【続報】詐欺集団括潟潤[ルドゲートカンパニーの内幕

倒産速報です。福岡県福岡市博多区で投資コンサルタントの潟潤[ルドゲートカンパニー(代表者: 前田博秀)が倒産しました。破産開始が決定しています。負債総額は40億円です。

会社と倒産の経緯
潟潤[ルドゲートカンパニーは平成20年6月に設立された詐欺目的の商品先物取引業者。
福岡に本社を置き、仙台、大阪などに支店を開設していた。
その営業店舗から、高齢者をターゲットに電話や訪問営業で、原油や金などの商品先物取引を詐欺勧誘して30億円以上を集めた。
しかし、証券を購入した人から消費生活センターに相談が殺到、福岡・宮城の県警が今年1月6日、絶対儲かるなどとの虚偽説明した特定商取引法違反(不実の告知)容疑で、福岡本社と仙台支店を家宅捜査。
3月29日には被害者が福岡地裁へ破産を申し立て、4月1日に保全管理命令を受けていた。

福岡県は、こうした詐欺会社の事件が多い、過去一世を風靡した悪徳金融のシステム金融の発祥地も福岡であった。指定暴力団数も日本一多い。

こうした事件では、問題が発覚した時点で、預金などを即日凍結させなければ、被害金返済の原資となる資金は、蛻の殻になっている状態となっている。
法的な制度改革が必要であろう。

編集後記
会社を変えるIT導入法・IT活用成功のツボを教えます! 「業態転換」「新規事業」で経営危機を乗り越えた事例を大特集。ほかに、人材採用術や資金調達の極意なども掲載。

今すぐ始める!強い企業への経営改革

【続報】金融機関に断られて倒産した福島県福島市で老舗温泉旅館「観山荘」の滑マ山荘

倒産速報です。福島県福島市で老舗温泉旅館「観山荘」の滑マ山荘(代表者:斎藤建一郎)が倒産しました。破産の申請を行っています。負債総額は14億円です。

会社について
滑マ山荘は明治2年創業、昭和37年5月法人化された老舗。元々自炊湯治客を対象に営業していたが、土浦温泉に観光道路「スカイライン」が開通、それに合わせて大型観光ホテル「観山荘」を新築、その後「湯の宿樹泉」をオープンさせるなど、宿泊観光客や日帰り観光客相手に事業規模を大きくした。

倒産の経緯
しかし、スカイラインブームも土湯温泉ブームも過ぎ去り観光客が減少、観光客減の消費不況もあり赤字経営を余儀なくされていた。
同社は、これらの設備投資の殆どを借入金にて賄っていたことから、財務内容も債務超過状態に陥っていた。
そうしたなか東北大震災で施設が損傷を受け一時閉鎖。しかし、本格改修工事の必要があり、金融機関と交渉したものの、これ以上の資金調達は困難であり、改修工事を断念して今回の事態に至った。

編集後記
競争のル-ルが変わった!
経済のグローバル化・会計基準の変化・ファイナンス環境の変化・ITバブルの終焉・日本固有の問題、対処の遅れで大きな差がつく。紙一重の差で勝ち残る30の経営手法。

【送料無料】変化を読む経営

大分県日田市でビジネスホテル「カネセン」の泣Jネセンが自己破産へ

倒産速報です。大分県日田市でビジネスホテル「カネセン」の泣Jネセン(代表者:安岡敏雄)が倒産しました。4月25日に事後処理を弁護士に一任して、自己破産を申請しています。負債総額は3億円です。

会社と倒産の経緯
泣Jネセンは昭和54年8月に設立されたホテル業者。同社が経営するビジネスホテル「カネセン」は客室数74室を構え、日田の温泉街にも近く、ビジネスマンのほか観光客にも利用されてきた。しかし、昨今は不況により観光客やビジネス客は減少し続け、売上高は5,000万円を割り込み、採算が取れない状態に陥っていた。
ホテルの老朽化も進み、配管工事をリニューアルする必要性が生じていたが、金融機関も客数減で返済原資に懸念を持ち、改装の資金が調達できず4月1日営業停止、今回の事態に至った。

