売上・利益の不振で切り捨てられたサザビーリーグの連結子会社である潟Aイエスエル

倒産速報です。東京都渋谷区でサザビーリーグの連結子会社である潟Aイエスエル(代表者:森正督)が倒産しました。会社解散を決議しました。負債総額は27億6100万円です。

会社と倒産の経緯
潟Aイエスエルはブランドライセンスビジネス業でした。サザビーリーグは、ブランド物などのファッション事業を展開しているが、副業でスターバックスジャパン(39.9%)を経営しており、こっちが主力になりつつある。

編集後記
自分に正直になる、自主的に考える、信頼を築く、責任をもつ、大きな夢をもつ…。リーダーとして、お客様に尽くす社員として、そして一人の人間として、大切な原則は人生のあらゆる場面で共通している。「人の心に活力と栄養を与える」という目標を胸に、北米地域だけで展開していたスターバックスを世界中に広めた立役者である著者が、「人を第一に考える」という企業文化を軸にして世界一に上り詰めていった軌跡と、仕事と人生で大切な10の原則を明かす。

スターバックスを世界一にするために守り続けてきた大切な原則

局地戦でも勝つことができなかった人材派遣等の潟tォーバルキャリアファームの倒産

倒産速報です。東京都渋谷区で人材派遣等の潟tォーバルキャリアファーム(代表清算人:加藤康二)が倒産しました。日特別清算の開始決定を受けています。負債総額は5億円です。

会社と倒産の経緯
潟tォーバルキャリアファームはフォーバル完全子会社として設立され、親会社向けの人材派遣および新入社員教育管理職研修業を営んでいた。不景気や法律改定など人材派遣業を取り巻く環境が悪化して親会社のフォーバル整理したもの。

編集後記
小が大に勝つ逆転のマーケティング
資本力で劣る中小人材派遣会社が大手に対抗するためにはターゲットを絞り込み、局地戦に持ちこむ。弱者の戦い方・ランチェスターの戦略を用いて法改正による激動の市場を勝ち抜いていく。本書は、売上を伸ばし「儲ける」ための具体的な方法が書かれた本です。

人材派遣会社「儲け」のルール

静岡県富士市でゴルフ場経営の鞄富士カントリー倶楽部が2度目の倒産

倒産速報です。静岡県富士市でゴルフ場経営の鞄富士カントリー倶楽部(代表者:古旗邦夫)が倒産しました。民事再生の適用を申請しています。負債総額は54億円です。

会社について
鞄富士カントリー倶楽部は、1972年(昭和47年)11月にゴルフ場経営を目的に設立。当初から開発が難航し、76年9月に「南富士カントリー倶楽部」(静岡県富士市)を仮オープンしたものの、その後、前経営陣による乱脈経営が発覚。80年4月には静岡地裁富士支部に会社整理を申し立て、同支部の命令により整理開始となっていた。債務返済が進み、88年9月には静岡地裁富士支部の整理終結の決定が確定、以降、正会員、平日会員など相応の会員を獲得していた。

同ゴルフ場は、駿河湾を見渡せる雄大な自然に囲まれた丘陵林間コース(18ホール、6998ヤード)。東名高速道路裾野ICから18qと首都圏からのアクセスも良く、各ホールから富士山を眺望できることでビジターの利用にも恵まれ、2000年5月期には年収入高約6億4500万円を上げていた。

倒産の経緯
しかし、近年は、来場者一人当たりの単価の下落を余儀なくされ、2010年5月期には年収入高約4億5000万円に落ち込んでいた。こうしたなか、金融債務負担に加え、預託金償還問題から支え切れず、今回の措置となった。

編集後記
クレジット・サラ金・商工ローン・ヤミ金融に負けない
本書は、クレジット・サラ金・商工ローン・日掛け金融・ヤミ金融などによる被害者の生々しい体験を紹介するとともに、サラ金CMの問題点、クレジット・サラ金・商工ローン・日掛け金融・ヤミ金融などの問題点、高金利のサラ金や商工ローンを利用しないで済む公的低利融資制度の紹介、多額の借金を抱えた場合の解決方法と相談窓口などをわかりやすく解説したものである。

