ホテルや旅館等の景気悪化や価格競争によって倒産したアシリ・リネンサービス

倒産速報です。栃木県足利市でリネンサプライ業を行っていたアシリ・リネンサービスが倒産しました。特別清算の開始決定を受けています。負債総額は7億円です。

会社について
1964年に設立の同社は、栃木県内および近隣県のホテルや旅館等を主な取引先として、ベッドシーツやタオルなどリネン類のサプライサービスを展開。

倒産の経緯
しかし、近年は景気低迷の影響もあり、他社との価格競争が激化し収益は悪化。単独での事業継続が困難となったため、同業大手へ事業譲渡する一方、自らは会社清算を視野に2月15日付で解散を決議していました。

編集後記
前回の書籍より内容が解かり易く説明していて良いです。五日市剛さんの魔法の言葉がよりわかりやすくて実践しやすくなりました、
それとCDの付録には講演でやっていたこと同等やそれ以上の話の濃さで入っているのでとても良かったです。

ツキを呼ぶ「魔法の言葉」(2)
952円 (税込 1,000 円) 送料無料

五日市剛さんが「ツキの法則」を伝授!
3つの言葉で幸せになる
お金がたまる、痛みが消える、人生がガラリ一変!

アデランスの子会社でゴルフ場経営会社「エーディーエヌ」の解散

倒産速報です。アデランス・ホールディングスは、3月13日付で傘下のゴルフ場経営会社「エーディーエヌ」の解散を決議し、同16日にも特別清算を申請すると発表しました。

1985年に設立の同子会社は、アデランス・グループが83.20%を出資する広告代理業およびゴルフ場経営業で、新潟県胎内市にある「中条ゴルフ倶楽部」の経営を行っていました。

しかし、景気低迷の影響で売上は落ち込み、親会社からの支援も遂に限界となったため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

アデランスHDによると、2009年12月期末時点の負債総額は約27億2300万円。

なお、「中条ゴルフ倶楽部」は、新発田市の「フォレストカントリー倶楽部」に譲渡され営業を続ける見込み。

編集後記
この本は本物です。
まずは実際に成功している経営者の実体験に基づいているということ、そして今すぐにでも実践でき、かつ即効性がある(即売上につながる)という点、そしてそういう貴重なネタをこんなに安い価格でいろいろな方に提供している点、これはすごいと思います。
神田昌典のファンの方だったらとくにわかっていただけると思いますが、神田昌典をはるかに超えています。
ぜひ一読ください。そして即実践してみてください。90日後とかではなく、次の日から効果がありますから。

年俸5億円の社長が書いた儲かる会社のすごい裏ワザ

私も7年前までは年収500万円のサラリーマンだった!有名上場企業の創業者たちの指南役でもある著者が、ついにそのノウハウを初公開。

潟Eィルコム 会社更生手続開始決定

倒産速報です。東京都港区でPHSデータ通信業を行っていた潟Eィルコムが倒産しました。会社更生手続開始が決定しています。負債総額は2,060億円です。

2月18日、東京地裁に会社更生法の適用を申請した潟Eィルコム(港区虎ノ門3−4−7、設立平成2年10月9日)は3月12日、東京地裁から会社更生手続開始決定を受けた。管財人には腰塚和男弁護士(東京まどか法律事務所、千代田区神田須田町1−13−8)が選任された。

また同日、ウィルコム、アドバンテッジパートナーズ有限責任事業組合がサービスを提供するファンド(以下「APファンド」)、ソフトバンク、滑驪ニ再生支援機構を含め4社間で再生支援に関する基本合意書を締結した。

基本合意書の骨子は以下の通り。

1.ウィルコムはPHS事業を継続し、APファンドはウィルコムに対し出資する。

2.ソフトバンクは、ウィルコムのPHS事業におけるコスト削減について協力する。

3.企業再生支援機構はウィルコムに対し、再生のため必要な資金を融資する。

4.APファンドとソフトバンク等は、ウィルコムの次世代PHS・XGP事業を譲り受ける。

5.新会社は、基地局ロケーションを譲り受ける。ウィルコムは、当該ロケーションを共用しコストシナジーを図る。

編集後記
勝間和代さんの本で、お勧め本として紹介されており私自身は図書館で借りて読んだのですが、内容に感銘し、懇意にしている知り合いの社長にプレゼントとして購入しました。
本文のページ数も短く、内容もとても読みやすく、そして深いです。内容は題名の通り、物事は原因と結果の法則で起こっており、今の自分はすべて自分の行動や考え方で作り上げられたものだということなのですが、何かと人や環境のせいにしがちな今の自分自身を「自己の責任」という観点から突き詰めて人生のあり方について改めて考えさせられた一冊です。

