東京都文京区で精神障害者支援施設などの全国精神障害者社会復帰施設協会が倒産

倒産速報です。東京都文京区で精神障害者支援施設などの社会福祉法人全国精神障害者社会復帰施設協会(代表者:高野修次)が倒産しました。4月1日付で破産手続きの開始決定を受けています。負債総額は2億円です。

会社について
全精社協は1995年2月の設立。精神障害者の社会復帰や地域生活支援に関する調査研究や、社会福祉事業施設の職員研修などを手掛けていた。
2007年4月には、精神障害者が働く保養施設や授産施設を併設した「ハートピアきつれ川」(栃木県さくら市)を運営していた団体の破産を受けて同施設を買い取り、運営を引き継いだ。

倒産の経緯 
しかし、同施設に対する国からの補助金を不正に流用したとして、全精社協の幹部が逮捕・起訴され、昨年9月に元会長が有罪判決を受けた。
これを受け、厚生労働省から補助金約9000万円の返還命令を受けたが、返還のめどが立たず、事業の継続を断念した。
ハートピアきつれ川は、今年3月末ですべての施設を閉鎖した。

編集後記
なぜ、会社を救う理由で経営者の自殺がなくならないのか? 
倒産とはまさに「命」の問題だ。そのことを体をはって教えてくれる村松弁護士の「仕事の流儀」に触れてほしい。
企業救済は海難救命のようなもの。溺れし者を救うのになんの理由もいらない。あきらめたらそこで終わり。
必要なのは信念と使命感、大きな情と少しの努力だけ。
それが私の流儀であり、「天国からのメッセージ」でもある。

【送料無料選択可!】魂の会社再建 ドキュメント再建弁護士の会社救済ファイル (単行本・ムック...

自らの愛娘を亡くしている村松弁護士には、人命と引き替えにしてまで貸し付け金の回収に走る金融機関が理解できないし、許せない。

享保3年(1718年)に創業した栃木県日光市で温泉旅館の株コ久ホテルが倒産

倒産速報です。栃木県日光市で温泉旅館の株コ久ホテル(代表者:伴久盛社長)が倒産しました。4月25日に破産を申請し、同日付けで破産開始決定を受けています。負債総額は30億円です。

会社について
株コ久ホテルは、平家武将の末裔である伴家が享保3年(1718年)に温泉旅館を創業し、昭和9年に現在のホテル形態とした。湯西川温泉屈指の高級旅館として根強い人気を誇り温泉設備や内装等の豪華さが評価され、世間を賑わせた秘湯ブームに乗じて平成7年2月期〜8年2月期には20億円台の売上を計上していた。

倒産の経緯
しかし、高級旅館としてのサービス維持のため、過剰な人員を抱えた操業が続いていたほか、以後の経済環境悪化で湯西川地区への観光客が徐々に減少し、22年2月期売上は約9億8000万円にまで落ち込むとともに7億円を超える赤字を計上。
加えて、過去の設備投資が起因して金融債務は年商の2倍以上にまで肥大。この過剰な金融債務が経営を圧迫し、大幅な債務超過で資金環境は厳しい状況に直面していた。

そういったなか3月11日に東日本大震災が発生、地震による設備への直接的な被害はなかったが、震災と前後して予約客の殆どがキャンセルとなり、4月度はほぼ開店休業の状態が続いていた。
震災地を意識した観光自粛で、その後も宿泊客が回復することはなく、事業継続を断念し法的手続による会社整理を選択した。

編集後記
4万人の意識革命
東京佐川事件後10年、有利子負債元利合計8000億円を返済。
不良債権6000億円の処理は自力で行われた。

【送料無料】佐川急便再建3650日の戦い



東京都渋谷区で映画・ビデオ制作のミコット・エンド・バサラ鰍ェ倒産

倒産速報です。東京都渋谷区で映画・ビデオ制作のミコット・エンド・バサラ(代表者:三宅澄二)が倒産しました。4月21日に破産手続き開始の決定を受けています。負債総額は19億3800万円です。

会社について
ミコット・エンド・バサラ鰍ヘ、1997年(平成9年)12月に泣~コットとして設立。99年6月に株式会社に組織変更したほか、3回の商号変更を経て、2003年3月に現商号となった。

