第三セクターの名古屋臨海高速鉄道鰍ェ460億円の負債で倒産

倒産速報です。愛知県名古屋市港区で鉄道事業の名古屋臨海高速鉄道(代表者:齋藤圭三)が倒産しました。事業再生ADR手続を申請すると発表しています。負債総額は460億円です。

会社について
名古屋臨海高速鉄道鰍ヘ、名古屋市や愛知県、JR東海など19社が出資する第三セクター、国際港湾:名古屋港と名古屋都心部15.2キロメートルを結ぶ旅客路線「あおなみ線」を平成16年10月開業した。

倒産の経緯
しかし、1日あたりの乗車人員は当初見込みの6万6000人に対して半分以下の2万7000人にとどまり、初期工事費用750億円の借入金や償却負担は重く設立当初から連続赤字を計上。平成22年3月期は営業収益18億9244万円に止まり、鉄道事業用資産の減損損失を特別損失(413億円)に計上、最終赤字は436億円と巨額に達し、債務超過(414億円)に陥った。

今後は、資本金157億円の全額減資、愛知県と名古屋市からの借入金計307億円は債務の株式化、日本政策投資銀行が債権放棄する約120億円は名古屋市が損失補填する予定。さらに減資後の増資、資産圧縮、人件費削減を行うことで再建を図り早期の黒字化を目指す。

ゴルフ人口や接待ゴルフの減少などで倒産した竃ツ海カントリー倶楽部

倒産速報です。愛知県名古屋市緑区でゴルフ場経営の竃ツ海カントリー倶楽部(代表者:川口久雄)が倒産しました。民事再生法の適用を申請しました。負債総額は預託金約52億4,800万円を含め約57億5,100万円です。

会社について
竃ツ海カントリー倶楽部は、1974年(昭和49年)3月に大手食品メーカーの大株主などの出資によって設立。名古屋市内では数少ないゴルフ場として、「鳴海カントリー倶楽部」(18ホール、会員数1211名)を経営し、89年2月期は年収入高約6億6900万円を計上していた。

倒産の経緯
しかし、バブル崩壊後はゴルフ人口や接待ゴルフの減少などで入場者数の伸び悩みが続き、近時も不況の影響から2010年2月期の年収入高は約5億4800万円にダウン。赤字経営が続いていた。  経営の悪化により預託金の償還に応じることができず、先行きの見通し難から今回の措置となった。

編集後記
竃ツ海カントリー倶楽部でも損益分岐点が非常に高いですね。中小・零細企業にはこのような内容の会社が多いのでしょうね。そこで損益分岐点を低くする方法を講じることが必要になってきます。「損益分岐点」の実務が面白いほどわかる本には、非常に簡単でユニークな方法が書かれています。誰にでも出来る方法ですので、ぜひ実行して倒産を回避させましょう。
売上や借入金の返済ばかりに目が行ってしまって、抜本的な解決方法を探し出せていないのではないでしょうか。

PR:借金問題等の夜間相談

宮城県大崎市で鳴子温泉湯元の旅館経営会社のますやが倒産

倒産速報です。宮城県大崎市で鳴子温泉湯元の旅館経営会社のますや(代表者:高橋忠彦)が倒産しました。経営悪化のため事業を停止しています。負債総額は29億7,000円です。

会社について
ますやは1915(大正4)年創業。老舗旅館「ねまりこの宿ますや」を運営し、92年に高級旅館「湯の宿吟の庄」をオープン。05年4月期には年商約8億7000万円を計上した。

倒産の経緯
しかし、大型設備投資で借入金が膨らみ、08年6月の岩手・宮城内陸地震の風評被害で利用客が減少。債務超過に陥り、今年6月30日付で従業員80人を全員解雇した。 7月1日に同業他社と事業譲渡の仮契約を結んでおり、今後リニューアルオープンする予定。

編集後記
年商約8億7000万円であれば常識的な負債額は10億円以下なのですね。しかし、30億円近い負債を抱えていたとは異常としか言いようがありません。
斎藤一人の百戦百勝(商売編)は、斎藤一人さんにしては非常に珍しい経営の本になっています。負けないあるいは倒産しない経営を学んで欲しいですね。

神奈川県小田原市に本拠を置く専門学校経営の「学校法人川瀬学園」が倒産

倒産速報です。神奈川県小田原市に本拠を置く専門学校経営の「学校法人川瀬学園」は、6月9日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。負債総額は約2億7000万円。

