東京都中央区でソフトウエア受託開発業の潟tァイテックラボが倒産

倒産速報です。東京都中央区でソフトウエア受託開発業の潟tァイテックラボ(代表者:松島利幸)が倒産しました。民事再生の適用を申請しました。負債総額は8億円です。

会社と倒産の経緯
潟tァイテックラボは、証券のオンライントレードシステムを開発するなど実力は持っていたが、証券不況により受注不振に陥るなか、大型システム開発のための先行投資金も膨らみ今回の事態に至った。

編集後記
手書きもしくは手書き風の1枚のお礼状で、効率よく低コストで確実にお客様をつかむ方法とは。

経営コンサルティグで人気ブログ「運が開けるお礼状・大人のコミュニケーション塾」の著者が、営業職や経営者がすぐに実践できる数字につながるお礼状戦術を伝授する。

1枚のお礼状で利益を3倍にする方法

この本は、「お礼状」というツールを使って、効率良く利益を上げるためのアイデアをまとめた本です。お礼状というと、秘書や営業アシスタントや事務の女の子たちのやることだと思っていませんか?そこで「お礼状」という言葉をこう置き換えて考えてみましょう。利益に即つながる「営業状」。こう書くと、営業マンや社長も「自分の仕事」としてとらえますよね。そう、お礼状は単なる「お手紙」ではなく、お客様への感謝の気持ちを1枚の紙に託して伝えることで、利益や売上という「数字」の形でお返事をもらえる営業ツールなのです。


売上を増やすにも、経費を削減するにもそれなりの手段や方法がありますよね。借金の問題を解決するにも沢山の方法があります。借金問題バッサリ解決で、あなたの借入金を減額したり、リスケジュールの方法を探ってみてはいかがでしょうか。

岡山県岡山市中区で園芸資材卸売業の光緑地産業が倒産

倒産速報です。岡山県岡山市中区で園芸資材卸売業の光緑地産業が倒産しました。自己破産を申請しています。負債総額は3億4000万円です。

会社について
光緑地産業は昭和45年に設立。岡山市などの官公庁関連の造園工事などを行っていた。

編集後記
集中講義・金融危機と経済学
日本の知的レベルの劣化については、既に多くの識者が警鐘を鳴らしている。未曾有の世界同時不況に直面した現在、各国の対応を見てみると、彼我の「格差」がよくわかる。各国の政治家、官僚、学者、そしてマスメディアは何を問題とし、どんな論議をしているのだろうか。それに対して、わが日本は?
ケインズは『一般理論』の結びで、世の政治家や実業家は何十年も前の古い経済思想の奴隷であると書いた。本書は、「市場原理主義」か否かといったメディアが好む粗雑な議論を排し、世界標準となっている経済学の知識をわかりやすく政治家、官僚など政策に携わる人々に提供しよう狙いで、2008年末に4回にわたる対談を行い、緊急にまとめたもの。
池田氏が主に聞き手となり、池尾氏が講義するという形になっている。
内容は今回の経済危機の分析だけにとどまらず、マクロ経済学の新しいコンセンサス、エージェンシー問題、コーディネーションの失敗、政策の時間整合性など経済学的知見をフルに活用して、日本の「失われた10年」の原因分析も含めて説明している。

なぜ世界は不況に陥ったのか

過去の歴史を振り返りつつ、その時代での過ち・原因を明快に解析し、読者に分かりやすく伝えてます。
そして、「失われた10年」での失政と今回の同時不況において同じ過ちを繰り返そうとしている政府・役人に警告を進言し、新たな時代の変革を訴えているオススメの一冊。
経営者・会計職の人達には是非一読して欲しい一冊です。


借金問題バッサリ解決


福島県白河市でホテル経営のホテルサンルート白河が倒産

倒産速報です。福島県白河市でホテル経営のホテルサンルート白河(代表者:金子博)が倒産しました。民事再生の適用を申請しています。負債総額は14億3000円です。

会社と倒産の経緯
ホテルサンルート白河は全国展開の「ホテルサンルート」のフランチャイズ店で、昭和60年に東北新幹線新白河駅前にオープン。宿泊や宴会の需要が多かった最盛期の平成10年ごろは、年商12億円程度を計上していたが、最近は景気低迷や他ホテルとの競合で、収益の落ち込みが続いていた。

編集後記
なぜ、お客様はもう一度来てくれたのか?
破綻したホテルが再生した。クレームが笑顔に変わった。顧客満足度を高めるために、超名門旅館の総支配人は踊り、新人はブチ切れメールを送った。本書の主役は、星野リゾートが運営する全国のホテルや旅館のスタッフである。顧客満足度を高めるために、何ができるか。その謎を解くために、スタッフが自分で考え、悩み、行動し、周囲のスタッフを巻き込む─。そんなストーリーを取り上げた。

星野リゾートの事件簿


債務整理は司法書士へ


大阪府大阪市北区で繊維関係の業界新聞社であった潟Zンイジヤアナルが倒産

倒産速報です。大阪府大阪市北区で繊維関係の業界新聞社であった潟Zンイジヤアナル(代表者:古畑昭郎)が倒産しました。事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して、自己破産の申請準備に入っています。負債総額は約4億円が見込まれています。

