東京都千代田区で印刷業の(株)千明社が民事再生決定

東京都千代田区でカタログ通販業者向印刷業の(株)千明社は、11月13日に民事再生法の適用を申請、11月18日に再生手続きの開始決定を受けました。

デザイン企画から印刷まで一貫生産体制をとり、カタログ、チラシ、ポスターなどを通販業者や飲食店、マンションデベロッパーなどから受注し、平成27年5月期には45億円以上の売上高を計上していた。
しかし、その後はネット広告への移行や、人手不足や材料費の値上がりから外注費が高騰し、赤字経営が続き、本店などの不動産を処分するなどして経営立て直しに奔走していたが、業績改善にはいたらず、資金繰りにも窮するようになり、抜本的な財務改善を図るため、今回の民事再生となった。上場企業とスポンサーの協議を行っていた。

会社名 (株)千明社
業 種 カタログ通販業者向印刷業
所在地 東京都千代田区
設 立 昭和30年6月
創 業 昭和25年7月
資本金 6600万円
負債額 30億1000万円
従業員 約220名

カメラの「ドイ」、ヘルメットの「昭栄(しょうえい)」、ファブレス&研究開発型ベンチャーの先駆け「カンキョー」……。
あの有力企業が、なぜ ―― こうするより、ほかなかったのか?
なぜ倒産 平成倒産史編 [ 帝国データバンク ]では、「会社を潰した経営者の告白」5編のほか、社長の苦渋の証言を多数収録。「倒産というカード」の戦略的な切り方に踏み込む。

愛知県名古屋市でディスコ運営の(株)邦栄が破産

愛知県名古屋市でディスコ運営の(株)邦栄は、11月25日に破産手続きの開始決定を受けた。

かつて一世を風靡した「MAHARAJA」を復活させた「MAHARAJA NAGOYA」の運営会社。平成28年11月に「MAHARAJA NAGOYA」をオープンさせ、各紙が取り上げ反響を呼んだ。
また、平成28年は、大阪府立登美丘高等学校のバブリーおばぁちゃんキレキレダンスが脚光を集めはじめ、その後、ディスコ人気の一時的復活もあったが、バブル時代のディスコ世代も消費不況や年齢には勝てず、クラブ時代の若者世代に浸透することなく長続きはしなかった。
そうしたなか代表者が急死し、承継する者もいなく、今回の事態に至った。

会社名 (株)邦栄
業 種 ディスコ運営
所在地 愛知県名古屋市
設 立 平成19年6月
負債額 調査中


あの会社はこうして潰れた (日経プレミアシリーズ) [ 帝国データバンク情報部 藤森徹 ]は、信用調査会社の方が書いた本なので、取材対象にインタビューを試みて、倒産の背景を深掘りするようなアプローチはしていません。淡々と客観的に、会社が潰れていく過程をまとめ、類型化している。一般の方にも興味深く読んでいただける内容に仕上がっていますが、実際に倒産を見聞きすることの多い、金融業など玄人筋の方からも高い評価を受けています」

東京都渋谷区でWEBマーケティング事業の会社が破産

東京都渋谷区でWEBマーケティング事業の(株)more communicationは、11月13日に自己破産を申請し、11月20日に破産開始決定を受けた。

主にWEBマーケティング事業を手掛けていた。広告の企画から運用、分析までワンストップで行うことを強みとし、各種企業へサービスを提供していた。近年は、自社開発のアドネットワークシステム「arata」を用いて、関心度の高い消費者をターゲッティングしSNSやインターネットサイトに広告掲載をしていた。2017年12月期には売上高は過去最高の21億2260万円を計上した。
 
しかし、取引先で女性用アクセサリーや化粧品の販売を手掛ける(株)マルコス(東京都)が2019年8月に事業を停止し、2019年9月27日に破産開始決定したことで、同社に対し約2億円の焦付きが発生した。急激に資金繰りは逼迫し、事業継続が困難となった。

