新潟県村上市でタクシー会社の村上タクシーが倒産

倒産速報です。新潟県村上市でタクシー会社の村上タクシー(代表者:上村隆)が倒産しました。事業を停止し、自己破産の準備に入っています。負債総額は1億5000万円です。

会社について
村上タクシーは52年創業。同市内最大規模のタクシー会社で、従業員は42人。ワゴン型の観光タクシーや介護タクシーなども運行していた。96年3月期には売上高3億2000万円を計上していた。

倒産の経緯
04年の中越地震、07年の中越沖地震の風評被害による観光客の減少などで業績不振が続き、規制緩和による運賃競争も追い打ちとなり、10年3月期の売上高は約1億6000万円まで落ち込んでいた。

編集後記
はじめから「プロの経営者」という人はいない。起業であれば、ほとんどの人がこれまで雇われる側か学生や主婦からの転身だからアマチュアばかり。でも、ひとたび「社長」という肩書が付くと「なんでもできる人・知っている人」と思われがち。だから「えっ、そんなこともわからずに社長やってるの?」と言われそうな疑問をいっぱい抱えているのに、なかなか周りの人に相談できない。本書はそんな「アマチュア=しろうと社長」に、様々な起業・経営の知恵と裏技をコッソリ教える。

今さら人に聞けないはじめての経営

在宅ワークを始める前のLvチェック

茨城県東茨城郡城里町でゴルフ場 「水戸レイクスカントリークラブ」が倒産

倒産速報です。茨城県東茨城郡城里町でゴルフ場 「水戸レイクスカントリークラブ」 経営の水戸レイクスカントリークラブ梶i代表者:室井俊一)と茨城県で東茨城郡城里町関連会社の水戸温泉開発梶i代表者:小平和英)が倒産しました。民事再生の適用を申請しています。負債総額は110億円です。
負債110億円

会社について
水戸レイクスカントリークラブ鰍ヘ、1985年(昭和60年)8月に設立。「水戸レイクスカントリークラブ」(90年5月オープン、城里町、18H)を所有し、運営は水戸温泉開発鰍ェ行ってきた。

水戸温泉開発鰍ヘ、1989年(平成元年)4月に設立され、「水戸レイクスカントリークラブ」の運営を手がけていた。

同ゴルフ場は、ブラインドホールのないフラットで雄大なコースで、常磐自動車道 「水戸IC」 から15kmと交通アクセスも良く、水戸温泉開発(株)の2007年4月期の年収入高は約5億円をあげていた。

倒産の経緯
しかし、個人消費低迷が続くなか、周辺ゴルフ場との競合で単価が下落。加えて来場者数も減少し、2010年4月期の年収入高は約4億円にダウン。この間、2007年11月にはゴルフ場を水戸温泉開発鰍ェ取得していたが、延長していた預託金償還の問題もあり、今回の措置となった。

水戸レイクスカントリークラブ(株)の負債は、大半が預託金と見られるが、約110億円の見込み。水戸温泉開発(株)の負債は、現在調査中。

編集後記
A4用紙1枚でかんたんに経営計画を作れる、現場に浸透させて社員の力を最大限に引き出す、進捗管理で社員に実施・改善してもらうなどなど、作っただけで終わらせない、経営計画の活かし方までがわかる!すぐに作れる・使える・達成できるフォーマットが満載。

はじめての経営計画の作り方・活かし方


債務整理は司法書士へ

大阪府大阪市北区で印刷業のムツミクリエテ鰍ェ倒産

倒産速報です。大阪府大阪市北区で印刷業のムツミクリエテ梶i代表者:金谷基良)が倒産しました。事業を停止し、事後処理は弁護士に一任しています。自己破産
の準備に入っています。 負債総額は10億円です。

会社と倒産の経緯について
ムツミクリエテ鰍ヘ、ポスター、会社案内、新聞チラシ、パンフレット、家電説明書などの印刷を手掛けていたが、今日の深刻な不況により、受注は落ち込み、経営不振に陥り、今回の事態に至った。民事再生ではなく自己破産を選択したのは、やはり先行きの見通しが立たなかったことによろう。
既存の仕入先:光陽社、大日精化工業、シオザワ、高田など
既存の販売先:パナソニック、ウエスト電気、公益社、ダスキン、日本板硝子など

