山梨県笛吹市で温泉旅館経営の泣zテルくにたちが破産

山梨県笛吹市で温泉旅館経営の泣zテルくにたちは、9月20日付で甲府地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

会社名 泣zテルくにたち
業 種 石和温泉観光ホテル経営
所在地 山梨県笛吹市石和町川中島410
設 立 1964年
代表者 中村滋成
負債額 5億円

山梨・石和温泉にて客室数19室の温泉旅館を経営し、同旅館はジャングル風の内湯など充実した風呂が人気を得ていました。

しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みや他施設との競争激化で業績が悪化すると、資金繰りの行き詰まりから2010年には営業停止に追い込まれ、その後は事後処理を進め今回の措置に至ったようです。

編集後記
サ-ビスと利益両立の法則
軽井沢の老舗温泉旅館から、日本各地でリゾート施設を運営する企業へと飛躍した星野リゾート。その成長の背景には、星野佳路社長が実践した「教書通りの経営」がある。本書は、星野社長が戦略やマーケティング、リーダーシップの参考にした#ネタ本#30冊と、それらの本から学んだ理論の実践事例を一挙に紹介する。

【送料無料】星野リゾートの教科書

「課題に直面するたびに、私は教科書を探し、読み、解決する方法を考えてきた。それは今も変わらない」

新潟県湯沢町でスキー場運営の神立高原スキー場鰍ェ破産

新潟県湯沢町でスキー場運営の神立高原スキー場鰍ヘ、9月24日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

会社名 神立高原スキー場
業 種 スキー場運営
所在地 新潟県南魚沼郡湯沢町神立4121-1
設 立 1991年(平成3年)12月
代表者 加藤昇(代表清算人)
資本金 5700万円
負債額 調査中
従業員 140名

1986年に営業を開始した同スキー場は、スキーブームに乗り100万人の来場者数を記録するなど人気となったものの、その後はブーム終焉から経営不振に陥ると、度重なる営業譲渡により2009年より同社が運営を行っていました。

しかし、その後も来場者数の落ち込みから業績は悪化の一途を辿ると、今年5月には賃金不払いのまま代表が失踪するなど信用が失墜、同月に解散も決議し今回の措置に至ったようです。なお、スキー場の運営は別会社が継続する見通しです。

神立高原スキー場鰍フ流れ
2009年 – パインリッジグループが経営難に陥る。本スキー場の借地料支払いがないため湯沢町は土地貸借契約を解除。(その後パインリッジリゾートは破産)。
11月、東京の事業家5人が新会社「神立高原スキー場株式会社」を設立して受け継ぎ、名称も「神立高原スキー場」に戻して営業を継続。しかし神立高原スキー場株式会社はパインリッジから営業権の譲渡・施設の借り受けをして運営しているという姿勢をとり、のちのパインリッジとの間の訴訟などもありうやむやのうちに負債の引き継ぎや固定資産税の支払いなどは行わず借地料のみを支払って本スキー場の営業を行っていく状態となり、禍根を残す。

2011年 - 2011-2012シーズンはセンターハウスに冬季限定ライブハウスを開くという企画を打ち出すもスノースポーツ客層にはあまり受け入れられなかった。

2012年 - 2012-2013シーズンは金曜昼間を休業とする代わりに週末48時間の連続営業を打ち出し好評を博す。

2012年11月 - 湯沢町に対し、株式会社マックアースからの本スキー場運営打診。

2013年3月 – 湯沢町議会において、神立高原スキー場株式会社からの2013年3月31日までであった土地貸借契約の2ヶ月延長申し入れ・スキー場設備固定資産税が未払いであることへの謝罪と税相当額の寄付としての払込申し出についての審議が行われた。
議会では神立高原スキー場株式会社への不信感が噴出した。抵当権が中國信託商業銀行から株式会社マックアースに移る。

2013年5月 - 神立高原スキー場株式会社の社員やアルバイトら約140人分の賃金1カ月分が未払いのまま、経理を担当していた社長との連絡が取れない状態となっていることが報じられた。

