70名の従業員が可哀想!石川県白山市で運送業の潟tレシスが倒産

石川県白山市で運送業の潟tレシスは、ミナトヤ運輸梶i福井県越前市)の金沢営業所から分社する形で設立された会社でした。

2007年12月期には19億円の売上がありましたが、景気の悪化で受注が減少し2012年12月期には16億円の売上にまで落ち込んでいました。

16%の売上減少ですが、石川県小松市に小松冷チルセンターや山梨県甲府市に営業所を作ったりした設備投資が資金繰りを圧迫していたのです。


円安などの影響で燃料費が値上がりしたことがあって採算性に問題が生じたにしても、16億円の売上があって6億5000万円の負債で倒産するとは珍しいです。

倒産する数字としては、年間売上と負債が同じになったときとされています。

負債とは短期と長期を合算した借入金や振り出した小切手や振出手形などの合計です。

決算書を見ていませんので詳しいことは分かりませんが、年末年始の繁忙期や引っ越しが増える年度末に向けて運送業の需要が高まりますので、倒産を回避する方法があったのではないでしょうか。

70名もの従業員が年末に路頭に迷うのは本当に気の毒でなりません。
出来るだけ早く信頼を回復して従業員が生き生きと働ける職場に戻してください。


石川県白山市で運送業の潟tレシスは、11月29日に事後処理を小堀秀行弁護士ほかに一任して、金沢地方裁判所へ民事再生法の適用申請をした。

会社名 潟tレシス
業 種 運送業
所在地 石川県白山市倉部町2015
設 立 2005年(平成17年)7月1日
創 業 1993年(平成5年)8月9日
代表者 山口直樹
年 商 16億円(2012年12月期)
負債額 6億5000万円
従業員 70名

債務整理
★無料相談★自己破産以外の借金整理方法もあります。



経営以前の問題で倒産??沖縄県那覇市で経営コンサルの蒲ョ球ファクトリー

【送料無料】経営者の手帳 [ 坂本光司 ]

【送料無料】経営者の手帳 [ 坂本光司 ]
価格:1,470円(税込、送料込)

沖縄県那覇市の蒲ョ球ファクトリーは、求職者の就労を支援する県キャリアセンター(那覇市泉崎・おもろまちの2カ所)の運営を中心事業として、広告代理店業務と情報通信関連産業や観光・リゾート産業の経営コンサルタントを行っていました。

多額の先行投資を行ったものの、就労支援を希望する人が少なく、広告代理店業務も思うように仕事の受注がなく、経営コンサルタントの仕事も依頼がほとんどありませんでした。


蒲ョ球ファクトリーの情報が正しければ、36名の従業員がいて売上が1億円とはおかしいですね。

従業員一人当たりの売上が300万円以下ですから、給料にも不足するような売上という計算になります。
何を思ってこれほどの従業員を雇ったのか不思議でなりません。

経営以前にどこかで大きな過ちを犯しているのではないでしょうか。
続報が入りましたら、詳しくお知らせします。


沖縄県那覇市で経営コンサルの蒲ョ球ファクトリーは、11月25日に那覇地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。
破産管財人には、田島啓己弁護士が選任されている。

会社名 蒲ョ球ファクトリー
業 種 経営コンサル
所在地 沖縄県那覇市銘苅2-4-39 UTビル4F
設 立 2006年(平成18年)7月
代表者 石川淳一
資本金 100万円
年 商 1億円
負債額 2億2000万円
従業員 36名

債務整理
★無料相談★自己破産以外の借金整理方法もあります。

北海道岩見沢市でゴルフ場経営の岩見沢雉ヶ森ゴルフ場鰍ェ民事再生

北海道岩見沢市にある岩見沢雉ヶ森カントリークラブは札幌市中心部から1時間程度の距離にあり、道央自動車道・岩見沢ICより10km、JR函館本線・岩見沢駅より車で15分と便利な場所にあります。

自然の地形を利用した打ち上げ打ち下ろしに加え、池越え谷越えの多い丘陵コースが特徴で、1967年(昭和42年)9月に18ホールでオープンしていました。
設計は多くのゴルフ場の設計を手がけているロバート・村島氏です。

完全親会社である国際開発興産梶i東京都中央区)が経営していましたが、2013年3月25日に「経営の自主性と合理化を図るため」として、岩見沢雉ヶ森ゴルフ場鰍ノ経営権を譲っていました。

