静岡県熱海市で不動産管理を行っていました鰍mFOと潟Gスエフ商事が倒産

倒産速報です。静岡県熱海市で不動産管理を行っていました鰍mFOと潟Gスエフ商事が倒産しました。破産手続の開始が決定しています。負債総額は88億円です。各々約44億円になっています。

会社について
昭和22年5月に初代・塩谷比佐氏が(株)ニューフジヤ(現在のエスエフ商事)を設立したのが始まりで、35年1月には(株)熱海富士屋ホテルに商号を変更した。37年3月に(株)ニューフジヤホテル(現在のNFO)を設立し、グループで連携した営業を展開して成長してきた。

倒産への経緯
かつて熱海では大規模ホテルとして知られ、地区を代表する有名ホテルグループであったがバブル崩壊以降、経営が悪化。施設の老朽化もあってサービスが低下するなど悪循環に陥っていた。その後も自力再生を目指して、事業リストラなどの処置をおこなっていたものの、平成11年10月には「熱海富士屋ホテル」を廃業。17年4月には「ニューフジヤホテル」を第三者に事業売却、自主再建を断念し私的整理を進めていた。

なお、現在の「ニューフジヤホテル」は、あるホテルグループチェーンの傘下であり、当社との関係はない。

倒産から教えられること
経営の悪化によってサービスが低下することは当然起きることですね。経営者は従業員のモチベーションが下がらないようにしなければならないのですよね。

有名な平秀信さんが書かれた利益を生み出すノウハウ本です。この本は本物です。
まずは実際に成功している経営者の実体験に基づいているということ、そして今すぐにでも実践でき、かつ即効性がある(即売上につながる)という点、そしてそういう貴重なネタをこんなに安い価格でいろいろな方に提供している点、これはすごいと思います。
神田昌典のファンの方だったらとくにわかっていただけると思いますが、神田昌典をはるかに超えています。
ぜひ一読ください。そして即実践してみてください。90日後とかではなく、次の日から効果がありますから。1575円です。

年俸5億円の社長が書いた儲かる会社のすごい裏ワザ

プロローグ なぜ、私は年俸5億円の社長になれたのか?(私が自慢できる3つのこと/ノウハウを学べば、成功するのは簡単なこと ほか)
第1章 商売繁盛!圧倒的に売るセールス(きわめて売りにくい商品を簡単に売る方法/キャンセルを減らして保証を最強にする方法 ほか)
第2章 お客の心を鷲づかみするテクニック(あなたの売りたい商品を売る方法/お客が反応する「裏の欲求」の見つけ方 ほか)
第3章 買わずにいられない商品づくり(すぐに現金を得たければ、こんな商品を売れ!/売れる切り口は「裏」にあり ほか)
第4章 ダントツ企業に生まれ変わる(金銭感覚より大事なキンセン感覚とは?/ワクワク感を与えれば、競合他社を大きく引き離せる ほか)

レオパレス21、今期の連結業績予想を純損失191億円に

倒産速報 明日はわが身です。レオパレス21、今期の連結業績予想を純損失191億円に修正=不況で賃貸伸びず

アパート建築・賃貸の「レオパレス21」は、2010年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が191億円の赤字に転落する見通しを明らかにしました。

景気低迷の影響で入居率の回復が遅れているため、賃貸事業部門で空室損失引当金約45億円を計上。その他、営業外損失として約43億円の為替差損が発生したこと等を理由に、大幅な下方修正をおこなったようです。

そのため、レオパレス21では、取り組んでいる経営合理化策の見直しに着手し、新たな施策について年初をめどに公表する予定。

また、経営責任を明確にするため、2009年10月から2010年3月までの間、取締役社長で40%、その他取締役で30%の役員報酬減額を実施するとのこと。

時間の使い方を把握&見直したいと思ったので買いました。
毎月エッセイがあるので、藤沢さんの本が好きな人にもお勧めできます。
書くことで、夢に少しずつ近づいていける、そんな手帳だと思います。

夢をかなえる人の手帳 2010

こんな時代だからこそ、自分の足もとを見つめながら、しっかりと前に進んでいきましょう。

■「夢かな手帳2010」はココに注目!
1)夢かなイメージキャラクター「カナエ」が、2010年もあなたの夢を応援します。
 昔から「幸運を運ぶ」と言われているてんとう虫の「カナエ」が、
 あなたの夢をかなえるナビゲーターとして活躍します。初版限定シール付き!

