経営者の先見性欠如という理由で倒産したと思われる潟宴Cフコート

倒産速報です。東京都千代田区で不動産販売を行っていた潟宴Cフコート(代表者:篠原美香経津)が倒産しました。破産手続の開始が決定しました。負債総額は230億円です。

会社について
潟宴Cフコートは、平成8年11月設立の休眠会社を同14年9月に現代表が現商号でスタートした会社で、同15年10月にニチメン(現・双日)の出資を受けたのを皮切りに、三菱商事・馬淵建設や東京三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)等の出資を得て急成長し、平成19年8月期には、157億円の売上高を計上、3億6,000万円内外の純利益を上げていた。

倒産の経緯
この直後から不動産市場は不況に転じ当社の主力販売先であったファンド向けの物件がサブプライムローン問題などでほとんど動かなくなり、購入キャンセルが相次いでいた。このため平成20年8月期の売上高は、前年の10分の1以下の11億円にまで落ち込み▲146億円の大幅赤字を余儀なくされ、129億円の債務超過に転落していた。

このため、資金繰りが極度に悪化し工事代金訴訟を受けたりしていたが、当社所有の賃貸ビル(大阪府高槻市)の共益費も未払いが続いているため、管理会社である高槻市が50%出資する第三セクターの高槻都市開発(株)が電気・水道料金などの立て替え払いをしてきたが、ビル機能喪失の懸念があるため、破産を申し立てていた。

倒産から教えられること
サブプライムローン問題などで資金繰りに困窮したとなっていますが、結局は経営者の責任んおですよね。人生のあらゆる場面に読んで欲しい1冊があります。
仕事中に悩んだり煮詰まった瞬間などにパラパラをめくる事をおすすめしたい。どんな仕事においても当てはまるワンフレーズのオンパレード。自分の決断や発想を後押ししてもらえているような感覚になりました。いつも、ひそかに、バッグに潜ませています(笑)。この値段でこの充実感はなかなか味わえませんよ?

仕事のヒント

4000社を超える企業が参加。日本最大規模のダイレクト・マーケティング組織を主宰し、多くの経営者・コンサルタントに絶大なる影響を与えたマーケッターの、マーケティング・マネジメント・成功哲学の集大成。あなたを刺激するコトバが150コ。

サブプライムローン問題が発端となって倒産した潟Aドバンテージ

倒産速報です。東京都港区で不動産売買を行っていました潟Aドバンテージ(代表者:坂東真悟) が倒産しました。民事再生の手続開始を申立ています。負債総額は25億6,512万円です。

会社にちて
潟Aドバンテージは現代表者の前職での不動産営業の経験を基に平成5年1月に設立、不動産売買と仲介業務を主業として積極的に展開。また当社株式を70%所有(その後解消)する(株)SFCG(H21.4.21破産手続開始決定)の連結子会社として資金的後ろ盾のもとで不動産流動化事業に参入、平成17年11月期には41億9,600万円内外、同18年11月期は51億3,700万円内外と順調に推移していた。

倒産の経緯
サブプライムローン問題を発端とした不動産市況の崩壊で業容は悪化、さらに売買目的で取得した不動産は軒並み原価割れとなるなど担保価値も大きく下落、取引金融機関への約定返済等にも窮するなど資金繰りは急速に悪化、打開策として大阪本店事務所の従業員を1名残し、すべての社員は東京へ移転するなど合理化と所有不動産の売却を目指した。
しかし、大阪本店時代からの不動産売買に伴う支払い遅延による違約金訴訟案件問題や取引金融機関への約定返済が1年以上延滞していたことから先行き資金的見通しが立たなくなり法的申し立てによる再建を目指すこととなった。

倒産から教えられること
サブプライムローン問題は多くの企業に影響を与えています。しかし、倒産する会社もあれば成長している会社もあるのです。結局は経営者の資質が大きな問題になってくるのではないでしょうか。リー・アイアコッカという方は、知る人ぞ知る大物です。
その人の、考え方にふれたくて購入。やっぱり、違いますね・・・。学ぶこと盛りだくさんです。

なぜ真のリーダーがいないのか

全世界で数千万部が読まれたベストセラー『アイアコッカ』の著者が語るリーダーシップ論。フォード社の社長として同社史上最高益を上げながらオーナーに解雇され、直後、倒産不振のクライスラー社に社長として移るや、数々の施策によって同社を蘇らせるという、企業経営者としては前代未聞の劇的人生を送ってきた著者が率直に語るリーダーシップのあり方は、本質を突いていて、抜群に面白い。

指導者に必要な資質とはなにか?フォード社での成功と突然の解雇、クライスラー社の再建という劇的人生を経験してきたカリスマ経営者が、政界、経済界の実名をあげながら、リーダーシップの本質を痛快に語る。

