富山県富山市でゴルフ場「八尾カントリークラブ」運営の八尾観光開発鰍ェ倒産

倒産速報です。富山県富山市でゴルフ場「八尾カントリークラブ」運営の八尾観光開発梶i代表者:谷浦善博)が倒産しました。12月5日に民事再生法の適用を申請し、同日、保全命令と監督命令を受けています。負債総額は98億9800万円です。

会社と倒産の経緯
八尾観光開発鰍ヘ、1988年(昭和63年)9月設立のゴルフ場運営会社。
富山県の活性化を目的に、日医工〈東証1部〉等県内有力企業等の出資により、94年5月に富山市内に「八尾カントリークラブ」(18ホール、パー72)をオープンし、2003年12月期の年収入高は、約4億2700万円を計上していた。
しかし、業界環境の悪化から2002年に10年間の預託金の償還を延長。
債務超過のため、金融機関からの借り入れも難しく、日医工の関係会社で当社の株主でもある泣^ムラ(富山市)からの資金援助を得るなどしていたが、預託金の返還請求訴訟で敗訴
来年1月に迫った預託金償還のメドが立たず、今回の措置となった。
なお、スポンサーとして、泣^ムラから、資金支援を受ける予定。

編集後記
破綻した金融機関をメインバンクとしてきたゴルフ場やその会員に、常識的な自己責任を超えた過大な負担がかからないよう会員救済の方向を探り、21世紀のゴルフ場経営のあり方を展望する。

【送料無料】 21世紀に向けたゴルフ場再生への提言 会員とゴルフ場を守るために / 西村国彦 【単行本】


福島原発水素爆発により!栃木県那須塩原市でクリーニングの鰍ンつわランドリー

倒産速報です。栃木県那須塩原市でクリーニングの鰍ンつわランドリー(代表者:桜田貴久)が倒産しました。11月30日に民事再生法の適用申請をしています。負債総額は10億円です。

会社と倒産の経緯
鰍ンつわランドリーは昭和36年5月創業のクリーニング屋サン。
観光地のホテルやビジネスホテルを相手に業績拡大、平成22年12月期には約7億5,000万円の売上高を計上していた。
しかし、3月11日発生した東日本大震災により福島原発水素爆発により、栃木県下の観光地の観光客が放射能汚染の心配から激減、見通し立たず今回の事態に至った。

編集後記
リスクマネジメントや危機管理に関する著書はかなりの数に上っているが、そのほとんどが、ハウ・ツウ物か常識論である。経営学、経済学、法律学などの学問的関連をもって書かれた一本筋の通った文献はほとんど存在しない。本書はリスクマネジメントを経営学の一部として構成し、ビジネス・リスク克服論、経営危機打開論を展開し、企業成長への道を模索している。

【送料無料】 危機管理とリスクマネジメント 改訂増補版 / 亀井利明 【単行本】

新潟県胎内市でゴルフ場経営の鞄本海カントリーが倒産

倒産速報です。新潟県胎内市でゴルフ場経営の鞄本海カントリー(代表者:大田正美)が倒産しました。12月2日に民事再生法の適用を申請しています。負債総額は44億6000万円です。

会社について
鞄本海カントリーは、1971年(昭和46年)9月に設立された、ゴルフ場「日本海カントリークラブ」の運営業者。
同ゴルフ場は27ホール、パー36の日本海に面した林間シーサイドコースで、JR新潟駅から1時間圏内にある新潟県下越地区の名門コースの一つとしてNST新潟オ−プンゴルフ選手権大会などのプロの大会にも使用された実績を持つ。
新潟県内でも多くのゴルフ場が破綻する中で営業を続け、2006年12月期には約6億2000万円の年収入高を計上していた。

倒産の経緯
しかし、ゴルフ場建設にあたっての借入が多く、過剰な負債を抱え不採算な経営が続いていたことに加え、近年の不況でゴルフ人口は減少、格安ゴルフ場の増加など厳しい経営状態が続いてきた。
最近ではリーマン・ショックによる法人の利用の減少、今年に入ってからは東日本大震災以後の自粛ムードが続き、ついに支えきれず今回の措置に至った。

編集後記
90年代に600以上開業したゴルフ場が昨年度は100件破綻、負債総額は空前の二兆円を突破した。外資“ハゲタカ”ファンドの買い漁りが激化する一方、荒廃した跡地への産廃不法投棄も続いている。ゴルフ場問題を15年間追い続けてきたジャーナリストが、環境破壊だけでなく人間破壊をももたらしている今日の異常な状況に迫る、渾身のドキュメント。

