富山県富山市で元パチンコ店「ギガモンスター」経営のギガ(株)が破産


ぱちんこCR北斗の拳5覇者 HVA【循環加工済】パチンコ実機【中古】

富山県富山市で元パチンコ店「ギガモンスター」経営のギガ(株)は、2月15日に破産手続きの開始決定を受けた。

パチンコ店は競争に負け、すでに売却されているが、借入金等の負債だけが約20億円も残っていた。

会社名 ギガ(株)
業 種 元パチンコ店「ギガモンスター」経営
所在地 富山県富山市下熊野223−1
代表者 金代弘
負債額 20億円

出来ないことを嘆いて、悩んでいるよりも出来ることを探して、経営を良い方向に向かわせましょう。

私は、経営を改善できなかった原因は必ず内部要因が一番の問題だと思います。

まずは、内部要因を探し出して、改善策を見つけ、会社を継続させるのが経営者の仕事です。

知恵がなければ、他の人から教えてもらえば良いのです。

でも、教えてくれる人がいないと嘆くでしょうね。

だから、いつまでたっても経営が良くならないのです。

「幸せなお金持ち」になる秘密、ここにあり! 「ir大学」のようなのユニークなアイデアが満載の本を読んで、新しい道を見つけ出してほしいですね。

本を読むのと同じことですから、決して難しい話ではありませんから、倒産に追い込まれる前にぜひ一読してみてください。

福岡県朝倉市でパチンコ店経営の(株)マンゲンが破産


CRエヴァンゲリヲン9W【循環加工済み】パチンコ実機【中古】

福岡県朝倉市でパチンコ店経営の(株)マンゲンは、9月9日付で破産手続の開始決定を受け倒産した。

3月25日に民事再生法の適用を申請し、営業を継続していましたが、資金繰りが好転する兆しが見えないために破産を選択したもの。

会社名 (株)マンゲン
業 種 パチンコ店経営
所在地 福岡県朝倉市三奈木3160
設 立 1994年
代表者 金君子
負債額 17億円

経営者は少し調子が良いと、永遠に好調が持続するという錯覚を持ってしまう場合があります。

浮き沈みがあるのが経営なのですが、この考え方をすっかり忘れてしまったのでしょうね。

「幸せなお金持ち」になる秘密、ここにあり! 「ir大学」には、新しい道が開ける可能性のヒントが満載です。

PRページを見るとちょっとびっくりしますが、即効性があるたくさんのノウハウと実践論が満載になっていますので、目次を読むだけでも価値があると思います。

茨城県日立市でパチンコホール経営の(株)金馬車他2社が倒産


パチンコ


茨城県日立市でパチンコホール経営の(株)金馬車は、2014年12月26日に債権者から東京地裁に会社更生法の適用を申し立てられ、同日保全管理命令を受けた。

2014年8月11日に民事再生法適用を申請した(株)大鳥(水戸市河和田町字丹下二ノ牧3891−10、設立昭和53年1月、資本金1億円、高濱正敏社長)の分割子会社で、パチンコホール17店舗の営業を引き継いだ。

しかし、大鳥が民事再生手続きを進めるにあたって、一部債権者と協議が難航したため、債権者から会社更生法の適用を申し立てられた。
 
関連の(株)関東大鳥(茨城県水戸市河和田町字丹下二ノ牧3891−10、設立平成21年12月、資本金100万円、高濱正敏社長、負債総額約17億円)は大鳥からパチンコホール4店舗を引き継いだ。

しかし、大鳥の民事再生法の手続きを進める中、一部債権者との協議が難航し、この間、他の債権者への説明とともに別除権協定の調整なども行ったがうまくいかず10月8日、大鳥と関東大鳥は債権者から東京地裁に会社更生法の適用を申し立てられ12月26日、金馬車、大鳥、関東大鳥の3社で保全命令を受けた。

会社名 (株)金馬車
業 種 パチンコホール経営
所在地 茨城県日立市幸町2−1−10
設 立 2014年(平成26年)8月
代表者 岡村諭
資本金 2900万円
負債額 調査中