編集後記
天皇制とルイ・ヴィトンの比較から、ブランドの創設を探る。
歴史の教訓からブランドの創設には、物語性、前衛層顧客の存在、ボランタリエコノミー、不易流行、フラジャイルが必要である。
布教活動はいわば営業活動である。なぜパウロは超人的な布教活動で世界最大のグローバル組織を構築することができたのか。
信念の強さ、エゴのなさに注目する。自分の欲のためには人はついてこない。グッドカンパニーは、従業員とその家族のために会社を維持・発展させねばならない。

【送料無料】歴史ifに学ぶ経営の神秘

東京都港区で先物取引取次のエー・シー・イー・インターナショナル

倒産速報です。東京都港区で先物取引取次のエー・シー・イー・インターナショナル梶i代表者:高橋博康)が倒産しました。4月28日に破産開始が決定しています。負債総額は18億円です。

会社について
エー・シー・イー・インターナショナル鰍ヘ昭和55年12月に会社設立後の昭和57年3月には米国商品先物取引委員会より資格を得て、米国商品の先物取引を開始し食品、原油、金などの取引を手がけていた。
平成13年3月には関東財務局より金融先物取引の免許を取得して、金融先物の扱いも開始。その後、名古屋、大阪、仙台と次々に支店を開設して事業を拡大してきた。

倒産の経緯
しかし、高齢者、主婦など投資経験に乏しい相手を対象に取引へ誘い込み、高額な代金、手数料を出させたことで、顧客から損害賠償を起こされるなどトラブルが多かった。
このため16年9月には金融先物取引業の許可取り消し処分を受け、金融先物取引からの撤退を余儀なくされるなどで対外的な信用は失墜。
その後もアメリカ経済低迷の影響などで業績は回復することなく、4月15日付で従業員を全員解雇し事業を停止していた。

編集後記
経済構造の大変革期の今こそ経営史に学ぼう。経営革命に取り憑かれた人々の夢と挫折。
いつの時代も突出した個人が歴史を変えた。産業革命からシリコンバレーまでの技術と組織のイノベーションをたどり、二一世紀を展望する経営通史。
経営者、ビジネスマン、企業家志望の学生必読。すべてはベンチャービジネスから始まった。

【送料無料】経営革命の構造


詐欺か?福岡県福岡市博多区で投資コンサルタントの潟潤[ルドゲートカンパニー

倒産速報です。福岡県福岡市博多区で投資コンサルタントの潟潤[ルドゲートカンパニー(代表者: 前田博秀)が倒産しました。破産開始が決定しています。負債総額は40億円です。


会社について
潟潤[ルドゲートカンパニーは投資コンサルタント会社で主に海外先物取引を取扱い、福岡本社以外に仙台や大阪に支店を開設し営業を展開していた。

倒産の経緯
しかし、出資金が返金されないなどの相談が各地の消費生活センターに相談が相次ぎ、平成23年1月には勧誘する際に顧客に対して虚偽の説明をした疑いがあるとして、福岡、宮城両県警が特定商取引法違反容疑で本社や仙台市の支店を家宅捜索した。
被害対策弁護団は同社の資産流出を防ぐため、3月29日、福岡地裁に破産を申し立てていた。破産管財人は現在被害者を確認中であり、負債総額及び被害者数の全容が明らかになるのはこれからと言う。

編集後記
非連続の環境変化をいかにして乗り切るべきか、の方向を見いだせない経営者は少なくない。
さらに、経営者がコンサルティングの受け入れを躊躇してタイミングを逸し、釣瓶落としに業績悪化が加速し、遅きに失する事例は多い。こうしたコンサルティング活動の現場からの問題意識として、コンサルティングの機会を持つことの少ない中小・零細企業の再生支援に銀行員の役割が非常に大きく、かつ期待できるのではないかと考えた。

