【続報】熊本県熊本市で中古車販売の潟Cマムラオートで熊本県に8億円超の焦げ付きが

倒産速報 続報です。熊本県熊本市で中古車販売の潟Cマムラオート(代表者:今村智)が倒産し、24億円の負債を抱えて民事再生の申請を行っていますが、熊本県に異常な8億7000万円の焦げ付きがあることが判明しました。

熊本県は潟Cマムラオートに対してダントツの貸付額を有し、高度化事業資金という制度融資で8億7000万円も焦げ付いた。

熊本県の融資担当者は、高度化資金は、イマムラオートなどが作った協同組合で借り入れられており、イマムラオートに貸し付けたわけではないとしている。ところが詰問したところ、その組合は、イマムラオートやイマムラオートの傘下企業により構成されているという。実態はイマムラオートへの融資であることは明々白々であった。

トボケタ県担当者によると、担保は取得しているとのことであるが、8億7000万円の価値ある担保を取得している保証は一切ない。焦げ付いても税金を投入しているという認識が全くない県の融資担当者たちであり、ナントおめでたい人たちであろうか。

中古車屋さんに巨額融資した熊本県の責任は免れないが、イマムラオートは組合制度を融資に利用しており、議員や制度融資・補助金のコンサルが介在したものと思われる。

潟Cマムラオートは民事再生ながら、事業譲渡を念頭に入れており、潟Cマムラオート自体は消滅型の民事再生を取る予定のようだ。同社の申請代理人の弁護士は東京の弁護士であり、事業譲渡予定先も東京の日昇自動車販売鰍ニなっているという。何か裏でいろいろいろいろ計画されての破綻のようである。

念のため、県からの借入や事業譲渡について、同社に問い合わせたところ、一切お答えできないとのことであった。
なお、同時に潟Cマムラオート関連の給繽B自動車検査センターも民事再生の適用申請を提出している。

債務整理等の無料相談

大阪府大阪市中央区で医療システムを主体とした開発・販売の潟Aシックが倒産

倒産速報です。大阪府大阪市中央区で医療システムを主体とした開発・販売の潟Aシック(代表清算人:牧山哲見)が倒産しました。特別清算の開始が決定しています。負債総額は調査中です。

会社について
潟Aシックはシップヘルスケアホールディングス鰍フ子会社で、医療システムを主体とした開発・販売を行い、ソフトウェア受託開発、システム納入、パソコン等機器販売、システム保守・管理サービスを手がけていた。

倒産の経緯
しかし、08年大型電子カルテ事業で失敗して大赤字になり、このたび事業を分割して潟Aシックを清算するもの。負債先は、シップヘルスケアホールディングスの子会社のみ。

債務整理等の無料相談

福岡県福岡市中央区で第三セクターの不動産開発会社「都市未来ふくおか」が倒産

倒産速報です。福岡県福岡市中央区で第三セクターの不動産開発会社「都市未来ふくおか」が倒産しました。特別清算を申し立てています。負債総額は80億円です。

会社について
「都市未来ふくおか」には、地元企業や大手ゼネコンなど35社も出資。複合商業施設「博多リバレイン」(同市博多区)の中核施設「スーパーブランドシティ」運営会社の筆頭株主でもある。

倒産の経緯
バブル期に取得した土地の評価額が大幅に下落。市内で進めていた土地区画整理事業でも売却損が発生し、平成21年3月末で約45億円の債務超過に陥った。今年6月に株主総会の決議で解散し、特別清算の申請を準備していた。

旧・住専の融資先であった不動産売買・賃貸の葛椏s住研が破産へ

倒産速報です。京都府京都市上京区にある旧・住専の融資先であった不動産売買・賃貸の葛椏s住研(代表者:久村寿博)が倒産しました。破産手続き開始決定受けています。負債総額は323億円です。

会社について
葛椏s住研は、1979年(昭和54年)4月に設立した不動産業者。京都市内の商業地売買のほか、住宅地の売買・仲介、建て売りを手がけていたが、バブル経済崩壊後は商品不動産の賃貸(マンション、駐車場)も行い、ピーク時の91年3月期には不動産売り上げを中心に年売上高約247億8700万円をあげていた。

