製品の評判が悪く 倒産の噂が絶えないソースネクスト

倒産速報 明日はわが身です。製品の評判が悪く 倒産の噂が絶えないソースネクスト

ソースネクスト梶iSOURCENEXT)は、日本のPCソフトの販売、開発会社。1996年8月設立の会社。所在地は東京六本木。設立時の社名はソースで、ソースネクストは製品のブランド名であったが、1999年11月1日より社名も「ソースネクスト」に変更された。

文書作成、プレゼンテーション、地図、辞書、PCゲームなど定番ソフトの廉価販売で知られている。一方で特打シリーズなどのタイピングソフト、驚速シリーズなどのPCカスタマイズソフトも扱っている。

ソースネクストの製品のパッケージのほとんどの外枠の色が黄色である事が特徴的である。パソコンソフト販売本数日本一で、販路も広範であり、パッケージソフトの一部は雑誌扱いで書店売りもされている。

「ゼンリンデータコム デジタル全国地図」やAcronisシリーズの廉価版、ホームページ・ビルダー、Corel PaintShopPro、Lotus 1-2-3・Lotus SuperOffice その他の、それまでは比較的マイナーだったタイトルや、ソースネクストが販売を手掛ける前に一定の評価を得ていたソフトの再発売も行われている。ただしこれらの中には「驚速〜」と元のソフトの名前を変更して発売しているものもあり(「驚速デフラグ2」:O&O Defrag V8.5ベースの一部仕様変更版、「驚速仮想メモリ」:メモリ管理ソフト、元ソフトはO&O CleverCache)、驚速シリーズには在来のものと新しいものが混在することとなっている。

なお、2007年3月23日に「筆王」の商標権および著作権をイーフロンティアおよび旧アイフォーから取得し、自社ソフトウェア開発も積極的に推進していくことを発表した。

ソースネクスト株式会社の評判ですが、ウイルスの検索率悪いし、パソコンが壊れたという報告も
家の家族にインストールしたらみごとに壊れました。
セキュリティーソフトをアンインストールしてシステムの復元でなんとか復帰しましたがもう使う気にはなれません。あとサポートもなにもないのでお勧めしません。それでも良かったら使ってくださいね。

物事に取り組む人なら誰にでもおすすめ
企業経営者であってもなくても、何かに取り組む人間であれば考えるべき事が載っており、大変参考になりました。特に、どの様な部分に着目すべきかが明示されていて非常に良かったです。
敢えて、一言だけ申し上げますと、「はじめに」で「すぐに活かせる」というフレーズがあるのですが、私にとっては、実践にはもう一段階ある気がしました。

フライを落とした野手はなぜ空を見上げるのか?

野球エピソードから、M&A及びリスク管理について実践的に解説するユニークな経営指南書。野球人が書いたわかりやすい企業防衛とM&Aの本。

事業再生を目指しているが いつ倒産してもおかしくない潟Eイルコム

倒産速報 明日はわが身です。いつ倒産してもおかしくない潟Eイルコム

潟Eィルコム(英文名称:WILLCOM, Inc.)とはPHS事業を行う電気通信事業者である。

450万のPHSユーザーを抱える携帯キャリア、ウィルコムの非常事態が続いている。

2009年10月からブロードバンド新サービスの「ウィルコム コア XGP」(次世代PHS)を始めたが、提供エリアは東京山手線内の一部地区で、対象端末もたったの400台(2010年3月末まで無償貸与)。これでは試験サービスと変わらない。

成長戦略の中核であるサービスにもかかわらず、簡単なリリースを行っただけ。新たな製品やサービスごとに大々的な発表会を開催する携帯業界の中では極めて異例だが、静かに始動せざるをえない理由がある。

潟Eィルコムは2009年9月24日、私的整理の一つである事業再生ADR(裁判外紛争解決手続き)を申請し、正式に受理されたことを公表した。次世代PHSの展開に向け「財務体質の抜本的な改善が不可欠」との判断から申請に至り、債権者に対し借入金の元本残高維持や弁済スケジュール(長期借入金のうち09年度返済予定245億円、10年度返済予定690億円)の変更を要請している。