映画・テレビ映像、インターネット向け映像、DVD・ビデオなどに付随した各種コンテンツの総合マネジメントビジネス(企画開発、制作管理、配給・販売、権利窓口の調整、権利運用、収益配分)を主業としていた。
具体的にはクリエーターと企画開発し、出資者とされるビジネスパートナーから出資金を集め、様々なコンテンツの制作を協力会社に外注依頼。完了後の各権利運用費(劇場配給、パッケージ販売、TV放映、インターネット等への放映権販売等)を当社の収入とし、出資者に配分金として支払う独特のビジネスモデルを展開し、2006年3月期には年収入高約20億3400万円をあげていた。

また、ミコット・エンド・バサラ鰍ェ携わった作品としては、2007年5月に公開され、2008年に第31回日本アカデミー賞の優秀作品賞、優秀監督賞、優秀脚本賞、優秀助演男優賞の4部門のほか、話題賞を受賞した『キサラギ』をはじめ、『僕らのワンダフルデイズ』(2009年11月公開)、『彼岸島』(2010年1月公開)、『食堂かたつむり』(2010年2月公開)、『おにいちゃんのハナビ』(2010年9月公開)などがある。

倒産の経緯 
しかし、近年では、2008年9月に取引先より、制作受託契約義務違反による制作代金の支払を求める訴訟を起こされるなどトラブルが発生したほか、ヒット作品に恵まれず2010年3月期の年収入高は約16億1400万円にとどまっていた。
その後は、借り入れ負担は重く、資金繰りにも余裕は乏しく、今回の事態となった。

編集後記
予測は、つぎに出てくる内容を絞ることで、読解を、速く楽しく正確にするものである。
豊富な具体例でそのコツを体感しながら、読み上手・書き上手をめざそう。

【送料無料】「予測」で読解に強くなる!


石川県七尾市で和倉温泉老舗旅館の合同会社銀水閣が倒産

倒産速報です。石川県七尾市で和倉温泉老舗旅館の合同会社銀水閣(代表者:小橋朗子)が倒産しました。4月25日に事後処理を弁護士に一任して事業を停止しています。負債総額は25億円です。

会社と倒産の経緯
和倉温泉 銀水閣は明治29年創業の地元和倉温泉の老舗旅館。
バブル期やその後にかけ、約27億円の設備投資を行い大型観光ホテル化したが、07年3月には能登地震の影響を受け売上高が落ち込み、最近では不景気により客足も遠のき、更に直近では東北大震災による自粛ムードにより売上高は激減、先行きの見通しも立たず事業を停止した。

編集後記
人間、生きている限り、自分の周りに失敗はツキモノである。
失敗は、多くの人が命を落とす大事故に至る失敗から、
たとえば酩酊して財布を落とす失敗、入社試験に落ちるような日常的な失敗まで、挙げればキリがない。

【送料無料】失敗は予測できる

しかし、ある失敗は別の場所で起きた失敗と何らかの類似性がある。
本書は、過去に起きた豊富な失敗例を挙げながら、類似性に気づきさえすれば失敗は予測できることを示す。
また、失敗を予測するだけでなく、失敗を回避する方法、もし失敗してしまったときの対処法なども考える。
さらに、昨今の日本社会の急激な変化に伴い、今まであまり公にされることがなかった、企画・開発時に起きる「隠れた失敗」にも目を向ける。

【続報】愛知県名古屋市西区でチラシ印刷の中経高速印刷鰍倒産に追い込んだ名古屋経済

倒産速報です。愛知県名古屋市西区でチラシ印刷の中経高速印刷梶i代表者:田口健一)が倒産しました。4月21日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入っています。負債総額は18億円です。

会社について
中経高速印刷鰍ヘ、昭和49年7月、中部経済新聞社とベンチャーキャピタルの名古屋中小企業投資育成も出資して設立されたオフセット印刷業者。折込チラシや通販カタログ、書籍、パンフなどの印刷。
大日本印刷を主力受注先に業績も安定させ、30億円以上の売上高をあげていた。

