業績悪化で預託金償還の目処が立たずに倒産した鞄総カントリークラブなど2社

倒産速報です。千葉県市原市でゴルフ場経営を行っていた鞄総カントリークラブ(代表者:桐谷重毅)など2社が倒産しました。民事再生法の適用を申請しています。負債総額は243億円です。

会社について
鞄総カントリークラブは、1977年(昭和52年)7月に設立。77年10月にオープンした「南総カントリークラブ」(千葉県市原市、36H)の経営を手がけ、92年9月期には年収入高約17億600万円をあげていた。

芙蓉土地鰍ヘ、1960年(昭和35年)9月に設立。85年10月にオープンした「ニュー南総ゴルフ倶楽部」(千葉県市原市、18H)の経営を手がけ、86年9月期には年収入高約18億2600万円をあげていた。

倒産の経緯
しかし、2社はともに親会社である土地興業梶i東京都、当時「熊谷組」(東証1部)の筆頭株主)の業績悪化などから、2006年11月以降はゴールドマン・サックスグループの傘下に入り運営を続けてきたが(土地興業は2007年5月に民事再生法を申請)、10年前に据置延長した預託金償還を2009年7月以降順次迎えてた。

負債は(株)南総カントリークラブが約127億円、芙蓉土地(株)が約116億円で、2社合計で約243億円。

編集後記
自分もギャンブル依存症気味なので購入しました。
パチンコなので大勝すると脳内に快感物質が発生するらしいです。脳がその物質の中毒になるとギャンブルを止めたくても止めれないようになってしまうと言う説明に納得。
さらに仕事や家庭、自分のコンプレックス、生きがいがない人はそういうストレスからの逃避の為にギャンブルするようになる。(ストレスは自分自身では気づいてない場合が多い)
パチンコなどギャンブルが止めたくても止めれない方は是非一読してください。悩んでいるのはあなた一人じゃありませんよ。

ギャンブル依存症
680円 (税込 714 円)

パチンコ、パチスロ、競馬、競輪、マージャン、ポーカー、バカラ。サラリーマンや主婦、学生にとって日常生活に刺激を与えてくれるギャンブルも度を越せば「依存症」という病に落ちる。仕事からの逃避、多額の借金、度重なるウソ、家庭の崩壊、そして人生の転落。いつでも引き返せるという依存症者の心理の奥を探り、患者と家族で心身の回復を図る具体的治療法を紹介する渾身の問題作。

売上が激減して破産に至った皆生温泉の松風閣

倒産速報です。鳥取県米子市皆生温泉で旅館を経営していた松風閣(代表者:織田学)が倒産しました。破産が決定です。負債総額は8億円です。
 
会社について
松風閣は1945年創業。大山で「白雪荘」も経営していた。93年には約5億4000万円の年商があった。

倒産の経緯
景気低迷で利用客が減り、05年には約2億8000万円にまで落ちこんでいた。再生手続き申請時に双方とも事業を停止していた。

編集後記
ゲストにもキャストにも笑顔があふれる瞬間
夢と魔法のワンダーランド!ディズニーのキャスト(スタッフ)たちの秘密がわかります。サービス、ホスピタリティ・・。お客様相手のお仕事の方、是非、ご一読を。

ディズニーランドが大切にする「コンセプト教育」の魔法
1,200円 (税込 1,260 円) 送料無料

「夢と魔法の王国」ディズニーランドを支え演出するスタッフ(キャスト)は、常に笑顔とホスピタリティにあふれた質の高いサービスをお客様(ゲスト)に提供する。なぜキャストたちはみな、あそこまで高い意識を持ち、優れたサービスができるのか。「きっと、細かい部分まで決められたマニュアルがあるのだろう」―しかしアルバイトの高校生キャストが目にしたのは、マニュアルによる教育ではなく、コンセプトの徹底と連日のOJT、そして絶え間ない改善だった。ゲストとキャストの両方ともとりこにする、ディズニー流「楽しさの提供」が生まれる秘密を、キャストの視点で明らかにする。

