沖縄県那覇市でソフト開発の潟Aールアイティーが倒産

倒産速報です。沖縄県那覇市でソフト開発の潟Aールアイティー(代表者:三島義人)が倒産しました。3月8日に破産開始決定を受けています。負債総額は2億円です。

編集後記
ニッチ・トップシェア企業への挑戦
本書では、時代背景を踏まえて内容的に広がりを持たせた。既存の経営戦略論のフレームワークを踏まえながら新たな内容を追加し、必要最低限の内容は盛り込むように配慮した。特徴は、ニッチ・トップシェア企業の事例を多く紹介しケース・スタディとしても活用できることにある。

【送料無料】現代企業の成長戦略

沖縄県那覇市でダイビング講習の泣iハマリンスポーツが倒産

倒産速報です。沖縄県那覇市でダイビング講習の泣iハマリンスポーツ(代表者:高原健)が倒産しました。破産手続き開始決定を受けています。負債総額はは3000万円です。

編集後記
ターンアラウンドで企業価値を高める
事業再生は、日本では比較的新しい経営テーマと考えられているが、グローバルにみれば古典的なものである。また、負債の処理、雇用問題といった制度や文化的な背景の考慮なしには扱えない。つまり、グローバルでありながらローカルでもあり、古典的でありながら新しい。こうしたパラドックスを包含する多面的な事業再生、これが本書のテーマである。

【送料無料】マッキンゼー事業再生

東京都千代田区で印刷業のワールド・ウエイ鰍ェ倒産

倒産速報です。東京都千代田区で印刷業のワールド・ウエイ梶i代表者:松田雅博)が倒産しました。3月11日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任しています。負債総額は10億円です。

会社と倒産の経緯
ワールド・ウエイ鰍ヘ、広告印刷を得意としていたが、不景気で受注減に陥り、資金繰りに窮し今回の事態に至った。

編集後記
あなたを成功に導く14事例の教訓
“火消しコンサルタント”の著者が過去30年間にかかわった14の危機プロジェクト。そこから浮かび上がったプロジェクト失敗の真の原因とは。

【送料無料】プロマネ失敗学

熊本県菊池郡菊陽町で動物病院の泣tィオスが自己破産

倒産速報です。熊本県菊池郡菊陽町で動物病院の泣tィオス(代表者:藤本晴俊)が倒産しました。2月28日に自己破産の開始決定を受けています。負債総額は1億円です。

編集後記
会社がみるみる強くなる
鈴木敏文氏(イトーヨーカ堂会長兼CEO)の理論を受け継いだ著者がユニクロの経営改革、無印良品のV字回復、ドラッグイレブンの再建などで驚異的な実績をあげたノウハウを公開。

【送料無料】また一歩、お客さまのニ-ズに近づく

埼玉県深谷市で貸切バスの福島交通鰍ェ自己破産へ

倒産速報です。埼玉県深谷市で貸切バスの福島交通梶i代表者:福島征一)が倒産しました。2月18日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入っています。負債総額は2億円です。

会社と倒産の経緯
福島交通鰍ヘ大手旅行業者を相手に貸切観光バス事業を行っていたが、リーマンショック後受注不振に陥るなか、売れもしないブティックを開店させ、行き詰った。

編集後記
2000社の赤字会社を黒字にした
リーマンショック、サブプライムショック、さらに、ドバイショック・・・世界経済の悪化の波は日本にも容赦なく降りかかってきます。
これからの10年、未曾有の弱肉強食の時代が訪れると予測される中、どうやったら、淘汰されず、生き残っていけるのか。
本書では、著者が、実際に『赤字会社の再生請負人』として数々の瀕死の企業を救ってきたノウハウから、「ビジネスパーソンが逆境で生き延びる方法とは何か」を中心にまとめています。
(ビジネスパーソンとして)生きるか死ぬかという瀬戸際の話ですから、決して甘い言葉が連ねられているわけではありません。厳しいもの言いをしている箇所もあります。
しかし、これを読んで「この社会でなんとしてでも生き延びてやる!」という厳しい覚悟をもつ契機にしてほしいと思います。