倒産の経緯
しかし、リーマンショック以来、不況による広告費用の節減等により、競争も激化して、単価安や受注不振に陥っていた。そうしたことで資金繰りに行き詰った。
 
中部経済新聞社の株主は、名古屋経済界の各社であるが、特にトヨタが大株主であり、トヨタが景気よければ、こうした事態はなかったと思われる。しかし、リーマンショックで大幅に落ち込み、やっと回復しようとしたところでアメリカからパッシングを受け、今度は震災で車両の電子頭脳部品が調達できず、生産が一時全面ストップ、本格的に回復軌道に乗るのは11月としているほどである。
今のトヨタに中経高速印刷鰍助けるような精神的な余裕はない。

編集後記
岡崎がフィナンシャル・リスクの回避という視点から、倒産企業の財務の特徴を解明することにより、実践的な倒産予知の方策を論じている。また、太田は倒産から再生に至るターンアラウンド・プロセスの理論を追究。すなわち、企業倒産と再生を「実践と理論」の両面からアプローチしている。

【送料無料】企業倒産と再生


愛知県名古屋市中区でディスプレイ業の オフィス二十一が自己破産へ

倒産速報です。愛知県名古屋市中区でディスプレイ業の オフィス二十一(代表者:川口俊文)が倒産しました。4月20日付けで事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入っています。負債総額は2億3000万円です。

会社と倒産の経緯
潟Iフィス二十一は昭和58年6月に設立されたディスプレイ業者でした。東日本大震災の影響でイベントの開催中止などが相次いでいた。

編集後記
地獄を味わった者だから見える、中小企業の死角。心理療法を経営に取り入れた大胆な提言。

倒産から学ぶ成功する経営

愛知県名古屋市西区でチラシ印刷の中経高速印刷鰍ェ倒産

倒産速報です。愛知県名古屋市西区でチラシ印刷の中経高速印刷梶i代表者:田口健一)が倒産しました。4月21日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入っています。負債総額は18億円です。

会社と倒産の経緯
中経高速印刷鰍ヘ昭和49年7月、中部経済新聞社や名古屋中小企業育成の出資を得ていたオフセット印刷業者。
折込などのチラシ広告を主体に通販カタログなどを大日本印刷などから受注していた。
不況による広告宣伝費の抑制傾向や同業者との競合激化、受注単価の下落もあって、平成20年3月最新鋭の輪転機を導入して生産機能を本社工場に集約していた。しかし、ピーク約32億円の売上高を計上していたものの、平成22年12月期は約24億円台まで減少、支えきれず今回の事態に至った。

編集後記
会社経理で必須の処理の基本ルールがわかる。経理実務の意味・処理ポイント・仕訳のしかた・注意点がわかる。経理処理とともに、関連する手続や処理ポイントもわかる。

【送料無料】経理のルールブックQ&A

【続報】大阪府泉佐野市で大阪府の第三セクターのりんくう国際物流鰍ェ倒産

倒産速報です。大阪府泉佐野市で大阪府の第三セクターのりんくう国際物流梶i代表者:中司文典)が倒産しました。4月22日に民事再生法の適用申請を行いました。負債総額は92億円です。

会社について
りんくう国際物流鰍ヘ、1993年(平成5年)2月、関西国際空港の対岸地域に整備される「りんくうタウン流通製造加工ゾーン」の施設、また「輸入促進地域」の複合物流施設の建設、運営等にあたることを目的に、大阪府都市開発梶i以下OTK、大阪府和泉市)が33%、大阪府が25%を出資して設立された。
96年10月に「りんくう国際物流センター(RILセンター)」が開業。敷地面積1万9000平方メートル、延床面積5万3000平方メートルの物流棟4階建て、事務所棟6階建ての複合物流施設で、総事業費220億円を投じていたが、開業当初の入居率は約30%にとどまっていた。
施設償却を含む経費支出が負担となり赤字体質が続いていたため、2001年度には経営改善計画を策定。当社、OTK、金融機関との間で「再建支援協定」を締結し、金融機関が貸付金の返済条件を変更する一方、OTKが当社からRILセンターを一括借上げする形で支援が行われ、2006年3月期以降は経常利益、当期利益を確保し、2010年3月期の年収入高は約5億9000万円を計上していた。