とても参考になる本がありました。事業再生を目指してビジネスを行っている方にはよい参考本になると思います。

事業も自宅も守り、自己破産もせず、そして家族がバラバラになることもなく、見事に再生を果たした経営者はたくさんいます。本書を読めば、その再生術の秘密がわかります。事業再生のパイオニアが教える実践的ノウハウが満載。

7000社を救ったプロの事業再生術

ホテル「山荘」破たん 仙北市田沢湖、営業は継続

倒産速報です。ホテル「山荘」破たん 仙北市田沢湖、営業は継続
仙北市田沢湖生保内のホテル業「山荘」(森俊雄社長)は27日までに、秋田地裁から破産手続きの開始決定を受けた。帝国データバンク秋田支店によると、負債総額は約4億7千万円。

同支店によると、山荘は1965年の設立。田沢湖高原温泉郷で「ハイランドホテル山荘」を開業、350人収容の施設で修学旅行客やスキー客を受け入れてきたが、レジャーの多様化によりスキー客が年々減少。95年4月期に約5億3千万円あった売り上げは2008年4月期には約2億3千万円に減少、赤字経営に陥っていた。自己破産申し立て準備に入るとともに8月10日で事業停止していた。

一方、都内のコンサルタント会社が同地裁の競売でホテルを取得。関連会社が8月11日から営業を引き継いでいる。

倒産の危機から抜け出して黒字に転換させるには顧客目線と着地点の設定を!と書かれています。参考になると思います。一番の問題は実行できるかがポイントです

会社を黒字に甦らせる儲けの法則

1章 「怒り」を忘れた社長たち
2章 社長が変われば会社は変わる
3章 自分でできる経営危機の回避法
4章 お金がなくても会社は再生できる
5章 売って儲かる仕組みをつくれ
6章 勝ち組になる経営を目指せ

病院、医院などを運営する医療法人の経営破綻が急増

倒産速報 明日はわが身です。
病院、医院などを運営する医療法人の経営破綻が急増している。今年に入ってから9月末までの倒産件数が53件に達し、この時点で年間の過去最悪記録を突破。競争激化や診療報酬引き下げなどで経営が悪化、資金繰りが行き詰まるケースが多い。医療業界からは「小泉政権の医療制度改革が倒産急増という形で吹き出している」との批判も出ている。

2009年4月には、大手総合病院の「平野同仁会」(岡山)が民事再生法の適用を申請。負債総額は医療業界では今年最大となる59億円だった。

5月には、診療所経営「きのだ会」(大阪、負債総額21億円)、人間ドックが中心の「社団アース」(東京、同7億円)がそれぞれ破産を申請している。

東京商工リサーチによると、総合病院や小規模クリニック、医院などの医療法人の倒産件数は9月末現在で53件。「統計を取り始めた1989年以降で最多だった07年の年間52件をすでに超えている」(商工リサーチ)ほどの惨状だ。

おもな原因は、一般企業の収益にあたる診療報酬急減による資金繰りの悪化だ。

羽振りのよさでは金融業界にも劣らないといわれた医療業界。しかし、いまや「(倒産は)明日はわが身とおびえている病院は少なくない」(医療関係者)という。

実は病院の半数以上が赤字経営だと言われています。興味のある方は

病院はもうご臨終です

を読んでみてください。いかに今の日本の医療制度が崩壊しているのかという事がとてもよくわかります。難しくなく、面白いですよ。767円になっています。

医療に関わる問題がしきりに論じられている。医師不足や病院倒産、患者とのトラブルなどが、多くのメディアで報道されてもいる。多くの問題を抱えたまま、日本の病院はこのまま臨終を迎えてしまうのだろうか?本書は、現役の女医がユーモアを交えて現場から届けるレポートだ。現在、病院で起きていることから、医者になるための道のりやその仕事の実態にいたるまでが描かれている。女医が見た、泣けて笑えるありのままの医療現場の様子をここに伝える。