駅前ホテル青森館 JR青森駅前の老舗ホテルが倒産

倒産速報です。青森県青森市でホテルを経営していた駅前ホテル青森館(代表者:一戸則子)が倒産しました。営業を停止しています。負債総額は3億円です。

会社について
駅前ホテル青森館は、1915年に操業したJR青森駅前の老舗ホテルで、同市旅館ホテル協同組合や民間信用調査会社は情報収集に努めている。負債総額は約3億円とみられる。

周辺の声
ホテルの向かいにある「青森グランドホテル」(三浦貴之社長)が今月12日に民事再生手続きの開始を申し立てたばかり。ホテルには閉館を知らせる張り紙があり、同市の30代の会社員は「新幹線が開業するのに……。ホテル業界は大変だ」と話していた。

一方、青森地裁は同日、青森グランドホテルの民事再生手続きの開始を決定した。ホテルは4月15日までに再生計画案を策定し、地裁に提出する。負債総額は約21億6500万円で、都ホールディング(京都市)の子会社「都観光開発」に運営を受託し、婚礼を中心とする事業で再建を目指す。三浦社長は「一歩一歩、進めたい」としている。

ハウステンボス再建、HISが支援に向け最終調整へ

倒産速報 明日はわが身です。ハウステンボス再建、HISが支援に向け最終調整へ

長崎県佐世保市の大型リゾート施設「ハウステンボス」の経営再建をめぐり、旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)が支援に向けて最終調整に入ったことが明らかになった。月内にも支援の可否を判断する。

HISは20日、ハウステンボスの桃尾重明管財人と経営支援の条件について協議に入ると発表。桃尾管財人も「基本合意書を締結できるよう、最大限の努力をする」とコメントした。条件が合えば、HISが50%超を出資して再建を主導する。九州電力など地元経済界も出資に応じる案が有力だ。

ただ、HISは「経営支援を決定しているわけではない」としており、施設修繕費が想定を超える場合は支援しない。協議では、金融機関の債権放棄や、固定資産税額に相当する奨励金交付、地元財界の支援方策などについて話し合う。

経営不振で2003年に会社更生法の適用を申請したハウステンボスは、野村ホールディングス傘下の投資会社「野村プリンシパル・ファイナンス」(東京)が支援してきたが、金融危機後の不況で経営が再び悪化。新たな支援企業を探しており、佐世保市が09年12月、HIS側に支援を正式に要請した。

ハウステンボスは1992年3月に開業した、面積では国内最大規模のテーマパーク。開業以来一度も営業黒字を達成しておらず、入場者数の減少にも歯止めがかからない。09年3月期の売上高は153億円、純損失は20億円。

新型インフルエンザ対応で出費がかさむなどして倒産した医療法人光洋会

倒産速報です。 千葉県南房総市で三芳病院 などを経営していた医療法人光洋会が倒産しました。民事再生法適用を申請しています。負債総額は21億2,000万円です。

会社について
医療法人光洋会は南房総市内で「三芳病院」「みよしクリニック」を経営しているほか、「まごころ訪問看護ステーション」などを展開し、現在は医療法人社団双樹会(さいたま市)の傘下に入っている。

倒産の経緯
その後、新型インフルエンザ対応空気清浄機の購入など出費がかさむなどして厳しい運営を迫られ、双樹会の経営難も重なった。なお、施設運営は継続するとしている。

編集後記
アメリカ大学病院の倒産にみる医療崩壊の兆し
8つの関連病院を持ち、1万4000名もの職員を抱えていたアレゲーニ大学が、1998年7月、約1500億円の負債を抱えて倒産した。全米の医療界を揺るがす事件となったその倒産劇を、内部で目撃した日本人医師による記録。病めるアメリカ医療の現実について、さらには大学病院神話がいまだ生きる日本の医療に警鐘を鳴らす。

大学病院が倒産する日

1日で28億1180万円!マクドナルドが創業以来の売上最高記録達成!

倒産速報 明日はわが身です。1日で28億1180万円!マクドナルドが創業以来の売上最高記録達成!

