静岡県島田市で飲食店経営の泣hリームフランチャイズクリエイト他1社が倒産

倒産速報です。静岡県島田市で飲食店経営の泣hリームフランチャイズクリエイト(代表者:吉川広三郎)と 関連会社のカドヤ乳業梶i代表者:吉川広三郎)の2社が倒産しました。破産手続きの開始が決定しています。負債総額は1億6415万円です。

倒産の経緯
特にこれといった原因はないが、経営者の読みがどれもはずれたようだ。

編集後記
誠実なサービスを提供する小さな会社の話
経営品質の向上(上品なおもてなしをすること)をいかに取り組むか、望月広愛先生がJアートレストランで2005年経営品質賞を受賞された際の取組み。従業員の皆さんが受けたお客さまからの「ありがとう」の言葉や、互いに助け合う社員にカード賞を出す望月社長。お互いに褒めあう風土をつくり、他社がマネできない企業風土・人づくりでエクセレントな企業にし、他社の追随を許さない強さを身につけるには。実践の中で、経営品質の8つの引き出しを上手に定義・整理しながら実務に落とし込んだ先の結果がこの1冊に現れています。組織変革を取り組む際の参考書としては最高の1冊。

「ありがとう」の力

債務整理は司法書士へ


神奈川県横須賀市で建機賃貸の叶ク電舎が倒産

倒産速報です。神奈川県横須賀市で建機賃貸の叶ク電舎(代表社:米野克美)が倒産しました。事後処理を弁護士に一任しています。負債総額は2億1000万円です。

倒産の経緯
景気悪化による受注減が響いたようだ。

編集後記
「お客様は商品に感心はするが、感動はしない。人に対してのみ感動する。そして感動したお客様は必ず戻ってくる!」―本書では“感動サービスのカリスマ”香取貴信が、「伝説のサービス」「感動のサービス」を紹介しながら、「サービスが人を感動させる」法則・ノウハウをわかりやすく紹介します。読んで楽しみながら、ときに目頭を熱くしながら、「本物のサービス」が自然と身につきます。

他の店が泣いて悔しがるサービス

借金問題バッサリ解決


【続報】群馬県高崎市で産業廃棄物中間処理会社のエコウエイスト鰍ェ倒産

倒産速報です。群馬県高崎市で産業廃棄物中間処理会社のエコウエイスト梶i代表者:藤本和彦)が倒産しました。破産手続きの開始が決定しています。負債総額は16億円です。

会社について
エコウエイスト鰍ヘ1975年設立。建設廃材の破砕などを手がけ、08年9月期の売上高は約12億5000万円あった。

倒産の経緯
取引先の減少で09年9月期は約5億円に落ち込み、赤字経営が続いていた。今年1月に茨城県内の業者に全事業を売却し、営業を事実上停止していた。

編集後記
2005年夏に出た『チェンジメーカー』の続編。前回と同様に、日本での認知度は低いが世界的な社会起業家や人道活動家、日本で注目されている企業家・活動家など17人を紹介。あなたに起こる小さな革命、待望の続編!!
自分だけが儲けてもハッピーになってもつまらない。
誰かを、幸福にするという、新しくて楽しい働き方の提案です。
NPO/NGOに興味がある人たちの間で必読書となった前作「チェンジメーカー」と同様に
「社会起業家」という新しい生き方を選んだ20人の横顔を美しい肖像写真とともにお届けします。
世界各国で最先端を行く51の非営利団体の情報も満載!

社会起業家という仕事


おまとめローンよりも債務整理!


兵庫県明石市で日本振興銀行関連のカーフートライテック鰍ェ倒産

倒産速報です。兵庫県明石市で日本振興銀行関連のカーフートライテック梶i代表者:山路司義)が倒産しました。事業を停止し、事後処理は弁護士に一任していますが自己破産の準備に入っています。負債総額は調査中です。

会社について
カーフートライテック鰍ヘ、中古社等自動車販売業者向けにネット上で販促活動・在庫管理・ネットワーク化などをサポートするシステムを加盟店に対して提供していた。

倒産の経緯
加盟店数は不況により頭打ちとなっていた。足元を見られ、いわく付きのビービーネツト且P下入りして、その後日本振興銀行の中小企業新興ネットワーク企業となっていた。カーフートライテック鰍ヘ、日本振興銀行の強制破綻でカーフートライテック鰍フ信用は失墜、注目されていた。

