尖閣列島と竹島問題で!神戸市中央区で運送業の叶L東運輸が倒産

兵庫県神戸市中央区で運送業の叶L東運輸は、2月15日に事後処理を弁護士に一任しました。

会社名 叶L東運輸
業 種 運送業
所在地 兵庫県神戸市中央区港島8−11−6
代表者 稲村義昭
負債額 3億円

尖閣列島問題で中国が、竹島問題で韓国が、貿易量を減らしたために、神戸港でも貨物が減少し、運送業の叶L東運輸には死活問題となって倒産に追い込まれたものです。

編集後記
2度の経営危機を克服した町工場会長の経営問答
鈴木達雄氏は東京・狛江でめっき業を二代目の経営者として展開、成熟産業にも関わらず好調な経営を続けている。
しかし、二回にわたり経営危機に直面し、塗炭の苦しみを味わった時代もあった。ここで苦境を乗り越えて得た教訓、“信頼をつかんで(グー)”、“欲望を絶ち幸せを味わう(チョキ)”、“自らの利益を社会に還元する(パー)”、この「グー・チョキ・パー」に例えられる著者の経営哲学を本書で紹介する。

【送料無料】ジャンケン経営の実践

ダブルパンチを受けて倒産!三重県伊賀市で運送業の叶シ川商事運輸

三重県伊賀市で運送業の叶シ川商事運輸は、2月12日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入ってます。

会社名  西川商事運輸
業 種 運送業
所在地  三重県伊賀市西明寺2807−1
代表者  西川大輔
負債額 3億円

叶シ川商事運輸は工場で製造されたものをメインに運送業を行っていましたが、工場での製造量が減少し、受注が減って、売上も同時に低迷することになったのです。
順調に業績を伸ばせると思ってトラックを借入金で購入していましたが、荷受の減少と、燃料費の高騰と、ダブルパンチを受けて倒産に追い込まれたものです。

編集後記
予測を100%的中させた男
船井幸雄の昭和40年代以降現在に至るまでの社会情勢・経済環境のトレンドを見事な程、ほぼ100%予測を的中させた内容をジャーナリストの柳下氏が読みやすくまとめた好書である。

【送料無料】超人「船井幸雄」の近未来予測

一例を挙げると、1970年⇒日本にも自動車時代が来る、そして、郊外型ショッピングセンターが誕生する。1975年⇒ITとコンピュータが世の中を変える。ストアレス時代の到来。
1985年⇒10年以内にソ連が崩壊する。 1987年⇒バブルは近々崩壊する。 2007年⇒これから数年は大不況とそれに伴って資本主義を揺るがすほどの大きな経済・金融・社会的な変革が起こる。

こうして、振り返って見ると、今では当たり前になっていることも、船井さんが予測をした当時は「非常識だ」「ホラ吹き」と多くの非難を浴びたものばかりである。改めて、船井幸雄の先見性の鋭さと正確性には改めて驚かされる。

逮捕者が3名、事業停止処分を受けた北海清掃社が倒産

北海道帯広市で産業廃棄物処理の竃k海清掃社は、2月7日に破産手続きの開始決定を受けました。

会社名 竃k海清掃社
業 種 産業廃棄物処理
所在地 北海道帯広市西20条北4−6−1
代表者 高橋健藏
年 商 6億円

産業廃棄物処分場としての許可を受けていない幕別町にある自社の所有地に、およそ84トンの廃プラスティックなどを埋めた疑いで、社長と常務ら3名が逮捕されています。

北海道庁では2012年11月28日から4ケ月間の指名停止処分を受け、信用が失墜すると共に、事業を行うことができなくなり、今回の措置となったものです。

編集後記
不法投棄で利益が少しはでたでしょうが、最終的には倒産に落ち着きましたね。
事業を行うときに「正しさ」と「楽しさ」は常に確保できるような取り組み方にしておきましょう。

【送料無料】幸福力

当代きっての実業家が明かす「楽しい生き方」。幸せになるためには、幸福力がいる。ほんの少しの努力で、幸福力をきたえて幸せになる。

75億円の負債で元・観光ホテル経営の鰍jHコーポレーションが清算へ

北海道札幌市中央区で元・観光ホテル経営の鰍jHコーポレーション(旧贋ン世閣)は、2月15日に特別清算を申請しました。

会社名 鰍jHコーポレーション
業 種 元・観光ホテル経営
所在地 北海道札幌市中央区大通西11−4
設 立 1944年(昭和19年)9月
創 業 1941年(昭和16年)5月
資本金 5000万円
年 商 49億1900万円(2010年12月期)
負債額 75億円

鰍jHコーポレーションは、「洞爺湖萬世閣ホテルレイクサイドテラス」(洞爺湖温泉)、「登別萬世閣」(登別温泉)、「定山渓萬世閣ホテルミリオーネ」(定山渓温泉)の3ヵ所の温泉観光ホテルを経営し、2006年12月期には60億円の売上がありました。

しかし、観光客の減少で売上が激減し赤字が続いていました。
従業員と元従業員から時間外賃金の支払いを求める訴訟を起こされたり、パワーハラスメントや解雇をめぐる慰謝料の請求、集団食中毒の発生など信用が落ち込んでいました。