編集後記
黒字化・地域いちばんになる
赤字から黒字に転換した上で、“地域いちばん”を目指す。そのための手法である「黒字転換計画」そして本書の中心である「中期3ヵ年経営計画」の作り方からすすめ方までを各ステップごとにモデル企業を使いながら解説。

【送料無料】3カ年経営計画のすすめ方

大阪府大阪市住之江区で商業印刷の真生印刷鰍ェ100億円の負債で倒産

大阪府大阪市住之江区で商業印刷の真生印刷鰍ヘ、9月27日に大阪地裁へ民事再生法の適用を申請し同日、保全命令を受けた。

会社名 真生印刷
業 種 商業印刷
所在地 大阪府大阪市住之江区浜口西1−13−3
設 立 昭和29年6月
創 業 大正13年
代表者 田中穣
資本金 2億4375万円
負債額 100億円
従業員 約400名

大正13年創業の印刷業者。法人向けの商業印刷のほか、紙器製作、情報誌発行、企画デザインなど幅広く手掛け、パナソニック鰍ィよび関連会社を主力得意先とするほか、幅広く顧客基盤を形成。ピークとなる平成3年5月期には売上高約163億円を計上していた。

その後も、比較的安定した売上推移を維持していたが、近年はweb化に伴うペーパレスの大きな流れや他社との競合激化が続くなかで売上高は伸び悩み、24年5月期の売上高は約124億円にまで低下。
固定資産の売却損などをはじめとした特損計上によって約2億円の赤字を計上していた。

製造設備への投資負担から、借入金への依存度は高水準で推移し、余裕のない資金運営が続いていたため、金融機関に対して返済猶予を要請するなどして立て直しを図っていた。
しかし、ここへきて自力での再建が困難となったことから今回の措置となった。

編集後記
学ぶ前にざっくりつかめ!
リスクマネジメントの専門家であり中京大学の人気講師でもある著者が、これから企業リスクマネジメントを導入しようとする経営者、コンプライアンス担当者、法務担当者などを対象に、きわめてわかりやすく書き下ろした、リスクマネジメントの超入門書です。
リスクマネジメントという分野はまだまだ発展途上。
したがって、専門書によって見解や用語がバラバラなのが現状です。
本書はこれからリスクマネジメントを学ぼうとする企業担当者を対象に、本格的に学ぶ前の指針をレクチャーする内容となっております。
リスクは待ってはくれません。リスクマネジメントを完全習得したときにはすでに企業が倒産していた・・・・・・、などということがないように、まずは本書でキホンの「キ」を学んでいただければ、最短で必要最小限の企業リスクヘッジができるようになります。

【送料無料】リスクマネジメントはじめの一歩!


リクルート元会長・江副浩正氏が創業の愛宕鰍ェ特別清算開始決定

東京都港区で各種イベント、コンサート企画の愛宕鰍ヘ、9月17日に東京地裁より特別清算開始決定を受けた。

会社名 愛宕梶i旧潟宴買Hーチェ)
業 種 各種イベント、コンサート企画
所在地 東京都港区新橋1−18−2
設 立 平成12年3月
代表者 石原修(代表清算人)
資本金 1000万円
負債額 調査中

平成12年3月、各種イベント、コンサート企画を目的に潟宴買Hーチェとして設立。
オペラの興業団体として実績を有し、収録したDVDやCDなども販売していた。

しかし、江副社長が25年2月8日に死去。25年6月24日、社名を現商号に変更すると同時に株主総会で解散を決議。今回の措置をとった。

編集後記
基礎知識から実務対応まで
ビジネス・リスクはマイナス要因とプラス要因を併せ持つ事象や行為であり、これを管理して失敗する確率を減らし、うまく利益につなげるための一連の行為をビジネス・リスク・マネジメントという。
特にモニタリングという監視機能が重要であり、どうやって会社を構成する一人一人が実行していくかを、わかりやすく解説した。

