【続報】東日本大震災で!新興マンションデベロッパーの竃セ豊エンタープライズの倒産

倒産速報です。東京都目黒区で新興マンションデベロッパーの竃セ豊エンタープライズ(代表者:梅木篤郎、ジャスダック上場)が倒産しました。9月26日、ADR申請を行い受理されたと発表した。負債総額は調査中です。

会社について
竃セ豊エンタープライズは平成16年6月店頭登録(同年12月ジャスダック上場)、分譲用・投資用賃貸マンションの開発等で業容を拡大し20年7月期には595億8,500万円の連結売上高を計上していた。

倒産の経緯
以降はサブプライムローン問題を端緒とする金融不安、不動産市況冷え込みの影響を避け得ず、翌21年期には100億円近い連結最終赤字の計上を余儀なくされるなど業況は暗転。
この後、棚卸資産売却、有利子負債圧縮、経営効率化等に注力、900億円(20年2月)あった有利子負債を約56億円に圧縮するなど自助努力の成果をみせていたが、約定弁済について安定的に賃貸収益を生む大型保有物件等の売却により進めざるを得ない状況が続く中にあって本年3月に発生した東日本大震災に伴う不動産市況の悪化が追い討ちをかける形となり収益及び資金繰りが急速に悪化。
 
この結果、迎えた23年期の連結最終利益は27億5,200万円の赤字に低迷、伴って財務面においても14億1,600万円の債務超過に陥り単独での抜本的な再生が困難となったことから事業再生ADR手続による再建を選択するに至る。
 
なお、今後については早期にスポンサーを決定した上で事業再生計画案の具体的な内容を確定させるとしている(事業再生計画案決議までの資金繰りについてはプレDIPファイナンスを行うことを想定しており特段の問題は生じない見込みとしている)。

編集後記
市販のこれまでの年表は、事項の羅列が主で、何が重要なのか、がわかりませんでした。
本書の図解年表で、大きな流れのなかで何が大事なのかがわかります。
図解年表は「日本経済」「グローバル経済」「産業の盛衰」「技術革新」「経営」「雇用」「IT」「環境と資源」「教育」「家族」の10分野あります。
年表は今日の変化にダイレクトに関係する1985年から始まっています。
各図解年表には、「Overview」「History」「Future」の本文が続きます。
1992年以来、日本の各分野の最先端の人材に原稿を依頼してきた『日本の論点』編集部ならではの、データの蓄積と深い洞察で、その先に何があるかがわかります。

【送料無料】その先が読めるビジネス年表

東京都目黒区で新興マンションデベロッパーの竃セ豊エンタープライズがADR申請

倒産速報です。東京都目黒区で新興マンションデベロッパーの竃セ豊エンタープライズ(代表者:梅木篤郎、ジャスダック上場)が倒産しました。9月26日、ADR申請を行い受理されたと発表した。負債総額は調査中です。

会社と倒産の経緯
竃セ豊エンタープライズは「シェルゼ」シリーズの分譲マンションを開発していた新興デベロッパーで、関東を中心に関西へも進出していた。今回のADR申請は遅きに失したともいえる。
既に、金融機関からは存分に貸し剥がしにあっており、今7月期決算では、有利子負債も56億円まで減じ、債務超過に陥ってしまっていた。
今後よほどのスポンサーでも付かない限り、新たな金融機関からの借入れは望み薄と見られ、ADRにより一時的に生き延びたとしても、開発業者として、苦しい展開をしいられることになると思われる。
ただ、昔に返り、販売代理業で生き残りをかけるならば別であろうが・・・。

編集後記
ぼくの会社がつぶれた理由
おれが書かなきゃ、だれが書く。注目のベンチャー企業は、なぜ倒産したのか。迫真の告白ノンフィクション。

【送料無料】社長失格

クリスマスイブに、1つのベンチャー企業が破産宣告を受けて倒産した。
インターネットを使った新サービスで脚光を浴びた、ハイパーネットという企業だ。
1996年3月期には売上高約7億円、経常利益約2億円を記録。
大手証券会社や銀行などから融資の申し出が殺到し、米マイクロソフト社のビル・ゲイツ会長までが面会を求めてきたという"栄光"から、わずか2年足らずの間での転落劇だった。
なぜ、ハイパーネットは挫折したのか。
当事者中の当事者だった「元社長」が倒産の理由を1冊にまとめたが、決して恨みつらみを述べただけの告白本ではない。
著者の体験は、日本ではなかなかベンチャー企業が育たない原因がどこにあるのかを浮き彫りにしている。
米国のビジネススクールでは、事業に失敗した経営者が講師となり、体験を語る授業が珍しくないという。
倒産までの過程を書き記すことで、その役目を果たそうという著者の熱意が、悔恨の念とともに伝わってくる。

