長野県松本市でパチンコ店の(株)松本日栄が破産



長野県松本市でパチンコ店の(株)松本日栄は、平成27年10月29日に民事再生法の適用を申請し、平成27年11月6日に再生手続きの開始決定を受けていたが、5月26日に再生手続の廃止を受け、6月22日に破産手続きの開始決定を受けた。

ピーク時の2007年には316億円の売上がありましたが、競合が厳しく2014年には62億円の売上に落ち込んでいました。
金融機関と話し合いもしましたが、不調に終わっていました。

会社名 (株)松本日栄
業 種 パチンコ店・カラオケボックス
所在地 長野県松本市 
設 立 1976年5月
資本金 1000万円
負債額 46億円
従業員 92名

長野県松本市でパチンコ店の(株)松本日栄が再生手続の廃止



長野県松本市でパチンコ店の(株)松本日栄は、平成27年10月29日に民事再生法の適用を申請し、平成27年11月6日に再生手続きの開始決定を受けていたが、5月26日に再生手続の廃止を受けました。

ピーク時の2007年には316億円の売上がありましたが、競合が厳しく2014年には62億円の売上に落ち込んでいました。
金融機関と話し合いもしましたが、不調に終わっていました。

会社名 (株)松本日栄
業 種 パチンコ店・カラオケボックス
所在地 長野県松本市 
設 立 1976年5月
資本金 1000万円
負債額 46億円
従業員 92名

岡山市南区でパチンコ店「GETGET」経営での(株)ゲンダイ他3社が民事再生取り消し



岡山市南区でパチンコ店「GETGET」経営での(株)ゲンダイと関連のゲンダイホールディングス(株)(岡山市)、(株)レジャーオート(大阪市)、(株)エイト・ワン企画(大阪府東大阪市)の計4社は、民事再生中でしたが5月11日に債権者の申し立てにより、民事再生の監督命令が取り消され、管財人による管理命令を受けた。

同社は2017年2月16日、大阪地方裁判所で再生手続きの開始決定を受け、経営再建中だったが、債権者から管理命令を申し立てられ、経営陣による民事再生はできなくなり、管財人により今後処理される。

会社名 (株)ゲンダイ
業 種 パチンコ店「GETGET」経営
所在地 岡山市南区
負債額 200億円(4社合計)

滋賀県東近江市でパチンコ店経営の(有)マルジンが破産



滋賀県東近江市でパチンコ店経営の(有)マルジンは、4月18日に破産手続きの開始決定を受けた。

近江鉄道八日市駅前にてパチンコ店の「ZERO1」を経営していた。
パチンコ店は、5号機問題と平行して行われたサラ金規制強化などからパチンコ客の集客減少が生じ、市場規模も3割落ち込んでいる。この間、中小パチンコ店の淘汰も進み、大手の寡占化が進んでいる。同社も同業者間の競争に行き詰った。