倒産の経緯
しかし、その後は地価の下落による売買物件の減少や、物件処分による売却損の発生から業績は大きく悪化。2001年同期の賃貸収入を含む年売上高は約6000万円にとどまり、繰越損失約528億4700万円を抱えていた。物件の売却の遅れで旧・住専2社からの219億円(95年6月末)をはじめ、ノンバンク、銀行からの金融債務のほとんどが延滞。近年は物件の損切り処分を推進し、債務の弁済に努めていた。

編集後記
この本を読むと不動産関連の値下がりが絶望的な状態に感じられてきます。不動産投資信託もサブプライムに起因した昨今の円高、株安のダブルパンチで見るも無惨な状態です。最近続編も出たようなので、時間を見つけて読んでみようと思います。

サブプライム問題とは何か

世界の好況は、借金漬けのアメリカ人のおかげだった。だが、サブプライム問題が歯車を狂わせた…。ブラックマンデーを乗り越え、30年間相場で生きてきたプロが「サブプライム」の正体を解き明かす。

2010年10月22日の全国倒産状況

倒産速報 明日はわが身です。2010年10月22日の全国倒産状況と倒産続報です。

山形県 渡辺建設梶@土木・建築工事

千葉県 
鰹シ戸自動車販売  中古トラックの販売    
潟`ョウエイ  外壁補修工事   

東京都 
泣潟bチラン 破産手続開始決定.
潟Cンフォニックス 民事再生手続開始申立.
開AGURA 破産手続開始決定.
潟tレーバーハウス  飲食店経営    
ハウジングプラス東京  解体工事 
潟Tツキ  シルバーカー製造   
潟Wェーケイ アルミ鍋蓋等製造
潟_ブル・トラスト 内装工事
潟Nロダ・メディカル 薬局経営
潟с}ヤコーポレーション 金物・建材販売
  
石川県 
泣Vキヂヤ 破産手続準備中.
巨シ崎工務店 破産手続準備中.

愛知県
汲gKYプラン 飲食店経営
九ト建総合設備 電波暗室内装工事
潟Pンメイ 土木工事

岐阜県 潟с}美坂崎商店 破産手続開始申立.

三重県 山俊工業梶@木製ドア製造

京都府 
アディレクト梶@破産手続開始申立.
嘉積運輸倉庫  一般貨物自動車運送   

大阪府 
勝田電設  電気工事   
潟Gポック・アイ  カタログ通販   
 
兵庫県 
鞄印刷  印刷    
潟Jンダ  塗装工事   
福井運輸  貨物運送 
 
岡山県 蒲F樹開発 破産手続準備中.

広島県 椛蜷シ組造船所  鋼船製造・修理   

福岡県 竃]戸 他1社 破産手続準備中.

熊本県 潟Cマムラオート 民事再生手続開始申立

編集後記
論理的で読みやすい。何よりも読者視点で一部の利害関係者を敵に回すことを恐れず切り込んで本質を書いているので自身の知識の蓄積以上の爽快感を感じます。今まで読んだ経済本の中でも特筆すべき一冊です。これを国民全員が読んだら日本の金融力が向上し、証券会社を中心に金融機関の淘汰が進むことでしょう。

「投資バカ」につける薬

投資家を破滅から救う必読ノウハウを明かす。

愛知県 2009年度ゼネコンの経営状況

倒産速報 明日はわが身です。愛知県 2009年度ゼネコンの経営状況です。

愛知のゼネコン 売上高8.3%減
帝国データバンク名古屋支店は21日、愛知県内のゼネコン286社の経営実態調査を発表した。2010年3月期決算を中心とした最新の決算数字を集計したところ、前期より増収となったのは107社(前期は127社)にとどまり、減収は162社(同147社)に増えた。

286社の売上高合計は、前期比8・3%減の5563億円。上位20社の合計額は3933億円となり、全体の70%を占めた。

また、09年度の倒産件数は160件で、08年度の140件を上回った。

編集後記
人の倍働いて、周囲から抵抗を受けた時
スピードを落としてしまったら、上昇気流は起こりません。
抵抗が出てきたら、もっとやる。
それで、笑顔で「私は働くのがすきですから」と。

