マルナカ:ホテル「琴参閣」を買収 観音寺グランドも /香川

冷凍食品大手「テーブルマーク」(旧加ト吉、観音寺市)の子会社が運営する琴平町のホテル「琴参閣」などを、地元スーパー「マルナカ」(高松市)が買収した。テーブルマークが主力の食品加工事業に集中するためという。譲渡は10月1日。
 
テーブルマークなどによると、子会社で、「琴参閣」と「観音寺グランドホテル(観音寺市)」を運営する「加ト吉フードレック」(同)と、マルナカが設立した運営会社が29日、土地・建物の売買契約を締結。テーブルマークはマルナカに本社ビルも売却したが、移転せず、賃貸として業務を続けるという。売却契約の金額は非公表。
 
テーブルマークは「マルナカのノウハウがホテル事業の発展に寄与すると判断した」とし、マルナカは「老舗ホテルを守り、雇用継続や観光面で地域に貢献していきたい」としている。

マンション・戸建住宅分譲販売の住宅サービス鰍ェ破産

倒産速報です。東京都新宿区でマンション・戸建住宅分譲販売の住宅サービス梶i代表者:神津和夫)が倒産しました。破産開始が決定しました。 負債総額は120億円です。

会社について
住宅サービス鰍ヘ、昭和29年4月に練馬区で創業した不動産販売業者で、都内西部・千葉・埼玉を営業地盤としてマンション、戸建住宅、ショッピングセンターの開発・分譲・販売を手掛けてきた。昭和59年には聖蹟桜ヶ丘駅前の大型マンション販売で実績をあげ、ピーク時の平成2年12月期は年商約423億円をあげていた。その後も横浜市や千葉県のマンション開発販売を展開していた。

倒産の経緯
しかし、バブル経済崩壊後の平成7年頃には不動産市況の悪化を受け、債務超過に転落、取引銀行等の債権放棄により債務免除益約56億円を計上し、業績の回復を目指してきた。ところが、平成17年12月期、未だ59億円余りの債務超過状態にあり、19年頃のマンション販売好調期にはニチモ、アゼル、ゼファーなどのマンションデベロッパーの販売代理行で約4億円の年商をあげていたものの、20年これらデベロッパーの破綻が相次ぎ、以降販売物件が無くなり厳しい基金繰りに陥っていた。このため不動産管理組合等への支払いが滞り、破産を申し立てられ、この度の開始決定となった。

編集後記
常識的には倒産は3年前から分かるといいます。第三者に倒産の申し立てをされるとは経営者には恥ではないでしょうか。
売上・経費・利益のたった3つの数字が分かっていれば、必ず倒産を予測できますし、倒産回避も決して難しくありません。
必ず、倒産する数字を掴んでください。これは、好調なときほど必要な数字かも知れませんが、現在のように経営環境が悪いときにも必ず役立つはずです。

千葉県柏市に本拠を置く測定器製造の「坂口技研」が破産

倒産速報です。千葉県柏市に本拠を置く測定器製造の「坂口技研」は、6月28日付で千葉地方裁判所・松戸支部より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。負債総額は約14億2900万円。

会社について
1971年に創業の同社は、当初、プレス金型や各種精密試作品の設計・製作を主力に事業を展開。その後は、「一酸化炭素測定器」などガス測定器の設計・製作に軸足を移し事業を行っていました。

倒産の経緯
しかし、事業転換を機に売上が大幅に落ち込んだほか、測定器事業に係る先行投資が資金繰りを逼迫。景気低迷による計画変更などもあり、事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

編集後記
事業を転換するにはそれなりの準備が必要なのですが、本当はお金が一番最後になるべきなのです。無借金で新規事業が展開できないようであれば、中止するべきでしょうね。
中堅企業・中小企業の経営革新・事業転換戦略構築法には、倒産に追い込まれることがないように新規分野への進出方法が詳しく書かれています。
新規事業や業種・業態を変えようと考えている方は是非お読みください。

宮城県大崎市で鳴子温泉湯元の旅館経営会社のますやが無謀な投資で倒産

倒産速報です。宮城県大崎市で鳴子温泉湯元の旅館経営会社のますや(代表者:高橋忠彦)が倒産しました。経営悪化のため事業を停止しています。負債総額は29億7,000円です。

会社について
ますやは1915(大正4)年創業。老舗旅館「ねまりこの宿ますや」を運営し、92年に高級旅館「湯の宿吟の庄」をオープン。05年4月期には年商約8億7000万円を計上した。

倒産の経緯
しかし、大型設備投資で借入金が膨らみ、08年6月の岩手・宮城内陸地震の風評被害で利用客が減少。債務超過に陥り、今年6月30日付で従業員80人を全員解雇した。 7月1日に同業他社と事業譲渡の仮契約を結んでおり、今後リニューアルオープンする予定。