借金地獄からの脱出法

栃木県宇都宮市で印刷業の潟sー・ジェイが倒産

倒産速報です。栃木県宇都宮市で印刷業の潟sー・ジェイ(代表者:水楢はるみ)が倒産しました。自己破産の開始決定を受けています。負債総額は5億円です。

倒産の経緯
潟sー・ジェイは不況により、受注不振、採算性悪化により行き詰った。

編集後記
「誰かのためにがんばる」ってのが、
プロの仕事なんだよ。

 小俣貫太著『時代を読んで「ひとり勝ち」』

多くの人はまずは、自分のために仕事をしていますよね。次に家族のために仕事をしている。そして会社のために仕事をしている。お客様のために仕事をしている。次があるのかどうか分かりませんが、社会のために仕事をしている。などなどがあると思います。

自分のために仕事をしているうちはプロではないでしょうね。また、家族のために仕事をしているうちもまだまだプロではないでしょうね。会社のために働いているうちはセミプロでしょうね。

やはりお客様のためになり、そのことが社会のためになるようなことをするのがプロではないでしょうか。

プロ野球の選手を見てみても同じことが言えるのではないでしょうか。プロ野球の選手が自分のためや家族のために働いているとしたときに、見ている人は本当につまらないでしょうね。

また、球団のためにいくら働いていても観客には何も伝わってくるものがないでしょうね。

やはり球場まで足を運んでくれた観客やテレビなどで見ている人のためになっていないようであれば、プロとは言えないと思います。

プロとして社会に貢献できるような選手になるとさらに素晴らしいでしょうね。よく、病気の子供ためにホームランを打つなどという逸話が流れてきますよね。

最終的には社会に貢献できるような人間になりたいものですね。

東京都中野区でCDブック出版の潟Cンターコミュニケーションズが倒産

倒産速報です。東京都中野区でCDブック出版の潟Cンターコミュニケーションズ(代表者:是安浩二)が倒産しました。自己破産の申請を行っています。負債総額は1億円です。

倒産の経緯
販売不振。

編集後記
洗脳研究のエキスパートが、人を引き寄せる秘訣を教える。ヒントは「小説を読んで涙を流す少女」。泣くのは、小説の中に自分がいるかのような「臨場感」が強いため。組織においても部下の「臨場感」をコントロールし、部下にリーダーと同じ考えだと“思わせる”のがミソという。

すごいリーダーは「脳」がちがう

人を動かす3つの条件
リーダーの資質とは何か?いかにして人から支持されるのか?人を引き寄せるにはどうすればいいのか?本書を読めば、リーダーになるための必要な条件を手に入れられるはずです。それだけではなく、リーダーとなる資質を鍛え、リーダーを選出する「目」も養うことができます。機能脳科学の観点から説くホンモノのリーダー論。

「残された道は倒産しかない!」と思った時には、ぜひ思い出して欲しいものが破産救済ドットコムです。
破産救済ドットコムに連絡をしたからといって倒産を回避できるとは限りませんが、最も良い倒産手段を見つけてくれるはずです。
経営難や倒産の苦しみから逃れるためのものでもありませんが、適切な判断をしてもらえるはずです。
本当に困っているときには冷静な判断ができなくなっている場合が多いので、ぜひ詳しい知識と経営のある第三者に相談されるのが最も良いのではないでしょうか。

商業印刷「ウイルコ」の10年10月期は4.5億円の最終赤字へ

倒産速報 明日はわが身です。商業印刷「ウイルコ」の10年10月期は4.5億円の最終赤字へ
東証2部上場の情報・印刷業「ウイルコ」は、2010年10月期通期連結業績予想を下方修正し、純損益が4億5000万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

ダイレクトマーケティング事業においては美容食品を中心に健闘したものの、情報・印刷事業においては景気低迷の影響から受注が伸び悩み、結果として売上高は前回発表を約4億円下回ると予想。

