【続報】価格競争に敗れた旅行代理店業者の潟Aクセスインターナショナル

倒産速報です。大阪府大阪市北区で旅行代理店業者の潟Aクセスインターナショナル(代表者:奥山泰仁)が倒産しました。破産手続の開始決定を受けています。負債総額は7億5000万円です。

会社について
潟Aクセスインターナショナルは1991年に設立の同社は、国内旅行を主力とする自社企画の「ブルーウイングツアー」を展開するほか、格安航空券の発券業務を手掛けるなど事業を拡大していました。

倒産の経緯
しかし、景気低迷に伴う個人消費の落ち込みから売上が減少すると、利幅の薄さが仇となり資金繰りは急速に悪化。決済難に陥ったことで事業継続は困難と判断し、遂に今回の措置となったようです。

編集後記
共感される経営はラブレターから始まる
その会社には、私たちが忘れかけている「絆(きずな)」があります。経営者からパート従業員までが持っている、ちょっと羨ましいくらいの絆です。その絆を構成するものは「感謝」。その秘密を本書で解明します。

ありがとうノート

【続報】親会社の倒産とデリバティブ損失で倒産した潟Cンターナショナル・サーボ・データー

倒産速報です。東京都台東区でサーボシステム卸販売会社の潟Cンターナショナル・サーボ・データー(代表者:榎本光孝)が倒産しました。民事再生法の適用を申請し、開始決定を受けています。負債総額は13億円です。

会社について
潟Cンターナショナル・サーボ・データーは動力伝導装置(サーボシステム)卸販売会社。自動制御・計測を主力としたサーボシステムの輸入販売及び環境機器(地質調査・浄化用機器)の輸入販売も行い、ピーク時の平成19年3月期には年商約14億2000万円をあげていた。

倒産の経緯
しかし20年5月、環境機器の取り扱いを親会社のインターナショナル・ビジネス(株)(台東区)に移管したため、21年3月期年商は約6億4900万円に減少。さらに、取引先の設備投資意欲減退により22年3月期には約2億7500万円に落ち込み、為替差損の発生もあり1億3700万円の大幅赤字を計上していた。また、今年6月には親会社のインターナショナル・ビジネスが破産したため、貸付金が焦げ付いたうえ円高によるデリバティブ損失も拡大、今回の手続きとなった。

編集後記
会社がうまくいかない理由は経営者や社員の個人的資質にある。10の法則が1つでも当てはまるならあなたの仕事は高確率で失敗だ。コカ・コーラの社長として12年間にわたり全世界の事業展開を指揮し、数々の成功と名声を得てきた経営者が、60年以上のビジネス経験から導き出した法則を初公開。

ビジネスで失敗する人の10の法則


親会社の倒産に連鎖してしまった潟Cンターナショナル・サーボ・データー

倒産速報です。東京都台東区でサーボシステムの潟Cンターナショナル・サーボ・データー(代表者:榎本光孝)が倒産しました。民事再生法の適用申請を提出し、再生手続き開始決定を受けています。負債総額は12億円です。

会社について
潟Cンターナショナル・サーボ・データー(は、昭和51年7月にインターナショナル・ビジネス(株)(東京都台東区)のエンジニアリング部門から独立して設立された環境・土壌汚染調査装置のサーボシステム(駆動制御システム)の製造販売会社。

倒産の経緯
親会社のインターナショナル・ビジネスと資本関係を解消したものの同社が破綻して貸付金数億円が焦げ付き、支えきれず行き詰った。

編集後記
初めて解き明かされる「利益」の秘密
すべての企業の経営課題は突き詰めると「いかにして利益を増やすか」にあり!
成熟化社会を迎えた日本の国内市場はすでに飽和状態で、過当競争下にあります。

もう売上高や市場規模だけを追っていては、企業の最終目的である利益はついてはきません。できるだけ簡単な方法で、利益を最大化にする、独自の手法が求められているのです。

たった4つの要素を埋めるだけで利益の最大化が計れる魔法の方程式を初公開!
勝間式「万能利益の方程式」では、?顧客当たり単価、?顧客当たり獲得コスト、?顧客当たり原価、?顧客数、の4つの要素をコントロールすることで、誰でも即、簡単に、利益の最大化が実現できるようになります。

勝間式「利益の方程式」

あなたの利益が画期的に増えていく、目からウロコの黄金ルール。

代表者死去により破産に追い込まれた活タ井電子出版

倒産速報です。東京都中央区で教育マニュアルビデオの活タ井電子出版(代表者:安井憲彌)と関連の潟Pイワイ・プロジェ(撮影等)、潟fジタルTOKIO(WEBデザイン)が倒産しました。自己破産の開始決定を受けています。負債総額は3社合計で7億円です。