編集後記
年商約8億7000万円であれば常識的な負債額は10億円以下なのですね。しかし、30億円近い負債を抱えていたとは異常としか言いようがありません。
斎藤一人の百戦百勝(商売編)は、斎藤一人さんにしては非常に珍しい経営の本になっています。負けないあるいは倒産しない経営を学んで欲しいですね。

北海道札幌市で旅行代理店の道内中堅の牧野航空旅行が破産申請

倒産速報です。北海道札幌市で旅行代理店の道内中堅の牧野航空旅行(代表者:五ノ井寿一)が倒産しました。破産を申請しています。負債総額は3億7,000万円です。 

会社について
牧野航空旅行は61年4月設立。北海道国際航空(エア・ドゥ)が発足した当初の航空券販売を受託し、ピーク時の92年3月期には売上高約61億6400万円を計上していた

倒産の経緯
旅行需要の低迷などで減収傾向をたどり、07年3月には香港資本のエキスプレス・グループの傘下に入った。その後、同グループが日本から撤退し、五ノ井社長が株を買い取って08年11月に独立系として再出発したが、09年3月期の売上高は29億4700万円にまで落ち込んでいた。
牧野航空旅行のホームページによると、同社が企画した旅行は6日以降実施しないという。旅行代金や旅行業務の取引で生じた債務は社団法人日本旅行協会(東京)の保証金制度から弁済されるが、全額弁済されるかは不明。

編集後記
社会一般の景気は全ての企業に共通しているのですね。しかし、ここで倒産する人がいれば、発展する人もいるのです。斎藤一人成功する人くさる人には、その差はわずかなものであると書かれています。
成功とはいえないまでも、倒産の危機から抜け出す方法を実に楽しく書かれています。

福岡市に本拠を置く石油製品卸の「寿石油」が倒産

倒産速報です。福岡市に本拠を置く石油製品卸の「寿石油」は、6月30日付で事後処理を弁護士に一任、民事再生法の申請準備に入り倒産する見通しが明らかになりました。負債総額は約14億円。また、子会社の「寿好海運」も同様の措置が取られ、こちらの負債額は3億円の見通し。

会社について
1965年に創業の同社は、海上保安庁や水産会社などを主な取引先として、船舶燃料向け重油や軽油・灯油の販売を主力に事業を展開。また、給油船による海上給油にも事業を拡大し、ピーク期となる2008年9月期には年間約50億円の売上を計上していました。

倒産の経緯
しかし、多角化によるスーパー銭湯事業・風力発電事業への投資が裏目となり資金繰りが逼迫。さらには、主要取引先である「三瓶漁業」が事業を停止したことで多額の焦げ付きが発生し、決済難からやむなく今回の措置となったようです。

編集後記
倒産や赤字はある意味で失敗ですね。黒字になるのが成功となるのでしょうか。
そこで、斎藤一人の絶対成功する千回の法則普及版には非常に簡単に成功法則が書かれています。当たり前のことを徹底的に取り組むことによって成功や黒字が得られるのですね。
目からウロコの本でした。

沖縄市が39.5%出資の第三セクターの沖縄市アメニティプラン鰍ェ倒産

倒産速報です。沖縄県沖縄市で沖縄市が39.5%出資の第三セクターの沖縄市アメニティプラン梶i代表者:島袋芳敬)は6月12日開催の株主総会の決議により解散し、今後、特別清算を申請する予定となった。負債総額は平成22年3月期末で約39億7200万円。

会社について
沖縄市の商業人口低下の歯止めや商店街の活性化を目的として当時の沖縄市長である新川秀清氏を代表者に、資本金2億4000万円で、沖縄市と中小企業基盤整備機構がそれぞれ34.55%を出資する第3セクターとして設立。  
平成9年11月、中央パークアベニュー通りに沖縄県より中小企業高度化資金を借り入れ、総工費約26億円で店舗兼駐車場棟6F建て、劇場棟5F建ての運営店舗「コリンザ」をオープン。

開業当初、生鮮食品を中心に扱うスーパーをキーテナントに、飲食店、書店、雑貨店など40店舗近くが入居し、11年3月期にはピークとなる3億457万円の売上高を計上していた。

倒産の経緯
しかし、キーテナントのスーパーが開業4ヶ月で撤退後、キーテナント不在が長期に亘り、集客の低下で他店舗も撤退が相次いで13年3月期の売上高は1億3583万円まで低下。14年3月期中に賃料の3割を占める大型家電量販店が入居して15年3月期の売上高は2億621万円に増加。