会社と倒産の経緯
潟Zンイジヤアナルは、戦後の21年に創業、繊維業界向けに「センイ・ジヤァナル」や「Intimo」を発行、書籍や研究誌なども発刊していた。しかし、中国が生産基地となり、ファストファッションの台頭などにより、繊維の町大阪としての業界環境は一変、消費不況も手伝い会員企業からの広告収入はジリ貧の一途を辿っていた。
先般、同業の日本繊維新聞社も経営破綻している。

編集後記
決算書を勉強しても全然儲からない! 実際の仕事に使えない! それは会計数値の意味しか学んでいないからです。貴方の仕事は決算書のどこにつながるのか? それだけわかれば「使える会計知識」はもう貴方のもの。

個々の仕事が決算数値にどのように結びつくかという視点からはじめてアプローチ。決算書の意味と「利益を上げるための会計の活用法」をわかりやすく解説する画期的入門書です。

借金を返すと儲かるのか?

あなたの仕事が利益とキャッシュフローを変化させる。「会計」のナゾを解く革命的アプローチ。


司法書士ならではの借金整理術


【続報】兵庫県明石市でIT関連サービスのカーフートライテック鰍ェ倒産

倒産速報 続報です。兵庫県明石市でIT関連サービスのカーフートライテック梶i代表者:山路司義)が倒産しました。 破産申請の準備に入っています。負債総額は現在調査中です。

会社について
カーフートライテック鰍ヘ自動車業界向けに集客支援や管理業務の効率化等に関するIT関連サービスを展開する法人として実績を積み重ね、その後、中小企業投資機構梶i現、クレスト・インベストメンツ梶jの連結子会社として事業基盤を拡充してきた。その後、同社の企業価値向上等の判断から平成21年6月15日付で日本振興銀行潟Oループの中小企業保証機構鰍ヨ所有株式を全て譲渡された。

倒産の経緯
しかし、赤字計上が続くなか以前から債務超過に陥るなど財務内容は脆弱化。このため21年12月1日潟gライテックシステム(岡山市北区)を吸収合併し局面打開に取り組んできたものの22年9月10日、日本振興銀行鰍ェ東京地裁に民事再生法の適用を申請したことに伴い予定されていた融資が得られなくなり、続いて10月15日、前述の中小企業保証機構鰍ェ民事再生を申請するに至り、支え切れなくなり今般の措置を採るに至った。
日本振興銀行鰍フ関連に伴う倒産は、兵庫県下では初。

編集後記
外資系保険会社のトップ営業マンである著者は紺かグレーのスーツしか着ない。ワイシャツはいつも白。それが顧客に最も好感を与える服装と考えるからだ。自分がどうしたいかではなく、相手がどう思うか。「お客様を座って待たない」「会社訪問時は入り口から一番遠い駐車スペースに車を止める」など、その徹底した顧客目線を披露する。

かばんはハンカチの上に置きなさい

トップ営業がやっている小さなルール
難しいことはせず、背伸びもせず、「ちょっとだけ違うこと」を徹底すること。その積み重ねで、面倒くさがりの私でもトップセールスになれたのです。今すぐできる56の「ちょっと違う」こと。プルデンシャル生命・営業の最高峰であるエグゼクティブ・ライフプランナーとなり、全国約2000人中1位のトップセールスとして表彰を受けた伝説の営業マン初の著書!「お客様目線」で結果を出す方法。

おまとめローンよりも債務整理!


贋科グランドホテルと贋科・滝の湯が倒産

倒産速報です。愛知県名古屋市中村区でホテル経営の贋科グランドホテル(代表者:柳澤洋介 )と長野県茅野市でホテル経営の贋科・滝の湯(代表者:岩城隆正)が倒産しました。第三者による会社更生法が申請されています。負債総額は調査中です。

会社について
贋科グランドホテルは、大正12年12月創業、当地ではトップクラスの老舗ホテル、バブル期には35億円以上の売上高があった。

倒産の経緯
不景気やスキー客の減少により売上高は、今3月期10億円前後まで減少していた。
債権者からこのたび裁判所に会社更生法による再建申請が行われ、裁判所が受理したものである。

編集後記
儲かる会社が実践している!
イトーヨーカ堂で鈴木敏文会長の薫陶を受け、無印良品、ユニクロ、ドラッグイレブンを建て直し、成城石井で指揮を執る「経営のプロ」が、企業再生の奥義を公開。今日から売り上げが、利益が上がる。

利益を3倍にするたった5つの方法

借金が全然減らない・・・解決可能


元・ヤクルトスワローズの矢野投手が経営していたスポーツ教室経営が倒産

倒産速報です。東京都文京区でスポーツ教室経営の潟pピーズアスリート(代表者:矢野和哉)が倒産しました。破産開始の決定を受けています。負債総額は2500万円です。

会社について
潟pピーズアスリートは元・ヤクルトスワローズで背番号「12」の左投手だった矢野和哉氏が平成18年9月6日に設立したスポーツ教室経営でした。当社ホームページによると、矢野氏自らや元プロ野球選手などのアスリート、大学教授等を講師として、野球、サッカー、水泳など各種スポーツを指導。個人への個別指導のほか法人を対象に、アスリート派遣やスポーツ教室等を開催し、フォームや基礎体力の作り方などを指導していた。