【送料無料】企業再生のための経営改善計画の立て方

本書は、中堅・中小企業、とくにオーナー経営体の再生支援に活用されることを期待し、知識に偏らず、サポートの実際にすぐ役立つことを狙っている。

東京都新宿区で外食産業向け人材支援の潟潟塔N・ワンが倒産

倒産速報です。東京都新宿区で外食産業向け人材支援の潟潟塔N・ワン(代表者:長谷部修)が倒産しました。4月28日に民事再生法の適用を申請しています。負債総額は3億600万円です。

会社について
潟潟塔N・ワンは、2001年(平成13年)7月に設立、外食産業向けの人材支援、経営コンサルティング、飲食店運営事業を手がけていた。
本業だった人材支援では、プロ店長などを派遣する「人材派遣」事業、業界の教育機関の展開などの「教育・コンサルティング事業」、パート・アルバイト等の人材紹介・採用支援などの「人材採用支援事業」を3本柱としていた。
経営コンサル業者、FC支援業者との連携もあったことで、大手外食企業の業務請負を開始するなど実績を積み上げ、2004年7月には東証マザーズに株式上場を果たした。
その後も、全国の有力業者と提携してエリアパートナーとしてフランチャイズ(FC)店を開拓・拡大させるほか、直営店舗の開設するFC・直営関連事業に注力し、2006年4月期には年収入高約32億9500万円を計上していた。

倒産の経緯
しかし、FC店の新規出店が計画を大きく下回ったうえ、直営店の不振も加わるなど、特にFC・直営関連事業の伸び悩みが著しく、2007年4月期の年収入高は約26億1100万円に減少、店舗固定資産の減損処理を実施したことで約20億2000万円の最終損失となっていた。 

さらに、2009年11月に過去の不適切な取引が判明し、2010年2月には監理銘柄に指定され信用が大幅に失墜。その後、監理銘柄指定が解除されるものの、金融庁から課徴金の支払を命じられるなど資金繰りも厳しい状況にあった。
2011年2月25日には再建計画を開示し、債務超過による上場廃止を回避するために関係会社から債務免除を受けていたが、2011年2月期の年収入高は約4億4100万円まで落ち込み、再建計画開示後1ヵ月間の時価総額が5億円未満であったことから、4月26日に上場廃止となり、再建計画の遂行が困難となったことから、今回の措置となった。

編集後記
世界金融危機を憂う前に、筋の良い経営を実行すべき!
ノスタルジーに浸る前にリアリスティックな夢を示せ!日本を代表する経営学者が、揺るがない視点で、座標軸を失い漂う企業のマネジメントの問題点を切り味鋭く一刀両断。

【送料無料】エセ理詰め経営の嘘

本社ビル建設で倒産した?大阪府大阪市阿倍野区で美容室の潟Tロンドとむ

倒産速報です。大阪府大阪市阿倍野区で美容室の潟Tロンドとむ(代表者:村瀬務)が倒産しました。4月27日に破産開始決定を受けています。負債総額は6億円です。

会社と倒産の経緯
潟Tロンドとむは、「TOM」「GOD’s hair」「ヘアースタジオ106」の店名で、大阪市内を中心に12店舗の美容室を経営していた。
しかし、消費不況はお姉さんたちの懐も直撃しており、固定客の来店頻度が低下、売上高も平成18年12月期の約6億5000万円から漸減、その間本社ビル建設などの投資もあり、資金繰りは多忙の一途を極め、一部店舗を譲渡するなどしていたが、今回の事態に至った。

編集後記
自己変革生命体へのロ-ドマップ
「中小企業は弱い存在である」「現在のような状況では成長は難しい」本当にそうだろうか?変化の激しい時代にあって経営の舵取りが難しいのは事実だが、中小企業が強い経営体になれない理由の多くは、実は中小企業に内在している旧弊の体質そのものにある。
本書では、「なんとなく経営」に潜む中小企業体質を分析するとともに、そこから脱皮し、自己変革生命体とでもいうべき強い体質を持った中堅企業への変革の方法を示した。

【送料無料】「なんとなく経営」から脱皮せよ!