バブル経済の崩壊による後遺症によって倒産した京品実業

倒産速報です。東京都品川区で品川駅前の老舗「京品ホテル」を経営していた京品実業鰍ェ倒産しました。破産手続き開始決定を受けています。負債総額は約70億円です。

会社について
京品実業鰍ヘ、1873年(明治6年)に創業した「小林旅館」が前身となり、その後、昭和に入り都市計画や道路拡張工事などを経て、品川駅前の土地を取得。「京品ホテル」の屋号でホテル事業に進出し、1973年6月に法人改組した。現在のホテル建物(4階建・客室数52)は1930年に建設され、宴会場、会議室、飲食店も完備していた。

89年に北志賀高原にリゾートホテル「アムスリゾートホテル北志賀」をオープンするほか、飲食店・会員制クラブ・ファッションホテルの経営などを手がけるようになり、事業を拡大したがバブル経済の崩壊で経営計画は頓挫。96年以降は相次いで店舗を閉鎖し、アムスリゾートホテル北志賀も2002年に閉鎖した。

倒産の経緯
その後は京品ホテルの経営とホテル内の飲食店の経営に専念してきたが、かつての事業拡大に伴う借入金が経営を圧迫。2007年にはホテルに担保設定されていた根抵当権が相次いでリーマン・ブラザーズ系の事業者向け貸金業者であるサンライズファイナンス(株)(東京都港区)へ譲渡され、その総額は約59億円に及んでいた。

こうしたなか、2008年9月16日にサンライズファイナンス(株)およびリーマン・ブラザーズ証券(株)(東京都港区)が東京地裁へ民事再生法の適用を申請。2008年10月19日をもってホテルおよび飲食店事業をすべて閉店とし、ホテルの廃業と従業員解雇を発表、10月21日付で解散していた。しかし、一部の従業員がこれに反発し、自主営業を行う事態に発展。2009年1月15日に東京地裁は建物明け渡しの仮処分を決定、1月25日には明け渡しの強制執行が行われ大きな話題となっていた。さらに7月にサンライズファイナンス(株)の保有する債権が別会社に譲渡され、同社が申し立てていた。 

倒産から教えられること
バブル経済の崩壊による後遺症がまだあったのですね。景気の良いときに投資をする場合には景気が悪化したときのことを念頭に置いておく必要があることを明確に教えてくれる事例ですよね。

高額納税者番付12年連続10位以内の著者が、人生が全部うまくいく話をしてくれています。ただ、最後の方になるにつれて愚痴っぽくなっているので、面白かったです。ありがとうと言いたいですね。560円

人生が全部うまくいく話

「嫌な気分」がしても、すぐ「スっとした気分」になる、「景気の悪いとき」に「景気のいい話」ができる、「売れる物」を「飛ぶように売れる物」にする…「1回読む」と困ったことがなくなる。「7回読む」とすべてが思い通りになる。「伝説の名著」、ついに文庫化。

従業員が10名の会社で16」億円の負債を作った協同組合日専連静内

倒産速報です。北海道日高管内新ひだか町でクレジットカード業の協同組合日専連静内(代表者:船越秀夫)が倒産しました。民事再生法の適用を申請し倒産したことが明らかになりました。負債総額は16億4,000万円です。

会社について
1953年に「商業協同組合静内専門店会」として設立され、日専連ブランドのクレジットカード発行や、個人・法人向け融資などを行っていました。

倒産の経緯
しかし、改正貸金業法による過払い金の返還請求や、消費不況による取扱高の減少で債務超過に陥ったため、事業継続が困難となり民事再生法の申請に至ったようです。
今後は、日専連グループの「日専連ジェミス」を再生支援スポンサーとして、経営再建を目指す模様。

倒産から教えられること
どのような業種であれ業態であれ、時代の流れに乗り遅れると倒産の危機が訪れるのですね。倒産を回避するには時代に合わせた業種や業態に転換していく必要に迫られるのですね。
そこでぜひ読んで欲しい1冊があります。

経営戦略を問いなおす

三品さんは日本企業の経営戦略の不全を訴えている方です。
経営戦略は経営トップの頭の中に有り、優れた経営トップを継続的に生み出す仕組みが、企業成功の鍵との論理を展開しております。一生懸命働いているのに、なぜ日本企業は収益率が先進諸外国に比べて低いのか?その回答の一端がここには有ります。