ゴルフ場廃残記

青森県南津軽郡大鰐町で国民宿舎・スキー場運営の(財)大鰐町開発公社他1社が倒産

倒産速報です。青森県南津軽郡大鰐町で国民宿舎・スキー場運営の財団法人大鰐町開発公社(代表者:代表外崎俊一)など2社が倒産しました12月2日に自己破産を申請しています。負債総額は97億7000万円です。

会社tについて
(財)大鰐町開発公社は、1981年(昭和56年)9月に設立された国民宿舎の運営業者。
もともとは、スキー場を中心とした大鰐町のリゾート開発を目的に設立された。
87年(昭和62年)10月には、民間事業者とともに第三セクターの大鰐地域総合開発鰍設立。
同社はあじゃら高原に設置されたスキー場の運営とクアハウス「スパガーデン湯〜とぴあ」の運営を行ってきた。

倒産の経緯
しかし、営業の開始時期とバブル経済の崩壊が重なったこともあって、設立後間もなくして業況は軟調な推移を余儀なくされ、採算を維持することが困難となった。
96年3月には町議会が多額の欠損金を指摘し、経営難が表面化
97年には大鰐町と金融機関3行の間で「五者協定」が締結され、大鰐町が年3億円の財政支出を行うことで債務を圧縮してきた。
その後も規模を縮小、スキー場を運営していたが、事業環境に好転はみられず、業容は縮小の一途を辿っていた。

こうしたなか、金融機関とも協議を重ねた上で、11月22日に大鰐町の財政健全化計画の見直し案が発表され、2011年度に両社の法的整理(破産)を行うこと、債務の弁済方法については債務弁済協定調停(特定調停)により決定すること、町が三セク債を活用、損失補償を履行するとの基本合意に至り、同月24日に債務弁済協定調停が成立していた。
負債は(財)大鰐町開発公社が約29億9000万円、大鰐地域総合開発鰍ェ約67億8000万円で、2社合計で約97億7000万円。

編集後記
男は朝っぱらから大酒をあおり、女は陰で他人をそしり日々を過ごすどん底の田舎町。この町でよそ者扱いされた青年が、町民の大反発を買ったことから始まった感動の再生ストーリー。今では70代、80代のおばあちゃんたちが、売上高2億6000万円のビジネスを支え、人口の2倍もの視察者が訪れる注目の町に変貌した。著者が二十数年かけて成し遂げた命がけの蘇生術の全貌が明らかになる。

そうだ、葉っぱを売ろう! 過疎の町、どん底からの再生

長野県上水内郡飯綱町で第三セクターの飯綱リゾート開発鰍ェ特別清算開始決定

倒産速報です。長野県上水内郡飯綱町で第三セクターの飯綱リゾート開発梶i 代表清算人:中村隆次)が倒産しました。11月21日付で特別清算の開始決定を受けたと発表しました。負債総額は9億7500万円です。

会社と倒産の経緯
飯綱リゾート開発鰍ヘ89年6月に旧牟礼村(現飯綱町)の第三セクターとして設立。
「いいづなリゾートスキー場」や「天狗(てんぐ)の湯」、ゴルフ場などを運営した。
92年にはスキー場に27万人が訪れたが、その後のスキーブーム衰退や設備の償却負担が大きく、赤字基調の経営が続いていた。
05年10月に牟礼村と三水村が合併して飯綱町が誕生し、町が出資比率87%を占める株主となり、公的資金を導入して経営支援を実施。
09年3月の町議会で特別清算し、同7月に解散した。
温泉施設とゴルフ場、別荘は09年5月に地元住民らが出資した新会社に移管。
スキー場は飯綱東高原観光開発合同会社に移管した。
飯綱町は「合併以来、議会で大問題になっていたことが一段落となった。今後、合併した利点を生かしたまちづくりを進めたい」と話した。

編集後記
“言葉力”で人を動かす
強引な交渉で敵をねじ伏せ、最先端を走ることに情熱をそそぐジョブズ。
他人の意見には耳をかさず、逆らう社員は容赦なく切り捨てる経営手法は、いわば「引き算」の経営だ。
一方の幸之助は「二番手商法」に徹し、敵さえも味方につけ、歩兵部隊のように組織を前進させる「足し算」の経営。
真逆の経営手法からビジネスの本質を探る。

