モンゴルの資源開発事業投資のグローバルアイズ鰍ネど3社が倒産

倒産速報です。東京都港区でモンゴルの資源開発事業投資のグローバルアイズ梶i代表者:河原正佳)と関連会社である大阪府大阪市中央区のアイ・ベスト梶i代表者:河原正佳 )と東京都中央区のリアルアセットマネジメント梶i代表者:岡村和重)が倒産しました。第三者破産申立てが行われています。負債総額は調査中です。

会社と倒産の経緯について
グローバルアイズ鰍ヘモンゴルの資源開発事業投資を募って資金募集を無許可で行い、今2月には警視庁から金融商品取引法違反の容疑で家宅捜索を受けるなどしていた詐欺会社。既に会社の実態は消しているようである。警察は同容疑で逮捕すべきであったが、日本の警察は特に金融事件では亀さんだから既にトンズラしているようである。

編集後記
やはり成功者の頭の中は違った。本書では、そうそうたる起業家11人の頭の中を大公開。起業の原点、信念、失敗談、独自のマネジメント論など、膨大なお金と時間を費やしてきたノウハウをこの1冊に凝縮。

すごい人の頭ん中すごい起業家

佐々木かをり さんの言葉が印象に残りました。
「やると決めたことをやるという力をコミットメントというんですね。
絶対にやると信じていることは、必ず成し遂げられるということ。」

まだ今読みかけてるんですけど、これすごいです!!
めちゃめちゃヒントがいっぱい♪起業を考える人も、もう始めちゃってる人も、とても参考になる実体験から来る言葉を、いっぱい知ることが出来ます♪(^。^)

起業家11人のインタビュー集。
どのインタビューも面白い。個性がくっきり、やる気と夢とあきらめない気持ちを感じました。


債務整理は司法書士へ

兵庫県三木市でゴルフ場「関西ゴルフ倶楽部」経営の三明 鰍ェ倒産

倒産速報です。兵庫県三木市でゴルフ場「関西ゴルフ倶楽部」経営の三明 梶i代表者:松本豊行)が倒産しました。民事再生の適用を申請し、保全命令を受けています。負債総額は145億円です。

会社について
三明 鰍ヘ、2003年(平成15年)1月に大松産業(株)(三木市)より分社化して設立。同社が経営していたゴルフ場「関西ゴルフ倶楽部」(18ホール、パー72、7026ヤード)のほか、同ゴルフ場に隣接するゴルフ練習場「よかわゴルフスクエアヴェルデ」の経営を手がけ、2006年9月期には年収入高約9億3000万円をあげていた。

倒産の経緯
しかし、景気低迷や近隣ゴルフ場との競争激化により、入場者数・客単価ともに落ち込み、2009年9月期の年収入高は約8億1100万円にダウン。設立以来、毎期赤字決算が続き債務超過に陥っていたことで、今年12月に迫った預託金償還のメドが立たなくなり自主再建を断念。今回の措置となった。

なお、11月12日付でリゾートトラスト梶i東証・名証1部)および同社100%出資子会社のリゾートトラストゴルフ事業梶i名古屋市)と再建支援契約を締結し、今後、リゾートトラストゴルフ事業鰍ェ三明のスポンサーに就任する予定となっている。

編集後記
不運は幸運の入り口である。
[ 内容 ]
勝負師として長年にわたり「運」について考察し、研究を続けてきた著者による、目からウロコの「勝負運」論。目先の不運に惑わされることなく、真の幸福をつかみ取るには何を大切にすべきか。ここにすべてを披露。

不運のすすめ

「不運」と「幸運」は、まさに表裏一体の関係にある。「幸運」だけでは人生は勝てない。



債務整理は司法書士へ

東京都江東区で印刷、紙卸しのサンケイワークス鰍ェ破産へ

倒産速報です。東京都江東区で印刷、紙卸しのサンケイワークス梶i代表者:池田速雄)が倒産しました。事業を停止し、事後処理を弁護士に一任し、破産手続開始申立の準備に入っています。負債総額は10億円です。  

会社について
サンケイワークス鰍ヘ昭和63年7月に設立し、洋紙卸売業を中心に事業を展開していたが、その後、印刷事業に参入し、パンフレット、チラシ、名刺、ゼッケン等の企画・製作、また断裁加工も手掛け、近年では図書館のブックコーティング事業にも参入していた。
平成18年7月期には年商10億1,500万円内外を計上していた。

倒産の経緯
その後、印刷業界の低迷に伴い受注状況が悪化し、平成21年7月期には年商5億5,000万円内外にまで落ち込み、利益面も急降下し、厳しい運営状況となっていた。

そうしたなか、平成21年11月に竃L和印刷(千葉県佐倉市、印刷)から設備・従業員と共に一部事業を譲り受け、大幅に業容を拡大。しかし、もともと収益状況が悪化していた上に、譲り受けた事業も経費がかさみ収益改善には寄与せず、結果、平成22年7月期は年商10億6,700万円内外と大幅増収となった一方で、営業赤字5,100万円内外を計上し、最終赤字転落を余儀なくされた。

