愛知県春日井市で印刷業の三尾製本鰍ェ破産

愛知県春日井市で印刷業の三尾製本鰍ヘ、2月6日に破産手続きの開始決定を受けました。2012年11月1日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入っていました。

業 種 印刷業  
所在地 愛知県春日井市上田楽町2078 
設 立 1978年12月 
創 業 1954年5月
代表者 三尾謙二郎 
負債額 2億5000万円  
従業員 15名

三尾製本鰍ヘ帳票類を中心とした製本、印刷、製版業者で、活発に営業活動を行い2008年2月期には1億7800万円の売上がありました。
しかし、景気の悪化で受注が減少するとともに、同業者間での価格競争が起こり、採算が悪化していました。
さらに、親族の経営破たんによる債務を継承したことから、苦しい資金繰りに陥っていました。

業績の回復が見込めないことから今回の措置となったものです。

尖閣列島問題で!東京都渋谷区で語学学校の巨ケ林実業が破産

東京都渋谷区で語学学校の巨ケ林実業が、1月30日に破産手続き開始決定受けました。

業 種 語学学校 
所在地 東京都渋谷区代々木2−7−4 
設 立 2003年(平成15年)1月
創 業 1998年(平成10年)5月
代表者 柴勇(さい ゆう)
資本金 500万円 
年 商 8000万円(2011年10月期)  
負債額 2000万円 

巨ケ林実業は聖林言語学院の名前で日本人に中国語、韓国語、日本語、広東語などの教室を運営し、2008年10月期には1億円の売上がありました。
1998年5月に浜松町校、2001年7月に新宿校、2003年10月に上海校(その後、閉校)、2004年9月に池袋校と事業を拡大していました。

しかし、尖閣列島問題で中国との関係が悪化した影響を受けて、ピーク時には1000名いた受講生が300名にまで減少していました。
2012年12月21に事業を停止し、自己破産の準備に入っていました。

静岡県焼津市で運送業の泣uルーラインエクスプレスが事業停止

静岡県焼津市で運送業の泣uルーラインエクスプレスは、1月31日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入っています。

業 種 運送業
所在地 静岡県焼津市高新田字海岸2411−1
代表者 青木伸雄
負債額 3億円

泣uルーラインエクスプレスは2011年8月23日に酒気帯び運転で事故を起こしまし、監査を行った結果、労働時間の超過など貨物自動車運送事業法に違反が発覚し、2012年8月22日から3日間の事業停止命令を受けていました。

しかし、事業停止命令を無視して、レンタカーを使って運送業を行ったとして、2012年11月に中部運輸局は焼津署に告発しました。

焼津署は2012年11月14日に代表者である青木伸雄氏と従業員2名を逮捕しました。
これらの経緯から泣uルーラインエクスプレスの一般貨物自動車運送事業の許可取り消し処分したものです。

【続報】累積不良債権で倒産!宮城県仙台市青葉区の東日本通信工業

宮城県仙台市青葉区で電気通信工事業者の東日本通信工業鰍ェ倒産しました。2月5日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入っています。

業 種 電気通信工事業者   
所在地 宮城県仙台市青葉区木町通2−5−4 
設 立 1973年(昭和48年)8月 
代表者 小室正一 
資本金 5000万円 
年 商 12億1475万円(2012年3月期)  
負債額 14億円 
従業員 22名

東日本通信工業鰍ヘユアテック、きんでん、関電工等の大手電気工事業者からの下請けで、ビル、マンションなど箱物物件の、放送、通信設備工事における弱電工事を得意としていました。

順調に業績を伸ばし、1992年には自社ビルを新築し、1995年には賃貸間ションの建設、1998年には本社近くの土地を購入し貸駐車場を作ったりして、ピーク時の1997年には18億3600万円の売上がありました。

しかし、1991年に岡野電気工事(東京都)に1億2500万円の不良債権が発生し、さらに小口の不良債権が次々と発生して、2008年10月には産電工業(仙台市)に5000万円の不良債権が発生し、信用不安が起こっていました。

このように資金繰りが苦しい中で、2011年3月11日に東日本大震災が発生し、事業を停止しなければならなくなって、売上が10億円を下回りました。

2012年3月期には復興需要があって12億円の売上にまで回復しましたが、県外からの同業者も参入して競争が激しく、利益の出ない状況に陥っていました。

宮城県仙台市青葉区で電気通信工事業者の東日本通信工業椛シ3社が倒産

宮城県仙台市青葉区で電気通信工事業者の東日本通信工業鰍ェ倒産しました。2月5日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入っています。

業 種 電気通信工事業者  
所在地 宮城県仙台市青葉区木町通2−5−4 
代表者 小室正一 
資本金 5000万円
年 商 12億1475万円(2012年3月期)
負債額 14億円 

