原発停止の影響で!愛媛県西予市で原子力発電所労働者派遣業の泣宴bコ

倒産速報 明日はわが身です。愛媛県西予市で原子力発電所労働者派遣業の泣宴bコ(代表者:鎌田和彦)が倒産しました。11月14日に破産開始決定を受けていたことが判明しました。負債総額は1200万円です。

会社について
泣宴bコは昭和59年1月現代表者が設立創業、四国唯一の原子力発電所である伊方原子力発電所の作業員派遣を主体に展開、一時は県外の原子力発電所にも作業員の派遣を行っていた。

倒産の経緯
平成23年3月発生した東日本大震災の影響をうけ、24年1月伊方原子力発電所が全基停止。
そのため受注が激減し業況が悪化、今後の見通しも立たないことから、法的措置を取ったものと見られる。

編集後記
社長と社員全員が一緒に考える
経営者の仕事は未来を、戦略を考えることだ。しかし「高級路線で差別化」などお題目のような戦略を唱えている会社は多い。
これでは現場がどう動けばいいかわからない。
本書は経営戦略立案の実践で使える戦略ツールを、社長、事業部長、そして将来、経営を担っていくべき人のために体系的にまとめたものである。
今まで、なんだか経営戦略のことがわからなかったという人にもしっかり「腹に落ちる」一冊。

【送料無料】経営戦略立案シナリオ

経営者の仕事は、営業、マーケティング、開発、生産、人事などを俯瞰し、全体最適を考えること。著者が体系化し、現場での実験を重ね、実践で使えるようにした経営戦略の5つの道具「戦略BASiCS」の使い方を解説する。

会社設立から1年で破産!東京都台東区で航空写真・航空視察調査などの近代航空

倒産速報 明日はわが身です。東京都台東区で航空写真・航空視察調査などの近代航空梶i代表者:保坂一雄)が倒産しました。11月7日に破産手続きの開始決定を受けました。負債総額は1億円です。

会社と倒産の経緯
近代航空鰍ヘ2011年10月12日に設立された航空写真・航空視察調査などの会社。
景気悪化で航空写真などのニーズなくなり、行き詰った。昔は校庭に人文字を作った航空写真などあったが、今では官庁予算も減少しなくなった。ヘリコプターも事件でもない限り飛んでいない。

編集後記
主要なテーマに即して2人の代表的な企業家を対比させながら解説し総勢26名のリーダーに迫るケース集。

【送料無料】ケ-スブック日本の企業家活動

財閥形成者の企業家活動-岩崎弥太郎と安田善次郎
財閥における専門経営者-中上川彦次郎と小平浪平
徒手空拳の企業家活動-池貝庄太郎と久保田権四郎
都市型産業のクリエーター-小林一三と鳥井信次郎
マーケティング活動の先駆者-森永太一郎と鈴木三郎助
信念を貫いた企業家活動-御木本幸吉と相馬愛蔵
破綻した企業家活動-金子直吉と松方幸次郎
新興重化学工業の産業開拓者-野口遵と森矗昶
家産を活用した産業開拓活動-豊田喜一郎と石橋正二郎
官僚統制に挑戦した企業家活動-出光佐三と松永安左ヱ門

負債総額157億!富山県射水市で「太閤山カントリークラブ」経営の太閤山観光鰍ェ倒産

倒産速報 明日はわが身です。富山県射水市で「太閤山カントリークラブ」経営の太閤山観光梶i代表者:亀谷俊雄)が倒産しました。11月27日に民事再生法の適用を申請しました。負債総額は157億9000万円です。

会社について
太閤山観光鰍ヘ、1988年(昭和63年)5月に設立されたゴルフ場運営会社。
富山県出身女子プロゴルファーの森口祐子氏がコース監修し、93年7月に射水市内に「太閤山カントリークラブ」(27ホール)としてオープンした。
後発ながら富山県内ではトップクラスと評され人気も高く、最盛期の97年12月期の年収入高は約8億5000万円を計上していた。