負債総額として発表されている4億800万円については、1148名ともいわれる会員権は別で、実際にはさらに負債が増えるものと思われます。

国際開発興産鰍ヘ神奈川カントリークラブ(神奈川県相模原市)を経営していまして、2012年1月期の純利益が200万円で、自己資本比率は4.1%と発表されています。


北海道岩見沢市でゴルフ場経営の岩見沢雉ヶ森ゴルフ場鰍ヘ、11月12日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、11月19日に同地裁において再生手続きの開始決定を受けた。

会社名 岩見沢雉ヶ森ゴルフ場
業 種 岩見沢雉ヶ森カントリークラブ経営
所在地 北海道岩見沢市上志文町607
負債額 4億800万円

債務整理
★無料相談★自己破産以外の借金整理方法もあります。


東京都新宿区でゲーム開発の潟lバーランドカンパニーが事業停止

エストポリス伝記」シリーズなどのゲームを開発した潟lバーランドカンパニーが業績の悪化から資金繰りに困窮していました。

事業立て直しのためにスポンサーを探していましたが、見つからず事業を停止し、破産する予定です。

2007年に倒産したゲームソフト開発の日本テレネットで、開発チームの一つであるウルフチームから独立したメンバーにより設立され、家庭用据置型、及び携帯型ゲーム機向けのゲームソフト(主にコンピュータRPG)の開発に携わっていた。


家庭・個人 向けのコンシューマーゲームが主であったが、近年は開発を携帯電話向けのソーシャルゲームに重点をおいていた。

2007年にグリーが携帯電話向けのソーシャルゲーム「釣り★スタ」をヒットさせ、2009年にDeNAが運営する携帯電話向けサービス、モバゲータウン(現Mobage)が提供を開始した「怪盗ロワイヤル」が、他のゲームユーザーとの対戦という要素を取り入れてヒットし更なる発展の始まりとなる。

その後、市場が急成長してからは射幸心をあおる「コンプリートガチャ」(コンプガチャ)で小中学生の未成年が月に数十万円の高額課金のトラブルなどが社会問題として浮上し、消費者庁が規制に乗り出し、2012年5月にコンプガチャの全面的な廃止が決まる。

携帯電話向けのソーシャルゲームも一時ほどの勢いがなくなったのと、ライバル会社が次々と現れて生き残りが難しい環境になっている。


東京都新宿区でゲーム開発の潟lバーランドカンパニーは、11月29日に事業を停止し、近日中に東京地裁へ破産申請する予定。

会社名 潟lバーランドカンパニー
業 種 ゲーム開発
所在地 東京都新宿区大久保2-4-12
設 立 1993年(平成5年)5月7日
代表者 高田誠
資本金 1000万円
負債額 調査中

身の丈にあった経営をしていたはずなのに!キッチンハウス風の音が倒産

20年ほど前に鹿児島市から霧島市に移住して、お肉屋さんと手作りハム・ベーコンの製造を行っていました。

やがて、惣菜を作り販売をしていたところ、近くに住む人たちから「食事ができるところが欲しい」という要望がたくさん寄せられるようなり、2007年に自宅を改造して「キッチンハウス 風の音」をオープンしました。

ランチだけの提供でしたが、美味しくボリュームたっぷりでマスコミにも取り上げられるほどの人気のお店になったのです。


テラス席があって、霧島の山々や草原を眺めながらの開放的なランチは他のレストランでは味わうことのできない贅沢でした。

佐藤さん夫婦と息子さんだけで営業し、黒豚などメインにランチだけの提供でしたので売上金額としては多くはなかったと思いますが、無理をせずに身の丈にあった経営だと思っていただけに倒産して残念です。


鹿児島県霧島市でキッチンハウスの兜翌フ音は、11月7日に鹿児島地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。
破産管財人には、田中佐和子弁護士(電話099-210-7758)が選任されている。

会社名 兜翌フ音
業 種 キッチンハウス 
所在地 鹿児島県霧島市牧園町高千穂3233-41
創 業 2007年(平成19年)
代表者 佐藤万佐子
負債額 調査中


