2度目の民事再生手続開始申立を行ったニューシティ・レジデンス投資法人

倒産速報です。東京都港区で不動産投資を行っていたニューシティ・レジデンス投資法人(代表者:新井潤)が倒産しました。2度目の民事再生手続開始申立を行っています。負債総額は1,088億5,000万円です。

会社について
ニューシティ・レジデンス投資法人は、平成16年9月に米国系投資会社シービー・リチャード・エリスを母体に設立。3カ月後の同16年12月に東京証券取引所不動産投資信託証券市場に上場し、折からの不動産ブームに乗り、シービーアールイー・レジデンシャル・マネジメント(株)を資産運用会社にして賃貸住宅投資で順調に業績を拡大してきた。運用資産は(株)ニューシティーコーポレーションのマンションを中心に同20年2月期(6カ月ごと決算)は62億円の営業収益、24億円の最終利益を確保していた。

倒産の経緯
しかし、不動産バブル崩壊に伴う世界的な金融危機に直面し、不動産の売却、および購入予定物件の資金調達もできず平成20年10月9日に東京地裁へ民事再生手続開始を申し立て、10月14日に再生手続開始決定を受けていた。

平成21年4月7日にローン・スターをスポンサーに選定、7月15日開催の債権者集会で再生計画案を諮ったが否決され、続行期日とした9月9日の再決議においても大口債権者らの反対によりローンスター案は計画認可に必要な半分以上の議決を得られなかった。
通常なら再生が困難として破産手続に移行するが、債権者の賛同を得られるスポンサーとして大和ハウス工業(株)およびビ・ライフ投資法人と交渉を行い、9月18日に基本合意に至った。

大和ハウス工業(株)を含めた第三者割当増資、ビ・ライフ投資法人を存続法人とする吸収合併、再生債権の元本等の全額を5年で支払う、などの再生計画案が多数の債権者から賛同を得られたとして、今回の措置となった。負債総額は同21年2月期ベースで1,088億5,000万円内外。

倒産から教えられること
無理、無駄とムラは経営に絶対あってはならないことですが、ニューシティ・レジデンス投資法人では相当な無理をしていたようですね。利益にばかり目が行ってしまって堅実な経営ということを忘れていたのではないかと思われます。

つるはしビジネスを活用したお金を稼ぐ方法

というユニークな本が出ています。利益を得られる本当のビジネスモデルを考えるには役に立つのではないでしょうか。



地元では優良企業で名士でもあった潟}ルエイの倒産

倒産速報です。秋田県秋田市で宅地造成分譲や不動産賃貸を行っていた潟}ルエイが倒産しました。破産手続の開始が決定しています。負債総額は11億7,400万円です。

会社について
潟}ルエイは現代表の実父が代表社員となっていた(資)丸栄商会がもともとの母体で、同社の事業継承を目的に平成2年8月に(株)大翔として設立、平成3年2月には(資)丸栄商会を吸収し、現商号に変更していた。

規模的には地場古参大手クラスの業者として認知され、実父は地元では名士として知られ、平成5年に紺綬褒章、同6年には黄綬褒章を授与されていた。ピーク時の平成9年1月には15億8,300万円内外の売上高となり、最終利益も3,200万円内外を計上し、秋田市内に賃貸マンション4棟、テナントビル2棟を保有していた。

倒産の経緯
しかし、景況悪化の影響を受けて不動産業界事態が低迷。その後、売り上げは半分程度まで減少し、近年では1億円内外にとどまり、平成21年に入ってからは事業を停止していた。

倒産から教えられること
潟}ルエイでは利益をあげていた時期に内部留保すべきお金がなかったのでしょうか。それとも内部留保してあったお金を全て使ってしまっての倒産なのでしょうか。
私の知っている範囲では、決算書の勘定科目に内部留保に相当するものがない会社が非常に多いですね。
今からでも遅くはありませんので、内部留保を少額でも結構ですから始めてください。

なぜ、あの会社は儲かるのか?

