井笠鉄道が破産申し立て 負債32億円以上 岡山

経営不振で先月末にバス事業を全廃した井笠鉄道(笠岡市)が2日、岡山地裁に破産を申し立てた。負債額は32億円以上という。

同鉄道関係者によると、この日、関藤篤志社長は岡山地裁に破産申し立て後、井原市で未払い退職金の説明などを行ったという。

笠岡市の天野美彦副市長は、「部下からの連絡で破産申し立てを知って驚いた。市には井笠鉄道から何も連絡がなかった」と話した。

編集後記
京セラを世界的な企業に育て上げ、いまも次々と新事業に挑戦し続ける稲盛和夫。
その創業のベースは、「人間として正しいことを追求すること」であったという。
本書は業容が拡大していく過程で、自ら講師となり、社員に向かって「京セラの経営哲学」を熱く語った勉強会の記録である。
しかしそれは、一企業人にとどまらぬ、普遍的な人生とビジネスの成功哲学でもある。ロングセラー、待望の文庫化。

【送料無料】成功への情熱

いまだ不況感が漂う日本経済の中にあって、いまも次々と新事業に挑戦し、成果を上げ続けている稲盛和夫。しかし、そんな稲盛にも悩みがなかった訳ではない。
米国の電子部品メーカーを買収した際、京セラを成長させてきた経営理念・経営方針に従って現地でも会社を運営して欲しいと米国の経営幹部に求めた。
ところが、個人主義が徹底した米国には、日本的経営をベースにした稲盛の経営哲学は容易に受け入れられなかった。
稲盛は自らが講師となり、京セラの経営哲学を説き、細細とした質問にも誠意をもって答えた。その結果、感動のうちに理解を得られたのである。

負債総額340億円!東京都港区でゴルフ場経営のパシフィックスポーツアンドリゾーツ

倒産速報 明日はわが身です。東京都港区でゴルフ場経営のパシフィックスポーツアンドリゾーツ梶i代表清算人:市野澤要治)が倒産しました。10月16日に特別清算を申請し、10月23日に特別清算開始決定を受けました。負債総額は340億円です。
 
会社について
パシフィックスポーツアンドリゾーツ鰍ヘ、2006年(平成18年)2月に不動産投資事業などを手がけるパシフィックマネジメント梶i現・パシフィックホールディングス鰍ェ、ゴルフ場を中心とした投資事業を開始するために設立。
再生案件のゴルフ場経営会社を次々と買収し、経営指導や資産取得のための資金貸付などを行い、2008年時点で「琵琶池ゴルフクラブ」(栃木県大田原市)、「松井田妙義ゴルフ倶楽部」(群馬県安中市)、「相武カントリー倶楽部」(東京都八王子市)など全8コースを傘下に置いていた。
 
倒産の経緯
こうしたなか、経営悪化に伴い親会社であるパシフィックホールディングスと子会社2社が2009年3月10日に会社更生法を申請(負債3社合計で約1940億円)し、2010年3月31日に更生手続き開始決定を受けた。同手続きのなかで当社傘下の企業が保有するゴルフ場の売却が進められてきたが、8月末までに終了したため、8月31日の株主総会決議で解散していた。

編集後記
IT投資、リアルオプション、固定資産の減損会計など、設備投資をとりまく近年の新しい動き、手法に対応。投資効果を検討し、的確に評価するための最新の視点をわかりやすく解説した実務家のためのテキスト。

【送料無料】設備投資計画の立て方第4版

設備投資計画作成のあらましを、実際の作業手順に沿って解説しています。
設備投資の意義(戦略性)や危険性について検討するためのポイントを挙げるとともに、採算性のバランスをていねいに説明しています。
採算性については、まず回収期間法と会計的投資利益率法(ROI法)、次いで現在価値法(DCF法)を取り上げ、具体的な事例を挙げながら解説しています。
評価の難しい海外直接投資、情報技術(IT)投資、研究開発投資などの戦略的投資、さらに投資後の弾力的な計画修正を可能にするリアルオプションや事後監査における固定資産減損会計についても言及しています。

367億円の負債を抱えて!青い森農林振興公社:経営破綻 再生計画案、地裁が受理 /青森

約367億円の負債を抱えて経営破綻した青い森農林振興公社は1日、青森地裁に再生計画案を提出し、受理されたと発表した。受理は10月31日付。来年1月に開く債権者集会に計画案を提案する。
 
