米トイザラスに破産の可能性が



米CNBCテレビは2017年9月6日、複数の関係者の話として、米玩具販売大手トイザラスが2018年に返済期限を迎える約4億ドル(約440億円)の債務を整理するため、法律事務所と契約を結んだと報じた。
破産申請する可能性も検討しているという。

報道によると、トイザラスは、世界各地に拠点を持つ法律事務所「カークランド・アンド・エリス」に所属する企業再建専門の弁護士らを雇った。債務整理がうまく進めば、破産申請を免れる可能性もあるとしている。
トイザラスは、米小売り最大手ウォルマート・ストアーズや米インターネット通販最大手アマゾン・ドット・コムなどの攻勢を受けて経営が悪化。不採算店舗の縮小に努めており、2015年末にはニューヨーク・タイムズスクエアの旗艦店を閉鎖した。 

倒産する会社の特徴「住宅ローンの審査が通らなかった」



倒産する会社が示す予兆を見抜き、いち早く対処すべく、かつて倒産の経験がある会社員に話を聞いた。四国某市のM建設で働いていたTさん(仮名・39歳)が最初に異変を感じたのは、2010年秋のことだったという。

「私を含め既婚の同期3人が地元のA銀に住宅ローンを申込み、立て続けに断られたんです。A銀は会社のメインバンクでもあり、先輩たちもみんなそこで住宅ローンを組んでいました。借入額も目安と言われる5倍未満だったんですが、3人全員が審査落ち。異例の事態に『うちの会社ヤバイのでは?』と従業員の間に衝撃が走りました」
しかし、そんな従業員らの不安を揉み消すかのように、この頃から仕事がやたらと忙しくなった。

「休日の現場作業が増え、月に2、3日しか休めなくなりました。アルバイト作業員も増員していました。しかし、他社の現場の後片付けなど採算の合わないチマチマした仕事ばかりでしたけど」
後で知ったことだが、この頃、すでにM建設は建築基準法改正による工期の遅れやリーマン・ショックの煽りで火の車だったという。

「A銀勤務の知人に後日談として聞いたところ、当時の社長は毎日のようにA銀の融資課を訪ねていたそうです。採算度外視の仕事をたくさん取るようになったのも、キャッシュフローを作って融資を受けやすくするためでした」
社長が資金繰りに奔走する一方、M建設の危機は外部に漏れ伝わっていく。機を見るより敏な市議会議員などは態度が露骨だったとか。

「倒産の前年くらいになると、それまで山のように届いていた社長宛ての年賀状や暑中見舞いが、倒産の年には半分くらいになっていた。かつては花見や忘年会に来ては、酔っ払って社長にキャバクラをおねだりしていた市議会議員と秘書も寄りつかなくなりました」
カネの切れ目が縁の切れ目ということか。その後、M建設はあえなく倒産。資材業者の怒号飛び交う現場を処理するハメになったTさんは「あれほどの修羅場を経験すれば、もう何も怖くない」と今も強く生きている。

倒産の可能性も?!米偽装を行った山形県寒河江市の(有)新東物産

山形県でつや姫というブランド米を積極的に販売していますが、米で不祥事が起こりました。


特別栽培つや姫5kg(山形県庄内産)

山形県寒河江市で肥料製造販売業の(有)新東物産が、農薬を使った米を無農薬栽培と偽装して販売していたとして、山形県警に経営者である鈴木忠義(73)を逮捕し、9月11日に送検した。

2014年10月頃から2015年4月頃までに11万キロ以上を偽装したもので、不正利益は1000万円以上とみられている。

農薬を使った米を5500円で購入し、無農薬栽培の「環生米」というブランドで7500円〜9000円で販売していた。

会社名 (有)新東物産
業 種 肥料製造販売
所在地 山形県寒河江市中郷1796
代表者 鈴木忠義

夏休みのヨーロッパ旅行を楽しみにしていた500名に「航空券が届かない」


エッフェル塔

夏休みに海外旅行を楽しもうと思って頑張って貯金をし、旅行代理店に行って夢を膨らませながら計画を立て、旅行代金を支払ったのに航空券が届かないという事態が起こっています。