茨城県水戸市でパチンコ店の(株)大鳥が民事再生法の適用を申請


↑パチンコ店のイメージ


茨城県水戸市でパチンコ店の(株)大鳥は、8月11日に水戸地裁へ民事再生法の適用を申請した。

高濱正敏社長の実父である高濱正明氏が日立市内において「パチンコ金馬車」を個人創業し、1957年に「レストラン金馬車」の開店を経て、1957年3月に(株)金馬車)を設立した。

以後、茨城県内でパチンコ店と飲食店を逐次出店して千葉県や東京都にも進出するなど積極的に事業を展開、地元ラジオCMや新聞広告などで県内では相応の知名度を有していた。

1999年7月には関連会社の(株)茨城金馬車を存続会社として(株)金馬車を吸収合併、商号を金馬車とし、ピーク時の2006年3月期には売上高約869億6600万円をあげていた。
 
しかし、射幸性を抑えた出玉規制や同業他社との過当競争などで売上が伸び悩み、不採算店舗の閉鎖のための費用や遊技機の減価償却負担が重荷となって赤字決算が散発、財務内容が悪化していた。

このため2009年1月に一部店舗を(株)関東金馬車(現:(株)関東大鳥)に会社分割により譲渡し、2011年3月に発生した東日本大震災を契機に店舗休業に伴う人員削減を行い財務の立て直しを講じてきた。

これによって収益性が改善し、2014年3月期は売上高約365億円に対して経常利益約11億5900万円、当期利益約6億700万円を計上した。
 
ただ、業界全般で低貸玉営業が常態化するなかにおいて財務内容の健全化は進まず、新台購入費用をソーシャルレンディング(新しい金融スキーム)から調達し、金融機関から設定されていた抵当権の一部がサービサーに譲渡されるなど、厳しい運営を余儀なくされていた。

2014年8月1日には当社から会社分割により、新たに(株)金馬車を設立し、旧:(株)金馬車および旧:(株)関東金馬車の店舗を譲渡し、新設会社が事業を承継することとなった。

今回、債務が残った旧:(株)金馬車は、(株)大鳥に社名変更するとともに不動産等を管理する会社となり、民事再生法の適用を申請した。

会社名 (株)大鳥(旧:(株)金馬車)
業 種 パチンコ店
所在地 茨城県水戸市河和田字丹下二ノ牧3891−10
設 立 1978年(昭和53年)1月16日
創 業 1954年(昭和29年)4月
代表者 高濱正敏
資本金 1億円
負債額 65億円

岩手県盛岡市で遊技場経営、遊技機器レンタルの潟激Wャーエースが倒産

倒産速報です。岩手県盛岡市で遊技場経営、遊技機器レンタルの潟激Wャーエース(代表者:三上 誠二)が倒産しました。7月22日付で事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した旨を事務所前に貼り出し、7月27日までに破産手続開始の申立を行っています。負債総額は17億3500万円です。

会社と倒産の経緯
潟激Wャーエースは平成3年5月に遊技機器メーカーに勤務していた現代表が、盛岡市内にて独立創業したもので、ゲームセンター経営、近隣の温泉旅館等へゲーム機器等のリースを行う他、ゲーム・玩具などの買い取りなども行っていた。設立直後は県外への出店も活発で、札幌市、旧水沢市(現奥州市)、旧八日市場市(現匝瑳市)等にも直営店を構えていた。
その後、事業を集中化し店舗は岩手県内と青森県の一部へと変化、地元では大手企業として知られていた。
ピーク時には10億円内外を確保していた売り上げも、景況の悪化も手伝い減収に転じていたが、東日本大震災の影響によって大幅に顧客が減少し、直近期の売り上げは6億円台にまで減少していた。
急激な減収から、資金繰りが逼迫し、日本全国を巻き込んでの「節電」風潮も当社に対しては逆風となったことや、遊技機器のリース先であった温泉旅館が被災した上に観光客が激減して運営に支障が出るなど、東日本大震災による被害が大きかった形だ。
今後に関しては後継会社に引き継がれるとの話もあるようだが、将来的に見れば消費者の動向が急変する可能性も低く、このまま清算に向かうことも考えられ、動向に注目が集まっている。

編集後記
こんなに簡単なのに、効果は絶大!幸せなお金持ち・斎藤一人さん直伝。人生も恋愛も仕事も絶対うまくいくコツ。
「キラキラ光るアクセサリーを身につける」「成功するには宝くじより天国言葉」など、幸せになる習慣をオールカラーのイラストで紹介。