また、投資有価証券評価損や経営合理化策に伴う損失を計上したため、営業損益・純損益では黒字予想から一転し赤字に陥る見通しとなりました。

編集後記
大幅に改正された給付内容が大変分かりやすかったです。
また、「会社都合」による失業に対する世間の受け止められ方もかなり変わっている感じがしました。
しかし…給付日数と日額が随分厳しくなりましたね(汗

失業保険150%トコトン活用術最新版

給付金が50万円増える最強知識。

自分にとって恥ずかしいことや不利益な内容はできるだけ隠しておきたいのが人情です。でも経営困難や倒産に関することは、多くの人に迷惑をかけるので、隠さないようにしたいものです。
そこで、債務整理は司法書士へ相談されることも良い方法ではないでしょうか。

東京都新宿区でソフトウエア受託開発の朝日エンジニアリング鰍ェ倒産

倒産速報です。東京都新宿区でソフトウエア受託開発の朝日エンジニアリング梶i代表者:渋谷喜一郎)が倒産しました。自己破産を申請しています。負債総額は2億5000万円です。

会社と倒産の経緯
朝日エンジニアリング鰍ヘ昭和48年6月に設立されたソフトウエア受託開発の会社でした。不況に伴う受注減が倒産要因です。

編集後記
100の項目があります。
ぱらぱらっとめくってみて自分に合うものを読めば良いでしょう。
のめり込まない、やりすぎないコツが書かれています。
3日かかることは1日でやる。ただし、大事なものに絞る。
1万円札と名刺は3ヶ所に入れておく。なくて困ることのないように。
アウトプットしないものはインプットしない。

ラクをしないと成果は出ない

「一生懸命」に働くな!好きな仕事で所得倍増。会いたい人が会いに来る。自分の時間を確保する―。「やるべきこと」を圧縮し、「やりたいこと」を拡大する100のアイデア。


借金を減らして無借金経営を本気で目指すのであればおまとめローンよりも債務整理!になります。
目先の利益や借金に目を奪われがちですが、本質的な経営体質の改善を目指すことが最も正しい方法だと思います。

東京都港区で美術品展覧会の企画・運営のアプト・インターナショナル鰍ェ倒産

倒産速報です。東京都港区で著名展覧会に多くの実績を残してきた美術品展覧会の企画・運営のアプト・インターナショナル梶i代表者:小谷哲哉)が倒産しました。民事再生の適用が決定しています。負債総額は2億1800万円です。

会社について
アプト・インターナショナル鰍ヘ、1975年(昭和50年)10月に設立されたが、間もなく休眠。
87年(昭和62年)の事業再開後は、美術品の展覧会の企画・運営や同カタログの制作・販売なども手がけていた。
美術展覧会の企画・運営会社としては国内では数少ない中の1社で、美術館の運営元である地方自治体や著名企業から直接受託するケースや、新聞社やテレビ局が地方自治体から受託した案件を当社が受託するなどの形で営業を行っていた。
これまで「宮沢賢治絵画館」(95年)、「ピサロ展」(98年)、「ティファニー展」(99年)、「イームズ・デザイン展」(2001年)など数多くの実績を残し、2001年8月期には年収入高約4億6000万円をあげていた。
近時は、「イタリア美術とナポレオン展」(2009年)などのほか、今年に入ってからは「アントワープ王立美術館展」や「ノーマン・ロックウェル展」などを手がけてきた。

倒産の経緯
2008年秋のリーマン・ショックの影響で美術館の運営を手がける多くの地方自治体が展示会の開催を見送る動きが顕著となったことなどで、2009年8月期の年収入高は約1億2100万円にダウン。ここにきて自主再建を断念した。

編集後記
飲食も旅館もメーカーも自治体も、男も女もいまこそ「再生する底力」が必要です!あなたのお店、泣いていませんか?売れなくなってしまった店、流行りに振り回される業態、意欲を失う従業員たち…いま繁盛しているお店も、いつかは下降線が待っている。ある日突然、お客さまがその繁盛店に「飽きて」しまう。ダメになったお店をどうしたらいいか。その答えが「再生」(リノベーション)だ。

