1600億円の負債で倒産!東京都中央区で土地売買などのエヌ・エス・アール

東京都中央区で土地売買・不動産賃貸のエヌ・エス・アール鰍ヘ、宮城県仙台市で設立。

昭和63年6月山万アーバンフロント鰍ノ変更し、仙台市宮城町(現青葉区錦ケ丘)地区の大規模開発を開始した。

平成1年9月に宅地400区画と建物9棟を分譲し、平成1年11月期に売上高127億9836万円を計上していた。
 
バブル崩壊後も継続して宅地開発などを行い、10年3月期の売上高は約104億円を計上、12年8月にアーバンフロント鰍ノ商号変更し、同年11月に子会社4社を合併するとともに東京都中央区に本店を移転した。
 
しかし、その後は不動産不況と金融引き締めの影響を受けて11年3月期の売上高が32億4749万円にダウン。

21億4267万円の赤字に陥り約81億円の債務超過に転落。

以後、14年1月に住宅販売部門を分社し、土地売買を中心に「錦ケ丘ニュータウン」内の施設賃貸管理および施設内でのスーパー経営にシフトしたことで、14年3月期の売上高が44億2000万円に減少。

所有する土地の評価損他で100億円余の赤字が続き債務超過が拡大していた。

そうしたなか15年3月、取引金融機関が持つ債権を整理回収機構(RCC)に譲渡。

以降、RCCの再生スキームに沿って事業運営が行われてきたが、債務整理が一段落したことで事業清算を行うべく、22年12月10日の株主総会の決議により解散していた。

なおこの間、19年6月現商号に変更、25年10月に現在地に本店を移転していた。


東京都中央区で土地売買・不動産賃貸のエヌ・エス・アール鰍ヘ、1月31日に東京地裁より破産開始決定を受けた。
破産管財人には大塚正和弁護士が選任された。
負債総額は届出債権の元本のみで約654億円、損害金を含めると約1600億円。
負債規模は今年度ではカブトデコム梶i札幌市、負債額5061億円)に次ぐ2番目。

会社名 エヌ・エス・アール
業 種 土地売買・不動産賃貸ほか
所在地 東京都中央区八重洲1−4−18
設 立 昭和52年5月
代表者 山本忠行(代表清算人)
資本金 1億円
負債額 1600億円

債務整理
★無料相談★自己破産以外の借金整理方法もあります。

年金生活者を食いものにした!福岡市で偽装質店の褐b比寿他1社が破産

福岡県福岡市博多区で質店経営の褐b比寿は、「えびす」の屋号で質店を経営していた。

泣_イギンエステートは2003年(平成15年)3月に設立し、「アオキ」の屋号で質店を経営し、両社あわせて広島や佐賀、熊本などに店舗を展開していた。


両社は質屋であったが福岡県警は2012年10月、質草は安物時計などを提供させ、実質年金を担保にして高齢者に対して(質屋金利の)違法な高金利で金を貸し付けていたとして、貸金業法違反(無登録営業)容疑で家宅捜索。その後、代表らが逮捕されていた。

システム金融の発祥の地も福岡、偽装質屋も福岡、福岡は指定暴力団の数が全国一の地域ですからこのような事件が起きるのでしょうか。



今後心配されるのは、融資債権を仲間内か何かに適当に売り払っていて、同社などから借り入れているものの被害者の会に入っていない人たちが狙われる可能性ですね。

負債総額は、褐b比寿が30億円、泣_イギンエステートが28億円。


福岡県福岡市博多区で質店経営の褐b比寿と関連会社の泣_イギンエステートは、1月7日に福岡地裁から破産手続き開始決定を受けた。
破産管財人は高松康祐弁護士。

会社名 褐b比寿
業 種 質店経営
所在地 福岡県福岡市博多区住吉5-5-15
設 立 2008年(平成20年)2月 
代表者 大山貴博 
資本金 300万円
負債額 58億円(2社合計)