編集後記
「ツイてる」
って口に出して言っていれば
「ツイてる」
ことが起きるんです。

 斎藤一人著『人生が全部うまくいく話』70頁

もしあなたが斎藤一人さんのファンであるようでしたら、きっと実行されていると思います。「ツイてる」って口に出して幸福を呼び込むことは五日市剛さんが書かれた「ツキを呼ぶ魔法の言葉」にも出てくる有名な言葉だということもきっとご存知だと思います。

実行することは決して難しくないのに実行していないことが非常に多いのはあなただけでなく、私も同じです。

このように斎藤一人さんの本を読んで、気に入った斎藤一人さんの言葉を記事にしていても実際に行動していることはわずかしかないのですよね。

でも、生活の基本を「感謝」というスタンスにおいておくだけで大きく変わってくると信じているのです。そのときに本当に小さな変化ですが、幸福に向かって歩んでいると感じることが起きるのです。

その小さな変化を大切にして大きく育てるようにと思って日々の生活を行っています。日々ではわずかな変化かもしれませんが、1年・2年と継続しているうちに大きな変化を得て、幸福になれると信じているのです。

もし、自分が思っているような幸福になれなくても、そのときには何が悪かったのかと自分で反省して改めて幸福に向かった模索しようと思っているのです。

司法書士ならではの借金整理術


静岡県熱海市でローマ風呂で有名な「ホテル大野屋」経営の椛蝟屋本店が倒産

倒産速報です。 静岡県熱海市でローマ風呂で有名な「ホテル大野屋」経営の椛蝟屋本店(代表者:大野茂正)が倒産しました。民事再生の適用を申請を行っています。負債総額は21億5000万円です。うち金融債務は約18億円になっています。

会社について
椛蝟屋本店は1934年(昭和9年)に温泉旅館として創業され、65年(昭和40年)4月に法人改組した。客室数174室、収容人員1040名の大規模ホテル「ホテル大野屋」を経営、熱海温泉では最大手クラスにランクされ「ローマ風呂の大野屋」として全国的知名度を誇っていた。80年2月には総工費35億円を投じて本館を増改築、さらに87年7月には20億円を投じて旧館を取り壊して新築し、収容力拡大を図っていた。

倒産の経緯 
バブル期には団体客の利用が好調だったことから客室稼働率は高かったが、その後の景気低迷で客数は毎期減少基調を強いられ、2004年12月期の年収入高は約9億9000万円と10億円を初めて割り込んでいた。近年も客数の減少に歯止めがかからず、この間、ホテル設備の大半を銀行借入に依存してきたことに加え、収入減少が続くなか、毎期欠損計上を余儀なくされ、債務超過のもとで厳しい経営を強いられてきた。

その後も業績は好転せず資金繰りは多忙化、金融機関とは弁済条件などの交渉を行ってきたが不調に終わり、事業を継続するために民事再生法の適用申請を選択した。

編集後記
老舗復活にかける人々の物語
星野リゾートほか全国の老舗旅館の復活劇を徹底取材。よみがえった旅館、その再生の内幕。

旅館再生

近年の旅館情勢がわかります。
旅館再生例や板場などの人事事情も簡潔に書いてありますので、旅館経営者や総支配人・支配人クラスが一度目を通してもよいかなと思います。値段も高額ではないので、全てを実践するのではなく、一つか二つでも参考になればよいという方にお勧めです。


借金問題バッサリ解決

倒産続報 京都府京都市下京区で宝石貴金属・健康商材卸しのアシハラ

倒産速報です。京都府京都市下京区で宝石貴金属健康商材卸しのアシハラ梶i代表者: 蘆原孝)の倒産続報です。破産手続の開始申立を行いました。負債総額は17億5000万円です。

会社について
アシハラ鰍ヘ昭和10年6月創業、昭和29年9月に法人改組し、京都、東京、名古屋、大阪等に営業拠点を開設。全国の問屋、宝飾専門店を販路に宝石貴金属の卸販売を行うほか、健康関連商材なども手掛け、平成11年7月期には26億円を超える年商を上げていた。

倒産の経緯
しかし、その後は個人消費の低迷に加え、過量販売に端を発した信販の縮小を受けて有名タレントを起用した大型催事を縮小したことから、宝飾品の販売が大きく落ち込み、一方で健康商材の扱いを拡大したものの、平成21年7月期売上高は7億0,200万円内外にとどまり、年商を上回る金融債務が重荷となっていた。

さらに、8月30日に事業を停止し、破産手続開始申立の準備に入った主力販売先1社に対し、1億円内外の不良債権が発生手形決済のメドが立たず今回の事態となった。

編集後記
ユニクロ再生の立役者・大久保氏の著書。
TVでは、社員の育成方法をメインに放送していました。もちろんそこにも触れられていますが、本書は売れるための店舗構築が主眼となっています。
業態を問わず、お客様とどのように向き合うかということが書かれているので是非みなさんに読んでほしい本です。
今年のマイベストセラーに入る本です!

