東京都大田区でホテル経営、不動産賃貸の椛蜩c精機など2社が倒産

倒産速報です。東京都大田区でホテル経営、不動産賃貸の椛蜩c精機(代表者:大山光礎)など2社が倒産しました。破産手続き開始決定受けています。負債総額は35億円です。
負債額 負債35億円

会社にいて 
椛蜩c精機は、1966年(昭和41年)4月に機械加工を目的として設立。その後、81年からホテル経営と不動産賃貸に業態を転換し、93年9月期には年収入高約1億7400万円を計上していた。
 
倒産の経緯
しかし、不動産取得やホテル建設にともなう借入金が年商を大きく上回り経営を圧迫していたうえ、業況も縮小したことから資金繰りがひっ迫。2003年12月には事務所を閉鎖し、事業を停止していた。拒蜴R企画は、1962年(昭和37年)1月に設立。パチンコ店やカラオケ店を経営していたが、椛蜩c精機に連鎖する形となった。
負債は、椛蜩c精機が債権者約2名に対し約18億円、拒蜴R企画が約17億円、2社合計で約35億円。

PR:借金問題等の夜間相談

ゴルフ場運営の日栄リゾート鰍ェ276億円の負債で倒産

倒産速報です。東京都中央区で ゴルフ場運営の日栄リゾート梶i代表者:大槻孝)が倒産しました。破産手続き開始決定受けています。負債総額は276億5,000万円です。

会社について
日栄リゾート鰍ヘ、1951年(昭和26年)12月に設立。休眠などの変遷を経て、日栄総業梶i東京都中央区)に買収されゴルフ場運営業者として再開、94年に埼玉県皆野町で「ミッションヒルズカントリークラブ」(18H)をオープンした。フェアウエイは緩やかにうねり、池・バンカー・マウンドなど変化に富むコース設計であることに加え、宿泊施設も完備しておりリゾート型のゴルフコースとして知られていた。バブル崩壊後の長期の景気低迷で来場者数は減少傾向をたどっていたものの、プレー費の引き下げを行い来場者数を維持、2002年3月期には年収入高約3億4500万円を計上していた。

倒産の経緯
しかし、近隣ホールとの競合もあって来場者数は落ち込み、2004年1月にはゴルフ場運営事業を他社へ移管、2005年3月期からは会費徴収業務のみ行っていた。こうしたなか、2004年10月頃からは預託金償還が開始されたが、償還原資に乏しく、期間延期や分割返済にて対応することとなったが、2005年3月にはグループの実質中核であった日栄総業鰍ェ破産手続き開始決定を受け、当社の動向も注目されていた。その後、2005年10月からは当社が再び「ミッションヒルズカントリークラブ」の運営を引き継ぎ、リストラを通じて経営再建を図ったが、2007年にはゴルフ場内で土砂崩れが起こりプレーに支障が出るなど事業環境は改善されず、自力での経営再建を断念。2008年10月14日に民事再生法を申請し、事業譲渡による再建計画を進めていたが、同計画が破談となり事業継続が困難となった。

編集後記
再建計画は常に作成するように心がけると良いですよ。税務署のためであったにしても、多くの企業では決算書は作成しているはずです。決算書が出来たら次期の計画書を作成し、必要に応じて再建計画を作りましょう。
赤字とか黒字とかは全く関係なしに、作ることが大切です。

PR:任意整理等の無料相談

大阪市に本拠を置く「サン工芸印刷」が自己破産へ

倒産速報です。大阪市に本拠を置く「サン工芸印刷」は、6月25日付で事業を停止し、自己破産申請の準備に入り倒産する見通しが明らかになりました。負債総額は約15億円。

会社について
1946年に創業の同社は、カタログ・パンフレット・チラシ・ポスター等の商業印刷を手掛け、本社工場のほか奈良県にも工場を所有、ピーク期には年間約27億円の売上を計上していました。

倒産の経緯
しかし、近年は競争激化による受注単価の下落で収益が落ち込むと、景気低迷の影響もあり売上はピーク期の3分の2程度まで減少。今後も業績回復は見込めないと判断、事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

編集後記
印刷業界や広告宣伝業界は、企業の宣伝広告費削減によって売上が激減しているようですね。
しかし、指をくわえて倒産を待っている訳にはいかないですよね。そこで、仕事の捉え方を少しだけ変えてみると、新しい方向性が生まれることもあるのではないでしょうか。
事業計画書を作成して、今後のすすむべき道筋を探してみてください。