【送料無料】斎藤一人みるみる幸せをよぶ魔法の法則

東京都荒川区でパチンコホール経営の轄vリ商事他2社が破産

倒産速報です。東京都荒川区でパチンコホール経営の轄vリ商事(代表清算人:李裕司)と関連会社の総武興業汲ィよび泣mーベル会館の3社が倒産しました。平成22年12月24日に、破産を申請し1月5日、開始決定を受けています。負債総額は3社合計で71億1700万円です。

倒産の経緯
1967年に設立の轄vリ商事は、荒川区などでパチンコ店の経営を主力に事業を展開。しかし、同業者との競争激化から経営が悪化したため、2002年には株主総会で解散を決議し、その後は事後処理を進めていました。

3社ともパチンコホール中心の遊技場を経営していたが、景気低迷と業者間の競合を背景に入店客が減少し業績不振を抜け出せなかった模様。総武興業が平成14年3月20日、高木商事が同年12月31日付けでそれぞれ解散し、ノーベル会館も数年前に事業を停止していた。

編集後記
人間は得てして楽なほうへと進みたがるが、著者は逆の道を選ぶ。

仕事上で何か目標を立てるときは、普通の人よりも圧倒的に高い目標数値を設定する。「あえて艱難辛苦の道を行く」それが著者の考え方だ。
 
この強い精神力の源は何か。それは、幼少より親しんできた中国古典だという。『論語』から学んだ「信(信頼)・義(正義)・仁(思いやり)」という三つの言葉は、物事の判断基準として、いまでは著者の生き方の根本になっている。
 
人は「何のために働くのか」。冒頭に著者は次のような言葉を記している。「私が『働く』ことに求めてきたのは、そこに生きがいを見つけることでした」―。仕事をしている人、これから仕事をするようになる人すべてに送る、出色の仕事論。

何のために働くのか

どうすれば天職に巡り合えるか、仕事を成功に導く心の持ち方、仕事の達人になるための勉強法、よりよく生きるためになすべきこと、など、若いビジネスマンに伝えたいこと。

新潟市南区でゲームセンターの潟~ヤサンが倒産

倒産速報です。新潟市南区でゲームセンターの潟~ヤサン(代表者:田中聡)が倒産しました。事業を停止し、事後処理を弁護士に一任しています。負債総額は約14億円が見込まれる。

会社と倒産の経緯について
パチンコ店やゲーセンなどを経営していたが、不況で客が入らず経営不振に陥り、事業継続を断念した。

編集後記
必要なアイデアは
「ポン」と出る。

 小俣貫太著『お金に愛されて百戦百勝』55頁  

でしたね。ただし何もしないで考えていたり、瞑想にふけっていただけでは必要なアイデアは出てこないのではないでしょうかね。

それなりに日本の経済や家族の経済を真剣になって活動したり、悩んだりしている中から「ポン」と出てくるのではないかと信じているのです。

斎藤一人さんは出来るだけ多くの人に分かりやすくするために平易な言葉を使っているのと、斎藤一人さんの言葉によって多くの人が幸せを実現できるようにと思って簡単に言っている場合が多いようです。

「必要なアイデアは、ポンと出る。」も黙って座っていれば出てこないと思っている私の考え方は合っているのでしょうかね。


借金問題バッサリ解決

大手業者との競合が激化し、集客力は低下えして倒産したエル・ケイ産業

倒産速報です。静岡県静岡市清水区でパチンコホール運営を行っていたエル・ケイ産業梶i代表者:大石博志)がほか2社倒産しました。民事再生の手続開始申立を行っています。負債総額は30億円です。

会社について
エル・ケイ産業鰍ヘ昭和59年12月、当時店名でもあった(株)ラッキー会館の商号で設立、平成7年1月現商号に変更した。静岡県内外に多店舗展開し、平成17年3月期売上高は58億円内外を計上していた。その間、別会社を立ち上げ新規出店するなど当社を中核にグループを拡大した。

倒産の経緯
しかし、年々大手業者との競合が激化し、集客力は低下、加えて、5号機問題もあり事業規模は縮小した。グループの立て直しを図ったものの、景気低迷が追い討ちを掛け、自力での再建を断念し今回の民事再生申請の処置となった。

