国で32施設を所有している。

現在のウオミサキホテル
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。