宮城県仙台市青葉区でマンションデベロッパーの潟Tンシティが倒産

倒産速報です。宮城県仙台市青葉区でマンションデベロッパーの潟Tンシティ(代表者:米川淳)が倒産しました。9月26日に民事再生法の適用を申請しを行っています。負債総額は248億円です。

会社と倒産の経緯
潟Tンシティは平成4年2月に設立された分譲マンションおよび投資用マンションの開発業者。バブル後期に販売代理業務で儲けた資金を元手に分譲マンション開発事業に乗り出した
ほか、投資用マンションを開発して売却する不動産流動化事業にも展開していた。平成18年6月には東証1部上場を果たし、首都圏へも進出、平成19年には東北一のデベロッパーとなり、同年12月期には約577億円の売上高を計上していた。
しかし、一番手を広げていたところにリーマン・ショックが発生して、あえなく売上高も何もかも沈没、平成20年12期には約224億円まで売上高が減少するとともに、評価減から当期損失を約136億円計上していた。
こうしたことから銀行の貸し剥がしもあり、開発を凍結して在庫整理に当ってきたが、その後も売却損や評価損にさいなまれ、いつ倒産してもおかしくない状態に至っていた。

編集後記
破産から再起した社長が教える「やってはいけないこと」。

【送料無料】カッコ悪く起業した人が成功する

本書は一般的な起業本とは真逆な内容になっています。
今までの起業本は「やるべきこと」の羅列がほとんどで、読み進むうちに読者の誰もが成功者になれるような錯覚を与えてきました。
しかし、そうしたマニュアル類を参考にして起業した結果、2年後には2割弱しか生き残っていないというのが現実です。
この数字に私はショックを受けました。というより危惧を感じたといったほうが正しいでしょう。
そこで逆に、「やってはいけないこと」を明確にすることにより、起業家の羅針盤となるようにと考えて本書をまとめました。
「成功へ導く理屈」ではなく、「失敗を回避する手法」を説いたのです。
起業を成功させるためには経済理論だけではなく、ズルく身を守る方法や危険からの逃げ方なども知らなければなりません。
「やるべきこと」に学んで失敗するか、「やってはいけないこと」に学んで成功するかで、3年後のあなたの立場は大きく変わっているでしょう。
また2008年2月に本著の続編として「黒字のための5×6の法則」が刊行されました。
創業よりも難しい事業の継続と発展をテーマにしています。事業の成長過程は「5つのステージ」と「6つのステップ」によって構成されています。これが「5×6の法則」です。
続編ではそれぞれのステージやステップで何を成し、何をやってはいけないかを明確にしました。
それを実践することによって成功をくり返し、黒字経営を「継続」させる事業経営者となっていただきたいからです。
そして2008年の9月には3部作の〆として「経営者は危なくなるほどよく笑う」が刊行されました。
これは連鎖倒産から自社を守る方法として、取引先が破綻に向かう兆候を段階的にまとめたのです。
経営者は勿論、社員の方も、自分の会社の危機を把握して自分を守るために読んでください。


累積損失の膨張!神奈川県横浜市港北区で不動産業の竃L和が倒産

倒産速報です。神奈川県横浜市港北区で不動産業の竃L和(代表者:河永勝弘)が倒産しました。8月24日に破産手続開始決定を受けていたことが判明しました。負債総額は4億円です。

会社と倒産の経緯 
竃L和は昭和61年3月に設立された不動産業者。
地元周辺をエリアに建売、宅地開発等を手がけ、平成13年2月期には約2億6,000万円の年売上高を計上していた。
しかし、赤字の散発から累積損失の膨張をみるなど業況は低調に推移。資金繰りの多忙化をみる中、事実上、事業を停止するに至っていた。

編集後記
幸せと豊かさを手に入れるために
30年にわたりお金と幸せについて探求してきた著者が満を持して放つ、決定版!お金のバイブル。

【送料無料】お金と人生の真実

不良債権に押しつぶされた東京都千代田区で不動産賃貸・事務受託の中小企業管理機構

倒産速報です。東京都千代田区で不動産賃貸・事務受託の中小企業管理機構梶i代表者:間渕裕喜)が倒産しました。9月14日に自己破産を申請し、同日破産手続き開始決定を受けています。負債総額は124億円です。