「原因」と「結果」の法則

ナポレオン・ヒル、デール・カーネギー、オグ・マンディーノなど、現代成功哲学の祖たちがもっとも影響を受けた伝説のバイブル、『AS A MAN THINKETH』。聖書に次いで一世紀以上ものあいだ多くの人々に読まれつづけている驚異的な超ロング・ベストセラー、初の完訳。

自己破産:北海道のタツル総業 故中川氏親子の後援会幹部

倒産速報です。北海道帯広市の穀物取引会社を経営していましたタツル総業(代表者:鈴木樹)が倒産しました。自己破産を申請しています。負債総額は4億4,600万円です。

会社について
タツル総業は、76年に鈴木社長が設立。積極的な売買を繰り返し、94年3月期には年商約21億2500万円を計上した。鈴木樹(たつる)社長(73)は小豆などの穀物先物取引相場師として全国に知られ、92、94年に全道一の高額納税者になったこともある。

倒産の経緯
しかし、近年は市場の国際化による相場変動に対応できず、09年3月期は約3000万円まで落ち込み債務超過に陥っていた。

鈴木社長は故中川一郎元農相故中川昭一元財務・金融担当相の親子2代にわたって後援会幹部を務めた地元政財界の実力者。昨年11月に昭一氏の後援会が解散した後も、「次期衆院選は中川家の候補で戦うべきだ」と訴えていた。会社の破産を受け、鈴木氏は政治的な活動を自粛するほか、帯広商工会議所の議員会長などの役職も辞任する意向。マスコミの取材に対し「自ら招いてしまったことで、ざんきに堪えない」と語った。

編集後記
これは斉藤一人さんの本の中でもかなりオススメできます!
商売に対する心構えというか、斉藤一人さんの考えが凝縮されています。
とても読みやすい本なので短い時間で読めます。しかし繰り返して読み込むに値する本だと思いますね。

お金儲けセラピー
905円 (税込 950 円) 送料無料

お金儲けは、世の中のためによいこと。だから儲けとは、よいことをしたという証拠。

4億円の借入金が経営を圧迫して倒産した椛当P

倒産速報です。神奈川県相模原市で警備業を行っていた椛当P(代表者:河合襄二)が倒産しました。破産手続の開始が決定しています。負債総額は5億2,000万円です。

会社について
椛当Pは、昭和48年10月に設立された警備業者。県内の建築現場の誘導など警備業をメインに土木や一部建築工事も担当し、平成19年10月期には約9億円の売上を計上していた。
 
倒産の経緯
しかし、20年10月期には年商約8億6,000万円、借入金額が4億円強に達し経営を圧迫不動産販売に活路を見出そうとしていたが、財務良化叶わず同法を選んだ。

編集後記
斎藤一人さん関係の本は何冊か読ませていただいています。今回は、講演会をもとに本にしたようで、付属のCDは本の1部内容が入っているだけなので、いつもよりは、そんなに必要ではないかな・・と、感じました。「他人の機嫌をとらない。常に自分の機嫌をとる事」等、一人さんの言葉は、単純だけど、実生活で使える事ばかりです。

変な人が書いた人生が100倍楽しく笑える話

長者番付日本一の「いいことが連続して起こる!」話。マスコミに全く登場しない著者の「ツイてる!」ためのしあわせ法則。

2009年出版業界の倒産状況

倒産速報 明日はわが身です。2009年出版業界の倒産状況です。

前年比12.5%増、平成最多の72件――
東京商工リサーチは3月9日、出版業界倒産状況を発表した。それによると、2009年(1〜12月)の倒産件数は前年比12.5%増の72社となり、平成に入ってから過去最悪の数字となった。ここ数年の推移を見てみると、2006年61件、2007年66件、2008年64件と、高水準の状況が続いている。負債総額は同29.1%増の252億3100万円となり、1992年(240億9600万円)以来17年ぶりに200億円を上回った。

従業員数別で見てみると、5人未満が前年比27.7%増の46件で最も多かった。出版業は、従業員数5人未満の小規模企業個人事業者が多い業界だが、20人以上300人未満が同40.0%増の14件と増加が目立った。

