青森県青森市で「青森グリーンパークホテル」ほか運営の鰍ンどりやが民事再生

倒産速報です。青森県青森市で「青森グリーンパークホテル」ほか運営の鰍ンどりや(代表者:井上康司郎)が倒産しました。民事再生の手続開始申立を行いました。負債総額は16億円です。

会社について
鰍ンどりやは、昭和62年12月に設立したビル管理業者で、ビジネスホテル「青森グリーンパークホテル」、入浴施設「青森まちなかおんせん」、レストラン「ヴェルトフォーレ」等の運営も手掛けるほか、アパート等も保有していた。

倒産の経緯
当初は多角化を推し進めた事で業容が拡大した。その後、景況の悪化に伴い集客力が低下した事や、テナント等の撤退もあって収益確保に苦慮する事となった。また、前述の多角化に伴う設備投資額がかさみ、財務面を圧迫していた。近年では、赤字基調で推移すると共に、借入金返済が重荷となっており、資金繰りが限界に達し、今回の法的手続きとなった。

編集後記
世の大半の企業は、戦略と戦術を混同している。成長第一で事業を拡大したのに何の利益も出なかった、という企業が少なくない。見せかけの「戦略」が、企業の存続を危うくする。目指すべきは、長期で見た利益を最大化することである。それを実現する戦略はマニュアル化になじまず、突き詰めれば人に宿る。現実のデータと事例を数多く紹介し、腹の底から分かる実践的戦略論を説く本書は、ビジネスパーソン必読の書である。

経営戦略を問いなおす

やはり「経営は人次第」ということのようです。企業はやはり、いかに良い人材を集め、育てるかということが最も重要だと改めて感じました。
三品さんは日本企業の経営戦略の不全を訴えている方です。
経営戦略は経営トップの頭の中に有り、優れた経営トップを継続的に生み出す仕組みが、企業成功の鍵との論理を展開しております。一生懸命働いているのに、なぜ日本企業は収益率が先進諸外国に比べて低いのか?その回答の一端がここには有ります。

群馬県 2010年8月の倒産状況

倒産速報 明日はわが身です。群馬県 2010年8月の倒産状況です。

民間信用調査会社の帝国データバンク前橋支店は、8月の県内企業倒産状況(負債額1,000万円以上)を発表した。件数は12件、負債総額は18億3,100万円で、いずれも2カ月ぶりに増加した。

8月は、大手ゼネコンの下請けで、店舗や工場、学校などの塗装工事を手掛けてきた前橋市の「内藤塗装」が、約5億2,000万円の負債を抱えて破産するなど、12件すべてが破産だった。

業種別では、製造業が4件で最も多く、地域別では、前橋市と高崎市、千代田町が各2件で最多だった。

同支店は「円高の影響によって、下請けなどの小規模企業の倒産の危険性は高まっている。日本銀行による金融緩和策などの効果が注目されるものの、建設業のように構造的な不況で受注回復を見込めない業種もあり、今後の動向に注意が必要」としている。

編集後記
人生、カネがすべてにあらず人のためなら、強くなれる。日本の貧困と戦い続けたある弁護士の半生の記。年越し派遣村から見えてきたもの─カネがすべての世の中にこんな生き方があった!─。

反貧困ー半生の記

青森県青森市でビル管理会社のみどりやが倒産

倒産速報です。青森県青森市でビル管理会社のみどりや(代表者:井上康司郎)が倒産しました。民事再生の申し立てを行っています。負債総額は16億円です。

会社について
みどりやは87年、ビル管理を目的に設立。テナントビルの運営を主体に不動産業、ビジネスホテル業に進出し、95年に青森グリーンパークホテル、99年には青森グリーンパークホテルアネックスの営業を開始。09年には同市古川の「青森まちなかおんせん」の運営管理を委託された。

倒産の経緯
それまでの過大な設備投資が資金繰りを圧迫。大手ビジネスホテルチェーンの進出による競争激化も影響した。

編集後記
私の仕事は宿泊業ではありませんが、ちょっと興味があってよんでみました。地域で頑張るってすごいなって思いました。見習った方が良い温泉地や自治体がいっぱいありますよね・・・もっと日本をステキにしていきましょうよ!