そのお店、いまなら再生できます


自分にとって恥ずかしいことや不利益な内容はできるだけ隠しておきたいのが人情です。でも経営困難や倒産に関することは、多くの人に迷惑をかけるので、隠さないようにしたいものです。
そこで、債務整理は司法書士へ相談されることも良い方法ではないでしょうか。

東京都中央区でソフトウエア受託開発業の潟tァイテックラボが倒産

倒産速報です。東京都中央区でソフトウエア受託開発業の潟tァイテックラボ(代表者:松島利幸)が倒産しました。民事再生の適用を申請しました。負債総額は8億円です。

会社と倒産の経緯
潟tァイテックラボは、証券のオンライントレードシステムを開発するなど実力は持っていたが、証券不況により受注不振に陥るなか、大型システム開発のための先行投資金も膨らみ今回の事態に至った。

編集後記
手書きもしくは手書き風の1枚のお礼状で、効率よく低コストで確実にお客様をつかむ方法とは。

経営コンサルティグで人気ブログ「運が開けるお礼状・大人のコミュニケーション塾」の著者が、営業職や経営者がすぐに実践できる数字につながるお礼状戦術を伝授する。

1枚のお礼状で利益を3倍にする方法

この本は、「お礼状」というツールを使って、効率良く利益を上げるためのアイデアをまとめた本です。お礼状というと、秘書や営業アシスタントや事務の女の子たちのやることだと思っていませんか?そこで「お礼状」という言葉をこう置き換えて考えてみましょう。利益に即つながる「営業状」。こう書くと、営業マンや社長も「自分の仕事」としてとらえますよね。そう、お礼状は単なる「お手紙」ではなく、お客様への感謝の気持ちを1枚の紙に託して伝えることで、利益や売上という「数字」の形でお返事をもらえる営業ツールなのです。


売上を増やすにも、経費を削減するにもそれなりの手段や方法がありますよね。借金の問題を解決するにも沢山の方法があります。借金問題バッサリ解決で、あなたの借入金を減額したり、リスケジュールの方法を探ってみてはいかがでしょうか。

岡山県岡山市中区で園芸資材卸売業の光緑地産業が倒産

倒産速報です。岡山県岡山市中区で園芸資材卸売業の光緑地産業が倒産しました。自己破産を申請しています。負債総額は3億4000万円です。

会社について
光緑地産業は昭和45年に設立。岡山市などの官公庁関連の造園工事などを行っていた。

編集後記
集中講義・金融危機と経済学
日本の知的レベルの劣化については、既に多くの識者が警鐘を鳴らしている。未曾有の世界同時不況に直面した現在、各国の対応を見てみると、彼我の「格差」がよくわかる。各国の政治家、官僚、学者、そしてマスメディアは何を問題とし、どんな論議をしているのだろうか。それに対して、わが日本は?
ケインズは『一般理論』の結びで、世の政治家や実業家は何十年も前の古い経済思想の奴隷であると書いた。本書は、「市場原理主義」か否かといったメディアが好む粗雑な議論を排し、世界標準となっている経済学の知識をわかりやすく政治家、官僚など政策に携わる人々に提供しよう狙いで、2008年末に4回にわたる対談を行い、緊急にまとめたもの。
池田氏が主に聞き手となり、池尾氏が講義するという形になっている。
内容は今回の経済危機の分析だけにとどまらず、マクロ経済学の新しいコンセンサス、エージェンシー問題、コーディネーションの失敗、政策の時間整合性など経済学的知見をフルに活用して、日本の「失われた10年」の原因分析も含めて説明している。

なぜ世界は不況に陥ったのか

過去の歴史を振り返りつつ、その時代での過ち・原因を明快に解析し、読者に分かりやすく伝えてます。
そして、「失われた10年」での失政と今回の同時不況において同じ過ちを繰り返そうとしている政府・役人に警告を進言し、新たな時代の変革を訴えているオススメの一冊。
経営者・会計職の人達には是非一読して欲しい一冊です。


借金問題バッサリ解決


日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。