こうした結果を受け、東京商工リサーチは「出版業界を取り巻く経営環境は、携帯電話インターネットなど読書に代わる娯楽メディアの普及や、ネット広告への移行による広告収入の減少から年々厳しさを増している。さらに雇用環境の悪化から個人消費が節約志向に傾き、ますます先行きが不透明なことから今後の動向が懸念される」という。

編集後記
運を戦略的につかむ勝間式4つの技術
ビジネススランプ対策

購入動機は精神力を鍛える事が目的、最近ビジネス上でのストレス多く、気力が横溢するような文章を読みたいと思っていました。これは説得力がありました。鈍感力も読みましたがそれ以上です。

起きていることはすべて正しい
1,500円 (税込 1,575 円) 送料無料

勝間和代が、本格的に書き下ろした、初の自己啓発書!「勝間式4つの技術」で、運を戦略的につかむ!「運命の成長パス」を無限に広げる方法。勝間式「捨てる技術」。グズグズ、ダラダラの優柔不断な自分を変える方法。実践!勝間式「立体思考法」。「4つのダイヤ」で「パーソナル資産リッチ」になる方法。人間関係を安定させるにはどうしたらいいのか。

巨額の設備投資負担が重荷となり赤字が続いていた稚内シーポートプラザが倒産

倒産速報です。北海道稚内市でホテル経営を行っていた第三セクター樺t内シーポートプラザが倒産しました。特別清算開始が決定しています。負債総額は約17億6,000万円です。

会社について
樺t内シーポートプラザは、稚内市や椛S日本空輸、稚内市の企業などが出資し「稚内全日空ホテル」の経営を目的に設立。約3年の準備期間を経て6年にグランドオープン。宗谷管内でも屈指の規模とステータスを誇るホテルとして鳴り物入りでのスタートとなった。

倒産の経緯
当初から巨額の設備投資負担が重荷となり、これを吸収するだけの業績を確保できず、赤字が続くなど厳しい推移となっていた。

このため、行政サイドを中心とした資金援助で凌いでいたが恒常的な融資が問題化し、平成20年3月の市議会で追加融資への議案が否決され、資金調達に窮する事態に追い込まれた。この後、紆余曲折を経て翌4月に3億円の追加出資で乗り切ったが、経営不振がより鮮明となった。

この後は抜本的な立て直しを図るべく自助努力を続ける一方、稚内市の第三セクターとして行政サイドとも調整を進めたうえで今後を模索。経営不振の表面化以降は会社売却も含めた方向性を探っていた。こうしたなか、21年秋に東証一部上場の海運・不動産大手.明治海運鰍ヨの売却交渉を進めていることが明らかとなり、今年1月、運営会社として樺t内観光開発を設立。2月1日から同社の運営となったことで一連の手続を終え当社は当措置となった。

編集後記
ビジネスを始めて、ついつい儲けようという気持ちになっていました。ビジネスなんだから利益が出るようにするのは当たり前。でも、そこにお客様への感謝・思いやりがあってこそビジネスが成功するのだということをわからせてもらいました。リッツカールトンというホテルの理念は素晴らしい。1つ1つのエピソードに涙しました。ありがとう。

リッツ・カールトンが大切にするサービスを超える瞬間

「お客様自身が気づかれていない望みとは何か」「それに対して自分ができる最高のおもてなしは何か」これらを常に、考え、思い、感じること…心が暖まる「人との接し方」ホスピタリティの原点。

景気低迷の影響から受注が大幅に減少して事業を停止した印刷美術研究所

倒産速報です。愛知県名古屋市に本拠を置く印刷・製版業の印刷美術研究所は、3月1日付で事業を停止し事後処理を弁護士に一任、近日中にも自己破産を申請し倒産する見通しであることが明らかになりました。

1955年に創業の印刷美術研究所は、各種印刷物の企画・製造を主力に事業を展開し、東京を始め静岡・岐阜・大阪にも拠点を開設するなど業績は順調に推移していました。

しかし、景気低迷の影響から受注が大幅に減少すると経営は悪化。設備投資や拠点開設等の借入金が資金繰りを逼迫し、今回の措置に至ったようです。

静岡商工データによると、負債総額は約15億5400万円。

編集後記
結婚とは、夫婦とは、家族とは・・。加えて、バブル隆盛〜崩壊の流れを社会に出てから経験した自分などは、あの時代はなんだったんだ、ということも改めて考えさせられました。答えをすでに見つけている方には得るものが少ないかもしれませんが、迷いながら激動の時代を生きてきた世代には一読の価値あり、と思います。

