税金滞納で差し押さえまで落ち込んでいた葛、同エンタープライズが破産

倒産速報です。千葉県成田市で産廃運搬業者の葛、同エンタープライズ(代表者:鹿野重広)が倒産しました。8月27日に事業を停止していましたが、12月21日破産開始決定を受けています。負債総額は12億円。

倒産の経緯
葛、同エンタープライズは関東一円の医療産廃などの回収運搬業者であるが、借入金で豊住総合リサイクルセンターを開設したものの、収益が計画通り上がらず、税金滞納で差し押さえまでくらい、対外信用もなくなっていた。

編集後記
税理士は教えてくれない!「自転車操業」の極意
なかなか興味深い内容でした。真面目に経営していても資金繰りに困ることが多いと思うのですがちょっとした知恵があれば乗り切れることがあるっていうのがよくわかります。読み物としても楽しめますよ。

借金バンザイ!

【続報】公演企画の「カンバセーションアンドカムパニー」が破産申請へ

倒産速報です。東京都千代田区で各種公演企画・運営会社の潟Jンバセーションアンドカムパニー(代表者:芳賀陸)が倒産しました。12月20日付で事業を停止し、今後は自己破産を申請する見通しです。負債総額は3億5000万円です。

会社について
1981年に設立の潟Jンバセーションアンドカムパニーは、音楽・演劇・舞踊など各種公演の企画制作および宣伝・舞台制作を主力に事業を展開し、特に他では見られない海外の貴重なアーティストの公演を数多く手掛けるなど実績を積み重ねていました。

倒産の経緯
しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みで業績が悪化すると、創業者の死去もあり資金繰りが逼迫。これ以上の事業継続は困難と判断し、やむなく今回の措置に至ったようです。
なお、来年2月と5月に予定している2つの公演については、主催を他社へ移管し予定通り実施するとのこと。

編集後記
“倒産しない経営”を実現するために…。PDCAを回して常に有利な資金繰りを行おう。中小企業での実務を、特にフォーカス。

間違いのない資金繰りのツボがよくわかる本

利益が出なくて事業変更をしたが、やっぱり利益が出なくて倒産した朝日事業

倒産速報です。東京都中央区でリネンサプライ品の朝日事業梶i代表者:益田義郎)が倒産しました。12月15日破産開始決定を受けています。負債総額は6億円です。

会社と倒産の経緯
朝日事業鰍ヘ、医療用繊維製品卸から、儲からないためリネンサプライ品へシフト換えしていたが、売上高が上がらず、資金繰り困難となり、今回の事態に至った。

編集後記
会社のアスカリ=環境経営は、徹底したムダの削減で会社に埋まった利益を掘り起こす。キャノン電子社長として実践してきたアカスリのノウハウを、オフィス、工場、設計・調達、物流、社員に分けて具体的に指南。環境経営の実践的教科書。

【送料無料】「会社のアカスリ」で利益10倍!

民事再生中のホテル大野屋が債権者から会社更生法の適用が申し立てられる

倒産速報です。静岡県熱海市で「熱海温泉 ホテル大野屋」経営のホテル大野屋が倒産しました。民事再生手続きを先月申請して経営再建中ですが、債権者から会社更生法の適用を申し立てられ、東京地裁は調査命令を出しました・負債総額は18億1071万円です。

倒産の経緯
債権者の代理人によると、経営陣を交代させ、再建するために会社更生法の適用が必要だと判断したという。ホテル大野屋によると、通常通り営業を続ける。

編集後記
日経トップリーダーの連載をまとめた『星野リゾートの教科書 サービスと利益 両立の法則』。この本のストーリー構造は『もしドラ』と似ている。星野佳路社長が経営書を読み、その理論を旅館やホテルの経営に当てはめ、立て直しに成功した。ただし、『もしドラ』はフィクションだが、こちらは実話。事実に則して別タイトルをつけるなら「大学アイスホッケー部の元キャプテンが『ビジョナリーカンパニー』を読んだら星野さんになりました」。星野社長が、定評ある経営書から何を学び、どう実践したか。12の事例を一挙に読み取れる。

星野リゾートの教科書

サービスと利益両立の法則
やるべきことを、やっていないことに気づかされる一冊。
あらゆるハウツー本が溢れているのに、実践するときには生かせていないって痛感。ちゃんと教科書を読み込んで、きちんと理解することで、成功する可能性が高まると思いました。
中にでてくる本の中には絶版になってしまっているような本もあり、なおさら欲しくなるわけだったりしまえす。
ドラッカー、ポーター、コトラーは、間違いなく理解したい本の一つ。

天災を人災にしてしまった福井県あわら市で老舗旅館の角惣

倒産速報です。福井県あわら市で芦原温泉の老舗旅館であった角惣が倒産しました。自己破産の申請を行い、21日に地裁から破産手続き開始の決定を受けています。負債総額は2億8800万円です。