黒川温泉のドン後藤哲也の「再生」の法則

およそ20年ほど前までは地図にも載らないくらい寂れた温泉だったという黒川温泉。しかし今や人気ナンバーワンを誇る温泉となった。

由布院や別府など、近くに有力温泉が多数あるなかで、絶大な支持を受けている理由は何か。「山の宿新明館」と「山みず木」の2軒の旅館を経営する後藤哲也氏が明らかにする。

雄大な景色や派手な名物があるわけではない。そこにあるのは旅人を優しく包んでくれる山里の風景、それと調和した旅館やお風呂、もてなしの心である。

「山みず木」は木立の間の一本道をずいぶん登った先の一軒宿である。その露天風呂は渓谷の岩場と一体となっており、人間も自然の一部であるということが実感できる最高級の温泉である。

テレビ・ラジオ通販などで著名な鰍ヘなまる生活が破産

倒産速報です。大阪府大阪市西区でテレビ・ラジオ通販などで著名な鰍ヘなまる生活(代表者:田中敏貴)が倒産しました。近日中に破産する予定です。負債総額は7億3,946万円です。

会社について
鰍ヘなまる生活はテレビ・ラジオ・新聞・インターネット等を広告媒体とした一般個人向けの通信販売を手掛けるほか、同業他社や雑貨類の販売業者への商材卸を手掛け、業容を年々拡大。当初は新聞紙上での広告掲載による顧客獲得が主体であったが、近時は蟹や鯨ベーコンの扱いを主力としてテレビやラジオでの広告宣伝にも積極的に展開。平成20年10月期に年商25億9706万円を計上していたのに続き、21年10月期では年商34億8934万円にまで業績を伸長させていた。

倒産の経緯
ところが、急拡大する一方で社内の管理体制の不備もあり、22年3月30日に資金ショートが発生。その後も事業を継続し、関係先と業務提携など協議を進めていた模様ながら、7月には仕入先への支払遅延なども発生する中でここへ来て資金繰りも限界に達し、今回の事態となった。

編集後記
「必勝」より「不敗」の構えで会社を存続させろ!
「社員の給料を保証することから始める」「会社を倒産させないことが最大の使命」を土台に、お金・商品・人のリスクマネジメントを大胆に分析・提言します。また、専門のマーケティングを駆使した考え方・ノウハウは、中小企業の社長にとって変化に対応するための有効な方策になります。

何があっても倒産させない社長力

キーテナントが撤退したため空きテナントスペースが広がり倒産した沖縄市アメニティプラン

倒産速報です。沖縄県沖縄市で貸事務所の沖縄市アメニティプラン梶i代表者:宮里猛)が倒産しました。特別清算の開始決定を受けています。負債総額は39億7000万円です。
  
会社について
沖縄市アメニティプラン鰍ヘ、1992年(平成4年)7月、沖縄市の中心商店街活性化の核施設の運営を目的に沖縄市、中小企業事業団、銀行、地元民間企業が共同出資して設立。 97年11月商業施設「コリンザ」をオープン、スーパーやバラエティ豊かなテナントを入居させ、市民劇場「あしびなー」を併設していた。

その後、近隣に郊外型チェーンスーパーが進出したため、集客力が低下。テナント各社の退店が相次ぎ、2000年には一時的閉館を余儀なくされていたが、2001年3月に新しいキーテナントと共にリフレッシュオープン。ピークの2008年3月期には年売上高約2億1500万円を計上していた。

