【続報】有名コンサート会社はなぜ倒産したのか?厳しい“チケット事情”

コンサートの企画・運営会社「フリップサイド」が事実上、経営破綻した。負債総額は推定5億円。コンサートを手がけたアーティストは、吉田拓郎THE ALFEE中島みゆき松山千春浜田省吾TUBEら大物も多かったが、いったい何があったのか。

東京商工リサーチによると、同社は最近の減収で資金繰りが悪化し、8月31日に1回目の資金ショートを起こした後、実質的に事業を停止していたが、24日には行き詰まりが表面化したという。

1983年、東京都渋谷区で設立した同社は、音楽業界でも有名なコンサート会社で、ニューミュージック全盛期には10〜20代の若者約6000人の会員を組織。チケット優先予約の特典や会報誌を発行していた。

2001年3月期には過去最高の年商48億円をあげたが、昨年度の売上高は13億9800万円に減少していた。

破綻について首をかしげるのは都内のイベント関係者。「確かにバブル期よりコンサートの入場者数は減っているが、大物に強いフリップサイドが赤字とは。投資の失敗など別の原因があるのではないか」

一方で、この10年で激変しているチケット販売の仕組みを大手レコード会社宣伝マンがこう指摘する。

「ジャニーズ系の人気アイドルグループや、いきものがかり、ももいろクローバーZといったチケットが“秒速”で完売するアーティストの多くは、ファンクラブがチケットの大半を押さえて販売しています。コンサート専門の会社が入り込む余地が減って、独自にバンドを集めてサマーフェスを企画するなど、生き残りに懸命なのです」

年会費を払うファンクラブ会員が優遇される傾向は、ますます強まりそうだ。

編集後記
少し調子がよくなると、永遠に続くと思ってしまうのが人間です。
反対に悪くなると、きっと今によくなると思って根拠のない楽観主義に陥って、何ら手を打たずに惰性にまかせてしまうのも人間です。

調子が良いときに立てて投資計画はかなり高い確率で失敗します。
反対に調子が悪いときに立てた前向きな計画は成功確率が高いです。

現在のように不況の真っ只中にいるときに、身の程を知った経営計画を立てて実践していきましょう。

【送料無料】Excelで簡単経営計画自由...

【送料無料】Excelで簡単経営計画自由...
価格:1,995円(税込、送料別)


東京都日野市で制御システムソフト開発の潟uレーンが倒産

倒産速報 明日はわが身です。東京都日野市で制御システムソフト開発の潟uレーン(代表者:日高次郎)が倒産しました。9月21日に申請処理を弁護士に一 任して、民事再生法の適用申請を行いました。負債総額は20億円です。

会社と倒産の経緯
潟uレーンは、以前は30億円近くあった売上高も、リーマンショック以降は減少を続け、平成24年3月期には約15億円まで売上高が減少していた。
さらに借入金のほかに社債を発行しており、こうした有利子負債の利息も経営に重く圧し掛かっていた。

民事再生は、同社はソフト開発会社であり、ソフトを書く人的な毀損がないこと、受注先が継続して発注してくれるならば可能と思われる。

編集後記
制御システムソフト開発という特殊な仕事なのでぜひ再建して欲しいです。
一番の問題は人材が流出しないことでしょうね。

給与や待遇面でいままで通りと言うわけにはいかないでしょう。他社からの勧誘があって引き抜かれることが心配です。


東京都渋谷区でコンサート企画・製作・運営の潟tリップサイドが倒産

倒産速報 明日はわが身です。東京都渋谷区でコンサート企画・製作・運営の潟tリップサイド(代表者:高山昌芳)が倒産しました。9月24日に再度の資金ショートを起こし、行き詰まりを表面化しました。負債総額は定5億円です。

会社について
潟tリップサイドは1983年(昭和58年)4月に代表者の斯業経験に基づき創業。
宇都宮支社を擁して音楽コンサートやショーの企画・制作・運営を行い、制作協賛やチケット販売による収入を得ていた。
10代後半から20代前半の若者を中心に一時期約6000名の会員を擁し、チケット優先予約の特典や会報誌「SIDEVIEW TIMES」を発行。ミュージック系では大手にランクされ「中島みゆき」、「松山千春」、「浜田省吾」などのコンサートを企画・製作した実績を有し、ピークとなる平成13年3月期に年商48億4646万円を計上した。

倒産の経緯
しかし、近年は不景気からコンサートの企画・製作が減少するなか、会員数も約2500名にまで減少し23年3月期の年商が約14億7100万円に落ち込み赤字に転落。24年3月期も市況軟調のなか、東日本大震災の影響からコンサートの中止や延期などから年商は13億9800万円にダウン。
以降も不振を抜け出せず資金繰りが逼迫して8月31日に1回目の資金ショートを起こした後、実質的に事業を停止していた。