あ【送料無料】ジョブズvs.松下幸之助

東京都中央区で外国航路ケミカル輸送船のドーヴァル海運鰍ェ倒産

倒産速報です。東京都中央区で外国航路ケミカル輸送船のドーヴァル海運梶i代表者:柳智啓)が倒産しました。12月2日に民事再生法の適用申請を行っています。負債総額は、子会社債務保証も含め150億円です。

会社について
ドーヴァル海運鰍ヘ昭和48年8月設立されたケミカル輸送船業者。
ケミカルタンカー輸送の中堅として、海上運送オペレーター業務をJANZ(=日本、オーストラリア、ニュージーランド)航路を中心行っていた。
受注先の荷主は米石油メジャーや大手ケミカル会社、国内は大手商社である。
輸送荷は、バイオディーゼル、バイオエタノールベンゼン、パーム油、アンモニアなど石油基礎製品や燃料油など扱い平成20年9月期の売上高は約235億円を計上していた。

倒産の経緯
しかし、リーマン・ショックにより世界経済が低迷、連れて荷動きが鈍化して売上高が減少するなか、用船料金を上昇、燃料費も上がり採算を悪化させていた。
そのため用船数も大幅に減少させ対応してきた。
ところが、急激な円高も発生して、海外客がドル建て決済としたことから、円高の影響を直接受け、採算を悪化させ、今回の事態に至った。

編集後記
ビジネスマンとしていちばん大事な心がけは、人に愛されることである-。
“経営の神様”と称された松下幸之助は、仕事・社会・人生をどう捉えていたのだろうか?
本書は、稀代の指導者の下で28年間、直接薫陶を受けた元PHP研究所・顧問が、数々の問答から厳選した40のエピソードを紹介。
「部下にやる気を出させる聞き方とは?」など、すべての企業人必読の一冊。

【送料無料】松下幸之助元気と勇気がわいてくる話

香川県高松市で広告会社の叶ス和広告が倒産

倒産速報です。香川県高松市で広告会社の叶ス和広告が倒産しました。12月1日に自己破産を申請しました。負債総額は9000万円です。

会社と倒産の経緯
叶ス和広告は昭和41年1月に設立し、新聞広告を中心に香川と徳島両県で営業展開。
地元企業の経費削減などで収益が悪化し、資金繰りが苦しくなり、11月30日に事業を停止していたという。

編集後記
小学校中退。体も弱い。お金もなければ、帰る故郷もない。「ないない尽くし」だった松下幸之助は、なぜ、大成功できたのか。

【送料無料】松下幸之助成功の法則

熱意を持てば成功する、育てる心を持てば成功する、責任を自覚すれば成功する。大きな成功とは、一見些細と思われるようなことの積み重ねから生まれる。松下幸之助に長年仕えた著者が、成功の法則を語る。

東京都中央区でホテル経営の潟Oランビスタホテル&リゾートが再生支援を申し込み

倒産速報です。東京都中央区でホテル経営の潟Oランビスタホテル&リゾート(代表者:佐々木成人)が、三井住友銀行と連名で企業再生支援機構に再生支援を申し込み12月1日、支援決定を受けています。

会社と倒産の経緯
潟Oランビスタホテル&リゾートの前身は、北海道炭礦汽船の不動産管理会社。
その後、合併解散などが行われ、平成17年8月に旧三井観光開発鰍吸収合併し、現在の形となった。
札幌グランドホテルホテルコムズ銀座ホテルコムズ福岡など北は北海道から南は福岡まで、ホテル28ヵ所を運営するほか、鴨川シーワールド、苫小牧ゴルフリゾート72などのリゾート関連施設も手掛けていた。
平成17年に金融機関から債権放棄を受ける一方、スポンサーの出資を得て再建を目指していたが、20年のリーマン・ショック以降の不況で業績が低迷していた。
このため「中期3カ年計画」を策定し経営改善を推進していたが、3月に発生した東日本大震災で一部ホテルが営業休止に追い込まれたほか、各リゾート施設も来客数が落ち込み業況が悪化していた。
また、18年3月期から22年3月期まで多額の赤字を計上し、23年3月期には16億2572万円の債務超過に陥っていた。
このため市場全体の回復時期が不透明で、事業の再構築も困難と判断し、三井住友銀行と協議のうえ支援を申し込んでいた