編集後記
宇宙貯金
魅力的なことをやっているとプラスされる。
とんでもない金利がつく。

 斎藤一人著『お金儲けセラピー』13頁
 

宇宙に貯金が出来るのですね。あなたはどのように思いますか今の私は無条件に信じてみようと思っていますし、斎藤一人さんについて行く気持ちでいます。

それでも、魅力的なことをやるにはどうすれば良いか悩んでいるのですよね。この悩んでいると言うことも斎藤一人さんに言わせると悩みはないと言っているような気がします。

魅力的か魅力的でないかは自分自身で決めるものではなく、他人が決めるものですよね。自分としては魅力的に着飾っているつもりでも、場所や時間によっては魅力的に見えない場合がたくさんありますよね。

極端な例ですが、結婚式に黒のネクタイをすれば、いくら黒のネクタイが高価なものであっても人から嫌われますよね。反対に葬儀の席に白のネクタイをして行けば多くの人からひんしゅくを買うでしょうね。

このような極端なことはしていないでしょうが、似たようなことを日常生活や仕事で行ったり、言ったりしているのではないでしょうか。

では、魅力的な行動や言葉とは、自分が全力で取り組むことでしょうね。行動では「ハイ!」という返事が、言葉では「相手の話を聞きだす」ことではないでしょうか。相手から魅力的に感じてもらえるようにバリバリ活動して、宇宙貯金を増やします。

おまとめローンよりも債務整理!


東京都渋谷区で出版業の鰍jI&Companyが倒産

倒産速報です。東京都渋谷区で出版業の鰍jI&Company(代表清算人:加藤健太)が倒産しました。特別清算の開始が決定しています。負債総額は約7億2000万円です。

会社について
鰍jI&Companyは「ちょいワルオヤジ」や「ちょいモテオヤジ」、「寿司シャン」など、数々の造語を世に送り出した男性誌「LEON」の創刊編集長を務めた岸田一郎氏が設立。平成18年6月に日本初のクオリティライフスタイル・ウェブマガジン「@zino」をオープン、さらに19年3月に男性向けライフイフスタイル誌「zino」を創刊し、19年3月期に年商約1億5700万円、20年3月期には年商約7億円余を計上した。

倒産の経緯
しかし、男性向けライフスタイル雑誌の販売環境が厳しさを増す中、販売部数は伸び悩み、広告収入も当初計画に届かず赤字が続き19年9月、第三者割当増資により潟Iールアバウトの子会社となった。

親会社主導で広告販売活動における協力や雑誌とインターネットを組み合わせた共同商品の開発など、両社のコンテンツ制作体制の共有化によるコスト削減で経営建て直しを図ったものの、長引く景気低迷の影響を受けて広告収入が伸び悩み、赤字体質を抜け出せないまま親会社が出版事業からの撤退を決定。

20年4月発売の「zino」6月号を最後に休刊し事業を停止、同年6月30日の株主総会決議により解散していた。

なお親会社潟Iールアバウトは平成20年3月期で、事業撤退損としてKI&Companyの債権は償却済みとしている。

編集後記
会社を殺すな。ナニワのスゴ腕再建屋があなたの会社を復活させる。

会社を黒字に甦らせる儲けの法則

顧客目線と着地点の設定を!
参考になると思います。
実行できるかがポイントです

借金が全然減らない・・・解決可能


大分県大分豊後大野市で観光ホテル経営の茅ヘの井が倒産

倒産速報です。大分県大分豊後大野市で観光ホテル経営の茅ヘの井(代表清算人:角田佳彦)が倒産しました。特別清算の決定を受けています。負債総額は4億円です。

会社と倒産の経緯
斛の井ホテルの経営権は、既に鰍ワすの井(代表:角田英之)に移管され、現在でも経営されており、茅ヘの井は借金だけの会社となっていた。金融機関が飲めば特別清算はできるだろう。

編集後記
私の仕事は宿泊業ではありませんが、ちょっと興味があってよんでみました。地域で頑張るってすごいなって思いました。見習った方が良い温泉地や自治体がいっぱいありますよね・・・もっと日本をステキにしていきましょうよ!