編集後記
東日本大地震によって社会状況が一変したのです。
想定外という言葉がそのときに数多く使われましたが、潟tリップサイドにとっても想定外だったでしょうね。

でも、現実に経営を行っていて、想定外の病気に罹ることもあります。経営計画は常に経営者が健康であるということを前提にしていますので、想定外によって自分が働けなくなることも頭の片隅に入れておきましょう。


サービス・料理が良かったのに!佐賀県鹿島市で武雄温泉ホテル「四季のそら」の潟Oッドナビが倒産

倒産速報 明日はわが身です。佐賀県鹿島市で武雄温泉ホテル「四季のそら」の潟Oッドナビ(代表者:岡田和人)が倒産しました。9月21日に申請処理を弁護士に一任して、自己破産申請しました。負債総額は3億円です。

会社と倒産の経緯
四季のそらは、元かんぽの宿武雄であり、同社が買収して屋号を変え経営に当たっていたが、長引く不況や東日本大震災により集客不足に陥り、今回の処置となった。不動産は既に売却されている。

編集後記
設備はそれなりに古いものの、料理も美味しく、接客も温かいサービスがあって良いホテルでしたが、観光客自体が減少しているなかでは苦しい経営だったのでしょうね。

観光客が減少している温泉地でも頑張っている旅館がありますので、ぜひ参考にして欲しいです。


目先の利益に走った結果!秋田県山本郡三種(みたね)町でホテル経営の丸富観光鰍ェ倒産

倒産速報 明日はわが身です。秋田県山本郡三種(みたね)町でホテル経営の丸富観光梶i代表者:伊藤康政)が倒産しました。9月3日に事業を停止し、9月20日に2度目の不渡りを出しています。負債総額は9億円です。

会社について
丸富観光鰍ヘ1955年(昭和30年)に個人創業し、1967年(昭和42年)に法人化。
森岳温泉郷最大のホテル「丸富ホテル」を経営し、1988年(昭和63年)には新館を建設、宿泊収容者数を320人まで増やした。1990年(平成2年)4月期から1994年(平成6年)4月期までは6億円台の売上高を計上していた。

倒産の経緯
1991年(平成3年)のバブル崩壊後の景気低迷から業績不振に陥り、ここ数年は3億円台までダウン。
1999年(平成11年)からは温泉と上下水道の使用料を滞納し、滞納額は5800万円余にも膨らんでいた。

編集後記
景気の良いときに事業計画したくなるのは人情として理解できます。しかし、丸富観光鰍ナは設備投資直後にバブル崩壊となったのです。

直撃はなかったですが、じわじわと不況が忍び寄って売上が半減したわけですが、多額の設備投資をするときには必ず過去30年間の売上の平均値を参考にしなければなりません。

目先の利益だけを追いかけていては、砂上の楼閣を作ってしまう可能性があります。

【送料無料】二宮尊徳の破天荒力 ...

【送料無料】二宮尊徳の破天荒力 ...
価格:1,600円(税込、送料別)


福岡県福岡市中央区でペットショップわんわんの叶V栄商会が倒産

倒産速報 明日はわが身です。福岡県福岡市中央区でペットショップわんわんの叶V栄商会(代表者:高木郁夫)が倒産しました。9月20日に自己破産を申請しました。負債総額は4億5000万円です。

会社について
叶V栄商会は、創業35年になる「ペットショップわんわん」を大野城市サティ店、粕屋店、若松区二島ジャスコ店、伊都イオン店、原サティ店など展開する一方、資格取得のトリマー養成学校「九州ペットケア専門学院」を運営して、ピークの2002年3月期の売上高は7億8800万円。

倒産の経緯
しかし、不況により、ペットブームも過ぎ去り、大手量販店の業界進出などもあり、経営不振に陥り、09年3月期は5億8500万円に落ち込み、近年は赤字続きで、今回の事態に至った。
学生さんの移籍など救済方法を採って潰れたのであろうか、心配される。

編集後記
ブームって怖いですね。
よほどしっかりとした経営方針や経営基盤を持っていなかった場合には簡単に倒産に追い込まれてしまいます。

流行っているかといって手を出して事業に失敗するパターンは数え切れないくらいあります。
経営方針を確固たるこのにしてから事業に取り組みましょう。

でも難しいことを望んでいるわけではありません。

【送料無料】「がんばらない」経営...