金融収縮、不動産市況急落の影響から倒産した潟Aドバンテージ

倒産速報です。東京都港区で不動産業を行っていた潟Aドバンテージ(代表者:坂東真悟)が倒産しました。民事再生法の適用を申請しています。負債総額は25億6,500万円です。

会社について
潟Aドバンテージは、平成5年1月に設立された不動産業者。不動産の再生・流動化を手がける「アセット・バリュー・クリエイト事業」を展開、同市況の活性化を背景に売上高を大きく伸ばして平成19年11月期には約75億2,500万円の年売上高を計上していた。
 
倒産の経緯
金融収縮、不動産市況急落の影響を避け得ず業況は悪化。本社を大阪から東京へ移転するとともにロードサイド型商業施設関連の事業に注力するも、不動産取得に係る各種資金負担等から繰り回しは多忙化、民事再生法の適用申請を選択するに至る。

倒産の経緯
完全に資金繰りが狂っての倒産ですね。しかし、儲かっている会社というのは一味違っているようですよ。営業現場だけの話ではなく、組織・体制についても参考となります。著者の失敗談は説得高いです。
現場は勿論ですが、やはりマネージメントする立場の方が熟読すべきです。意識するだけでなく、実践に意味有。

人材いらずの営業戦略

人材はなくても会社を伸ばす方法はあります。千社を超える大企業、中小企業で効果を発揮した秘策を大公開。

当たり前のことが出来なかった潟Aドバンテージの急成長から倒産へ

倒産速報です。東京都港区で不動産売買・仲介を行っていた潟Aドバンテージ(代表者:坂東真悟)が倒産しました。民事再生法の申請を行っています。負債総額は25億6500万円です。
 
会社について 
潟Aドバンテージは大阪を中心として、収益不動産の再生・流動化を進める「アセットバリュークリエイト事業」を手掛けるほか、新築・中古マンションの買取・仲介などを行う「マンション流通事業」を展開。不動産の活況を受けて積極的な営業展開により業容を拡大。平成19年11月期は年商約75億2500万円をあげ株式公開の準備も進めていた。

倒産の経緯
平成19年後半より不動産相場の下落から業況は悪化、転売用に取得した不動産を担保割れで売却するほか、物件取得に伴う決済資金の調達不能から手付金放棄や違約金支払いが重なり資金繰りは急速に逼迫。このため、大阪本店事務所を大幅に縮小し、従業員1名を残して全員が東京支店(現本社)へ移り、郊外型商業施設の出店サポート事業「ロードサイド事業」に転換していた。ところが、在庫物件の売却が思うように進まなかったほか、違約金請求訴訟で相次いで敗訴する事態となり、既に金融機関への約定返済が1年以上延滞状態にあり、そうしたなか、残り少ない資産が差押を受けるリスクを抱えながらの事業継続は困難と判断し、法的手続による再建を目指すこととなった。

倒産から教えられること
景気の悪化によって倒産することは理解できますが、結局は日々の経営活動に何らの問題があったから倒産したのでしょうね。当たり前のことをコツコツと行う会社が最後には生き残るように思えてなりません。
これは○、これは×とチェックしながら読んでいます。これだけ全部できたらかなり仕事の出来る人になれると思います。書いてあることは確かにあたりまえなことが多いですが・・・自分にできてないことも多かった。できてないものをこの先気を付けながら仕事をしていきたいと思います。これから社会人になる人、社会人になって日の浅い人に特にお勧めです。ベテラン社会人の人が読んでもためになる内容だと思います。

あたりまえだけどなかなかできない仕事のルール

仕事にむずかしいことなんていらない。これだけできれば仕事は絶対うまくいく。仕事ができる人が、なぜ仕事ができるかがわかる本。

親会社の倒産によって破産した合同会社マホガニー・デベロップメント

倒産速報です。東京都豊島区で不動産業を行っていた合同会社マホガニー・デベロップメント(代表者:小川聡)が倒産しました。破産手続の開始が決定しています。負債総額は37億 円です。
会社について
3月10日に会社更生法を申し立てたパシフィックホールディングス(株)(千代田区、前田俊房管財人、旧東証1部)の関係会社で、不動産取得、保有、売買、賃貸および管理ほかの不動産事業を行っていた。

倒産の経緯
不動産購入資金をはじめ事業資金の大半を調達していたパシフィックホールディングスが3月10日、東京地裁に会社更生法を申し立てたことにより以後の事業運営が困難となり法的措置を執った。平成20年11月期末時点でパシフィックホールディングスの同社向け長期貸付金として36億4600万円計上されていた。
なお、破産申立時点においてパシフィックホールディングスとの資本関係はなかった。