公社は8月に民事再生法の適用を申請し、手続きを進めている。計画案によると、債権者は県や日本政策金融公庫など。債権額は県約234億円、公庫約132億円で、両者で9割以上を占める。
 
公社は預金など資産約11億円を原資として債権の一部を弁済する考え。弁済額を差し引いた債権残高は、県約227億円、公庫約128億円。県の負担は債権放棄と公庫への損失補償で計約356億円となる見通し。

編集後記
新しい組織で成功するための56の教え
すぐに活躍する人とうまくなじめない人、その違いって?インディペンデント・コントラクターとして約20社で働いてきた著者だからわかる組織のツボの押さえ方満載。

【送料無料】転職後、最初の1年にやるべきこと

こんな人に役立ちます  
転職先企業で、「こんなはずでは…」「話が違う!」と後悔している人  
転職ではないが、転勤や派遣先の変更、出向、部署異動などで、新しい職場で働く人  
転職したいと思っている人、転職活動中の人、転職先が決まった人  企業の採用担当者

【続報】大阪府箕面市で複合レジャー宿泊施設の大阪観光鰍ェ民事再生法の適用を申請

倒産速報 明日はわが身です。大阪府箕面市で複合レジャー宿泊施設の大阪観光梶i代表者:浜地誠)が倒産しました。10月31日に民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けました。負債総額は36億円です。

会社について
大阪観光鰍ヘ、1951年(昭和26年)5月に設立された。観光ホテル「箕面観光ホテル」(客室約200室)を主体に、箕面温泉スパーガーデン、T.Tボウルみのお、みのお高原プールなどの運営を手がけていた。  
 
当社運営の施設は、箕面国定公園に隣接し、大阪空港、大阪梅田駅からも近いなど交通の便にも恵まれた良好な立地条件で、約25万坪の敷地内には療養泉適格の天然温泉を有するほか、幅広いレジャーニーズに対応した各種施設を運営し、関西圏では高い集客力、相応の知名度を誇っていた。
各種イベントの開催、食事・温泉とのパックサービスを実施するなど豊富な企画が奏功し、1990年5月期には年収入高29億4900万円を計上していた。
 
倒産の経緯
その後は、同一商圏内でのレジャー施設、ホテル等との競合が激化したことに加え、施設の老朽化もあり、利用客は減少傾向を辿り、2006年5月期には年収入高20億7200万円にダウン、各施設の管理費、人件費等が重荷となり収益性も悪化していた。

2008年にはホテルの客室および附属設備のリニューアルを実施して一部を「HOTEL MINOH OSAKA」としてリスタートし、中国や台湾など外国人観光客の取り込みにも注力するほか、継続的に大衆演劇を招聘し、タレントのパーティーを企画するなど集客力のアップを狙っていたが、利用客、リピーターの減少に歯止めがかからなかった。

東日本大震災以降、観光客が減少した影響で宿泊者数、施設利用者数の更なる減少を余儀なくされ、2011年同期の年収入高は約13億円にまで減少、諸経費負担ほか施設建築・改装などに伴う金利負担も重荷となり、欠損計上を強いられ、債務超過の状態が続いていた。

今夏以降も中国をはじめとする外国人観光客の利用客が急減し、資金繰りも限界となり、今回の措置となった。
民事再生であるため、当施設は平常どおり営業している。

編集後記
目からウロコとはまさにこのこと! 社会人になって早〇年。「カイシャ」のルールはわかっているつもりでした......が、大勘違い。私のやってきたことはルール違反ばかりでした。
だからこそ、ルールさえ知れば、会社生活を楽しく快適に過ごせることうけあいです。この本を読んだその日から「社内政治」を実行し、毎日「残業はせずにすんなり退社」し、「本音とタテマエ」を使い分け、「上司にはどんどん叱られ」て「お給料アップ」。そんな会社の花道を歩みませんか

【送料無料】会社でチャンスをつかむ人が実行している本当のルール

仕事は出世よりもやりがい?ほめられるのは評価されている証拠?
派閥やごますりは旧人類のもの?
産休・育休は堂々ととるべき?若者と女性が教えてもらえないキャリア・アップの法則。
全米100万部「ビジネス・ゲーム」訳者とベストセラー「年収10倍アップ勉強法」著者が書き下ろし!