2)今年もやります!七夕プロジェクト。
 2010年のあなたの夢を、同封の短冊に書いて、郵便またはメールにてお送りください。7月には、どれだけその夢に近づいているでしょう?


3)新コンテンツ登場!
 3年後、5年後、10年後を具体的にイメージする「12年カレンダー」
 1年の予定が一望して俯瞰できる「年間カレンダー」
 など、ますますパワーアップして使いやすくなりました。

親会社の倒産による連鎖で破産したシロックス

倒産速報です。大阪府大阪市北区で不動産賃貸を行っていたシロックス鰍ェ倒産しました。破産手続の開始が決定しています。負債総額は22億円です。

会社について
シロックス鰍ヘ元東証一部上場企業で、今年9月1日に破産手続開始決定を受けたシルバーオックス(株)(既報9月4日号、10月9日号ほか)の資産管理会社として発足。グループ内の総務・経理・情報システムといった、バックオフィス業務の事務代行及び物流施設を関連会社に貸し付け賃貸収入を得る形態で、平成15年3月期には年商約6億3600万円を計上していた。

倒産の経緯
親会社の業績不振に伴い、グループの負債圧縮や再建を進めるにあたって千葉県市川市・大阪府大東市の各保有不動産売却を進めるなどして、20年3月期には約8億3000万円の利益を計上していた。しかし今年9月1日、親会社であるシルバーオックス(株)が破産手続開始を申し立てたことで事業継続は困難となり、今回の措置となった。

倒産から教えられること
親会社の倒産による連鎖倒産ですが、同じようなことがいつ自分の身に振りかかってくるかも知れません。
大きな問題でも難しい問題でも、小さく分けて考えれば、必ずとっかかりが見えてきます。世界最高峰の経営コンサルティング会社で教えられている「問題解決」の考え方を、身近なストーリーと素敵なイラストで中高生にもわかるように解説。自分のアタマで考え、行動する力が自然と身につく本を紹介します。1260円になっています。

世界一やさしい問題解決の授業

わかりやすい設定で書かれてありましたが、本質が書いてあるように思いました。この思考法を身につけられたらいいなと思います。

常に最悪のケースを想定して事業を行わなかった潟Aートハウジング

倒産速報です。東京都新宿区でマンション分譲を行っていた潟Aートハウジング(代表者:山根延夫)が倒産しました。民事再生の手続開始申立を行っています、負債総額は58億円です。

会社について
潟Aートハウジングは、昭和45年2月創業、51年6月に法人化されたマンション分譲業者。東京都多摩地域や埼玉、千葉等首都圏を中心に自社ブランドマンション「サニーコート」シリーズを展開、平成19年5月期の年商は122億円を計上していた。

倒産への経緯
しかしその後のサブプライムローンに端を発した金融市況収縮で業況は暗転。一部販売価格の値下げに踏み切るなどで20年5月期年商は103億円にとどめていたが、20年10月には取引先であった(株)ダイナシティ(東京都港区)が民事再生手続開始を申立て、11億円超の不良債権が発生し動向が注目されていた。

21年5月期は在庫販売を中心に行い年商は117億円まで回復したものの、前述の不良債権処理等で大幅赤字計上を余儀なくされ、資金繰りも厳しい状態が続いていた。

倒産から教えられること
サブプライムローンの問題や、リーマンショックなど予測もしていなかったことがいつ起きるかもしれないのですね。
将来を予測することはある意味無理ですが、最悪のケースを想定して事業活動を行うことは決して無理ではありません。