ユニクロがなぜ売れるのか?具体的な例が多くわかり易いです。経営と会計上の数字の関係を掴むきっかけになると思います。最終的には経営戦略論について分かり易く書かれた本にもなっています。

価格競争や改正建築基準法の施行等の影響で倒産したニシマツコーポレーション

倒産速報です。大阪市住吉区で戸建住宅分譲などを行っていた ニシマツコーポレーション鰍ェ倒産しました。民事再生法の適用を申請をしています。負債総額は40億円です。

会社について
ニシマツコーポレーション鰍ヘ、1970年(昭和45年)7月に設立した戸建住宅建売業者。一般戸建住宅を中心に、一部マンション用地の宅地造成や企画販売などにも手がけるグループで、2009年9月5日に西松建設鰍ゥら現商号へ変更した。

大阪市南部から和歌山県にかけての南大阪地域を主力に、奈良県や兵庫県にも進出を果し、地元では「西松の家」ブランドなどで高い知名度を獲得するなど、98年12月期には年売上高約101億600万円を計上していた。

倒産の経緯
しかし以降は、新興業者との価格競争や改正建築基準法の施行等の影響から市況は低迷し、2007年12月期の年売上高は約52億8400万円にまでダウン。またこの間には、用地取得などの開発資金で金融債務が100億円規模で高止まりするなど、脆弱な財務内容の改善が課題となっていた。

このため、戸建住宅部門に事業領域を集中させる一方、開発用不動産の売却により大胆な借入金の削減などのリストラ策を講じてきたが、代表が兼務する関連企業の椛蜍v(ダイキュウ)木材(建材卸、同所)が、2009年3月末に民事再生法を申請。 ニシマツコーポレーション鰍含めたグループの信用力が急激に低下するなか、7月には債権者から破産手続きを申し立てられため、以降協議を続けてきたが、事業再生を目指して今回の措置を選択した。

倒産から感じること
経営環境が変わることは常に起きることです。もちろん良くなることもありあます。どのように景気が良くなっても常に最悪のケースを想定した上で企業活動が行われると良いのですがね。現実には難しいですよね。

究極的には人間性を磨く必要があるのではないでしょうか。

3分でわかる運のちから

この手の本は実はいろいろ読んでいますが、あちこちのいいとこどり、というかんじです。文庫本なので、手元に置いて、ちょっと落ち込んだときに読むことができてうれしいです。パッと開くと、ちょうどその時に必要な言葉が書いてあるので不思議。

いつもそばに置いておいて少しづつ読んでみてください。

テナントの撤退などから売り上げは伸びず倒産した武生商業開発

倒産速報です。福井県越前市で不動産賃貸を行っていた武生商業開発鰍ェ倒産しました。民事再生の手続開始申立を行っています。負債総額は54億3,000万円です。

武生商業開発鰍ヘ昭和55年10月、地元経済界の有力者らの出資により設立したもので、昭和63年3月に商業施設「シピィ」をオープン、ユニー)を核テナントとして開業した。

地元に密着した展開で、平成11年9月には8億円内外を投じてリニューアルを実施したほか、平成13年4月には公衆浴場と飲食店を兼ね備えた「アクアシピィ」をオープンするなど積極策を採用し、ピーク時の平成16年3月期には13億円の売上高を計上していた。

しかし、周辺市町村に郊外型の商業施設が次々とオープンしたことや、個人消費の低迷などから客足は鈍化、また、それまでの多額な設備投資に伴う借入金の負担が重荷となり、財務体質の悪化が進んでいた。

さらに、その後もテナントの撤退などから売り上げは伸びず、経営改善が進まない中、平成21年6月には経営責任を取る形で旧経営陣が全員退陣、新経営陣が取引金融機関に対して借入金の返済猶予を申し出たものの協議は難航し、今年9月には不動産やテナントからの家賃を差し押さえられる事態となっていた。

負債総額は54億3,000万円内外。このうち、金融債務は35億円内外、テナントの敷金・保証金が15億円内外、一般債権が3億7,200万円内外、リース債権が5,800万円内外。

主たる業務をクルクルを変えて倒産した叶ツ山コーポレーション

倒産速報です。東京都渋谷区で不動産販売代理・仲介を行っていた叶ツ山コーポレーション(代表者:永野雄一郎)が倒産しました。破産手続の開始が決定しています。負債総額は31億円です。

