埼玉県 2012年10月の倒産状況

倒産速報 明日はわが身です。埼玉県 2012年10月の倒産状況です。

10月県内企業倒産、今年最多の53件 長引く不況に息切れ
東京商工リサーチ埼玉支店が6日発表した10月の県内企業倒産件数(負債額1千万円以上)は、前年同月の43件より10件(23%)増加して53件に上り、2012年に入って最も多かった。同支店は「比較的大きな企業も、長引く経済環境の悪化による販売不振で、資金面で持ちこたえられなくなり、息切れしているのではないか」と分析している。

負債総額は前年同月比55%増の81億3500万円。業務歴20年以上の企業の倒産が全体の半数以上を占めたことも負債総額の押し上げ要因となった。1億円以上5億円未満も15件で5件増加した。

産業別にみると、製造業が12件で前年同月より4件増え、卸売業が2件増の10件、サービス業が8件増の10件に上っている。

建設業は11件で4件減少したが、電気器具などの製造業、建材などの卸売業やサービス業で関連倒産を起こしており、建設業の不振は他の産業にも影響を及ぼしている。

主な倒産として、ビルメンテナンス・警備業務の全日(さいたま市大宮区、負債総額16億3千万円)は、公共事業削減などの影響で業績が低迷し資金繰りが悪化、破産申請した。電気用コードなどを製造する高千穂電線(朝霞市、負債総額13億円)は景気の低迷から売り上げがダウンしたほか、多額の負債を抱え込んだ。

今後の見通しについて、同支店は「中小企業の資金繰りを下支えし、倒産の抑制にも寄与してきた『セーフティネット保証』が11月から適用範囲が縮小、資金調達環境も厳しくなってきている」と分析。「不透明感が強まり、資金需要が膨らむ年末を控え、倒産はさらに増える可能性がある」と指摘している。

編集後記
会社再建の企業変革ドラマ
変革をリードする経営パワーを持つ人材が枯渇している。倒産寸前の会社に若き戦略型リーダーが舞い降りて、ついに成長企業に蘇らせる!実話に基づく迫真のケース。
前著『戦略プロフェッショナル』より進んだ戦略手法の応用から抵抗勢力との闘い、リーダー育成法まで実践解説。

【送料無料】経営パワーの危機

伊那市土地開発公社:市「解散が適切」 議会にプラン報告 /長野

伊那市土地開発公社の存廃を検討していた市は「解散が適切」とする解散プランをまとめ、31日の市議会全員協議会に報告した。国の第三セクター等改革推進債を活用し、発行期限の13年度末までの解散を目指す。市によると、土地開発公社解散を決めたのは県内の市では初めて。
 
プランでは、公社保有地の借入金利息の増加と地価下落により、保有地売却の際には市の一般財源による多額の補てんを必要とし「公社が破綻した場合、市が一時的に大きな損失を負うことも考えられる」と指摘。国が公社を含む三セクの抜本的改革を求めていることも踏まえ、解散が適切と結論づけた。
 
解散認可申請と三セク債借り入れの関連議案を来年3月議会に提案する。借入額は22億3000万円を想定。市は償還財源確保のため、事業費の縮減や保有地売却を進める。
 
公社については市が設けた検討委が8月に「役割を終えた」として解散を答申した。白鳥孝市長は取材に「検討委の答申や先行の解散事例、市の財政状況なども考え、総合的に判断した」と話した。

編集後記
顧客が自然に集まる10の発想転換
目先をちょっと変えれば、お客様の声が聞こえてきます。モノが売れない、アイデアが出ない、何を作ればいいのかわからない…と悩んでいませんか?私が約400社の元気企業から学んだとっておきの処方箋をご紹介します。

【送料無料】なぜ、御用聞きビジネスが伸びているのか


【続報】小野グループ3社「再建は可能」 本業部分に瑕疵ないと保全管理人

会社更生法適用を目指している小野グループ(本部福井市)の主要3社(ワシ興産、ワシマイヤー、アサヒオプティカル)について保全管理人に選任された新保克芳弁護士(東京)は28日までに福井新聞社の取材に応じた。既に複数の企業からスポンサーとして問い合わせがあったことを明らかにした上で「本業部分に瑕疵(かし)はなく、再建は十分可能」と明言した。1カ月以内に更生手続き開始決定を目指す意向も示した。