関連会社について
(有)ピーサクセスはエル・ケイ産業(株)のグループ拡大を目的に平成8年9月設立。ラスベガスの店名で、静岡県内外に多店舗展開し、平成16年4月期には売上高135億円内外を計上していた。(株)ジーエルは(有)ピーサクセス同様にグループ拡大を目的に平成7年11月設立。愛知県豊橋市内の同業者から事業を引き継ぎ、平成16年にはスロット専門店へリニューアルし、平成17年3月期売上高は23億円内外を計上していた。

パチンコ・パチスロ不況で倒産した潟Zタ

倒産速報です。東京都江東区でパチンコやパチスロ機向けカードシステムを販売していた潟Zタが倒産しました。特別清算が決定しています。負債総額は31億8700万円です。

潟Zタは渇チ根正の商号で昭和41年に設立された会社です。平成7年にマイクロコンピュータ応用機器メーカーのコンピュータゲーム部門の一部を分離して昭和57年に設立されていた旧潟Zタを株式公開を目的として資本整備のために合併して営業を開始した会社です。

潟Zタでは当初の目的であった株式の上場を1997年に店頭(現:ジャスダック)で実現しています。

潟Zタではパチンコやパチスロ機向けお「多機能セタICカードシステム」、パチンコやパチスロ機の周辺機器である「貯玉会員システム、ホールコンピュータ」の開発・製造そして販売を行うとともにロイヤリティを得る遊技機関連事業をメインに行っていました。

2007年に潟Zタでは元代表取締役と元専務取締役が決算書に本来であれば計上することの出来ない売上8億円を計上するという不適切な決算を行っていたことが明るみに出たのです。

2008年1月には潟Zタはジャスダック証券取引所から上場廃止され、潟Zタの信用が大きく失墜したのです。

潟Zタは300店舗のパチンコホールを販売先として、2006年には26億円の売上がありましたが、大手パチンコホールの倒産や、中小パチンコホールの倒産や廃業によって得意先が減少し、売上の回復が見込めず債務超過に陥っての倒産となったものです。

今後はアルゼマーケティングジャパン鰍ェ潟Zタの事業を引き継ぐことになっています。

景気の悪化で製造業、土木建設業あるいは流通業とほとんどの業種業界で経営が苦しくなっていますよね。この影響がゴルフ場やパチンコホールに及んでいるのですね。

明日はわが身と思って日々の経営が健全なものとなるようにしてください。

パチンコ店も地域一番店しか生き残れない!モナミ商事鰍フ倒産

倒産速報です。愛知県名古屋市中川区でパチンコ店を経営していたモナミ商事鰍ェ倒産しました。特別清算の予定です。負債総額は45億円です。

モナミ商事鰍ヘ昭和42年に法人化されたパチンコ店の経営を行っていた会社で、愛知県内に4店舗を展開していました。平成7年には182億円の売上を計上して、地域のパチンコ店として多くの人に親しまれていたはずです。

しかし、同業他社との競合や、県外資本の参入が相次ぎ、苦しい経営を強いられ平成19年には143億円にまで売上が低下していました。

このパチンコ店の経営というのは非常に設備投資にお金のかかる業種で、自己資金が充実していない場合には非常に経営が苦しくなる典型的な業種なのです。

一時は不動産の売却益によってモナミ商事鰍フ経営状態は良くなったようにも思えましたが、抜本的な経営改革や負債の軽減をすることが出来ずに今回の倒産となったわけです。

一般の人の娯楽が非常に多様化している中で、パチンコ店やゴルフ場には苦しい経営になっていますね。高速道路が1000円で走れるというと、多くの人が出かけていう現象がおきていますが、家計には決して楽になるわけではありませんが、少額で楽しむことが出来、家族全員が参加することの出来る娯楽へと移ってきているように感じられてなりません。

パチンコ店に限らず、ゴルフ場、競馬場、競輪場、競艇場などは非常に設備投資にお金のかかるビジネスなのですね。単に娯楽とは言い切れない面が多いですが、射幸心をあおるような娯楽がいつまで生き残れるのかは非常に不透明になっていますよね。

地方の競輪場、競馬場においては廃止をしたり、廃止を検討しているところが相当あるはずです。今後のパチンコ業界も新しい枠組みの中で娯楽と射幸心を満たす何らかの手を打つ必要が出てきた時代といえるでしょうね。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。