世の大半の企業は、戦略と戦術を混同している。成長第一で事業を拡大したのに何の利益も出なかった、という企業が少なくない。見せかけの「戦略」が、企業の存続を危うくする。目指すべきは、長期で見た利益を最大化することである。それを実現する戦略はマニュアル化になじまず、突き詰めれば人に宿る。現実のデータと事例を数多く紹介し、腹の底から分かる実践的戦略論を説く本書は、ビジネスパーソン必読の書である。

野沢温泉にある老舗旅館「かめや旅館」が倒産

倒産速報です。長野の野沢温泉にある老舗旅館「かめや旅館」が倒産しました。2009年10月21日までに長野地方裁判所から破産手続開始の決定を受け、倒産したことが明らかになりました。負債総額は約6億2000万円。

会社について
かめや旅館 の創業年については様々な説がある中、少なくとも100年ほどの歴史を持つ かめや旅館 は、泉質の良さを売りに、冬場のスキー・スノーボード客を集め、経営は順調に推移していました。
かめや旅館 では、「五色の湯」と呼ばれる、天候等により湯の色が変化する温泉で評判となっていました。

倒産への経緯
しかし、スキー人気が低迷すると、売上が減少し業績は悪化。また、多額の借入金が負担となり資金繰りを逼迫させたことで、2009年6月末には事業を停止し、破産に向け事後処理に当たっていた模様。

倒産から教えられること
老舗の旅館が倒産するのは本当に寂しいですね。企業の寿命が30年といわれる昨今に100年以上の歴史をもつ旅館が消えるのは本当に損失ではないでしょうか。今の経営者から倒産についてお話を聞かせて欲しい気持ちになっています。

旅館に限らず老舗には素晴らしい伝統が残されているはずです。私が読んだ本の中に

できる会社の社是・社訓

という714円の本があります。心に響く内容でしたね。私の会社にも立派なものがあればいいのにな・・と今社是や社訓を作成しています。

「スピード!!スピード!!スピード!!」「決断なき上司は無能と思え。社長へ直訴せよ」。成長し続ける会社の成功のエッセンス、老舗企業の失敗しない秘訣は、社訓に凝縮されていた!激情ほとばしるモーレツ精神から、創業者のきつーい戒めの言葉、会社の枠など飛び越え人類愛を唱えるワールドワイドな社訓まで。「こうした精神を見習えば我が社も」「同じ目標を持てば我々だって」―。思わずやる気が湧いてくる一冊。



当たり前のことが徹底的に出来なかった苫小牧緑化開発

倒産速報です。北海道苫小牧市でゴルフ場経営を行っていた苫小牧緑化開発梶i代表者:松山浩明)が倒産しました。民事再生法の適用を申請行っています。負債総額は112億5600万円です。

会社について
苫小牧緑化開発鰍ヘ、1989年(平成元年)4月に設立されたゴルフ場経営業者。地元の3セク・苫小牧港開発(株)がゴルフ場経営に乗り出したもので、同年11月には日本航空(株)(現・(株)日本航空インターナショナル)より3000万円の出資を得てJALグループのゴルフ場として経営されていた。92年7月に営業を開始した「苫小牧カントリー倶楽部ブルックスコース」(同所、18ホール)は、新千歳空港近隣で知名度を有していた。
 
倒産への経緯 
しかし、バブル経済崩壊後は来場者数の落ち込みから業績は悪化。2002年に到来する98億円の預託金償還の財源不足から2012年まで10年間延長していた。
近年の年収入高は3億円台で推移していたが、2008年12月期には約2億4000万円にまで減少。この間、収益面は低調で2004年12月期以降は赤字が続き、2005年12月期には減損処理で約77億4900万円の当期損失を計上し、100億円を超える累積損失を抱えていた。

今後到来する預託金償還問題や多額の借入金を有していることから、今回の措置となった。
なお、(株)日本航空インターナショナルは、2008年3月に経営資源の集中を目的に保有株式を譲渡し当社経営より撤退している。

倒産から教えられること
景気の悪化によっての倒産ですが、晴れた日に雨天の準備をするのが日ごろの活動なのです。当たり前のことを徹底的に行った会社が生き残るようです。