会社名 (有)マルジン
業 種 パチンコ店経営
所在地 滋賀県東近江市
設 立 昭和32年7月
負債額 調査中

富山県富山市で元パチンコ店「ギガモンスター」経営のギガ(株)が破産


ぱちんこCR北斗の拳5覇者 HVA【循環加工済】パチンコ実機【中古】

富山県富山市で元パチンコ店「ギガモンスター」経営のギガ(株)は、2月15日に破産手続きの開始決定を受けた。

パチンコ店は競争に負け、すでに売却されているが、借入金等の負債だけが約20億円も残っていた。

会社名 ギガ(株)
業 種 元パチンコ店「ギガモンスター」経営
所在地 富山県富山市下熊野223−1
代表者 金代弘
負債額 20億円

出来ないことを嘆いて、悩んでいるよりも出来ることを探して、経営を良い方向に向かわせましょう。

私は、経営を改善できなかった原因は必ず内部要因が一番の問題だと思います。

まずは、内部要因を探し出して、改善策を見つけ、会社を継続させるのが経営者の仕事です。

知恵がなければ、他の人から教えてもらえば良いのです。

でも、教えてくれる人がいないと嘆くでしょうね。

だから、いつまでたっても経営が良くならないのです。

「幸せなお金持ち」になる秘密、ここにあり! 「ir大学」のようなのユニークなアイデアが満載の本を読んで、新しい道を見つけ出してほしいですね。

本を読むのと同じことですから、決して難しい話ではありませんから、倒産に追い込まれる前にぜひ一読してみてください。

福岡県朝倉市でパチンコ店経営の(株)マンゲンが破産


CRエヴァンゲリヲン9W【循環加工済み】パチンコ実機【中古】

福岡県朝倉市でパチンコ店経営の(株)マンゲンは、9月9日付で破産手続の開始決定を受け倒産した。

3月25日に民事再生法の適用を申請し、営業を継続していましたが、資金繰りが好転する兆しが見えないために破産を選択したもの。

会社名 (株)マンゲン
業 種 パチンコ店経営
所在地 福岡県朝倉市三奈木3160
設 立 1994年
代表者 金君子
負債額 17億円

経営者は少し調子が良いと、永遠に好調が持続するという錯覚を持ってしまう場合があります。

浮き沈みがあるのが経営なのですが、この考え方をすっかり忘れてしまったのでしょうね。

「幸せなお金持ち」になる秘密、ここにあり! 「ir大学」には、新しい道が開ける可能性のヒントが満載です。

PRページを見るとちょっとびっくりしますが、即効性があるたくさんのノウハウと実践論が満載になっていますので、目次を読むだけでも価値があると思います。

茨城県日立市でパチンコホール経営の(株)金馬車他2社が倒産


パチンコ


茨城県日立市でパチンコホール経営の(株)金馬車は、2014年12月26日に債権者から東京地裁に会社更生法の適用を申し立てられ、同日保全管理命令を受けた。

2014年8月11日に民事再生法適用を申請した(株)大鳥(水戸市河和田町字丹下二ノ牧3891−10、設立昭和53年1月、資本金1億円、高濱正敏社長)の分割子会社で、パチンコホール17店舗の営業を引き継いだ。

しかし、大鳥が民事再生手続きを進めるにあたって、一部債権者と協議が難航したため、債権者から会社更生法の適用を申し立てられた。
 
関連の(株)関東大鳥(茨城県水戸市河和田町字丹下二ノ牧3891−10、設立平成21年12月、資本金100万円、高濱正敏社長、負債総額約17億円)は大鳥からパチンコホール4店舗を引き継いだ。

しかし、大鳥の民事再生法の手続きを進める中、一部債権者との協議が難航し、この間、他の債権者への説明とともに別除権協定の調整なども行ったがうまくいかず10月8日、大鳥と関東大鳥は債権者から東京地裁に会社更生法の適用を申し立てられ12月26日、金馬車、大鳥、関東大鳥の3社で保全命令を受けた。

会社名 (株)金馬車
業 種 パチンコホール経営
所在地 茨城県日立市幸町2−1−10
設 立 2014年(平成26年)8月
代表者 岡村諭
資本金 2900万円
負債額 調査中

茨城県水戸市でパチンコ店の(株)大鳥が民事再生法の適用を申請


↑パチンコ店のイメージ


茨城県水戸市でパチンコ店の(株)大鳥は、8月11日に水戸地裁へ民事再生法の適用を申請した。

高濱正敏社長の実父である高濱正明氏が日立市内において「パチンコ金馬車」を個人創業し、1957年に「レストラン金馬車」の開店を経て、1957年3月に(株)金馬車)を設立した。

以後、茨城県内でパチンコ店と飲食店を逐次出店して千葉県や東京都にも進出するなど積極的に事業を展開、地元ラジオCMや新聞広告などで県内では相応の知名度を有していた。

1999年7月には関連会社の(株)茨城金馬車を存続会社として(株)金馬車を吸収合併、商号を金馬車とし、ピーク時の2006年3月期には売上高約869億6600万円をあげていた。
 
しかし、射幸性を抑えた出玉規制や同業他社との過当競争などで売上が伸び悩み、不採算店舗の閉鎖のための費用や遊技機の減価償却負担が重荷となって赤字決算が散発、財務内容が悪化していた。

このため2009年1月に一部店舗を(株)関東金馬車(現:(株)関東大鳥)に会社分割により譲渡し、2011年3月に発生した東日本大震災を契機に店舗休業に伴う人員削減を行い財務の立て直しを講じてきた。

これによって収益性が改善し、2014年3月期は売上高約365億円に対して経常利益約11億5900万円、当期利益約6億700万円を計上した。
 
ただ、業界全般で低貸玉営業が常態化するなかにおいて財務内容の健全化は進まず、新台購入費用をソーシャルレンディング(新しい金融スキーム)から調達し、金融機関から設定されていた抵当権の一部がサービサーに譲渡されるなど、厳しい運営を余儀なくされていた。

2014年8月1日には当社から会社分割により、新たに(株)金馬車を設立し、旧:(株)金馬車および旧:(株)関東金馬車の店舗を譲渡し、新設会社が事業を承継することとなった。