ベター・ハーフ
648円 (税込 680 円) 送料無料

日本が未曾有の好景気に沸いていた時代、2年ごしの交際をへて広告代理店勤務の文彦と派手な結婚式をあげた永遠子。その日が人生最高の日だった。順調にスタートをきったはずの結婚生活は、バブルがはじけたことから、下降線の一途をたどる。不倫、リストラ、親の介護…。諍いと後悔にあけくれる日々から、夫婦はどう再生してゆくのか。結婚の真実を描く長編小説。

詐欺的商法を行って裁判沙汰となって倒産したInprot Telcom

倒産速報です。 東京都新宿区でインターネット接続機器販売を行っていたInprot Telcom鰍ェ倒産しました。自己破産を申請しています。負債総額は11億6,000万円です。

会社について
Inprot Telcom鰍ヘ、2003年(平成15年)5月設立の集合住宅向けインターネット接続機器販売業者。OA機器通信機器の販売から始まりその後、賃貸アパートや賃貸マンションの家主向けにインターネット接続機器を設置して入居率を高めることを勧める提案営業による販売を主力事業に、2006年(平成18年)9月期の年売上高は、約32億3400万円を計上していた。

倒産の経緯
しかし、2009年8月、当社から「無料で光ファイバーを導入できる」と勧められてインターネット接続機器を設置して当社の代わりにクレジット契約を結んだ家主が、実際に高額の費用の支払いを求められたのは不当だとして、東京地裁に提訴。この時期、取引先への支払い遅延が表面化するなかで同様の提訴が続き、オーナーらが被害対策団を組織化する動きも重なって、先行きの見通しが立たず、今回の措置となった。

編集後記
幕末から明治にかけてのとある武士の家計簿です。他人の家計簿だって気になるのに、武士の家計簿ですよ。しかもそれらを読み解いていくと、価値観が大きく変わる激動の時代を生き抜く術も見えてくる。
武士の話なのに、私たちが今の時代を生き抜くヒントも見えてくるのです。

武士の家計簿
680円 (税込 714 円) 送料無料

「金沢藩士猪山家文書」という武家文書に、精巧な「家計簿」が例を見ない完全な姿で遺されていた。国史研究史上、初めての発見と言ってよい。タイム・カプセルの蓋を開けてみれば、金融破綻、地価下落、リストラ、教育問題…など、猪山家は現代の我々が直面する問題を全て経験ずみだった!活き活きと復元された武士の暮らしを通じて、江戸時代に対する通念が覆され、全く違った「日本の近代」が見えてくる。

メダリスト九州:サテライトかのや設置会社破産 負債総額1億2000万円 /鹿児島

倒産速報です。鹿児島県鹿屋市で場外車券場「サテライトかのや」を経営していたメダリスト九州が倒産しました。破産が決定しています。負債総額は1億2,000万円です。

メダリスト九州:サテライトかのや設置会社破産 負債総額1億2000万円 /鹿児島
場外車券場「サテライトかのや」の設置会社・メダリスト九州(鹿屋市)が、鹿児島地裁鹿屋支部から破産手続き開始決定を受けていたことが5日、分かった。民間信用調査会社東京商工リサーチ鹿児島支店によると、負債総額は約1億2000万円とみられる。

施設は08年8月、メダリスト社が開設。発券業務などは別会社が担当し、熊本競輪場など全国47競輪場車券を販売している。管理施行者の熊本市競輪事務所は「当面は営業を継続し、その後については破産管財人と協議して決めたい」としている。

編集後記
「お金を借りられない」社会が、いかに経済を停滞させるか。今まさに日本に起きている現象を検証する。ここ数年、消費者金融では10人に6〜7人が融資を断わられ、事業の世界では中小企業の資金繰り倒産が続いている。また、身近なものではカードでのキャッシングが下りないケースもある。これらに共通するのはノンバンク経由のお金ということだ。実はノンバンクは「貸さない」ではなく「貸せない」。06年末に成立した「改正貸金業法」等により機能不全に陥っているのだ。お金が回らない経済は縮小せざるをえない。日本経済が抱える「もうひとつ」の不況の構造を解説する。

「貸せない」金融
760円 (税込 798 円) 送料無料
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。