結局社長の力不足を露呈している感じ。人間を見る目がなかったと回顧しているが全くその通り。
金食い虫を見て見ぬフリをしていたのは社長の責任。自分も社員としてその体質を変えようと頑張ったが時既に遅しだった事を思い出した。
リストラ組一人だが人生で底辺まで落ちたのはある意味いい経験になった。

なぜ会社は大きくすると潰れるのか

「行政不況」「行政倒産」に追い込まれるな。「会社破産」の教科書。

栄枯盛衰を感じさせられた大西商事の倒産

倒産速報です。京都府木津川市で不動産業を行っていた大西商事(大西通夫の個人経営)が倒産しました。自己破産を申請しています。負債総額は423億9,000万円です。

会社について
大西商事は1962年6月に個人創業した不動産売買業者で、京都府や奈良県で不動産売買や賃貸業務なども手がけていました。

倒産の経緯
バブル崩壊の影響で業績が急激に悪化し、2000年には所有不動産を差し押さえられる事態に発展。2005年12月に事業を停止していました。
大西商事を経営していた大西通夫は地元の資産家として知られていたほか、タレント美川憲一の後援会会長を務めていたり、自宅が映画「極道の妻たち」の撮影に使われたりしていました。

倒産から教えられること
栄枯盛衰を感じますね。経営とはお客さまを幸福にさせると共に、自分も幸せにさせていただく一つの手段なのですね。私は半分の法則を知ってからは、完全完璧な100点満点を目標に生きることを第一であると、自分自身を追い込む苦悩がなくなりました。
今では、自分自身に対して、ミスした時は、「あっほー」とひらきなおり、ここ一番という時は、「がぉー」と吠えています。生きる勇気をたくさん、いただき感謝しています。

我謳(ガオオーー)!!

カリスマ経営者・無借金マスター市川善彦先生が日々書き綴っている楽天日記(よびりん日記)の珠玉エッセンス!市川先生の経営論・人生訓がぎっしり詰まった本書を読めば、明日からあなたの人生は大きく変わります。

2009年11月25日の全国倒産状況

倒産速報です。2009年11月25日の全国倒産状況と倒産続報です。

北海道 (協)日専連静内 民事再生手続開始決定.

秋田県 シリコーンワールドエス梶@破産手続準備中.

宮城県 若樹建設工業梶@建築工事 

茨城県 つくばブレーンズ梶@破産手続開始決定.

埼玉県 潟Aイバなど2社 一般貨物自動車運送 

東京都
且O浦組 解体工事 
潟tジ産業 鋼材加工、販売
許リ村商店 ガソリンスタンド経営
椛謌鼬注N管理センター 健康診断
潟Aトムズ 人材派遣

神奈川県 潟Wオン 施設内飲食店経営・マッサージ

新潟県 鰍スろべ 破産手続開始申立.

長野県 級ニづくり職人ひのき家 破産手続開始決定.

愛知県 
潟Lタノ 建物解体工事 
栄光電子梶@特殊機械製造、付帯備品卸
鞄本調温 空調設備工事

岐阜県 マルエス乳業梶@冷菓・清涼飲料卸 

大阪府 叶シ田伝太郎商店 破産手続準備中.

奈良県 贋ン京 破産手続開始決定.

広島県 
潟c潟G空調 ダクト製作、取り付け 
ウチトミ工業梶@産業廃棄物収集、運搬

徳島県 かがみ石油求@破産手続開始申立

香川県 褐叶<nートレイ マンション分譲、建築工事 

佐賀県 友我リサイクルセンター求@産業廃棄物処分業 

大分県
汲ュしふるの里 公園 
渇ヤの企画社 公園 

熊本県 旧F本トマト栽培研究会 トマト栽培出荷


自己破産すらできない本当の地獄の底からどう這い上がるか。乗り越えられない壁はない。25歳で莫大な借金を背負った著者の、人生のどん底からの生還と成功への軌跡。人気メルマガを書籍化。

実際に著者の立場に置かれた場合、どうにもならなくなったら「寝る」というのは、冗談のようで実は精神衛生上かなり有効な気がします(笑)。
借金にまつわる著者のさまざまな経験が綴られています。筆舌に尽くしがたい艱難辛苦を乗り越え見事に生還されたわけですが、Rキヨサキで言うところのファイナンシャルインテリジェンスを身に着けたことが大きなポイントだと思います。改めてファイナンス、マーケティングの大切さを思い知らされました。読む側としても勉強する気が湧いてくる一冊です。

お金の味

生きることへの「夢」とか「希望」とか、そんな言葉が別世界の事柄に感じられるくらい、「人並みのしあわせ」を求める可能性をすべて奪い去ってしまう、膨れ続ける借金という巨大な壁…。自己破産すらできない本当の地獄の底からどう這い上がるか。