叶ツ山コーポレーションは平成2年3月に設立された会社でした。不動産販売代理・仲介以外に、相続問題や資産有効活用などの不動産コンサルティング業務を行っていました。平成12年には14億円の売上を計上していました。

しかし、近年の不動産市況悪化の影響もあり、不動産販売代理・仲介業務にシフトしたが業績は低迷、利益面も低調で債務超過に陥っていた。

さらに競売物件のリフォーム後の販売、建売住宅販売などに相次いで参画していました。その後は、不動産売買事業を大幅に縮小し、不動産代理、仲介業務が主体となったことで、2008年12月期の年収入高は約9,7000万円にまで減少、大幅欠損計上が続き債務超過を解消することができなかった。

平成21年4月10日に債権者より破産手続開始を申し立てられていた叶ツ山コーポレーションは、2009年8月26日に東京地裁より破産手続開始決定を受けた。

ピーク時の売上が14億円で、倒産直前のう売上が1億円以下なのに、31億円の負債総額とは本当に大きいですね。

無茶な資金計画であったのですが、よくこれほどの借入金などの負債が出来たものだと不思議な気持ちですね。

不動産コンサルティング業務 ⇒ 競売物件のリフォーム ⇒ 不動産売買事業 ⇒ 不動産代理、仲介業務 と同じ不動産関連の事業ですが、これほど主たる業務が変わると信用は低下してしまうでしょうね。

健全な肉体と、健全な心で経営に取り組めば少しは違った展開になっていたと思われますね。

現在、世間にこれだけの影響を与えているマクドナルドの祖レイ・クロックの波乱に満ちた生涯を垣間見れます。
先見性、粘り強さが尋常ではない人だったのだと思いました。それは自分が何をしたいのか目的がしっかりと見えていたからでしょう。

成功はゴミ箱の中に


私にとっては心の支えになっていますね。




自己資本過少で借入金依存体質から抜け出せなかった潟Aイワ建設

倒産速報です。東京都西東京市で不動産業者として土地、建売売買等を行っていた潟Aイワ建設(代表者:金子剛)が倒産しました。破産手続の開始をしています。負債総額は7億円です。

潟Aイワ建設は平成2年4月に設立された不動産業者でした。土地、建売売買等を手がけ、平成15年3月期には約14億6,900万円の年売上高を計上していた。
 
しかし、過小資本から借入金に依存する経営となるなど業況は低調に推移。足下においては金融収縮、不動産市況悪化の影響を避け得ず、これ以上の運営も困難となり今回の措置へと至る。

不動産業を行うには資金を多く必要としない方法と、自社物件を抱えて行う豊富な資金が必要となるケースの2つがあります。

潟Aイワ建設では自社物件を多く抱えていたようですね。確かに利益率は良くなるでしょうが、一歩間違えれば倒産してしまうという典型的なパターンでしたね。

潟Aイワ建設から学ぶべきことは多くあるでしょうが、結局は経営者の器と会社の規模や借入金の多寡が決まるのではないでしょうか。

経営者の器にあわせて事業を展開し、事業展開に応じて借入金を調達する必要があるのですが、目先の利益を追いかけて、つい経営者の器を越えた借入金をしてしまい、返済に窮することになったのではないでしょうか。

経営者の器は非常に大切なものです。もう一度自分自身を見つめなおして、レベルアップを図り、倒産から回避して、黒字経営に転換してください。

人生をヴァージョンアップ! 『セルフイメージ再プログラミング コーチング・プラン』

を読んでみてください。経営だけでなく人間として生活全般について役立つ内容がたくさん書かれています。かなり参考になるはずです。

倒産の噂が出てている山口県下関市の褐エ弘産

倒産速報 明日はわが身です。倒産の噂が出てている山口県下関市で不動産業、建設業、環境事業などを行っている褐エ弘産(代表者:原將昭)について紹介します。

原弘産の原將昭社長(56)は山口県出身。下関中央工業高校を卒業し、1970年積水ハウスに入社。設計部門にいたが、1978年に営業に異動になったことが転機になる。

営業には素人の原氏は、ユニークな発想をした。積水ハウスは戸建て住宅のイメージが強いが、アパートも住宅ではないかと考えアパートを売った。下関地区の地主を回り、アパートを建てた家の税務申告も手伝った。

