北海道上川郡鷹栖町でゴルフ場経営の活ョ川アルダスが35億円の負債で倒産

倒産速報です。北海道上川郡鷹栖町でゴルフ場経営の活ョ川アルダス(代表者:和田武)が倒産しました。民事再生手続の開始申立を行っています。負債総額は35億円です。

会社について
活ョ川アルダスは、平成5年9月に設立したゴルフ場経営会社。昭和50年6月にオープンしたゴルフ場を取得後、会員制ゴルフクラブ「セント旭川ゴルフ倶楽部」としてリニューアルオープンし、ゴルフ場のほか近隣でホテルやレストラン、ゴルフショップ等の経営も行い、年間の売上高は2億円から3億円を推移していた。

倒産の経緯
しかし、近年はプレー者数の減少が続いていた。毎年11月前半から4月前半はクローズしているが、今年は天候の影響もありオープン日の延長が重なり、4月下旬のオープンとなっていた。今シーズンも特別割引等を行うなど集客に努めていたものの、厳しい業況が続いていた。

新宿の「金魚」「蓮魚」、吉祥寺の「酔魚」などの飲食経営が倒産

倒産速報です。東京都新宿区に本拠を置く飲食店経営の「ニューセンチュリーインベストメントコーポレーション」は、5月7日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。負債総額は約2億2600万円。

飲食店「成功と失敗」の法則

1998年に設立の同社は、新宿の「金魚」「蓮魚」、吉祥寺の「酔魚」など東京都内で3店舗のバーを展開し、2006年3月期には年間約1億円の売上を計上していました。

しかし、その頃より売上が伸び悩んでいたことに加え、近時は景気低迷による遊興費の節約などで業績が悪化。2009年夏頃から年末にかけ全ての店舗を閉店し、遂に今回の措置となったようです。

ヨウジヤマモト・デザイン・アンド・トレードマークが自己破産へ

倒産速報です。「Yohji Yamamoto Design & Trademark」(ヨウジヤマモト・デザイン・アンド・トレードマーク)は、4月30日付で東京地方裁判所へ自己破産を申請、5月12日付で破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。負債総額は約10億円。




帝国データバンクによると、同社は日本を代表する世界的ファッションブランド「ヨウジヤマモト」の商標権管理を目的として2005年7月に設立。



しかし、ヨウジヤマモトが2009年10月に負債約60億円を抱え民事再生法の適用を申請すると、再生手続きに当たり同社の破産処理が決定し今回の事態に至ったようです。

なお、ヨウジヤマモト(現商号:YYJ)は、投資会社「インテグラル」の下で営業を続けながら経営再建を目指しています。

岩手県盛岡市 専門学校経営の(宗)蓬莱山誠神教が倒産

倒産速報です。岩手県盛岡市で専門学校経営を行っていました(宗)蓬莱山誠神教(代表者:土橋欣恭)が倒産しました。破産開始が決定しています。 負債総額 約2億4700万円です。

会社について
宗教法人として設立され、平成9年1月に現代表が就任、12年4月に北東北鍼灸福祉専門学校を開校した。北東北唯一の東洋医学専門学校として鍼灸学科を開設し、14年4月に柔道整復学科を加え、同年6月には北東北東洋医療専門学校に校名を変更した。

倒産の経緯
3年制で両科各60名の定員ほぼ満員の順調な経営振りで推移してきたが、18年4月に盛岡市内に同じ学科を持つ専門学校が開校し競合が激化。その後、生徒数の減少傾向が大きく、売上高は19年3月期約2億2000万円、20年3月期約1億4900万円、21年3月期約1億2500万円と減収基調が続いていた。そうした中、22年3月時点で定員360名に対し約110名と大幅な定員割れになるなど大幅な収入減から経営に行き詰まり、22年3月末を以って閉校する旨を関係先に通知していた。

22年3月、卒業生を除く在校生約60名については、盛岡市や仙台市の専門学校へ転入や編入できる手配を行っていた。

東京都新宿区に本拠を置く旅行会社のファー・イースト・トラベル・センターが倒産

倒産速報です。東京都新宿区に本拠を置く旅行会社の「ファー・イースト・トラベル・センター」は、5月11日付で事業を停止し、事後処理を弁護士に一任したことが明らかになりました。今後は自己破産を申請する見通し。

会社について
1969年に設立の同社は、カリブ海や東南アジアのビーチリゾートなどを扱う「スキップツアー」ブランドを主力に事業を展開し、90年代には年間約6億円規模の売上水準で推移していました。

倒産の経緯
しかし、その後は世界同時テロや新型インフルエンザ、景気後退による旅行需要の落ち込み等で売上が低迷。また、航空券の発券手数料におけるルール変更が追い打ちをかけたことで、事業継続を断念する事態に至ったようです。

倒産に直面したときに、悪化した経営状況を誰にも話すことが出来ない場合があります。そんなときに任意整理等の無料相談を思い出していただけると嬉しいですね。
本来であれば倒産に直面しないほうが良いのですが、もしもと言う場合はあるかも知れません。借金問題等の夜間相談も行っていますので、決して一人で悩まずに新しい展開が開ける解決方法を見つけ出す方法があることを覚えておいて損はないと思いますよ。

エヌシーぐんま:破産申請へ 負債5億円

倒産速報です。エヌシーぐんま:破産申請へ 負債5億円 /群馬

民間信用調査会社の東京商工リサーチ前橋支店によると、クレジットカード会社「エヌシーぐんま」(前橋市千代田町、1951年設立)が事業継続を断念した。前橋地裁に破産申請する予定という。負債総額は約5億円。