倒産要因
活タ井電子出版他2社の倒産要因は、代表者死去により、後継者がおらず今回の事態に至ったものです。

編集後記
集中講義・金融危機と経済学
日本の知的レベルの劣化については、既に多くの識者が警鐘を鳴らしている。未曾有の世界同時不況に直面した現在、各国の対応を見てみると、彼我の「格差」がよくわかる。各国の政治家、官僚、学者、そしてマスメディアは何を問題とし、どんな論議をしているのだろうか。それに対して、わが日本は?
ケインズは『一般理論』の結びで、世の政治家や実業家は何十年も前の古い経済思想の奴隷であると書いた。本書は、「市場原理主義」か否かといったメディアが好む粗雑な議論を排し、世界標準となっている経済学の知識をわかりやすく政治家、官僚など政策に携わる人々に提供しよう狙いで、2008年末に4回にわたる対談を行い、緊急にまとめたもの。
池田氏が主に聞き手となり、池尾氏が講義するという形になっている。
内容は今回の経済危機の分析だけにとどまらず、マクロ経済学の新しいコンセンサス、エージェンシー問題、コーディネーションの失敗、政策の時間整合性など経済学的知見をフルに活用して、日本の「失われた10年」の原因分析も含めて説明している。

なぜ世界は不況に陥ったのか

過去の歴史を振り返りつつ、その時代での過ち・原因を明快に解析し、読者に分かりやすく伝えてます。
そして、「失われた10年」での失政と今回の同時不況において同じ過ちを繰り返そうとしている政府・役人に警告を進言し、新たな時代の変革を訴えているオススメの一冊。
経営者・会計職の人達には是非一読して欲しい一冊です。

東京都渋谷区で音楽プロダクション経営の潟Aロハ・プロダクションズ他1社が倒産

倒産速報です。東京都渋谷区で音楽プロダクション経営の潟Aロハ・プロダクションズ(代表者:山中浩郎)と関連会社の泣uーガルーが倒産しました。自己破産を申請し、開始決定を受けています。負債総額は2社合計で1億7000万円です。

編集後記
子供を育てるときは
信じること
許すことです。

 斎藤一人著『変な人の書いたツイてる話』48頁

この言葉は大切だと思いますね。一般的には子供を育てるときに「誉める」「褒める」ことが必要だし、一番大切だとよくいわれますよね。この「誉める」「褒める」はもちろん実行して欲しいです。

「誉める」「褒める」と同じように「信じる」「許す」ことが大切ですね。どれが一番大切であるかはあなたに考えていただければいいですが、私は全てが大切だと思っています。

というのは「誉める」「褒める」時もあれば、「信じる」時もあり、「許す」時もあるからです。よく通知簿やテストをもらってきたときに小言や愚痴をいう親がいるようですが、絶対にやめるようにしてください。

自分の子供に対して小言や愚痴を言うことは、自分に言っていると同じことですからね。また毎日の生活でも「遊んでばかりいないで、勉強しなさい」!などと言うことがやめましょうね。

遊ぶことを許してあげましょう。勉強しないことを許してあげましょう。斎藤一人さんのお母さんは「一人は学校に向いていないだけなのよ。」と言って育てたそうです。

広告にお金をかける企業が激減したことで倒産した鞄結档Aド・センポー

倒産速報です。東京都千代田区で広告制作の鞄結档Aド・センポー(代表者:荒木地郎)が倒産しました。事業を停止し、事後処理を弁護士に一任しています。現在自己破産の申請準備中です。負債総額は1億円です。

会社と倒産の経緯
鞄結档Aド・センポーは昭和44年5月に設立された広告制作会社でした。近年の景気低迷で広告にお金をかける企業が激減している中で、広告関係会社はますます厳しくなろう。

編集後記
インターネットの普及、情報洪水、市場の成熟などによって、消費者はガラリと変わってしまった。マスメディアへの接触が減り、広告をスルーし、しかも信じない。友人からのクチコミの方がずっと信頼される。どうしよう…。でも不安に陥ることはない。悲観することもない。ちょっと発想を転換してコミュニケーションの仕方を変えれば、広告にもマスメディアにも、明るい「明日」が待っている。そろそろそんなポジティブな話もしようじゃないか。

明日の広告

利益の出ない経営を行っていて倒産した旅行代理店業者の潟Aクセスインターナショナル

倒産速報です。大阪府大阪市北区で旅行代理店業者の潟Aクセスインターナショナル(代表者:奥山泰仁)が倒産しました。自己破産の開始決定を受けています。負債総額は7億円です。

会社と倒産の経緯
潟Aクセスインターナショナルは、いろいろな企画旅行をうち2010年3月期の売上高は約41億円と増加させていたが、低収益に苛まれ、格安チケットのライバル会社の台頭もあり、航空会社などへの先行支払資金に不足が生じ行き詰った。
ツアーチケット購入者がまた犠牲になったのであろうか。