債務整理
★無料相談★自己破産以外の借金整理方法もあります。

【続報】消費税法を悪用していた!潟Zトウチデリカの2人の社長

愛媛県今治市で惣菜製造の潟Zトウチデリカは、脱税によって現社長と前社長が実刑判決を受けるという不祥事を起こし、信用が失墜したために倒産したのですがその詳報が入りました。

冷凍食品・惣菜や給食弁当製造で景気の悪化などや同業者間で競争が激化し、資金繰りが苦しくなっていました。

その内容は未熟な経営者としか言いようがありません。


会社設立後、2年間は消費税が免除される制度を悪用し、架空会社を設立したうえで、その会社に業務を発注したとする虚偽の申告を行っていたものです。

藤田浩一現社長(60歳)と金本誠一前社長(63歳)の2人は共謀し、2007年7月から2008年6月までの消費税と地方消費税、合わせて1350万円あまりを脱税したのです。

さらに藤田社長は、2008年7月から2010年6月にかけて、1760万円あまりを脱税したとされている。

2人は2013年9月に起訴され、12月に実刑判決を受けたものです。

通常では猶予刑になっても不思議ではありませんが、内容が悪質だったことと、反省が見られなかったための実刑だと想像されます。

資金繰りが苦しくなって税金を出来るだけ安くしようとする気持ちは分かりますが、失ったものの方が多かったようですね。

脱税は犯罪だということを忘れている経営者が多いのではないでしょうか。
年商が56億円あって、3000万円の税金を誤魔化しても経営に寄与する効果は少なかったと思いますがね。

愛媛県今治市で惣菜製造の潟Zトウチデリカは、1月6日に事後処理を菊池潤弁護士ほかに一任し、民事再生法の適用を申請する準備に入った。

会社名 潟Zトウチデリカ
業 種 冷凍食品、惣菜、給食弁当製造
所在地 愛媛県今治市富田新港1−2−5
設 立 1999年(平成11年)6月 
代表者 藤田浩一
資本金 1億6700万円
年 商 56億円(2012年6月期)
負債額 41億円
従業員 120名

債務整理
★無料相談★自己破産以外の借金整理方法もあります。


スタート時点ではわずかな考え方の差だった!売上で5倍以上の差がついた

少子化が進む中でベビー服や子供服の企業が売上を落としているのは理解できますが、叶シ松屋チェーンだけは元気があります。

2003年には1兆円の市場があったといわれますが、2013年には7000億円市場になったそうです。

叶シ松屋チェーンは姫路市の呉服店から出発した会社で、1990年代から急成長をし、売上は2010年1177億円から2013年には1225億円まで伸ばし、2016年には2000億円の売上を目指しています。


ベビー服と子供服の売上ランキングで上位5社は、ミキハウスで234億円、ナルミヤインターナショナルで156億円、ファミリアで140億円、べべで117億円、フーセンウサギで62億円でした。

叶シ松屋チェーンの1000億円以上の売上は異常ともいえる数字で、どこが違うのかを調べてみたいと思ったのです。

とても簡単な比較ですが、ミキハウス・ナルミヤインターナショナル・ファミリア・べべやフーセンウサギはブランド化して、高級化路線を歩んでいました。

また、直営店を持ってはいるものの、基本的には卸業でしたね。

叶シ松屋チェーンは全く逆の方向を目指して、大衆化路線と直営店だけの小売業に徹したのです。

1991年1月のバブル崩壊や2008年9月のリーマンショックを考えあわせると、1990年代に入って急速に叶シ松屋チェーンが成長した理由が少しは見えてくるのではないでしょうか。

大村禎史社長の義父母が起業した大衆化路線のベビー服と子供服のお店は、30年以上にわたって大阪府と兵庫県のローカルなお店だったのですが、その間に力を蓄えていたとしか思えません。