【送料無料】「がんばらない」経営...
価格:1,000円(税込、送料別)



というような経営方針もあるのですよ。

静岡県加茂郡東伊豆町で伊豆熱川温泉の渠M川第一ホテルが破産

倒産速報 明日はわが身です。静岡県加茂郡東伊豆町で伊豆熱川温泉の渠M川第一ホテル(代表者:萩原淳)が倒産しました。9月12日に破産手続きの開始決定を受けました。負債総額は16億円です。

会社について
渠M川第一ホテルは昭和34年4月創業の元旅館ホテル。
相模湾を見下ろす伊豆熱川温泉にレジャー施設も設けた大型ホテルを経営。
建物は約40年前に建てられたものであるが、収容人数350名・客室数54室を誇る温泉旅館で、全室オーシャンビューの眺望や展望露天風呂などが人気を得ていました。

倒産の経緯
バブルの頃は良かったものの、バブル崩壊後は、大型観光ホテルだけに集客に苦労していた。
そうしたなか、福島原発水素爆発により観光客が更に減じて経営に行き詰まり、ホテル不動産を2012年1月に大手ホテルチェーン「伊東園グループ」に買収され、2月から「伊東園ホテル熱川」として営業している。
そうしたことから、同社は負債管理会社となり、清算を残すばかりとなっていた。

預託金33億円の行方は?和歌山県和歌山市でゴルフ場経営の南海観光開発鰍ェ倒産

倒産速報 明日はわが身です。和歌山県和歌山市でゴルフ場経営の南海観光開発梶i代表者:尾崎太郎)が倒産しました。9月19日に民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けました。 負債総額は預託金返還債務約34億円、金融機関借入金約13億円を含む約55億円です。

会社について
南海観光開発鰍ヘ、1973年(昭和48年)4月設立のゴルフ場経営業者。
75年8月に27ホールのゴルフ場としてオープン、89年9月には45ホールに拡張し、「海南高原カントリークラブ」の名称で、90年代後半から2000年頃にかけては、15〜20億円弱の年収入高をあげていた。

倒産の経緯
しかし、近年はバブル経済の崩壊やリーマン・ショックの影響などから退会会員が増加し、2011年3月期の年収入高は約4億9000万円に落ち込んでいた。
こうしたなか、返還猶予の了承を得ていた会員の据置期間が経過したことから、預託金の返還要請が急増。
株式売却や金融機関からの借り入れなどで対応してきたが、今年6月以降の返還が困難な状況に陥り、今回の措置となった。
今後は、ゴルフ場の営業を継続させ、預託金の一定割合を返還する見込みです。

編集後記
気の毒ですがゴルフ場の預託金は10%も返ってくればよしとする必要があります。金融機関は担保を設定していますし、いままでに金利も取っていますので大きな損害は出ないでしょう。

収入が減少する中で、小遣いに困窮しているようで、ゴルフ場の会員権を持っているようでしたら、早急に売却しましょう。


長野県千曲市でタクシー会社の八幡自動車合資会社が事業停止

倒産速報 明日はわが身です。長野県千曲市でタクシー会社の八幡自動車合資会社(代表者:新井信輝)が倒産しました。9月4日付で事業を停止しました。負債総額は1億2000万円です。

会社について
八幡自動車合資会社は1920年創業、40年設立の老舗タクシー会社。「八幡タクシー」の名称で、長野市南部や千曲市を中心に営業を展開し、80年代半ば〜99年に年商3億円以上だった。

倒産の経緯
業者の新規参入自由化に伴う競争激化や景気低迷で売り上げが減少。11年12月期で売上高が1億3000万円に半減した。12年3月に長野市の本社不動産を売却し、千曲市に移転。人件費削減など経営再建を進めていた。

同社の運行エリアだった「長野交通圏」は、国がタクシーの過当競争状態と判断した「特定地域」に指定されており、県内の特定地域内で事業者が経営破綻したのは初めて。
 
国土交通省によると、長野市や千曲市などの長野交通圏は12年8月時点で747台と適正数(545〜613台)を大幅に上回り、削減が進んでいない。

編集後記
過当競争状態を適正な規模にしようと国は取り組んでいますが、実効はないようですね。
現実問題と机上論ではかなりな差が存在しているのです。

今一度「特定地域」での見直しを行い適切な指導を行わなければ、さらに倒産が続きそうです。


丸富ホテル:上下水道と温泉水使用料、滞納額は計5873万円−−三種・森岳 /秋田

秋田県三種町の森岳温泉郷の温泉宿泊施設「丸富ホテル」(伊藤康政社長)が上下水道と温泉水の3使用料を滞納し、上水道と温泉水を止められた問題で、3使用料の7月末までの滞納額は合計5873万円に上ることが13日、分かった。同町によると、同ホテルから支払いの意思表示はないという。
 
同町上下水道課によると、滞納額の内訳は上水道1407万円▽下水道3354万円▽温泉1112万円−−と、止められた2料金だけで2519万円。このほかに延滞金も掛かる。ホテル側は給水を停止され休業した3日、報道機関の取材に対し、町からの督促額を3700万円と説明していた。同町は個人情報保護を理由に滞納額を公表していなかったが、5日の町議会全員協議会で三浦正隆町長が明らかにした。

編集後記
滞納額が5873万円になるまで三種町では何をやっていたのでしょう。
民間企業であれば、このような状況に追い込まれる前に何らかの方法を講じていたはずです。

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。