今回、債務が残った旧:(株)金馬車は、(株)大鳥に社名変更するとともに不動産等を管理する会社となり、民事再生法の適用を申請した。

会社名 (株)大鳥(旧:(株)金馬車)
業 種 パチンコ店
所在地 茨城県水戸市河和田字丹下二ノ牧3891−10
設 立 1978年(昭和53年)1月16日
創 業 1954年(昭和29年)4月
代表者 高濱正敏
資本金 1億円
負債額 65億円

岩手県盛岡市で遊技場経営、遊技機器レンタルの潟激Wャーエースが倒産

倒産速報です。岩手県盛岡市で遊技場経営、遊技機器レンタルの潟激Wャーエース(代表者:三上 誠二)が倒産しました。7月22日付で事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した旨を事務所前に貼り出し、7月27日までに破産手続開始の申立を行っています。負債総額は17億3500万円です。

会社と倒産の経緯
潟激Wャーエースは平成3年5月に遊技機器メーカーに勤務していた現代表が、盛岡市内にて独立創業したもので、ゲームセンター経営、近隣の温泉旅館等へゲーム機器等のリースを行う他、ゲーム・玩具などの買い取りなども行っていた。設立直後は県外への出店も活発で、札幌市、旧水沢市(現奥州市)、旧八日市場市(現匝瑳市)等にも直営店を構えていた。
その後、事業を集中化し店舗は岩手県内と青森県の一部へと変化、地元では大手企業として知られていた。
ピーク時には10億円内外を確保していた売り上げも、景況の悪化も手伝い減収に転じていたが、東日本大震災の影響によって大幅に顧客が減少し、直近期の売り上げは6億円台にまで減少していた。
急激な減収から、資金繰りが逼迫し、日本全国を巻き込んでの「節電」風潮も当社に対しては逆風となったことや、遊技機器のリース先であった温泉旅館が被災した上に観光客が激減して運営に支障が出るなど、東日本大震災による被害が大きかった形だ。
今後に関しては後継会社に引き継がれるとの話もあるようだが、将来的に見れば消費者の動向が急変する可能性も低く、このまま清算に向かうことも考えられ、動向に注目が集まっている。

編集後記
こんなに簡単なのに、効果は絶大!幸せなお金持ち・斎藤一人さん直伝。人生も恋愛も仕事も絶対うまくいくコツ。
「キラキラ光るアクセサリーを身につける」「成功するには宝くじより天国言葉」など、幸せになる習慣をオールカラーのイラストで紹介。

【送料無料】斎藤一人みるみる幸せをよぶ魔法の法則

東京都荒川区でパチンコホール経営の轄vリ商事他2社が破産

倒産速報です。東京都荒川区でパチンコホール経営の轄vリ商事(代表清算人:李裕司)と関連会社の総武興業汲ィよび泣mーベル会館の3社が倒産しました。平成22年12月24日に、破産を申請し1月5日、開始決定を受けています。負債総額は3社合計で71億1700万円です。

倒産の経緯
1967年に設立の轄vリ商事は、荒川区などでパチンコ店の経営を主力に事業を展開。しかし、同業者との競争激化から経営が悪化したため、2002年には株主総会で解散を決議し、その後は事後処理を進めていました。

3社ともパチンコホール中心の遊技場を経営していたが、景気低迷と業者間の競合を背景に入店客が減少し業績不振を抜け出せなかった模様。総武興業が平成14年3月20日、高木商事が同年12月31日付けでそれぞれ解散し、ノーベル会館も数年前に事業を停止していた。

編集後記
人間は得てして楽なほうへと進みたがるが、著者は逆の道を選ぶ。

仕事上で何か目標を立てるときは、普通の人よりも圧倒的に高い目標数値を設定する。「あえて艱難辛苦の道を行く」それが著者の考え方だ。
 
この強い精神力の源は何か。それは、幼少より親しんできた中国古典だという。『論語』から学んだ「信(信頼)・義(正義)・仁(思いやり)」という三つの言葉は、物事の判断基準として、いまでは著者の生き方の根本になっている。
 
人は「何のために働くのか」。冒頭に著者は次のような言葉を記している。「私が『働く』ことに求めてきたのは、そこに生きがいを見つけることでした」―。仕事をしている人、これから仕事をするようになる人すべてに送る、出色の仕事論。

何のために働くのか

どうすれば天職に巡り合えるか、仕事を成功に導く心の持ち方、仕事の達人になるための勉強法、よりよく生きるためになすべきこと、など、若いビジネスマンに伝えたいこと。

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。