東京地裁から選任された新保氏は更生手続き開始決定を受ければ、そのまま管財人に選任される見通しで、新保氏の下でスポンサー探しを本格化させ、1年以内の更生計画案提出を目指す方針だ。

新保氏は「現時点では従業員や債権者の不安を取り除くことが最優先」と強調。26日に保全管理人に選任されて以降、債権者や取引先などを訪れ、これまで通り事業を継続しながら会社更生法適用を目指す旨の説明を行っているという。

3社で計約300人の雇用を維持し、鯖江市のアサヒオプティカル工場や富山県高岡市のワシマイヤー工場などはすべて週明けの29日以降も通常通り稼働し、商品の安定供給に全力を期すとした。

財務内容や収益力を把握した上で、手続き開始を目指すことになるが、新保氏は3社について「全体的に技術力は高く、工場や従業員、製品には全く問題はない。顧客にも恵まれている」と強調。「負債の多くは本業に起因するものではなく、単月の収益でも黒字。事業単体で見れば収益が見込める」と説明した。既にスポンサー候補として2、3社から連絡が来ているという。

福井銀行が会社更生法適用を申し立てた理由として挙げている「過去10年近くにわたって行われてきた不正経理」については今後本格的調査に乗り出し、明らかにしていくとみられる。新保氏は「着任したばかりで詳細を調べる時間もまだなく、コメントできる段階にない。更生計画案を提出する時点までには当然明らかになるだろう」と述べるにとどめた。

編集後記
華僑投資家たちの資産運用の鉄則をわかりやすく提示するとともに、自身がその鉄則をどのように現在のビジネスへと生かしていったのかを述べる。お金を稼いだ後に訪れる人生の歪みに、どう対応するかについても言及。

【送料無料】香港大富豪のお金儲け7つの鉄則

資産1500億の彼らも、はじめは無一文だった。香港在住18年、華僑の資産運用を手がけた証券マンが、その全貌を明かす。

2012年10月19日の全国倒産状況

倒産速報 明日はわが身です。2012年10月19日の全国倒産状況と倒産続報です。

北海道 潟Iービック 医療用機械・器材卸、破産開始決定

秋田県 潟Aーツ・アド・プラン 広告代理店、自己破産へ

宮城県 
滑ツ境保全センター 土木工事
シャークハンター求@フカヒレ原料加工

群馬県 潟Gフエスオート 元・輸入自動車ディーラー

埼玉県 グラステック梶@フラットパネルディスプレー製造、破産開始決定

東京都 
褐注N医学社 黒酢健康食品製造、破産開始決定
潟Lャリアネットワーク 労働者派遣
 
石川県 
潟zテルアクティ金沢 ホテル経営
潟Sールドイーグルジヤーマン 不動産賃貸

福井県 葛エ本工務店 建築工事

静岡県 石田フード梶@食料品製造、再生手続き開始決定

愛知県 
野村商事梶@肥料製造・卸
潟Gクランブルー 婦人服販売、破産開始決定

滋賀県 泣Rンシス・ステーブル 競走馬トレーニング場造成・経営、破産開始決定

大阪府 
鰹o口商店 鮮魚仲卸、破産開始決定
開成工学梶@土木工事・土木資材卸

兵庫県 建増梶@建築工事、破産開始決定

岡山県 Infinity Space梶@衣料品製造、破産開始決定

福岡県 潟Pイテック 測量データ処理、破産開始決定

長崎県 拒コ上興業 鋼構造物工事

沖縄県 椛蝠ス堂 印刷業、破産開始決定

編集後記
★「なぜネットでピアノが売れるのか」
クリックひとつで、高額なピアノが売れるってホント?
インターネットのピアノ販売で年商1億を達成!
ぴあの屋ドットコムの秘密が全部わかります
ビジネス書なのに読み終わったら涙が・・・?!

★「なぜネットでピアノが売れるのか」

「ネットでピアノが売れると言うと、みな信じられないという顔をします。ピアノは高額な商品です。だれだって自分の目で見て、弾いてみて買うものだと思うはずです。長年、調律師としてピアノに触れてきた私も、そう考えていました」HPへのアクセス月10万件、1か月の売り上げ台数47(2010年4月実績)、ネットのピアノ販売で年商1億を達成した調律師がノウハウを全公開!