日本マクドナルドホールディングス株式会社が、1月17日に創業以来全店売上の最高記録を達成したことを発表した。1日の売上は、速報値で28億1180万円という大記録だ。

前回2009年3月29日に達成した26億4000万円という記録を大幅に更新しての最高記録。記録更新の理由の1つとして、1月15日から販売を開始した期間限定“Big America”キャンペーンの1つ「テキサスバーガー」(400〜420円)の好調ぶりが挙げられる。

その「テキサスバーガー」は、ビーフとフライドオニオン、スパイシーなバーベキューソースとマスタードがピリッと効く、テキサスの荒野をイメージしたワイルドな味が特徴。あまりの人気と予想を上回る販売数により、1月20日(水)からは数量限定での販売に切り替えるという。

数量限定販売は、全国の約3700店が対象(一部店舗を除く)。テキサスバーガー専用のフライドオニオンやソースなどの資材の在庫状況と今後の販売予測などから、1月31日(日)まで毎日数量限定で販売する。売り切れで「テキサスバーガー」を食べられなかった人に対しては、店頭でクォーターパウンダーセットの割引クーポンを渡すなどの対応をする。

不況の影響で1食あたりの価格が下がり、ますます需要が高まるファストフード界。次々と新商品を出すマクドナルドの躍進は、まだまだ続きそうだ。

負債総額2兆円以上の超大型倒産となった日本航空ほか2社

倒産速報です。東京都品川区で航空運送事業を行っていた鞄本航空、ほか2社が倒産しました。会社更生の手続開始が決定しました。負債総額は2兆3,221億8,100万円です。 

負債総額は3社合計で2兆3,221億8,100万円で事業会社としては過去最大となった。内訳は持ち株会社の当社が6,715億7,800万円、(株)日本航空インターナショナルが1兆5,279億1,900万円、(株)ジャルキャピタルが1,226億8,400万円。

会社について
平成14年10月、日本航空(株)(現・(株)日本航空インターナショナル)および(株)日本エアシステム(その後、(株)日本航空ジャパンに変更し、日本航空インターナショナルと合併)の株式移転により、両社の親会社として(株)日本航空システム(当社)の商号で設立、東証・大証・名証各1部に上場した。平成16年6月、現商号へ変更している。

「JAL」「日航」の名称で知られ、航空運送事業や航空運送関連事業、旅行企画販売、カード・リース、ホテル事業等を行う子会社・関連会社合計282社を擁すJALグループの持ち株会社で、平成20年3月期の連結事業収益は設立以来最高となる2兆2,304億円を計上していた。

倒産の経緯
その後のサブプライムローンに端を発する世界的な景気悪化の影響で航空運送事業が落ち込み、平成21年3月期の連結事業収益は1兆9,511億円の減収に転じ、原油高騰による燃油費増加等で508億円の営業損失を計上していた。
平成22年3月期に入っても業況は変わらず、平成22年3月第2四半期では957億円の営業損失を計上、借入金の返済が困難だとしてGC注記が付される事態となっていた。このため、平成21年10月に発足した企業再生支援機構にグループの再生支援を要請。さらに翌月には当社と(株)日本航空インターナショナル、(株)ジャルキャピタルの3社で、取引金融機関との協議・調整を目的に「事業再生ADR手続き」を申請していた。

グループ再建について、企業再生支援機構とメーンバンクである日本政策投資銀行、および同行を所管する財務省等の意向もあり、再建のスピード・確実性・透明性が高まる事から、一般債権とリース債権を全額保護し、企業再生支援機構をスポンサーとするプレパッケージ型の会社更生手続開始を申し立てることとなった。なお、当社が今年の上場企業の破たん第1号となる。

JAL、2次破綻の恐怖 再建目指すも客離れ止まらず

倒産速報 明日はわが身です。JAL、2次破綻の恐怖 再建目指すも客離れ止まらず

経営に行き詰まった日本航空は19日、会社更生法の適用を東京地裁に申請。官民出資の企業再生ファンド、企業再生支援機構(西沢宏繁社長)のもと、政府の支援を受け再建を目指す。ただ、海外では再建に失敗して消滅した航空会社もある。日航も再建作業がうまくいかず、再び経営が行き詰まる「2次破綻」の危険性をはらんでいる。