神奈川県足柄下郡箱根町で観光旅館の汲ツいきが破産へ

倒産速報です。神奈川県足柄下郡箱根町で観光旅館の汲ツいき(代表者:對木靖浩)が倒産しました。4月16日に事業活動を停止し、事後を弁護士へ一任したことが判明しました。今後、破産を申請する方針です。負債総額は現在調査中です。

会社と倒産の経緯
汲ツいきは昭和25年7月の設立で、観光旅館・日帰り温泉施設の経営業者でした。
本社地で「千尺の湯_湯蔵(せんじゃくのゆ、ゆうぞう)」の屋号で施設を運営。
箱根湯本駅から徒歩4分の好立地や加水ゼロの天然温泉などが好評で、観光客を中心に一定の集客力を誇っていた。平成18年5月には客室をリニューアルするなど、更なる集客力の向上を模索。
しかし、客室は5室のみであったため、業容の拡大は進まず安定性を欠いた経営が続いていた。そうしたところ、3月11日に発生した東日本大震災の影響で客足が激減。経営環境が大きく悪化したことを受け今回の措置となったものです。

編集後記
複雑さが経営をダメにする!
「シンプル化」で成功したGE、サウスウエスト航空、パパ・ジョーンズ・ピザ、「複雑化」の罠にはまったGM、ゼロックス、3M、etc。「単純明快」が会社を強くする!あのトラウトが教える、戦略の知恵。

【送料無料】シンプルパワ-の経営

東京都世田谷区で医療情報処理業者の叶が破産決定

倒産速報です。東京都世田谷区で医療情報処理業者の叶(代表者:泉修)が倒産しました。4月20日付で破産手続きの開始決定を受けていたことが分かりました。負債総額は3億5000万円です。

会社と倒産の経緯
叶は1981年4月の設立。臨床検査に関する情報処理や医療機器のリース業などを手掛けていた。2002年6月期には年収入高約3億2000万円を計上していたが、その後、リーマンショックによる不況の影響などで企業からの集団検診の需要が低迷し、09年6月期には年収入高は約1億7300万円に落ち込んでいた。
こうした経営状況から同社は、10年12月に別の法人に事業を譲渡し、実質的には休業状態だった。

編集後記
第5の経営資源を磨け!
流儀、スタイル、遺伝子、イズム…“らしさ”のある企業は100年続く。
会社のどんな問題でも、人、モノ、カネ、情報に続く第5の経営資源「ウェイ」の全社一丸力で対応できる。
本書に登場する加賀屋、パタゴニア、ミツカン、伊勢丹、ホールフーズマーケット、トヨタ、ホンダ、花王、京セラ、3M、ボッシュ、サウスウェスト航空などに共通するのは、組織力の強さと人づくりへの思い・こだわりというウェイの存在である。

【送料無料】「ウェイ」のある強い経営

神奈川県足柄下郡箱根町で箱根温泉旅館の轄庵が破産

倒産速報です。神奈川県足柄下郡箱根町で箱根温泉旅館の轄庵(代表者:銭谷浩明)が倒産しました。債権者から破産申立てを受け4月28日、破産開始決定を受けています。負債総額は5億円です。

会社と倒産の経緯
轄庵はバブル時に鞄結梵ホ亭が、箱根の高級リゾート旅館として開発、石亭グループが経営していたが、同社が破綻したことから、都内の不動産業者に売却され、現経営陣は賃借して経営していた。しかし、長引く不況の影響からこうした高級旅館は、芸能人や議員のお忍び以外客足は減少、経営難に陥っていた。
しかも所有者から賃料滞納で明け渡しの請求訴訟を受けるなどしていた。

編集後記
「必要なモノを、必要なときに、必要な場所に、必要な量だけ」届ける仕組みのつくり方を実戦解説。
今度こそうまくいく!製造・受注・出荷をスピードアップする実践法を指南。
儲けを最大化しリスクを最小化するためには、モノをどう作り、配備し、流すかの意思決定が最重要。「SCMは計画から」の実践が「失敗しない」ためのポイント。

【送料無料】SCM経営を「見える化」で成功させる実務

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。