倒産の経緯
しかし、長引く不況で収入高は年々減少を辿るなか、東日本大震災の影響で集客が落ち込み、2011年12月期は約5億1400万円まで減少、当期純損失は約2900万円の赤字に陥っていた。
これに加えて、会員からの預託金返還請求訴訟で事業継続が困難な状態となり、今回の措置となった。

編集後記
本書では、各分野で活躍した企業家たちの足跡を比較史的に検証し、彼らの着想や行動から、企業活動成功の秘訣を探るとともに、現代に通じる企業家精神を浮き彫りにしていく。すぐに役立つ近現代日本経営史年表30ページ収録。

【送料無料】日本の企業家群像

岩崎弥太郎・弥之助と渋沢栄一-会社企業の成立
長瀬富郎と二代鈴木三郎助-国産新製品の創製とマーケティング
鮎川義介と豊田喜一郎-新事業群の形成
小林一三と堤康次郎-都市型第三次産業の開拓者
小平浪平と松下幸之助-技術志向型事業展開と市場志向型成長
井深大・盛田昭夫と本田宗一郎・藤沢武夫-戦後型企業家と高度成長
中内功と鈴木敏文-経営戦略と流通革新

長崎県大村市でゴルフ場経営の椛蜻コ湾カントリー倶楽部が倒産

倒産速報 明日はわが身です。長崎県大村市でゴルフ場経営の椛蜻コ湾カントリー倶楽部(代表者:辻田昌徳)が倒産しました。11月20日に民事再生手続開始を申し立て、同日保全命令を受けました。負債総額は78億円です。

会社について
椛蜻コ湾カントリー倶楽部は昭和45年6月現代表が創業、設立したもので、自然や地形を活かした「オールドコース(18ホール)」と、世界各国で110余のコースをデザインしたゴルフコース設計家のロナルド・フリーム氏が設計した「ニューコース(18ホール)」があり、県下最大規模のゴルフ場として知名度が高い。
野岳湖や大村湾、郡岳等の自然に囲まれた爽快感溢れるコースや、アメリカン様式でデザインされた戦略性の高いコース等、ゴルフブームに乗って人気を集め、過去には高額法人申告所得に名を連ねる等、地元有力企業の1社に挙げられていた。

倒産の経緯
しかし、近年は同業他社との競合や市況低迷の影響で、売上高は連続ダウン。
設備投資負担等から資金面での余裕はなく、自力での再建は困難と判断し、今回の事態となった。

編集後記
辞めたくなかったら、小さい声でいいから、「私は辞めません」とハッキリ言おう。解雇は簡単にできるものではありません。知っておきたい法律知識と対処法。

【送料無料】どうする不況リストラ正社員切り

リストラに対抗する最新の労働法の知識をはじめ、「専門家に相談する」「証拠を確保する」「労働審判制度を活用する」といった、実践的で具体的な対処法を伝授する。

福岡県福岡市博多区でパチンコホールイベント企画・出版の潟Wープラスが自己破産へ

倒産速報 明日はわが身です。福岡県福岡市博多区でパチンコホールイベント企画・出版の潟Wープラス(代表者:宮本慎吾)が倒産しました。11月19日に事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入っています。負債総額は調査中です。

会社と倒産の経緯
パチンコ業界は以前は31兆円産業と騒がれた時もあったが、消費者金融業界の貸付先の厳格化や不況で今や18兆円産業まで落ちている。
こうした中で儲かっているのは、ヒット作を持つ大手パチンコ機器メーカーとマルハンなど超大手のパチンコ店しかないとされている。
当然、パチンコ店のイベントやパチンコ業界誌などは経費節減から見送られるようになって久しい。

編集後記
大手には真似できない即断即決のスピード経営。人間対人間の泥臭い商売で年商83億円。大不況時代に旧来型「商い」で大躍進!ここには日本を元気にした時代の商社の姿がある。

