東京都千代田区でクリニックモールの設置および賃貸事業の潟Aイロムメディックが倒産

倒産速報 明日はわが身です。東京都千代田区でクリニックモールの設置および賃貸事業の潟Aイロムメディック(代表者:深田洋)が倒産しました。5月22日に東京都港区の(医)社団上善会より破産を申請されていたことが判明しました。現在、申立人側と破産申立の取り下げを視野に入れて協議中です。負債総額は101億7800万円です。

会社について
潟Aイロムメディックは東京都千代田区で東証1部上場の潟Aイロムホールディングスの子会社。
平成18年10月に親会社の会社分割によりメディカルサポート部門を譲り受け、開業医を対象にクリニックモールのサブリースを主体として、開業支援コンサルティングおよび医療機器販売・リース、開業資金の貸付等のサポート事業を手掛け、ピークとなる平成18年3月期には年商23億1696万円を計上した。

【送料無料】売上が50%ダウンしてもお金が残る経営

倒産の経緯
しかし、医療機器販売における大型案件が少ないなか、クリニックモールの契約解除などもあり21年3月期の年商は約10億8000万円にダウン。
同期は取引先であった(医)社団アース(東京都港区、21年5月22日破産)に関する貸倒引当金を中心に多額の特別損失を計上し、約70億3000万円の大幅赤字を計上して債務超過に転落。

以降、貸金業やコンサルティング事業を停止し、クリニックモールへの事業シフトを進めたものの売上は下げ止まらず、23年3月期の年商は約5億4700万円に減少し赤字を連続した。

今般、社団上善会は、アイロムメディックに対し損害賠償請求権を持っているが、同社が債務超過状態にあり支払不能として破産を申し立てた。

編集後記
医療制度から業務管理・改善の手法まで、現場が知りた
病院経営に関する知識・情報における「基本」「最新」「普遍」をバランスよく10テーマに分けて解説。部門管理、人材管理、物品管理、金銭管理、自己管理…すべてマネジメント。現場のマネジメント参加が病院経営を強くする。

【送料無料】だれでもわかる!医療現場のための病院経営のしくみ

【続報】市民ら「責任誰が取る」 神戸市住宅公社民事再生手続き

市の負担総額300億円に
約22億円の債務超過に陥っている神戸市の外郭団体「神戸市住宅供給公社」は22日午後、神戸地裁から民事再生手続き開始の決定を受けた。自治体が運営する住宅供給公社が手続きに入るのは全国で初めて。市の負担総額は約300億円、市民1人当たりでは約2万円に上り、今後、事業を継承する外郭団体の経営にも市民の厳しい視線が注がれることになる。

講談社BIZ自治体クライシス 赤字第三セクターとの闘い/伯野卓彦

この日午前の手続き申請後、同公社には市民から「負債の責任は誰が取るんだ」「敷金や保証金はどうなる」などの電話が相次いだ。

再生手続きに基づく債権の届け出期間は7月5日までで、入居者約1万人の敷金・保証金約14億円を含む約503億円とされる負債総額が確定する。

その後は9月18日までに再生計画案を提出。同公社は「(再生手続き開始は)入居者の生活には影響しない」としているが、そのためには計画案が金融機関が参加する債権者集会で承認される必要があり、難航も予想される。

同公社は、バブル経済崩壊の地価の下落による含み損のほか、阪神大震災後の中間所得者用住宅として空き室賃料を保証しながら民間マンションを借り上げる「特定優良賃貸住宅(特優賃)」事業などで損失が膨らみ、平成15年から債務超過に陥った。

今後、同公社の主な事業は別の外郭団体「市都市整備公社」に引き継がれ、年度内に「神戸すまいまちづくり公社(仮称)」として再編される予定だが、外部からの監督不足も指摘されている。このため、大半を外部有識者で構成する評議員会と理事会が置かれ、運営の強化が図られることになる。

編集後記
ビジネスマン向けのCSR入門書として、企業活動との関連からその重要性を説いている。
内容もコンパクトで、さっと読めるのが良い。
あくまで初心者向けであるが、この手の本ありがちな、単なるトレンド情報や先人事例の紹介やCSRを学術的に解説することに終始している本とは違い、企業人としてCSRにどのように向かい合えばよいかきちんと考えさせてくれる本とは言える。