会社について
中小企業管理機構鰍ヘ、2007年(平成19年)3月設立の不動産賃貸・管理会社。「九段下フィナンシャルビル」「市ヶ谷フィナンシャルビル」「日本橋フィナンシャルビル」を所有し、同所の日本振興銀行鰍ェ主宰する「中小企業振興ネットワーク」傘下の企業などに賃貸していたほか、日本振興銀行から業務委託も受けていた。

倒産の経緯
しかし、2010年9月10日に日本振興銀行鰍ェ民事再生法の適用を申請し、同行に約2500万円、さらに潟堰Eパルレ(2010年10月、民事再生法)にも約240万円の不良債権が発生。債務超過が続いていたため、自力再建を断念、今回の措置となった。

なお、日本振興銀行関連では、潟堰Eパルレ(2010年10月、民事再生法)、中小企業保証機構梶i2010年10月、民事再生法)、カーフートライテック梶i2011年1月、破産)、中小企業信用機構梶i2011年1月、民事再生法)、ターンアラウンド債権回収梶i2011年6月、破産)の倒産に続き6社目となる。

編集後記
アスリート、音楽家、美術家、写真家、落語家、社会活動家、職人、企業家…国内外から様々なジャンルの人が寄稿、自分が変わる99の人生ストーリー。

【送料無料選択可!】100番目のメッセージ 私たちを元気にする先輩からのコトバ (単行本・ムッ...

Allen Miner―親日ベンチャーキャピタリスト
アニャンゴ―世界初女性ニャティティ奏者
秋元祥治―岐阜を元気にする男
雨谷麻世―クリスタル・ヴォイス・ソプラノ歌手
池坊由紀―華道家池坊次期家元
池間哲郎―アジアの子供たちを支える活動家
石山伊佐夫―高校中退でも天性の経営者
市川覺峯―千二百日修行を成し遂げた経営指導者
井上高志―初めてなったリーダーが社長
入住壽彦―ゴールドマン・サックスから起業家に〔ほか〕

<大阪市>ホテルと初の津波避難協定

大阪市は17日、津波の際、観光客らに一時避難してもらう「拠点避難ビル」として、ホテルプラザオーサカ(淀川区)との協定に調印した。
拠点避難ビルは、同市が災害時に観光客や買い物客の命を守るため、商業施設やホテルなどのランドマーク施設を対象に指定を進めており、同ホテルが第1号となった。

市役所であった調印式には、同ホテルを経営するプラザオーサカの菅原真一社長が出席。
平松邦夫市長と協定書にサインを交わした。菅原社長は「普段ごひいきをいただいている皆さんへのご恩返しを含めて協力できれば。
全社員がさらに防災意識を高め、万一の事態に備えていきたい」と話した。今後、津波を想定した市との訓練にも協力して取り組む。

編集後記
人生・お金・仕事・結婚極意書
日本一幸せなお金持ち・斎藤一人さんが、人生・お金・仕事・結婚の悩みを解決する方法をアドバイス! 「世の中って不公平だな……」と嘆いている人も、読めば読むほど、幸せな奇跡がなだれのごとく起きます!
「お金持ちになって、幸せになれる人となれない人の決定的な違い」「生まれつき、金運のいい悪いは決まっているのか?」「チャンスに恵まれる方法」「不況の時代に心がけるべきこと」「天職にめぐりあうにはどうすればいいか?」「折り合いの悪い上司といい関係を築く秘訣」「お金は循環させるために使ったほうがいいというのは本当か?」「お金持ちで性格もいい男性と結婚する方法」……などなど、一人さんが、さまざまな疑問に答えます。

【送料無料】斎藤一人500年たってもいい話

「幸せというのは待っててくるものじゃない。自分から幸せにならなくちゃいけない」(斎藤一人)。あなたも、本書のアドバイスを実践して、幸せをいっぱいつかみませんか?


65億円超の負債を抱えて倒産した潟宴nイナコーポレーション

倒産速報です。愛知県名古屋市東区でインターネットコンテンツ事業・不動産事業の潟宴nイナコーポレーション(代表者:中西芳比朗)が倒産しました。7月27日に破産手続き開始決定を受けています。負債総額は65億1400万円です。
破産手続き開始決定受ける
負債65億1400万円

会社について
潟宴nイナコーポレーションは、1990年(平成2年)6月に設立。
携帯電話の販売を手がけ、東海3県を主体に積極的に販売店の出店を行うほか、携帯電話のホームページ作成などのインターネットコンテンツ事業やソフトウェア開発事業など業容を拡大していた。
2006年からは、不動産事業として自社のセキュリティーシステム「with」を利用し、携帯電話で施錠などをコントロールすることができる「ケータイ インテリジェントマンションHERBE」の販売にも進出、不動産事業の貢献もあってピーク時の2008年3月期は年収入高約80億1500万円を計上していた。