会社について
1938年に創業の同法人は、小田原駅近くでファッション系専門学校の「OFAカレッジ&ハイスクール」を経営。長い業歴から同分野では知られた存在として、多くの卒業生を輩出してきました。

倒産の経緯
しかし、少子化による学生の減少や、大手同業他社との競争激化により業績が悪化。今年3月には事実上の閉校を決め、遂に今回の措置となったようです。

編集後記
少子化で経営が苦しくなったのは理解できますが、倒産に追い込まれたことには残念ですね。
競争激化での業績悪化となっていますが、本当は「共創」が必要なのですね。
共創のマネジメントとは、一般的にニッチなどという言葉で言われる場合もありますが、ハンバーガーや牛丼にしても飲食業全体から見ればニッチな範疇です。
事業を特化させる、あるいは多角化させるなどの経営方針を立案するのが経営者の最大の課題ではないでしょうか。
競争があれば、競争しない方法を模索してください。

東京都渋谷区に本拠を置く飲食店経営の「ナチュラルビート」が倒産

倒産速報です。東京都渋谷区に本拠を置く飲食店経営の「ナチュラルビート」は、6月15日付で東京地方裁判所より特別清算の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。負債総額は約5億5000万円。

会社について
2004年に設立の同社は、サンドイッチをメインにしたカフェチェーンを展開。無添加食材にこだわったスローフードをテーマに、主に若い女性から支持を受け、2007年3月期には年間約7億円の売上を計上していました。

倒産の経緯
しかし、設立当初より業績は伸び悩んでいたことに加え、景気低迷による売上の減少で経営が悪化。今年5月には株主総会で解散を決議し、今回の措置に至ったようです。

編集後記
ファーストフードの裏返しになるスローフードを狙った経営で、目の付け所は悪くなかった思いますね。ただし、経営に対する目の付け所があまり良くなかったのではないでしょうか。
スローフードを目指すのあればスロー経営を目指しても良かったのではないでしょうか。スロー経営とは大きく成長する経営ではなく、堅実に利益を確保しながらの経営ではないでしょうか。
小さな会社生き残りのルールがあることを知らなかったとは残念ですね。

東京都大田区でホテル経営、不動産賃貸の椛蜩c精機など2社が倒産

倒産速報です。東京都大田区でホテル経営、不動産賃貸の椛蜩c精機(代表者:大山光礎)など2社が倒産しました。破産手続き開始決定受けています。負債総額は35億円です。
負債額 負債35億円

会社にいて 
椛蜩c精機は、1966年(昭和41年)4月に機械加工を目的として設立。その後、81年からホテル経営と不動産賃貸に業態を転換し、93年9月期には年収入高約1億7400万円を計上していた。
 
倒産の経緯
しかし、不動産取得やホテル建設にともなう借入金が年商を大きく上回り経営を圧迫していたうえ、業況も縮小したことから資金繰りがひっ迫。2003年12月には事務所を閉鎖し、事業を停止していた。拒蜴R企画は、1962年(昭和37年)1月に設立。パチンコ店やカラオケ店を経営していたが、椛蜩c精機に連鎖する形となった。
負債は、椛蜩c精機が債権者約2名に対し約18億円、拒蜴R企画が約17億円、2社合計で約35億円。

PR:借金問題等の夜間相談

ゴルフ場運営の日栄リゾート鰍ェ276億円の負債で倒産

倒産速報です。東京都中央区で ゴルフ場運営の日栄リゾート梶i代表者:大槻孝)が倒産しました。破産手続き開始決定受けています。負債総額は276億5,000万円です。

会社について
日栄リゾート鰍ヘ、1951年(昭和26年)12月に設立。休眠などの変遷を経て、日栄総業梶i東京都中央区)に買収されゴルフ場運営業者として再開、94年に埼玉県皆野町で「ミッションヒルズカントリークラブ」(18H)をオープンした。フェアウエイは緩やかにうねり、池・バンカー・マウンドなど変化に富むコース設計であることに加え、宿泊施設も完備しておりリゾート型のゴルフコースとして知られていた。バブル崩壊後の長期の景気低迷で来場者数は減少傾向をたどっていたものの、プレー費の引き下げを行い来場者数を維持、2002年3月期には年収入高約3億4500万円を計上していた。