【送料無料】企業の社会的責任「CSR」の基本がよくわかる本

企業の不祥事が立て続けに起こり、今や「企業の社会的責任(CSR)」導入は企業にとって必要不可欠なテーマ。
これまで中小企業には導入が難しいと思われていたCSRの基本を実践的な内容でわかりやすく解説。

兵庫県神戸市中央区で住宅の分譲・賃貸管理の神戸市住宅供給公社が倒産

倒産速報 明日はわが身です。兵庫県神戸市中央区で住宅の分譲・賃貸管理の神戸市住宅供給公社(代表者:石井陽一)が倒産しました。5月22日に民事再生法の適用を申請しました。 負債総額は433億2700万円です。

会社について
神戸市住宅供給公社は、1965年(昭和40年)11月、同年6月に施行された地方住宅供給公社法に基づき、神戸市の出資により設立され、神戸市内一円に多くの住宅を建設、供給してきた。
積極的に大規模開発・供給型の分譲事業を手がけ、94年度には年収入高は約460億円を計上していたが、借入金も470億円にのぼっていた。

【送料無料】不動産業崩壊

倒産の経緯
しかし、当公社の役割は民間事業者が担い手となるなか、バブル崩壊後の長引く不況や阪神・淡路大震災後の住宅の供給過剰により住宅の売れ残りが大量に生じたことから、経営状況は悪化。2001年度には、従来の大規模開発・供給型の新規分譲事業から撤退した。
2002年12月に「財務改善緊急2ヵ年計画」を策定。事業用地、完成在庫住宅の早期処分および特優賃事業の収益改善を緊急課題として取り組み、その後も中期経営計画(2007年度〜2009年度)で累積損失の縮減を目指してきたが、外部監査で多額の借入金について「自力では到底返済不可能」との指摘を受けていた。

この間、主力事業を分譲事業から賃貸管理事業にシフト。
2010年度は、年収入高約83億9600万円、当期利益約2億円を計上。
主力の賃貸管理事業で、特定優良賃貸住宅制度に基づき、住宅所有者から20年間借り上げて入居者に転貸する「借上賃貸住宅管理事業」の赤字が続き、2010年度も同事業は4億円を超える赤字となっていた。
2010年3月には中期経営計画を策定し、ニュータウンや保有地の処分など資産処分を進めていたが、依然として長期借入金は400億円を超え、2011年9月には矢田神戸市長が、「破産という形式は避けられないのではないか」と言及、その後、金融機関との協議を進めながら民事再生法による処理方針を打ち出していた。

編集後記
デフレの申し子といわれた低価格ビジネスホテルに、なぜ月3600通ものサンキューレターが届くのか?顧客がキャンセル待ちしてでも泊まりたがるホテルが行っている4つのこだわりに迫る。

稼働率89%リピート率70%顧客がキャンセル待ちするホテルで行われていること スーパーホテルが目...

「1泊4980円」という驚きの価格でビジネスホテル業界に登場したスーパーホテルは、デフレの申し子として急成長を遂げた。稼働率89%、リピート率70%という数字を支えるビジネスホテル流顧客満足の仕組みを解き明かす。

福井県大野市で老舗酒造会社の源平酒造鰍ェ民事再生手続きの開始決定

倒産速報 明日はわが身です。福井県大野市で老舗酒造会社の源平酒造梶i代表者:久保孝次)が倒産しました。破産手続き中ですが5月15日に民事再生手続きの開始決定を受けました。負債総額は1億1867万円です。

会社について
源平酒造(鰍ヘ江戸延宝元年(1673年)創業の老舗酒造メーカーで、清酒「源平」の蔵元。
現代表で15代目にあたり、県内外の酒類問屋を通じて全国に販売し、平成21酒造年度金沢国税局酒類鑑評会及び、平成20酒造年度全国新酒鑑評会において金賞を受賞するなど、酒質には定評があった。

 源平 萬寿恵 特別純米酒 1.8L【父の日プレゼントに】

倒産の経緯
しかし、日本酒離れや他の地酒との競争や焼酎人気などから、昭和50年代には約1億5000万円あった売上高は年々減少、平成21年9月期には約6000万円にまで落ち込んでいた。
このような中、採算低下とともに資金繰りも悪化、さらに22年9月期の売上は販売不振から約5000万円にダウン、先行き見通し難から事業継続を断念し、2010年9月に破産手続き開始決定を受けていました。