病院も不況?東京都板橋区で羽田共生病院の医療法人社団赤仁会が破産

1953年(昭和28年)に東京都大田区内で「市川第一病院」と「市川第二病院」の運営を行ってきた。

債務超過に陥るなど経営難により2009年12月にオーナーが交代し、2010年に「市川第一診療所」を閉鎖、「市川第二病院」は「羽田共生病院」となったものです。

代表者が頻繁に代わることで、経営方針などが目まぐるしく変わり混乱もしていました。


決定的な状況に追い込まれたのは、2012年3月に所有不動産を東京都医業健康保険組合から差し押さえ登記が行われたことです。

その後も東京都などから差し押さえを受け、2012年9月1日付で休診していました。

病院は倒産しないし、医師は高額な報酬が得られると思われていましたが、現状はかなり違っているのですね。

診療報酬の改定がたびたび行われ、病院経営が難しくなっているのでしょうね。

でも看護師さんは恵まれていると思いますね。看護師の求人・転職【CBネット】などがあって、転職先を探すのも簡単だし、勤務条件さえクリア出来れば簡単に就職できるのですよね。

手に職を持っていても簡単に転職先を見つけ出すことが難しい時代ですからね。


東京都板橋区で羽田共生病院の医療法人社団赤仁会は、8月12日に債権者より東京地裁に破産手続開始を申し立てられていたが、11月18日に同地裁より破産手続開始決定を受けたことが判明した。
破産管財人は鈴木道夫弁護士。

同病院は2012年9月閉鎖され、成り行きが注目されていたが、債権者の破産申し立てにより、今回の破産決定となった。

会社名 医療法人社団赤仁会
業 種 「羽田共生病院」経営
所在地 東京都板橋区向原2-35-2
設 立 1956年(昭和31年)7月
創 業 1953年(昭和28年)
代表者 江川稔
年 商 9億3512万円(2011年3月期)
負債額 11億8900万円

兵庫県神戸市中央区でテーマパーク経営の渇ヤ鳥園が民事再生へ

静岡県掛川市で掛川花鳥園経営の加茂元照氏が、2006年3月に神戸・ポートアイランドに開園した神戸花鳥園は、2008年3月期には65万人の来園者があり、12億8300万円の売上がありました。

関西三大動物園のひとつに数えられる神戸市立王子動物園(神戸市灘区王子町3-1)は、大人の入園料が600円で130万人の来園者があり、入園料が1500円の神戸花鳥園の65万人の来園者は頑張っていたといえます。

しかし、2008年のリーマンショックで入園者が激減し、ピーク時の半分以下になる30万人になっていました。


当然、レストランや土産物の売上にも影響が出て、2010年からは4期連続の赤字に陥っていました。

淡路島には2017年にテーマパーク「淡路マンガ・アニメアイランド」の計画があり、リピーターの増える事業計画を立てなければ、再建は難しいです。

神戸・ポートアイランドはイケア・UCCコーヒー博物館やみなと異人館などもあって、訪れる人は少なくありませんので、相乗効果が得られると再建できるかも。

神戸花鳥園の営業は引き続き行われています。


兵庫県神戸市中央区でテーマパーク経営の渇ヤ鳥園は、11月20日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。
申請代理人は前山信之弁護士。

会社名 渇ヤ鳥園
業 種 テーマパーク「神戸花鳥園」経営
所在地 兵庫県神戸市中央区港島南町7-1-9
設 立 2004年(平成16年)5月
代表者 加茂元照
資本金 2500万円
年 商 6億5000万円(2013年3月期)
負債額 12億円

投資額に見合わない売上?熊本県熊本市で結婚式場経営の潟Oラヴィスが破産

少人数で温もりのある結婚式ができるというプライベートウェディングを売り物にして結婚式場を経営していた潟Oラヴィスが破産しましたが、負債総額が10億円とビックリするほど多かったです。

小さな結婚式と披露宴をテーマにしたのは良かったと思いますし、クチコミでも教会や披露宴会場が綺麗でよかったということが書き込まれています。

ただ、結婚式や披露宴に対しての知識や経験が少ないスタッフが多かったのではないでしょうか。

結婚式がないときはレストランとして営業していたようで、両方が中途半端になった気がしてなりません。


同じものを作るにしても、レストランがメインで、結婚式や披露宴が出来るというのとでは投資額が大きく違っていて、倒産を回避することができたかもしれませんね。

さらに、結婚式に限定するのではなく、結婚記念日・誕生日や還暦・喜寿などのさまざまなイベントに対応するようにしていたらと思われます。


熊本県熊本市中央区で結婚式場経営の潟Oラヴィスは、10月31日に熊本地裁において、破産手続きの開始決定を受けた。
破産管財人には、東健一郎弁護士が選任されている。