【送料無料】ビジネス・リスクなるほどQ&A

設立から6年で148億の負債!高層ビル建設特定目的会社の合同会社長堀橋開発が破産

東京都千代田区で高層ビル建設特定目的会社の合同会社長堀橋開発は、9月18日に東京地裁から破産開始決定を受けた。

会社名 合同会社長堀橋開発
業 種 高層ビル建設特定目的会社
所在地 東京都千代田区有楽町1−2−2
設 立 平成19年5月14日
代表者 加藤光生(清算人)
資本金 1万円
負債額 148億7654万円

「(仮称)長堀橋ビル」という超高層ビルを建設するために構成された特定目的会社。
同ビルは、地下鉄長堀橋駅隣接地する大阪市中央区島之内1−3−13の敷地約5600平米に地下1階、地上25階建て延べ床面積7万1370平米の複合ビルで、地下1階から地上2階までを商業店舗、3階から15階をオフィス、16階以上は住宅とする計画だった。

平成20年7月頃に建築計画は公表されたが、その直後にリーマン・ショックによる景気低迷が始まり、当初の予定通りの計画進行が難しい状況となった。
このため、保有する土地の処分を行い、25年8月26日に社員総会の同意により解散したが、債務が残ったことから今回の措置となった。

編集後記
なぜリスクは認識しにくいのでしょうか?その大きな原因のひとつに「どのような視点でリスクを捉えればよいかわかりにくい」ことがあげられます。この書籍は、現場担当者が持つべき「リスクの視点」を現場の目線にあわせて解説させていただいております。
認識できないリスクは管理できません。
現場担当者の方々に広くお役にたてていただきたい1冊として出版させていただきました。

【送料無料】現場担当者が考えるべき68のリスク

「男はつらいよ」シリーズ生みの親が創業したテレビ番組制作会社が破産

東京都港区でテレビ番組制作の轄ハの会は、9月18日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。

会社名 轄ハの会
業 種 テレビ番組制作
所在地 東京都港区南青山5-4-35
設 立 1981年(昭和56年)8月
代表者 小林浩司
負債額 1億7000万円

創業者である小林俊一氏は、1985年までテレビ局に勤務し、その間、映画監督・山田洋次氏に俳優・渥美清氏を引き合わせ、「男はつらいよ」シリーズの生みの親として知られ、テレビ版「男はつらいよ」(主演・渥美清氏)、「白い巨塔」(主演・田宮二郎氏)のプロデューサーを務めた。当社設立後は、「火曜サスペンス劇場」(日本テレビ)、「月曜ドラマスペシャル」(TBS)、「浅見光彦シリーズ」(フジテレビ)などを手がけた。

そうしたなか、2012年11月に小林俊一氏が死去。
新代表には小林俊一氏の長男である小林浩司氏が就任し、2013年3月期の年収入高は約1億1800万円を計上。今年の春頃まで事業を行っていたが、俊一氏死去の影響が大きく、事業継続を断念した。

編集後記
安全・安心生活はありうるか
上手なリスクとの付き合い方を提案する。鳥インフルエンザやアメリカ牛のBSE問題、あるいはタバコによる発ガン、石綿による中皮腫など、現代は様々なリスク情報に溢れている。
パニックを煽るようなマスメディアの報道のしかたや専門家のコメントにも問題が多い。
リスクの判断基準がないと、小さなリスクを避けるために大きなコストをかけたり、反対に大きなリスクなのにあまり顧みられないといったことが起こる。
本書は、どちらのリスクがどの程度危険なのか、私たち一人一人が判断できるようなモノサシ創りを提案する。
リスク蔓延社会にどう生きていけばいいのか指針を提示するユニークな試み。

【送料無料】リスクのモノサシ

東京都豊島区で出版業の且l季社が破産

東京都豊島区で出版業の且l季社は、9月4日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

会社名 且l季社
業 種 出版業
所在地 東京都豊島区西池袋五丁目26番16号
設 立 1985年1月1日
代表者 筒井義宏
資本金 5000万円
負債額 4億円