そして、時代の流れと新社長の先見性や判断力で今の姿になったのでしょう。

正しいと思ったことやお客さんに喜んでもらえると思った商品やサービスがあったときには、徹底的に取り組み、少しだけ調子が良くなったからといって急成長させようとせず、力を蓄える時期を持つべきなのでしょう。

圧倒的な1番店と引き離された2番店以下との差は、スタート時点では高級化路線か大衆化路線、卸業か小売業かの違いだけだったのです。

しかし、30年以上の月日でとてつもない差が生じることを教えてくれています。
 

会社名 叶シ松屋チェーン
業 種 小売業
所在地 兵庫県姫路市飾東町庄266番地の1
設 立 1956年(昭和31年)10月3日
創 業 1950年(昭和25年)
代表者 大村禎史
資本金 25億2303万円(2010年2月現在)
年 商 1177億円(2010年2月期)
従業員 509名(2009年8月現在)


バナー原稿 125×125_ (130607)imp

大きな夢を持って事業展開を行っていたが!潟Lャフ・リテールサポートが倒産

千葉県八千代市で食品卸・コンビニ経営のボランタリーチェーン本部運営の潟Lャフ・リテールサポートは、1000店舗加盟を目指し設立されました。

棚割ソフトの開発・あいおい損害保険との共済制度の設立・三井住友銀行の入金管理システムの導入・商品の共同配送・クレジットカードの導入・シノブフーズとの弁当開発や新橋ベーカリーとのパン開発など次々と業務を拡大していった。


2006年4月には、インターネットでの商品注文が出来るWebキャフの開設。

コンビニだけではなく、企業や病院内にも売店サービスを行い、2008年には路面店では加盟店全体で265店・企業&病院店では50店舗になっていた。

しかし、大手コンビニチェーンとの競争が激しくなり、2012年3月に福島県南酒販梶iハローショップ・Kショップ)が脱会したことで、売上が激減していました。


千葉県八千代市で食品卸・コンビニ経営のボランタリーチェーン本部運営の潟Lャフ・リテールサポートは、9月30日に事業を停止し、事後処理を土井智雄弁護士ほかに一任して、自己破産申請の準備に入っていた。
12月11日に破産手続きの開始決定を受けた。負債額は約4億7千万円。
破産管財人には、今朝丸一弁護士が選任されている。

会社名 潟Lャフ・リテールサポート
業 種 食品卸・コンビニ経営のボランタリーチェーン本部運営
所在地 千葉県八千代市勝田台北1−10−9
設 立 1998年(平成10年)4月1日
代表者 市原保雄
資本金 9300万円
負債額 4億7000万円
従業員 20名


夢を実現させるには、やみくもに前に進めば良いというものでもありません。
現実と夢との差を常にチェックしながら、しかも消費者目線が必要なのですね。
バナー原稿 125×125_b (130607)imp

健全経営に立て直すチャンスを逃した!沖縄市の潟Iーケイ他1社が特別清算

沖縄県沖縄市で建築工事などの潟Iーケイは独自の工法を有していて、工期が短く低コストで共同住宅を建築して、業績を伸ばし、沖縄本島だけでなく宮古島や石垣島まで工事を行ってました。

2000年には福岡支店、2003年には東京支店を作り、2008年6月期には123億7700万円の売上がありました。

しかし、2007年に北九州市の商業施設「コムシティ」を購入したことで多額の損失を出したのです。


「コムシティ」は2011年7月1日に北九州市に1億7700万円で売却しました。
関連会社の潟Pイエスとともに2011年4月に企業再生支援機構からの支援が決定していました。
潟Pイエスは分譲マンション販売の会社で、2006年6月には50億4900万円の売上がありました。

123億円の売上があったときでも、利益は5000万円ととても少なく、薄利の上に借入金の負担が大きかったことを物語っています。

健全な経営に立て直す時を失って倒産に追い込まれたものと想像されますが、2歩すすんで1歩下がる勇気を持ちながら石橋をたたきながらの経営が必要な会社だったのでしょうね。