黒川温泉のドン後藤哲也の「再生」の法則

およそ20年ほど前までは地図にも載らないくらい寂れた温泉だったという黒川温泉。しかし今や人気ナンバーワンを誇る温泉となった。

由布院や別府など、近くに有力温泉が多数あるなかで、絶大な支持を受けている理由は何か。「山の宿新明館」と「山みず木」の2軒の旅館を経営する後藤哲也氏が明らかにする。

雄大な景色や派手な名物があるわけではない。そこにあるのは旅人を優しく包んでくれる山里の風景、それと調和した旅館やお風呂、もてなしの心である。

「山みず木」は木立の間の一本道をずいぶん登った先の一軒宿である。その露天風呂は渓谷の岩場と一体となっており、人間も自然の一部であるということが実感できる最高級の温泉である。



司法書士ならではの借金整理術

新潟県村上市でタクシー会社の村上タクシーが倒産

倒産速報です。新潟県村上市でタクシー会社の村上タクシー(代表者:上村隆)が倒産しました。事業を停止し、自己破産の準備に入っています。負債総額は1億5000万円です。

会社について
村上タクシーは52年創業。同市内最大規模のタクシー会社で、従業員は42人。ワゴン型の観光タクシーや介護タクシーなども運行していた。96年3月期には売上高3億2000万円を計上していた。

倒産の経緯
04年の中越地震、07年の中越沖地震の風評被害による観光客の減少などで業績不振が続き、規制緩和による運賃競争も追い打ちとなり、10年3月期の売上高は約1億6000万円まで落ち込んでいた。

編集後記
はじめから「プロの経営者」という人はいない。起業であれば、ほとんどの人がこれまで雇われる側か学生や主婦からの転身だからアマチュアばかり。でも、ひとたび「社長」という肩書が付くと「なんでもできる人・知っている人」と思われがち。だから「えっ、そんなこともわからずに社長やってるの?」と言われそうな疑問をいっぱい抱えているのに、なかなか周りの人に相談できない。本書はそんな「アマチュア=しろうと社長」に、様々な起業・経営の知恵と裏技をコッソリ教える。

今さら人に聞けないはじめての経営

在宅ワークを始める前のLvチェック

茨城県東茨城郡城里町でゴルフ場 「水戸レイクスカントリークラブ」が倒産

倒産速報です。茨城県東茨城郡城里町でゴルフ場 「水戸レイクスカントリークラブ」 経営の水戸レイクスカントリークラブ梶i代表者:室井俊一)と茨城県で東茨城郡城里町関連会社の水戸温泉開発梶i代表者:小平和英)が倒産しました。民事再生の適用を申請しています。負債総額は110億円です。
負債110億円

会社について
水戸レイクスカントリークラブ鰍ヘ、1985年(昭和60年)8月に設立。「水戸レイクスカントリークラブ」(90年5月オープン、城里町、18H)を所有し、運営は水戸温泉開発鰍ェ行ってきた。

水戸温泉開発鰍ヘ、1989年(平成元年)4月に設立され、「水戸レイクスカントリークラブ」の運営を手がけていた。

同ゴルフ場は、ブラインドホールのないフラットで雄大なコースで、常磐自動車道 「水戸IC」 から15kmと交通アクセスも良く、水戸温泉開発(株)の2007年4月期の年収入高は約5億円をあげていた。

倒産の経緯
しかし、個人消費低迷が続くなか、周辺ゴルフ場との競合で単価が下落。加えて来場者数も減少し、2010年4月期の年収入高は約4億円にダウン。この間、2007年11月にはゴルフ場を水戸温泉開発鰍ェ取得していたが、延長していた預託金償還の問題もあり、今回の措置となった。

水戸レイクスカントリークラブ(株)の負債は、大半が預託金と見られるが、約110億円の見込み。水戸温泉開発(株)の負債は、現在調査中。

編集後記
A4用紙1枚でかんたんに経営計画を作れる、現場に浸透させて社員の力を最大限に引き出す、進捗管理で社員に実施・改善してもらうなどなど、作っただけで終わらせない、経営計画の活かし方までがわかる!すぐに作れる・使える・達成できるフォーマットが満載。