【送料無料】社長のノート(2)

北海道千歳市で警備業の潟hーケンが倒産

倒産速報です。北海道千歳市で警備業の潟hーケン(代表者:山端広幸)が倒産しました。事業を停止し、3月8日付で事後処理を弁護士に一任しました。自己破産を申請する予定です。負債総額は3億2000万円です。

会社について
潟hーケンは1993年6月設立。建設業を顧客とする警備業を行い、2005年1月期に8400万円の売上高を計上していた。

倒産の経緯
08年同期は6600万円にダウン。そのため、08年3月からホタテ貝の貝殻を使ったリサイクル製品の製造販売に乗り出し、1億7000万円の設備投資をしたという。しかし、計画通りに販売できず、10年同期の売上高は3900万円にとどまっていた。

編集後記
現時の大不況に直面した経営者が新たに売上を伸ばす道を追求し、コストを減らすなどの方法を、面白く4つの小説を核にして体系的にわかり易く学べました。
著者が一番言いたいことは、自社が現在持っている「コアの事業」を新時代に向けて育てなさい、そのさい関係会社の協力を得て、一緒に総力をあげて挑戦しなさいということです。これが最初の2つのストリーでよくわかりました。読んでいて勇気もわいてきました。
著者が第2に言いたいことは、全社的コスト削減で労務費の削減と雇用の維持とを両立させることです。これも小説仕立てで述べられており、大河ドラマに出てくる江戸時代初めの直江兼継らのやり方が出てくるのには驚きました。最後に、トヨタ生産方式による現場改善の推進にける問題点のクリヤーは面白く、今こそ現場改善を徹底すべきだという主張も、労務費を減らして筋肉質にし、かつ人のリストラはしないということで納得しました。

送料無料!ポイント2倍!!【書籍】不況に克つ経営変革

負債120億円!東京都中央区で観光ホテル運営の潟Rーラクが倒産

倒産速報です。東京都中央区で観光ホテル運営の潟Rーラク(代表清算人:五月女弘)など3社が倒産しました。3月4日付けで特別清算を申請しています。負債総額は120億円です。

会社について 
コーラクグループはもともと、岡部グループとして栃木県、および静岡県にて観光ホテルを展開していた。
潟Rーラク(旧商号:潟zテルニュー塩原)は、1952年(昭和27年)2月の設立。栃木県日光市の「鬼怒川ホテルニュー岡部」、栃木県那須塩原市の「ホテルニュー塩原」など3ホテルを運営し、2003年6月期には年収入高約82億6400万円を計上していた。
 
鰍ウつきサービス(旧商号:葛S怒川観光ホテル水明)は、1953年(昭和28年)7月の設立。栃木県日光市の「鬼怒川観光ホテル」を運営し、2003年6月期には年収入高約28億2100万円を計上していた。
 
滑ヨ盛商事(旧商号:叶シ伊豆ホテルニュー岡部)は、1952年(昭和27年)2月創業、2005年(平成17年)7月に法人改組した。静岡県賀茂郡西伊豆町の「西伊豆ホテルニュー岡部」を運営、2006年6月期に年収入高約9億円を計上していた。
 
倒産の経緯
バブル崩壊後の団体旅行減少と個人旅行へのシフトに追随できず、2005年4月に取引金融機関の支援のもと整理回収機構より多額の債権放棄を受け、岡部一族が総退陣。2009年7月1日に会社分割スキームを用いた再建策を実施した。その後、それぞれ商号を変更し、3社ともに今年1月7日開催の株主総会で解散を決議、今回の措置となった。
なお、運営していたホテルは、新会社3社に引き継がれ、いずれも営業中。