編集後記
すべての企業の経営課題は突き詰めると「いかにして利益を増やすか」にあり!
成熟化社会を迎えた日本の国内市場はすでに飽和状態で、過当競争下にあります。
もう売上高や市場規模だけを追っていては、企業の最終目的である利益はついてはきません。
できるだけ簡単な方法で、利益を最大化にする、独自の手法が求められているのです。

勝間式「利益の方程式」

売上・利益の不振で切り捨てられたサザビーリーグの連結子会社である潟Aイエスエル

倒産速報です。東京都渋谷区でサザビーリーグの連結子会社である潟Aイエスエル(代表者:森正督)が倒産しました。会社解散を決議しました。負債総額は27億6100万円です。

会社と倒産の経緯
潟Aイエスエルはブランドライセンスビジネス業でした。サザビーリーグは、ブランド物などのファッション事業を展開しているが、副業でスターバックスジャパン(39.9%)を経営しており、こっちが主力になりつつある。

編集後記
自分に正直になる、自主的に考える、信頼を築く、責任をもつ、大きな夢をもつ…。リーダーとして、お客様に尽くす社員として、そして一人の人間として、大切な原則は人生のあらゆる場面で共通している。「人の心に活力と栄養を与える」という目標を胸に、北米地域だけで展開していたスターバックスを世界中に広めた立役者である著者が、「人を第一に考える」という企業文化を軸にして世界一に上り詰めていった軌跡と、仕事と人生で大切な10の原則を明かす。

スターバックスを世界一にするために守り続けてきた大切な原則

局地戦でも勝つことができなかった人材派遣等の潟tォーバルキャリアファームの倒産

倒産速報です。東京都渋谷区で人材派遣等の潟tォーバルキャリアファーム(代表清算人:加藤康二)が倒産しました。日特別清算の開始決定を受けています。負債総額は5億円です。

会社と倒産の経緯
潟tォーバルキャリアファームはフォーバル完全子会社として設立され、親会社向けの人材派遣および新入社員教育管理職研修業を営んでいた。不景気や法律改定など人材派遣業を取り巻く環境が悪化して親会社のフォーバル整理したもの。

編集後記
小が大に勝つ逆転のマーケティング
資本力で劣る中小人材派遣会社が大手に対抗するためにはターゲットを絞り込み、局地戦に持ちこむ。弱者の戦い方・ランチェスターの戦略を用いて法改正による激動の市場を勝ち抜いていく。本書は、売上を伸ばし「儲ける」ための具体的な方法が書かれた本です。

人材派遣会社「儲け」のルール

静岡県富士市でゴルフ場経営の鞄富士カントリー倶楽部が2度目の倒産

倒産速報です。静岡県富士市でゴルフ場経営の鞄富士カントリー倶楽部(代表者:古旗邦夫)が倒産しました。民事再生の適用を申請しています。負債総額は54億円です。

会社について
鞄富士カントリー倶楽部は、1972年(昭和47年)11月にゴルフ場経営を目的に設立。当初から開発が難航し、76年9月に「南富士カントリー倶楽部」(静岡県富士市)を仮オープンしたものの、その後、前経営陣による乱脈経営が発覚。80年4月には静岡地裁富士支部に会社整理を申し立て、同支部の命令により整理開始となっていた。債務返済が進み、88年9月には静岡地裁富士支部の整理終結の決定が確定、以降、正会員、平日会員など相応の会員を獲得していた。

同ゴルフ場は、駿河湾を見渡せる雄大な自然に囲まれた丘陵林間コース(18ホール、6998ヤード)。東名高速道路裾野ICから18qと首都圏からのアクセスも良く、各ホールから富士山を眺望できることでビジターの利用にも恵まれ、2000年5月期には年収入高約6億4500万円を上げていた。

倒産の経緯
しかし、近年は、来場者一人当たりの単価の下落を余儀なくされ、2010年5月期には年収入高約4億5000万円に落ち込んでいた。こうしたなか、金融債務負担に加え、預託金償還問題から支え切れず、今回の措置となった。

編集後記
クレジット・サラ金・商工ローン・ヤミ金融に負けない
本書は、クレジット・サラ金・商工ローン・日掛け金融・ヤミ金融などによる被害者の生々しい体験を紹介するとともに、サラ金CMの問題点、クレジット・サラ金・商工ローン・日掛け金融・ヤミ金融などの問題点、高金利のサラ金や商工ローンを利用しないで済む公的低利融資制度の紹介、多額の借金を抱えた場合の解決方法と相談窓口などをわかりやすく解説したものである。

借金地獄からの脱出法

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。