ゴルフ場運営管理の「P・T・C」が倒産

東京都港区西新橋に本拠を置くゴルフ場運営管理の「P・T・C」は、6月16日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。負債額は13億7200万円以上の見通し。

会社について
2005年に休眠会社を買収するかたちで事業を開始した同社は、岐阜県飛騨市の「飛騨カントリークラブ」、同高山市の「上宝カントリークラブ」、同山県市の「高富ゴルフ倶楽部」の運営会社を次々に買収し、運営管理やゴルフ会員権の販売代理などを主力に事業を行っていました。

倒産の経緯
しかし、景気低迷の影響からゴルフ場の売上が落ち込むと同社の業績も悪化。買収時の資金調達先に対する弁済が滞るなど資金繰りも逼迫し、2009年11月に債権者より破産を申し立てられ今回の事態に至ったようです。

不明瞭な融資事件が起因した潟Wャックアカウンティングが倒産

倒産速報です。東京都千代田区で給与計算業務の潟Wャックアカウンティングが倒産しました。特別清算手続き開始決定受けています。負債総額は170億2,000万円です。

会社について
潟Wャックアカウンティングは、2000年(平成12年)2月に東証2部上場で中古車販売企業のジャック・ホールディングス梶i現・潟Jーチスホールディングス)のグループ各社から給与計算処理などのアウトソーシングを受託するために設立された。

倒産の経緯
2000年9月中間期のジャック・ホールディングス鰍フ決算発表では、同社が当社に200億円の貸付を行うなど密な関係となっていたが、2001年6月にジャック・ホールディングス鰍フ不明瞭な融資事件で業務上横領容疑で同社の会長、社長が逮捕された事件に当社が関与していたことが明らかになっていた。その後、親会社グループの再編に伴い2009年9月30日の株主総会で解散を決議していた。

編集後記
斎藤一人さんが教えてくれた「心のスッキリ掃除法」が、斎藤一人人生の問題がスーっと解決する話です。

経営で困ったことがあったときにはぜひ読んでみてください。困ったことは起こらないと言うのが斎藤一人さんの考え方です。

会員より会社更生法申し立てをされた鞄総カントリークラブの真相

倒産速報です。東京都港区でゴルフ場経営の鞄総カントリークラブ(代表者:桐谷重毅)が倒産しました。再生計画案否決され、会員より会社更生法申し立てられています。負債総額は128億円です。

会社について 
鞄総カントリークラブは、1977年(昭和52年)7月に設立。77年10月にオープンした「南総カントリークラブ」(36H)の経営を手がけ、92年9月期には年収入高約17億600万円をあげていた。

倒産の経緯
こうしたなか、親会社の業績悪化などから2006年11月にゴールドマン・サックスグループの傘下に入り運営を続けてきたが、2009年7月以降はかつて延長していた預託金償還を順次迎えることになり、2010年1月22日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請していた。

しかし、スポンサーの選定経過を含め経営に不満を持つ会員によって「南総CCを守る会」が結成される事態となり、再生計画案に反対する活動を展開。6月23日開催の債権者集会で再生計画案が否決され、今後、管財人主導による再建を行うべく「南総CCを守る会」所属の有志19名が会社更生法の適用を申請した。一方、鞄総カントリークラブ側は、再度の民事再生申し立てを検討するとしている。

編集後記
90年代に600以上開業したゴルフ場が昨年度は100件破綻、負債総額は空前の二兆円を突破した。外資“ハゲタカ”ファンドの買い漁りが激化する一方、荒廃した跡地への産廃不法投棄も続いている。ゴルフ場問題を15年間追い続けてきたジャーナリストが、環境破壊だけでなく人間破壊をももたらしている今日の異常な状況に迫る、渾身のドキュメント。

ゴルフ場廃残記

設立当初より収益面は厳しかった神戸ポートリサイクルが倒産

倒産速報です。兵庫県神戸市に本拠を置く産業廃棄物処理の「神戸ポートリサイクル」は、6月17日付で神戸地方裁判所へ民事再生法の適用を申請し倒産したことが明らかになりました。負債総額は約10億円。

会社について
2002年に設立の同社は、臨海部における自動車リサイクルシステムに加え、廃プラスチック、廃タイヤ、木くず等のリサイクルを展開。同社施設は神戸ポートアイランド内の港湾バースに隣接し、陸上輸送に比べ環境負荷の少ない海上輸送が容易に行えるとして注目を集めていました。