会社について
角惣は明治16年創業、県内外からの小口の団体客をメーンに平成6年8月期には年間売上高で約2億2300万円を計上していた。

倒産の経緯
しかし、7年の阪神大震災や11年のタンカー重油流出事故などの影響で客が減少。特に近年は景気低迷や施設の老朽化などから利用客が落ち込み、21年8月期の売上高が約3千万円に減少した。業績回復の見込みがなく、7月20日に事業を停止していた。

編集後記
阪神大震災やタンカー重油流出事故などの天災ともいえることは決して角惣だけに起こったことではありませんよね。
福井県あわら市周辺の宿泊業者もおなじようなことが起こっていたはずです。
同じ環境の中で経営を行って倒産する会社が出てくることが本当に残念ですね。
もちろん、それぞれの企業によって経営内容が違っているでしょうから、結果が違っても当然と言えば当たり前の話ですがね。
宿泊業で頑張っているグループもあることだけは知っておいて欲しいですね。

老舗復活にかける人々の物語
星野リゾートほか全国の老舗旅館の復活劇を徹底取材。よみがえった旅館、その再生の内幕。

旅館再生

近年の旅館情勢がわかります。
旅館再生例や板場などの人事事情も簡潔に書いてありますので、旅館経営者や総支配人・支配人クラスが一度目を通してもよいかなと思います。値段も高額ではないので、全てを実践するのではなく、一つか二つでも参考になればよいという方にお勧めです。

預託金の返還問題で倒産した第三セクターの能登島リゾート開発

倒産速報です。石川県七尾市でゴルフ場経営の能登島リゾート開発梶i代表者:不嶋豊和)が倒産しました。民事再生法の適用が決定しています。負債総額は約53億9200万円です。

会社について
能登島リゾート開発鰍ヘ能登島リゾート化構想に基づき旧能登島町(現 七尾市)などが出資する第三セクターとして昭和62年7月に設立。平成元年11月、能登島ゴルフアンドカントリークラブ(18ホール、パー72、全長7007ヤード)が開場。

能登半島の中間に位置する能登島にあり、晴天時には日本海と立山連峰までが望める雄大な景色と、多数の池が点在する戦略性の高さをセールスポイントとし、最盛期の平成5年3月期では4万8062名の来場により10億2400万円の売上をあげていた。

倒産の経緯
しかし、その後は景気後退などで入場者数が減少し、競合激化による客単価の下落から減収傾向が続いた。とりわけ14年以降は、周辺のゴルフ場が相次いで民事再生法の適用を申請し、格安料金で営業を継続したことで大きな打撃を受けていた。このため22年3月期では来場者数は2万3315名にとどまり、売上は約2億3000万円と最盛期の半分以下に落ち込んでいた。

こうした中で預託金の返還問題も表面化し、現状の収益状況では営業継続さえも危ぶまれると判断、今般の措置を決めた。

編集後記
なぜ、22才のフリーターが7カ月で1億円売り上げたのか?地位もない。知識もない。経験もない。そんな一人の若者が見い出した圧倒的な成果を出す究極の方法。

売上1億円を引き寄せる感謝の法則

接客、販売している方にいいと思います。
接客完全マニュアル付きです。
大事なことは、やっぱり基本的なことですね
私も1億円売り上げれるかなー?

創業社長の死去により資金繰りが悪化して倒産した潟Jンバセーションアンドカムパニー

倒産速報です。東京都千代田区で音楽、舞踏などのプロモーションの潟Jンバセーションアンドカムパニー(代表者:芳賀陸)が倒産しました。事業を停止し、自己破産申請の申請準備を行っています。負債総額は3億5000万円です。
負債3億5000万円

会社について
潟Jンバセーションアンドカムパニーは、1975年(昭和50年)創業、81年(昭和56年)3月に法人改組した音楽、演劇、舞踏公演等の企画、制作、宣伝会社。シャンソン、ヨーロピアンジャズのほか、アフリカ、アジアなどの民族音楽、現代舞踏などを得意としていた。大手業者に比べてメジャーアーティストの招聘は少なかったものの、マニアックなプログラムで一部には根強い支持があり、近年は2005年、2009年に手がけた騎上オペラ「ジンガロ」が好評を博していた。

倒産の経緯
しかし、演目のヒットの有無により業績が大きく変動するため、2006年1月期の年収入高は約10億7000万円を計上していたものの、2009年同期の年収入高は約4億円に大きくダウンし欠損を計上。続く2010年同期は年収入高約14億7400万円を計上し、最終利益も約4870万円を確保していたが、業績が不安定な状況が続いていたため、創業社長の芳賀詔八郎氏が個人資産を会社に投入するなどして資金繰りを確保していた。こうしたなか、今年5月に芳賀詔八郎氏が死去したこともあり、余裕のない資金繰りを強いられていたため、今回の事態となった。