この間、主力仕入先の1社は今年4月に債権譲渡登記を設定して保全強化へ向かい、さらに今年8月には主力受注先の潟jチオリ(東京都新宿区、印刷・広告デザイン等、10月25日破産手続開始決定)が事業を停止したことで周囲の警戒心はますます強まっていた。そのようななか今年9月7日に事業を停止した滑p谷商店(石川県金沢市、紙卸し、11月1日破産手続開始決定)に対し、多額の焦げ付きが発生し、資金繰りが急激に悪化。9月10日の決済ができず、その後、仕入先数社の協力を得ながら9月末や10月の決済を乗り越えてきたが、それも限界となり、今回の事態となった。

編集後記
TV番組で数々の経営者が波乱万丈の人生を語っています。有名企業の経営者の普段なかなか聞けない話を実からジュースを搾り出すように、そのエッセンスだけを凝縮した本だと思います。1つ1つ納得することばかりです。官僚的な会社にありがちな状況が経営陣には本書に登場する経営者の金言が胸に突き刺さるでしょう。

カンブリア宮殿 村上龍×経済人社長の金言

債務整理は司法書士へ

北海道登別市でゴルフ場運営登別リゾート開発鰍ェ倒産

倒産速報です。北海道登別市でゴルフ場運営登別リゾート開発梶i代表者:南太郎)が倒産しました。民事再生の手続開始申立を行っています。負債総額は13億円です。

会社と倒産の経緯について
昭和60年3月に設立したゴルフ場運営会社で「登別カントリー倶楽部」を経営。ピーク時の年商は3億円を超えていたが、近年はプレーヤーの減少が続き、平成21年12月期時点の売り上げは1億5,000万円内外の計上にとどまっていた。収益も低調ななか、預託金償還問題も重なり今回の措置となった。

編集後記
世の大半の企業は、戦略と戦術を混同している。成長第一で事業を拡大したのに何の利益も出なかった、という企業が少なくない。見せかけの「戦略」が、企業の存続を危うくする。目指すべきは、長期で見た利益を最大化することである。それを実現する戦略はマニュアル化になじまず、突き詰めれば人に宿る。現実のデータと事例を数多く紹介し、腹の底から分かる実践的戦略論を説く本書は、ビジネスパーソン必読の書である。

経営戦略を問いなおす

やはり「経営は人次第」ということのようです。企業はやはり、いかに良い人材を集め、育てるかということが最も重要だと改めて感じました。
三品さんは日本企業の経営戦略の不全を訴えている方です。
経営戦略は経営トップの頭の中に有り、優れた経営トップを継続的に生み出す仕組みが、企業成功の鍵との論理を展開しております。一生懸命働いているのに、なぜ日本企業は収益率が先進諸外国に比べて低いのか?その回答の一端がここには有ります。


債務整理は司法書士へ

東京都葛飾区でネットツアー旅行代理業者の鰍q−A−Jが倒産

倒産速報です。東京都葛飾区でネットツアー旅行代理業者の鰍q−A−J(代表者:ラジキショール・カトリ)が倒産しました。事業を停止していましたが、破産開始決定を受けています。負債総額は8億円です。

会社と倒産の経緯について
消費不況で旅行者が少なくなったことによる。
鰍q−A−Jに対して既に支払い、楽しみにしていた旅行に行けなくなった多くの人がまた犠牲になった。

編集後記
クレジット・サラ金・商工ローン・ヤミ金融に負けない
本書は、クレジット・サラ金・商工ローン・日掛け金融・ヤミ金融などによる被害者の生々しい体験を紹介するとともに、サラ金CMの問題点、クレジット・サラ金・商工ローン・日掛け金融・ヤミ金融などの問題点、高金利のサラ金や商工ローンを利用しないで済む公的低利融資制度の紹介、多額の借金を抱えた場合の解決方法と相談窓口などをわかりやすく解説したものである。

借金地獄からの脱出法


過払い金請求最終案内

東京都江東区で印刷業のサンケイワークス鰍ェ角谷商店に連鎖して倒産

倒産速報です。東京都江東区で印刷業のサンケイワークス梶i代表者:池田速雄)が倒産しました。事業を停止し、事後処理は弁護士に一任し、自己破産の準備に入っています。負債総額は10億円です。 

会社と倒産の経緯について
9月1日に破綻した滑p谷商店に約5,000万円の焦げ付きが発生、手をいろいろ打ったが、不況から受注不振もあり資金繰りに限界が生じ自己破産に至った。
民事再生でも良かったと思われるが疲れたのであろう。

編集後記
会社を変える経済が変わる
倒産は企業の死滅ではない―法的整理・私的整理の仕組みや投資ファンドの役割をわかりやすく解説。

事業再生って何だろう?