【送料無料】日本一元気な30人の総合商社

デフレ産業ひとり勝ちの日本にあって、旧来型の業態である「総合商社」の看板を掲げ、大躍進を遂げている会社があります。
しかも社員はわずか30人。売上高は2年で5倍に拡大し増収増益を遂げています。
手がけるのは、飲食店の「おまけ」などで配られるDVDやCD、倒産寸前の会社の環境特許技術、シベリア向け中古車など、大手商社が見向きもしない超ニッチな分野ばかり。
しかも大手商社が合併、リストラなどで高利益体質へ転換を図るのとは対称的に足で稼ぐ新規事業開拓を展開しています。誰もが手掛けないビジネスを切り開き、知恵を絞って販路を拡大する##。
いわばそれは貿易立国を支えたかつての商社本来の姿でありました。

大阪府大阪市北区で企業経営支援事業のクレスト・インベストメンツ鰍ェ破産へ

倒産速報 明日はわが身です。大阪府大阪市北区で企業経営支援事業のクレスト・インベストメンツ梶i代表者:鈴木伸治)が倒産しました。7月31日に民事再生法の適用を申請していたクレスト・インベストメンツ鰍ヘ、11月7日に再生手続き廃止決定を受けました。今後、破産手続きへ移行する見通しです。負債総額は31億9000万円です。

会社について
クレスト・インベストメンツ鰍ヘ、2000年(平成12年)3月にビービーネット鰍フ商号で設立し、2009年3月に中小企業投資機構梶A2010年11月に現商号へ変更。
食材流通事業として、製菓・製パン小売店、外食店などを営む中小規模専門店に対して業界ごとの「繁盛ネット」を介した食材・原材料のオンライン通販を手掛け、2002年9月には設立わずか2年半で株式を上場。
以降、多くの新規事業とM&Aにより企業規模を拡大、単体では2005年7月期に約45億2400万円、連結では2006年7月期に約199億1600万円の収入高を計上していた。

倒産の経緯
しかし、2008年7月期に投資有価証券評価損約14億4800万円を計上、連結決算では2005年7月期から2008年同期まで4期連続の最終赤字を計上。会社存続が危ぶまれる状況に陥った。このため、2008年10月に経営体制を刷新し、中小企業信用機構鰍中心とする「中小企業振興ネットワーク」に加入。

日本振興銀行からの資金支援を受けて融資保証事業およびM&A関連事業を開始するほか、不採算事業の整理なども行い、2010年7月期には連結営業黒字を確保していた。

しかし、振興銀が2010年5月に金融庁より一部業務停止命令を受けた後、同年9月に民事再生法を申請。
当社も大幅な事業の縮小を余儀なくされ、2011年7月期の連結最終赤字は約15億3400万円となり、連結債務超過に転落。2011年10月にはジャスダック市場において上場廃止基準にかかる猶予期間銘柄に指定されたほか、振興銀からの借入金が整理回収機構に譲渡され、外部資本調達や債務圧縮の努力を続けてきたものの奏功しなかった。

そのため、7月31日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請していた。

しかし、再生手続きを進めるなかで、スポンサーの選定が困難を極めるなど再生計画策定のメドが立たず、事業継続を断念した。

編集後記
成功する会社の経営理念と戦略
経営理念は会社を発展させる錦の御旗である! 存在価値を高め、顧客にとってなくてはならない企業にさせる理念の再確認を提唱、具体例を持って必要性を訴える。

【送料無料】理念経営のすすめ

理念なき戦略は罪悪を生み、戦略亡き理念は戯言に過ぎない。ソニー、トヨタ、IBMをはじめ、様々な企業とその創業者たちの事例から、成長企業の志と戦略の実態を検証する。

香川県高松市で讃岐うどん店の鰍rGコ−ポレーションが事業停止

倒産速報 明日はわが身です。香川県高松市で讃岐うどん店の鰍rGコ−ポレーション(代表者:松本克典)が倒産しました。経営不振から11月15日事業を停止しました。負債総額は2億円です。