滋賀県甲賀市で競走馬トレーニング場造成・経営の泣Rンシス・ステーブルが破産

倒産速報 明日はわが身です。滋賀県甲賀市で競走馬トレーニング場造成・経営の泣Rンシス・ステーブル(代表者:元山勝一)が倒産しました。10月4日に破産開始決定を受けました。負債総額は33億円です。

会社と倒産の経緯
泣Rンシス・ステーブルは設立平成4年5月の競走馬トレーニング場造成・経営。
滋賀県甲賀市甲南町に競走馬のトレーニング場を造成し施設を賃貸していたが、平成18年2月6日には再度の資金ショートを起こし行き詰まりを表面化した。事業はその後も継続し、18年3月期には年商約2億3000万円を計上していた。

しかし、トレーニング場の不動産取得に際し負債が膨らむなど事業継続が困難となり今回の措置となった。詳しい状況は現在調査中。

編集後記
現場の発想と実践から生まれた経営計画書
30年間増収増益の『小さくても強い会社』の儲けの秘密!社員が喜んでイキイキと働くシステムの秘密がここにある。

【送料無料】全社一丸!儲かる経営計画書のつくり方

市川善彦(イチカワヨシヒコ)
福岡大学経済学部非常勤講師。1952年1月29日長崎県佐世保市生まれ。中学3年生のときに父の事業倒産に遭遇。一家離散となる。幾多の職業を経験後、24歳のときに、警備保障会社を創業。以後、独自のユニーク経営法を次々に考案して社員とともに実行している。自社ビル、社員寮等を取得。資金繰り無縁の完全無借金経営を続け、現在は福岡信用金庫総代、博多警備業防犯組合長も努めながら全国で講演活動を行っている。執筆活動も活発に行い、大企業の販促情報誌にも、シリーズで「ユニーク経営法」を連載して好評を得ている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

福島県 2012年4月〜9月の倒産状況

倒産速報 明日はわが身です。福島県 2012年4月〜9月の倒産状況です。

企業倒産:件数47.3%減 今年度上半期、前年の同期比 金融支援や賠償金影響 /福島
民間の信用調査会社「帝国データバンク」福島支店は17日、今年上半期(4〜9月)の県内の企業倒産集計を発表した。倒産件数は前年同期比47・3%減の29件、負債総額も7・6%減の146億800万円にとどまった。渡辺経司支店長は、減少について「手厚い金融支援や東京電力の賠償金が影響している」と話した。一方、来年3月には金融円滑化法の期限が迫り、下半期は融資の滞りによる倒産が続出する恐れもあると見られる。
 
同支店は負債1000万円以上、法的整理で倒産した企業を対象に集計。業種別では、多い順にサービス業10件、製造業5件。負債額別では、1億円以上5億円未満10件、5000万円未満9件。
 
原発事故による警戒区域で倒産した企業は、富岡町で事業継続できなくなった工作機械販売の1社のみ。しかし実際は法的手続きが間に合っていない企業が多いとみられ、同支店は「倒産に近い状態に陥った企業は潜在している」と指摘する。
 
10億円以上の大型倒産は3件。負債額の最高は5月に民事再生法適用を申請したガソリンスタンドと焼き肉店経営の小売業「スタンドサービス」(郡山市)の72億2000万円だった。

編集後記
商売は粉もの屋に学べ!
すべての企業の経営課題は突き詰めると「いかにして利益を増やすか」にあり!
成熟化社会を迎えた日本の国内市場はすでに飽和状態で、過当競争下にあります。
もう売上高や市場規模だけを追っていては、企業の最終目的である利益はついてはきません。
できるだけ簡単な方法で、利益を最大化にする、独自の手法が求められているのです。