支援内容の骨子
「発行済みの普通株式の約99%、および全ての発行済みA種優先株式を機構が取得。さらに約16億円の普通株式を機構が引き受ける。
同時に三井住友銀行に対し、債権の現物出資と引き換えにDESを実施し、資本の増強を図る。
各関係金融機関に対し、返済スケジュールの変更依頼や、機構からの経営人材派遣を行う予定」など。

編集後記
「ツヤとキラキラと天国言葉」この三つで自分も幸せになり、周りの人にも幸せを分けてあげられるようになるのです。納税額日本一、斎藤一人さんの教え。

【送料無料】斎藤一人だれでも歩けるついてる人生

アメリカン航空が経営破綻…業界再編の可能性も

米航空業界3位のアメリカン航空の親会社AMRが29日、ニューヨーク州の裁判所に米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請した。事実上の経営破綻で、子会社のアメリカン航空とアメリカン・イーグルも申請。米航空業界は需要低迷や燃料価格の高騰で業績が悪化しており、アメリカン破綻が業界再編の呼び水となる可能性もある。

アメリカンは日本航空とも提携。AMRは破産法適用期間中もこれまで通りに運航、他社との共同運航やマイレージプログラムの提携も続けるとしている。ただ、同社の破綻は日航再建にも影響を与えそうだ。

AMRは同日、アーピー会長兼最高経営責任者(CEO)が事実上の引責で退任し、アメリカン航空のホートン社長がAMRの会長兼CEOを兼務する人事も発表。ホートン氏は「難しい決断だったが、財務的に強い会社になるために必要だった」との声明を発表した。

AMRは燃料費高騰のほか、人件費などの高コスト体質が経営を圧迫して業績が悪化。2011年7〜9月期決算に1億6200万ドル(約126億円)の最終赤字となるなど4四半期連続で赤字を計上していた。

10月以降は株価も急落した。AMRは市場の不安を打ち消そうと、老朽化と燃費効率の悪さが指摘される機材の入れ替えや、グループの地域航空会社の売却に着手するなどリストラを進めたが、目に見えた効果は上がらなかった。9月末時点の負債総額は約295億ドル(約2兆3千億円)に上る。このため破産法申請でコストを削減し、経営再建を図る必要があると判断した。

編集後記
バブルの尾を引く不動産流通企業
バブルの後遺症に悩む不動産流通企業の再建に心血を注いだ男。意識改革から始める困難な前途に、彼はどんな目処をたて、レールを敷き、不退転な決意で、実行して来たか?その挑戦の日々を赤裸々に綴った「ビジネス・フィクション」。

再建の…目処

100億円の負債!大阪府大阪市西区でゴルフ場経営の名阪開発鰍ェ倒産

倒産速報です。大阪府大阪市西区でゴルフ場経営の名阪開発梶i代表者:河井隆廣)が倒産しました。11月28日に民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けています。負債総額は100億円です。

会社について
名阪開発鰍ヘ、1974年(昭和49年)8月設立のゴルフ場運営会社。
設立後、休眠期間を経て、96年7月に大阪市のゴルフ場運営企業が当社を買収し、ゴルフ場運営会社として再開させた。
三重県伊賀市にある名阪ロイヤルゴルフクラブ(18ホール)の運営を手がけ、大阪や名古屋からのアクセスの良さを強みに、来場者は会員とビジターで月間約3000人を集めていた。
2007年12月期にはプレイ料金をリーズナブルに設定するほか、若年層の取り込みを図ったことにより、年収入高約4億3500万円を計上していた。

倒産の経緯
しかし、燃料費の高騰や管理諸費用の負担などから収益面は低調で、関連企業からの事業引き継ぎに伴う多額の営業権償却費用が嵩んでいたことから長年赤字決算を脱却できずにいた
さらに約75億円を超える会員預り金を抱えていたことから債務超過の状態が続いていた。
このため、近年は経費削減に努めていたが、クラブハウスの建築代金を巡って訴訟が発生するなど、経営は不安定な状態となり、自力での再建を断念した。

編集後記
分析的監査の手法から中小企業再生支援協議会を使った再生方法までの私的整理のあらゆる手法を詳説!平成17年度税制改正による私的整理による債権放棄の税務や繰越欠損金の税務についても完全収録。

【送料無料】倒産させないための私的整理による会社再建Q&A(えー)
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。