会社と倒産の経緯
一過性の流行に乗り店舗展開したものの、消費不況とブームの終焉から販売不振に陥り行き詰った。

先般は高松市勅使町の老舗讃岐うどん店(株)うどんの庄かな泉が民事再生を申請して破綻していた。
讃岐うどんは、ラーメンブームの次にTVや映画で持て囃され一大ブームを巻き起こしたが、結果、セルフ店などの乱立や消費不況、ブーム終焉により、老舗店も新興店も窮地に立たされているのが実情である。香川県庁は、香川・高松への観光客誘致対策が強く望まれる。

編集後記
EME流バランス・スコア・カ-ドのワクワクする活用
「我が社は、なぜ顧客に選ばれているのか?」このテーマは企業経営の永遠のテーマであり、経営者と社員と顧客がワクワクする企業を創ることが、経営者の最大の役割である。
良い企業・活気のある企業にはワクワクする夢がある。

【送料無料】我が社は、なぜ顧客から選ばれているのか

東京都渋谷区で格闘技イベント運営の潟潟Aルエンターテインメントが破産

倒産速報 明日はわが身です。東京都渋谷区で格闘技イベント運営の潟潟Aルエンターテインメント(代表者:笹原圭一)が倒産しました。10月19日に破産を申請し、10月24日に破産開始決定を受けました。負債総額は8億4000万円です。

会社について
潟潟Aルエンターテインメントは格闘技イベント「K−1」の元運営会社鰍eEGより業務を請け、同社とともに総合格闘技イベント「DREAM」を運営していた。
「DREAM」は平成20年2月に発足し、格闘技界で広報などに携わってきた笹原社長は、DREAMのイベントプロデューサーとして就任していた。

倒産の経緯
しかし、運営母体だったFEGが出場者へのギャラ未払いなどで財政難を表面化し24年3月、債権者から破産を申し立てられ5月に破産開始決定を受ける事態となった。
古株のスタッフたちも離脱したことから業務継続が困難となり、事業を停止していた。
また、元PRIDE幹部と2014年に再編成することについても話し合われたとのこと。ズッファがPRIDEを買収した時に一部幹部が2013年までMMAの運営に介入しない条件が付けられていたからだそうです。

編集後記
いまの仕事に大変革を起こす“6つの戦略”
「やれることはすべてやった…」。この状態からもう一歩、いやもう半歩考えられる人が成功する。
本書は、当代きっての人気経営コンサルタントが明かす“仕事と発想の黄金ルール”。
「本当の問題は“現象”の裏の裏にある」「相手にもう一度会いたいと思わせる“去り際の美学”」「足りない“能力”は補えるが、“信頼”は補えない」など、物事の本質を見極め、従来の発想に飛躍をもたらすノウハウ満載。

【送料無料】人と違うことをやれ!

工業高校を卒業後、東芝を蹴って従業員30人の町工場に飛び込み、ヒロセ電機を日本を代表する高収益企業に育てた酒井秀樹、エスコ貿易という小さな商社をおこし、セガ・エンタープライゼスのトップへの礎を築いた中山隼雄、自らのブランド戦略を徹底するため、10万台の大口注文を断ったソニーの盛田昭夫など、成功者たちの「戦略」に学ぶところは多いだろう。
堀紘一自身、読売新聞社、三菱商事、ボストン・コンサルティング・グループを経て、ドリーム・インキュベータを起業したという豊かなキャリアの持ち主であるため、その言葉には説得力がある。
また、留学を希望する人には、ハーバード・ビジネス・スクール時代のエピソードが参考になるだろう。

香川県高松市で老舗讃岐うどん店の鰍、どんの庄かな泉が破産へ

倒産速報 明日はわが身です。香川県高松市で老舗讃岐うどん店の鰍、どんの庄かな泉(代表者:大西康正)が倒産しました。4月20日に申請処理を弁護士に一任して、民事再生法の適用申請をし、5月8日に再生手続きの開始決定を受けていましたが、11月13日に廃止決定を受け、今後、破産手続きに移行するとみられる。負債総額は8億円です。