利益を3倍にするたった5つの方法

イトーヨーカ堂で鈴木敏文会長の薫陶を受け、無印良品、ユニクロ、ドラッグイレブンを建て直し、成城石井で指揮を執る「経営のプロ」が、企業再生の奥義を公開。今日から売り上げが、利益が上がる。


債務整理は司法書士へ

兵庫県神戸市長田区でタクシー会社の神戸自動車交通鰍ェ倒産

倒産速報です。兵庫県神戸市長田区でタクシー会社の神戸自動車交通鰍ェ倒産しました。破産手続きの開始が決定しています。負債総額は1億8300万円です。

会社について
神戸自動車交通鰍ヘ50年に設立。地元の一般個人を主に形成し、ピークの07年度7月期年商約3億円を計上した。

倒産の経緯
近年の規制緩和同業他社との競争激化で業績が後退。06年に解散した同基金の不足額の負担増加も重荷となり法的措置をとった。負債総額は1億8300万円で、同基金関連が約1億8000万円。

編集後記
中小企業向けコスト削減を解説。「電気を消す」「コピーの裏側を使う」にとどまらないコスト削減の考え方とアイデアを示しつつ、削減策実行でいくらの削減につながるかを金額で示す。
毎月の支出を毎月の売上げ以下に収めれば、会社は生き残る!知識・テクニックの羅列にとどまらず、会社の体質改善も図れる経費削減の基本と進め方を解説。

中小企業のための経費削減

債務整理は司法書士へ

(社)大阪府市町村職員互助会が15億円の負債を抱えて破産へ

倒産速報です。大阪府大阪市中央区で非営利団体の互助組織である(社)大阪府市町村職員互助会(代表清算人:中田仁公)が破産を申請しました。負債総額は15億3000万円です。

会社について
(社)大阪府市町村職員互助会は、大阪府下の市町村などの職員の福利厚生のための互助組織として昭和7年に発足。
100余の団体が加入し会員数は一時期約6万人を抱え、傷害見舞金、入学祝金の支給や入院補助金などを給付する事業を行っていた。
しかし「第二の退職金」「ヤミ退職金」と言われる退会給付金に代表されるように、給付が手厚い、職員の掛け金よりも多額の公金が投入されているなどの批判がかねてからあった。ところが、高額の退会給付金に関する住民訴訟が相次ぎ、平成17年11月には制度を廃止し21年3月から清算手続を進めていた。

倒産の経緯
そうしたなか、今年9月には大阪府茨木市の住民が補助金の返還を命じるよう求めた訴訟で、大阪高裁が約2億円の返還請求を命じる判決を最高裁が支持、上告も棄却された。このため、互助会は16年、17年に受給した補助金計約63億円の返還を決め、各団体に按分して返還を進めてきたが、金利払いを含めると約14億円の債務超過に陥ることなり今回の措置となった。

編集後記
重要な事業を継続させるためには、地震をはじめ、風水害、火災、テロなど、企業を襲う事業停止の脅威に備え事前に事業継続計画を策定することが重要。本書では、事業を継続していくことの重要性について事例を交えて分かりやすく解説している。

よくわかる不測の事態に備える事業継続BC入門

免責者・任意整理中・多重債務の方を応援します!

岩手県盛岡市で「東洋医療健康村」運営の褐輪が倒産

倒産速報です。岩手県盛岡市で「東洋医療健康村」運営の褐輪(代表者:土橋和子)が倒産しました。破産手続きの開始決定を受けていましす。負債総額は3億4300万円です。

会社について
褐輪は2003年5月の設立。設立当初に「温古堂はり、きゅう接骨院」(盛岡市)を開業、05年には断食道場と東洋療法を組み合わせた宿泊施設「北東北東洋医療健康村」(滝沢村)を開業し、2施設の運営を手掛けていた。
 
倒産の経緯
両施設とも来院者が伸び悩み、ここ数年の間に数千万円の累積赤字が増加していた上、東洋医療健康村の開業に係る不動産取得や機材購入など多額の設備投資が重なり、厳しい資金繰りを強いられていた。