ほんの少しだけ考え方を変えるだけで人生は大きく変わることがあります。もちろん短期間では無理でしょうが、長期的に見れば健全な考え方は身に付けておいて欲しいものですね。

心を変えて人生を変える19のエクササイズ

経営合理化に注力するも抗せず倒産した潟Gクトス

倒産速報です。東京都中央区で不動産業を行っていた潟Gクトス(代表者:緒方博幸)が倒産しました。事業を停止しています。負債総額は18億円です。

会社について
潟Gクトスは平成8年11月に設立された不動産業者。オフィスビル、商業ビル、マンションのリノベーション等を手がけ、住宅分野では空間デザイン、家具を含めたインテリアリノベーションを提案するなど差別化を推進、平成19年10月期には約84億6,100万円の年売上高を計上していた。
 
倒産への経緯
しかし、足下においては不動産市況悪化、金融収縮等の影響を避け得ず業況は暗転。業績水準の大幅低下を余儀なくされる中、経営合理化に注力するも抗せず今回の事態へと至る。

倒産から教えられること
平成19年に84億円の売上があって、18億円の負債で倒産するとは少し不思議な気がしますが、今後の情報に注目しています。

通常は負債総額は年商を上回る程度になるものです。経理をほんの少しだけ知っているだけで経営内容は大きく変わってきますので、ぜひ経理の基本的な考え方や知識は身に付けておいていただけるとうれしいですね。

顧問税理士つける『前』にできること、やるべき事 ■『1冊で10ヶ月分の会計事務所アドバイス』−コンサルティングコース■

では質問も出来るようになっていますので、経理に不安のあるような方にはお薦めです。

2度目の民事再生手続開始申立を行ったニューシティ・レジデンス投資法人

倒産速報です。東京都港区で不動産投資を行っていたニューシティ・レジデンス投資法人(代表者:新井潤)が倒産しました。2度目の民事再生手続開始申立を行っています。負債総額は1,088億5,000万円です。

会社について
ニューシティ・レジデンス投資法人は、平成16年9月に米国系投資会社シービー・リチャード・エリスを母体に設立。3カ月後の同16年12月に東京証券取引所不動産投資信託証券市場に上場し、折からの不動産ブームに乗り、シービーアールイー・レジデンシャル・マネジメント(株)を資産運用会社にして賃貸住宅投資で順調に業績を拡大してきた。運用資産は(株)ニューシティーコーポレーションのマンションを中心に同20年2月期(6カ月ごと決算)は62億円の営業収益、24億円の最終利益を確保していた。

倒産の経緯
しかし、不動産バブル崩壊に伴う世界的な金融危機に直面し、不動産の売却、および購入予定物件の資金調達もできず平成20年10月9日に東京地裁へ民事再生手続開始を申し立て、10月14日に再生手続開始決定を受けていた。

平成21年4月7日にローン・スターをスポンサーに選定、7月15日開催の債権者集会で再生計画案を諮ったが否決され、続行期日とした9月9日の再決議においても大口債権者らの反対によりローンスター案は計画認可に必要な半分以上の議決を得られなかった。
通常なら再生が困難として破産手続に移行するが、債権者の賛同を得られるスポンサーとして大和ハウス工業(株)およびビ・ライフ投資法人と交渉を行い、9月18日に基本合意に至った。

大和ハウス工業(株)を含めた第三者割当増資、ビ・ライフ投資法人を存続法人とする吸収合併、再生債権の元本等の全額を5年で支払う、などの再生計画案が多数の債権者から賛同を得られたとして、今回の措置となった。負債総額は同21年2月期ベースで1,088億5,000万円内外。

倒産から教えられること
無理、無駄とムラは経営に絶対あってはならないことですが、ニューシティ・レジデンス投資法人では相当な無理をしていたようですね。利益にばかり目が行ってしまって堅実な経営ということを忘れていたのではないかと思われます。