あたりまえだけどなかなかできない仕事のルール

ビジネス書というとかなりとっつきにくい感じがありますが、この本は難しい用語があるわけでもなく、当たり前の事が大切だということを書いています。出来ているようで出来ていないことを再認識させられる本だと思います。税込みで998円です。

無謀な経営計画書しかなかったゴルフ場経営の古都開発

倒産速報です。岩手県奥州市でゴルフ場経営を行っていた 古都開発鰍ェ倒産しました。自己破産申請を決定しています。負債総額は95億5,000万円です。

会社について
古都開発鰍ヘ、1988年(昭和63年)6月にゴルフ場経営を目的として設立。95年6月に「みちのく古都カントリークラブ」(18ホール、総工費約80億円)をオープン、99年4月期には年収入高約4億7000万円を計上していた。
 
倒産の経緯
しかし、2001年10月に親会社(株)岐阜稲口ゴルフ倶楽部(岐阜県関市)が、バブル崩壊以降の長引く景気低迷とゴルフ人口減少による業績不振から民事再生法の適用を申請。
これにより信用力低下に伴う来場者数の減少や料金引き下げを余儀なくされたうえ、2002年3月に大口債権者である大手生命保険会社が債権約30億円を民間サービサーに売却し、翌4月には同社から海外ファンドに同債権が売却されたほか、ゴルフ会員権の償還が困難な事態に陥るなど厳しい経営状況が続き、2008年4月期は年収入高約2億3000万円にまで落ち込んでいた。

こうしたなか、2008年に入り運営委託契約を締結した県外のゴルフ場経営業者が同年8月に競売で土地建物を落札し営業継続を決めたことにより、今回の事態となった。

倒産から教えられること
多額の投資をする場合には長期的な企業経営の計画書が必要になってきます。このときに良いときだけを、基準にして計画を立てる場合が非常に多いのではないでしょうか。
最悪のケースも想定しながら企業の経営計画書を作成する必要があります。

経営の基本は無借金経営であることを多くの人が忘れているのではないでしょうか。

PDF版USBメモリ「資金調達のための事業繁栄計画書作成フォーマット」(非製造業編)

通常の書籍とは異なって、自分が読みたい箇所が簡単に見つけることができます。決算書はあるが計画書のない会社が多いようですから、ぜひ自社の経営計画書を短期・中期。長期について作成してください。

必ず経営状況が良くなるはずです。

テクニカルカレッジ神戸は廃校になるとみられています!

倒産速報です。兵庫県神戸市中央区にある専門学校「テクニカルカレッジ神戸」が、2009年10月11日に授業を中断しました。
テクニカルカレッジ神戸を運営する学校法人「宮本学園」は、資金繰りに行き詰まり、テクニカルカレッジ神戸は廃校になるとみられています。

宮本学園を支援していた学校法人「神戸学園」の理事長・稲葉豊は辞任するとともに、宮本学園を支援を打ち切りました。

テクニカルカレッジ神戸には、280人の生徒が在籍していましたが、生徒の新しい受け入れ先は決まっておらず、今後の動向が注目されています。

専門学校が突然閉鎖、生徒は知らずに登校。神戸市中央区にある専門学校が13日、突然、閉鎖した。何も知らずに登校した生徒に動揺が広がっている。
閉鎖となっているのは、神戸市中央区にある自動車整備士を養成する専門学校「テクニカルカレッジ神戸」。学校側からは事前に説明はなく、多くの生徒が13日朝も登校したが、シャッターが下がり「授業を中断せざるをえない」などとする張り紙が掲示されていた。

兵庫県教育課によると、この専門学校では8月ごろから教職員への給料の支払いが一部滞り始めていたということで、生徒の受け入れ先などの対応はまだ決まっていないという。

少子化で学校の経営も苦しくなっているのですね。このような苦しい時代だからこそ夢や希望を持って歩んで行きたいものですね。

そこで

あなたを成功させる『目標設定術!!』

というユニークな本があります。真剣に成功を目指したいと思っている人にはお薦めです。ただし読むだけではダメですよ。
読んで実践する気持ちがある人だけ購入してください。
通常の書籍よりは若干割高になっていますからね。

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。