倒産の経緯
しかし、2009年9月にキーテナントが撤退したため空きテナントスペースが広がり、集客力は低下して業績は落ち込んでいた。2010年3月期では債務超過は約27億円に膨れ、負債は約39億7000万円となっていた。6月12日開催の株主総会で解散を決議し同月17日に清算人を選任して清算手続き準備を進めていた。

編集後記
決算書を勉強しても全然儲からない! 実際の仕事に使えない! それは会計数値の意味しか学んでいないからです。貴方の仕事は決算書のどこにつながるのか? それだけわかれば「使える会計知識」はもう貴方のもの。

個々の仕事が決算数値にどのように結びつくかという視点からはじめてアプローチ。決算書の意味と「利益を上げるための会計の活用法」をわかりやすく解説する画期的入門書です。

借金を返すと儲かるのか?

あなたの仕事が利益とキャッシュフローを変化させる。「会計」のナゾを解く革命的アプローチ。

東京都文京区で店舗設計施工、飲食店運営業の潟vロジェクトリンクが破産

倒産速報です。東京都文京区で店舗設計施工、飲食店運営業の潟vロジェクトリンク(代表者:堀井栄治)が倒産しました。破産手続の開始が決定しています。負債総額は5億円です。

会社について
潟vロジェクトリンクは、平成11年5月に設立されたオフィス、店舗設計施工、飲食店運営業者。オフィスデザイン・レイアウト、内装工事などオフィス環境事業、店舗工事など商業施設事業、鍋・蒸し料理、ステーキ店運営など飲食事業に展開、平成20年10月期には約13億3,100万円の年売上高を計上していた。
 
倒産の経緯
しかし、足下の需要環境は厳しく、店舗運営に支障をきたすなど業況は悪化。多忙な繰り回しが続く中、ここにきて同法の適用を申請するに至る。

編集後記
大不況でも、伸びる会社は伸びる。好況でも、潰れる会社は潰れる。その差は、幹部だ。不況にぶれない強い会社をつくる本。

経営がわからない幹部は辞めなさい!

大阪府枚方市で商業施設の運営・管理を手掛ける第三セクター「ビオルネ」が倒産

倒産速報です。大阪府枚方市で商業施設の運営・管理を手掛ける第三セクター「ビオルネ」は、9月6日付で大阪地方裁判所へ民事再生法の適用を申請し倒産したことが明らかになりました。負債総額は26億6,400万円です。

会社について
1977年に枚方市や民間企業などの出資により設立された同社は、1990年に京阪枚方市駅前の商業施設「ビオルネ」をオープン。「マイカル枚方サティ」のほか、専門店や飲食店などがテナントとして入店し、地上15階・地下1階(北館)を誇る大規模ショッピング施設として広く利用されていました。

倒産の経緯
しかし、近隣に大規模施設が進出すると客足が伸び悩み、競争激化からテナントの撤退が相次ぐなど業績が悪化。また、建設費用や施設維持に伴う借入金が資金繰りを逼迫し、やむなく今回の措置に至ったようです。なお、今後は営業を続けながら経営再建を目指す見通し。。

編集後記
物語仕立てで解りやすいので、マーケティングに対する基本的な考え方を理解するには良い入門書だと思います。
マーケティングをまったく知らない人が勉強を始める時などは一度読んでおくと、その後の勉強がスムーズかも知れません。

ドリルを売るには穴を売れ

お客さまはモノではなく価値を買っている。価値から発想して、4つの理論で戦略を組み立てる。これがMBAトップスクールのマーケティングだ!廃業寸前レストランの復活ストーリー。