抜群の営業成績をあげた原氏は昇進して、本社への転勤の辞令を受けた。そこで1986年(昭和61年)独立。36歳だった。

顧客からアパートではなくマンションを作ってくれという注文を受けた。もともと設計士だった原氏は、その要望に応えるかたちでマンションをつくった。これがマンション分譲のはじまり。1993年7月に褐エ弘産を設立した。

原氏をユニークな存在に押し上げたのは風力発電。オランダの風力発電機のメーカーから技術を買い取り、原弘産ヨーロッパを設立。風力発電の主な受注残は中国84基、韓国30基。世界でも有数の風力発電会社でもあるのだ。

しかし、褐エ弘産は2009年8月21日、風力発電関連の特許権と完全子会社を28日に総額18億5000万円で売却し、風力発電事業から撤退すると発表した。経営安定化に向けたグループ再編の一環。

特許権は帳簿価格1億円余りで、風力発電機の設計・販売を手がける子会社・原弘産ヨーロッパ社(オランダ)の全株式1万8000株とともに、韓国の船舶関連企業・STX重工業に譲渡する。売却益は2010年2月期に特別利益として計上する見込みですが、18億は焼け石に水との見方もあります。

平成17年4月に住吉重工業鰍子会社化しましたが、平成21年7月に保有株を住吉重工業鰍ヨ無償譲渡しています。

その結果、破産申請時点では同社と原弘産との資本関係はなくなっているが、破産申請の1ヶ月前での株式の無償譲渡がどう取扱われるのか、株式の売却損以外にも今回の破産劇が原弘産に影響を与える可能性もあり、注目度が増している。


違法行為を行って社会的信用が失墜し倒産した潟Xテージ(旧:一休商事)

倒産速報です。神奈川県大和市で不動産業を行っていた潟Xテージ(旧:一休商事)が倒産しました。破産手続開始の決定を受けています。負債総額は9億円です。

潟Xテージ(旧:一休商事)は昭和40年10月創業、昭和48年10月に設立された不動産業者でした。「ファーストクラス」ブランドのマンション分譲等を手がけ、平成18年9月期には約16億600万円の年売上高を計上していた。

しかし、不動産市況の悪化を背景に足下の売上高は10億円ラインに停滞するなど業況は暗転。さらに、駐車場等の増改築など複数の事例について自治体から是正指導等を受けたことが判明するなど信用力が低下、事後の動向が注視されるに至っていた。

潟Xテージ(旧:一休商事)の倒産要因としては、違法行為があげられますね。決算書の粉飾や食品の賞味期限の改ざんなど、違法行為を行って一時的には利益を増やすことが出来ても、ほんの少しだけ長い目で見ると多くの会社が苦しい思いをしています。

どのような状況に追い込まれても違法行為だけは行わないようにしてください。自分自身に対して、家族に対して、従業員に対して知られると恥ずかしいような行為を行っていると、自然に世間に広まるものです。

正常な企業活動を行っていれば、本当に困ったときに助けてくれる人が現れる場合もありますが、違法行為を行っていればm家族からも見放されてしまいます。

経営者には人間性も非常に大切です。

人生をヴァージョンアップ! 『セルフイメージ再プログラミング コーチング・プラン』

には、人間としてあるいは経営者として正しい生き方が書かれています。ぜひ一読をお勧めします。

------------------------
編集後記
帆帆子さん本は最初から読んでいますが、「とうとう宇宙?!」と興味津々で読み始めましたが、内容は今までの書籍と一環して同じです。

しかし、以前の本がご自分の実体験から「そう感じる。周りの人もそうだし」という主観というか、違う角度で見ると、若い女の子の思い込みともとられてしまうこともあったと思いますが、この本はスピリチュアル・宇宙まで帆帆子さんが成長して書かれていると、生意気にも感じてしまいました。