編集後記
会社の利益のため顧客目線を失い仕事をこなしている小生に、”ちょっと待て”と仕事に対峙する正しき心の持ちようを提供してくれた良書です。

生き方

充実の人生と成功の果実をもたらす、ゆるぎなき指針。二つの世界的大企業・京セラとKDDIを創業した著者が語りつくした、人生哲学の集大成。

見切り千両!設立から2年で清算した人材サービスの潟Nロススタッフ

倒産速報です。東京都品川区で人材サービスの潟Nロススタッフ(代表清算人:田代憲利)が倒産しました。は、特別清算開始の決定を受けています。負債総額は1億3000万円です。

会社と倒産の経緯
潟Nロススタッフは平成18年7月に設立された、本当にできたばかりの会社といっても過言ではないような会社なのです。しかし、親会社が潟Nロススタッフ単独での収益改善が困難であると判断したことによる倒産になっています。
そもそも、潟Nロススタッフを設立したこと自体が間違いであったのでしょうね。そこで、早期に見切りをつけたわけですが、「見切り千両」と言われますからね。

編集後記
ただ、見切りをつけることができる会社はまだ良いですよね。中小企業では見切りをつけたくても、出来なくてずるずると赤字を継続させている場合が決して少なくありません。
潟Nロススタッフの清算には見習うべきことが数多くあるように思えてなりません。

破産・倒産・競売も呪縛を解けば大爆笑!

大爆笑とまではいかないにしても、倒産しても平然と自然体で受け止めることができるような心構えを身に付けておく必要があるのではないでしょうか。
調子のよいときも有頂天にならずに、こつこつとものごとに取り組んでください。

同時に2つのゴルフ場を倒産させた親会社の今後は・・・・

倒産速報 明日はわが身です。岩手県で轄]刺カントリー倶楽部と叶キ岡南ゴルフ倶楽部が民事再生の申請をおこないましたが、両ゴルフ場を開発した且s川造園土木(東京都練馬区)は大丈夫だろうかと経審を見てみました。

且s川造園土木は年商8億円ながら、自己資本は16億円もある。しかし、今回の両ゴルフ場の破綻でどれほど、出資金や会員券も含め焦付きが発生したかによって且s川造園土木の見方は分かれる。既に評価損を出していたら影響はないと思われるが・・・。

轄]刺カントリー倶楽部と叶キ岡南ゴルフ倶楽部ともに27Hという大きなゴルフ場であり、それなりに入場者数がなければ、維持管理できないが、両ゴルフ場ともプレー者数が低迷、経営困難となり、預託金問題も抱え今回の事態に至った。

編集後記
会社が倒産するのは不況のせいではない。社長(あなた)のせいなのだ。企業再生の現場を知り尽くした熟練のプロが再生の必須知識と実践ノウハウを1冊に網羅。

企業再生成功の条件

岩手県でゴルフ場経営の会社が2社同時に倒産

倒産速報です。岩手県奥州市江刺区でゴルフ場経営の轄]刺カントリー倶楽部(代表者:市川勝俊)と岩手県花巻市でゴルフ場経営の叶キ岡南ゴルフ倶楽部(代表者:市川勝俊)の2社が倒産しました。民事再生法の適用を申請しています。負債総額は87億円です。

会社について
轄]刺カントリー倶楽部は、1986年(昭和61年)4月にゴルフ場メンテナンス事業を展開する且s川造園土木(東京都練馬区)のグループ企業の1社として設立。95年6月にオープンした「江刺カントリー倶楽部」(同所、27H)のほか、同ゴルフ場敷地内にある「江刺ロイヤルホテル」(63室)の経営を手がけ、98年3月期には年収入高約5億9700万円をあげていた。

叶キ岡南ゴルフ倶楽部は、1979年(昭和54年)9月設立。且s川造園土木のグループ企業として、88年にオープンした「盛岡南ゴルフ倶楽部」(同所、27H)の経営を手がけ、97年7月期には年収入高約7億5400万円をあげていた。

倒産の経緯
しかし、轄]刺カントリー倶楽部はバブル崩壊後は集客減と周辺ゴルフ場との価格競争などから2010年3月期の年収入高は約2億9000万円にダウン。慢性的な赤字決算から債務超過状態となっており、自主再建を断念した。

その後は叶キ岡南ゴルフ倶楽部も収入減に見舞われ、2009年7月期の年収入高は約3億4000万円にダウン。轄]刺カントリー倶楽部とともに自主再建を断念した。

負債は轄]刺カントリー倶楽部が約54億円、叶キ岡南ゴルフ倶楽部が約33億円で2社合計で約87億円。

編集後記
90年代に600以上開業したゴルフ場が昨年度は100件破綻、負債総額は空前の二兆円を突破した。外資“ハゲタカ”ファンドの買い漁りが激化する一方、荒廃した跡地への産廃不法投棄も続いている。ゴルフ場問題を15年間追い続けてきたジャーナリストが、環境破壊だけでなく人間破壊をももたらしている今日の異常な状況に迫る、渾身のドキュメント。

ゴルフ場廃残記



日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。