このような事態を起こしたのは東京都新宿区にある(株)レックスロードという旅行代理店で、ヨーロッパが専門だそうです。

ヨーロッパ旅行って、ハワイや東南アジアなどよりも高額で、私も一度は行ってみたいところではあります。

夏休みにヨーロッパ旅行を計画する人は、1人で行くことは少ないでしょうから、想像ですが1件当たりの旅行代金は50万円以下ということは少ないでしょうね。

100万円以上の旅行代金を支払った女性は、搭乗予定の航空会社に問い合わせをしたところ「予約は入っているが、お金が支払われていない」という返事をもらったそうです。

ホームページを見ると7月10日付でトラブルが発生していることが書かれていますが、7月20日になってもトラブルが解消していないようです。

全くの推測ですが、資金繰りに困って倒産という可能性が頭をよぎりますね。


エーゲ海

社長は毎日新聞のインタビューに対して「年末までにお金を支払った500名弱のお客さんが出発できなくなっている」と返事しています。

「年末?」って2013年12月のことですよね。

それ以降にも旅行代金を支払ったお客さんが一人もいないとは思えないので、被害者はさらに増えるのではないでしょうか。

ヨーロッパ旅行という、夢が大きく膨らみ楽しみしていた人にとっては、旅行が中止になり、支払った旅行代金が戻ってこないということになれば、最悪ですね。


会社名 (株)レックスロード
業 種 旅行代理店
所在地 東京都新宿区西新宿7−9−15
設 立 1987年

目先のカネ欲しさで赤字の仕事を受注 自転車操業の典型

現在はフリーターをしながら生活をしているCさん(29歳)は、2006年から3年間ゲームソフトや携帯電話用アプリを制作する社員20人ほどの会社に勤務していました。

入社当初は下請でしたが仕事は順調にありましたが徐々に減って、社員も次第に辞めていくようになりました。


しかも、優秀な社員が辞めていくのです。仕事内容や業績に見合った給料が支払われていなかったことが最大の原因のようですが、会社内の雰囲気も悪くなっていきました。

たまに、大きな仕事が入ってきても残った社員だけでは対応することが出来ず、断るしかなかったのです。

結局、受注する仕事は安い仕事ばかりになったしまったのです。
安い値段の仕事であっても、適正な利益を確保できていれば良かったのですが、次第に赤字覚悟の仕事まで受けるようになってしまったのです。


↑社員研修


その後も社員の流出を防ぐことが出来ずにいましたが、ある日突然に社長は

「給料を分割にする」

と言ったのです。

すると、Cさんを含めてほとんどの社員が辞めたのです。

辞める直前の1ケ月半分の給料は受け取っていませんが、社長には可愛がってもらったので恨む気持ちは全くなく、むしろ感謝をしているほどとのことです。


↑社長が良く飲むビール


Cさんが辞めてから2ケ月ほどして会社は倒産したそうですが、社長は裏表のない明るい性格で良い人だったのですが、経営者としては経理に対する厳しさが不足していたのかもしれないと語っていました。