倒産後
「源平」ブランドを維持すべく、県内の酒造メーカー等への事業譲渡も含めスポンサー候補者と協議を行っていました。

通信機器販売代理業のアーキクリエイション(東京)が、債権額の過半数を持つ県信用保証協会と協議し、事業再生に向けて計画を立案。同協会の理解を得て、源平酒造の全株式を取得しており、債権計画の承認を目指している。

編集後記
最小の経費で最大の集客を狙う「0円販促」のノウハウと極意とは?「0円販促」は、小さな店ならではの販促スタイル!誰にでも実現可能な販促手法のノウハウを一挙に大公開。

【送料無料】「0円販促」を成功させる5つの法則

法則1・これからの時代、インターネット販促は必須!
法則2・半永久的に集客を実現するツールは手間要らず!
法則3・店の「個性」を打ち出せばイメージアップ!
法則4・トコトン考え抜けば発想も変わる!
法則5・クチコミを上手にコントロールして「ファン客化」を促進!
お金をかけずにアイデアと情熱で繁盛店にする実現可能な販促手法が満載。
これまで多くの小さなお店の販売促進を支援してきた著者による“徹底的にお金をかけない販促”を成功事例とともに解説する。

東京都渋谷区で不動産、建築施工業のスーパーホーム鰍ェ倒産

倒産速報 明日はわが身です。東京都渋谷区で不動産、建築施工業のスーパーホーム梶i代表者:寄森亘)が倒産しました。4月26日に民事再生手続開始を申請し、5月2日同手続開始決定を受けています。負債総額は23億円です。
 
会社について
スーパーホーム鰍ヘ平成5年6月に設立された不動産、建築施工業者。
城南地区を中心に不動産開発・有効活用、住宅開発、新築分譲住宅、ビル・マンションの企画、設計、施工、販売、リフォーム等を手がけ、20年5月期には約44億2,000万円の年売上高を計上した。
 
【送料無料選択可!】杉山善昭の不動産ワクチンがなぜいま必要か? (単行本・ムック) / 杉山善昭/著

倒産の経緯
しかし、リーマン・ショック以降は金融収縮、不動産市況悪化の影響を避け得ず大幅な受注減を余儀なくされるなど業況は暗転。
経営合理化に注力するも、足下の経営環境はなお厳しく今回の措置へと至る。

編集後記
1時間で手っ取り早く売上を伸ばすネタ帳。簡単わかりやすいスピーディー。月末になっても売上目標が達成できない…そんな大ピンチのときさっと読んでください。コレやるだけ!アクションシートつき。

【送料無料】1時間で御社の売上を伸ばす販促鉄板ワザ40

東京都世田谷区で回転寿司「沼津港」の泣}ーケッツフェイスが倒産

倒産速報 明日はわが身です。東京都世田谷区で回転寿司「沼津港」の泣}ーケッツフェイスが倒産しました。4月25日に破産手続きの開始決定 を受けています。負債総額は10億円です。

会社と倒産の経緯
泣}ーケッツフェイスは競合激化と紅茶販売など異業種展開の失敗により破綻した。
店名の由来は静岡県沼津市にある"沼津漁港 羽野水産"に食材提供の協力を得ていることから名づけられていた。

編集後記
“レモネードがとびきりおいしい、きみの町”が、レモンの不作にみまわれて、“重大な経済危機”に直面します。
まず原料の値上がりによって製品の価格も上がります。犬ごやをつくって売る商売のダイアンは、大好きなレモネードをのむために、犬ごやのねだんを上げるほかありません。
車あらいのピーウィーや、しばかりのサンディーも、値上がりしたレモネードを買うために、賃金を上げてほしいといいだします。
こうして賃金と物価のおいかけっこがはじまり、インフレーション、小さな企業の倒産、失業の増加へとつづきます。
不況がやってきたのです。
そこで、新しいしごとをつくったり、資金の貸付けをしたりして経済を元気づけるための努力がおこなわれ、そのけっか、失業はへり、生産が上がってきました。
経済は元気を回復するでしょう。