客室の改装費用などの設備投資を借入金でまかなっていたために、年商の2倍以上に有利子負債が膨らみ、資金繰りを圧迫していました。

2012年3月に新会社贋ン世閣(代表者:濱野清正)を設立し、鰍jHコーポレーションを清算することを2012年8月31日に決めていました。

愛知県名古屋市中区で劇場経営の御園座鰍ェ事業再生ADR手続を申請

愛知県名古屋市中区で名証2部上場劇場経営の御園座鰍ヘ、2月14日付で事業再生実務家協会に事業再生ADR手続を申請したと発表しました。

会社名 御園座
業 種 劇場 
所在地 愛知県名古屋市中区栄一丁目6番14号 
設 立 1897年(明治29年)6月  
代表者 長谷川栄胤  
資本金 4億5000万円 
年 商 48億2900万円(2010年3月期) 
従業員 連結 150名、単独 106名(2010年3月31日現在)

個人消費の落ち込みで売上が落ち込み2013年1月に20名の希望退職者を募集したところでした。
2012年3月期には3億3800万円の債務超過になっていて苦しい資金繰りが続いていました。そこで、金融機関への返済猶予を求めるための措置として事業再生ADR手続を申請したそうです。

北海道亀田郡七飯町で運送業の北日本陸運椛シ1社が倒産

北海道亀田郡七飯町で運送業の北日本陸運鰍ニ関連会社の潟Vギルが倒産しました。2月8日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して破産手続開始申立の準備に入っています。

会社名 北日本陸運
業 種 貨物自動車運送  
所在地 北海道亀田郡七飯町上藤城39−2  
設 立 1977年(昭和52年)4月  
代表者 佐々木 秀治  
資本金 4100万円  
年 商 20億4300万円(2012年4月期)  
負債額 16億6500万円

北海道函館市で岸冷凍鰍ニして設立し、貨物自動車運送へと事業を展開し、東京や札幌にも事務所を設置していました。
大型冷凍車などを30台所有し冷凍食品や乳製品などを運んでいました。
しかし、景気の悪化で価格競争が厳しくなり、燃料価格の高騰によって採算性が低下していました。
デリバティブによる損失もあって資金繰りに行き詰まり今回の措置となったものです。

関連会社潟Vギルの負債総額は1億2400万円です。 

ちょっと不思議な倒産?愛知県名古屋市中区の行政書士法人セントレッグ

愛知県名古屋市中区で行政書士の行政書士法人セントレッグが、破産開始決定を受けました。

会社名 行政書士法人セントレッグ
業 種 車庫証明、ビザ、建設業、風俗営業等の申請の代行 
所在地 愛知県名古屋市中区栄4丁目7−10 
負債額 3億1000万円  

行政書士法人セントレッグは複数の行政書士で運営し、大手自動車ディーラー等の車庫証明取得等を行っていました。
最近は借入金が増えて資金繰りには厳しいものがありました。
行政書士で車庫証明だけだと大きな金額にはなりません。恐らく1件が1万円以下ではなかったと思いますね。
ただし、利益率は良かったと思われますので、数をこなすことが出来ればそれなりの利益はあったのではないでしょか。
なぜ3億円もの負債を抱えて倒産したのか不思議です?

長崎県諫早市で臨床検査・環境測定の潟sー・シー・エルが破産へ

長崎県諫早市で臨床検査・環境測定の潟sー・シー・エルは、2月7日に事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入っています。

会社名 潟sー・シー・エル
業 種 臨床検査・環境測定 
所在地 長崎県諫早市津久葉町62−22 
設 立 1985年(昭和60年)12月12日 
創 業 1983年(昭和58年)12月
代表者 古賀修
資本金 3000万円 
負債額 7億円 
従業員 120名

景気の悪化で受注競争が激しくなり採算に合わない受注になっていました。過去の不動産投資のために借入金をしていたことが資金繰りを窮屈にさせて、今回の措置となりました。
なお、事業については今のところ継続されています。

愛知県春日井市で印刷業の三尾製本鰍ェ破産

愛知県春日井市で印刷業の三尾製本鰍ヘ、2月6日に破産手続きの開始決定を受けました。2012年11月1日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入っていました。

業 種 印刷業  
所在地 愛知県春日井市上田楽町2078 
設 立 1978年12月 
創 業 1954年5月
代表者 三尾謙二郎 
負債額 2億5000万円  
従業員 15名

三尾製本鰍ヘ帳票類を中心とした製本、印刷、製版業者で、活発に営業活動を行い2008年2月期には1億7800万円の売上がありました。
しかし、景気の悪化で受注が減少するとともに、同業者間での価格競争が起こり、採算が悪化していました。
さらに、親族の経営破たんによる債務を継承したことから、苦しい資金繰りに陥っていました。

業績の回復が見込めないことから今回の措置となったものです。

尖閣列島問題で!東京都渋谷区で語学学校の巨ケ林実業が破産

東京都渋谷区で語学学校の巨ケ林実業が、1月30日に破産手続き開始決定受けました。

業 種 語学学校 
所在地 東京都渋谷区代々木2−7−4 
設 立 2003年(平成15年)1月
創 業 1998年(平成10年)5月
代表者 柴勇(さい ゆう)
資本金 500万円 
年 商 8000万円(2011年10月期)  
負債額 2000万円 

巨ケ林実業は聖林言語学院の名前で日本人に中国語、韓国語、日本語、広東語などの教室を運営し、2008年10月期には1億円の売上がありました。
1998年5月に浜松町校、2001年7月に新宿校、2003年10月に上海校(その後、閉校)、2004年9月に池袋校と事業を拡大していました。

しかし、尖閣列島問題で中国との関係が悪化した影響を受けて、ピーク時には1000名いた受講生が300名にまで減少していました。
2012年12月21に事業を停止し、自己破産の準備に入っていました。

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。