【送料無料】勝間式「利益の方程式」

2012年10月17日の全国倒産状況

倒産速報 明日はわが身です。2012年10月17日の全国倒産状況と倒産続報です。

北海道 潟mーブル 特別清算開始決定

宮城県 泣}ルア阿部商店 水産加工、破産申請へ

埼玉県 
居ャ林信太郎商店 各種機械工具
渡辺興産梶@特別清算開始決定

千葉県 椛蜥B建設 木造建築工事

東京都 
潟fスバレー キャラクターファッション、自己破産へ
鰍cNP年史センター 特別清算開始決定
タニイ梶@アニメキャラクターグッズ製造販売、破産開始決定
キッズライン求@破産開始決定
渇ヘ合商会 鉄道模型、自己破産へ

長野県 
叶逍リ良商事 飲食店経営
メルクス梶@皮革製造
轄sc屋 食品スーパー経営

新潟県 潟純Cズ・マイクロテクノロジー 特別清算開始決定

福井県 
活田プロジェクト 眼鏡製造、破産開始決定
泣Gヌ・エム商事 不動産賃貸

京都府 
潟Tンネット プラスチック成型品加工、破産開始決定
鞄部 和装製品卸

大阪府 
大阪印刷梶@印刷
兜x士常 マグロ仲卸、破産開始決定

兵庫県 阪神フーズ梶@惣菜製造

山口県 椛蜚ゥ製作所 半導体製造装置製造、破産開始決定・民事再生廃止による

福岡県 
鞄進 木材市場、自己破産
株ム野工務店 一般管工事、民事再生申請

長崎県 明和運輸梶@運送業、破産開始決定

熊本県 徳住石油梶@ガソリンスタンド、任意整理へ

編集後記
会社救済の現場から

【送料無料】倒産の淵から蘇った会社達

会社再建一筋に歩んできたベテラン弁護士からの魂揺さぶるメッセージ!
会社が経営危機に陥っても、その大半は完治する「病気」だ! 「経済合理性」で企業をひとくくりにするアメリカの発想に異を唱え、中小企業の立場に立って、倒産という不安に苦しみ悩む経営者と社員に、会社再建のポイントを解説する。
また、各種企業類型別に、実際の経営危機脱出のドラマを再現し、知恵と工夫で再建が可能なことを「体感」できる、勇気の湧き出る書。

福岡県福岡市博多区で木材卸・木材市場の鞄進が倒産

倒産速報 明日はわが身です。福岡県福岡市博多区で木材卸・木材市場の鞄進(代表者:松永雄大)が倒産しました。10月11日に破産手続きの開始決定を受けました。負債総額は13億円です。

会社と倒産の経緯
鞄進の在庫は東証一部のナイスが、10月1日事業停止時に日進の倉庫の在庫の譲渡と受けているが、売掛金との相殺によるものと思われる。また、ナイスが譲渡を受けた木材・建材には、日進が販売済みの預かり建材が多数含まれており、預けていた多くの建築会社は不安に駆られている。

同社は平成19年4月期には40億円以上の売上高を計上していたが、リーマン・ショック後は住宅産業が低迷、平成23年期には15億円台まで売上高を急落させていた。
その急落の主原因ともなった中国製フローリングは、建材商社を通して販売先を拡大させていたこともあり、取扱高が大幅に増加していた。
しかし、固定相場での取引であったため、その後の円高により大損、取り扱いを止めたことにより、売上高は急減した。
こうした中国貿易での多額の損失により、損失金をその窓口である金融機関から求められたが、支払うこともできず、資金繰りにも窮し、今回の事態に至った。

預かり在庫の二重・三重売りがなかったのか心配されている。
ナイスは、日進から譲渡を受けた在庫の中に、預かり在庫分があれば、証拠書類を提出されれば、チェック後預かり在庫分の建材は返却するとしている。

編集後記
変化の時代とイノベーション
補助線を引いてみる。ナナメから見る。遠くから眺める。連想する。…コンサルタントの「思考プロセス」が見えてくる!新感覚の「経営エッセイ」。

【送料無料】経営思考の「補助線」

愛媛県今治市で 協同組合・不動産管理の今治織物工業(協)他1社が倒産

倒産速報 明日はわが身です。愛媛県今治市で 協同組合・不動産管理の今治織物工業(協)(代表清算人:田中庸)と、関連の今治アール・シー梶i代表清算人: 田中庸)が倒産しました。9月27日に破産手続開始決定を受けました。負債総額は今治織物工業が約44億8000万円、今治アール・シーが約12億3500万円で、2社の合計約57億1500万円が見込まれる。 