倒産の経緯
しかし、近隣ホールとの競合もあって来場者数は落ち込み、2004年1月にはゴルフ場運営事業を他社へ移管、2005年3月期からは会費徴収業務のみ行っていた。こうしたなか、2004年10月頃からは預託金償還が開始されたが、償還原資に乏しく、期間延期や分割返済にて対応することとなったが、2005年3月にはグループの実質中核であった日栄総業鰍ェ破産手続き開始決定を受け、当社の動向も注目されていた。その後、2005年10月からは当社が再び「ミッションヒルズカントリークラブ」の運営を引き継ぎ、リストラを通じて経営再建を図ったが、2007年にはゴルフ場内で土砂崩れが起こりプレーに支障が出るなど事業環境は改善されず、自力での経営再建を断念。2008年10月14日に民事再生法を申請し、事業譲渡による再建計画を進めていたが、同計画が破談となり事業継続が困難となった。

編集後記
再建計画は常に作成するように心がけると良いですよ。税務署のためであったにしても、多くの企業では決算書は作成しているはずです。決算書が出来たら次期の計画書を作成し、必要に応じて再建計画を作りましょう。
赤字とか黒字とかは全く関係なしに、作ることが大切です。

PR:任意整理等の無料相談

大阪市に本拠を置く「サン工芸印刷」が自己破産へ

倒産速報です。大阪市に本拠を置く「サン工芸印刷」は、6月25日付で事業を停止し、自己破産申請の準備に入り倒産する見通しが明らかになりました。負債総額は約15億円。

会社について
1946年に創業の同社は、カタログ・パンフレット・チラシ・ポスター等の商業印刷を手掛け、本社工場のほか奈良県にも工場を所有、ピーク期には年間約27億円の売上を計上していました。

倒産の経緯
しかし、近年は競争激化による受注単価の下落で収益が落ち込むと、景気低迷の影響もあり売上はピーク期の3分の2程度まで減少。今後も業績回復は見込めないと判断、事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

編集後記
印刷業界や広告宣伝業界は、企業の宣伝広告費削減によって売上が激減しているようですね。
しかし、指をくわえて倒産を待っている訳にはいかないですよね。そこで、仕事の捉え方を少しだけ変えてみると、新しい方向性が生まれることもあるのではないでしょうか。
事業計画書を作成して、今後のすすむべき道筋を探してみてください。

ゴルフ場運営管理の「P・T・C」が倒産

東京都港区西新橋に本拠を置くゴルフ場運営管理の「P・T・C」は、6月16日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。負債額は13億7200万円以上の見通し。

会社について
2005年に休眠会社を買収するかたちで事業を開始した同社は、岐阜県飛騨市の「飛騨カントリークラブ」、同高山市の「上宝カントリークラブ」、同山県市の「高富ゴルフ倶楽部」の運営会社を次々に買収し、運営管理やゴルフ会員権の販売代理などを主力に事業を行っていました。

倒産の経緯
しかし、景気低迷の影響からゴルフ場の売上が落ち込むと同社の業績も悪化。買収時の資金調達先に対する弁済が滞るなど資金繰りも逼迫し、2009年11月に債権者より破産を申し立てられ今回の事態に至ったようです。

不明瞭な融資事件が起因した潟Wャックアカウンティングが倒産

倒産速報です。東京都千代田区で給与計算業務の潟Wャックアカウンティングが倒産しました。特別清算手続き開始決定受けています。負債総額は170億2,000万円です。

会社について
潟Wャックアカウンティングは、2000年(平成12年)2月に東証2部上場で中古車販売企業のジャック・ホールディングス梶i現・潟Jーチスホールディングス)のグループ各社から給与計算処理などのアウトソーシングを受託するために設立された。

倒産の経緯
2000年9月中間期のジャック・ホールディングス鰍フ決算発表では、同社が当社に200億円の貸付を行うなど密な関係となっていたが、2001年6月にジャック・ホールディングス鰍フ不明瞭な融資事件で業務上横領容疑で同社の会長、社長が逮捕された事件に当社が関与していたことが明らかになっていた。その後、親会社グループの再編に伴い2009年9月30日の株主総会で解散を決議していた。

編集後記
斎藤一人さんが教えてくれた「心のスッキリ掃除法」が、斎藤一人人生の問題がスーっと解決する話です。

経営で困ったことがあったときにはぜひ読んでみてください。困ったことは起こらないと言うのが斎藤一人さんの考え方です。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。