ピーク時の3割に減少!大阪府箕面市で名門箕面観光ホテルが倒産

倒産速報 明日はわが身です。大阪府箕面市で「箕面観光ホテル」などを経営する大阪観光(同市)が11月1日、資金繰りに行き詰まり、民事再生法の適用を申請しました。負債総額は35億円です。

会社について
大阪観光は昭和26年に創業し、箕面市の阪急箕面駅前から箕面大滝へ続く「滝道」沿いで旅館経営をスタート。
昭和40年に温泉レジャー施設「箕面スパーガーデン」を、43年には隣接して「箕面観光ホテル」をオープンした。
桂太郎ら明治の元勲らが「関西政財界人クラブ」として利用した別館に加えて、紅葉シーズンの眺望などが親しまれ、最盛期には年100万人の利用があった。  

倒産の経緯
ところが、近年は競合施設の進出やレジャーの多様化などにより利用客はピークの3割に減少。24年5月期まで3期連続で赤字に陥っていた。

編集後記
改善ゴコロは幸せゴコロ。豊かな人生を築くための「改善」を自分基点で実践し、自分も周りもハッピーな日々を実現できます。

【送料無料選択可!】仕事が楽しくなる!イキイキ「事務改善」 悩んだときこそ改善のチャンス! (...

どんな仕事でも「やらされ仕事」はつまらないし、やりがいも感じないと思います。
それとは反対に主体的にやる仕事は、いろんな発見もあるし、工夫する余地もあるので、面白さが感じられるはずです。
どんな仕事でも「やらされ仕事」はつまらないし、やりがいも感じないと思います。
それとは反対に主体的にやる仕事は、いろんな発見もあるし、工夫する余地もあるので、面白さが感じられるはずです。

借入金過多で!兵庫県朝来市でドライブイン・飲食店・娯楽施設経営の潟lクステージが倒産

倒産速報 明日はわが身です。兵庫県朝来市でドライブイン・飲食店・娯楽施設経営の潟lクステージ(代表者:北山春彦)が倒産しました。11月1日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任し、破産申請の準備に入っています。負債総額は30億円です。

会社について
潟lクステージは当初は本社を豊岡市に置き、不動産賃貸・管理を手掛けていたが、明生建設鰍ィよび同社の川井社長が所有していた朝来市内の土地(国道9号線と312号線が交差する市内一等地)の開発に乗り出し、6年2月、現在地に移転するとともに同年6月、ドライブイン「但馬パオパオ」をオープンした。
その後も12年3月に朝来市内の商業施設内にボウリング場をオープンする一方、城崎郡城崎町内に海産物等の販売店、神崎郡福崎町内に和風レストランを出店するなど事業を拡大。ピークとなる11年11月期には売上高17億3600万円をあげていた。

倒産の経緯
しかし、ドライブインの建設に30億円以上、ボウリング場に6億円を投下し、その大半を借入金に依存していたことから、当初より資金運営は多忙な状態が続いていた。
また、来店客も減少し、21年5月期(20年中に決算期変更)には売上高が9億3400万円にまで落ち込んでいた。
不採算店舗を閉鎖するなどで改善を図ったが、資金面は苦戦。
さらにこの間、14年11月に明生建設鰍ェ破綻したことで信用不安が拡大した。その後は当社単独で事業を継続していたが、客足が伸び悩むなか多額の借入金を抱え資金繰りが好転せず、支え切れなかった。

編集後記
経営者の仕事は社員を幸せにすること。まず、上司のほうから話しかけよう。相手のいいところを見いだそう。注目の人、ダイエー林文子会長が実践する「すべての人を元気にする」ポジティブ・コミュニケーション術を初公開。

【送料無料】林文子すべては「ありがとう」から始まる

東京都千代田区でイベント企画・運営の株ト企画21が破産

倒産速報 明日はわが身です。東京都千代田区でイベント企画・運営の株ト企画21(代表者:津田忠彦)が倒産しました。10月29日に破産を申請、30日破産開始決定を受けました。負債総額は1億6000万円です。

会社について
株ト企画21は昭和60年8月に前身の中国演劇の企画興行会社、話劇人社二十一世紀企画鰍ニして設立されたが、先代の死去に伴い一時休眠。
平成15年6月に劇団長だった津田社長が現社名に商号変更したうえで事業を引き継ぎ、イベント企画事業を行ってきた。

中国演劇や雑技・民族音楽の日本公演の運営のほか、近年は「恐竜展」など、博物館・科学館の展示イベントの開催が多く、「恐竜展」の設営を中心に、恐竜の骨や化石の調達、企画なども行い平成22年6月期は年商3億81万円をあげていた。

倒産の経緯
しかし、話劇人社二十一世紀企画鞄鮪桙フ赤字を抱え、平成22年6月時点で約4,200万円の債務超過に陥っていた。
近年は「恐竜展」、「昆虫展」の開催を手がけていたが、興行の当たりはずれが大きく、平成24年6月期の売上げは大きなイベントがなく約5,000万円にとどまり、低収益にとどまった。
今年7月〜9月に千葉・幕張メッセで開催した「恐竜王国2012」のイベントに期待をかけたが、入場者が少なく想定収入を得られず、10月末の興行費支払いが出来ず行き詰まった。

編集後記
・備えあれば憂いなし。経営者よ決断せよ!
・みんなが幸せになれる「倒産」の方法がある!