つるはしビジネスを活用したお金を稼ぐ方法

というユニークな本が出ています。利益を得られる本当のビジネスモデルを考えるには役に立つのではないでしょうか。



地元では優良企業で名士でもあった潟}ルエイの倒産

倒産速報です。秋田県秋田市で宅地造成分譲や不動産賃貸を行っていた潟}ルエイが倒産しました。破産手続の開始が決定しています。負債総額は11億7,400万円です。

会社について
潟}ルエイは現代表の実父が代表社員となっていた(資)丸栄商会がもともとの母体で、同社の事業継承を目的に平成2年8月に(株)大翔として設立、平成3年2月には(資)丸栄商会を吸収し、現商号に変更していた。

規模的には地場古参大手クラスの業者として認知され、実父は地元では名士として知られ、平成5年に紺綬褒章、同6年には黄綬褒章を授与されていた。ピーク時の平成9年1月には15億8,300万円内外の売上高となり、最終利益も3,200万円内外を計上し、秋田市内に賃貸マンション4棟、テナントビル2棟を保有していた。

倒産の経緯
しかし、景況悪化の影響を受けて不動産業界事態が低迷。その後、売り上げは半分程度まで減少し、近年では1億円内外にとどまり、平成21年に入ってからは事業を停止していた。

倒産から教えられること
潟}ルエイでは利益をあげていた時期に内部留保すべきお金がなかったのでしょうか。それとも内部留保してあったお金を全て使ってしまっての倒産なのでしょうか。
私の知っている範囲では、決算書の勘定科目に内部留保に相当するものがない会社が非常に多いですね。
今からでも遅くはありませんので、内部留保を少額でも結構ですから始めてください。

なぜ、あの会社は儲かるのか?

ユニクロがなぜ売れるのか?具体的な例が多くわかり易いです。経営と会計上の数字の関係を掴むきっかけになると思います。最終的には経営戦略論について分かり易く書かれた本にもなっています。

価格競争や改正建築基準法の施行等の影響で倒産したニシマツコーポレーション

倒産速報です。大阪市住吉区で戸建住宅分譲などを行っていた ニシマツコーポレーション鰍ェ倒産しました。民事再生法の適用を申請をしています。負債総額は40億円です。

会社について
ニシマツコーポレーション鰍ヘ、1970年(昭和45年)7月に設立した戸建住宅建売業者。一般戸建住宅を中心に、一部マンション用地の宅地造成や企画販売などにも手がけるグループで、2009年9月5日に西松建設鰍ゥら現商号へ変更した。

大阪市南部から和歌山県にかけての南大阪地域を主力に、奈良県や兵庫県にも進出を果し、地元では「西松の家」ブランドなどで高い知名度を獲得するなど、98年12月期には年売上高約101億600万円を計上していた。

倒産の経緯
しかし以降は、新興業者との価格競争や改正建築基準法の施行等の影響から市況は低迷し、2007年12月期の年売上高は約52億8400万円にまでダウン。またこの間には、用地取得などの開発資金で金融債務が100億円規模で高止まりするなど、脆弱な財務内容の改善が課題となっていた。

このため、戸建住宅部門に事業領域を集中させる一方、開発用不動産の売却により大胆な借入金の削減などのリストラ策を講じてきたが、代表が兼務する関連企業の椛蜍v(ダイキュウ)木材(建材卸、同所)が、2009年3月末に民事再生法を申請。 ニシマツコーポレーション鰍含めたグループの信用力が急激に低下するなか、7月には債権者から破産手続きを申し立てられため、以降協議を続けてきたが、事業再生を目指して今回の措置を選択した。

倒産から感じること
経営環境が変わることは常に起きることです。もちろん良くなることもありあます。どのように景気が良くなっても常に最悪のケースを想定した上で企業活動が行われると良いのですがね。現実には難しいですよね。