倒産の経緯
しかし、思うような事業展開を図ることができなかった模様で、資金面に行き詰まり事業継続が困難になった。

編集後記
いや〜目からうろこが・・・ってこのことなんですね。驚きました。子供のころ親にお題目の様に言われていた「勉強していい大学に行っていい会社に入れる様にがんばりなさい。」そうすれば万事人生がうまく行く。という生き方では本当の豊かな人生は手に入れられずむしろ損をする人生になってしまう可能性が高い。ではどうやったら金持ちになれるのか?という疑問に答えてくれる本だと思います。起業について考えている人もちろん、お子さんにお金に対する考え方を教えるテキストにもなるのでおススメです。
ただしこの本を見てそれを実行するかしないかはあなた次第です。何をするにしても第一歩を踏み出す勇気、それがその人の運命を大きく作用するってことは間違いない様な気がします。

金持ち父さん貧乏父さん

本書は…金持ちになるためにはたくさん稼ぐ必要があるという「神話」をくつがえす。持ち家が資産だという「信仰」を揺るがす。資産と負債の違いをはっきりさせる。お金について教えるのに、学校教育があてにできないことを親にわからせる。そして、お金について子供たちに何を教えたらいいかを教えてくれる。


債務整理は司法書士へ

東京都墨田区でソフト受託開発の潟\ルスが倒産

倒産速報です。東京都墨田区でソフト受託開発の潟\ルス(代表清算人:清水光男)が倒産しました。特別清算の開始決定を受けています。負債総額は8億円です。

会社と倒産の経緯
潟\ルスは昭和62年に設立されたソフト受託開発の会社でした。近年は業績が伸び悩んでいました。

編集後記
企業は社会貢献してこそ、という当たり前のことを当たり前にこなせる企業が日本に沢山できれば、偽装問題や裏金問題などの犯罪はなくなるはず。
そんなことを日頃思っていても、周りの企業にそういったところがないので、自分だけまじめにやっていることがおかしいのではないかと、どうしても思うようになりがちですが
この本に書かれている企業のやっている事を読ませていただいて、自分の思いと行動は間違っていなかったんだと、改めて自信がつきました。
企業が真っ当に努力する事はもちろんですが、それを支持できるなら、消費者もその企業の存続に協力していくるような社会になる事が、理想の社会だろうと思います。

日本でいちばん大切にしたい会社

なぜこの会社には、4000人もの学生が入社を希望するのか?なぜこの会社は、48年間も増収増益を続けられたのか?なぜこの会社の話を聞いて、人は涙を流すのか?6000社のフィールドワークで見出した「日本一」価値ある企業。


司法書士ならではの借金整理術


静岡県島田市で飲食店経営の泣hリームフランチャイズクリエイト他1社が倒産

倒産速報です。静岡県島田市で飲食店経営の泣hリームフランチャイズクリエイト(代表者:吉川広三郎)と 関連会社のカドヤ乳業梶i代表者:吉川広三郎)の2社が倒産しました。破産手続きの開始が決定しています。負債総額は1億6415万円です。

倒産の経緯
特にこれといった原因はないが、経営者の読みがどれもはずれたようだ。

編集後記
誠実なサービスを提供する小さな会社の話
経営品質の向上(上品なおもてなしをすること)をいかに取り組むか、望月広愛先生がJアートレストランで2005年経営品質賞を受賞された際の取組み。従業員の皆さんが受けたお客さまからの「ありがとう」の言葉や、互いに助け合う社員にカード賞を出す望月社長。お互いに褒めあう風土をつくり、他社がマネできない企業風土・人づくりでエクセレントな企業にし、他社の追随を許さない強さを身につけるには。実践の中で、経営品質の8つの引き出しを上手に定義・整理しながら実務に落とし込んだ先の結果がこの1冊に現れています。組織変革を取り組む際の参考書としては最高の1冊。

「ありがとう」の力

債務整理は司法書士へ


神奈川県横須賀市で建機賃貸の叶ク電舎が倒産

倒産速報です。神奈川県横須賀市で建機賃貸の叶ク電舎(代表社:米野克美)が倒産しました。事後処理を弁護士に一任しています。負債総額は2億1000万円です。

倒産の経緯
景気悪化による受注減が響いたようだ。

編集後記
「お客様は商品に感心はするが、感動はしない。人に対してのみ感動する。そして感動したお客様は必ず戻ってくる!」―本書では“感動サービスのカリスマ”香取貴信が、「伝説のサービス」「感動のサービス」を紹介しながら、「サービスが人を感動させる」法則・ノウハウをわかりやすく紹介します。読んで楽しみながら、ときに目頭を熱くしながら、「本物のサービス」が自然と身につきます。

他の店が泣いて悔しがるサービス

借金問題バッサリ解決


日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。