会社名 (株)more communication
業 種 WEBマーケティング事業
所在地 東京都渋谷区
設 立 平成16年11月
資本金 9900万円
負債額 10億円

沖縄県でカフェ運営の(株)沖縄トランジット・ソリッドオフィスが破産

沖縄県北谷町でカフェレストラン運営の(株)沖縄トランジット・ソリッドオフィスは、11月14日付で破産手続の開始決定を受け倒産した。

北谷町にて「トランジットカフェ」の屋号で飲食店を経営するほか、沖縄県内にて飲食店やホテルを展開していたものの、ホテル事業の不振で業績が悪化したため、飲食店事業を他社へ譲渡し今回の措置に至ったようです。
なお、経営していた飲食店については、他社により営業が継続されています。

会社名 (株)沖縄トランジット・ソリッドオフィス
業 種 カフェレストラン運営
所在地 沖縄県北谷町
創 業 2003年
負債額 調査中

宮城県名取市で運送業の(株)仙杜物流が事業停止

宮城県名取市で運送業の(株)仙杜物流は、11月25日に事業停止、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入った。

20台あまりのトラックを抱え、コンビニ配送からコンテナ輸送まで手がけていたが、最近の人件費の高騰や人材不足から収益を悪化させ、債務超過に陥っていた。

会社名 (株)仙杜物流
業 種 運送業
所在地 宮城県名取市
設 立 平成3年12月
負債額 2億円

北海道川上郡弟子屈町で観光温泉ホテル経営の(株)第一ホテルが破産

北海道川上郡弟子屈町で観光温泉ホテル経営の(株)第一ホテルは、11月20日に自己破産を申請し、11月20日に破産手続き開始決定を受けた。

東北海道中部に位置する弟子屈町川湯温泉郷で観光温泉ホテル「川湯第一ホテル忍冬(SUIKAZURA)」を経営していた。
川湯温泉のなかでも老舗ホテルとして知名度を有し、道内外の観光客や湯治客の利用もあり、トップクラスの業容を誇っていた。2006年12月に内外装の大幅なリニューアルを行い、源泉かけ流しで信楽焼きの客室露天風呂を有する貴賓室などアップグレードした客室を備えて同業他社との差別化を図り、ホテル名を「川湯第一ホテル」から変更。リニューアル効果もあり2008年9月期の年収入高は約4億2100万円を計上していた。

しかし、近隣ホテルとの競合から利用者が伸び悩んで収入高が落ち込み、燃料価格の高騰もあって経費を吸収できずに赤字決算が続き、リニューアルに伴う借入金が重荷となって資金繰りが悪化していた。
2018年9月期の年収入高は約2億3200万円に減少し、今期はじめも「北海道胆振東部地震」の影響から予約のキャンセルが相次いだうえ、退職した従業員の補充が進まずにサービス低下を招いていた。営業譲渡を模索するなか業況回復のメドがたたずに事業継続を断念、11月20日までに従業員を解雇し、今回の措置に至った。

会社名 (株)第一ホテル
業 種 観光温泉ホテル経営
所在地 北海道川上郡弟子屈町
設 立 昭和30年10月
創 業 大正15年
資本金 4500万円
負債額 3億6900万円

【続報】大阪府池田市で空間デザインの(株)アンプラグドが破産へ

大阪府池田市で空間デザインの(株)アンプラグドは、11月19日付で事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入った。

大手ホテルや商業施設の内装工事、店舗・ショーウインドーのデザインを主に手掛け、クリスマスやハロウィーンなどイベント用イルミネーションやオブジェなどの企画・デザインを数多く行っていた。また、1日約10万人が通行する阪急百貨店うめだ本店前のコンコースにある大型イルミネーションを手掛た実績を持つほか、有名テーマパークや大型商業施設などのイルミネーション、イベントのオブジェなどのデザインも行い、受注が好調だった2016年12月期には年売上高約4億3700万円を計上していた。