倒産の経緯
しかし、業績は伸びていたものの不動産事業の拡大もあって、マンション建設用不動産の購入や建設費などで借り入れが短期間で拡大。
さらに、2008年秋以降の急激な不動産市況の落ち込みによって、売却予定先だった不動産投資ファンドの経営が悪化、物件の売却が困難となったことで資金繰りは急激に悪化していた。
そのため、2009年には不動産事業を大幅に縮小し、2010年1月には携帯電話販売事業を関連会社に営業譲渡し。
その後も、ホームページなどのインターネットコンテンツ作成や、エコ関連事業などに絞ったことで業況は大幅に落ち込み、2011年3月期の年収入高は約29億8000万円、約34億7000万円の最終損失の計上を余儀なくされ、債務超過に転落していた。
その後も、返済条件の変更などでしのいでいたが、過去の借り入れ負担から資金繰りはひっ迫。こうしたなか、債権者から破産を申し立てられ、今回の事態となった。

編集後記
出来ない人は、やる必要がないの。出来ないことも才能なんだよ。出来ないことを生かせばいいの。その才能が生かされて、天からご褒美がくるんだよ…。天があなたに与えた「すごい才能」が幸せと富をもたらす魔法の言葉を満載。

【送料無料】斎藤一人天才の謎

東京都中央区で不動産開発等の特定目的会社ゴールドは破産

倒産速報です。東京都中央区で不動産開発等の特定目的会社ゴールド(代表者:須貝信)が倒産しました。6月29日に破産手続開始決定を受けています。負債総額は11億3000万円です。

会社と倒産の経緯
特定目的会社ゴールドは平成19年2月に設立された特定目的会社で、東証2部に上場していた潟mエルの出資を得て不動産開発・流動化等の事業を行っていた。
しかし、20年10月30日には潟mエルが破産手続開始を申請。以降も物件売却を進めて全ての保有不動産を売却したが、債務超過となったこと等から今回の措置を取るに至る。

編集後記
固定観念を外せば、見えてくる!
当たり前に売上が半減するような経営環境でも、びくともしない、元気な中小企業はどんな経営をしているか?不景気で、どこの会社もいかに売上を上げるか、最低限の利益を確保するか、資金繰りをつけるかに汲々としている。当座のこの状況をいかに勝ち抜いていくか、そしてどのように体力をつけていくか?

【送料無料】売上が50%ダウンしてもお金が残る経営


資金繰りが上手でなかった!千葉県柏市で不動産業の泣Gスケー企画他1社が倒産

倒産速報です。千葉県柏市で不動産業の泣Gスケー企画(代表者:鈴木幸彦)と関連会社で土木工事の距骭噤i代表者:鈴木幸彦)が倒産しました。6月22日に破産手続開始決定を受けています。負債総額は泣Gスケー企画が4億円、距骭嘯ェ1億円です。
た。 破産手続開始

会社と倒産の経緯
泣Gスケー企画は平成12年6月に設立された不動産業者で、距骭噤i昭和60年11月設立、土木工事)の事業を引き継ぐ形で土地の仕入れ、造成、販売を手がけ、20年5月期には約4億3,800万円の年売上高を計上していた。
しかし、財務面では借入金が経営の重石となるなど業況は軟調に推移。多忙な繰り回しが続く中、これ以上の事業継続も困難となった模様。

編集後記
“倒産しない経営”を実現するために…。PDCAを回して常に有利な資金繰りを行おう。中小企業での実務を、特にフォーカス。

【送料無料】間違いのない資金繰りのツボがよくわかる本

稼いでいるのにお金がない・・・そんな資金繰りの基本を図解をまじえて解説。
中小企業に焦点をあて、従来の資金繰りにあわせて金融商品取引法、会社法によって可能となったやり方も紹介します。

山口県山口市で不動産業の鞄の宮が破産

倒産速報です。山口県山口市で不動産業の鞄の宮(代表者:野村春夫)が倒産しました。6月2日に破産手続き開始決定を受けています。負債総額は9億円です。

会社と倒産の経緯
鞄の宮は昭和61年2月設立の不動産業者。
不動産は所有しているが借入もいっぱいあるが評価額は別、身動き取れなくなり、今回の事態に至った。

編集後記
何度も失敗して諦めていませんか?理屈では動かない組織を奮い立たせ「働きがい」のある職場へと変革する実践ノウハウ。

【送料無料】組織が元気になる!業務プロセス改善マニュアル
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。