債務整理は司法書士へ

福岡県福岡市東区でソフト販売会社の潟Pイ・シー・エスが倒産

倒産速報です。福岡県福岡市東区でソフト販売会社の潟Pイ・シー・エス(代表者:堺徳昭 )が倒産しました。自己破産が決定しています。負債総額は1億5000万円です。

会社と倒産の経緯について
不況や経費節減により官庁や企業・個人などがソフト投資を大幅にダウンさせていることから、同社は販売不振に陥り、今回の事態に至った。

編集後記
企業再生プロセスのすべてを詳解。DCF法に基づいた企業実態分析から具体的な健全化・再建手段まで、第一線のプロが体系的に解説した必読の教科書。

企業再生の実務

少し古い本ですが、基本的な実務知識の整理には役立ちます。


借金問題バッサリ解決

36億円の融資を騙し取ったTLC鰍ェ破産

倒産速報です。東京都港区で債権管理・売買会社のTLC梶i代表者:宮本敏之)が倒産しました。破産開始の決定を受けています。負債総額は現在調査中です。

帳簿上の貸付金債権につき、利息制限法上の制限利率による引き直し計算をして債権債務を確定する必要があり、この結果、帳簿上の貸付金債務者が債権者に変更されて債権者数が大幅に増加する可能性があるとしている。

会社について
潟GーエスエーKK17として設立、平成19年11月TLC鰍ノ商号変更し20年1月9日、破産した中堅消費者金融潟激^スカード(京都市中京区、平成20年12月26日破産開始決定)からカードローン債権約4500件を譲り受け、同年2月、大手債権回収会社にローン債権の回収を委託していた。

倒産の経緯
しかし、レタスカードを巡ってはその後、元財務担当役員が架空債権をもとに、36億円の融資を騙し取ったとする有罪判決が言い渡され、債権の大半が架空であったことが判明。過払い金の返還請求が相次ぎ、資金繰りが悪化して破産した背景があった。

この債権を譲り受けたTLCも、債務者に「不当利得(過払い金)返還請求をご検討の皆様へ」とする書類を送付し、レタスカードから移管された債務者の相当数が、利息制限法による引き直し計算後に残債が残っていない過払いの債務者となっている恐れがあるとし、債権者との間に混乱があり債権回収がうまくいっていなかった状態にあった。

過払い金請求最終案内


今後、債権届出を待ち確認作業を進めるが、破産申立書によると配当見込みが無く、破産手続き廃止となる可能性があるとしており、改めて通知案内を行うとしている。第1回債権者集会は平成23年3月22日午前11時より開催される。

編集後記
教科書では教えてくれない!超リアルな決算書の読み方
世の中はキタナイ決算書だらけ!「別表」「内訳書」「資金繰りマトリクス」「返せないのをわかっててお金を借りろ」…など、なかなか聞けない話が満載!「税理士は教えてくれない!」「銀行員は知らない!」超リアルな会計講座実況中継。

借金社長のための会計講座

中小企業経営者にはお勧めできる。確かに、大企業以外の経営、財務の本質的なことが書かれているとは思う。

東京都で不動産管理の潟Gスエフシーが倒産

倒産速報です。東京都で不動産管理の潟Gスエフシーが倒産しました。負債総額は37億9000万円です。

会社と倒産の経緯について
潟Gスエフシーは昭和50年設立で、パチンコホール経営のグループ企業でした。バブル期に不動産に多額の資金投下ことで重荷になっていました。

編集後記
上に立つもの必読。ためになる。

松下幸之助の人の動かし方

「松下電器は人をつくる会社である」「完璧主義では会社も人も成長しない」―松下幸之助の経営哲学、人づくりの秘訣をつかみとれ。できるビシネスマンをめざす人必読の、ひとまわり大きな自分に出会うための書。



借金問題バッサリ解決

架空の消費者ローン債権を譲り渡していた債権管理・売買会社のTLC鰍ェ破産

倒産速報です。東京都港区で債権管理・売買会社のTLC梶i代表者:宮本敏之)が倒産しました。破産開始決定を受けています。負債総額は調査中です。

会社と倒産の経緯について
TLC鰍ヘ、架空の消費者ローン債権を譲り渡したとして元社長らが逮捕された中堅消費者金融「レタスカード」の詐欺事件で、代金約36億円の被害に遭ったとされ、債権の大半が水増しだったため、回収が滞っていたとされる。債権譲渡後の過払い金返還請求問題が根底にある。

編集後記
会社倒産までのさまざまな出来事が書かれていて、自分の会社が倒産したら・・・考えさせられた。

社長失格

おれが書かなきゃ、だれが書く。注目のベンチャー企業は、なぜ倒産したのか。迫真の告白ノンフィクション。



債務整理は司法書士へ
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。