元同僚は転職してゲーム業界で働いている人が多いですが、Cさんはフリーターをしながら、経理に関する仕事に就きたいと頑張っています。

債務整理
★無料相談★自己破産以外の借金整理方法もあります。


年収1000万円から290円のコンビニ弁当さえ買えない生活へ

会社が倒産する場合には必ず予兆が現れます。
専門学校時代の友人と一緒にWeb制作会社を立ち上げたBさんから話を伺うことができました。

友人が社長で財務と総務を担当し、副社長という肩書のついたBさんは営業とWeb制作を担当していました。

Web制作だけでなく、業務内容を拡大してIT関連全般の仕事を行い、社員は100名ほどになりました。


しかし、毎日必ず会社に出社して社員全員が帰るまで一緒に残っていた社長が、1日置きの出社になったり、社員が帰ったあとから出社するようになったのです。

もちろんその理由を尋ねましたがあいまいな返事が返ってきただけでした。

仕事については真面目で、信頼をしていましたのでそれ以上の追及はしませんでした。

でも、数ケ月後に給料がカットされたのです。

社長からは「資金繰りが苦しいので、いましばらく辛抱をしてくれ」と言われたので、「そうですか」と返事をして納得していました。

1000万円ほどの年収で、副社長と言う役員だし、少しだけ給料カットをされても仕方がないと思っていたのです。

実は他の役員も含めて社長以外は会社の資金繰りを知らなかったのです。


↑ばそこん


何度か給料カットがあったのですが、社長を信頼していましたので黙っていましたが、ついに倒産したのです。

倒産だけであれば良かったのですが、副社長として連帯保証人になっていたために、400万円の借金を背負い、それまでに貯めていた貯金がすべてなくなってしまったのです。

それだけではなく、取引先から携帯電話に債権者から問い合わせや怒りの声が殺到したのです。
数ケ月も続いたためにノイローゼになるのではないかと思ったそうです。

39歳になっていたBさんには身重の奥さんがいましたので遊ぶわけにはいかず、経営コンサルタントとして起業しましたが収入は激減して、昼食に290円のコンビニ弁当を買うことですら躊躇するほどになっています。


↑コンビニ弁当


Bさんは合コンや婚活で「副社長」とか「年収1000万円」などと聞いて飛びつきがちな女性は、こういうリスクも込みで愛せる相手かどうか、ちゃんと見極めようと最後に話してくれました。

債務整理
★無料相談★自己破産以外の借金整理方法もあります。

薄利多売が経営方針だった社長のワンマンで一気に倒産へ?

現在29歳のAさんは高校を卒業すると、システムエンジニアとして開発会社に10年勤務していました。

社員数は15名の小さな会社ですが、社長さんは不思議と営業が上手で仕事はビックリするほどありました。

ただ、ワンマンで自分のことしか考えずに仕事を取ってくるので、納期がとても短かったです。

そのために、社員は残業が多く、Aさんも月に500時間ほどの残業をしていましたが、多くはサービス残業になっていました。


あと少し頑張れば普通の勤務時間で今の給料がもらえるのは間違いないし、さらに仕事量が増えれば社員も増えて楽しい職場になるという社長の言葉を信じて頑張っていたのです。

短い納期と安い値段で仕事を受けていたのでしょうね。利益が少ないのですから、受注量を多くして社員の給料や経費を賄う必要があったのでしょう。

実際に2年前には仕事量が増えて、社員を増やすことにして、手狭になったオンボロのオフィッスから大企業がたくさん集まっている立派なビルに引っ越しをしたのです。


↑新宿の高層ビル


当然家賃は高くなったでしょうが、営業をするにも良い立地ですし、立派なビルに入居したことでクライアントから信頼性が少しだけかもしれませんが高まったように思っていました。