会社と倒産の経緯
1953年創業の讃岐うどんチェーン店「うどんの庄かな泉(いずみ)」。
高松市内などに3店舗あった店は12日で営業を終了しております。

鰍、どんの庄かな泉は再生手続き開始後、7月に企業再生会社「スピードパートナーズ」(東京都)とスポンサー契約を締結。
11月1日付で、ス社関連会社「かないずみ」(東京都、7月設立)にうどんの製造・販売や飲食店の経営権を譲渡することが決まっていたが、債権者の金融機関とス社との間で条件がまとまらず、事業継承が頓挫した。

うどんの庄かな泉は讃岐うどんブームの中、セルフうどん店の台頭など低価格志向の高まりから、業績が伸び悩んだ。

編集後記
働きがいを生むスポンサーシップ
働く喜びを取り戻そう!閉鎖感を打ち破り、日本的チームワークを再構築しる新しい考え方を提示。先進企業から再建会社まで、効果を上げる風土改革の新手法!

【送料無料】なぜ社員はやる気をなくしているのか

成果主義、非正社員化、相次ぐ不祥事、掛け声ばかりの改革に、職場に渦巻く不信感。どうすれば日本的強さの基盤を取り戻せるのか。閉塞感を打ち破り、濃密なチームワークを蘇らせる新しい考え方を提唱する。

東京都港区でゴルフ場運営会社のピーエスアール相武鰍ェ特別清算開始決定

倒産速報 明日はわが身です。東京都港区でゴルフ場運営会社のピーエスアール相武梶i代表清算人:市野澤要治)が倒産しました。11月1日に特別清算を申請し、11月2日に特別清算開始決定を受けました。負債総額は140億円です。

会社について
ピーエスアール相武鰍ヘ、1957年(昭和32年)9月にゴルフ場経営を目的に設立。当初、創業一族による経営が行われていたが、90年前後にイトマン事件の許永中氏の関連会社に株式を買い占められた後、92年10月にワシ興産梶i福井県福井市)に売却され、同社100%出資子会社として小野グループに加わった。
その後、2006年3月にはパシフィックスポーツアンドリゾーツ梶i東京都、10月、特別清算開始決定)が買収し、以降、パシフィックスホールディングスグループとなっていた。

63年11月に「相武カントリー倶楽部」(パー72)をオープン。八王子駅から自動車で20分と都心からのアクセスが良く、丹沢、富士山を遠望する丘陵地の条件を生かした変化のあるコースが顧客の一定のニーズを捉え、2007年12月末時点で会員数は約1600名を獲得。
都心からの来場者が多く、2008年11月期には年収入高約9億5200万円を計上していた。

倒産の経緯
しかし、グループの頂点企業であるパシフィックホールディングスと子会社2社が2009年3月10日に東京地裁へ会社更生法を申請(負債3社合計で約1940億円)し、2010年3月31日に更生手続き開始決定を受けた。
同手続きのなかで親会社であるパシフィックスポーツアンドリゾーツの保有するゴルフ場の売却が進められてきたが、当社においても、新設分割により新設された椛兜帥Jントリー倶楽部に事業を譲渡し、8月31日開催の株主総会の決議により解散していた。
 
編集後記
プルデンシャル生命・坂口陽史の献身と挑戦
日本の生命保険業界を変える!最強の営業集団の育成にかけたリーダーの物語。

【送料無料】魔法を信じた経営者

誰もが家族に対して持っている深い愛情をかたちにし、顧客が「経済的な保障」と「心の平和」を得られるようにサポートすること-
それがプルデンシャル生命のライフプランナーの使命である。
プルデンシャル生命の創業者坂口陽史は、真に顧客志向の保障をオーダーメイドで提供するライフプランナーという新しい専門職を日本で確立し、
日本の生命保険業界の変革を志した。
生命保険がもたらす魔法の力を信じた経営者の奇跡と軌跡をたどる。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。