石川県加賀市で不動産賃貸、管理の北國リゾート鰍フ破産が決定

倒産速報です。石川県加賀市で不動産賃貸、管理の北國リゾート梶i代表者:吉田美喜)の破産手続の開始が決定しました。負債総額は97億1,900万円です。

会社について
北國リゾート鰍ヘ、明治40年に花屋旅館の屋号で創業し、昭和35年8月に渇ヤ屋として法人設立したもので、2年後の昭和37年5月に現在の温泉旅館の礎となる「ホテル百万石」を新築し、昭和51年1月に商号を潟zテル百万石に変更した。昭和58年5月には昭和天皇が全国植樹祭の際に当旅館の「梅鉢亭」にご宿泊されるなど知名度も高まり、その後も数十億円規模の設備投資が続けられて総敷地面積2万坪、収容人員1,100名を誇る県内屈指の旅館に成長し、平成3年7月期には87億8,800万円内外の売上高を計上してピークを迎えた。

倒産の経緯
しかし、バブルの崩壊を機に売り上げは減少に転じ、その後も数々の設備投資による、テコ入れをしてきたものの効果なく、平成16年7月期には売上は40億円を割り込み、赤字経営が続くようになった。

こうした中、経営再建の一環として平成20年2月に百万石アソシエイト鰍設立し、旅館の営業権を同社に移管して当社は不動産の賃貸管理に特化した。しかし、業績の改善には至らず、次第に金融機関への返済が滞るようになり、このころから債権を売却して取引から撤退する金融機関の動きが加速していった。

また、大口の債権者となったファンドが当社に対して債権の返済を求めたものの履行できず、平成20年9月22日に同ファンドが金沢地裁に破産手続開始を申し立てた。その後も当社は現商号に変更するとともに本店を東京に移転して同ファンドとの交渉を続けてきたものの合意には至らず、平成21年2月に再び、現在の本店所在地に移転していた。

なお、「ホテル百万石」を経営する百万石アソシエイト鰍ヘ当社との資本関係はなく、営業は続けられている。

編集後記
斎藤一人さん関係の本は何冊か読ませていただいています。今回は、講演会をもとに本にしたようで、付属のCDは本の1部内容が入っているだけなので、いつもよりは、そんなに必要ではないかな・・と、感じました。「他人の機嫌をとらない。常に自分の機嫌をとる事」等、一人さんの言葉は、単純だけど、実生活で使える事ばかりです。

変な人が書いた人生が100倍楽しく笑える話

長者番付日本一の「いいことが連続して起こる!」話。マスコミに全く登場しない著者の「ツイてる!」ためのしあわせ法則。

石川県加賀市で不動産賃貸、管理の北國リゾート鰍ェ倒産

倒産速報です。石川県加賀市で不動産賃貸、管理の北國リゾート梶i代表者:吉田美喜)が倒産しました。 破産手続き開始決定を受けています。 負債総額は97億1,900万円です。

会社について
北國リゾート鰍ヘ、1907年(明治40年)創業、60年(昭和35年)8月に法人改組した元温泉旅館経営業者で現在は不動産賃貸・管理業者。温泉旅館としては、加賀山代温泉郷では老舗で当地トップクラスの規模を誇っていた。76年1月には、商号を渇ヤ屋から潟zテル百万石に変更し、同年7月に総額約13億円を投じて旅館を新築するなど、イメージの一新を図った。

その後も、82年7月に総額20億円を投じて、離れ風の数寄屋別館「梅鉢亭」の新築とお祭り広場の拡張を実施、85年9月には約35億円を投じて南館を新築するなど、相次いで10億円以上の投資を行った。その間、83年5月には全国植樹祭の折り、昭和天皇陛下御一行が梅鉢亭に御宿泊賜るなど、当地での地位は確固たるものとなっていた。

平成に入っても本館の改装や、約32億円を投資した新浴場「スパ百万石浴殿」等への投資のほか、95年7月には、旧鰍たみ百万石を設立し約20億円をかけて96年4月にオープンさせていた。さらに当社としては、97年5月には約14億円をかけて梅鉢亭の全面改装と、露天風呂の新設などバブル崩壊以降も次々と大規模な投資を行っていた。