究極的には人間性を磨く必要があるのではないでしょうか。

3分でわかる運のちから

この手の本は実はいろいろ読んでいますが、あちこちのいいとこどり、というかんじです。文庫本なので、手元に置いて、ちょっと落ち込んだときに読むことができてうれしいです。パッと開くと、ちょうどその時に必要な言葉が書いてあるので不思議。

いつもそばに置いておいて少しづつ読んでみてください。

テナントの撤退などから売り上げは伸びず倒産した武生商業開発

倒産速報です。福井県越前市で不動産賃貸を行っていた武生商業開発鰍ェ倒産しました。民事再生の手続開始申立を行っています。負債総額は54億3,000万円です。

武生商業開発鰍ヘ昭和55年10月、地元経済界の有力者らの出資により設立したもので、昭和63年3月に商業施設「シピィ」をオープン、ユニー)を核テナントとして開業した。

地元に密着した展開で、平成11年9月には8億円内外を投じてリニューアルを実施したほか、平成13年4月には公衆浴場と飲食店を兼ね備えた「アクアシピィ」をオープンするなど積極策を採用し、ピーク時の平成16年3月期には13億円の売上高を計上していた。

しかし、周辺市町村に郊外型の商業施設が次々とオープンしたことや、個人消費の低迷などから客足は鈍化、また、それまでの多額な設備投資に伴う借入金の負担が重荷となり、財務体質の悪化が進んでいた。

さらに、その後もテナントの撤退などから売り上げは伸びず、経営改善が進まない中、平成21年6月には経営責任を取る形で旧経営陣が全員退陣、新経営陣が取引金融機関に対して借入金の返済猶予を申し出たものの協議は難航し、今年9月には不動産やテナントからの家賃を差し押さえられる事態となっていた。

負債総額は54億3,000万円内外。このうち、金融債務は35億円内外、テナントの敷金・保証金が15億円内外、一般債権が3億7,200万円内外、リース債権が5,800万円内外。

主たる業務をクルクルを変えて倒産した叶ツ山コーポレーション

倒産速報です。東京都渋谷区で不動産販売代理・仲介を行っていた叶ツ山コーポレーション(代表者:永野雄一郎)が倒産しました。破産手続の開始が決定しています。負債総額は31億円です。

叶ツ山コーポレーションは平成2年3月に設立された会社でした。不動産販売代理・仲介以外に、相続問題や資産有効活用などの不動産コンサルティング業務を行っていました。平成12年には14億円の売上を計上していました。

しかし、近年の不動産市況悪化の影響もあり、不動産販売代理・仲介業務にシフトしたが業績は低迷、利益面も低調で債務超過に陥っていた。

さらに競売物件のリフォーム後の販売、建売住宅販売などに相次いで参画していました。その後は、不動産売買事業を大幅に縮小し、不動産代理、仲介業務が主体となったことで、2008年12月期の年収入高は約9,7000万円にまで減少、大幅欠損計上が続き債務超過を解消することができなかった。

平成21年4月10日に債権者より破産手続開始を申し立てられていた叶ツ山コーポレーションは、2009年8月26日に東京地裁より破産手続開始決定を受けた。

ピーク時の売上が14億円で、倒産直前のう売上が1億円以下なのに、31億円の負債総額とは本当に大きいですね。

無茶な資金計画であったのですが、よくこれほどの借入金などの負債が出来たものだと不思議な気持ちですね。

不動産コンサルティング業務 ⇒ 競売物件のリフォーム ⇒ 不動産売買事業 ⇒ 不動産代理、仲介業務 と同じ不動産関連の事業ですが、これほど主たる業務が変わると信用は低下してしまうでしょうね。

健全な肉体と、健全な心で経営に取り組めば少しは違った展開になっていたと思われますね。

現在、世間にこれだけの影響を与えているマクドナルドの祖レイ・クロックの波乱に満ちた生涯を垣間見れます。
先見性、粘り強さが尋常ではない人だったのだと思いました。それは自分が何をしたいのか目的がしっかりと見えていたからでしょう。

成功はゴミ箱の中に


私にとっては心の支えになっていますね。




日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。