その後、コールセンターやパソコンスクール等の入居もあって収益は19年3月で1782万円、20年3月期で2477万円と黒字転化していたが、20年に家電店が撤退するなどで入居率は60%前後に留まり21年3月期の売上高は再び1億円台に低下、2億5780万円の赤字に転落。22年3月期も減収で3245万円の欠損を出し27億円の債務超過にも陥り、賃貸料収入で借入金を返済する事ができず、今後の方向性も厳しいとして解散に至った。

なお、資本金は16億4375万円まで増資していたが、18年11月15日に1億円に減資し、出資比率は沖縄市が39.5%、中小企業事業団が30.4%となっている。なお、現時点の入居業者は営業継続中である。 

編集後記
膨大な債務を抱え破綻する第三セクターが続出している。東京都や大阪市の臨海開発関連の会社などがその代表格である。また、2006年に表面化した北海道夕張市の財政破綻には観光開発を担う第三セクターの赤字も関係している。

第三セクター改革と自治体財政再建

バブル崩壊により業況は暗転し、次第に追い込まれて倒産したニッケン建設

倒産速報です。神奈川県横浜市中区で不動産業者のニッケン建設梶i代表者:荒川鉄男)が倒産しました。破産手続の開始が決定しています。負債総額は13億円です。

会社について
ニッケン建設鰍ヘ、昭和60年1月に設立された不動産業者。戸建住宅、マンション、宅地の分譲、仲介、賃貸等を手がけ、ピーク時の平成2年8月期には約36億9,100万円の年売上高(うち建築の完工高は0.2億円)を計上していた。
 
倒産の経緯
しかし、バブル崩壊により業況は暗転、在庫及び借入金の負担が重圧化するなど業績は悪化。商品販売等に注力するも現況はなお厳しく、昨年末頃には事実上、事業を停止するに至っていた。
 
編集後記
一切お金がかからないうえに、誰でもできる“あること”をやったら、従業員が「ここで働くのがしあわせ」「お客さまを喜ばせるのが楽しい」といってくれるようになりました。それと同時に、ウチの店は連日連夜たくさんのお客さまでにぎわうようになったのです。商人、サラリーマン、主婦、学生、奇跡の成功法則。

斎藤一人無から有を生み出す成功法則

群馬県 2010年5月の倒産状況

倒産速報 明日はわが身です。群馬県 2010年5月の倒産状況です。

上州経済:5月倒産13件 負債23億7700万円 前年同月を大幅に下回る /群馬
民間の信用調査会社、東京商工リサーチ前橋支店は、5月の県内企業倒産整理状況(負債額1000万円以上)を発表した。倒産件数は13件(前年同月比8件減)、負債総額は23億7700万円(同40億2700万円減)で、それぞれ前年同月を大幅に下回った。件数が前年同月を下回るのは09年6月から12カ月連続となった。

業種別では、建設業が4件、製造業、サービス業が各3件など。地域別では太田市や館林市などの東毛地区で6件を占めた。

同支店によると、中国など海外への機械輸出が伸びており、一部の大手製造業は業績が好転しているが、県内企業への影響は少ないという。「倒産が抑えられているのは、政府の金融支援策の効果もあるのだろう。デフレなど根本的な問題は解決しておらず、楽観できない」と分析している。

東京都渋谷区で不動産業の巨V和不動産が借入金の負担に耐えられず倒産

倒産速報です。東京都渋谷区で不動産業の巨V和不動産(代表者:新井隆之)が倒産しました。破産手続の開始が決定しています。負債総額は6億4,000万円です。

会社について
巨V和不動産は、昭和52年11月創業、61年2月に設立された不動産業者。不動産代理、売買、仲介等を手がけ、好況期の平成20年1月期には約26億9,100万円の年売上高を計上していた。
 
倒産の経緯
しかし、その後は金融収縮、不動産市況急落の影響を避け得ず業況は暗転。借入金が経営の重石となる中にあって業容を縮小、今春には事実上、事業を停止するに至っていた。

編集後記
「儲かる会社」45の手のうちを公開!――◎「私だけの一品」「オンリーワン」は売れ筋商品のすぐ隣にある ◎品揃えの一部に“尖った商品”を置く効果 ◎携帯電話の買い換え平均534日――物事に飽きるにはそれぞれ期間がある ◎「当店のパンは2日でカビが生えます」――逆説的なコピーで注目を集める……このヒントを、あなたはどう生かすか?

へえ、儲かる会社はこんなことをやっているんだ! 

10年で売上を20倍にした宝石店には、こんな秘策があった!創業10年でなぜ8割の会社がつぶれてしまうのか?携帯電話の買い換え534日―物事に飽きるにはそれぞれ期間がある。本当は安くない「ジャパネットたかた」がなぜそんなに人気なのか?通行量の多い食品売り場のそばで宝石が売れるというナゾ。「当店の食パンは二日でカビが生えます」―逆説的なコピーで客が注目する。「儲かる会社」45の手のうちを公開。
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。