【送料無料】元気な会社こそ知っておきたい「よい倒産」の実務

新会社法制定で世の中は起業ブーム。ところがその半面倒産の危機が高まっているのも事実です。
本書は倒産・企業再生にプロパーな弁護士が書いた類例のない「よい倒産」の手引書。
簡単に起業できる現代だからこそ、会社という器は消えても、取引先・債権者・株主・従業員など全ての関係者の迷惑を最小限にとどめるノウハウが必要なのです。
そしてそれは、頑張れば頑張るほど泥沼化してしまう危険から再生への希望が持てる転換点へと切り替えられるチャンスでもあります。
中小企業の経営者から、融資ご担当者まで是非お勧めしたい一冊です。

北海道札幌市中央区で電気・熱供給の潟Gナジーフロンティアが特別清算開始決定

倒産速報 明日はわが身です。北海道札幌市中央区で電気・熱供給の潟Gナジーフロンティア(代表清算人:桶谷治弁護士ほか1名)が倒産しました。10月16日開催の株主総会の決議により解散し、特別清算を申請し10月26日に特別清算開始決定を受けました。負債総額は32億円です。

会社について
潟Gナジーフロンティアは、2000年(平成12年)11月に北海道電力梶i札幌市)が産業用コージェネレーション利用の発電システム市場に参入する目的で他社との合弁により設立。
電気および熱の供給事業を行い、顧客の事業形態に合わせた効率的なエネルギー供給の提案から設備設置やシステム作動状況の遠隔監視、燃料調達、メンテナンスまでをトータルに管理するシステムを運営。
ホテルや医療機関など熱エネルギー需要の高い業界を中心に普及を図り、2012年3月期には年売上高約20億1600万円を計上していた。

倒産の経緯
しかし、近年の燃料価格の高騰、高止まりなど当社を取り巻く経営環境に厳しさが増し、オンサイト発電事業の継続が困難となったことから2007年9月に「A重油を燃料とするオンサイト発電事業」から撤退し、その他の事業については北海道電力鰍フグループ会社に承継することを公表、他社の所有する株式を同社が譲り受け、当社を100%出資子会社としていた。
その後、北海道電力鰍ェ当社に対する債権放棄を決定したうえで今回の措置となった。

編集後記
□遅刻・欠勤者が多い。□残業代が多い。□離職率が高い。□会社に不平・不満を言っている者が多い。――1つでも当てはまるときは……あなたの会社、大丈夫? 
「こんな会社、訴えてやる!」なんて言われる前に。会社は労使関係の争いの場ではありません。みんなが「仲間」として、会社を、生活をアップするための「ルールブック」を一緒に作りませんか。

【送料無料選択可!】会社を元気にする就業規則 (単行本・ムック) / 河村卓/著

大阪府大阪市都島区でリネンサプライ業のサンユー椛シ1社が自己破産へ

倒産速報 明日はわが身です。大阪府大阪市都島区でリネンサプライ業のサンユー梶i代表者:大石栄子)と光陽産業梶i代表者:濱口三生)が倒産しました。10月29日に自己破産を申請しました。負債総額は、サンユー鰍ェ約28億9500万円、光陽産業鰍ェ約12億2800万円で、2社合計で約41億2300万円です。

会社について
サンユー鰍ヘ、1972年(昭和47年)8月に設立されたリネンサプライ業者。
全国の旅館・ホテル、病院で使用される布団、シーツ、白衣などのレンタル、クリーニングを主業とするほか、ホテル・旅館に対する設備機器の賃貸、家電品(テレビ、冷蔵庫、洗濯機など)や消耗品(石鹸、歯磨き、トイレタリー)の販売も手がけていた。

全国規模で展開するホテルチェーンとの取引で安定した受注を獲得できる体制を構築していたほか、寝具製品は中国製を使用するなど価格競争力を高めることで顧客を開拓、病院・ホテルに対し毎日の収集・配送を行うなどサービスの充実も図り、2008年12月期には年収入高約36億7000万円を計上していた。