しかし、その後は主要得意先であったホテルの大型案件でトラブルが発生したことで受注が低迷し、さらに取引先の倒産により不良債権が発生したことで急激に資金繰りが悪化。このため、従業員を削減したほか、2018年1月には東京オフィス閉鎖や飲食事業の事業譲渡などのリストラを実施。2019年には本社を大阪市北区から大阪府池田市に移転するなどして経費削減を行い、再建を目指していたものの、資金繰り改善の目途が立たず、先行きの見通しが立たないことからここへ来て今回の事態となった。

会社名 (株)アンプラグド
業 種 空間デザイン
所在地 大阪府池田市
設 立 2007年
資本金 1000万円
負債額 2億円

鹿児島県鹿児島市で仮想通貨取引の(株)ビットマスターが破産

鹿児島県鹿児島市で仮想通貨取引の(株)ビットマスターは、11月22日に自己破産を申請し、同日破産手続き開始決定を受けた。

かつては、印鑑や家庭用浄水器等の訪問販売を主業とするほか、「ゆいの会」と称して会員制各種ショッピングや旅行、葬儀等のサービス提供も行っていた。2017年5月に現商号に変更後は仮想通貨ATM(自動預払機)のネットワークビジネス販売など仮想通貨交換関連事業を展開していた。
仮想通貨交換業の許認可取得も目指していたなか、ビットコイン相場が上昇したことにより、会員から預かっていたものと同数のビットコインの調達が困難となり、財務面の悪化から許認可取得出来る可能性も途絶えたことで事業継続を断念、今回の措置となった。
債権者約2万2300人。

会社名 (株)ビットマスター
業 種 仮想通貨取引
所在地 鹿児島県鹿児島市
設 立 昭和61年5月
資本金 2000万円
負債額 109億4439万円

大阪府池田市で空間デザインの(株)アンプラグドが自己破産へ

大阪府池田市で空間デザインの(株)アンプラグドは、11月19日付で事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入った。

店舗の内装工事をはじめ、商業施設のショーウインドーやイルミネーションなどの企画・デザイン・施工を主力に事業を展開し、中でも梅田阪急ビルコンコースのクリスマス・イルミネーションが高い評価を得ていました。
しかし、受注の減少に加え、取引先の倒産による焦げ付きで資金繰りが悪化すると、人員削減や事業縮小などのリストラ策により生き残りを目指したものの、その後も経営は好転せず今回の措置に至ったようです。

会社名 (株)アンプラグド
業 種 空間デザイン
所在地 大阪府池田市
設 立 2007年
負債額 2億円

東京都中央区でホテル運営の(株)日本オーナーズクラブが民事再生決定

東京都中央区でホテル運営の(株)日本オーナーズクラブは、11月7日に民事再生法の適用を申請し、11月12日に再生手続きの開始決定を受けました。

設立当初はリゾートホテル施設「ヴィラ」の区分所有権の販売業務を主体に展開。関連企業とともにグループを形成し、バブル期には国内25カ所・ハワイ3カ所を「ヴィラ」を有していたが、景気後退などで会員離れが加速し、分譲販売の業務継続が困難となった。その後、段階的に分譲販売業務を停止し、保有施設の賃貸業務などにシフトすると共に、グループの不良債権等を処理するなどの事業整理を行った。
近時は「ホテルグリーンプラザ富士」(御殿場市)を運営するほか、2014年4月には、「ホテルグリーンプラザ浜名湖」(浜松市)の営業権をグループ会社の(株)エメラルドグリーンクラブ(2019年1月民事再生)より譲り受けて運営し、2018年3月期は売上高10億8000万円をあげていた。
しかし、会員数の減少に歯止めがかからず、業績の低迷が続いていた。グループ企業の法的整理を進めるなかで当社に関しても今回の措置となった。
なお、運営しているホテルは通常通り営業を継続している。

会社名 (株)日本オーナーズクラブ
業 種 ホテル運営
所在地 東京都中央区
設 立 昭和54年5月
資本金 1億円
負債額 145億4700万円
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。