大阪府東大阪市でソフト開発・画像伝送システムの共同受信サービス(株)が事業停止



大阪府東大阪市でソフト開発・画像伝送システムの共同受信サービス(株)は、9月13日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入った。
負債額は約2億円。

監視カメラ等の制御および伝送システムの開発および設置工事を業としていた。企業の設備投資減・経費削減により、同社は受注不振が続き、以前は9億円台の売上高があったが、最近は1億円台を割り込むまで減少し、経営不振に陥っていた。

会社名 共同受信サービス(株)
業 種 ソフト開発・画像伝送システム
所在地 大阪府東大阪市
設 立 昭和53年10月
負債額 2億円

東京都渋谷区でイベント企画・デザインの(株)ダブルクレインが破産



東京都渋谷区でイベント企画・デザインの(株)ダブルクレインは、8月30日に破産手続きの開始決定を受けた。

東日本大震災以降、企業のPRイベントが激減し、受注不振が続いていた。

会社名 (株)ダブルクレイン
業 種 イベント企画・デザイン
所在地 東京都渋谷区
設 立 平成10年9月
負債額 2億円

愛知県名古屋市で印刷業の三藤印刷(株)が破産



愛知県名古屋市で印刷業の三藤印刷(株)は、9月7日付で破産手続の開始決定を受け倒産した。

パンフレット・ポスター・パッケージ・段ボールなどの印刷・加工を主力に事業を展開していました。

会社名 三藤印刷(株)
業 種 印刷業
所在地 愛知県名古屋市
創 業 1963年
資本金 7000万円
負債額 調査中
従業員 38名

新潟県三条市で合法改造車制作・中古車販売の(株)ギャラリィ他2社が弁護士一任



新潟県三条市で合法改造車制作・中古車販売の(株)ギャラリィと関連の(株)ジーピースポーツ、(株)ケースペックの3社は、9月14日に申請処理を弁護士に一任して、民事再生法の適用申請を行った。

スポンサー決定済み、金融債務除く一般債権者には全額支払い意向。
中古車や自動車部品の販売卸、自動車板金、コンプリートカー制作を行っていたが、販売不振に陥り、財務体質が脆弱なこともあり、今回の措置にいたった。

会社名 (株)ギャラリィ
業 種 合法改造車制作・中古車販売
所在地 新潟県三条市
設 立 平成6年3月
負債額 6億円(3社合計)

群馬県太田市でパチンコ店経営の新栄商事(有)が自己破産申請の準備



群馬県太田市でパチンコ店経営の新栄商事(有)は、8月31日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入った。

パチンコ店を4店舗展開し平成23年3月期には約60億円の売上高を計上していた。
しかし、サラ金・クレジット貸付規制、パチンコ規制の5号機問題、大手パチンコチェーン店の営業エリアへの進出などから平成27年期には40億円台まで売上高が落ち、その後も経営不振が続いていた。

会社名 新栄商事(有)
業 種 パチンコ店経営
所在地 群馬県太田市
設 立 昭和55年6月
負債額 23億円

本離れの影響か?埼玉県新座市で製本業の(株)福島製本印刷が破産



埼玉県新座市で製本業の(株)福島製本印刷は、9月1日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入っていたが、9月4日に破産手続きの開始決定を受けました。

昭和24年5月に東京都文京区小石川で三誠社企業組合として設立され、昭和32年1月に(株)福島製本工場に組織変更、昭和42年11月に埼玉県新座市に工場移転、昭和60年9月に組織を(株)福島製本印刷に改称し、これまで製本加工業務及び印刷(外注)全般の業務を行ってきた。
以前は5億円以上の売上高を計上していたが、ネットに押され本の衰退から、平成28年7月期には1億円台まで売上高が落ち、過去の設備投資にかかわる借入金も大きく、債務超過も続いていたことから、先行き見通しも立たず、今回の事態に至った。

会社名 (株)福島製本印刷
業 種 製本業
所在地 埼玉県新座市
設 立 昭和32年1月
負債額 5億円

東京都港区でイベント展示会企画制作の(株)リュウホン・ビーイーが破産



東京都港区でイベント展示会企画制作の(株)リュウホン・ビーイーは、3月14日に事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入っていたが、8月30日に破産手続きの開始決定を受けた。

最大の倒産要因は、2011年3月の東日本大震災後、イベント等が大幅に減少し、売り上げ不振に陥った。

会社名 (株)リュウホン・ビーイー
業 種 イベント展示会企画制作
所在地 東京都港区
設 立 平成8年7月1日
資本金 5000万円
負債額 2億円
従業員 25名(平成25年7月現在)

岡山市北区で「篠崎クリニック」運営の医療法人篠洋会が民事再生開始



岡山市北区で「篠崎クリニック」運営の医療法人篠洋会は、9月1日に再生手続きの開始決定を受けた。

内科・外科・整形外科などあるクリニックでしたが、地域の高齢化で収入が伸びず、設備投資にかかわる借り入れ負担が重く、資金繰りにも窮するようになり、抜本的な経営の立て直しを図るため、今回の申請となった。

会社名 医療法人篠洋会
業 種 「篠崎クリニック」運営
所在地 岡山市北区
設 立 平成9年3月
負債額 6億5000万円

【続報】借入金に頼り過ぎ!栃木県宇都宮市で印刷業の小林印刷(株)が弁護士一任



栃木県宇都宮市で印刷業の小林印刷(株)は、8月31日までに事業を停止し、破産手続きを弁護士に一任した。

栃木県内および首都圏に拠点を置く大学や書店の機関紙・情報誌の印刷を中心に営業基盤を築くほか、地元企業のチラシ印刷や新聞社を得意先として開拓。
ここ数年は1億円台半ばの年間売上高で推移し、顧客ニーズへの迅速な対応で一定の取引を確保していた。
しかし、厳しい環境に対応できず過去には赤字が続いていた時期があり、この間、金融機関からの資金調達でしのいでいたため、借入金は年間売上高を超える水準まで拡大。以降は各方面の支援を得て業容を維持していたが、借入負担が重く、今回の措置となった。

会社名 小林印刷(株)
業 種 印刷業
所在地 栃木県宇都宮市
設 立 昭和36年1月
資本金 1670万円
負債額 1億7400万円(平成28年8月期決算時点)
従業員 12名

設備投資の失敗?群馬県館林市で印刷業の孔版技研工業(株)が弁護士一任



群馬県館林市で印刷業の孔版技研工業(株)は、9月6日に事業を停止し、破産手続きを弁護士に一任した。

フィルムや樹脂板のスクリーン印刷を得意とし、大手印刷業者の下請として事業を展開。その後は電機メーカーなどにも販路を築き、徐々に売上高を伸ばしてきた。
平成25年6月期には大口案件を受注したことで売上高は約15億4700万円をあげたが、原材料費や外注費の増加によって1512万円の赤字を計上。同年11月には約1億5000万円を投じて現在の本社を取得して生産能力を高めたが、以降は大口案件の獲得がなく、売上規模は縮小傾向にあった。
平成28年6月期には受注減少で売上高は約1億9000万円に落ち込み、約4800万円の赤字となり債務超過に転落。資金繰りは徐々に厳しさを増し、借入返済のリスケジュールを行っていた。
平成29年6月期には売上高が回復したものの、黒字転換には至らず、厳しい資金繰りが続き、先行き見通し難から今回の措置となった。

会社名 孔版技研工業(株)
業 種 印刷業
所在地 群馬県館林市
設 立 平成19年6月
資本金 500万円
負債額 3億3400万円
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。