その後もホテルチェーン業者を中心に積極的な営業活動を実施し、地方都市などへ商圏を拡げていた。

倒産の経緯
景況感の悪化による得意先ホテル・旅館の稼動率低下の影響で受注量は減少傾向となり、2011年12月期の年収入高は約24億9700万円にまで低迷。
商品、サービスの原価上昇、販売単価の下落に加え、年商に匹敵する有利子負債が収益を圧迫していた。2011年12月の代表交代で運営体制の見直しを行ったものの業況は改善せず、資金繰りは限界となった。

グループ会社の光陽産業鰍ヘ、1995年(平成7年)5月に設立。サンユー鰍フ工場部門の移管を受け、主にリネンのクリーニングを手がけ、2011年4月期には年収入高約14億2500万円を計上していたが、サンユー鰍ノ依存した運営であり、同社に連鎖した。

編集後記
世界で1500万部以上、日本国内でも120万部以上を記録している『7つの習慣 成功には原則があった!』。
“内容が難しい”,“特定の部分の理解を深めたい”,“すべてを読んでいる時間がない”・・・。
こういった声に答えて登場したのが本書「『7つの習慣』クイックマスター・シリーズ」です。

フランクリン・プランナーのオススメ書籍「7つの習慣」クイックマスター・シリーズ【選択する力...

本書は「7つの習慣」それぞれを1冊ずつ全7冊にわかりやすく噛み砕いて再編集されています。入門用に、復習用に、本書をぜひお役立てください。

(学)堀越学園/国による解散命令へ

創造学園大学など経営する(学)堀越学園(群馬県高崎市八千代町2−4−2、理事長:大島孝夫)は25日、文部科学省の大学設置・学校法人審議会が、来年3月をめどに解散命令を発令するよう同省に答申された。

負債額は約50億円。

同学園は、学校経営の粉飾決算も恒常化、教職員への給与未払いや東京校所長で前理事長の王豊氏を懲戒解雇するなど経営陣の対立も表面化していた。
王豊氏は、東京校の学納金の法人への納入を拒否した上、自らを理事長とする虚偽の内容を記載した文書を現理事会側に送っていたとされる。

この間、同学園は入学者も大きく定員割れして経営悪化、いかがわしい学校債を発行するなどして資金調達していた。

文科省はこうした事態に、同学園は経営改善の見込みもなく、収拾が付かない状態になっており、今回、文科省が審議会を設置して、同学園の解散を審議会で決議させたもの。

<デタラメ学園の実態>
1、設立時書類に虚偽記載:2010年10月28日:日本テレビ報道
創造学園大学を同法人が設立時に文部科学省へ提出した書類に、負債額を実際より少なく記載する虚偽記載や、監査法人の印鑑の偽造を認め、今後5年間新しい学部、学科の新設を認めないペナルティを与えられる。

2、大学キャンパスの仮差し押さえ:2009年2月東京新聞
創造学園大学の各キャンパスが仮差し押えになっていた。東京地裁が同大の八千代キャンパス(同)の土地・建物と中山キャンパス(吉井町)の土地について、それぞれ仮差し押さえ命令。

3、財務書類虚偽記載・補助金取り消し:2009年3月
文部科学省や群馬県に提出していた2002年から2004年までの決算書に虚偽があったと

して日本私立学校振興・共済事業団から創造学園大学への2008年度の補助金の交付を取り消された。
4、給与の遅配:2009年4月:東京新聞
教職員への給料遅配で労働基準監督署から、労働基準法違反で是正勧告を受けていたことが明らかとなっていた。

以上の相次ぐ不祥事により、2011年、堀越哲二理事長は引責辞任していた。

生徒だけがなおざりにされる由々しき問題であった。

編集後記
企業文化のブランド化こそ最強の差別化戦略である。
「メンバー第一、顧客第二主義」「メンバー相互で決める民主的な給与体系」「サービス残業・ノルマ・競争なし」「スタートアップミーティング」「ユナイテッドユニッツ」「面接で100人に1人しか通さない妥協なき採用」「完全禁煙」…数々のユニークな制度構築により驚異的に業績を伸ばし、「宇宙一」を目指す注目のベンチャー企業。
その秘密とは。すべては『LR HEART』から生まれる。

【送料無料】宇宙一愛される経営

具体的な施策を解説しながら、企業文化の醸成と業績アップの秘密を初公開!
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。