倒産の経緯
しかし、設立当初より収益面は厳しく推移していたことに加え、前代表が代表を兼務していた会社が経営破綻したことで資金の後ろ盾を失い経営が悪化。その後も別グループ傘下で事業継続を目指したものの、市況の悪化から単独での再建は困難と判断し、今回の措置に至ったようです。

編集後記
すごいCDでした。。これを買って本当によかったと思いました。。何の才能もなくてもいいんだな、ということがわかりました。。よかったです。。

斎藤一人天才の謎

東京都豊島区に本拠を置く貸金業の「フォーメイト」が倒産

倒産速報です。東京都豊島区に本拠を置く貸金業の「フォーメイト」は、6月10日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。負債額は約10億8200万円。

会社について
同社は、東証1部上場で総合人材サービスを手掛ける「フルキャストホールディングス」(HD)の100%出資子会社「フルキャストファイナンス」として2004年に設立。グループの登録スタッフ向けに、無担保ローンや各種福利厚生サービスを提供するなど事業を展開していました。

倒産の経緯
しかし、2009年には「フルキャストHD」が全株式を売却し資本関係を解消すると、約14億円におよぶ債権を別会社へ譲渡したことが判明。
同社はグループ離脱の影響から現商号へ改称し、当該会社と支払いに関する協議を続けたものの、難航の末に合意できず、4月30日付で債権者に破産を申し立てられ、遂に今回の措置となったようです。

編集後記
斎藤一人さんが教えてくれた「心のスッキリ掃除法」。

斎藤一人人生の問題がスーっと解決する話

同感できるところが沢山あり、引き込まれるように一気に読んでしまいました。特に家族の問題については、参考になりました。また、この本をとおして、一人さんの考え方についても興味をもったので、今度は一人さんの本も読んでみようと思いました。

東京・赤坂に本拠を置く老舗印刷業の「技報堂」が倒産

倒産速報です。東京・赤坂に本拠を置く老舗印刷業の「技報堂」は、6月7日に本社事務所を閉鎖し、9日付で債務整理を弁護士に一任したことが帝国データバンクの調べで明らかになりました。2009年4月期末時点の負債総額は約13億4700万円。

会社について
1936年に出版業として創業、1946年に法人化した同社は、書籍などの出版印刷を主力とするほかポスターなどの商業印刷にも業容を拡大し、好況期には年間40億円規模の売上を計上するなど業績は順調に推移していました。

倒産の経緯
しかし、景気低迷やインターネットの普及による出版不況の影響で受注が大幅に減少すると、設備投資などの借入金により同社の資金繰りは逼迫。債権者に対し返済猶予を要請するも、必要数の同意が得られなかったことで決済難に陥り、やむなく今回の措置に至ったようです。

編集後記
簡潔に書かれていて 読みやすいです 書いている内容は自分の為になります 面白いもので6回目読んだ感じと7回目に読んだ感じが全然違いました 最後にある6回では駄目です 7回読んでくださいに影響されたのか 受ける感じが違い中身というか裏が感じれた感じです 7回読んでみてはいかがですか

人生が全部うまくいく話

「嫌な気分」がしても、すぐ「スっとした気分」になる、「景気の悪いとき」に「景気のいい話」ができる、「売れる物」を「飛ぶように売れる物」にする…「1回読む」と困ったことがなくなる。「7回読む」とすべてが思い通りになる。「伝説の名著」、ついに文庫化。

京都市左京区の旅館美津濃が売上激減で倒産

倒産速報です。京都市左京区の宿泊施設「旅館美津濃」は、6月4日付で京都地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。負債総額は約3億円。

会社について
1950年に創業の同館は、鴨川平安神宮の近くに位置する客室数18室の旅館で、修学旅行生などの団体観光客を主な顧客として営業を行っていました。

倒産の経緯
しかし、レジャーの多様化に加え景気低迷による旅行者の減少で売上が落ち込むと、資金繰りの悪化から京都市による不動産の差し押さえ設定がなされるなど信用が失墜。今後も業績回復が見込めないと判断、5月30日に事業を停止し今回の措置に至ったようです。

編集後記
旅館美津濃」は、2009年7月に全館リニューアルしたばかりでした。
景気の悪化で設備投資の負担が大きかったのでしょうね。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。