沖縄県沖縄市で建築工事などの潟Iーケイと関連会社の潟Pイエスは、2013年11月1日開催の株主総会で解散を決議し、12月10日に那覇地裁より特別清算開始決定を受けた。
 
会社名 潟Iーケイ
業 種 不動産売買、建築工事
所在地 沖縄県沖縄市泡瀬2-5-11
設 立 1982年(昭和57年)1月
代表者 横田恵文(代表清算人) 
資本金 4800万円
負債額 38億9000万円(2社合計)

負債総額は潟Iーケイが37億円、潟Pイエスが1億9000万円。

債務整理
★無料相談★自己破産以外の借金整理方法もあります。


九州のスーパー「壽屋」がまだ残っていた?不動産賃貸の鰍jTBが特別清算

熊本県熊本市で不動産賃貸の鰍jTBは、大分県佐伯市で寿崎(スザキ)スエ子が1949年に化粧品・小間物販売店として創業した会社でした。

1992年にはメーンバンクである西日本銀行(現在の西日本シティ銀行)から社長を迎え、創業者一族は経営から締め出された。

その後事業を拡大して九州最大級の総合スーパーストア「壽屋」となり、百貨店業態にも進出して寿屋百貨店を作り、2002年2月期には2022億円の売上を計上し、大証一部と福証に上場していました。

九州を中心にして西日本で132店舗を展開し、 連結子会社が14社もある企業になっていて順調に経営が行われていると思われましたが、2001年に民事再生を申請しました。

民事再生は2005年12月に終了しましたが、イオンや九州ジャスコなどに分割して引き継がれ、壽屋の名前は消えました。

その後、2003年3月に潟Jリーノへ、2011年11月に鰍jTBへ商号を変更していました。

残された不動産賃貸で経営再建を図っていましたが、民事再生法の適用申請時に未払賃金を肩代わりした国の外郭団体や、鹿児島市内の複合ビル開発を支援していた機構への債務返済のメドが立たず、今回の措置となった。


熊本県熊本市で不動産賃貸の鰍jTBは、8月20日開催の株主総会の決議により解散し、12月2日に熊本地裁から特別清算開始決定を受けた。
申請代理人は三浦邦俊弁護士。

会社名 鰍jTB
業 種 不動産賃貸、元スーパー「壽屋」
所在地 熊本県熊本市中央区安政町1-2
設 立 1949年(昭和24年)2月
創 業 1947年(昭和22年)10月
代表者 日巻康行(代表清算人)
資本金 1550万円
負債額 50億円

債務整理
★無料相談★自己破産以外の借金整理方法もあります。


先見力が欠如し判断を誤った!兵庫県神戸市垂水区で不動産業の潟Gスエス不動産が破産


マンションデベロッパーとして神戸市を中心に高級マンション「リブコート」シリーズを販売していた潟Gスエス不動産は、2007年には77億円の売上がありました。

2008年のリーマンショック以降は急激に不動産業界が不況になり、2009年3月に完成した神戸市垂水区の大型物件「リブコート・オリジン」は70%が売れ残るという散々な結果になったのです。

2009年には売上が24億円台にまで落ち込み、2009年8月には金融機関からも融資を断られ、苦しい資金繰りに陥っていました。

なんとか経営を立て直そうと、大手ゼネコンに手持ち物件を買ってもらいましたが、足元を見られて、とても利益の出る金額で販売することができませんでした。

リーマンショックという特殊な要因があったわけですが、リーマンショックの影響は潟Gスエス不動産だけに及んだわけではありませんので、自己資本比率がいかに低かったかを物語っているのではないでしょうか。