新しいビルに入ってからも社長の営業で仕事はどんどん入ってきて、残業はまだまだ減る様子がありませんでした。

ところが、2013年になると「金を返せ!」というクライアントが会社に来るようになったのです。

原因は納期の遅れで、社員全員は知っていましたがすべてを社長に任せていました。



↑家族サービス


連休があって久しぶりにゆっくりとした休日を過ごして会社に行くと、社長が突然

「本日で会社を閉鎖します。」

と告げたのです。

「事前に告知するといろいろと面倒だし、君らに迷惑かけたくなかった」

「俺も自己破産だ」

などと言い訳をする社長に社員全員は唖然としていました。


Aさんは会社が倒産したことで社長への怒りや今後の不安よりも、残業から解放される安心感の方が強かったそうです。

債務整理
★無料相談★自己破産以外の借金整理方法もあります。

倒産には予報が必ずあります!倒産経験者に聞いた「ヤバい予兆」

景気が回復して輸出企業などでは良い話も出ていますし、倒産件数も2013年は22年ぶりの低水準だったと報道されています。

とはいえ、倒産件数は1万件を超えていまして、倒産の危機が去ったわけではありません。

そこで、倒産経験のある従業員から、「倒産の予兆として、何を感じたか?」を調べてものがありました。


倒産経験者が感じた「倒産の予兆」ベスト10

社内で「この会社、倒産するかも」といった噂が流れだした

役員や幹部社員が退社していった

給料がカットされた 

社長から以前に比べて覇気が失われた 

給料が遅配された

文房具などの小さな備品の管理にうるさくなった

希望退職者を募りだした

社外から「おたくの会社が危ないという声がある」といった噂を聞くようになった

会社の身売りや吸収合併の話が出始めた

主要販売先や主要取引先が安定せず、すぐ変更するようになった

となっています。

元NOVAでは「運営スクールの閉鎖が相次いだ」
元グッドウィルでは「マスコミが使途不明金について指摘し始めた」
元そごうでは「マスコミの報道で知った」

などと有名企業ではテレビや新聞で倒産やその兆候を知るというケースもありました。

数は少ないですが、珍しいケースとして

「社長がスピリチュアル系にハマった」
「ボーナスの袋の中に社長からの詫び状が。さらに、夏のボーナスがスイカ。冬のボーナスがケーキだった」

などがありました。経営陣が謎の行動をとり出すと危ないと思った方が正解のようです。

債務整理
★無料相談★自己破産以外の借金整理方法もあります。

“危ない企業”36社リスト!「注記」新たに3社 シャープなど“予備軍”に…

3月決算の上場企業のうち、2012年9月中間決算で、経営上重大なリスクを抱えているとして「継続企業の前提」に注記が付いた企業が36社に上ったことが28日、東京商工リサーチの集計で分かった。“危ない企業”は12年3月期の41社から5社減少。しかし、大手電機メーカーをはじめ大型の“予備軍”が控えているだけに油断はできない。

商工リサーチの集計によると、12年9月中間期に注記が付いた上場企業は36社。12年9月期から新たに注記が付いたのは3社で、残る33社はすべて12年3月期からの継続組だった。大半が“常連さん”で占められていることになる。

金融庁は09年3月期から特例措置としてリスクの開示基準を緩和しており、それでもなお注記が付く企業はかなり危険が高いといえる。

今回新たに注記が付いた第一中央汽船(東京)は、鉄鋼関連などバラ積み船を主力とする準大手の海運会社。決算短信で「海運市況環境の低迷が想定を超えたため業績が大幅に悪化」と説明。不況や円高の影響でモノの動きが鈍れば海運会社は厳しい。

新規組にはオンラインゲームが主力のガーラ(東京)、カーテンなどインテリア専門商社の五洋インテックス(愛知)も名を連ねた。

“常連さん”も含めた傾向を、東京商工リサーチ情報部の橋本邦夫課長は「市場では東証マザーズ、ジャスダックなどの新興市場、業種別では情報・通信系が目立つ。特に情報・通信分野は先行投資での負担が重いだけに、事業が当たらないとすぐに厳しくなる」と分析する。

注記が付いていたなかでは東証1部上場の橋梁建設大手のサクラダ(千葉)が27日、東京地方裁判所に破産手続きの開始を申請し、同日、開始決定を受けた。1920年創業の老舗企業で、85年に兵庫と徳島を結ぶ「大鳴門橋」や首都圏では「かつしかハープ橋」(葛飾区)などの実績で知られる。一時200億円を超える売上高があったが、公共工事の削減で経営が悪化。資金繰りのめどが立たず事業継続を断念した。負債は約26億9000万円。