支援機構の再建計画では、2010年度中に110社ある子会社を57社に半減し、12年度までに売上高やグループの人員など事業規模を3割程度縮小する。

再建作業は3年後の12年度までに終了。10年3月期の営業損益は2651億円の赤字を見込んでいるが、最終年度の13年3月期には1157億円の黒字を目指す。

しかし、経営危機が表面化して以降、利用客の「JAL離れ」がジワジワと進行。グループ社員(約4万8000人)の3割に当たる1万5700人を削減することによって、サービスの低下が危惧されているうえ、日航株が上場廃止となって国内の航空料金が半額になる株主優待割引券も廃止になれば、さらにJAL離れが加速する恐れがある。

海軍元帥「東郷平八郎」ゆかりの宿 白糸が自己破産

倒産速報です。海軍元帥「東郷平八郎」ゆかりの宿 白糸が自己破産

昨年末から営業を停止していた京都府舞鶴市の老舗旅館「白糸」は、近日中にも自己破産を申請し倒産する見通しであることが明らかになりました。

1880年に創業の同館は、海軍元帥「東郷平八郎」ゆかりの宿として親しまれたほか皇族も宿泊するなど、歴史と伝統のある老舗旅館として相応の知名度を有していました。

しかし、景気低迷の影響で客足が伸び悩んだことに加え、改装時の借入金が資金繰りを逼迫させたことで、事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約7億1500万円。

編集後記
この本の中にある企業価値算定の方法は役に立ちました。
会社に値段をつけるというのは資本主義という経済体制を選択した限り避けて通れないものだ。「企業価値」とは誰にとっての「価値」なのか。資本主義経済の本質、敵対的M&A、友好的M&Aについて定義し、健全な株式市場を育成するための企業経営者による株主に対する説明責任の重要性を説く。

会社の値段
740円 (税込 777 円) 送料無料

会社を「正しく」売り買いすることは、健全な世の中を作るための最良のツールである。「M&A」から「株式投資」まで、新時代の教養をイチから丁寧に解説する。

借入金の金利負担や償却負担などが重くのしかかって倒産した医療法人社団双樹会

倒産速報です。 埼玉県さいたま市岩槻区で病院経営を行っていた医療法人社団双樹会(理事長:宗像克治)が倒産しました。事後処理を弁護士に一任しています。負債総額は30億円です。

会社について
医療法人社団双樹会 は、1991年(平成3年)10月に「岩槻脳神経外科」(現「双樹クリニック」)の院名で脳外科専門医院を創業、97年(平成9年)9月に法人改組、2000年には別途「双樹記念病院」(現「岩槻脳神経外科病院」)を開設した。「岩槻脳神経外科病院」は総合外来、脳神経外科、内科、整形外科、循環器科、呼吸器科などを診療科目とする脳外科専門病院で、ベッド数80床を有し、「双樹クリニック」は同様に脳神経外科のほか消化器科、精神科、眼科などの診療科目を有していた。地元さいたま市岩槻区では知名度のある医療機関として多くの患者を確保し、県内の大学や医療施設との提携も積極的に行い診療科目の拡大を図るなど徐々に業容を拡大。2006年7月期には年収入高約18億3000万円をあげていた。

倒産の経緯
しかし、この間の2005年には千葉県の医療法人を買収、また「岩槻脳神経外科病院」の開設もあって借入金が年収に匹敵する水準に膨らむなど、資金繰りは厳しい状況に置かれていた。近年も地元を中心に患者数は確保し、2008年7月期には年収入高約19億6800万円をあげていたものの、金利負担や償却負担などが重く約4300万円の最終赤字を計上、収益面でも苦しさが増していた。2009年に入ってからはさらに資金繰りが悪化し、同年秋頃からは看護師らの給与未払いや保険料納付の遅れなどが表面化し、信用不安が増大。2010年1月初旬には病院経営の継続が困難になったとして、一時閉院を表明するなど動向が注目されていた。

なお、「岩槻脳神経外科病院」および「双樹クリニック」ともに、1月20日までは通常運営するとしている。

編集後記
これが一番良いと思う
いわゆる引き寄せの本を10冊以上立ち読みしましたが、これが一番分かりやすく、実用的です。まあ、好き嫌いの問題もありますので、どれか一冊あれば良い気がします。

宇宙を味方にしてお金に愛される法則
1,500円 (税込 1,575 円)

成功哲学の真の伝道者が伝える「お金に困らない生き方の極意」。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。