倒産の経緯
しかし、2005年3月期末時点で約24億3300万円にまで増加していた累損は減少傾向にあったものの、2011年3月期末時点でも約22億2000万円にのぼり、RILセンターも、物流棟こそ直近ではほぼ100%の稼働率だったが、事務所棟の稼働率は30%〜50%台で推移していた。
そうしたなか、OTK の民営化案が浮上。さらに、2011年3月末で「再建支援協定」の期限が終了したが更新されず、先行きの見通しが立たなくなり、今回の措置に至った。

編集後記
ある経営者を励ますために、10年にわたって送り続けた「元気が出るハガキ」の中から、心に深く響く言葉を厳選収録。

【送料無料】「夢」が「現実」に変わる言葉

【送料無料】「夢」が「現実」に変わる言葉

つくものがたり!東京都渋谷区でゲームデベロッパーの潟Lラウェアが倒産

倒産速報です。東京都渋谷区でゲームデベロッパーの潟Lラウェア(代表者:山尾和浩)が倒産しました。倒産内容や負債総額については調査中です。

会社と倒産の経緯
潟Lラウェアは2006年1月の設立。代表の山尾和浩氏は元アトラスで、キラウェア設立後はデベロッパーとして『九龍妖魔學園紀 re:charge』(アトラス)、『LUX-PAIN(ルクス・ペイン)』(マーベラスエンターテイメント)、『Another Time Another Leaf 鏡の中の探偵』(アークシステムワークス)、『つくものがたり』(フリュー)といったアドベンチャーゲームを開発してきました。

中堅タイトルは販売本数が伸び悩むケースが多くなっていて、中堅デベロッパーの中には経営が厳しくなる会社も増えてきそうです。

編集後記
購買者をその気にさせるイベント・プロデュ-スの発想
「世の中の景気・不景気に関係なく、良い企画があれば仕事は生まれる」。大学時代のイベント企画成功を契機に、会社を起業して35年。学生ベンチャーからイベント・プロモーション専業トップに上り詰めた創業者が、仕事を成功に導く発想の原点を明らかにする-。

【送料無料】川村治の「半歩先を行く!」

東京都足立区で元:大証2部上場の持株会社のタイガー管理鰍ェ倒産

倒産速報です。東京都足立区で元:大証2部上場の持株会社のタイガー管理梶i代表清算人:齋藤正継)が倒産しました。4月11日に自己破産を申請し、同月12日に破産手続き開始決定を受けています。負債総額は19億3000万円です。

会社について
タイガー管理鰍ヘ、1949年(昭和24年)9月に設立。その後、休眠していたが、96年8月に旧:軽貨急配梶i84年創業、87年12月法人改組)に買収され、商号を軽貨急配鰍ノ変更した。
 
創業以来「トラックを持たない運送会社」として個人事業主を募集し、個人事業主に独自仕様の軽トラックを販売した上で配送業務の委託契約を締結。グループ会社の設立や、M&Aで企業規模を拡大。2000年10月には大証2部に上場し、ピークとなる2006年3月期の年収入高は約378億7700万円を計上していた。

倒産の経緯
しかし、個人事業主の軽トラック購入に係る割賦債務が滞り、信販会社等に対して債務保証していたことから、長期未収入金や破産更生債権が発生し、財務内容が毀損。自己資本拡充のため、下方転換価額修正付き転換社債(MSCB)を相次いで発行。
2007年4月にトラステックスホールディングス鰍ノ商号変更し、当社は純粋持株会社に移行して、軽貨物運送事業は会社分割した新:軽貨急配鰍ノ移管していた。
 
その後、2008年7月には過去に不適切な会計処理が行われていたことが発覚。同年10月に大証の監理ポストに入り、翌2009年2月には上場廃止となっていた。今年2月には、新:軽貨急配鞄凾フ全株式を売却。3月31日に株主総会の決議により解散し、大阪府門真市より現住所に移転し、現商号に変更。今回の措置となった。

編集後記
逆風下のビジネスヒント
『週刊ダイヤモンド』の連載企画『起・業・人』に登場した企業の中から、上場企業、将来上場をめざしている企業、右肩上がりもしくは安定した収益の曲線を描いている企業を29社選び、取り上げた。どんな経済下でも成長するには理由がある。ビジネス・チャンスのつかみ方。

【送料無料】10年後の大企業


日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。