【送料無料】レモンをお金にかえる法(続(“インフレ→不況→景気回復)新装版

2012年5月11日の全国倒産状況

倒産速報 明日はわが身です。2012年5月11日の全国倒産状況と倒産続報です。

北海道 給桙ォものあづま 呉服・宝石・貴金属小売

岩手県 巨逞t技建 木造建築工事

栃木県 鞄本ウッド 木製家具製造

埼玉県 
期`友商店 ガソリンスタンド経営、破産開始決定
級ェ崎エージェンシー 中古自動車販売・整備

東京都 
潟Cーメロンソリューションズ ソフトウェア受託開発
山川鋳工梶@鋳鉄品製造販売
潟純C・シー・アール 建築工事
潟Xタジオクローク インテリアグッズ販売
泣}ーケッツフェイス 回転ずし店経営
潟Aインテスラ 産業機械卸

神奈川県  潟xストソリューション 利用運送・荷役作業 

静岡県 合資会社山善 貸事務所業、破産手続き開始決定 (伊東市)

愛知県 
潟Aズデザイン 自動車部分品製造
潟cgプラン 輸入オートバイ小売ほか
名古屋三笠梶@一般機械器具卸、破産手続き開始決定

大阪府 
葛{内組 土木工事、再生手続き開始決定
株ェ幡商会 ウェアー製造、破産手続き開始決定  
椛コ井商事 服製造、破産手続き開始決定  
潟Mャラクシーエクスプレス 国内旅行業、破産手続き開始決定
志幸船舶用品梶@船舶用品卸

兵庫県 
東栄電気梶@電気工事
糾竚ウコーポレーション インターネットカフェ運営

山口県 給g賀興業 土木工事

香川県 潟シイモータース 自動車小売業、再生手続き開始決定

愛媛県 橋和運輸梶@一般貨物自動車運送

高知県 去ツ原履物店 老舗靴販売店、自己破産へ

福岡県 福岡スプリットン工業梶@コンクリ二次製品、再生手続き開始決定

編集後記
社長が押さえておくべき30の基礎科目
会社ごとに商品・商慣習の違いはあれど、社長の仕事の80%は業種業界問わずみな同じ。すなわち「経営の原理原則」を身につけることである。“伝説の外資トップ”と呼ばれた著者が20年以上に及ぶ経営職経験で得た知見を初めて体系化。会社を伸ばす社長・つぶす社長を決定づける「社長の仕事」実論を余すところなく説く。

【送料無料】経営の教科書

500億円超の負債!東京都港区で金融のNISグループ鰍ェ倒産

倒産速報 明日はわが身です。東京都港区で金融のNISグループ梶i代表者:原川城治)が倒産しました。5月9日に民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けています。負債総額は508億2300万円です。

会社について
NISグループ鰍ヘ、1953年(昭和28年)8月に愛媛県松山市で創業、60年(昭和35年)5月に法人改組した中小事業者向け総合金融業者。72年から消費者ローンの取り扱いを、81年からは商工ローンの取り扱いを開始。
営業エリアを全国主要都市に年々拡大し、96年9月には大証2部へ上場を果たしていた。
98年4月には本社機能を東京へ移し、同年12月には東証2部へ上場、99年9月には大証、東証ともに1部上場に指定替えを果たし(大証については2002年に上場廃止)、2001年3月期には年収入高約320億2700万円を計上していた。

【送料無料】ウサギのローンカメのローン

その後も事業者ローン分野での複数企業との提携、さらには関係会社設立による債権回収業務へ進出するなど積極的に事業を展開、2003年3月期の年収入高は約413億8100万円にまで伸長、約49億4500万円の当期純利益を計上していた。
また不動産ファイナンス事業部を新設するほか投資事業にも注力し買収や提携策を推し進めた結果、NISグループとして事業者ローン事業を中心に、不動産、リース、証券など幅広い業務分野を手がけ、2006年10月に商号を(株)ニッシンから現商号に変更していた。

倒産の経緯
その後も地銀などとの中小企業融資における保証業務を進めていたが、貸出し上限金利の引き下げや過払利息引当で収益は悪化し、2009年3月期の年収入高は162億4600万円に大きく落ち込み、当期純損失約464億2400万円を計上、借入金にかかる財務制限条項の抵触、いわゆるゴーイングコンサーンの注記が記されるなど財務内容が悪化していた。
2009年12月には米国ファンドのTPGグループの出資分の一部が中小企業保証機構グループに譲渡され、続く2010年3月期は営業貸付金の減少、不動産売買の減少もあって年収入高は約86億5900万円に、当期損失17億3300万円を計上。2010年8月にはネオラインホールディングス(株)を引き受け先とする第三者割当を発表し、財務基盤の安定化を目指していた。