 斎藤一人著『ツイてる!』81頁


「周囲から抵抗を受けたらもっとやる」とは本当に面白い発想ですね。でも実は、私自信が人の倍も働いているとは思えないのですね。まずは人の倍働くことを実践する必要がありそうです。

そして抵抗を受けたらもっとやるのですが、抵抗を受けたときに斎藤一人さんの言葉を思い出すことが出来ずにスピードを落としてしまいそうな気がします。

もちろん、私は上昇気流に乗ったことはありません。生きているうちに一度でいいから人の倍働いて、抵抗を受け、上昇気流に乗ってみたいです。

もし、上昇気流に乗ることができたらさぞかし楽しいでしょうね。今日の言葉を大切にしながら、人の倍働くことを目標にします。

今回は斎藤一人さんの記事を書いて非常に勉強になりました。斎藤一人さんありがとうございました。

東京都世田谷区で解体工事業のハウジングプラス東京鰍ェ倒産

倒産速報です。東京都世田谷区で解体工事業のハウジングプラス東京梶i代表者:生田目悟史)が倒産しました。破産手続の申請を行っています。負債総額は10億3000万円です。

会社について
ハウジングプラス東京鰍ヘ、昭和59年2月に設立された解体工事業者。平成13年頃に再スタートする形で15年3月期には約4億1,800万円の年売上高を計上していたが、17年の決算月変更(6月)を境に業容を大きく拡大して官民各経路から受注を獲得、施工は外注に依存する形で平成19年6月期には約16億100万円の年売上高(内訳は官公庁元請0.8億円、民間元請7.8億円、同下請7.3億円)を計上していた。
 
倒産の経緯
しかし、売上拡大の一方で完工未収、借入金等も膨張をみるなど業況は軟調に推移。20年には土地・建物を新たに取得、長短借入金及び工事未払金に大きく依存する運営状況となっていた。
 
編集後記
松下幸之助さんのことは、以前から気になっていました。コンビニで偶然見つけて欲しくなり、こちらで購入しました。お言葉が短く同じ分量で2分の1ページずつ掲載されていますので、非常に読みやすいです。まだ読み始めですが、難しい単語は使われていないので、受け入れ易く親しみ易いです。さくさくっと時間があるときに、読んでいます。経営者でなくても、読めます。

松下幸之助一日一話愛蔵版

WEBインフラ、情報サービス会社等の持株会社のTCBホールディングス鰍ェ倒産

倒産速報です。東京都渋谷区でWEBインフラ、情報サービス会社等の持株会社のTCBホールディングス梶i代表者:大嶽貞夫)が倒産しました。破産手続き開始決定受けています。負債総額は2億5800万円です。

会社について
TCBホールディングス鰍ヘ、1996年(平成8年)7月設立の持株会社。大手商社のインターネット関連部署を母体として設立、同商社からECビジネス事業の譲渡を受けるなどして、2003年3月には東証マザーズに上場。翌2004年3月には、同商社が持株の一部を大手情報会社に売却し、同商社の子会社ではなくなっていた。2006年10月にTCBテクノロジーズ鰍ノ商号変更し、WEBインフラ事業などを中心に2007年3月期の年収入高は約13億2800万円を計上していた。2009年8月に2社を買収し、2009年9月に既存事業を会社分割による新設子会社に譲渡し、持ち株会社に改組したうえで、現商号に変更していた。

倒産の経緯
しかし、2008年3月期まで4期連続で最終欠損が続き、財務体質は脆弱だったところへ、2009年8月に買収した2社の買収資金が負担となり、持株会社への移行にともなう新オフィスへの移転費用や賃料増加も資金繰りを圧迫、今回の措置となった。
今年に入っての上場企業の倒産は、潟堰Eパルレに続き9社目。

編集後記
『経営の神様』松下幸之助の生き方、考え方。
決して難しいことを言っているのではないところがよかったです。
天国からどんな気持ちで、今の日本を、世界をみているのか聞いてみたくなりました。