同支店によると、同社は91年から県内の商店街で使用できる商品券「NC商品券」を発行し、92年6月期の売上高は21億1000万円に上った。しかし、04年に関東財務局への商品券発行額を巡る虚偽報告が発覚。商品券の発行業務ができなくなり、09年6月期の売上高は2億2000万円に落ち込んでいた。

毎日、本当に沢山の倒産が起こっています。明日はわが身かもしれません。
倒産に直面したときに、悪化した経営状況を誰にも話すことが出来ない場合があります。そんなときに任意整理等の無料相談を思い出していただけると嬉しいですね。
本来であれば倒産に直面しないほうが良いのですが、もしもと言う場合はあるかも知れません。借金問題等の夜間相談も行っていますので、決して一人で悩まずに新しい展開が開ける解決方法を見つけ出す方法があることを覚えておいて損はないと思いますよ

<男子バスケ>bjリーグの高松が破産 負債5000万円

<男子バスケ>bjリーグの高松が破産 負債5000万円
男子プロバスケットボール、bjリーグの「高松ファイブアローズ」の運営会社「スポーツプロジェクト高松」(元二俊朗社長、資本金1億円)が14日、高松地裁に破産手続き開始を申し立てた。負債総額は約5000万円。破産開始決定は来週中にも出る見込み。同日付で所属選手6人とスタッフ3人は契約解除、従業員6人は解雇となった。同リーグのチーム運営会社の破産は初めて。チームの今後について、代理人弁護士は「リーグがチームをどうするかという問題」と述べた。

弁護士や元二社長によると同社は05年11月、穴吹工務店(昨年12月に会社更生手続き開始)グループを中心に、香川県内企業が出資して設立。しかし穴吹工務店は経営悪化で09年6月に広告を打ち切り、同グループが9割以上を占めたスポンサー収入は激減した。09〜10年シーズンは1口1万円の小口スポンサー獲得などでリーグに参戦したが、今年4月には選手の遠征費が出せなくなり、リーグ加盟チームが共同出資する基金から1000万円を借り入れていた。

高松は、リーグ創立2年目の06年11月から参戦。初シーズンはレギュラーシーズン3位、プレーオフ準優勝だったが、09〜10年シーズンはリーグを東西に分けた西地区で13勝39敗と最下位だった。

庄司和広主将(36)は「今年1、2月ごろ厳しい状態だと聞かされていたが、まさか破産してから言われるとは。相談されなかったのが悔しい。こんなふうに終わってしまって、応援してくれた人に申し訳ない」と肩を落とした。

任意整理等の無料相談

栃木県小山市で結婚式場を経営していた「菊廣」が倒産

倒産速報です。栃木県小山市で結婚式場を経営していた「菊廣」は、5月11日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1975年に設立の同社は、同市中心部にてウエディングプラザ「和田屋新館」をオープン。その後は、婚礼需要の低迷から宴会・会議・展示会等の多目的施設として事業を展開していました。

しかし、施設の老朽化や競争の激化で売上は落ち込み経営が悪化。また、借入金の返済が滞るなど資金繰りに行き詰まったことで、2009年7月には債権者から店舗の差し押さえを受ける事態となり、今回の措置に至ったようです。帝国データバンクによると、負債総額は推定3億円。

倒産に追い込まれることがないのが一番ですが、万一の時には任意整理等の無料相談があります。
倒産が人生の全てを決定してしまうわけではありませんので、万一の際にはぜひ任意整理等の無料相談を是非とも活用して新しい出発方法を見つけ出してください。

開所する前に倒産してしまった老人保健施設の(医)社団千住会

倒産速報です。東京都西多摩郡日の出町で老人保健施設の運営を行っていた (医)社団千住会(代表者:山西真彦)が倒産しました。破産の開始が決定しました。負債総額は調査中です。

会社について
(医)社団千住会は、介護老人保健施設として、西多摩郡日の出町に老人保健施設の開設に向けて準備をしていた。

倒産の経緯
だが、設立後2年以上経過しているにもかかわらず、未だに定款に定めた事業を開始しておらず、また法人名義の借入金を個人負債の返済に充てるなど多くの関係法令に抵触。さらに、理事長への貸付金約7000万円も回収できていない状況で施設の建設工事も中止されていた。

入所者がいない状況で負債が増加し、20年7月末時点で約1億4000万円の債務超過に陥っていた。東京都は一連の違反行為などを受け、当法人の設立認可を取り消しており、21年12月30日には解散していた。

債務整理・借金地獄からの救済【弁護士法人アヴァンセ】

長引く不況や外的要因に伴う旅行需要の低迷影響で倒産したグッドラックツアー

倒産速報です。東京都港区で旅行業を行っていたグッドラックツアー梶i代表者:松岡常次)が倒産しました。業務停止を取引関係先に通知しています。 負債総額が調査中です。

会社について
グッドラックツアー鰍フ商品コンセプトは、タイやインドなどアジアをはじめとする環太平洋地域における「トロピカルリゾート」としており、商標名「グッドラクツアー」のパッケージ商品を販売し、一時は年商50億円前後で推移していた。

倒産の経緯
しかし、長引く不況や外的要因に伴う旅行需要の低迷影響で採算も悪化、事業の継続が不可能との判断に至った、としている。
なお既に予約を受けたツアーについては可能な限り、適切な対応ができるように関係先と協議をする旨、併せて通知している。

自己破産
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。