愛知県名古屋市で建材卸の(株)シンマチ他1社が自己破産申請の準備



愛知県名古屋市で建材卸の(株)シンマチと関連の(株)アクティアは、7月19日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入った。

材木からベニヤ・新建材、サッシ、壁材など多種の建材を地域工務店などに販売し、以前は8億円以上の売上高があった。しかし、平成28年6月期には5億円台まで売上高が落ち、赤字に至り、その後も業績回復には至っていなかった。
アクティアはシンマツに連鎖した。

会社名 (株)シンマチ
業 種 建材卸
所在地 愛知県名古屋市
創 業 昭和36年
負債額 2億5000万円(シンマチ分のみ)

東京都港区で韓国製スチームオーブン販売のJoycook Japan(株)が破産



東京都港区で韓国製スチームオーブン販売のJoycook Japan(株)は、7月12日に破産手続きの開始決定を受けた。

通販などで販売していたが、売れなかった。

会社名 Joycook Japan(株)
業 種 韓国製スチームオーブン販売
所在地 東京都港区
設 立 平成23年4月
負債額 調査中

東京都渋谷区で家具・雑貨販売のアニッシュ(株)が特別清算の開始決定



東京都渋谷区で家具・雑貨販売のアニッシュ(株)は、7月6日に特別清算の開始決定を受けた。

フランスの家具・インテリア雑貨「MAISON DE FAMILLE」の日本での店舗運営会社。
都内や主要地方都市の百貨店や商業施設に出店していたが、5億円前後の売上高から経費を吸収しきれず、赤字が続き、今回の措置となった。
一部店舗は引き続き別法人で運営されている。

会社名 アニッシュ(株)
業 種 家具・雑貨販売
所在地 東京都渋谷区
設 立 平成24年12月
負債額 調査中

東京都世田谷区でカバン類販売の本多商事(株)が破産



東京都世田谷区でカバン類販売の本多商事(株)は、6月29日に破産手続きの開始決定を受けた。

米「Drifter」の総代理店として、「ドリフターストア」を展開していたバッグ、リュック類などの販売会社。
消費不況続き売上不振、円安で輸入コスト上昇もあり、採算性まで悪化し、支えきれず今回の事態に至った。

会社名 本多商事(株)
業 種 カバン類販売
所在地 東京都世田谷区
設 立 昭和55年4月
負債額 7億円

東京都中央区で生活用品輸入・卸販売の(株)プラネットインターナショナルが破産



東京都中央区で生活用品輸入・卸販売の(株)プラネットインターナショナルは、7月6日付で破産手続の開始決定を受け倒産した。

健康関連品・家庭用調理器具・収納用品・食器類・ペット商品・インテリア雑貨など生活用品の輸入・卸販売を主力に事業を展開するほか、海外メーカーに対する国内でのマーケティングサポートやコンサルティング業務、国内業者向け輸入・輸出サポートも手掛けていました。

会社名 (株)プラネットインターナショナル
業 種 生活用品輸入・卸販売
所在地 東京都中央区
設 立 1997年
資本金 800万円
負債額 調査中

滋賀県彦根市で土木資材卸の(株)今居建材店が破産



滋賀県彦根市で土木資材卸の(株)今居建材店は、3月24日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入っていたが、7月6日に破産手続きの開始決定を受けました。

コンクリ二次製品など扱う土木建築資材の卸売会社でしたが、公共工事の減少で売上高が漸減していた。

会社名 (株)今居建材店
業 種 土木資材卸
所在地 滋賀県彦根市
創 業 昭和43年
負債額 調査中

宮城県仙台市で雑貨販売の(有)アールティコーポレーションが破産



宮城県仙台市で雑貨販売の(有)アールティコーポレーションは、6月30日付で破産手続の開始決定を受け倒産した。

アジアン雑貨や和雑貨の卸・小売販売をはじめ、不用品・遺品整理などの清掃事業、干し梅や海苔など食品販売事業を手掛けていました。

会社名 (有)アールティコーポレーション
業 種 雑貨販売
所在地 宮城県仙台市
設 立 1999年
資本金 500万円
負債額 調査中
従業員 6名

神奈川県横浜市で教育用視聴覚・映像装置販売の(株)ファーストビデオが破産



神奈川県横浜市で教育用視聴覚・映像装置販売の(株)ファーストビデオは、6月28日に自己破産を申請し、6月28日に破産手続き開始決定を受けた。

機器装置や教育現場用の語学練習システムも手がけ、平成24年5月期には約5億円の売上高を計上していた。しかし、最近は売り上げ不振が続き、債務超過に陥り、今般の事態に至った。

会社名 (株)ファーストビデオ
業 種 教育用視聴覚・映像装置販売
所在地 神奈川県横浜市
設 立 昭和47年2月
負債額 3億円

三重県鈴鹿市寺でクリーニング資材・機器卸販売の(株)モトイが自己破産申請の準備



三重県鈴鹿市寺でクリーニング資材・機器卸販売の(株)モトイは、7月7日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入った。

地域クリーニング店を対象に営業していたが、クリーニング店の全国チェーン化が進み、販売不振に陥っていた。

会社名 (株)モトイ
業 種 クリーニング資材・機器卸販売
所在地 三重県鈴鹿市寺
創 業 昭和50年
負債額 調査中

東京都足立区で電材販売の第一電材工業(株)が破産



東京都足立区で電材販売の第一電材工業(株)は、6月30日に事後処理を弁護士に一任して、自己破産申請の準備に入っていたが、7月3日に破産手続きの開始決定を受けました。

モールダクトなど電材福祉材を主体に以前は25億円以上の売上高を計上していた。
しかし、電材商社がメーカーと直接取引を拡大させてきたことにより、同社の売上高は漸減、最近は8億円台の売上高まで落ち、赤字決算が続いていた。

会社名 第一電材工業(株)
業 種 電材販売
所在地 東京都足立区
創 業 昭和26年
負債額 4億円
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。