はじめての経営計画の作り方・活かし方


債務整理は司法書士へ

大阪府大阪市北区で印刷業のムツミクリエテ鰍ェ倒産

倒産速報です。大阪府大阪市北区で印刷業のムツミクリエテ梶i代表者:金谷基良)が倒産しました。事業を停止し、事後処理は弁護士に一任しています。自己破産
の準備に入っています。 負債総額は10億円です。

会社と倒産の経緯について
ムツミクリエテ鰍ヘ、ポスター、会社案内、新聞チラシ、パンフレット、家電説明書などの印刷を手掛けていたが、今日の深刻な不況により、受注は落ち込み、経営不振に陥り、今回の事態に至った。民事再生ではなく自己破産を選択したのは、やはり先行きの見通しが立たなかったことによろう。
既存の仕入先:光陽社、大日精化工業、シオザワ、高田など
既存の販売先:パナソニック、ウエスト電気、公益社、ダスキン、日本板硝子など

編集後記
「ツイてる」
って口に出して言っていれば
「ツイてる」
ことが起きるんです。

 斎藤一人著『人生が全部うまくいく話』70頁

もしあなたが斎藤一人さんのファンであるようでしたら、きっと実行されていると思います。「ツイてる」って口に出して幸福を呼び込むことは五日市剛さんが書かれた「ツキを呼ぶ魔法の言葉」にも出てくる有名な言葉だということもきっとご存知だと思います。

実行することは決して難しくないのに実行していないことが非常に多いのはあなただけでなく、私も同じです。

このように斎藤一人さんの本を読んで、気に入った斎藤一人さんの言葉を記事にしていても実際に行動していることはわずかしかないのですよね。

でも、生活の基本を「感謝」というスタンスにおいておくだけで大きく変わってくると信じているのです。そのときに本当に小さな変化ですが、幸福に向かって歩んでいると感じることが起きるのです。

その小さな変化を大切にして大きく育てるようにと思って日々の生活を行っています。日々ではわずかな変化かもしれませんが、1年・2年と継続しているうちに大きな変化を得て、幸福になれると信じているのです。

もし、自分が思っているような幸福になれなくても、そのときには何が悪かったのかと自分で反省して改めて幸福に向かった模索しようと思っているのです。

司法書士ならではの借金整理術


静岡県熱海市でローマ風呂で有名な「ホテル大野屋」経営の椛蝟屋本店が倒産

倒産速報です。 静岡県熱海市でローマ風呂で有名な「ホテル大野屋」経営の椛蝟屋本店(代表者:大野茂正)が倒産しました。民事再生の適用を申請を行っています。負債総額は21億5000万円です。うち金融債務は約18億円になっています。

会社について
椛蝟屋本店は1934年(昭和9年)に温泉旅館として創業され、65年(昭和40年)4月に法人改組した。客室数174室、収容人員1040名の大規模ホテル「ホテル大野屋」を経営、熱海温泉では最大手クラスにランクされ「ローマ風呂の大野屋」として全国的知名度を誇っていた。80年2月には総工費35億円を投じて本館を増改築、さらに87年7月には20億円を投じて旧館を取り壊して新築し、収容力拡大を図っていた。

倒産の経緯 
バブル期には団体客の利用が好調だったことから客室稼働率は高かったが、その後の景気低迷で客数は毎期減少基調を強いられ、2004年12月期の年収入高は約9億9000万円と10億円を初めて割り込んでいた。近年も客数の減少に歯止めがかからず、この間、ホテル設備の大半を銀行借入に依存してきたことに加え、収入減少が続くなか、毎期欠損計上を余儀なくされ、債務超過のもとで厳しい経営を強いられてきた。

その後も業績は好転せず資金繰りは多忙化、金融機関とは弁済条件などの交渉を行ってきたが不調に終わり、事業を継続するために民事再生法の適用申請を選択した。

編集後記
老舗復活にかける人々の物語
星野リゾートほか全国の老舗旅館の復活劇を徹底取材。よみがえった旅館、その再生の内幕。

旅館再生

近年の旅館情勢がわかります。
旅館再生例や板場などの人事事情も簡潔に書いてありますので、旅館経営者や総支配人・支配人クラスが一度目を通してもよいかなと思います。値段も高額ではないので、全てを実践するのではなく、一つか二つでも参考になればよいという方にお勧めです。


借金問題バッサリ解決
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。