私自身、運気・スピリチュアル・宇宙・自己啓発・風水…と、色んな分野の本を読んでいますが、それぞれバラバラに書かれている本が、根本は同じ事が書かれていて、元を考えると宇宙につながるのではないかと思っていたので、帆帆子さんのこの本で「やっぱり!」と共感してしまいました。

スピリチュアル系を初めて読む方や、なんとなく運気をあげたいぐらいに思っている方が読むには、突拍子もないような話に思えたり、反対に深く考えずに信じてしまう恐れもあるような気もするので、お勧め度は4つにしておきます。

スピリチュアルとかよくわからないけどいいコト言ってる、とか、そういう考えもあるのねと、広く捉えられる方には5つでオススメ。

宇宙につながると夢はかなう

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

あなたは今のままで大丈夫!仕事・恋愛・家族・人間関係、すべては宇宙に応援されればうまくいきます!強運な人は知っています!目に見えない世界のルールを。

不明朗な経理を行い脱税で逮捕された鰍`BCホームの倒産

倒産速報です。東京都港区でマンション販売を行っていた鰍`BCホーム(代表者:塩田雄司)が倒産しました。鰍`BCホームの資金ショートが2009年8月10日に表面化したもので、今後については不明です。負債総額は平成19年6月期では103億円です。

鰍`BCホームは買取再販事業主体のマンション販売業者で、先代の塩田大介会長が中心となり開業した。マンションデベロッパーや建設業者から売れ残った在庫物件等を買い取り、独自ブランド「ドメイン」シリーズ等で一般顧客や業者に転売して、平成19年6月期は年商152億2266万円をあげていた。

しかし、平成20年12月、塩田大介会長が架空の仲介手数料を計上する手口で法人所得約5億1800万円を隠蔽、法人税1億5000万円を脱税したとして東京地検特捜部に逮捕され、また、関連して鰍`BCホーム顧問弁護士も逮捕された。脱税手法は平成16年6月期までの間、新興市場セントレックスの上場を計画していたため、同増資資金を作り出すために架空の仲介手数料取引先に支払ったように装ったとされている。

こうした一連の事件も表面化し、鰍`BCホームでは所有物件の差押が行われていた。

また、塩田大介会長は、中川秀直元自民党幹事長や山口組共生者の大物N氏らとの親交が取り沙汰されてきた。

不明朗な会計を行って一時的に売上や利益を得ても、不思議なもので、手元にはあまり残っていないようです。

経営のすべてである経理は常に正確で明瞭にしておきましょう。

⇒そんな経理は会社を潰す

には堅実に経営を行う方法が具体的に書かれていますので、ぜひ参考にして欲しいものです。

不動産市況悪化、金融収縮の影響で倒産した潟Aルパ・コーポレイション

倒産速報です。広島県広島市西区でマンション分譲販売を行っていた潟Aルパ・コーポレイション(代表者:渡邊浩一)が倒産しました。民事再生の予定です。負債総額は20億円です。

潟Aルパ・コーポレイションは平成5年1月に設立されたマンション分譲販売業者。福岡、岡山、新潟、金沢、東京に支店を開設、

自社ブランド「グラン・シエロ」シリーズを手がけるほか開発業者等の販売代理等も行い、平成19年10月期には約23億4,400万円の年売上高を計上していた。
 
しかし、以降は不動産市況悪化、金融収縮の影響を避け得ず業況は暗転。厳しい販売環境が続く中、これ以上の自助努力も限界となり潟Aルパ・コーポレイションは今回の措置へと至る。

潟Aルパ・コーポレイションに限らずマンションの販売業者は先行投資を行って資金繰りには余裕のある会社は非常に少ないですね。

さらに、マンション販売は企画や土地の取得から始まって建設・販売までにはそれなりの時間が必要で、ある程度余裕のある資金計画を立てておく必要があるのですが、当たり前のことが行われていないようです。

もう一度経営の原点に立ち返って、倒産することがないような経営戦略を立てて欲しいものですね。現在の状況から抜け出せるのはそれほど短期間ではないようです。長期的な経営戦略に立脚して経営体力のある会社に変身して欲しいものです。

【経営危機を救う!】社長のための融資・資金調達実践マニュアル

に詳しく書かれていますのでぜひ読んでおきましょう。

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。