松下幸之助夢を育てる

東京都大田区で不動産業者の潟宴塔hスターが倒産

倒産速報です。東京都大田区で不動産業者の潟宴塔hスター(代表者:池上美代子)が倒産しました。破産手続の開始が決定しています。負債総額は27億円です。

会社について
潟宴塔hスターは平成12年1月に設立された不動産業者で、平成17年9月に潟Aイランドホームから現商号に変更。戸建住宅販売から不動産再生、投資開発等へと事業を展開、歩調を合わせて城南地区から池袋、川崎、目黒等へとエリアを拡大して平成19年12月期には約172億4,800万円の年売上高を計上していた。
 
倒産の経緯
しかし、以降は不動産市況反落を背景に販売不振が深刻化するなど業況は暗転。有利子負債の圧迫から多忙な繰り回しを余儀なくされる中、創業社長の逝去が重なるなど動向が注視されるところとなっていた。

編集後記
斎藤一人さんが成功について次のように語っています。非常に印象的な言葉で、常に自分に言い聞かせていますよ。

成功とは旅路です。
「今、ここ」を成功だと思って
歩き出した人が成功者です。

 斎藤一人著『ツイてる!』93頁

斎藤一人さんに言ってもらえるようでしたら、私も成功者の一人になるのですね。「今、ここ」を成功だと信じて歩いてはいます。

ただし、その歩みは非常に遅く、時としては後ろ向いて歩いているようなことさえあるようです。時には疲れたとか、足が痛くなったと言って休んでいる場合もあるようです。

宮城県仙台市青葉区でマンション分譲販売の潟Zレーノが倒産

倒産速報です。宮城県仙台市青葉区でマンション分譲販売の潟Zレーノ(代表者:成澤久則)が倒産しました。事業を停止し、事後処理は弁護士に一任しています。負債総額は39億円です。

会社について
潟Zレーノは太陽観光開発(仙台市、不動産開発)の社長の子息が、平成元年に潟Xポックとして設立。
一級建築士事務所としてスタートし、平成8年6月にはタイヨーコーポレーション鰍ノ商号が変更、翌9年には建設業、宅建業の許可も取得。アパート、戸建て等の建築工事、不動産業も開始し徐々に業容を拡大、平成12年5月から現商号へ変更し、「セレーノ」ブランドでマンション開発分譲に注力して、仙台地区を中心に山形市、福島市等での開発を行い急成長。平成19年9月期では58億円内外の売り上げを計上した。

倒産の経緯
しかし、以降は景況の悪化が深刻となり、竣工したマンションが売れ残る状況が続いたことで信用不安が流れ、平成20年8月、平成21年1月、平成21年4月にゼネコンおよび地元建設業者が相次いで分譲中のマンションに担保設定したことで注目が集まっていた。
さらに平成21年9月期の売り上げが前期比32%と急落し、粗利益段階で赤字を計上、最終的には12億7,661万円の赤字決算となり債務超過に転落していた。逼迫した資金繰りから、支払手形をなくし、この分を外注工事業者への負担を強いる形で工事未払い金に振り替えてしのいでいたが、手持ち現金も前期の4分の1程度まで減少し資金不足感が漂っていた。
平成22年に入っても売り上げは回復せず、前述の担保設定物件について、担保設定したゼネコン内でも長期未回収債権として名前が挙がっていた。
この状況の中、ついに資金繰りが限界に達し、今後、売り上げ回復のメドも立たないこともあり事業を停止した。

編集後記
この本を読むと不動産関連の値下がりが絶望的な状態に感じられてきます。不動産投資信託もサブプライムに起因した昨今の円高、株安のダブルパンチで見るも無惨な状態です。最近続編も出たようなので、時間を見つけて読んでみようと思います。

サブプライム問題とは何か

世界の好況は、借金漬けのアメリカ人のおかげだった。だが、サブプライム問題が歯車を狂わせた…。ブラックマンデーを乗り越え、30年間相場で生きてきたプロが「サブプライム」の正体を解き明かす。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。