売上が伸びているときには成長戦略ばかりに目が行って、不測の事態に備えることがおろそかになります。

1ケ月に一度で結構ですから、ビジネスマンのバイブル!必読書!『週刊ダイヤモンド』 ★最新号が送料無料★などに目を通して、先見力や判断力を養ってください。


兵庫県神戸市垂水区で不動産業の潟Gスエス不動産は、11月13日に神戸地裁より破産手続き開始決定を受けた。
破産管財人は明石葉子弁護士。

会社名 潟Gスエス不動産(旧褐当k)
業 種 マンションデベロッパー
所在地 兵庫県神戸市垂水区南多聞台3-6-27
設 立 1979年(昭和54年)9月
代表者 北川己代治
資本金 5000万円
年 商 4億2500万円(2012年3月期)
負債額 35億4200万円

攻撃には強かったが、守りが弱かった!潟Iー・エム・プランニングが破産

前に進んだり、攻撃するには強い経営者で一時は大成功をしたと思われていても、いったん外的要因で大きく変化をして、守勢になったとき退くことに対応できない経営者の典型のような倒産です。

潟Iー・エム・プランニングは建築工事を目的とした会社でしたが、2003年5月に現代表の岡田えりか氏が買収して、不動産業に事業内容を変えていました。

自社所有の不動産で手堅く賃貸事業を展開するとともに、小規模な不動産の周辺土地を買収しては利用価値を高めて、不動産デベロッパーに転売するなど、目先の効くやり手の経営者で、2007年9月期には150億円の売上がありました。

しかし、2011年3月の東日本大震災で一気に不動産業界が冷え込み、2012年9月には39億円の売上にまで減少し、資金繰りに窮して債権者から破産を申し立てられていたものです。


東京都渋谷区で不動産業の潟Iー・エム・プランニングは、8月8日に債権者から東京地裁へ破産を申し立てられ、10月30日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。
破産管財人は、左近輝明弁護士。

会社名 潟Iー・エム・プランニング
業 種 不動産業
所在地 東京都渋谷区恵比寿1-24-1
設 立 1958年(昭和33年)2月
代表者 岡田えりか
資本金 1000万円
負債額 80億円

25年で76億円の負債を作った!不動産賃貸・エステ店経営の鞄本総合マネージメント

東京都武蔵野市で不動産賃貸・エステ店経営の鞄本総合マネージメントは、10月4日に東京地裁に破産を申請していましたが、10月16日に同地裁において破産手続きの開始決定を受けた。

会社名 鞄本総合マネージメント
業 種 不動産賃貸、エステ店経営
所在地 東京都武蔵野市吉祥寺南町2−20−8
設 立 1995年(平成7年)2月10日
創 業 1989年(平成元年)2月
代表者 内田嗣治
資本金 8000万円
負債額 76億8500万円

鞄本総合マネージメントは未入金債権の請求代行など債権回収業を行っていましたが、不動産物件を取得して賃貸業務を行っていました。

その後、エステ店経営、リゾート施設の運営や化粧品販売にも手を広げ2009年12月期には9億5234万円の売上がありました。

金融機関からの借入金で不動産を取得したものの、2008年秋のリーマンショック以降は思ったように入居者が集まらず、家賃を値下げしたりして、売上が減少し、2011年3月には6億1175万円の売上になり、赤字に陥っていました。

2011年1月には不動産を東京都に差し押さえをされて、資金繰りに困っていることが取引先に伝わり、苦しい経営状況に追い込まれていました。

売上と利益の回復を目指すべく頑張っていましたが、思ったように売上が伸びず2012年夏には事業を停止していました。

編集後記
創業が1989年ですから24年で76億円もの負債を作ったのは金融機関にも責任の一端があるようにも思えますが、最終的には経営者が全責任を負わなければなりません。
急速な事業拡大は商品知識なども含めてかなり難しい部分がありますので、慎重に取り組まなければ命取りになります。

【送料無料】社長のための借金の返し方・追加融資の受け方 [ 川北英貴 ]

日々の経営に行き詰まりを感じたり、ストレスがなかな取り除けないと思ってダラダラと仕事をしていませんか。
ときには、非日常を求めて、癒しを求めてちょっとだけ旅行でもしてみてはいかがでしょうか。