会社について
今治織物工業は明治27年1月、綿布製造業者が綿布同盟会として結成発足。
昭和26年1月11日、協同組合に組織変更し、地元タオル業者向けの綿糸共同購入や染晒加工のほか、48年11月には不動産賃貸部門(今治大丸の店舗不動産を賃貸)を開設。
63年3月期には売上高30億4383万円を計上していたが、平成3年4月にはゴルフ練習場「今治ゴルフパーク」(関連の今治アール・シーが今治大丸に隣接した駐車場とともに運営)、4年2月にはホテル「アジュール」(関連の潟iウシス(23年7月民事再生開始、負債総額約23億円)が運営)をそれぞれ開設して積極的に事業を展開していた。

倒産の経緯
しかし、組合員の倒産・廃業によって事業収入(綿糸共同購入、染晒加工他)は減少の一途をたどり、13年3月期の売上高は10億円を割り込み、その後も需要が回復せず減収推移となっていた。
さらに関連会社で運営していたホテルやゴルフ練習場の経営不振に伴う貸付金増加など資金状況が厳しくなり、17年10月にはゴルフ練習場を売却して借入金圧縮を図った。

今治アール・シーは今治織物工業が所有する駐車場(今治大丸に併設した今治どんどびパーキング)の運営を目的として同組合並びに組合員(当時25社)の共同出資により設立。
平成3年4月には同組合が開設したゴルフ練習場「今治ゴルフパーク」の管理も行い、売上高約1億2000万円をあげていた。

しかし、6年6月に今治どんどびパーキングの運営を関連会社の潟iウシスに移管(その前後から同社に対する過大な貸付金など資金流出が発生したことで資金状況を圧迫することとなった)。
さらに17年10月には同組合がゴルフ練習場を売却したため、以降は今治どんどび第2パーキングの管理のみに事業を縮小していた。

19年8月には、当時の理事長ならびに社長の村上誠之助氏(故人)が別途経営していた旧・昭和産業グループ8社が破産開始決定(8社の負債総額合計約119億円)を受けたことに加え、20年12月には今治大丸の閉店によって家賃収入が途絶えたため実質休眠状態となっていた。
このため今治織物工業は24年1月13日、今治アール・シーは3月28日それぞれ開催の株主総会の決議により解散していた。

編集後記
今治大丸の撤退によって地域経済が壊滅的な状況に陥っているようです。
今治市に限らず地方の都市は中心商店街の空洞化が進み、衰退の一途をたどるのでしょか。
今治市には郊外に大型店があるようにも思えませんが、松山市周辺の大型店へお客さんを奪われているかも。

【送料無料】小布施まちづくりの奇跡...

【送料無料】小布施まちづくりの奇跡...
価格:756円(税込、送料別)


秋田県秋田市で不動産管理業・元紳士服販売チェーン店の潟Gムズが破産

倒産速報 明日はわが身です。秋田県秋田市で不動産管理業・元紳士服販売チェーン店の潟Gムズ(代表清算人:森下眞二)が倒産しました。9月27日に破産手続き開始決定を受けました。負債総額は10億円です。

会社について
潟Gムズは1955年(昭和30年)4月紳士服販売の叶X長として設立され、秋田県内に店舗展開していた。

倒産の経緯
しかし、大手紳士服量販店との競合激化もあり敗退、店舗展開の借入金も経営を圧迫して経営不振に陥っていた。
そのため、新設会社の叶X長に紳士服販売事業を引き継がせ、旧叶X長は潟Gムズに商号変更して、店舗展開などに伴う不動産を抱え借入金の負債を抱えた最終処理会社となっていた。

編集後記
全国チェーンの競合店との競争に敗れた結果の倒産ですが、地域特性や自店の特色をもっと出すことが出来れば生き残ることが出来たのではないかと思われますね。

大企業の売り場、価格、宣伝方法などの情報は手に入れやすので、比較的簡単に差別化を計れるように思われますが、多くの場合は差別化ではなく、取り込まれて苦戦している場合が多いのではないでしょうか。

もっとローカル色を出して、地域密着型のお店を作らなければ生き残れません。競争するという意識から、共存できるという意識に変更してみませんか。


日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。