穴吹興産、最終赤字3億5900万円 7〜9月、契約戸数は大幅増

倒産速報です。穴吹興産、最終赤字3億5900万円 7〜9月、契約戸数は大幅増
 
マンション分譲の穴吹興産が11日発表した2009年7〜9月期の連結決算は、最終損益が3億5900万円の赤字(前年同期は3億4700万円の赤字)となった。拠点の統廃合などスリム化を進めたが、原材料費の高騰などが利益を押し下げた。ただし契約戸数は前年同期から大きく伸びており、「当社としては最悪期は脱したのではないか」(植田栄正総務部副部長)としている。

 売上高は16%増の113億2800万円。契約戸数が383戸と、前年同期の265戸から4割強伸びたことがけん引した。7〜9月期としては4年ぶりの高水準。

 契約戸数が増えた一方、仕入れ時の土地代や材料価格を反映した売上原価が約93億円と19%増え、営業損益は4億6200万円の赤字(前年同期は3億1100万円の赤字)となった。10年6月期通期の業績予想は純利益が前期比20%減の7億2000万円。

赤字で苦しんでいる経営者にぜひ読んで欲しい1冊があります。鹿児島県の田舎町に日本初の24時間営業大型店を出店し、躍進を続ける「A-Z」。効率を無視したオール品揃え、集客チラシは年3度の催事だけ、マニュアルも社員教育もなし、買物バスの運行、5%キャッシュバックなど、各界から注目を集める「A-Z」の創業者が、不況にも強いユニーク経営の秘密を語る。

利益第二主義

常識外れなのに伸び続けているのはなぜか?効率を無視したオール品揃え、集客チラシは年数回だけ、マニュアルも社員教育もなし…各界から注目を集めるA‐Zの創業者が、不況にも強いユニーク経営の秘密を語る。

間違った経営方針を決定して倒産した潟<gリックスとバカ社長論

倒産速報です。北海道札幌市で不動産業を行っていた潟<gリックス(代表者:窪田もとむ)が倒産しました。特別清算開始が決定しました。負債総額は33億8,000万円です。
 
会社について
潟<gリックスは昭和59年3月に設立された不動産業者。松本建工鰍フ関連企業として不動産賃貸業を目的に設立され、年商5000万円規模で推移していたが、親会社主導で進めらていた大規模プロジェクト「南あいの里宅地造成事業」に際して、区画整理に伴う土地取得の受け皿会社となったことで、金融機関から資金調達していた。

倒産の経緯
平成20年12月に松本建工鰍ェ民事再生手続開始を申し立てたことから、借入金の返済が困難となり、同21年7月31日の株主総会で解散の決議がなされ、会社清算に向けた手続きを進めていた。

倒産から教えられること
経営者に大きな問題があったのでしょうね。ここにバカ社長論という本があります。題名から社長否定の本かと思ったのですが、会計の切り口でなるほどと納得する事例が解りやすまとまっています。
実際に自分が企業に対して提案するケースを考えても、これは使えると言う響く言葉もありとても参考になりました。
ある意味、自分もバカ社長の一員と思ってしまう事もありました。
企業に対する提案や数字の考え方が増えて自分に取っては参考になる本でした。

バカ社長論

電気代節約で赤字が増えた、デキる社員に仕事を振ったら売上が減った…。会社の不調の原因は、いつだって社長や管理職のデタラメな判断・行動にある。会計士の視点から、会社が犯しがちな間違いを挙げ、「こうすれば、もうかる」シンプルな理論を説く。

レオパレス21の経営に黄信号が

倒産速報 明日はわが身です。 レオパレス21の経営に黄信号が

アパート建築・賃貸の「レオパレス21」は、2010年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が191億円の赤字に転落する見通しを明らかにしました。

景気低迷の影響で入居率の回復が遅れているため、賃貸事業部門で空室損失引当金約45億円を計上。その他、営業外損失として約43億円の為替差損が発生したこと等を理由に、大幅な下方修正をおこなったようです。

そのため、レオパレス21 では、取り組んでいる経営合理化策の見直しに着手し、新たな施策について年初をめどに公表する予定。

また、経営責任を明確にするため、2009年10月から2010年3月までの間、取締役社長で40%、その他取締役で30%の役員報酬減額を実施するとのこと。

藤田田さんの本は初めてでしたが、本書を読む限り、歯に衣を着せぬ物言いが印象的でした。

チャンスをお金に変える方法

お金儲けがしたい、成功したいとは誰もが抱く思い。だが、実現できる人は限られている。その差はどこにあるのか?―その答えが本書にある。1971年、20世紀の歴史的事件といわれたマクドナルド1号店を銀座にオープン。以後、外食産業ナンバーワンとしての黄金時代を陣頭指揮、数々の成功神話を生み続けた伝説の男・藤田田。76歳にして会長の座を去り、原点である藤田商店で第2の起業家人生を歩み始めた氏が、金戦学のツボとノウハウを公開する。

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。