会社名 潟Oラヴィス
業 種 結婚式場経営
所在地 熊本県熊本市中央区辛島町2−1
代表者 野口将宏
負債額 10億円

自殺者が出ないことを祈っています!尾道中央商店街振興組合が自己破産へ

路面の商店街振興組合の倒産という珍しいニュースが入ってきました。

商店街振興組合は全国各地にたくさんありますが、倒産にいたるほどの借入金があるところが少ないためか尾道中央商店街振興組合が自己破産を申請する予定になっているのは珍しいですね。

尾道中央商店街振興組合は1993年にコミュニティー施設「絵のまち館」と駐車場経営を中心事業として、100名以上の組合員によって結成されました。


当時は商店街に駐車場が少ないということが叫ばれて、高度化資金から無利子と5年間据え置きの条件で4億3380万円を借入してコミュニティー施設「絵のまち館」と立体駐車場を作ったものです。

計画では組合員が年間15万円を負担し、駐車場や貸し会場の収益などで、毎年約2892万円ずつ15年間で返済する計画でした。

しかし、事業計画に反対をする企業もあって組合員は82名に減少し、コミュニティー施設「絵のまち館」と駐車場からは予定した収益が得られず、経費が想像以上に負担となって、今までに返済できたのは8910万円でした。

計画が甘かったといえばそれまでですが、20年先の収益計画を立てること自体に無理があったのではないでしょうか。

住宅ローンを組んだ場合でも20年以上先の計画を立てる場合がありますが、支払が完了する、完了しないにかかわらず、最終的には自己責任が残ります。

同様の事態が尾道中央商店街振興組合でも起きたわけで、連帯保証人になっている16名の方は私財をすべて差し出すことになってくるでしょう。

悲惨な結末で残念ですね。

私の住んでいる近くでは、協同組合で高度化資金を借入していてショッピングセンターを作りましたが倒産し、自殺者を出したという噂も流れたほどでした。


広島県尾道市でコミュニティー施設「絵のまち館」等の尾道中央商店街振興組合は、11月17日に経営難から自己破産申請を予定していると発表しました。

会社名 尾道中央商店街振興組合
業 種 コミュニティー施設「絵のまち館」と駐車場経営
所在地 広島県尾道市十四日元町1−7
設 立 1993年
代表者 藤井央
負債額 3億5000万円

山形県鶴岡市で湯殿山スキー場を運営する第三セクターが解散か?

山形県鶴岡市で湯殿山スキー場を運営する第三セクター「湯殿山観光開発公社」は、2014年夏までに解散し、スキー場の運営と管理を鶴岡市に委ねる計画があると発表しました。

会社名 湯殿山観光開発公社
業 種 第三セクター「湯殿山スキー場」運営
所在地 山形県鶴岡市田麦俣字六十里山104-5
代表者 佐藤芳弥

湯殿山スキー場は山形県庄内地方最大のスキー場で、雪質が良く、初心者から上級者まで楽しめるボードパーク、全長300mで最大斜度35度の「上級コース」、全長2000mでなだらかな「林間コース」まで実力別の4コースがあり、家族でも楽しめるスキー場として人気がありました。


ピークの1993年には18万2400人の利用者がありましたが、レジャーの多様化や東日本大震災などの影響で利用者が減少し、2012年度は3万7300人にまで減っていました。

この結果、JA庄内たがわから借りている1億1396万円の返済が難しく、施設の維持管理にも困難が予想されること明らかになりました。

2008年から資金繰りが苦しくなり、毎年4月には鶴岡市から3000万円を借り入れて、翌年の3月末に利子とともに返済を行うという自転車操業に陥っていました。

そこで、湯殿山観光開発公社は所有している不動産や施設を鶴岡市に買い取ってもらう形をとって、鶴岡市から借入している3000万円の相殺と、JA庄内たがわの借入金を肩代わりしてもらう予定です。

具体的には11月22日の臨時株主総会で協議されますが、湯殿山スキー場そのものは予定通りに12月7日オープンする予定です。

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。