こうしたなか、日本振興銀行(株)が9月に民事再生法の適用を申請、同行に対する保有株式や長期貸付金の引き当て処理を行ったことで、貸金業法の定める純資産要件を満たさなくなったことから2010年12月31日付で貸金業を廃止。
財務内容の悪化により、東証2部に指定替えとなっていた。また、大口債権者との間で、再建策の合意に向けて交渉を進めていたが、合意の見通しが立たず、今回の措置となった。

なお、今年に入って上場企業の倒産は山水電気(株)(東京都、4月、民事再生法)に次いで3社目。

編集後記
世紀を超えるマネジメント
20年後、あなたの会社は消えているかもしれない。いったい何が足りないのか? 『甦る経営』=再生、『戦略をつくる力』=成長、そして本書『会社寿命』=存続、へと続く、会社経営を時系列的な症状からとらえてきた著者入魂の三部作、完結編。

【送料無料】100年経営

大阪府大阪市北区で不動産コンサルティングのアバンザ合同会社が倒産

倒産速報 明日はわが身です。大阪府大阪市北区で不動産コンサルティングのアバンザ合同会社(清算人:舩冨光治)が倒産しました。4月13日に破産手続き開始決定を受けていたことがこのほど判明した。 負債総額は40億円です。

会社と倒産の経緯
アバンザ合同会社は、2007年(平成19年)8月の設立。
不動産事業を手がける上場会社(現在は上場廃止)の連結子会社として、不動産コンサルティングのほか不動産の取得、開発および不動産信託受益権の取得、保有、処分も手がけていた。

親会社からの借入金や、親会社の債務保証を伴う金融機関からの借入金で資金調達するほか、グループ会社からの匿名組合出資を受け入れて営業活動を行ってきた。

しかし、リーマン・ショックの影響を受けた国内不動産市況の低迷から、以降はスムーズな運営に支障をきたし資金繰りが悪化。今年1月31日に総社員の同意により解散していた。

編集後記
当たり前でとても大切であるにもかかわらず、意外と守られていないビジネス上の常識(ルール)を紹介する。
仕事にむずかしいことなんていらない。これだけできれば仕事は絶対うまくいく。仕事ができる人が、なぜ仕事ができるかがわかる本。

【送料無料】あたりまえだけどなかなかできない仕事のルール

68億円超の負債で!東京都港区で不動産業の鰹ャ野プランニングが破産

倒産速報 明日はわが身です。東京都港区で不動産業の鰹ャ野プランニング(代表者:小野俊夫)が倒産しました。4月4日に破産申請し、4月6日に破産手続開始決定を受けています。負債総額は68億8088万円です。

会社について
鰹ャ野プランニングは平成20年2月に鞄さくプランニングの商号で設立されたが、20年7月に鰹ャ野プランニングに商号変更、不動産の転売や賃貸を行ってきた。
不動産を転売目的に保有し、21年4月に破産した貸金業者鰍rFCG及びグループ会社から融資を受け、受取賃料や転売益の収受を目的としていた。

倒産の経緯
しかし、不動産市況の低迷に伴い賃料収入などが見込めなくなり、融資を受けていたSFCGが破産したことからSFCGグループの保有債権が金融機関や債権回収会社などに譲渡され、弁済も滞っていたことから債権者による担保賃料差押や租税債権の滞納処分も行われていた。
このため債権者を含めた整理を進めていたが、再建スキームが成り立たず今回の破産となった。

編集後記
安全・安心生活はありうるか
上手なリスクとの付き合い方を提案する。鳥インフルエンザやアメリカ牛のBSE問題、あるいはタバコによる発ガン、石綿による中皮腫など、現代は様々なリスク情報に溢れている。
パニックを煽るようなマスメディアの報道のしかたや専門家のコメントにも問題が多い。
リスクの判断基準がないと、小さなリスクを避けるために大きなコストをかけたり、反対に大きなリスクなのにあまり顧みられないといったことが起こる。
本書は、どちらのリスクがどの程度危険なのか、私たち一人一人が判断できるようなモノサシ創りを提案する。
リスク蔓延社会にどう生きていけばいいのか指針を提示するユニークな試み。

【送料無料】リスクのモノサシ
日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。