晴れて危ない企業リストから外れたのは東京電力(東京)、カー用品店を展開するオートウェーブ(千葉)など7社。だが、どさん子ラーメンを展開するホッコク(東京)は8月に上場廃止、化粧品や健康食品通販のフェヴリナ(福岡)は3月期から9月期への決算期変更など、業績とは別の要因でリストから抜けたケースもある。

決算短信には注記が付かないまでもその前段階である“予備軍”には「重要事象」が記載される。重要事象組の動向について橋本氏は「シャープのほか電機関連が目立つ。目玉商品が出る期待は薄く、先行きは明るくない。今後、ソニーやパナソニックの不振を受け、部品メーカーなどが(重要事象組に)入る可能性はある」。新たな爆発を生むマグマが徐々に蓄積されている。

編集後記
共感を呼ぶ情報発信力が顧客を創造する
停滞する経済環境化で、差別化できない競争に悩む経営者やビジネスパーソンに贈るビジョンと価値観、組織風土を変えるための実践書。
デミング賞、日本経営品質賞から環境に関する賞まで、わが国の内外で多くの顕彰を受け、進化し続けるリコーで、CS推進に16年間取り組んだ著者が「これからの企業組織に必要なこと」「今振り返って残しておきたいこと」を熱く語る。現代の企業組織におけるCS経営実践の手引き。
経営幹部、カスタマーリレーション、カスタマーサービス部署の専門スタッフ、2世経営者および中小企業診断士、BtoC企業の経営に携わる方々や企画部門のリーダーにとっての好著。

【送料無料】健全な組織は価値観の経営を目指す

企業ごとの細やかな支援を行う態勢が必要だ

円滑化法は08年9月に発生したリーマン・ショック後の金融機関による貸しはがしや貸し渋り対策として導入された。
中小企業から元本や利息の返済猶予の要請があった場合、金融機関が経営再建の可能性などを考慮した上でそれに応じるよう努力義務を課した。  

当初は期間限定の緊急措置だったが、その後の欧州債務危機などによる経済減速で2回延長され、来年3月までとなった。

それでも、金融庁によると同法を適用した約40万社の約8割が再度の返済猶予を申し込んでおり、「資金繰りを支援しても、本業の事業改善が思ったほど進んでいない」(同庁幹部)。  

再生ファンド設立  
同法の3回目の延長も検討されたが、景気が急速に悪化した際に金融機関が不良債権を大量に抱えることへの懸念などから見送られた。
不良債権に分類されるべき一部の債権は円滑化法の適用で正常債権と見なされているが、円滑化法が終了すればこうした債権が不良債権として一気に顕在化する可能性があるからだ。

円滑化法が終了すれば、抜本的な経営改善が必要となる中小企業は「5万〜6万社あるのでは」(アナリスト)との見方もある。

これに対し同庁は、地方銀行などに対し中小企業の具体的な事業再生支援計画の策定などより踏み込んだ支援を行うよう求め始めた。

政府も官民出資ファンドの「企業再生支援機構」と各都道府県の「中小企業再生支援協議会」の連携強化やベンチャー企業などに投資する投資基金の設立を検討する。  

金融機関側の動きも活発化してきた。長野県では来年3月末をめどに、県内最大手の地銀の八十二銀行などが出資して30億円規模の企業再生支援ファンドを立ち上げる。
同様の動きは広島県や千葉県でもみられる。再生ファンドを後押しするため、金融庁は内閣府や中小企業庁など関係機関との連携も強化する。  

官民を挙げた新たな支援の動きも出てきたが、日本総研の野村敦子主任研究員は「資金繰り支援だけでは抜本的な経営改善につながらない。今後は企業ごとの細やかな支援を行う態勢が必要だ」と強調。金融機関やファンドなどによる個別企業の事情に合った支援が重要だと指摘する。

【送料無料】倒産するとどうなるか...

【送料無料】倒産するとどうなるか...
価格:1,680円(税込、送料別)


日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。