不況によって競争が激化し、無理をして受注し利益の出ない経営に陥り、12億円の売上に対し経常利益は1%にも満たない829万円になっていました。
資産購入した借入金が資金繰りを窮屈にし、営業外費用が多大で今回の措置となったものです。

関連会社の東日エンジニアリング、トーニチテック梶A東日システムの3社も同時に自己破産申請の準備に入っています。

熊本県八代市でシティホテルの株ェ代ロイヤルホテルが倒産

熊本県八代市でシティホテルの株ェ代ロイヤルホテルが倒産しました。2月4日に破産手続きの開始決定を受けました。

業 種 ホテル・レストラン経営 
所在地 熊本県八代市本町2丁目1−5 
設 立 1981年(昭和56年)3月29日 
代表者 和田正彦 
資本金 7000万円 
負債額 10億円 
従業員 42名

景気の悪化で宿泊客が減少し、結婚式や宴会の減少もあって、売上不振に陥っていました。
事業は潟Gフ・イー・ティーシステム(東京)が引き継ぐ予定です。
負債額は約10億円。

登録を取り消された!東京都港区で金融業のイニシア・スター証券鰍ェ倒産

東京都港区で金融業のイニシア・スター証券鰍ェ倒産しました。2月1日付で破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

業 種 金融業 
所在地 東京都港区赤坂1−3−3 T-FRONTビル 7F 
設 立 2005年10月 
代表者 望月陽一郎 
負債額 調査中 

イニシア・スター証券鰍ヘ2008年に旧ハーベスト証券から商号を変更し、FX事業を中心に、 レジャーホテルやモンゴルの不動産など事業証券化ビジネスを手掛けて、個人投資家から資金を集めていました。

しかし、サブプライムローン問題などで証券市場が悪化し、イニシア・スター証券鰍煖黷オい経営が続いていました。
そんな中で、2012年12月5日に顧客から預かっていた資産を運転資金として流用し、2億4000万円あるはずのお金が1400万円しかないことが発覚し、関東財務局から登録取り消しの行政処分を受けました。

信用が失墜し資金繰りに窮したことから、事業の継続が難しい状況に陥り、今回の措置となったものです。

大阪府大阪市東淀川区で商業印刷の鰹沐堂が倒産

大阪府大阪市東淀川区で商業印刷の鰹沐堂が倒産しました。2月4日に事後処理を弁護士に一任して、自己破産を申請しました。

業 種 印刷全般  
所在地 大阪府大阪市東淀川区豊新2−9−19
設 立 1949年(昭和24年)4月 
代表者 西本昭雄
資本金 1000万円 
負債額 2億円 

チラシ・カタログ・冊子・ポスターやPOPなどの商業印刷を行っていましたが、最近は同業他社との差別化を図るために、立体のPOPや販促ツールに力を入れていましたが、景気の悪化で受注が減少し、今回の措置となったものです。

熊本県熊本市で熊本ラーメン店経営の桂花拉麺鰍ェ再生手続廃止

熊本県熊本市で熊本ラーメン店経営の桂花拉麺鰍ェ倒産しました。2010年11月1日に民事再生法の適用申請を行い、経営再建を図っていましたが、1月23日に再生手続の廃止を受けました。

業 種 ラーメン製造販売  
所在地 熊本県熊本市中央区花畑町11−9
設 立 1972(昭和47年)9月
創 業 1955年(昭和30年)6月
代表者 旅井瑞代
資本金 950万円 
負債額 12億円 
従業員 100名

1968年(昭和43年)に東京・新宿に出店したり、工場を新設したりして事業拡大を行っていましたが、競争が激化し、設備投資で資金繰りが苦しくなったものです。

スポンサーとして 熊本県熊本市で1989年から中国(香港)に進出し大成功を納めた「味千ラーメン」の重光産業鰍ェ、支援をしていましたが不調に終わったようです。

茨城県筑西市で弁当・総菜製造業の虚ル政給食センターが倒産

茨城県筑西市で弁当・総菜製造業の虚ル政給食センターが倒産しました。1月31日に事業を停止し、自己破産を申請する準備に入っています。

業 種 弁当・総菜製造業  
所在地 茨城県筑西市菅谷1500 
設 立 1970年(昭和45年)  
代表者 大島英一  
年 商 3億8000万円(2002年8月期)  
負債額 2億円
従業員 20名

虚ル政給食センターは近郊の工場などへの弁当販売や、ショッピングセンター内への総菜店出店などをして、2002年8月期には3億8000万円の売上がありました。

しかし、景気の悪化で弁当を持参する人が増えたり、同業者やコンビニエンスストアなどとの競合して売上が落ち込んでいました。
資金繰りが悪化し、今回の措置となったものです。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。