仏教本・仏教関連書籍の出版やDVD・パソコンソフトの企画・販売を手掛け、全国の寺院を主な取引先として事業を展開していました。

しかし、景気低迷による売上の減少や東日本大震災に伴う寺院の支出削減などから業績が悪化すると、多額の借入金が資金繰りを逼迫したため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

編集後記
日本で初めて行われた5年間にわたるパネル調査により得られたデータから明らかにされた、新規開業企業を育てるために求められる支援策についての有意義な提言。
新規開業企業は開業後の数年間で大きく変化すると考えられている。
開業後短期間で規模を拡大する企業もあれば、経営が軌道に乗らず廃業する企業もある。
ところが、政府の政策目的は開業を増やすことにあるにもかかわらず、実態は十分明らかにされてこなかった。
本書は、パネル調査によって得られたデータから新企業の実態を明らかにする。

【送料無料】新規開業企業の成長と撤退 [ 樋口美雄 ]

新規開業企業の誕生から成長・撤退を徹底追跡。わが国初のパネル調査から明らかにされる成功への支援策。


【続報】東京都中央区でホームメイドクッキング教室の潟Tンリッチの特別清算

東京都中央区でホームメイドクッキング教室の潟Tンリッチは、9月5日に東京地方裁判所において特別清算の開始決定を受けた。

会社名 潟Tンリッチ
業 種 ホームメイドクッキング教室
所在地 東京都中央区日本橋2−16−4
設 立 昭和52年4月
代表者 菊地剛士(代表清算人)
資本金 1億8962万円
負債額 9億円

パンやケーキなどの手作り料理の総合教室「ホームメイド協会」の企画運営を目的に設立。全国114校で「パン」コースを中心に「ケーキ」「和菓子」「パスタ」「ホームクッキング」「チョコレート菓子」などのフードコースのほか、「シュガークラフト」「フラワーデザイン」「ラッピング」などのクラフトコースなども展開、ピーク時の平成10年12月期には売上高54億900万円をあげていた。

しかし、競合激化による不採算教室の増加や東日本大震災の発生に伴い、会員募集が打撃を受けるなどで受講生が減少。さらに、広告宣伝費の増大による採算悪化や不採算教室の閉鎖などにより23年12月期の売上高は38億8000万円に減少し、1億800万円の最終赤字を計上。経費圧縮などリストラを進めていたが、24年9月18日、会社分割した潟zームメイドクッキングに料理教室運営などの主力業務を移管。
サンリッチは5月23日開催の株主総会で解散を決議し、会社清算を進めていた。

なお、料理教室は事業移管を受けたホームメイドクッキングが通常通り運営している。

編集後記
著者が語ろうとしているのは経済理論や経済対策ではなく、カネに振り回されて破滅していく人間の本性そのものについてです。
なんとしてもカネを儲けたい人にはまったく向かない本ですが、カネ崇拝という世界に辟易した人には大きな処方箋となるでしょう。
「経済」に関わる人たちのどれほどが本書を受け入れるかは分かりませんが、これから社会へ出ていこうとする若い人にはぜひ読んでいただきたい本です。

【送料無料】経済成長という病 [ 平川克美 ]

金融危機は何を意味するのか?経済は成長し続けなければならないのか?なぜ専門家ほど事態を見誤ったのか?何が商の倫理を蒸発させたのか?ビジネスの現場と思想を往還しながら私たちの思考に取り憑いた病と真摯に向き合う。

秋田県潟上市で宿泊施設運営の八郎潟ハイツが自己破産へ

秋田県潟上市で宿泊施設運営の八郎潟ハイツは、9月15日付で事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

会社名 八郎潟ハイツ
業 種 宿泊施設
所在地 秋田県潟上市飯田川下虻川字井戸沢41番地
代表者 北條侑聰
負債額 6000万円
従業員 31名(含パート)