編集後記
大資本とブランド力で続々東京進出の外資。巨額の費用でリニューアルを進める老舗。福岡、大阪、名古屋戦争の結末。「できるホテルマン」の激しい取り合い。分社化と経営統合、押し寄せる波。勝利が約束された3つのホテル。世界的注目を浴びて巻き起こる新規参入外資と国内組の戦い。

【送料無料】ホテル戦争

長崎県五島市で業施設賃貸管理の虚沚]商工開発が倒産

倒産速報です。長崎県五島市で業施設賃貸管理の虚沚]商工開発(代表者:山本鶴男)が倒産しました。3月1日に破産手続開始決定を受けています。負債総額は1億7200万円です。

編集後記
日本を救う最良の景気回復論
ベストセラー「高校生でもわかる日本経済のすごさ」の三橋氏&廣宮氏のコンビが再び日本経済への緊急提言を行う! デフレ不況に突入した日本経済を再び発展に導く新経済論について図やグラフなど多数用いて、わかりやすく説明。 「誰も気付かなかった日本経済回復論」が本書にて、ついに明かされる! 誤った経済への認識を正し、日本を救うためにも、政治家やマスコミ関係者に一番読んでほしい本である。

【送料無料】さらば、デフレ不況

熊本県熊本市で貨物自動車運送の褐F本エヌ・アール・セキュリティー運輸が倒産

倒産速報です。熊本県熊本市で貨物自動車運送の褐F本エヌ・アール・セキュリティー運輸(代表者:島村賢二郎)が倒産しました。2月17日の破産手続き開始決定を受けています。負債総額は1億4100万円です。

編集後記
日本の知的レベルの劣化については、既に多くの識者が警鐘を鳴らしている。未曾有の世界同時不況に直面した現在、各国の対応を見てみると、彼我の「格差」がよくわかる。各国の政治家、官僚、学者、そしてマスメディアは何を問題とし、どんな論議をしているのだろうか。それに対して、わが日本は?
ケインズは『一般理論』の結びで、世の政治家や実業家は何十年も前の古い経済思想の奴隷であると書いた。本書は、「市場原理主義」か否かといったメディアが好む粗雑な議論を排し、世界標準となっている経済学の知識をわかりやすく政治家、官僚など政策に携わる人々に提供しよう狙いで、2008年末に4回にわたる対談を行い、緊急にまとめたもの。
池田氏が主に聞き手となり、池尾氏が講義するという形になっている。
内容は今回の経済危機の分析だけにとどまらず、マクロ経済学の新しいコンセンサス、エージェンシー問題、コーディネーションの失敗、政策の時間整合性など経済学的知見をフルに活用して、日本の「失われた10年」の原因分析も含めて説明している。

【送料無料】なぜ世界は不況に陥ったのか

衣料の検品・包装・梱包を行っていた ニーズ・ファッション・ロジスティックスが倒産

倒産速報です。神奈川県相模原市で衣料の検品・包装・梱包を行っていた ニーズ・ファッション・ロジスティックス(代表者:楠鎮文)が倒産しました。2月21日に破産手続き開始決定を受けています。負債総額は1億5000万円です。

会社について
ニーズ・ファッション・ロジスティックスは平成5年5月に設立された衣料の検品・包装・梱包会社でした。請け負っていた会社の売上が減少すると、比例して売上が減少するという下請けの悲しさでしょうかね。

編集後記
NHK「おはよう日本」でも紹介された、長野県の中小企業社長が語る、下請け脱出のヒントと モノ造り国家ニッポン再生への展望。
不況と大手企業の横暴に苦しむ中小零細企業だが、その「技術」とモノ造りへの心意気は世界に誇れる宝物であり、日本再生のカギとなり得る。
実際に長野でコイル製造の中小企業社長を務める著者が、中小企業生き残りの方法と未来への希望を情熱を込めて説く。

【送料無料】立ち上がれ中小零細企業
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。