編集後記
本当に世の中の役に立つものなら
誰でも喜んでお金を払うはずです。

 小俣貫太著『お金に愛されて百戦百勝』125頁

この言葉は多くの人が知っている内容ですよね。しかし、実際にこの言葉で行動している人は非常に少ないのではないでしょうか。

お金を稼ぎたいと思ってはいても、人の役に立つことをしようとは思わずに行動している人が多いということです。実は私がそうですからね。

人が困っていることを解決してあげる、人が悩んでいることを支援してあげるだけで良いのですよね。世の中には困っていることや悩んでいることがたくさんあります。

しかし、それを解決してあげようという気持ちが不十分なのではないでしょうか。私も新しいビジネスでもっと人のためになること、世の中の役に立つことを基本的な理念として取り組んで行きたいと思っています。

もちろんこのブログも同じです。少しでこのブログで人のためになりたいと思っていますので、私で解決できるとは言いませんが、コメントに書き込んでいただけましたら、必ずお返事を差し上げます。

人に喜んでもらって感謝されるような日々の生活でありたいと願っている私でした。

自己破産等の無料相談

東京都渋谷区で人材関連事業の潟Kブパートナーズと鞄d販が倒産

倒産速報です。東京都渋谷区で人材関連事業の潟Kブパートナーズ(代表清算人:加藤康二)と神奈川県横浜市港北区で OA機器の販売やサポートを行っていた鞄d販( 代表清算人:加藤康二)が倒産しました。特別清算の開始が決定しています。負債総額は2社合計で1億2700万円です。

編集後記
役に立たないことに
時間をかけるのをやめな。

 斎藤一人著『お金儲けセラピー』66頁

この言葉は良く分かります。問題は何が「役に立たないこと」なのか、何が「役に立つこと」なのかの判断が非常に難しいのですよすね。

一番多い「役に立たないこと」とは、友人・知人・仲間と一緒になってグチ・不平・不満を酒を飲みながら言い合うことでしょかね。決して建設的な会話は出てきませんし、ストレスの解消にもあまり役立っていないようです。

物事に取り組んで失敗した場合には、役に立たない時間を過ごしてしまったと思う場合が多いですが、考えようで役に立つ場合も多いようですね。

失敗は同じ過ちを犯さないという反省に立てば、次からは失敗の原因を一つ減らすことが出来るのですよね。

斎藤一人さんの言葉は本当に難しい言葉は使っていませんが、冗談やたとえ話程度に聞き流していると、それこそ失敗するような気持ちになっています。

もう少し真剣になって斎藤一人さんを勉強してみる必要があるのではないかと思うようになってきました。よく斎藤一人さんは100回聞きのCDを出していますが。100回聞く意味がおぼろげながら分かってきたような気持ちになっています。

借金が全然減らない・・・解決可能

志摩の「紫光」再生法 地裁支部受理、旅館の営業は継続

倒産速報です。志摩市浜島町浜島で旅館を経営する且光(代表者:井上大)が倒産しました民事再生の適用を申請し、受理されています。負債総額は約19億3700万円。旅館「紫光」の営業は続ける。

会社について
且光は1972(昭和47)年設立。大宴会場やダンスホールなどを備える総合旅館として人気を博し、98年には温泉を導入。2002年3月期には約11億5600万円の年収入高を計上した。

倒産の経緯
だが、温泉開設や増改築に伴う借り入れの負担増大に加え、景気悪化で集客も落ち込み、近年は資金繰りが悪化。07年には債権回収会社に債権譲渡され、その後、債権はさらに外部のファンドへ譲渡。再建協議が続けられたが折り合わず、同法の申請に踏み切った。

今後は入札を実施し、外部よりスポンサーを募って再生を図る。井上大社長は「責任を取って辞任する。新経営者は地元発展のために尽くしてほしい」とのコメントを出した。

編集後記
老舗復活にかける人々の物語
星野リゾートほか全国の老舗旅館の復活劇を徹底取材。よみがえった旅館、その再生の内幕。

旅館再生

近年の旅館情勢がわかります。
旅館再生例や板場などの人事事情も簡潔に書いてありますので、旅館経営者や総支配人・支配人クラスが一度目を通してもよいかなと思います。値段も高額ではないので、全てを実践するのではなく、一つか二つでも参考になればよいという方にお勧めです。



債務整理は司法書士へ
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。