同社が運営するのは客室数22室に会議室などを備えた宿泊施設で、会議・研修旅行や合宿など団体客に多く利用され、八郎潟の田園風景や男鹿半島の山々を見渡す景色が評判となっていました。

しかし、東日本大震災に伴う利用客の減少で業績が悪化すると、その後も客足の落ち込みが続いたことから、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

北條社長は17日、「地元の方々の利用が減ったほか、東日本大震災による利用者の落ち込みも大きかった。予約していただいていたお客さまには申し訳ないと思っている」と語った。15日を最後に営業を停止しており、弁護士は「来月中には破産手続き開始の決定を受けたい」としている。

建物を所有する潟上市の鐙利行副市長は「市の対応はまだ決まっていない。建物の貸し付け契約は来年3月末まで。今後については、ハイツの代理人とも話し合いたい」と話した。

編集後記
結果として成功した45人の物語。
でも、始めは、皆一様に成功などとは程遠い状態にあった。
そんな中、どうやって成功を勝ち得たのか?
誰でもよく知る、ココ・シャネルや、スティーブン・スピルバーグ、アインシュタイン、スティーブ・ジョブスなど、彼ら自身しか語れない物語が本書にありました。
1人の人物の歴史をたどるだけではなく、成功要因やマインド設定、その他いろんなポイントが見えてくる1冊。
また、非常に読みやすいため初心者にもオススメの本です。

【送料無料】情熱思考 [ 是久昌信 ]

成功者だって、最初はだれでも普通の人。37ドルと夢を握って家を出た。48歳で年収77億円。転校を繰り返し、大学も浪人したノーベル物理学者。ボツ原稿が全世界4億5000万冊の小説家。7回事業に失敗、5回破産した自動車王。


東京都中央区で政府資料データベース構築の社団法人政府資料等普及調査会が破産

東京都中央区で政府資料データベース構築の社団法人政府資料等普及調査会は、9月4日に東京地裁へ自己破産を申請し、9月11日に同地裁より破産手続き開始決定を受けた。

会社名 社団法人政府資料等普及調査会
業 種 内閣府所管 政府資料のデータベース構築
所在地 東京都中央区新川2-13-10
設 立 1971年(昭和46年)4月
代表者 大和田義明(代表清算人)
負債額 1400万円

当社は、1971年(昭和46年)4月に設立された内閣府の大臣官房政府広報室が所管する社団法人。官公庁がホームページなどで公表した資料のほか、ホームページからは入手できない資料をデータベース化し、検索システムなどの機能を加え、大学や図書館向けにインターネットを通じて提供していた。

また、会員に対して、各府省で作成される報告や資料の要点などのメール配信や講演を開催するなど、政府資料の普及と調査研究に努めていた。

しかし、インターネットの普及により利用者が徐々に減少し、売り上げが落ち込んでいた。
システム投資にかかるコストが重荷となり採算が合わない状況が続き、事業存続を断念。2013年3月に内閣総理大臣の認可により解散していた。

編集後記
「目から鱗」のエッセー集
バブル崩壊後、会社が苦境に陥った際、著者の安達一彦氏はメーンバンクの支店長から「明日までに再建計画を持ってきたら追加融資に応じる」と言われ、幹部スタッフと夜を徹して計画を作り上げ、会社は助かった。

【送料無料】常に挑戦を! [ 安達一彦 ]

壁があれば乗り越える。安達氏は1944(昭和19)年生まれ。大阪・船場育ち。ユニバック(現日本ユニシス)の研究所研究員となり、日本のIT黎明(れいめい)期に構造解析の国家プロジェクトに参加して渡米。外資系を中心にこれまで7社の会社創業に関わった日本のITの雄の一人。

本著は著者が苦学生時代の思い出、各社を起業する際のさまざまな出来事や、さまざまな人との出会いなどについて前半で記述。後半は日本のITの将来像、そして国家戦略にも論を進めたユニークなエッセー集となっている。


日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。