倒産の経緯
しかし、91年7月期の約87億8800万円の収入高をピークに業績は低迷し、長引く消費低迷や旅行形態の多様化による団体客の減少などから減収に歯止めがかからず、2004年7月期から収入高は40億円を下回り、同期以降連続して大幅な欠損を計上していた。

そのため、2005年9月には関連会社の旧鰍たみ百万石の経営を別企業に委託するほか、新浴場「スパ百万石浴殿」や本館を閉鎖し、経費削減策などを打ち出したが、業績は低迷。2008年3月には取引行の債権が第3者に譲渡され、2008年4月以降は運営を百万石アソシエイト鰍ノ委託し、当社は不動産賃貸・管理会社となっていた。

その後も、取引行の債権が次々と譲渡され、同年9月には現商号に変更するとともに本店を東京都中央区に移転、大口債権者と協議に入っていたがまとまらず、2009年2月再度本店を加賀市山代温泉11−2−1に戻し、代表にも創業者一族の現代表が就任していた。

なお、営業は当社から設備及び不動産を賃貸し、百万石アソシエイト梶i当社と資本関係などはない)が継続している。

編集後記
自分の生き方を変えたい人、世の中に不満がある人、是非読んでください。きっと考え方が変わるはず。ポジティブになれます!!!

世界一やさしい成功法則の本

20代で成功をおさめ、TOPを走り続ける山崎拓巳さん。話題の本『やる気のスイッチ!』は、やり始めたら頑張れるのに、エンジンがかかるまでに時間がかかる人必見の一冊!「やる気」の正体を知り、思うままにコントロールするヒントを教えます!

東京都渋谷区でJASDAQ上場の新日本建物と新日本アーバンマトリックスが倒産

倒産速報です。東京都渋谷区でJASDAQ上場の新日本建物と新日本アーバンマトリックスが倒産しました。事業再生ADRの申請を行っています。

会社について
新日本建物は昭和50年4月、戸建住宅販売会社として創業。以来、首都圏の1都3県におけるマンション、戸建住宅の開発・分譲事業、都心部における投資ファンド向けの投資物件、開発業者向けのマンション用地等の開発・販売事業へと業域を拡大、平成20年3月期には約822億1,700万円の連結売上高を計上していた。

倒産の経緯
しかし、サブプライムローン問題以降は金融市場収縮、不動産市況急落、消費者マインド低迷の影響を避け得ず、21年期には約189億円の最終赤字を計上するなど業況は暗転。対抗して昨年2月より「経営基盤強化プロジェクト」を開始、収益性の維持と早期資金回収による財務基盤の安定化に努めるとともに、新規事業「マンション買取再販事業」の推進、また人件費をはじめとする大幅なコスト削減、資産・負債の圧縮など財務体質のスリム化にも注力してきたが、足下の経営環境は依然として厳しく、事業再生ADR(取引金融機関が対象)による事業再構築の道を選択するに至る。
なお、今後は上場を維持して事業を継続、9月10日第1回債権者会議、10月28日第2回債権者会議、11月25日第3回債権者会議をそれぞれ予定している。


編集後記
かの有名なナポレオン・ヒル、カーネギー、ナイチンゲールたちの人生にも強烈な影響を与えたすばらしい本です。私もある社労士の先生に勧められ、わずか95ページほどの本でしたが、吸い込まれるように一気に読み終えました。私の感想は、この本の中に「夢は現実の苗木です。」というすばらしい一節があり、人の「想い」がこんなに自分の人生に影響を与えているんだとびっくりしたと同時にこれからの人生の過ごし方まで、考えさせられた本でした。全世界で翻訳され1世紀以上もの超ロングベストセラーというのも納得!
病気をお持ちの方、試験を受けられる方、成功したい方、幸せになりたい方、生きている意味がないとお考えの方、自分だけ何故不幸な事ばかり起こるのかと思われる方などなど
とてもやさしく読みやすく翻訳されているので全ての方にぜひお勧めします!

「原因」と「結果」の法則
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。